2019/01/04

読者の皆様へ Blog更新の一時停止のお知らせ



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

2か月前からBlogの更新を再開しましたが、思ったほど読者を獲得できず、当Blogの限界を痛感しました。
当Blogは休止と再開を繰り返してきましたが、2年ほど前までは、再開すると3週間程度で最盛時のほぼ8割方の人気とPV数を回復してきました。
しかし今回は、2か月以上を経過しても当時の2割以下(1日2千数百)がPV数の天井で、けっこう丁寧、且つ詳細に記事を仕上げても伸びる気配がありません。

2005年3月12日に開始して以来、間もなく14年が経過しようとしています。
「賞味期限が切れた」
「私自身が老け込んだ」
と痛感します。
Blogを開始した時は52歳でしたが、既に66歳、もうじき67歳になります。
根気も続かなくなりましたので、ここでいったん休止を告知させていただきます。
これまで、長らくの間、ご愛読ありがとうございました。

坂 眞 拝

【追記】
今現在の累計PV数(≒訪問者数)が3,980万弱で、できれば4,000万までと思っておりましたが、少々荷が重い感じがします。
このペースで行くと、あと100本以上のエントリを書き上げなければなりません。

Ban_makoto
2017年 鬼怒川温泉に向かう特急「スペーシア」の個室にて

No_muhyon
2006年12月28日発売 飛鳥新社

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓



| | コメント (22) | トラックバック (0)

2018/12/31

根拠も示さず安倍政権を中傷する朝日新聞の鮫島浩に
鉄槌を下せ!



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

書きすぎると@niftyから警告を受けますし、あの「従軍慰安婦捏造記者」の植村隆氏のように、「告訴する」という脅しを受けることもありますから簡潔、且つ慎重に書きます。
まあ、植村氏から脅された時ほど私のブログは影響力がありませんので、これくらいは見逃してくれるでしょう((笑)


天下の大新聞=朝日の記者様が、根拠も提示せずに「不都合な事実は隠蔽し改竄までしてきた」といきなり断言してもよろしいのですか?
貴殿は、朝日新聞の記者を名乗ってTweetしているわけですからエビデンスの提示は必須だと思いますが。
「御用記者を使った印象操作」についても同じ。

他紙の記者を「御用記者」と断言する根拠は?
同業者の名誉を棄損するのはサイテーの人間がやることです。
「鵜呑みにしろという方が無理だ」と言っても、証言しているのは自衛官であり、発言に厳しい制約がある公務員でもあります。
加えて、当時の現場映像もあるわけですから「無理だ」という根拠を示してもらわないと説得力ゼロ!

新聞記者が、会社の看板しょって発言するときは、イコール会社の見解になるのです。
貴殿の主張が朝日新聞の見解なんですね。
まあ朝日なら解らないでもありませんが...
でも、あなたは朝日の記者の中でも「突出して左巻き」だと思います!

Samejima

具体的根拠も示さずに安倍政権を攻撃する朝日の鮫島浩に鉄槌を下せ!

---------------------------------------------------------------------

【特注】
1960年代、毛沢東が発動した文化大革命(文革)の最中、真実を報道させないため西側のメディアは一斉に追放された。
その中で唯一、中国に居残りを許されたのが朝日新聞だった。
その後、当時の社長だった広岡知男が回顧していたが、朝日新聞のみが特別扱いされたのは、中共当局の報道統制を受け入れた結果だったのだ。
つまり文革の不都合な部分は黙殺し、中共のプロパガンダを拡散する、この道を朝日は選んだのだ。
その結果、最低でも400万人(最大では2000万人)が虐殺された文革の無残な闇は葬り去られた。

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。
 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

皆様、よいお年をお迎えください。

坂 眞 拝

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018/12/30

最近の文在寅を見てると非常識で幼稚という言葉しかない



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

以下の記事を読むと、韓国政府の常軌を逸した「反日」、稚拙極まりない外交センスがよく解る。

昨年11月8日のことである。アジア歴訪中の米国のトランプ大統領が、日本に続いて韓国を訪れた。韓国政府は盛大な夕食会を開いてトランプ大統領をもてなした。ところがそのメニューに日本が驚いた。料理のひとつに“独島(とくと)エビ”と書かれていたからだ。
独島とは島根県の隠岐の島から158キロ先の日本海に浮かぶ竹島のことだが、日本固有の領土にもかかわらず、韓国が不法占拠を続けている。
韓国がトランプ大統領に対し、「あの島は韓国のもの」とこっそりアピールした格好だ。しかも夕食会には米国で日本批判を繰り返してきた韓国の元慰安婦も招かれていた。

~以下略~

参照:照射事件をはぐらかす韓国は"敵性国家"か

P1_syokaiki

料理のひとつに“独島(とくと)エビ”?
元慰安婦も同席?
米国のトランプ大統領をもてなす夕食会で起きた出来事とは思えない。
まさに非常識と言うか幼稚と言うか...
文在寅と韓国政府のレベルを如実に示す出来事である。
米国風に言えば「アンビリーボー」だろう。

その非常識で幼稚な文在寅政権が、また「とんでもない行為」を犯した。
防衛省によると、日本の排他的経済水域(EEZ)内で警戒監視活動をしていたP1哨戒機は、韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を約5分間に渡って受け、直ちに回避行動を取ったという。
火器管制レーダーは、ミサイルを発射するときに放射する電波であり、照射することによって敵機(標的)までの距離や方向を測定するとともに敵機を自動追尾すると言われている。
したがって、照射すること自体が武器使用に準じる軍事的行為とされ、有事では攻撃に踏み切る直前の状態である。
今回の韓国海軍駆逐艦が行った行為は、まさに「軍事行動」そのものだったわけだ。
日本政府が外交ルートを通じて直ちに韓国政府に強く抗議したのは当然の行為であった。

ところで、違法操業の取り締まりや海難救助は、通常であれば「韓国の海上保安庁」である海洋警察庁の警備艦が行う。
にもかかわらず、今回に限って「なぜ韓国海軍駆逐艦なのか?」
実は以下のニュースにそのカギがある。

 11月20日夜8時半ごろ、日本海の排他的経済水域で日本の漁船が漁を行っていたところ、韓国の海洋警察庁の警備艦が近づき、操業を停止しほかの水域に移動するよう無線で求められたということです。
 漁船が操業していた場所は能登半島沖の「大和堆」と呼ばれる漁場の周辺で、近くにいた海上保安庁の巡視船が「日韓漁業協定で日本の漁船が操業可能な海域であり、認められない」と無線で伝え、韓国側の警備艦と漁船の間に入って接近を阻止したということです。
(2018/11/21 NHKニュース

つまり、日本のEEZ内で越権行為を行った韓国海洋警察庁の警備艦は、海上保安庁の巡視船に追い返されたのだ。
だから今回は、常軌を逸して韓国海軍駆逐艦の登場と相成った。
しかも、救助対象が北朝鮮漁船である。
日本側に拿捕される可能性もある。
要は、韓国側は、最初から我が日本国との対決も辞さない覚悟だったのだ。
下記の図を見れば解るが、完全に我が国EEZ内での出来事である。

Eez

「韓国の政府と海軍は過ちを正直に認めて責任者を処分し、日本に謝罪すべきである」
「まるで敵性国家の所業ではないか。反日行動がこれ以上続けば、韓国と友好関係を保つことは難しい」
この産経新聞の言い分は100%正論である!

---------------------------------------------------------------------

ところで、文在寅の非常識で幼稚な本質を示す出来事がまだある。

【ソウル=恩地洋介】韓国大統領府が北朝鮮側に金正恩(キム・ジョンウン)委員長の今月中旬のソウル訪問を再打診したことが7日、分かった。韓国大手紙の朝鮮日報は、12~14日の日程で招待していると報じた。

~以下略~

正恩氏に訪韓再打診 文大統領、12~14日で協議
2018/12/8付 日本経済新聞

文在寅を見ていると、「安直」と「幼稚」という言葉しか浮かばない!
この男は、あの「欠陥商品」と呼ばれた、師匠である廬武鉉より劣る=つまり「低能」、いや「無能」という言葉がぴったりである。

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。
 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

【追記】
しかし、国策研究所関係者は「立場を変えて考えみると、もし韓国軍が日本に対してこのようなことをされたとしたら、より深刻な対応を取っていたことだろう」と語った。
朝鮮日報日本語版 2018/12/24

つまり、立場が逆であれば、韓国側は火器管制レーダーの照射を受ければ反撃(攻撃)したということだ。
事態の深刻さと、我が日本国の遠慮深さが際立つ!

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍総理ご苦労様でした。来年は憲法改正の正念場です。



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。


安倍総理、この一年、ほんとうにご苦労様でした。
モリカケという、そばに対して失敬な問題も、おどろおどろしい見かけの割には「正体見たり枯れ尾花」で終わりました。
無能な野党は、現実的な政策論争ができないので、また新たなるスキャンダル探しに血眼になるでしょう。
しかし、清廉の士である総理に因縁をつけても無駄骨に終わるだけ、臍を噛む辻元清美の姿が目に浮かびます。
来年は参院選もありますし、しっかりと足場を固め、任期中の憲法改正に向けて邁進されることを祈念いたします。

寒風の中のゴルフは、それも一興ですが、くれぐれもご自愛ください。

坂 眞

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。
 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018/12/29

愚かな選択を繰り返す韓国民には掛ける言葉もない



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

北朝鮮と女性を優遇する文在寅に対し、若い男性の支持が急落していると言う。

文大統領の弱点は#MeTooと良心的兵役回避? 20代韓国人男性の“文離れ”が進む理由
「女性ばかりが優遇され、男性が放置されていると感じている男性が増えている」

12月に入り、文在寅大統領の支持率が固定支持率の50%を割った。12月21日の調査(韓国ギャラップ)では否定評価(46%)が肯定評価(45%)を上回る“デッドクロス現象”が初めて起きるなど、迷走し始めている。
目を引くのは、20代男性の“文離れ”だ。

~以下略~

文春オンライン 2018/12/28

Mun_jien

文春が報じていることは、政治の世界ではよくあることだ。
ポピュリストの末路は概して悲惨である。
大衆の熱は移ろいやすい。
芯のないリーダーはすぐにポイされる。
民度の低い韓国であればなおさらだ。

支持が落ちている理由は
①北朝鮮との融和
②米国からの自立
③国内保守派への報復
そして文春が報じている
④女性優遇=Me Tooだ。

北朝鮮に拉致された韓国人は、公式認定されているだけで486人に上る。
実数は、この数倍だろう。
2010年の延坪島砲撃事件では兵士2名、民間人2名の計4名が命を落としている。
未だ休戦状態にある朝鮮戦争では、約532万人の犠牲者を出した。
その原因は、ソ連と中共に後押しされた北朝鮮による一方的侵略である。
にもかかわらず文在寅は、金正恩に媚びを売り抱擁を交わす。
そして時流に悪乗りして「Mee Too」を絶賛する。

愚かなリーダーは国を亡ぼす。
しかし、その愚か者を選んだのは韓国民自身だ。
今さら「こんなはずではなかった」と言ってももう遅い。
朝鮮半島は米国と中国と北朝鮮による駆け引き、パワーゲームの舞台になるだろう。
その舞台では文在寅も韓国も脇役でしかない。

一国のリーダーを選ぶ時、一時の感情や雰囲気に流されてはならない。
我が国も民主党政権で酷い目にあった。
あの「くるくるぱー」=鳩山 L.由紀夫を選んだのは日本国民である。
ただ、我が日本国民は、もうあのような酷い政党やリーダーを選択することはないと確信する。
しかし、韓国人は、「欠陥商品」と揶揄された廬武鉉の右腕を大統領に選んでしまった。
その結果が今の状況である。

Korea_me_too

愚かな選択を繰り返す韓国民には掛ける言葉もない!

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。
 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (1)

2018/12/28

EEZ内での密漁を否定 異形の強盗国家=中国を糾弾せよ!



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

10年ほど前、当ブログで連載していた「中国は間違いなく崩壊する」シリーズは反響がすごく、私が人気ブログランキングの第1位(=政治、総合では20位くらい)になる原動力でした。
当時は、中国の要人が、日本政府の関係者に「中国が崩壊したら多数の難民が日本に押しかけますよ」と恫喝するほど、彼らも「改革開放」政策の将来に確信を持てていない時代でした。
だから彼らは「親日」のポーズを取り、我が日本国も「日中友好」=「多額の政府開発援助」=「総額約3兆円以上」でそれに応えたのです。
ところが、その後、中国は急成長を成し遂げ、我が日本国に強気の姿勢を取るようになりました。

まず第一に「歴史問題」。
日本の「侵略責任」の追及です。
特に、「南京事件」では、犠牲者が30万人と言うプロパガンダを世界中に発信し始めます。
実際は、最大で3万人、中には数千人という有力な説さえあるにもかかわらず。
つまり「日本に縋る」から「日本を恫喝する」に方針を変えたのです。
「韜光養晦」(とうこうようかい)」=「才能を隠して、内に力を蓄える」という路線から、急速な経済成長を経て本音が表出したのです。
才能を隠さず、牙をむく、という形で。

今や世界第2位の経済大国として、米国に対抗する軍事大国、宇宙大国としてその姿を誇示していますが、その実態は、私が「中国は間違いなく崩壊する」と書いた時代と変わりません。
海外からの異常とも言える投資と輸出の急拡大によって、極めて高い経済成長を実現してきたのは事実です。
が、既に実際の成長率は1%台という報道もあり、(米国の制裁によって)中小企業の倒産が激増していると言われています。
また、中国では鉄鋼、セメント、アルミ、ガラス、船舶といった基幹産業はほぼ国営企業で、しかも慢性的な赤字であり、それを国家が補填しています。
つまり中国自慢の「社会主義市場経済」は、実際は「社会主義経済の変種、と言うより亜種」に過ぎないのです。

しょせん、共産党の独裁下で資本主義がまともに成長するわけがありません。
共産主義の始祖であるマルクスは、こう言いました。
「下部構造が上部構造を規定する」と!
悪辣な擬制的資本主義経済の上に共産党独裁という上部構造があること自体が“異形”なのです。

こんな中国ですから以下のニュースもなるほどですね。
事実が録画されているのに「日本側が言っていることは事実ではない」と言い張る中国外務省の報道官。
しかし、最後に「詳細は把握していない」と付け加えるところが、いかにも中国共産党らしい狡猾さ。
トランプに恫喝されて日本にエールを送ったけれど、本音≒本質はこんなもんでしょう(爆)

中国漁船が水産庁の職員を乗せたまま逃走した問題で、中国側が反論。

水産庁によると11月5日、鹿児島・西方沖の日本のEEZ(排他的経済水域)内で、違法操業の疑いのある中国船1隻を見つけ、立ち入り検査を行ったところ、職員十数人を乗せたまま逃走したという。

中国船は、海上保安庁巡視船の停止命令も重ねて無視し、航行を続けたが、その後、水産庁の取締船に職員を戻したという。

一方、中国外務省の報道官は27日午後、記者会見で、漁船が日本のEEZで漁をしていた事実を真っ向から否定した。

中国外務省・華春瑩報道官は、「中国の漁船が越境して漁をしていたという、日本側が言っていることは事実ではない」と述べた。

そのうえで、水産庁の職員が乗船して検査したことに対し、「強烈な不満を表明する」と反発し、日本に対し、「日中漁業協定を順守するよう求める」と述べた。

また、漁船が職員を乗せたまま逃走したことについては、「詳細は把握していない」としている。

中国「EEZ内での漁」否定 逃走の詳細「把握せず」
2018年12月27日 木曜 午後6:12 FNN PRIME

China_comu

EEZ内での密漁を否定 異形の強盗国家=中国を糾弾せよ!

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/27

日本 国際捕鯨委員会(IWC)から脱退することを決定



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。


欧米の価値観に迎合する必要はない。
我が国には、我が国の食文化と伝統がある。

断固として支持します!
菅官房長官がんばれ!!
安倍総理、サイコーです!!!


下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (1) | トラックバック (1)

その昔、山崎行太郎という自称「文芸評論家」がいてね



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

その昔、山崎行太郎という自称「文芸評論家」がいてね。
やたらと私に絡んでくる。
批判なら解るが、書いていることがいちゃもんレベル。
とにかく粘着質でコンプレックスまる出し。

私が人気ブログランキング(政治)で30,000ポイント前後を獲得し、ダントツの第1位(当時=10数年前)だったのが癪にさわったらしく、「依存症の独り言は不正工作をしている」と喚いていました。
で、他のブロガーから論破されると、今度は「坂眞は小泉派の工作員(だから獲得ポイントが圧倒的に多い)」と矛先を変える。
人間のクズとはこの男のことでしょう。
ちなみに、当時、このクズのブログは4,000ポイントくらいしかありませんでした。

文芸評論家としての自負心が強いこの男からすると、無名の私が、いきなり(と言ってもデビューから半年後くらい)人気ブログランキングの第1位になったのは許容できなかったのでしょう。
後から知ったことですが、彼は複数のハンドルネームを使って私を攻撃していました。
その典型は「御徒町子」ですかね。
女に成りすまして私を卑下する、侮辱する。

「阿修羅♪」という投稿サイトでも、私のブログの記事を逐一取り上げ、複数の複垢を動員して無茶苦茶に貶す。
この事実は、私のブログの読者から通報があって知ったことですが、調べてみると山崎は10個以上のハンドルネームを持っていました。
さらに調べると、「2ちゃんねる」でも「【マジキチ】山崎行太郎【勘違い老人】」というスレが立っており、まとめサイトもありました。

今も、細々と有料ブログを続けているようですが、もう70歳を過ぎているのではないでしょうか?
この人物、とにかく他人にいちゃもんを付けて自らの知名度をアップさせようとする方のようで、被害を受けた方は多数にのぼるようです(あえて具体名は書きません)。

今はどうしているのかな?
行太郎くん!
元気ならコメント欄に返事をくれよ(笑)

自ら批判するのではなく、ハンドルネームで、しかも女に成りすまして批判するなど、サイテーの男だ!

Yamazaki_2

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/26

非韓三原則 助けない、教えない、関わらない...を守れ



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

公開質問状、開封され返送=領土議連「独善的な行動」-韓国議員の竹島上陸
時事通信社 2018/12/25 16:42

 超党派の「日本の領土を守るため行動する議員連盟」の新藤義孝会長(自民)らは25日、衆院議員会館で記者会見し、島根県・竹島に上陸した韓国の国会議員に送った公開質問状が送り返されてきたと公表した。回答やメッセージはなく、新藤氏は「非常に残念だ。一方的、独善的な行動しかしない国の未来はとても心配だ」と批判した。

 質問状は竹島が韓国領だと主張する根拠を尋ねる内容。10月に上陸した李燦烈教育委員長ら13人に対し11月9日に発送。同26日に12人分が開封された状態でまとめて返送されてきた。1人分は入っていなかったという。

「開封され返送」
これが、日本国の国会議員が送付した公開質問状に対する韓国の反日+民族派議員が行った所業だ。

もはや、礼を失しているというレベルではない。
バカまる出し
と言うか
歴史的コンプレックスの裏返し
と言うか
厚顔無恥
と言うか

千年属国、自立したことがない、現代も北は中国を無視できず、南は米国の恫喝にすぐ屈する。
こんな国をまともに相手にする方が間違っている。

非韓三原則
助けない、教えない、関わらない

これしかない!!!

Hikan3gensoku

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/12/25

山本一太氏の群馬県知事選出馬に思う...



人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

自民党の山本一太参院議員(60)が来年夏の参院選で群馬選挙区からの出馬を取りやめ、同時期に行われる群馬県知事選への立候補を表明したことに、永田町では戸惑いの声が出ている。高い知名度を誇りながら近年は活躍の場が限られ、議員としての将来に見切りをつけたとの見方もある。地元の群馬では、事前調整がなかったとして党県連幹部が山本氏の県連会長辞任を求めるなど対立が深まっている。(大橋拓史)

山本一太氏はなぜ知事選出馬の道を選んだのか 地元群馬も混乱
2018.12.24 23:1  産経新聞

Ichita__yamamoto

山本一太には複雑な思いがある。
私がブログランキング(政治)1位のころ、もう10年以上前のことだが、政治家からのコメントも稀にあった。
当時は、ブログの草創期で、彼らも無視できなかったのだろう。
その中で、山本のコメントは不遜と言うか、政治家としては失格だったね。
のちに、安倍晋三の熱烈な応援団と知り、彼を見直したけど...

彼はエレキギターが得意でね、そのあたりも親近感が増した(実は、私は「ブルースギタリスト」でもある)。
でも、正直に言えば、山本が熱を上げているほど、相手の安倍総理は彼を評価していない、そう感じる。
と言うか、党内の評価がそもそも低いような気がする。
実際、大臣になったのは第2次安倍政権が最初で最後だ。

個性的な方だから、もっと国会で評価を高めてほしいのだが、逆に言えば、だからこそ無理なんだろうね、国会議員としては。
所属も無派閥だし、要は「一匹オオカミ」なんだな。
そういう点は私と似ている。

頑張れ!
山本一太!!

反安倍の小渕優子を潰してね!!!

(文中敬称略)

下記のバナーをクリックいただければ幸いです。

人気ブログランキング
あなたの暖かい応援をお願いいたします。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
お手数ですが、ここも応援いただければ幸いです。

Facebookでのシェアは以下から。↓

Twitterでのフォローは以下から。↓





| | コメント (0) | トラックバック (1)

«被害妄想を世界中にばら撒くパラノイアに鉄槌を下せ!