« 竹島 | トップページ | どうしようもない国 »

2005/03/31

バーレーン戦

バーレーンのオウンゴールに喜ぶ高原
050330_soc_own180jpgきのうの対バーレーン戦は、やはりいつもの日本代表の戦いだった。
とにかく点が取れない。FWに決定力がなさ過ぎる。
4バックから、戦い慣れた3バックに守備を戻し、中田英を守備的MF(ボランチ)に入れたことで、イラン戦のようなギクシャクしたところやぎごちなさはなかった。ボールの支配率も高く、攻勢が目立った。
が、点が取れない。オウンゴールも、攻めた結果だから評価はできる。
しかし、やっぱりスカッとゴールを決めてほしい。日本代表の戦いは、いつも欲求不満が募る。
日本のサッカーは確かに進歩している。あの「ドーハの悲劇」のころからすれば、格段に強くなっている。
が、FWに決定力がない、という点は相変わらずだ。
守備は、訓練と努力で上達するが、ゴールを奪う才は天性のもの、とフランスW杯の
ときに誰かが言っていた。
身体能力の問題なのか?
たとえば、ブラジル代表のドナウドを見ていると、動物的・本能的なものを感じさせる。
ガンバ大阪にいた、「浪速の黒ヒョウ」ことエムボバのプレーにしても、それを痛烈に感じさせた。
残念ながら日本のプレイヤーにそれを求めても無理のようだ。
やはり組織的サッカーにさらに磨きをかけ、身体能力で劣るところを組織力でカバー
するしかないのか?
でも、そういうサッカーが、世界のトップレベルに躍り出れば、それはそれで価値ある
ことだと思うが・・・
それとも帰化選手を、もっともっと増やす方が手っ取り早いか?
いずれにしても、不完全燃焼のサッカーを見続けるのは辛い。
ガンバレ日本代表!

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 竹島 | トップページ | どうしようもない国 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/3508818

この記事へのトラックバック一覧です: バーレーン戦:

» 手繰り寄せた勝ち点3 [talk to oneself]
1-0。 勝利、しかも相手のオウンゴールによる勝利だ。 転がり込んだ勝利という見 [続きを読む]

受信: 2005/03/31 19:05

» 動物[ヒョウ] [動物辞典: 動物[ヒョウ]]
動物辞典<ヒョウ>気象のヒョウについては雹を参照。本項は、動物のヒョウを取り扱う。----ヒョウ生物の分類|分類界:動物|動物界 :en:Animalia|Animalia門:脊索動物|脊索動物門 :en:Chordata|Chordata亜門:脊椎動物|脊椎動物亜門 :en:Vertebrata|Vertebrata綱:哺乳綱 :... [続きを読む]

受信: 2005/05/12 22:04

« 竹島 | トップページ | どうしようもない国 »