« 毎日の世論調査 | トップページ | やっぱりアホだった盧武鉉 »

2005/06/21

松井秀喜・週間MVP

matsui2私が、もっとも好きなアスリートである松井秀喜外野手が、週間MVPに選ばれた。右足首の故障を押して出場しながらの活躍で
ある。心の底から「おめでとう」と言いたい。


matsui3【ニューヨーク20日=久保木善浩】ヤンキースの松井秀喜外野手は本拠地でのデビルレイズ戦に5番DHで出場し、8号3ランを含む2安打で、連続試合安打を11とした。あと一歩及ばずチームの7連勝はならなかったが、試合前には週間MVPに選ばれるといううれしい
ニュースも飛び込んだ。右足首の故障以来、松井の勢いは止まら
ない。

ヤンキース打線にカツを入れるのは、松井しかいない。五回先頭の第2打席で外角高めの直球を左中間へはじき返すと、打球はワンバウンドでスタンドに飛び込んだ。これが先発フォッサムに苦しんだチーム初安打で、松井にとってはメジャー自己記録タイの
11試合連続安打。続く七回無死二塁でも四球を選んでチャンスを広げた。
だが、味方打線はどうにも元気がない。それなら-とばかりに、松井のバットが火を噴いたのは八回二死一、二塁2番手右腕カーターのチェンジアップにてこずり、ファウル、空振りで2-1と追い込まれたが、最後はそのチェンジアップに態勢を崩されながら、
見事にさばいて打球は右翼席へ飛び込んだ。
静まり返っていたスタンドは一気に総立ちになり、松井は歓声を耳にゆっくりとダイヤモンドを回った。ベンチで特に喜んだのは松井の直前で凡退したA・ロドリゲスで、スタンドインした打球を見るや両手を強く叩き、戻ってきた松井とグータッチを交わした。
(中略)
好調の松井はこの1週間(13-19日)、22打数10安打、打率.455、3本塁打、10打点の堂々たる成績を残して3度目の週間MVPに輝き、「大変光栄なことです。チームが6連勝して好調だったことが評価されたのでしょう。ケガをしていた1週間だったのでなおさらうれしいです」と素直に喜んだ。
(中略)
トーリ監督も「確かに松井は受賞に値する結果を残した。6連勝にも大きく貢献してくれたしね」と話し、「火曜(14日)にはスタメンに入れようとも思わなかったのにな。それがプレーしてホームランも打つとは…。連続試合出場が続くということはこういうことなの
だろう。カル・リプケンもケガと戦いながらプレーしていたしな」と話した。
(後略)

松井8号3ラン、週間MVPに自ら祝砲
(2005年6月21日 夕刊フジ)

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 毎日の世論調査 | トップページ | やっぱりアホだった盧武鉉 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

松井秀喜選手、週間MVPおめでとうございます。本当にいい選手ですよね、松井選手は。

投攻走守の内、イチロー選手には勝つのは打の、それも、パワーだけですね。でも、このパワーはマネができません。特に、HR打者の弾道は特定の選手のみがもつ天性のものです。
(イチローの打撃も天性のものです)

また、イチロー選手も欠場があまりないですが、それ以上に松井選手はタフですね。怪我をしても出場する、不屈の精神には脱帽します。

イチロー選手と松井選手という天才の二人が、日本野球界を出たのは残念ですが、同じ時代に生きて、同じMLBで活躍するのが見られたのは、幸せですね。
(この二人が天才なのは技量もそうですけど、練習にめげず、繰り返せられることです。これこそ、真の天才でしょう)

MLBを引退したら、二人とも、某兵庫の縦縞球団に入ってくれませんよね?
(今日も勝ってほしいです、某兵庫の縦縞球団には。)

投稿: Mars | 2005/06/23 01:15

Mars さん、どうもです。

>この二人が天才なのは技量もそうですけど、練習にめげず、繰り返せられることです。これこそ、真の天才でしょう

そのとおり。

>MLBを引退したら、二人とも、某兵庫の縦縞球団に入ってくれませんよね?
(今日も勝ってほしいです、某兵庫の縦縞球団には。)

イチローはともかく、松井は可能性があります。なにしろ幼いころは、縦縞を着て寝ていた。
今日も勝ちます。


投稿: 坂 眞 | 2005/06/23 17:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/4650234

この記事へのトラックバック一覧です: 松井秀喜・週間MVP:

« 毎日の世論調査 | トップページ | やっぱりアホだった盧武鉉 »