« 傲岸不遜な凶暴国家 | トップページ | 毎日の世論調査 »

2005/06/20

朝日の世論調査

少し古い記事になるが、朝日新聞が5月28、29の両日実施した全国世論調査(電話)について論評してみたい。

小泉首相の中国に対する姿勢を
「評価しない」人が48%
「評価する」人は35%
首相の靖国神社参拝を
「やめた方がよい」は49%
「続けた方がよい」は39%
靖国参拝を問題視する中国の姿勢については
「理解できない」は51%
「理解できる」は37%。

朝日新聞は、以上の結果から「日中関係について首相、中国双方に厳しい見方が示された」、「首相の靖国神社参拝については、慎重な対応を求める意見が定着しつつあるようだ」と結論付けている。
果たしてそうであろうか。

小泉首相の中国に対する姿勢を評価しない人が多いのは、首相自身の説明不足が
響いている。首相は、国会答弁や記者会見でもそうだが、自分の主張や行動に対する説明に言葉が足りない。
「かの大戦で国のために命を落とされた英霊に、感謝の誠を捧げるため」、あるいは
「その参拝を、他国がとやかく言うべきではない」と云うばかりである。『小泉さんは
丁寧に説明しなければいけないと思う。「内政干渉」の一言で片付ければいいものではない』と云う声が参拝肯定派からも出ているほどだ。
『「罪を憎んで人を憎まず」は中国の孔子の言葉だ。私は一個人のために靖国を参拝しているのではない。戦没者全般に敬意と感謝の誠をささげるのがけしからんというのは、いまだに理由が分からない。いつ行くかは適切に判断する』
(5月16日の衆議院予算委員会における答弁)
こんな調子だから、その姿勢が評価されないのだ。
靖国参拝を問題視する中国の姿勢を理解できないと云う人が、半数を超えているのであるから、なおさらその感が深い。

首相の靖国神社参拝を「やめた方がよい」とする人の方が、「続けた方がよい」とする
人より多いのはどうか。
同じ朝日新聞の、昨年11月の日中首脳会談後の調査では、「やめた方がよい」39%対、「続けた方がよい」38%と拮抗(きっこう)していた。
今回(そして前回の4月24日)の調査で、「やめた方がよい」が上回ったのは、争いごとを好まない日本人の国民性が大きく影響している。「中国人は自尊自大であるが、日本人は謙虚で勉強好きである」(林思雲氏)からなのだ。また、政財界の大所が、「参拝は慎重に」「中国に配慮を」と声を揃えていることも大きな影響を与えていることは間違いない。
したがって、朝日新聞が云うように、「首相の靖国神社参拝については、慎重な対応を求める意見が定着しつつある」のではなく、中国とは争いたくないが、中国の態度は
納得できない、中国は嫌いだ、という層が着実に増えつつあるということではないのか。
朝日新聞の4月24日の調査で、『日本の歴史認識について反省を行動で示すよう求めた中国側の主張に71%が「納得できない」、「納得できる」は19%にとどまった』ことと
併せて考えると、これが結論であろう。
ましてや、世論調査を実施したのが朝日新聞である、ということを考えると、靖国参拝
肯定、嫌中・反中が時代の流れであることは間違いない。

なお、首相の中国に対する姿勢について、公明の支持層では「評価する」24%、「評価しない」58%、首相の靖国参拝を問題視する中国の姿勢については、共産、社民支持層では「理解できる」が6~7割だった、と云うことである。
なるほど。

参考記事1:靖国参拝「首相は中止を」49% 本社世論調査
(2005年5月31日 朝日新聞)
参考記事2:中国主張「納得せず」71% 靖国参拝「中止を」48%
(2005年4月25日 朝日新聞)

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 傲岸不遜な凶暴国家 | トップページ | 毎日の世論調査 »

靖国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/4637504

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日の世論調査:

» 小手先の議論は不毛だと気付こうよ [日々不穏なり]
 「法人」という概念は具体的な形を持たない。従って、法人の行為は特定の個人が代表して行うことになる。株式会社の場合は代表取締役であり、代表取締役の人間がその肩書きを利用して行った行為は法人の行為と推定される。また、社内において代表取締役の権限を制限したと... [続きを読む]

受信: 2005/06/21 02:29

» エノラ・ゲイ参拝問題-------靖国と原爆投下を結ぶそれほど細くもない線 [BigBang]
米国大統領が、太平洋戦争終結の日に、エノラ・ゲイを展示した資料館に詣でることを [続きを読む]

受信: 2005/06/21 03:02

» 驚愕の事実とは!? [【借用書の達人】]
◆ いつもクリックありがとうございますm(_ _)m↓            ※人気blogランキングへ 今日、2度目の更新です。 日韓首脳会談では、靖国 歴史対立解けずじまいだった ようですね。 同じ民族で共通の母国語を使う 日本人同士でさえ、奪ったり... [続きを読む]

受信: 2005/06/21 19:47

« 傲岸不遜な凶暴国家 | トップページ | 毎日の世論調査 »