« 米国に見限られる韓国 | トップページ | 通州大虐殺:中国の戦争犯罪 »

2005/06/12

靖国参拝 朝日と読売

日本遺族会(会長・古賀誠自民党元幹事長)は11日、都内で幹部による会合を開いた。出席者によると、古賀氏は小泉首相の靖国神社参拝について「遺族会の悲願で、ありがたいが、並行して英霊が静かに休まることが大事だ。近隣諸国に配慮し、理解
してもらうことが必要だ」との考えを示したという。

小泉首相は01年の総裁選で、遺族会などから支持を得ることを念頭に、靖国参拝を
「公約」した。首相の参拝実現を運動の大きな柱と位置づけている遺族会のトップが、参拝に強く反対している中国、韓国などへの配慮を改めて求めたことで、参拝継続の
姿勢を見せている首相は、さらに厳しい判断を迫られそうだ

古賀氏は2日に開かれた派閥の会合でも、「立場のある人たちの発言は、近隣諸国にも気配りが必要だし、外国に思いやりも必要だ」と語っている。

靖国参拝、古賀誠氏「配慮が必要」 遺族会会合で
2005年6月12日 朝日新聞(下線は筆者)

日本遺族会(会長=古賀誠・自民党元幹事長)は11日、都内で正副会長らによる幹部会を開き、小泉首相の靖国神社参拝について、「首相の参拝は遺族会の悲願なので粛々と進めて欲しいが、それと並行して近隣諸国にも気配りと配慮が必要で、理解してもらうことが大事だ」とする見解をまとめた。

遺族会が中国や韓国などへの配慮を打ち出すのは異例だ。古賀会長が会議の中で「一番大事なことは英霊が静かに休まることだ」と述べ、この見解をまとめた。

一方で、靖国神社に代わる新たな戦没者追悼施設の設置に反対していく方針を改めて確認。靖国神社からA級戦犯を分祀(ぶんし)することについても「政治の宗教への介入であり困難」との意見で一致した。

靖国参拝、近隣諸国に配慮を…日本遺族会が異例の見解
2005年6月12日 読売新聞(下線は筆者)

上記の新聞記事は、どちらも「小泉首相の靖国参拝をめぐる遺族会幹部の見解」をテーマに書かれている。
新聞は、事実を正確に報道するのが基本である。しかし事実も、見る角度が違うと、
まるで違うものになってしまう。今回、朝日と読売の記事を並べて掲載したのは、その
あたりを確認する意味もある。

「首相の参拝は遺族会の悲願」であるが、「近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが
必要である」というのが遺族会(幹部)の見解(考え)という点は、朝日も読売も同じで
ある。
しかし、朝日は、だから「首相は、さらに厳しい判断を迫られそうだ」と書き、読売は、
首相の靖国参拝が悲願である「遺族会が中国や韓国などへの配慮を打ち出すのは
異例だ」と書いている。
朝日は、遺族会が、今の小泉首相の姿勢に懸念を示しているという方向に記事を誘導し、読売は、異例の見解には、何らかの意図が隠されていることを示唆している。
そして補足で、朝日は、「立場のある人たちの発言は、近隣諸国にも気配りが必要だし、外国に思いやりも必要だ」と、古賀発言を引用する形で靖国参拝肯定派に追い討ちをかける。
一方の読売は、「靖国神社に代わる新たな戦没者追悼施設の設置に反対」「A級戦犯を分祀することについても困難」とする遺族会の原則的立場を再確認している。
一つの事実を記事にしているのに、見方や書き方が異なると、ここまで違ってくるのである。
私は、首相の靖国参拝が悲願である遺族会が、こういう見解を、この時期に発表する
ことに強い違和感を覚える。読売が「異例」と書くのは当然であり、我が意を得たりと
ばかりの記事を書く朝日は、明らかに偏向している。

それにしても、古賀誠・自民党元幹事長は、何を考えてこのようなバカげたことをやるのだろう?
それは、ずばり「靖国参拝の政局化」である。この問題で小泉首相を窮地に追い込もうと意図していることは、明々白々である。もちろん、古賀氏が、野中広務氏と表裏一体の親中派であることも影響している。
これは、まさに、靖国に祀られている英霊たちに対する冒涜である。

中国は、正面攻撃が通じないとみるや、ありとあらゆる人脈を駆使して、小泉首相に
圧力を加えようとしていると云われる。
経団連の奥田碩会長の「個人の判断と国益を見ての判断は違うから、是非、両方の
判断でうまく調整していただきたい」という発言や、河野衆院議長の、「慎重の上にも
慎重に(靖国参拝を)判断すべきだ」という小泉首相への申し入れは、中国の意向を
受けてのものと判断して間違いない。
古賀氏の今回の行動も、靖国参拝問題の政治利用と同時に、中国の意向が大きく
反映された結果である。
古賀氏は、遺族会会長の適格性に欠ける。河野氏も衆院議長の適格性に欠ける。
奥田碩氏も同様である。まさにエコノミック・アニマル。

関連記事:A級戦犯

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 米国に見限られる韓国 | トップページ | 通州大虐殺:中国の戦争犯罪 »

靖国」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
私もこの遺族会の発言のニュースには違和感を感じていましたが、こちらのお説でフムフムと納得しました。朝日の脊髄反射報道ぶりから判断すると、間違いなく中国の裏工作でしょうね。
中国は常任入りを目指すG4へも「小泉の言動が問題なので拒否権を発動する」と小泉降ろしに必死なようです。
中国さんが嫌がっているということは、安易に中国に屈さない今の外交路線が正しいことを中国が自ら証明してくれているようなもの(笑)
正々堂々と靖国参拝しましょう。

投稿: まったり | 2005/06/12 19:31

さらに朝鮮日報にいたっては、今回の遺族会の発言は「事実上靖国参拝中止を要請」なんだそうですよ・・・。「首相の参拝は遺族会の悲願」の部分はまるっきりシカトで・・・。
新聞の役割って何なんだろうかと思う今日この頃です。

投稿: megumiyazaki | 2005/06/12 23:57

TBありがとうございます。
遺族会の代表である古賀氏の発言は納得できませんですね。やはり目的は小泉追い落としなのでしょうか。小泉さんも厳しい状況になってきていると思いますが信念を曲げることがないように頑張ってもらいたいですね。

投稿: ヨン様 | 2005/06/13 07:07

まったり さんへ
ようこそ。

>中国は常任入りを目指すG4へも「小泉の言動が問題なので拒否権を発動する」と小泉降ろしに必死なようです。

「我々は中日関係を大変重視している」なんて言行不一致もいいところ。「親中派を大変重視している」の間違いでしょう。
一言で言えば、どうしようもない国です。

megumiyazaki さんへ
はじめまして。

>新聞の役割って何なんだろうかと思う今日この頃です。

新聞は、まず疑ってかかること、だと思います。

ヨン様おはようございます。

>小泉さんも厳しい状況になってきていると思いますが信念を曲げることがないように頑張ってもらいたいですね。

同感です。靖国で妥協は許されません。

投稿: 坂 眞 | 2005/06/13 11:21

TBありがとうございます。
日本の国民を、日本の為に命を投げ出した英霊たちを守れない政治家って一体何の為に存在するんでしょうね?
そしてその勢力に何の打撃も与えられないマスコミたち。全部まとめて消えちゃってほしいです。

投稿: マチコ | 2005/06/13 21:59

マチコさん、こんにちわ。

>そしてその勢力に何の打撃も与えられないマスコミたち。全部まとめて消えちゃってほしいです。

メディアは、まず疑ってかからなければならない、というところが辛いですね。
ところで、日曜日のトラ、一休みでしたが、今日はどうなんでしょう?

投稿: 坂 眞 | 2005/06/14 17:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/4523668

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国参拝 朝日と読売:

» ここ数日の日中情勢>王毅に騙される中共の走狗・媚中派政治家 [溶解する日本]
 これらの記事からまず覗えることは、中共がまったく一枚岩ではなく、胡錦涛の政見掌握が非常に危ういってことですね。 反日官製デモ抑止の段階で一時流れたクーデター説を一概にデマと断ずることが出来ないような実体があり、呉儀ドタキャン事件は、そうした中共内部の路線対立の弥縫策として出てきてしまった。つまり、外交部としては落とし所を探りたいのだけれども、反日強硬の人民解放軍の暴発を怖れて政治的妥協を図った、その産物が呉儀ドタキャンであった、こんな感じでしょうか。 でこのところ我が国の媚中政治家の訪中...... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 19:01

» 中国の必死さが語るもの [曇りのち晴れ]
中国は小泉総理大臣を恐れている [続きを読む]

受信: 2005/06/12 19:17

» 中国の日本外し『はしたなさ想像以上』 [アジアのトンデモ大国]
            中国の日本外し『はしたなさ想像以上』 【北京=白石徹】  国連安全保障理事会の常任理事国である中国が、日本の常任理事国入りを阻止するために外交攻勢を加速させている。北京の外交筋によると、中国外務省は北京駐在の各国大使を次々に呼び出して、日本やドイツなど四カ国グループ(G4)の「枠組み決議案」に反対するよう説得。同筋は「想像以上にはしたないことをやっている」と述べ、中国側がなりふり構わず国連改革からの「日本排除」に動いてい... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 22:48

» ■飯島秘書が暴露@靖国問題 [【音静庵】]
( ̄。 ̄) ほお 中国様には、申告済みでしたか。 それでも、会談したって言ふことは、中国様も納得なさっていると言ふことですね。 中国様と韓国様方は、国内向け... [続きを読む]

受信: 2005/06/12 23:36

» そりゃあそうでしょう [閣下の憂鬱]
本来、支那や朝鮮の内政干渉に過ぎない「靖国問題」について神社本庁の見解が発表され [続きを読む]

受信: 2005/06/13 00:49

» 不自然だとは思ったけど・・・ [閣下の憂鬱]
そもそも首相の靖国参拝というのは遺族会の要望に応えるものでもある筈なのに、その遺 [続きを読む]

受信: 2005/06/13 00:53

» 外務大臣の強硬発言の裏に、米中関係の変化あり。 [log]
 増元さんのメッセージ、更新です。「首相への面会を請うと『3回もあったのだから、会う必要はない』と拒否された」そうです。国家の不作為による被害者の家族との面会を断る総理大臣。で、総聯にはメッセージを送りますかそうですか(是非、全文をサイトでお読み下さい)..... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 08:29

» 遺族会までも既に支那のモノ [大東亞共榮軒]
靖国参拝、近隣諸国に配慮を…日本遺族会が異例の見解 引用開始 日本遺族会(会長=古賀誠・自民党元幹事長)は11日、都内で正副会長らによる幹部会を開き、小泉首相の靖国神社参拝について、「首相の参拝は遺族会の悲願なので粛々と進めて欲しいが、それと並行して近隣諸国にも気配りと配慮が必要で、理解してもらうことが大事だ」とする見解をまとめた。 引用修了 曽慶紅との太いパイプを野中広務から受け継いだ古賀の工作が始まったんですね。自民党の大票田である遺族会に古賀が�... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 10:16

» 朝日新聞に降伏した読売社説を祝福する(笑) [書評日記  パペッティア通信]
あ。むろん、これ皮肉ですよ。5月25日の日記で、小泉靖国参拝問題への「内政干渉だ!!」とする、単細胞な反発に警鐘を鳴らしていたのだが、とうとう読売は「国立追悼施設」構想をとなえだした。「国立追悼施設」は、左派を中心に主張されつづけた構想であった。読売流...... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 16:58

» 野田も加藤も河野も  「(元)英霊の生の声を聞きなさいっ!」 [まいっちん愚ログ]
身も心も紅くなっていくという中共ウイルスから奇跡の生還を遂げました。一時はどうなることかと(んな大袈裟な)…!!お見舞いコメントまで頂き感謝感激。本間おーきに。 そんな私の熱をまたあげてくれるような媚中野田&下等のサンプロ出演についても色々書きたいのはヤマヤマですが、書きたくて書きたくてしょーがなかったネタをまず先に。 現在発売中の「週間新潮」を読まれた方はすでにご存知でしょうが、読んでいない方... [続きを読む]

受信: 2005/06/13 21:43

» 胡散臭い政治家!? [Nanyasoreの日記]
【主張】靖国参拝問題 何だったのか遺族会見解  小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関して、日本遺族会が十一日まとめた「近隣諸国への配慮が必要」とする見解を一体どう受け取ればよいのだろう。  遺族会の総意なのか、それとも会長を務める自民党の古賀誠元幹事長の個人的な考えなのか。このままでは、この見解が世界を駆け巡り、首相に靖国参拝をさせないという国際的圧力に転化しかねない。  見解は、「首相参拝は遺族会の悲願」としたうえで、「英霊が静かに休まることが大事だ。近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが... [続きを読む]

受信: 2005/06/15 23:49

» 嘘をつくんなら・・・ [親父の威厳BLOG.ver]
学習能力ってものがないのかね。 爺になると。 それとも、神通力が失われました?<邪笑 【主張】靖国参拝問題 何だったのか遺族会見解 小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関して、日本遺族会が十一日まとめた「近隣諸国への配慮が必要」とする見解を一体どう受け取ればよいのだろう。  遺族会の総意なのか、それとも会長を務める自民党の古賀誠元幹事長の個人的な考えなのか。このままでは、この見解が世界を駆け巡り、首相に靖国参拝をさせないという国際的�... [続きを読む]

受信: 2005/06/16 10:24

» 読売、お前もか! [福田逸の備忘録―独断と偏見]
 正直なところ、うんざりしてゐる。何につて? いふまでもない、メディアだかマスメディアだか知らぬが、6月4日、5日と立て続けに出た読売と朝日の社説に、である。  もつとも、読売の変節と転向(!?)には、うんざりといふよりはビックリの方がぴつたりだらう。突然「国立追悼施設建立を急げ」と来た。あの読売が? 変節の転向のといふよりは殆ど裏切りだ。しかも、前半で、「小泉さん、アンタ本気でA級戦犯を犯罪人呼ばはりするんですか」といふ論旨とも思はせるやうな運びなのに、半ばを過ぎて唐突に「国立追悼施設」をと... [続きを読む]

受信: 2005/06/18 17:18

» 内閣総理大臣の靖国神社参拝と日本国憲法 [釣りキチおやじの言いたい放題]
内閣総理大臣の靖国神社参拝と日本国憲法  日本国憲法第二十条には、「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。」とあるが、内閣総理大臣の靖国神社参拝は、特権を授け、又は政治上... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 10:59

« 米国に見限られる韓国 | トップページ | 通州大虐殺:中国の戦争犯罪 »