« 幻の従軍慰安婦 | トップページ | 緊急!農民襲撃・瞬間映像 »

2005/06/16

岡崎トミ子・日本の恥部

私は、昨日、「従軍慰安婦」など存在しなかったと断言し、その証拠も挙げた。確かに
慰安所はあった。慰安婦もいた。しかし、それは、「従軍慰安婦」=強制連行された
性奴隷ではなく、内地(国内)に比べて破格の厚遇を受けていた女郎たちであった。
韓国の「元従軍慰安婦」を名乗る文玉珠が起こした訴訟が、藪蛇となってその事実を
証明した。
拙記事「幻の従軍慰安婦」参照

にもかかわらず、国に対して、国家としての謝罪と法的賠償を求める法案の成立をめざす政治家たちがいる。法案は、「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」である。
社民党や共産党は、日本を否定する政党であり、支持率が5%を超えることのない集団であるから無視することもできる。
しかし、国家としての謝罪と法的賠償を求める法案の中心にいるのは民主党の政治家である。これは看過できない。なぜなら、民主党は衆参ともに比例区で自民党を上回り、小選挙区でも都市部では自民党を圧倒している。創価学会=公明党の動き次第では、政権を取る可能性が大いにある。
この政党には、大東亜戦争=侵略戦争、大日本帝国=悪の帝国、東條内閣=ナチス政権と同じ、という認識を持った政治家が相当数いる。
これらの政治家、そしてこれらの政治家を重用する民主党を許してはならない。民主党は、「反日・売国」政治家と袂を別つべきである。
「反日・売国」政治家の筆頭が副代表の岡崎トミ子である。この人物が、上記法案の
中心になっている。

Tomiko













以下の記事は、民主党のHPからの引用である。


岡崎トミ子副代表は3日、国会内で行われた「被害者とともに『戦時性的強制被害者
問題解決促進法案』の早期成立を求める集い」に参加した。

同日昼、韓国とフィリピンの元慰安婦代表と細田官房長官との直接面談が実現。岡崎副代表はこの面談にも同席した。この面談は11月4日の参院内閣委員会で、岡崎副代表が官房長官に被害者代表と直接会って話しを聞くように求めたのに対し、官房長官が「直接会う」と答弁し、実現したもの。
面談で細田官房長官は「慰安婦問題は父親の世代の罪だと思う。皆さまの尊厳・名誉を大変大きく傷つけたことを、心から反省し、お詫びする」として謝罪の言葉を明らかに
した
。小泉首相に対しても皆さまの気持ちを伝えたいとするとともに、中山文科相の
「従軍慰安婦とか強制連行とかそういう言葉が減ってきてよかった。自虐史観に立った教育だけはしてはいけない」とする発言をめぐっては「全く理解できない
。その発言によって政府の政策が変更することはない。安心してほしい」と語った。

岡崎副代表は「日本としてきちんと謝罪し、法的賠償を求める小泉総理あての要請書を手渡した」として、面談でのやりとりを語るとともに、戦時性的強制被害者問題解決
促進法案を参議院に1日に提出したことを改めて報告。「来年は戦後60年の年、この
問題の解決にむけ法案をぜひとも成立させていきたい」と、改めて決意を表明した。

集会には神本美恵子参議院議員、石毛えい子衆議院議員も出席した。
(下線は筆者)

岡崎副代表、戦時性的強制被害者問題解決促進法案早期成立へ決意(2004年12月03日)


民主党をはじめとして、共産・社民両党、無所属の参議院議員が28日、参議院に「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」を提出した。
本法案は、三党共同での提出が2001年の第151国会から通算6回目。性的行為の
強制について国が謝罪の意を表明すること、名誉等の回復のための措置を国が責任をもって講じること、などの内容となっており、民主党からは岡崎トミ子・円より子・千葉景子・和田ひろ子・齋藤勁各参議院議員が発議人となっている。

法案提出後、発議人は国会内で記者会見を開催。冒頭、岡崎参院議員が、被害者の皆さんが高齢化している現状を指摘し、内閣委員会での一刻も早い積極的な審議を
求めた。円参院議員も、子どもたちの未来のためにも、問題全てをしっかりと解決して
いくのが政治家の責務だ、などと述べた。この会見には、千葉景子・神本美恵子両
参院議員も同席した。

民主党などが「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」を再提出(2005年02月28日)

細田官房長官の認識と発言も情けないが、官房長官からそういう発言を引き出し、嬉々としている偽善者たちは、絶対に許せない。
政府の調査でも、慰安婦の大半は日本人であったことが分かっている。慰安婦=性奴隷であれば、なぜ日本人元慰安婦を発掘し救済しようとはしないのだ。なぜ韓国人や
フィリピン人のみに固執するのだ。なぜ反日の妄動を繰り返す盧武鉉のお先棒を担ぐのだ。
岡崎トミ子!オマエの意図は何だ!
まあ、リベラルやヒューマニズム、人権や社会正義、という言葉を誤解しているだけの、
世間知らずのお婆々だとは思うが、はっきり云ってオマエらは害虫なんだよ!
もっと人間の懊悩を知れ!

岡崎トミ子は、2002年に、「従軍慰安婦」に対する賠償のための立法活動と称して、
韓国で「元従軍慰安婦」と称する連中とともにデモをした。ハングルで日本反対と書き、
×印を付けた日の丸を掲げて
、日本大使館前で拳を振り上げて日本国に対する敵対
感情を剥き出しにした。
こういう、韓国で韓国人と一緒になって「反日デモ活動」をする人物を副代表に据えて
いる民主党。この事実は、一般には意外と知られていないと思う。もっともっと情報を
広める必要があると痛感する。

参考資料:戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案

関連記事1:中山文部科学相の正論
関連記事2:幻の従軍慰安婦

岡崎トミ子を糾弾せよ!と思う方はクリック!
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反保守・親小沢のブログがベスト5を独占しています。
↓彼らを打破するためにクリックをお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

makotoban

|

« 幻の従軍慰安婦 | トップページ | 緊急!農民襲撃・瞬間映像 »

従軍慰安婦&強制徴用」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。
うちは中日ドラゴンズ党なので東京新聞なのですが、「従軍慰安婦なかった発言、昔ならクビ」という趣旨の文章が載ってて、思わず破りそうになりました…。
史料に基づいた発言も出来ない、日本は不自由な国だと思いました。
まあ、中韓よりはマシですが。

投稿: 加納綾一郎 | 2005/06/16 19:01

加納綾一郎 さんへ
ようこそ。

>うちは中日ドラゴンズ党なので

そうでしたか、私は40年来のトラ党。
お互い「在日」の選手を抱えていますが、感謝こそすれ、彼らにケチを付ける気は毛頭ありません。
彼らは立派です。

投稿: 坂 眞 | 2005/06/17 14:04

初めまして。
民主党の国旗切り裂き事件を検索・岡崎トミ子繋がりで
こちらにお邪魔させて頂いた者です。
見てびっくりの一言でした…。
当方は、恥ずかしながら政治や社会の事を、あれこれ語れるほどの見識などはありませんが、純粋に自国の国旗の扱い・件の慰安婦(職業としての売春婦だったはずが…)云々の問題・このオバハン連中の言動に疑問や憤りを感じました。
これからも、こちらで色々勉強させて頂きたいと思います。m(_ _)m宜しくお願い致します。
余談ですが、私もトラ党でございます。

投稿: 笹岡 | 2009/08/22 10:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/4580635

この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎トミ子・日本の恥部:

» 日本人は知る必要がある・・・ 斬り!! [今だからこそ・・・ 韓国斬り !!]
日本人は知っておくべき事がある。 日韓関係が悪化する中、韓国人と結婚した日本人妻や修学旅行で韓国に来た高校生が謝罪をした事があったのだが、韓国人から言わせればそれはあまりにも意味のない行動だという。民間団体なども日本国内で積極的に日本政府や右翼系の人々に..... [続きを読む]

受信: 2005/06/17 00:48

» また冗談でしょ? [閣下の憂鬱]
“ゴキ”並に無礼な南鮮との首脳会談やら、余りにも国民を馬鹿にしたNHKディベート [続きを読む]

受信: 2005/06/20 22:37

» 民主党は日本を滅ぼす「対日破壊システム」 [ランヘボ乗りの右回りドライブ]
民主党の危険性は以前も述べましたが、反日の実行部隊がまた本性を現しましたね。 去る8月8日、鹿児島県内で開かれた民主党の集会において、二枚の日の丸を引き裂いて上下に貼り付けて、党旗を合成して掲げるという大逆事件的な出来事がありました。 反日国家の支那・朝鮮ではよく日の丸を引き裂いたり踏みつけたり燃やしたりします。やはり民主党は支那・朝鮮の手先なのですね。 正に民主党の本質を表した旗とも言えます。日本に対する呪いの儀式かも。 日本では外国の国旗を毀損すると罪なり... [続きを読む]

受信: 2009/08/24 08:27

» 辞職しろ!岡崎トミ子!! by K [Blogで遊ぶBlog]
まぁ、何と言うか次々とチャンスを棒に振る政党だな、ゴ民主党は。 村山内閣を彷彿させるぞ! [続きを読む]

受信: 2010/11/25 13:19

« 幻の従軍慰安婦 | トップページ | 緊急!農民襲撃・瞬間映像 »