« 南朝鮮革命は既に完了 | トップページ | 北になびく韓国 »

2005/07/15

中国の侵略に反撃せよ!

gassuden←クリックすると大きくなります。

(以下引用)
中川昭一経済産業相は14日午後、緊急記者会見し、帝国石油から申請のあった東シナ海のガス田の試掘権を許可することを正式に表明した。東シナ海でのエネルギー
権益確保への意思を、日本政府として明確にする狙いがある。ただ、中国側が強く
反発するのは必至で、エネルギー権益をめぐる日中の対立はさらに深まりそうだ。

試掘権を許可しても、実際に試掘を実施するかどうかは明確ではなく、政府と帝国石油は、中国との関係などを考慮しながら慎重に判断する。

東シナ海のガス田は、日本が主張する排他的経済水域(EEZ)の境界線(日中中間線)にまたがった海域の海底に埋蔵されており、これまで日中が政府間協議を進めて
きたものの、境界線は確定していない。

日中の対立が続く中、中国はガス田の開発を続けており、早ければ今夏にも生産が
可能になる見通しだ。日本は開発の中止と埋蔵量などのデータの提出を求めているが、中国側は応じない姿勢だ。
東シナ海ガス田の試掘権許可 経産省
(2005年7月14日 産経新聞)

ついに日本政府は、東シナ海のガス田試掘権を日本企業に許可した。
これに対し中国政府は直ぐさま反応した。

【北京=末続哲也】中国外務省の劉建超・副報道局長は14日の定例会見で、日本政府による帝国石油への東シナ海・天然ガス田の試掘権許可について、「中国の主権と権益を著しく損ない、東シナ海の情勢をさらに複雑化させるものだ」と非難した。

劉副局長は、「中日間に東シナ海の境界問題で争いがあるのは客観的な事実であり、話し合いを通じて穏当に解決するべきだ」と主張。さらに、「日本が東シナ海の安定や中日関係の大局のためにならない行動をとらないよう強く促したい」と述べ、試掘権許可の見直しや、帝国石油による実際の試掘を見送るよう求めた。
帝国石油への試掘権許可、中国外務省が非難
(2005年7月14日 読売新聞)

中国は、「話し合いを通じて穏当に解決するべきだ」と主張しながら、日本側が要求する「開発の即時中止と埋蔵量などのデータの提出」には頑として応じない。
そして、自らは着々と開発を進めている。「平湖」は既に生産を開始し、「春暁」は今秋にも生産が始まる(読売新聞)。
自分は実力行使をしながら、相手には話し合いを求める。何という傲慢な態度であろうか。これでは、相手をぶん殴っておいて、相手が反撃しようとすると、まあまあ話し合いで円満に、ということではないか。
ふざけるな!と云うしかない。
中国は、その一方において、武力で威嚇する。

【北京=末続哲也】中国の国営新華社通信は14日夕、中国が最近、最新鋭の海上
巡視船を導入し、巡視海域を、中国の沿岸海域から、中国が天然ガス田開発を進める東シナ海などに拡大したと伝えた。

日本政府が同日、帝国石油に対し、東シナ海の天然ガス田試掘権を許可したのを受けて、日本側をけん制する狙いもありそうだ。
中国が巡視海域拡大アピール、ガス田試掘許可けん制か
(2005年7月15日 読売新聞)

まったくもって、まともに話し合える相手ではない。
このような中国政府の態度に対して、日本政府の反応はどうか。
(以下引用)
中川昭一経済産業相は15日の閣議後会見で、経産省が東シナ海でのガス田の試掘権を帝国石油に付与したことに対し、中国側が「争いのある地域での試掘権設定は
中国の主権的権利に損害を与える」などと批判したことについて反論した。「(中国が
開発を続ける限り)日本にとっても(主権的権利の損害は)同じことだ。争いのある地域だと認めるなら、中国は誠意をもって話し合い、データ交換などをしていただきたい」と
不快感を示し、改めて中国側に関連情報の提供と開発の即時停止を求めた。

中川経産相は「争いのある海から友好の海にしていきたい。いいチャンスだと思う」とも述べ、日中共同開発も含めた協力の可能性を探る姿勢も示した。【宇田川恵】
ガス田開発:中川経産相、中国側の批判に反論
(2005年7月15日 毎日新聞)

中川経産相の発言は、なかなか原則的である。小泉内閣になって初めて中国に原則的な対応をするようになった。この姿勢を貫いてほしい。
経済産業省と帝国石油はガス田3ヶ所に、中国に対抗して名前まで付けている。
(以下引用)
経済産業省と帝国石油が今回試掘権を設定した東シナ海のガス田3カ所に対し、4月に日本名を付けていたことが明らかになった。中国に日本の権益を改めて強調する狙いとみられ、今後は公式文書などでも使う方針という。

中間線をまたぎ日中で地下構造がつながっている2カ所のうち、「春暁」は「白樺(しらかば)」と、「断橋」は「楠(くすのき)」と命名。全体が日本側にあり中国が「冷泉」と呼ぶガス田は「桔梗(ききょう)」と名付けた。
東シナ海ガス田に日本名、「桔梗・楠・白樺」
(2005年7月15日 朝日新聞)

なかなかやるではないか。絶対に引いてはならない。妥協してはならない。この問題で中国に屈することは、中国が宗主国で日本が属国になることを意味する。
経済産業省は、海上保安庁や防衛庁などと「作業船」の護衛についても検討する予定だという(読売新聞)。

以下に、読売新聞(7月15日朝刊)の今日の囲み記事を紹介する。

もし、今回の日中両国の立場が逆だったら、どういう展開になっているのだろうか。出遅れた中国が、試掘権を設定し、日本が境界は200カイリと主張したとすると、中国大陸のすぐ近くまでが日本の排他的経済水域となって、中国が春暁で開発することは許されない--。
こんな主張が国際的に通ると思う日本人は少数派だろう。

経済産業省の決定は、主権国家として当然だ。日本が中国との摩擦を避けようとするあまり、長年先送りしてきた問題のツケを払ったともいえる。対等な立場で知恵を出し合い、問題を解決すべきときに来ている。

対等な立場で知恵出せ(実森)

以上の主張は極めて正論である。しかし中国が、対等な立場で知恵を出し合う立場に立たなかったときが問題である。
今回の事態は、韓国の違法操業漁船を巡る、海上保安庁と韓国の海洋警察庁が対立した事件とはレベルも桁も違う。絶対に妥協できない。
わたしは、イザというときは、海上自衛隊の出動もやむを得ないと考える。なぜなら明白なる侵略行為であり、自衛権を発動するのは当然であるからだ。

この問題は、日本の国益と日本の将来を左右する極めて重要な問題である。にもかかわらず、メディアの扱いもイマイチ弱い。みんなの力で世論を喚起しようではないか!

気軽にコメントしてください。コメントがいちばん勉強になります。

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 南朝鮮革命は既に完了 | トップページ | 北になびく韓国 »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

坂さんのご意見、私は百パーセント支持致します。
海上保安庁や防衛庁との護衛協議も予定されているらしいですが、私は防衛庁に託すべきと考えます。
何しろ中国には、パラセル諸島とスプラトリー諸島での前科があります。
1974年に軍事的実効支配した西沙諸島(パラセル諸島)の例は言うに及ばず、88年~95年実効支配の南沙諸島(スプラトリー諸島)については、その強奪課程が「建物を強引に設置する」という既成事実の積み上げ等、東シナ海の現状にあまりにも酷似しております。
つまり、中国は最終的には軍事力でもって威嚇、あるいは実力を行使します。
脅しではありません。
その浅ましい手口はいつも同じです。
中国固有の島だの領海だのと突然発表し、同じ主張を何度も何度も繰り返す。
相手がガタガタし始めると、問題を棚上げしたまま自国に有利な条件での交渉を始める。
1992年、中国は南沙諸島・西沙諸島、東沙諸島・尖閣諸島そして台湾・黄海や東シナ海の大陸棚を中国領とする、実に身勝手な「領海法」を可決し、そんな一方的なものを根拠に覇権主義を推し進めています。
勿論、74年~80年代の中国の近隣諸国事情や国際的なパワーバランスは現在とは大きく異なっており、唯一の超大国が背後に見え隠れする日本に、そう簡単に手を出せないとの反論もあるでしょう。
しかし、私はこの問題と靖国問題・教科書問題は、特に日本独自で確実に解決して欲しいと思っているのです。
中国に対してだけではなく、広く国際社会に完全なる一独立国として認知される事を目指して・・・。
長文・乱文、大変失礼致しました。

投稿: mao | 2005/07/16 00:49

mao さん、おはようございます。
南沙諸島は、明の時代に鄭和将軍が南海遠征のときに立ち寄ったというのが、中国が領有権を主張する根拠です。
なんとういう無茶苦茶な論理。
中国が南沙諸島を強行占領したのは、アキノ政権時代に、米軍の極東最大のクラーク空軍基地と海軍のスービック基地を閉鎖したことに尽きます。
平和や中立も結構ですが、パワーバランスを考えない外交は、こうして国益を損ねるのです。
今ではフィリピンは、自国が主張していた海域で、中国との共同開発に追い込まれています。
反面教師にすべきですね。
余談ですが、鄭和将軍は日本人とのハーフで、清に対して台湾で抵抗し、徳川幕府に支援を求めたというエピソードがあります

投稿: 坂 眞 | 2005/07/16 10:36

中国が事あるごとに外交部報道官に発表させるのは、日本以外の海外への発信であると思っております。ガス田に関しても、やはり中国側の主張を垂れ流されていたように思えます。やっと官房長官が「中国側の主張は受け入れられない」と言いましたが、発言だけでは少々弱い気がいたします。中国は原潜を出したりしていますから、試掘に際して、日本もやはり海保よりは自衛隊を出すべきでしょう。政府の発言の裏づけとして、日本は引かないという態度をはっきりさせるべきだと自分も考えます。

投稿: チラシ | 2005/07/18 02:36

チラシさん、ようこそ。
>試掘に際して、日本もやはり海保よりは自衛隊を出すべきでしょう。政府の発言の裏づけとして、日本は引かないという態度をはっきりさせるべきだと自分も考えます。

まったく同感です。

投稿: 坂 眞 | 2005/07/18 15:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/4982749

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の侵略に反撃せよ!:

» 日本もようやくガス田試掘権付与 [WEBLOG de 鳩尾]
 経産省、帝国石油に東シナ海ガス田試掘権を付与http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20050714AT1C1400D14072005.html 日本もやっと行動に移れる。ちゃんと手続きを踏んでいるし、エネルギー問題は死活問題。勝手に国境付近を掘り始めたのは中国で火種を提供して日本は脅せばなんとか... [続きを読む]

受信: 2005/07/15 21:13

» [政治] 東シナ海ガス田に日本名、「桔梗・楠・白樺」 [newsic]
経済産業省と帝国石油が今回試掘権を設定した東シナ海のガス田3カ所に対し、4月に日本名を付けていたことが明らかになった。中国に日本の権益を改めて強調する狙いとみられ、今後は公式文書などでも使う方針という。中間線をまたぎ日中で地下構造がつながっている2カ所のうち、「春暁」は「白樺(しらかば)」と、「断橋」は「楠(くすのき)」と命名。全体が日本 ... このニュースには… 歌声喫茶をおぼえていますか 69年春,友人と二人で新宿の歌声喫茶に行ったところ客席は人影なし。結局,こちらもステージ... [続きを読む]

受信: 2005/07/15 22:01

» ガス田試掘は当然 [ステイメンの雑記帖]
 東シナ海におけるガス田試掘を求めていた帝国石油に対し、経産省はようやくその権利を認めた。シナ政府に遠慮し30年にも渡って野晒しにしていたのをようやく認めたことは何よりであったが、これに対しシナ政府共が早速反発してきた。 【北京14日時事】中国外務省の劉建超副報道局長... [続きを読む]

受信: 2005/07/15 22:18

» 中国、米国に対し核兵器使用の可能性警告 [差し迫る危機、そなえよ]
なんかここ最近、アジア近辺でイベントらしきものがあまりないのでしばらく投稿中止していましたが、ここにきてイベントが起こってきたようなので再開します。 やっと進みだした日本権益確保。東シナ海ガス田 週内にも試掘権許可 http://www.sankei.co.jp/news/050713/sei091.htm するとすかさず中国がなんか厚顔無恥もなんのそので抗議。中国、試掘権許可で抗議 東シナ海のガス田問題... [続きを読む]

受信: 2005/07/16 07:15

» 中国ガス田問題 [ikeday1な日々]
中国が進める東シナ海のガス田開発に対抗して、我が国の政府が帝国石油にガス田開発の試掘権を与えた。これに関して中国側から強烈な抗議があったそうだ。これまで我が国は中国にガス田開発をやめること及びやるのなら共同でやろうと意向を伺ってきたが、ことごとく無視され、何の誠意も見せていない。中国としては無為に時間を稼いで、ガス田での開発を完了し、早期に生産を軌道に乗せる考えだったのだろうが、日本が動いた。これまで中国に対して謝罪外交を続けていた日本にはない動きである。 この中国のガス田開発事業はアメリカの... [続きを読む]

受信: 2005/07/16 09:43

» 中国、米国に対し核兵器使用の可能性警告 [1喝たぬき]
中国、米国に対し核兵器使用の可能性警告―人民解放軍幹部=FT  [ロンドン 15 [続きを読む]

受信: 2005/07/16 11:29

» のるか そるか [んなアホな!]
東シナ海ガス田の試掘権許可 経産省(###産経新聞) >  中川昭一経済産業相は14日午後、緊急記者会見し、帝国石油から申請のあった東 > シナ海のガス田の試掘権を許可することを正式に表明した。東シナ海でのエネルギー権 > 益確保への意思を、日本政府として明確にする狙いがある。ただ、中国側が強く反発す > るのは必至で、エネルギー権益をめぐる日中の対立はさらに深まりそうだ。 月並みなことしか言えないけど、対立を恐れていてはダメ。 このままズブズブと相手の言うコトを聞いていたら、ガス田... [続きを読む]

受信: 2005/07/16 11:51

» 強烈な抗議って見てみた〜い! [Nanyasoreの日記]
東シナ海試掘権付与で「強烈な抗議」 日本公使に中国側 2005年07月15日16時10分  経済産業省が帝国石油に東シナ海でのガス田開発の試掘権を付与したことを受け、中国外務省の崔天凱アジア局長は15日、渥美千尋駐中国公使を呼び、「強烈な抗議」を伝えた。新華社電によると、崔局長は「日本の一方的な行為は中国の主権と権益に対する重大な挑発かつ侵害であり、国連海洋法条約の規定に違反する」と強調した。(時事)  国内手続ですが、何か? 強烈な抗議とやらを、そのままそっくりお返ししますね、支那様。... [続きを読む]

受信: 2005/07/16 12:45

» お隣は、チョロすぎるバッター… [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 例年より4日遅れの、梅雨明け宣言が出された鹿児島。 いつもより、雨が少なかった梅雨であったが… 今日の、気温は34℃まで上がり、気だるい1日であった。 が、しかし… 産経抄で、気だるさも笑いで吹き飛んでしまった。 産経抄 7/14 投手に内角高めいっぱいを投げられ、打者がのけぞるシーンが野球にはよくある。 次に外角低めがくるはずと予測がついても、これが... [続きを読む]

受信: 2005/07/17 04:08

» 【とっとと】支那とガス田と領海【試掘汁!!】 [チラシの裏]
NHKの特集アーカイブスで「シルクロード」の再放送がやってます。ゲストで椎名誠が出演。 椎名誠はチベットなどに何度も行ってるそうですが、どー思ってるのかね、中共のやりくちをと思う今日この頃で御座います。まぁ、下手に口を出され、左巻き妄想教師のように喚かれるより黙っていて呉れる方がイイがな。 さて、【中華電波観測所】さんの【中共は軍の手綱を締められずにいる】を読み、其の後何気に大紀元を読んでいたら次のような記事が出ていた。 【香港紙:胡主席、腹心を軍の要職に大量配置】〜大紀元7月17日記事〜 【... [続きを読む]

受信: 2005/07/18 02:29

» 資源戦争 [手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ]
>日中関係:6割が「資源めぐり再戦争に」 中国誌が調査  中国の週刊誌「中国新聞周刊」の15日付最新号は、同誌が企画したインターネットによる世論調査で、日中関係の将来について中国人の約60%が「日中両国は資源をめぐり再び戦争になる」と回答した、と伝えた。  ネットの利用者は20代などの若年層が多く、同世代に根強い過激な反日感情を反映しているとみられる。  今月行われた調査には約7万6000人が回答。日本と聞いた際に「危険な軍国主義国家を連想する」と約80%が回答。約95%は「日本の軍国主義が復活... [続きを読む]

受信: 2005/08/23 04:08

» 中国は日本をあきらめない!〜日本が標的の中露合同軍事演習 [私の「認識台湾」]
選挙戦も遂に公示日を迎え、厳しい残暑に輪をかけるかの如く各地で熱戦の火蓋が切られました。9月11日の選挙というのが前から引っかかっていたのですが、首都圏在住の方は特にテロには気をつけていただきたく思います。スペインの列車爆破テロも確か選挙期間中でしたし、株価が続伸している中、東京メトロの萱場町の駅あたりがその舞台となったら、日本、そして世界へ与えるインパクトは計り知れません。 折しもイラクでは新憲法を巡って不穏�... [続きを読む]

受信: 2005/08/30 14:41

» イケイケの中国、トホホのロシア〜中国の〝危険すぎる〟資源戦略 [私の「認識台湾」]
子供の頃日曜日の午前中といえば、「兼高かおる世界の旅」を家族で観ていたなぁと懐かしく思い出されます。全盛期のパンナムもCMやっていましたが、今はああいった格調高い旅番組もめっきり少なくなりましたね。昨年来台湾をテーマにした旅番組もテレビでちらほら見かけますが、大体B級タレント絡みの「飲んだ、食った」という安直な内容で(如何にも低予算という感じ)す。 ネット版の「世界の旅」ではないですが、ヤフ... [続きを読む]

受信: 2005/08/30 14:41

» エネルギ−政策 [手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ]
アメリカ、ニュ−ヨ−クの原油先物価格が、1バ−レル64ドルに達したというニュ−スが世界を駆け巡り,ドバイなどの中東産原油もつられて上昇している。 わが国内のガソリン価格もココ1年ほど上昇を続け、とうとう、レギュラ−で、1リッタ−130円の大台を超えた。 半年間でも、約30円ほどの上昇であり、家計を直撃している。 これには、二つほどの原因があるが、そのひとつが、アメリカユダヤ資本の悪い癖である、『投機』による、マネ−ゲ−ムだ。アメリカ人というアングロサクソンは、自分たちの行いは絶対の『善』であり、自分... [続きを読む]

受信: 2005/08/30 15:51

» 問い:「中国の真意を説明せよ」〜軍事大国へのススメ!? [私の「認識台湾」]
昨日の帰路、自宅付近の選挙用掲示板のポスターを眺めておりましたら、ふと大学受験時の現代文の模擬試験が頭をよぎりました。私の選挙区では、 ア.自民党小泉氏 イ.民主党岡田氏 ウ.社民党福島氏 エ.共産党四位氏 という選択肢が並べられていて、「次のア〜エの中から、首相を任せるのにもっともふさわしいと思われる人物を選び、記号で答えなさい」という設問が用意されているという訳です。今回の選挙は政権選択でありながら、実質的には「�... [続きを読む]

受信: 2005/09/02 11:28

« 南朝鮮革命は既に完了 | トップページ | 北になびく韓国 »