« 中山文部科学相の正論 | トップページ | また衝撃的な記事に・・・ »

2005/07/12

これは本当の話なのか

【大紀元日本7月12日】最近、中国官僚が相次ぎ海外で亡命した。彼らが提供した情報で、中国政府のゲシュタポ組織「610弁公室」が、残酷に法輪功愛好者を拷問する実情が明かされた。

婦女の権益及び社会的地位の保障は、国家文明を判断する一つの基準。前中国
国家主席・江沢民は、ある時に国営テレビで、1989年の天安門学生民主運動に
参加した女子大生が教養中に性的暴行を受けたことについて記者に質問され、「暴徒だから、当たり前の処罰だ」と答えた。

「法輪功人権報告」によると、全国の教養所に監禁されている数十万人の女性
法輪功愛好者が受けた残酷な性的拷問の内容は、ほとんどの人は、▽裸にされる
(長期的なケースも)▽生理時のナプキンの使用禁止▽胸または陰部に殴る蹴るの暴行▽警官によるレイプまたは集団レイプ▽外陰部をスタンガンで長時間電撃▽硬いブラシを性器に挿入し、乱暴にこする▽裸にされ、男性囚人と同室させるなどである。

ある刑務所から脱出した女性法輪功愛好者は「教養所の残酷さ、人間の想像の域を超えている」と語った。

「全世界法輪功学習者を救う会」の資料によると、妊娠中の法輪功愛好者は、ほとんどが妊娠中絶を強要された。以下はその実例である。

蘭州大学歴史専攻博士・王紅梅さんは、2001年6月7日に逮捕され、蘭州市桃樹坪
教養所に監禁された。妊娠中の彼女は、警察に強制中絶させられた。

遼寧省本渓の譚亜嬌さんは、妊娠中に東明派出所に監禁され、不当逮捕に抗議するため、食事を拒否した。警察は彼女の手足を鉄の輪で固定し、流動食を流し込むための汚い管を無理やりに食道に差し込み、一週間以上にそのまま放置した、その間
警官・張晋娟の指令でひどい暴力を受けた。ある日、拷問の最中で子宮から大量に
出血し、お腹の赤ちゃんが流産した。

去年9月、河南省淮陽県魯台郷の女性法輪功愛好者・王貴金さんが妊娠9ヶ月の時、「610弁公室」と「淮陽県計画生育委員会」(電話番号:86-394-2687775)に強制的に
赤ちゃんを流産させられた。大紀元記者・周新の追跡取材で、「淮陽県計画生育
委員会」の担当者は「これは、国家政策である」と答えた。

残酷な性的拷問を受けたのは、法輪功愛好者だけではなかった。上海の毛恒鳳さんは、中国政府の「一人っ子政策」に違反したため、刑務所に投獄され、警察は彼女を
ベッドに固定し、手足をベルトで縛りつけ、「大」の字のように各方向に力いっぱい引っ張る、その拷問が3日間も続いたと、ラジオ自由アジア(注-1)が報道した。

今年の3月8日の「国際婦人デー」で、ドイツとフランス在住の法輪功愛好者・熊偉さんと陳穎さんは、ストラスブール欧州議会のメディアセンターで、中国教養所の女性迫害を暴露した。

国際救援で、ドイツに救出された熊偉さんは、中国北京女子教養所に監禁されたときの体験を語った。生理中にもトイレとナプキンの使用を禁止され、抗議すると、手錠を掛けられ、「お前の指を一本一本折って、頭から沸騰するお湯を浴びせ、茹でてやる」と警察に脅迫された。ある19歳の女子大生は、警察の指示で、8人の囚人から暴力を受け、裸にされ、靴下とパンティを口に押し込まれ、硬い靴で彼女の下半身を蹴りまくられた。約20日後に対面したときには、女子大生の精神状態はおかしくなっていた。

陳穎さんは、教養所で、裸にされ、長時間しゃがむよう命じられ、冷たい水を浴びせられた。警官の命令で5、6人の麻薬中毒者と売春婦から暴行を受け、抗議すると、窓に手錠で縛り付けられ、薬物を強制注射された。薬物が注入される瞬間、心臓と
血管が引き裂かれるような激痛が走った。左半身は、痙攣状態を起こし、記憶力も喪失した、と生々しい残酷な体験を語った。(記者・金珊)

中国の刑務所、女性に残酷な性的拷問
(7月12日 大紀元日本)(太字と注は筆者)

衝撃的な報道である。今まで調べてきた中国の実態からして、記事に書かれている
ことは事実であると思う。
ただ、ニュースソースである大紀元時報は、まだ日本人にはメディアとして認知されていない。したがって、記事の信憑性を確認するには、大紀元時報がどういう新聞なのかを調べてみる必要がある。

大紀元時報は、2000年8月にニューヨークで華人社会を対象として発刊された。現在ではアメリカ国内のみならず、世界各国で広く購読されており、中国語版だけでも毎週120万部ほど発行されている。
また、ウエブ版も、インターネットを通じて世界中に流している。このサイトは、国際ネットワークを使って中国社会の情報を共有し、反中共運動を行っているところに特徴が
ある。
大紀元時報日本版は2001年1月に発行された。上記の記事は、そこからの引用である。
台湾の李登輝前総統が関わっているかどうかは分からないが、彼がこの新聞を高く
評価していることは間違いない。

李登輝前総統は、日本による台湾統治時代には岩里政男という日本名を持ち、京都
帝国大学で教育を受けた。当時の日本的思想をもち、「私は22歳まで日本人だった」と公言して親日路線を歩んだ方である。終戦時は大日本帝国陸軍少尉として名古屋の高射砲部隊にいた。
国立台湾大学で教鞭をとった後、米国コーネル大学に留学し、農業経済学の博士号を取得。敬虔なクリスチャンでもある。
こういう方が高く評価する新聞であるから、私は信頼できるメディアであると思う。

天安門学生民主運動に参加した女子大生が教養中に性的暴行を受けたことに
ついて、、「暴徒だから、当たり前の処罰だ」と答えるなんて、江沢民はどういう価値観の持ち主なのか!こういう人物が、つい最近まで国家の最高指導者だったのである。やはり、この国は狂っている。
法輪功愛好者である妊婦に暴力を振るい、強制的に妊娠中絶させるのが「国家の
政策」だなんて、まるでナチスが特定の人たちを強制的に去勢したのと同じである。

私は、これまでも、今の中国は前時代的、前近代的な社会に、弱肉強食のむき出しの資本主義が導入された状態と書いた。それを中共の強権的支配で維持していると。
こんな国、こんな社会は、極めて珍しい。北朝鮮の体制も異常だが、こういう国は、
かつてのアラブや今のアフリカにもある。しかし、中国のような国は、近代史において
例がない。
もはや中国は、この世に現存する「悪の帝国」と規定するしかない。

(注-1):ラジオ自由アジア=米政府系ラジオ局(Radio Free Asia)

参考資料1:李登輝
参考資料2:台湾生活…アジアの平和を願って

関連記事:法輪功弾圧の残酷

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 中山文部科学相の正論 | トップページ | また衝撃的な記事に・・・ »

中国(社会)」カテゴリの記事

コメント

これとまるっきり同じ事がチベットでもなされ、チベット人達が現在詰め込まれているシナの牢獄でも行われているので、この記事は本当でしょう。しかし、国連や多くの団体がシナのしていることはわかっているのにシナの暴走やプロパガンダを阻止することができない。日本だけにかかわらず、民主主義を訴えているアメリカ及びヨーロッパの国々でもシナに面と向かって言えない。みな最後には騙されるのも知らないでシナでいくら利益を上げるかだけ考えている。そしてオリンピックが開催されたなら、チベット、台湾の独立は永遠に来ないし、世界中からのシナの投資は増大するだろう。そうなると日本はもうチャンスがない。でも私はシナは将来内部破滅すると思っています。それは資本主義と共産主義の両立は無理であるし、もし民主主義になってしまったら、それこそシナ内の多くの国が独立するから。しかしすべて順調に進んだ場合、日本にとって恐ろしい国になる可能性も大である。つまり日本はシナの属国のようになる。日本にはそうしたがっている政治家が沢山いるようです。私達もできることをしなければなりませんね。リチャードギアのように影響力のある俳優は日本にはいないのでしょうね?

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/07/12 16:19

お隣にここまで巨大で強力で恐怖の国があるってのに、未だに従軍慰安婦だ南京大虐殺だと言える人たちがわからない・・・

チベットの一件についてはメディアが貧弱であるが故にある程度の情報規制が効いていたようだが、インターネット時代に入ってからか化けの皮がおもいっきり禿げだしていますね。

ディジタル・ディバイドがどのように埋まるのか、それが気になります。日本にも中国のような情報規制をしたがっている人たちが居るようです。インターネットの封殺によって縮まるのであれば、日本はもう終わりでしょうね・・・

日本に出来ることは売国奴を国政から叩き出すことに尽きますな・・・ メシアはいずこ・・・

投稿: RARTY | 2005/07/12 18:10

読むのもしんどい内容ですね…数ヶ月前にブログに書きましたが、当方自身中国のお役人(留学生)から「言う事をどうしても聞かない妊婦は射殺する」と聞いたので…全く理解不可能な人種です。

今年初めにイギリスで出版されて瞬く間にベストセラーになったユアン・チャンの「毛沢東 知られざる物語」を読んでおりますが、「ワイルド・スワン」を読んだときと同じ悪寒をページ毎に感じております。

あの連中は、ああいう奴等、なのですね。顔かたちが似ているからといって、日本人は連中の同種では絶対にない。

今日はベネズエラの国連報告官だかなんだかが、日本を「人種偏見、マイノリティ差別の根深い深刻な状況にある国だ」とかほざきましたが、ちゃんちゃらおかしいですよ(怒)。

投稿: 喜多龍之介 | 2005/07/12 19:44

歴史的にみても、性的虐待が体制の維持に必要な国。それがシナです。

かつては、
宮刑(腐刑ともいう;男性を去勢する刑)を励行→宦官という、他の国ではありえない役どころを創設
→宦官により、腐敗に満ちた行政・官僚機構を維持する。
という図式でしたからね。

日本では、高校の世界史で習っていますよ。
かの国が如何に異常かということを。

投稿: KS | 2005/07/12 20:13

冒険ダン吉さん、こんにちわ。

>日本にはそうしたがっている政治家が沢山いるようです。私達もできることをしなければなりませんね。リチャードギアのように影響力のある俳優は日本にはいないのでしょうね?

悲しいですが、売国政治家や反日主義者がたくさんいるのが現実です。やはり、中共の真実を伝える努力が大切かと・・・

RARTYさん、初めまして。

>お隣にここまで巨大で強力で恐怖の国があるってのに、未だに従軍慰安婦だ南京大虐殺だと言える人たちがわからない・・・

前記の返信でも書きましたが、やはり、中共の真実を伝える努力が大切かと思います。

喜多龍之介さん、どうもです。

>あの連中は、ああいう奴等、なのですね。顔かたちが似ているからといって、日本人は連中の同種では絶対にない。

大陸はそうですが、台湾の李登輝前総統のような方もいます。ホークスの王監督も日本人よりも礼儀正しい。二人とも日本で教育を受けた人たちです。
やはり、育つ環境が最悪なのではないでしょうか?

KSさん、初めまして。

>歴史的にみても、性的虐待が体制の維持に必要な国。それがシナです。

人の命は紙よりも軽く、欲望は底なし沼より深い、と云われる国ですからね。
人権なんて感覚はゼロ、というよりマイナスのようですね。


投稿: 坂 眞 | 2005/07/13 17:48

法輪功に対する批判の大体は中国共産党のスパイが散布させたものです。法輪功が資金をアメリカから受け取っているなどの類です。
実際報道されている人数をはるかに超える人が迫害を受けています。

投稿: 中国人 | 2016/02/11 17:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/4938792

この記事へのトラックバック一覧です: これは本当の話なのか:

» 民度低い支那人民 [Nanyasoreの日記]
産経:日本人入店時に謝罪要求 中国吉林省の料理店  中国吉林省長春市の「城市晩報」は11日までに、同省吉林市の西洋料理店が「日本人は謝罪した後に入店すること」と記した札を掲げ、日本人客が歴史問題で謝罪しない場合は入店を拒否していると伝えた。  札は3月からドアの横に掛けてあり、店主は「侵略戦争で中国人民に重大な災難をもたらした歴史を認め、頭を下げてわびた場合」に限り、日本人の入店を認めるとしている。札を掛けて以降、日本人客は一人も来ていないという。  店主の行為について、中国各紙は「日本... [続きを読む]

受信: 2005/07/12 23:22

« 中山文部科学相の正論 | トップページ | また衝撃的な記事に・・・ »