« 60%が日中両国は再び戦争 | トップページ | 中国:反日の結節点 »

2005/08/17

民主党を斬る!

今日は、民主党がどういう政党なのかを知っていただくために、幹部がどういう方々
なのかを紹介する。なお、副代表の小沢一郎氏と代表代行兼副代表の藤井裕久氏は旧自由党の代表と幹事長で、皆さんよく知っていると思われるので省略する。
政治理念や主義主張は、旧自由党時代と大差なし。

代 表 岡田 克也 (影の内閣 総理大臣:元自民党竹下派・新生党・新進党)

以下は、民主党・岡田幹事長「妄言」録 (知っておいてためになる話:平成16年3月号)より引用。

○先ず、中国ありき?

まずA級戦犯に「非常に抵抗感を覚える」とした国会での発言を紹介しよう。

2月10日の衆議院予算委員会で、岡田幹事長はA級戦犯を合祀する靖国神社に総理大臣が参拝するのは問題だと述べた上で、「私は、靖国神社にお参りするときに、やはりそこに戦争について責任を持つ人たちが一緒に祭られているというのは非常に抵抗感を覚えます。総理はいかがですか」と質問した。

それに対して小泉総理が「私は、抵抗感を覚えておりません」と答えたことは大きな
話題となったが、岡田幹事長はさらに、ドイツは戦争犯罪にけじめをつけたが日本は
そうではないという認識を示し、こう質問したのである。

「私は、この問題は、総理が参拝をされるのであれば、やはりA級戦犯合祀の問題、
もう少しきちんとした方がいいと思うんですね。例えば、中国や韓国が言っているのは
まさにそのこと。靖国神社参拝そのものを言っているんじゃなくて、A級戦犯が合祀されているということについて、それぞれの国は問題にしているわけですね。総理は、この靖国参拝の問題について、きちんと説明をするとおっしゃったけれども、中国に対して
どういう説明をされているんですか」

戦後処理の問題でドイツと日本を同列に置くのは明らかな事実誤認だし、総理への
質問はまるで中国の代理人である。もっともこの時は「よその国からああしろこうしろ
言われて、今までの気持ちを変えるつもりは全くない」と総理に一蹴された。

○いまだに「五人を返せ」?

この質問では、岡田幹事長は北朝鮮問題をだしにして国益や外交の在り方を尤もらしく語っているが、そもそも彼が北朝鮮問題の解決について語っても、説得力はない。

例えば、昨年1月19日、岡田幹事長はNHKの討論番組で「五人の方が『いたい』というなら日本にとどめておくことは当然だが、政府が決める必要はなかった。そのことで
北朝鮮が態度を硬化させた。世論に迎合しすぎだ」と語り、前原誠司議員や松原仁
議員など身内の民主党議員はじめ、世間から「五人を返せということか」との猛反発を買った。
これを受けて岡田幹事長は陳謝したものの、そんなのは表面上のことに過ぎないということを佐藤勝巳氏がある座談会で明らかにしている。

(「諸君!」平成15年12月号)

佐藤:民主党の 「マニフェスト」では、拉致問題については通り一遍しか書かれていません。しかも、「被害者家族のすみやかな帰国、事件の全容解明を強く迫る」と書いてあるのに、民主党の岡田幹事長はいまでも五人を北朝鮮に返せと言っています。

横田(引用者註・横田早紀江さん):ほんとうですか。その発言を撤回しませんでしたか?

佐藤:その発言をした後、8月頃ですが、お会いして色々北朝鮮問題に関してお話し
しました。でも、岡田さんは軟着陸論者なんですよ。まずモノやカネを与えればいいと
いう。
「北朝鮮は変化しだしている」というクリントンと同じ考えです。刺激しないほうがいいし、五人は帰すという約束なんだから北朝鮮へ帰したほうがいいという考えです。
クリントン政権が8年間やった軟着陸路線の結果が何かと言えば、北朝鮮国民を強制収容所と餓えで何百万人も殺し、核開発やミサイル開発を許して、日本や東アジア
全体を危険に陥れたことだと説明しました。それでも彼の考えは変わりませんでした。
(引用終わり)

以上の記事に、私のコメントを加える必要はない。ちなみに彼は、熱心な郵政民営化論者である。

副代表 岡崎 トミ子 (参議院議員:出自不明)

以下の記事は、民主党のHPからの引用である。

岡崎副代表、戦時性的強制被害者問題解決促進法案早期成立へ決意
(2004年12月03日)

岡崎トミ子副代表は3日、国会内で行われた「被害者とともに『戦時性的強制被害者
問題解決促進法案』の早期成立を求める集い」に参加した。

同日昼、韓国とフィリピンの元慰安婦代表と細田官房長官との直接面談が実現。岡崎副代表はこの面談にも同席した。この面談は11月4日の参院内閣委員会で、岡崎副代表が官房長官に被害者代表と直接会って話しを聞くように求めたのに対し、官房長官が「直接会う」と答弁し、実現したもの。
面談で細田官房長官は「慰安婦問題は父親の世代の罪だと思う。皆さまの尊厳・名誉を大変大きく傷つけたことを、心から反省し、お詫びする」として謝罪の言葉を明らかに
した。小泉首相に対しても皆さまの気持ちを伝えたいとするとともに、中山文科相の
「従軍慰安婦とか強制連行とかそういう言葉が減ってきてよかった。自虐史観に立った教育だけはしてはいけない」とする発言をめぐっては「全く理解できない。その発言に
よって政府の政策が変更することはない。安心してほしい」と語った。

岡崎副代表は「日本としてきちんと謝罪し、法的賠償を求める小泉総理あての要請書を手渡した」として、面談でのやりとりを語るとともに、戦時性的強制被害者問題解決
促進法案を参議院に1日に提出したことを改めて報告。「来年は戦後60年の年、この
問題の解決にむけ法案をぜひとも成立させていきたい」と、改めて決意を表明した。

集会には神本美恵子参議院議員、石毛えい子衆議院議員も出席した。
(引用終わり)

tomiko
←クリックすると大きくなります。

岡崎トミ子氏は、2002年に、「従軍慰安婦」に対する賠償のための立法活動と称して、
韓国で「元従軍慰安婦」と称する連中とともにデモをした。ハングルで日本反対と書き、
×印を付けた日の丸を掲げて、日本大使館前で拳を振り上げて日本国に対する敵対
感情を剥き出しにした。
民主党は、こういう、韓国で韓国人と一緒になって「反日デモ活動」をする人物を副代表に据えているのである。

幹事長 川端 達夫 (影の内閣 国務大臣:元民社党)

川端達夫公式ウェブサイト を覗いて見てください。何の政治哲学も理念もありません。極めて軽量級。
中身がなさ過ぎて、これ以上コメントできません。

政策調査会長 仙谷 由人 (影の内閣 官房長官:元社会党)

さすがに元東大全共闘の闘士だっただけに弁は立つ。以下、公式HPから彼の対中国・韓国観が解る記事を引用する。

先ほどの「冬のソナタ」現象の論点から見ますと、いよいよアジア・中国・韓国との関係を我々が本格的に覚悟を決めて考える必要がある。結論的に言うと、日韓連携のもとで東アジアの共同市場なり共同社会をつくる。
脱亜入米、脱亜入欧政策から、入亜入米、入亜入欧政策というか、そういう政策にここは覚悟を決めて入っていかなければ、いよいよアジアで孤児になってしまう。

昨日も日本の大学で研究している上海社会科学研究所に籍を置いている中国の方と電話で話をしました。中国の教育も問題なんだと認識されています。特に重慶での今度のサッカー試合、君が代吹奏から始まってものすごいブーイングの中で日本の選手は試合をしている。
なんでこんなに日本人は中国人に嫌われるようになったのかわからないというぐらい、今の時期は反発が強い。これは中国のインターネットの、日本で言えば2チャンネル
みたいなものなのでしょう。そういうところでも、中国的排外主義的ナショナリズムの
対象に日本がなっているようです。

ただ、中国のある種のやり過ぎた反日教育もあり、しかし、韓国も考えてみれば数年前まではやり過ぎた反日教育、抗日教育が行われていたことは間違いないわけですが、日韓ワールドカップ以降、今や韓国の人々に対して、これだけ女性を中心に「ヨン様ブーム」か「冬ソナブーム」か知らないけれども起こってくる。

文化交流が行われると、10年前に想像できないことが今起こっているわけで、漢字文化なのか儒教的な精神構造の背景なのか、いずれにしても中国人も韓国人もそれほど一神教ではございませんから、そういう中でこの種の反日的な雰囲気を払拭して、必ず日中と日韓の共同市場や東アジアの共同体になっていくと思います。
この中国の学者も、「どうもこれは一遍政権交代でもないとそういうふうに切り変わらないかもしれませんね」と言っていました。
アジアとの共生、共存、共栄 (2004年7月29日)

>入亜入米、入亜入欧政策

そんな政策がありうるのか?具体的なイメージさえ湧かない。河野洋平氏のように、「米国に対しても中国に対しても、同じように対応したらいい」ということか?
そんなことが現実にできるのであろうか?国益を損なうことなく。極めて疑問と言うか、非現実的な考え方である。

>「ヨン様ブーム」か「冬ソナブーム」か知らないけれども・・・文化交流が行われると、10年前に想像できないことが今起こっている

「ヨン様ブーム」のどこが文化交流なんだ?「冬ソナ」を見たことがあるのか?うちのカミさんの例で言えば、日本のTVドラマが失くした「古きよき青春のノスタルジア」に過ぎない。
韓国文化に触れているという意識もなければ、文化を理解しているわけでもない。そもそも韓国に、外国に誇れるような文化があるのか?

>漢字文化なのか儒教的な精神構造の背景なのか、いずれにしても中国人も韓国人もそれほど一神教ではございませんから

漢字文化、儒教的な精神構造、多神教、そんなもの中国人や韓国人が持っていると
思うのか?
中国人は無神論。儒教とも無縁。社会的規範も宗教的倫理も欠如している。それが、中国の大きな弱点の一つと指摘されているのを知らないのか?
韓国は既にハングル文化である。宗派でいちばん多いのはキリスト教徒だ。信仰を持っている者の実に68%を占める(国民全体の約30%)。何が漢字文化だ!どこが一神教ではございませんから、だ!

>東アジアの共同市場なり共同社会をつくる

本気でそう思っているとしたら、あなたはアホとしか思えない。
文化も宗教も言語も歴史も、何一つ共通性がない。しかも中国は独裁国家である。そんなことを考えること自体がおかしい。何をか言わんやである。

国会対策委員長 鉢呂 吉雄 (常任幹事:元社会党)

この人物も中身がない。自称政策通だが、公式WEBはちろWEB を覗いても、ありきたりの事が書いてあるだけ。唯一、自身のHPにある以下の文章から外交姿勢が見て取れる。

「アメリカ追随の外交から自主自立の平和外交をめざします。自衛隊は海外派兵せず、PKOなど国際協力は別組織で行います」

最近、ニュースになった発言は下記の記事くらい。

民主党の鉢呂吉雄国会対策委員長は27日午前の記者会見で、森岡正宏厚生政務官が靖国神社に合祀(ごうし)されているA級戦犯を「罪人ではない」などと述べたことについて「断じて許されない」と批判した。そのうえで「辞職に値する。内閣として速やかな処置をとるべきだ」と森岡氏の更迭を要求した。
民主国対委員長、靖国発言で森岡厚労政務官の辞職要求
(2005年5月27日 日経新聞)

菅 直人 (影の内閣 国土交通大臣:元社民連)

菅直人氏は、代表を辞任したものの、未だに大きな影響力を持つ。盟友は参議院議員会長の江田五月氏。
菅氏も元東工大全共闘だが、彼の本質は以下の記事で一目瞭然である。

2002年5月5日、日本民主党の菅直人幹事長夫妻一行6名が南京大虐殺遭難同胞
記念館を訪れ、遭難者たちに花輪を捧げ、生存者代表に会ってお詫びとお悔やみを
伝えた。

記念館の弔う広場で、南京大虐殺の生存者代表李秀英と倪翠萍両氏が日本軍に刀で刺された傷痕を見せながら当時の大虐殺の実態を生々しく語り伝えた。菅直人幹事長は両氏にお詫びを述べ、中国を侵略した日本軍が中国人民特に南京の人民に与えた深刻重大な災難に深いお悔やみを表明した。

小泉首相の靖国神社参拝について、菅直人幹事長は首相の靖国参拝を反対すると
明確に表明した。

菅直人幹事長はさらに、今度南京大虐殺の歴史をもっと知るために南京大虐殺遭難者同胞記念館をわざわざ訪れたのであり、南京での見聞をより多くの日本国民に伝え、歴史を正しく認識しそれを鑑にして、絶対に歴史の悲劇を二度と繰り返さないと述べた。菅直人幹事長は最後に「歴史を鑑に、未来に向ける」と記帳して見学を終えた。

日本民主党の菅直人幹事長が南京大虐殺遭難同胞記念館を見学
著作権所有:中華人民共和国駐日本国大使館

さすがは、元極左の面目躍如である。これで彼の政治的スタンスが解る。

なお、横路孝弘氏(影の内閣 厚生大臣:元社会党左派)は、社民党とほぼ同じと思ってもらってよい。鳩山由紀夫氏(影の内閣 外務大臣:元自民党竹下派・新党さきがけ)についてはコメントしない(必要がない)。

関連記事1:岡崎トミ子・日本の恥部
関連記事2:菅直人の歴史認識と民主党

参考資料:韓国におけるキリスト教の土着化

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 60%が日中両国は再び戦争 | トップページ | 中国:反日の結節点 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。分厚い内容を良く纏めてますね。読み応えたっぷりでした。
民主党のマニフェストも読みました。大事なところは、適正規模?、検討する?、促進する?、が使われ、切れ味の悪いノコギリを連想しました。旧社民系と自民党崩れがノコギリを奪い合い自分達の手を切るのも容易に想像できます。正直言うと小沢一郎は一目置いてましたし、東京時代の選挙区は海江田万里に注目してました。が、今回は迷う物は何もないでしょう。こんな政治家達(菅の土下座のイメージ)に託したら、日本そのものの価値が無くなってしまう。60年前軍事力(本当はある)と言う翼を失い、今度、経済力の翼を失ったら亡国です。

投稿: NZ life | 2005/08/17 20:18

政界編成で保守二大政党になり、政権交代により・・・・なんてことは絶対に無理でしょう。しかし共産主義とは感染力の強い猛毒を持つ病原菌の様な思想ですね。うっかり気を抜くと直ちに感染してしまい、一定の潜伏期間を経過して発病してしまう所など全く同じに思えます。何か有効な治療法は無いのでしょうか?法定伝染病の様にどこかへ隔離出来れば良いのですがそうも行きません。世界には様々な国家が存在する中、私たちはこの日本に誕生したのですから、自分の生まれたこの国を誇りに思いたいですね。この病気の予防策は、自分の生まれたこの国の真実の歴史認識を持つ事かもしれません。それに照らし合わせれば、今自分が伝染病に感染しているかどうか直ぐに認識出来ますし、かりに病気にかかってしまっても直ちに回復出来ます。自分が投票すべき人物の病状も分かります。ネットの時代なので自宅に居ながら立候補者の過去の病歴や治療歴が分かりますから精神の健康な人物を選べる様になり、ありがたく思っています。

投稿: 喜多見 梁右 | 2005/08/17 22:14

毎日、卓見を拝読するのを楽しみにしております。しかしまぁ、ご紹介の先生方から西村眞悟氏まで集うこの鵺の如き政党は何なんでしょうね。

投稿: Y.N | 2005/08/17 22:45

色々情報有難うございます。今度できたら、自民党時代、新進党時代の小沢一郎についても教えていただけますか。私はその頃政治に全く興味がなかったので、小沢一郎が自由党以前にどんな政治家だったのかよく知らないのです。

投稿: masa | 2005/08/18 09:32

坂様、昨日はTBありがとうございました。
こんな大変な資料をまとめていらっしゃったにも
関わらず…。

お蔭様で戦後最大のブラックジョークが楽しめました。

…いや、冗談じゃなくて、本当に…。

国民新党があるじゃないかって?
いや、あれは寒いオヤジギャグレベルですよ。

投稿: 喜多龍之介 | 2005/08/18 12:08

こんにちわ
小泉さんの解散を記者発表するときの形相をみて、この人は本気で政治を自民党を変えるつもりだと感じました。亀井、綿貫氏、岡田氏の記者発表を見ていても迫力が違います。
 小泉自民党が勝てば、改革に勢いがつくのではないかと思っています。
 選挙に行きましょう。

投稿: nasadon | 2005/08/18 15:13

郵政民営化賛成派のblogを紹介するためのblogを(今朝ですけど)つくりました。http://blog.livedoor.jp/great_white_shark/
こちらのblogのせてもいいでしょうか?
どれだけ多くの賛成派ブロガーがいるか、国民新党とか民主党に見せてやりたいと思っています。
また、のせてもいいと言う方がいらっしゃいましたらコメントのところにでもURLを書いてください。よろしくお願いします。

投稿: 空色 | 2005/08/18 17:54

NZ lifeさん、まいどです。
「民主党のマニフェストは切れ味の悪いノコギリ」、うまい表現ですね。

>こんな政治家達(菅の土下座のイメージ)に託したら、日本そのものの価値が無くなってしまう。60年前軍事力(本当はある)と言う翼を失い、今度、経済力の翼を失ったら亡国です。

まさに、そのとおりですね。彼らは日本国及び日本人という誇りを失くしています。


喜多見 梁右 さん、ようこそ。
>私たちはこの日本に誕生したのですから、自分の生まれたこの国を誇りに思いたいですね。この病気の予防策は、自分の生まれたこの国の真実の歴史認識を持つ事かもしれません。それに照らし合わせれば、今自分が伝染病に感染しているかどうか直ぐに認識出来ますし、かりに病気にかかってしまっても直ちに回復出来ます。自分が投票すべき人物の病状も分かります。

今回の選挙は、まさにそういう基準によるべきでしょう。


Y.Nさん、どうもです。
まさに鵺みたいな政党ですね。が、中にはまっとうな方もいます。
早く政界再編しないといけません。
政治家は己のことばかりを考えずに、もっと国家レベルでものを考えてほしいものです。


masaさん、こんばんわ。
小沢一郎氏は世襲政治家で、苦労知らず、世間知らず、人間知らずという点は、小泉首相と似ています。
ただ、彼は、田中派→竹下派という権力中枢に身を置き、金丸信という実力者に寵愛されました。
その点が、常に自民党の異端児であった小泉首相との大きな違いです。
小沢氏も改革派ですが、彼の「改革」のキーワードは「自立」です。
自立した個人、自立した個人によって構成される自立した国家。
従来の日本にはびこる社会に依存する個人、他国に依存する国家に対する強烈なアンチテーゼでした。
その辺も、理念よりも実利的なシステム改革から入る小泉首相とは違います。
竹下派を割り、自民党を割って細川政権を作ったところまでは素晴らしかったのですが、その後がいけません。
彼は傲慢で、ポスト竹下を巡る総裁選に際して、総裁候補の宮沢・渡辺両氏を幹事長室に呼びつけ、面接したのは有名な話です。
また、少しでも自分に批判的だと、例え側近でも容赦なく切り捨てる。
相手を平気で長時間待たせる。電話に出ない等々
あまりの独善と傲慢さに、付いて行く者が段々いなくなり、それとともに凋落したという過去の持ち主です。
要は人望がないのです。
湾岸戦争に関しては、野中広務氏から「売国奴」と罵られ、以来二人は犬猿の仲です。


喜多龍之介さん、どうもです。
>国民新党があるじゃないかって?
いや、あれは寒いオヤジギャグレベルですよ。

アハハ、そのとおりですね。
今回は、玉石混交でも、自民党を支持せざるを得ませんね。


nasadonさん、こんばんわ。
>小泉自民党が勝てば、改革に勢いがつくのではないかと思っています。
 選挙に行きましょう。

異議なし!!!


空色さん、初めまして。
>こちらのblogのせてもいいでしょうか?

ご趣旨に賛成です。
どうぞ載せてください。

投稿: 坂 眞 | 2005/08/18 19:50

こんにちは。
私は、過去自民党候補者に投票したことは一度もありませんでした。(笑

国家破綻につながる税金の無駄使いをなんとかしたいという観点から、政権交代による肥大化した官僚組織の改革は必要なことであるという考えでした。
そういった考え方の流れは、細川内閣の出現につながったと思います。
大きな効果は社会党の解体くらいだったでしょうか? (多くは民主党の中に生き残っていますけども)

将軍様の拉致問題を認める発言を引き出した小泉政権は、意図したところは何かはわかりませんが、結果として日本の大衆にそこにある危機に目覚めさせました。
加えて、サッカーの国際試合でのブーイングや、反日デモを見て多くの大衆は疑問を感じ、ここのブログのようにインターネットを媒体としてゆがめられた歴史認識を知り、日本がおかれている国内の危機的状況に覚醒したのだと思います。

多くのブロガーに感謝したい今日この頃。(笑

靖国参拝拒否に代表されるの岡田代表率いる民主党マニフェストは、主権をアジアにとかいうわけわからん売国政策にしか見えないので、よっぽどの候補者で無い限り当選してほしくないし、ましてや政権なんぞ与えられる党ではありません。
反日政策の隣国と仲良くとかいう売国政策が、プチ愛国に目覚めていると思われる現在の日本の大衆に受け入れられるわけがありません。(そう願いたい。)
状況を的確に捉えている政党はいないようです。
しかしながら、自民党の比例代表上位候補に女性とか聞いただけで、うんざりします。

今回、判断材料は、「郵政問題の是非とは関係無く」民族の誇りを掛けて、日本を大事にする候補者に入れるしか選択肢がないという状況認識です。
が、小泉さんはわかりやすい選択肢として提示しましたし、解散の記者会見は、なかなか見ごたえありました。
まれに見る、政治家の覚悟と気迫、信念とかいったものをみせてくれました。内容はともかく、投票率が上がれば自民党圧勝でしょう。
できれば自民党圧勝で、公明党もぶっ飛ばし、その後大きな政府・小さな政府の考えで、自民党分裂による2大政党化、そういった流れを期待しています。
この片思いはしばらく続きそうです。

追伸)
岩手の代表?小沢さんですが、元自由党も今回見捨てます。
小沢さんは、外国人参政権なんて気が狂ったとしか思えない政策を掲げ始めました。

投稿: 岩手の田舎人 | 2005/08/18 21:49

有難うございました。小沢一郎は、新進党時代政権を取ったとたんに、田中角栄のように政治献金を集めまくった、と聞いたことがあります。どうも、本当は国民のことなんか考えていないんじゃないか、という胡散臭い感じがいつもするのです。(まあ漠然とした印象ですが。)

投稿: masa | 2005/08/18 23:11

こんばんは。
未だに民主党がどんな政党なのかよく理解していない国民が大勢いることに愕然としています。小泉さんは日本を良くするために「自民党をぶっ壊す」と言っているのですが、民主党は「日本をぶっ壊す」と言っているに等しいと思うのですが…。

投稿: 大茶人 | 2005/08/19 00:15

民主党の面々は一部を除き、売国奴揃いの
集団である事がよく判りますな(^_^X)

只、民主党はマスコミを味方につけている為に
そう簡単にはくたばりそうにもないですが。
尤も政権を取る事は無いと信じたい所です。

投稿: abusan | 2005/08/19 11:34

岩手の田舎人さん、どうもです。
岩手も暑いのでしょうね。
>今回、判断材料は、「郵政問題の是非とは関係無く」民族の誇りを掛けて、日本を大事にする候補者に入れるしか選択肢がないという状況認識です。

それも大事な選択肢だと思います。

>小泉さんはわかりやすい選択肢として提示しましたし、解散の記者会見は、なかなか見ごたえありました。
まれに見る、政治家の覚悟と気迫、信念とかいったものをみせてくれました。内容はともかく、投票率が上がれば自民党圧勝でしょう。

小泉首相は、好き嫌いは当然あると思いますが、けっしてブレない、冷徹非常なまでの信念は、未だかつての政治家にはなかったものです。
ただ「投票率が上がれば自民党圧勝でしょう」は、期待の範囲を出ないような気もしますが・・・


masaさん、どうもです。
>胡散臭い感じがいつもするのです。(まあ漠然とした印象ですが。)

出自が田中派→竹下派、師匠が金丸信ですから、金権体質は当然根強く持っています。


大茶人さん、こんにちわ。
>小泉さんは日本を良くするために「自民党をぶっ壊す」と言っているのですが、民主党は「日本をぶっ壊す」と言っているに等しいと思うのですが…。

さすがにウマイ表現ですね。
あの政党は、コンセンサスのない野合政党ですから、日本を混乱させた挙句、自壊しそうな気がします。


abusanさん、どうもです。
>只、民主党はマスコミを味方につけている為にそう簡単にはくたばりそうにもないですが。

特にテレビ朝日がひどいですね。
もっと彼らの野合ぶりを、白日の下にさらけ出すべきです。

投稿: 坂 眞 | 2005/08/19 15:55

岡田氏の行った千鳥が淵は「海外の戦争犠牲者で無名の人」の納骨堂です。
国内で死んだ人、遺骨の確認できた人の分はあそこでは不十分なのです。
すみません、理屈っぽくて。

投稿: takeyan | 2005/08/19 16:26

takeyanさん、こんにちわ。
岡田氏の行動は欺瞞ですね。
郵政の問題にしても、彼は熱心な「郵政民営化論者」なのです。
政治家ですから、政治的妥協は少しは理解しますが、ちょっとおかしい、そんな気がします。

投稿: 坂 眞 | 2005/08/19 17:40

「派遣切り」・「2009年問題」・「雇用対策」は何処へ
◆急務は「現在の雇用」
政治(与野党共)もマスコミもジャーナリストも、皆大変だと言葉だけの心配に留まっているように思われます。と言うのは、「労働者派遣法改正案」は見直し審議待ちの足踏み状態で進展しておらず、その先が見えないため、「派遣切り」に歯止めがかかりません。「派遣切り」を加速させている要因は、政府及び厚生労働省の不十分な対応にあるということを理解しているのか疑いたくなります。いったい「雇用対策」はどこへ行ってしまったのでしょうか?とくに製造派遣の「抵触日(3月1日)」が過ぎてしまった現在のわが国において、最重要視されるべき課題はまさに「雇用対策」です。「雇用対策」ができれば、わが国の景気の底支えは可能です。雇用が底支えできれば、将来に対する不安も緩和されます。何といっても一番は「現在の雇用」です。数年先の雇用対策では意味がありません。
◆救済手立ては「雇用創出プラン(福祉雇用)」!
詳細は下記のブログをご参照下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部-ブログ&リンク集- | 2009/03/15 10:09

雇用創出プラン(福祉雇用)の提言
◆本当に「雇用のミスマッチ」なのか
世界同時不況による異常な雇用危機に対し、地方自治体が実施しているのは2~3ヶ月間の臨時短期雇用のため、期限到来で終了してしまいます。次の一手をどのように考えているのでしょうか。実際のところ、政府や厚生労働省は掛け声だけで地方自治体に一任(丸投げ)です。マスコミやエコノミストは、人材が不足している「介護・農業・林業」分野に人材をシフトすべきと、ひたすら「雇用のミスマッチ」を訴えています。しかし、この雇用危機に対して、一体誰が真剣に考えているのか疑わざるを得ず、製造業に従事している非正規労働者の生活を真剣に心配しているとは思えません。
雇用創出プランは下記のブログにてご確認下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部-ブログ&リンク集- | 2009/03/15 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/5512224

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党を斬る!:

» 造反者議員の中で当選させたい議員 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
亀井・綿貫氏の新党、午後発表へ…民主からも1人(読売新聞 8/17)綿貫・亀井氏ら郵政造反組みが新党結成を立ち上げ。しかし、石原新党ならいざしらず、綿貫新党ではキャスティングボードを担うことはないでしょう。そもそも亀井氏は衆議院解散なしと判断したところから、ボタンの掛け違い... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 20:02

» 何、ホリエモン出馬?! [ヨン様の南中山教室!]
ついに綿貫氏と亀井氏が新党を結成。党名は「国民新党」とのこと。代表は綿貫氏で現時点で5名での出発。亀井派の郵政賛成派は新党を結成すれば亀井氏とは袂を分かつと言っており、これで亀井派は分裂というより消滅することとなるでしょう。だが果たして逆賊の受け皿として機能するでしょうかね。難しいところだと思います。それよりもホリエモンが自民党から出馬するとのニュース。自民党の武部幹事長と会う一方、民主党の岡田代表とも会談... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 20:57

» さようなら、造反組さん [Nanyasoreの日記]
新党は「国民新党」・党首は綿貫氏  郵政民営化法案に反対した自民党の綿貫民輔氏、亀井静香氏らが結成する新党の名前は「国民新党」であることが17日、明らかになった。党首は綿貫氏。新党には両氏のほか亀井久興氏らが参加する。 (14:16)  大義名分がない新党を立ち上げるとは・・・振り上げた拳を下ろしにくかったのかな? どうせなら、「国民新党」みたいなダサイ名前じゃなくて分かり易く、 「郵政国営死守党」とか、「特定郵便局マンセー党」とかにすれば?  いずれにしても、守旧派さん、さよう... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 23:07

» 2005年夏−衆議院総選挙 その3 みそぎと刺客と新党結成 [つれづれなる・・・日記?]
「郵政選挙」(というのは個人的にはいやなんですけど、仕方ないか)で自民党の刺客ネタが花盛りになっていますが、実は今回、「みそぎ」をしたい有名どころが数人いらっしゃいます。 まずは「ムネオハウス」でおなじみの鈴木宗男氏 つぎに、秘書給与詐欺事件の大阪のおばちゃん辻本清美氏 さらに、服役が終った中村喜四郎氏 まさか、当選するなんてことはないと思うが、いろいろ見てみると、もしかしたらというところにいるみ... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 23:58

» 絶滅しそうなワサビを敗者復活の義経が食べる [んなアホな!]
迷い続けた社民復党 辻元氏、出馬表明(朝日新聞) >  「社民党を新しい市民政党に生まれ変わらせたい」。 > 同党が衆院大阪10区に公認候補として擁立を決めた辻元清美氏(45)が16日、 > 記者会見した。 >  「社民党は小さい。絶滅危惧(きぐ)種が国会にまだいると思うてはるかも知れ > へんけど、絶滅危惧種は大事なんです。多様性ですわ」 > >  秘書給与詐取事件で詐欺罪に問われ、東京地裁で懲役2年執行猶予5年の有罪判 > 決を受けてから1年半。会見では、執行猶予中の立候補... [続きを読む]

受信: 2005/08/17 23:59

» モヤッと?スッキリ?国民新党が、荒海に漕ぎ出した。 [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 慌てて昼過ぎにテレビをつけると、super_xの夏が、終わりかけていた。 6回で、7−1。 もう結果は見えていた。 樟南ナインのあきらめない気持ちも切れ、監督の思いで作り采配が見えたところで、チャンネルを変えた。 不安だった、投手力の差が、この結果。 まぁ、ベスト8は、立派だ。 胸を張って、帰鹿してくれ樟南ナイン。 やっぱり、地元が出ないと高校野球はつまらなく�... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 04:00

» 綿貫新党? [ねこまんま]
亀井、綿貫氏ら新党結成で大筋合意 反対票組幹部の一人は16日夜、「政党要件を満たす最小限の人数(5人)がいればいい。発足してから無所属の人を入れれば良い」と述べ、5人程度で発足する可能性を示唆した。 ただ、新党に参加するには、自民党を離党する必要があるため、反対票組の中には「地方組織の支援が受けられなくなる」との慎重論も広がっている。平沼氏らのほか、藤井孝男・元運輸相、保利耕輔・元文相、衛藤晟一・前衆院議員、自見... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 08:16

» 所詮はこのレベル。4 [親父の威厳BLOG.ver]
ふう。今回も15日での公式参拝は見送った見たいですね。 茶番劇である6カ国協議自体が靖国神社公式参拝への無言の圧力であり、今回の造反劇においてもこの問題への圧力ではないかと感じてしまう。 ただ、郵政民営化を今回の選挙の焦点から暈さないための公式参拝の見送りという見方がもっぱらではあるが、ここまでやるのであれば内外圧を跳ね除けて15日での参拝をすべきである。 ニュース特集で靖国に対する想いを放送してもらうぐらいならな... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 08:40

» 「造反組」六氏にエールを送る [福田逸の備忘録―独断と偏見]
 今回の解散劇に関する私の疑問は、巷間よく言はれてゐることだが、郵政のみが争点となり、それに反対した議員を公認しないといふ小泉首相の強引な遣り口が一点、もう一つは参院で否決されたものを国民投票的色合ひを持たせ衆院解散に踏み切つたことが第二点である。私は法律にはまるで疎いが、後者の問題は二院制の否定を意味するであらうし、本来なら内閣総辞職、廃案として他の法案審議を粛々と進めるべきであらう。それを、衆院解散に結びつけたのは果して憲法違反にはならないのだらうか。識者の見解を是非伺ひたいところだ。  ... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 22:43

» 造反議員激励西尾幹二氏講演会開催のご案内 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
民主党のマニフェストを見ると、旧社会党まがいの政策のオンパレードです。こんな民主党に政権はまかせられません。とりわけて民主政権が成立すれば、まず、人権擁護法案が成立します。また国立追悼施設の建設に始まり、外国人参政権が成立など、わが国の溶解は目に見えてひどくなります。●民主... [続きを読む]

受信: 2005/08/18 23:18

» マスコミの小泉崩し [ikeday1な日々]
いやいや。。しばらくブログから離れていましたが、やっと帰ってきました。その間、マスコミはあげて小泉自民党を凋落させる努力を続けているようです。郵政民営化賛成/反対議員を呼んだ番組でも、訳の分からない芸能人が出てきて、「民営化だけじゃないでしょ!」と言わせる。それに、民主党議員が「そうだそうだ」の大連呼。プロデューサーからこういう発言をしなさいと指示されている芸能人の尻馬に乗って、民主党がやりたい「マニュフェスト選挙」にしようと、やんやの大騒ぎです。でも、選挙の争点は郵政民営化の是非であることは、どう... [続きを読む]

受信: 2005/08/20 22:51

» 日本をあきらめない [ゼットンの独り言]
           国売りたもうことなかれ。 ニホンゴワカリマスカ?            [続きを読む]

受信: 2005/08/25 13:32

» 誇りなき国家から誇りある民族へ [手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ]
 わが国に寄生した『在日朝鮮人』に対しておもねる馬鹿が多いために、きゃつらは増長している。パチンコにしても、国営にするか、課税を強化すれば財政赤字の一部は消化できることになる。  パチンコは警察関係の利権だという。が、実際には、警察官僚のキャリアによる利権なのだ。一般の警察官は、多少のおこぼれでお茶を濁されているに過ぎない。  機械関係も在日系の企業であり、わが国の裏金融や、ノンバンク関係も在日といわれている。わが国の道徳観念を疲労させている現況が『在日』問題であり、また、『差別』と大騒ぎすることに... [続きを読む]

受信: 2005/08/29 14:38

« 60%が日中両国は再び戦争 | トップページ | 中国:反日の結節点 »