« 永遠に追いつけない韓国 | トップページ | 甦るゾンビ:人権擁護法案 »

2005/08/03

薄っぺらな国会決議

昨日(8月2日)、「戦後60年決議」が衆議院において採択された。この決議の正式名称は、「国連創設及びわが国の終戦・被爆六十周年にあたり、更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議」という。
名称を見ただけでも中身のバカバカしさが解りそうだが、この決議に対する論評は後で加えるとして、まず、採択までの経緯を見てみよう。

この決議案は、河野洋平衆院議長の強い意向に基づいている。衆院議院運営委員会の理事会で採択の方針が決まったのは、わずか1週間前のことだ。
最初は、自民、民主両党を中心に原案が作成された。原案の特徴は、「戦後50年決議」で取り上げた「植民地支配」や「侵略的行為」との表現は盛り込まず、「反省」色を薄めたのが特徴だった。(毎日新聞)

「反省」色が薄まったのは、「自民党内には村山内閣の『ざんげ路線』はもう十分という考えがあり、民主党内にも旧社会党色はもういいというムードがあった。10年前は「ざんげ」が軸、今回は未来志向で良いのではないかと考えた」(民主党議員:毎日新聞)
しかし、民主党の幹部会では、1995年の「戦後50年の決議」に明記されていた「植民地支配」や「侵略的行為」の文言を盛り込まなかったことに強い批判が出た。そこで、
決議に「10年前の『決議』を想起し」という文言を加えることで折り合ったのである。

まったくもって、何を考えているのか?「10年前の『決議』を想起し」という文言を入れれば、「今回は未来志向」という決議の主旨と矛盾するではないか。「妥協するのが政治」とはいえ、余りにも安易過ぎる。案の定、左右両派から反発を受けることになってしまった。
自民党の安倍晋三幹事長代理や拉致議連会長の平沼赳夫氏を始め、自民、民主両党の議員10人近くが採決に先立って本会議場を退席し、共産党は「植民地支配」や「侵略的行為」が入っていないことを理由に反対に回った。

そもそも歴史認識が絡む決議を、様々な歴史観を持つ政治家で構成されている国会において採択させようという河野洋平衆院議長の考え方が間違っている。
政治家もそうである。議員の半数以下の賛成しか得られなかった「戦後50年決議」の
二の舞を避けようとして安易に妥協する。しかも「戦後50年決議」と連続性を持つ決議とするのであれば、決議自体に何の意味があるのか?河野議長の本当の目的は何なのか?
特に民主党はひどすぎる。「旧社会党色はもういいというムード」がありながら、「植民地支配」や「侵略的行為」の文言を盛り込まなかったことを強く批判する勢力が幹部会にいる。こういう鵺(ぬえ)のような政党の存在は、国民に対する欺瞞である。
ちなみに、「戦後50年決議」における「植民地支配」や「侵略的行為」に関わる表現は
以下のとおりである。

「世界の近代史上における数々の植民地支配や侵略的行為に思いをいたし、我が国が過去に行ったこうした行為や他国民とくにアジアの諸国民に与えた苦痛を認識し、深い反省の念を表明する」

以下に「決議全文」を掲載する。下線部が原案と違う、修正された部分である。できるだけ多くの議員の賛同を得ようとする余り、抽象的な文言に終始し、何が言いたいのか、何が目的なのかはっきりしない決議である。

■戦後60年決議(全文)

「国連創設及びわが国の終戦・被爆六十周年に当たり、更なる国際平和の構築への
貢献を誓約する決議」

国際平和の実現は世界人類の悲願であるにもかかわらず、地球上に戦争等による
惨禍が絶えない。
戦争やテロリズム、飢餓や疾病、地球環境の破壊等による人命の喪失が続き、核兵器等の大量破壊兵器の拡散も懸念される。
このような国際社会の現実の中で、本院は国際連合が創設以来六十年にわたり、
国際平和の維持と創造のために発揮した叡智(えいち)と努力に深く敬意を表する。
われわれは、ここに十年前の「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」を想起し、わが国の過去の一時期の行為がアジアをはじめとする他国民に与えた多大な苦難を深く反省し、あらためてすべての犠牲者に追悼の誠を捧(ささ)げるものである。
政府は、日本国憲法の掲げる恒久平和の理念のもと、唯一の被爆国として、世界の
すべての人々と手を携え、核兵器等の廃絶、あらゆる戦争の回避、世界連邦実現への道の探究など、持続可能な人類共生の未来を切り開くための最大限の努力をすべきである。

右、決議する。

(2005年8月2日 毎日新聞)

以下に、産経、読売、朝日3紙の社説のエッセンス部分を紹介する。全文を読みたい方は、リンクを貼っているので、それぞれのWebに飛んでほしい。

(前略)
この10年で、日本を取り巻く国際環境は大きく変わった。
平成10年、北朝鮮がテポドンを発射し、11年には、北の工作船の領海侵犯による自衛隊初の海上警備行動が発令された。2001(平成13)年の米中枢同時テロ以降は、
日本の自衛隊も国際テロ撲滅の一翼を担うようになった。さらに、平成14年9月、金正日総書記が拉致事件を認め、北の国家犯罪が白日の下にさらされた。
国家意識が希薄になりがちだった戦後の日本人も、「国家」や「主権」を意識せざるを
得ない状況が生まれた。だが、今回の戦後六十年決議は、こうした10年間の変化を、ほとんど考慮に入れていない。相変わらず、「世界連邦実現」「人類共生の未来」といった地球市民的な理念が書き連ねられている。これでは主権国家としての意志がはっきりとせず、何も言っていないのに等しい。
この戦後六十年決議に、自民党の安倍晋三幹事長代理や拉致議連会長の平沼赳夫氏らは途中退席したが、その行動にはうなずけるものがある。
国権の最高機関として、あまりにも空虚で現実味に乏しい決議である。
(2005年8月3日 産経新聞【社説】

歴史の重みなどを、全く感じさせない、薄っぺらな国会決議である。
(中略)
「戦後50年決議」は、自社さ連立政権の村山内閣時代に、当時の社会党が主唱し、
衆院で採択された。文言をめぐっては、各党の間で激論が交わされた。
最終的にまとめられた決議案の採決では、与党からも約70人が欠席した。新進党の
議員も全員が欠席し、共産党は出席して反対した。賛成は、衆院議員総数の過半数にも満たない、惨たんたる「国会決議」だった。
今回の「戦後60年決議」には「国際連合が創設以来六十年にわたり、国際平和の維持と創造のために発揮した叡智(えいち)と努力に深く敬意を表する」というくだりもある。なぜ戦後60年になって、いきなり国連を持ち出したのだろうか。
しかも、日本は1956年以来、50年にわたり国連を構成する当事者である。国連予算の約20%を負担し、安保理の常任理事国入りをめざす責任ある中核メンバーでもある。
まるで国連の外にいる第三者であるかのように国連に「敬意を表する」のでは、諸外国の失笑を買うだろう。
「世界連邦実現」と言うが、なぜ戦後60年の今なのか。唐突な印象を受ける人が多いのではないか。
何のための国会決議か。そんな疑問をぬぐえない。
(2005年8月3日 読売新聞【社説】

(前略)
10年前、同じように戦後50年の節目に国会決議が採択された。今回の決議とは違って、その時は激しい論争が巻き起こった。自民党、社会党、さきがけの3党連立のもとで、社会党の村山富市氏が首相だった。
(中略)
結局、植民地支配などの表現は入ったものの、与党である自民党から本会議への欠席者が続出。野党の新進党も欠席し、決議への賛成者は衆院の議席の過半数にも達しない異常事態だった。
われわれは社説で「恥ずかしい。悲しい。やりきれない」と書いた。
あれから10年。今回の決議では「わが国の過去の一時期の行為」がアジアや他国の人々に多大な苦難を与えたとし、反省を表明している。だが、「侵略的行為」「植民地支配」の表現は消えた。
では、戦後50年決議やその後の「村山談話」にはっきりとうたわれたこうした過去に
触れる必要がないほど、われわれの反省はアジアに広く受け入れられたのか。残念ながら、そうではない。
(中略)
国会決議に「侵略」などの表現が入らなかったからといって、反省の気持ちが後退したとは思いたくない。野党の要求で「10年前の決議を想起し」という一文が挿入され、
戦後50年決議を踏襲する形にはなっている。
自民党や民主党に退席、欠席した議員がいたとはいえ、賛同した議員は前回とは比べものにならないほど増えた。
近隣諸国との付き合いがうまくいっていないこんな時期だからこそ、国会の意思として改めて反省を表明したことは意味がある。この趣旨が少しでも生かされ、和解が進む
よう国会自身が努力する責任がある。
(2005年8月3日 朝日新聞【社説】

「国家意識が希薄になりがちだった戦後の日本人も、「国家」や「主権」を意識せざるを得ない状況が生まれた。だが、今回の戦後六十年決議は、こうした10年間の変化を、ほとんど考慮に入れていない。相変わらず、「世界連邦実現」「人類共生の未来」といった地球市民的な理念が書き連ねられている。これでは主権国家としての意志がはっきりとせず、何も言っていないのに等しい」という産経の主張には同意できる。

逆に「近隣諸国との付き合いがうまくいっていないこんな時期だからこそ、国会の意思として改めて反省を表明したことは意味がある。この趣旨が少しでも生かされ、和解が
進むよう国会自身が努力する責任がある」という朝日の主張は、いかにも朝日らしい。
「10年前の決議を想起し」という一文が挿入され、戦後50年決議を踏襲する形にはなっている・・・と必死に前向きの評価をしているが、前述したように、「戦後50年決議」は
議員の半数以下の賛成しか得られなかった「惨澹たる決議」であった。
朝日は、これを「恥ずかしい。悲しい。やりきれない」と書いた。
まあ、今回の決議が河野議長の発案で、しかも圧倒的多数で採択されたことを考えれば、朝日が多少強引でも肯定的に評価するのは頷ける。
「近隣諸国との付き合いがうまくいっていないこんな時期だからこそ・・・・・・和解が進むよう国会自身が努力する責任がある」というのが河野議長の意図であるとしても、「国権の最高機関として、あまりにも空虚で現実味に乏しい決議である」と言わざるを得ない。

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 永遠に追いつけない韓国 | トップページ | 甦るゾンビ:人権擁護法案 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

 善人ぶりっ子の自己満足のような決議は、
時間の無駄。それどころか、それによって多くのものが喪失されます。おためごかしに、賛同する議員はその程度なのでしょう。
 

投稿: くえひこ | 2005/08/03 17:59

はじめまして。いつも楽しく!?拝見させて頂いています。
管理人様の冷静な分析が煮えたぎる思いを救ってくれています。
さて、上記についてですが、戦後60年たった今尚周辺諸国へ謝罪
を続ける様を見て、国民の一人として正直うんざりしています。先の
戦争に対する考えは勿論個々人相違があるのは当たり前としても
先人たちの興国にかけた重いより周辺諸国への謝罪ばかりが取り
あげられているようにも感じます。自分は戦争を体験した訳ではあり
ませんが、戦争を体験した先祖より生を受け継いでいるわけですし、
あまりに彼らを軽視しすぎていないでしょうか?立ち位置がとても同じ
国民として見られません。
単なる一有権者としてしか、力がない自分が情けなく、不甲斐なく
感じます。

投稿: hide | 2005/08/03 19:23

まるで己が主催者の如き「世界会議」を開き、勝手に「世界の道しるべ宣言」し「採択」したような子供の空想ごっこ遊びを彷彿とさせるものですね。
謝罪外交だの何だのという前のもので、ここにあるのは幼稚な正義を満たすためだけの自己満足と見るのは荒唐でしょうか?
一体、一国の末席に位置する者が「どこ」で「何」をしているのか。
国政の場をパビリオンか何かと勘違いしているのではないだろうか。

投稿: 通りすがり | 2005/08/03 19:48

くえひこ さん、こんばんわ。
>善人ぶりっ子の自己満足のような決議は、時間の無駄。それどころか、それによって多くのものが喪失されます。

まったく、そのとおり。
怒りを通り越して、呆れています。


hideさん、初めてでしたっけ(笑い)
>あまりに彼らを軽視しすぎていないでしょうか?立ち位置がとても同じ
国民として見られません。
単なる一有権者としてしか、力がない自分が情けなく、不甲斐なく感じます。

今の自民と民主のねじれを見ていると、政党政治の常道に反するかもしれませんが、
「党より人」で選ぶしかないのかもしれません。
一有権者が力の源なのです。メゲないでください。


通りすがり さん、ようこそ。
>謝罪外交だの何だのという前のもので、ここにあるのは幼稚な正義を満たすためだけの自己満足と見るのは荒唐でしょうか?
一体、一国の末席に位置する者が「どこ」で「何」をしているのか。
国政の場をパビリオンか何かと勘違いしているのではないだろうか。

まったく、そのとおり。
情けないと言うか、言葉もありません。
私の知っている政治家(自民)個人は、もちろんバカではないのですが、
集団になるとバカになる・・・

投稿: 坂 眞 | 2005/08/03 21:14

教科書採択の現場での狂気の妨害活動や人権擁護法案の再提出など、反日サヨク陣営もいよいよ必死の状況に映ります。
世界連邦などと、いよいよその稚拙で荒唐無稽な妄想が表出して参りました。
彼等が「戦後60年決議」に潜ませる目的など、右傾化?する一方の世論に後押しされて中道右派議員が勢い付き、改憲論議や各種法案審議に於いて主導権を握られる恐怖から、先手を打って封印を施した・・・と言ったところではないでしょうか。
しかし、ここでも河野洋平という男、例の如く我々の期待を裏切らぬ活躍ですが、新自由クラブでの失態や総理になれぬ総裁などと、その栄光を賛美する言葉には事欠かないのではあります。
こんな男ですから、無所属が原則である議長職以外、適当な窓際席が見付からなかったというのは真実なのでしょう。

投稿: mao | 2005/08/03 23:33

坂様、おはようございます。
熱帯夜に真夏日、やってられませんね。

こちらの「決議」ですが、断固として御退席になられた“保守派”議員の皆様には感謝です。当方は全く国民の声もへったくれもない“ヘタレ”決議に倒れました。

わかっているんでしょうかね。外国の目を意識してサヨク優等生な文章を発表したのでしょうが、当のお目当てからは早速「ばっかじゃねーの」という反応でしたよ。

…こちらとしては、その反応をみて「ざまあ見ろ」と思いましたが、どうせ当の連中は永遠にそんな事には気付かないでしょうから、結局ワタクシの自己満足でおしまいなのですが…(涙)。

投稿: 喜多龍之介 | 2005/08/04 08:59

maoさん、こんにちわ。
>しかし、ここでも河野洋平という男、例の如く我々の期待を裏切らぬ活躍ですが、新自由クラブでの失態や総理になれぬ総裁などと、その栄光を賛美する言葉には事欠かないのではあります。
こんな男ですから、無所属が原則である議長職以外、適当な窓際席が見付からなかったというのは真実なのでしょう。

保守を装いながら、左翼のお先棒を担ぐ。
実に悪質な存在です。
河野議長や田中真紀子氏は、社民党と頭の構造が同じです。
しかし、世間には左派ではなく良識派に映る。
左派以上に危険で悪質な存在だと思います。


喜多龍之介さん、どうもです。
>わかっているんでしょうかね。外国の目を意識してサヨク優等生な文章を発表したのでしょうが、当のお目当てからは早速「ばっかじゃねーの」という反応でしたよ。

本当になんと言ったらよいのか。
「ばっかじゃねーの」以外に言葉がありませんね。

投稿: 坂 眞 | 2005/08/04 14:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/5294811

この記事へのトラックバック一覧です: 薄っぺらな国会決議:

» ★ メディアに創造される戦争の記憶 佐藤卓己 『八月十五日の... [書評日記  パペッティア通信]
名著『言論統制』(中公新書)でその名を高らしめた、佐藤卓己。「朝日新聞の予定稿」「怪しい玉音写真」「8月15日という物語=歴史」…扇情的な文句が並ぶ。終戦とは何かをどこまでも追求した作品になっています。8月10日、ポツダム宣言受諾の御前会議の内容が世界に伝え...... [続きを読む]

受信: 2005/08/03 19:35

» 六ヶ国協議・・・ [Let's Blow!  毒吐き@てっく]
もう少ししたら東京裁判特集します アメリカの残してた記録映像集でつづられた「東京... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 02:11

» ”フェミニズム”は「学問」ではない!上野千鶴子・小倉千加子にケンカを売る! [ブログ・カミカゼ:燃えよ!ニッポン:武士の国!]
 風雲急を告げる参院国会・永田城!  寄せ手の大将は「郵政改革」を引っさげて、平 [続きを読む]

受信: 2005/08/04 03:28

» NYT左へ向けて“再び”走る@NYT [今日の覚書、集めてみました]
今日のNYTもノリノリで反日全開。バリバリの反日記事で名高いオオニシ・ノリミツ記者と、いつも貴重な中国情報を届けてくれるハワード・フレンチ記者の合作記事でございます。 …ぷ…。 誰がどの部分を書いたか明らか過ぎて、わざわざ一つの記事にした意味がないじゃーん、と思うのは私だけであろうか? しかし、最後の方で紹介される中国人作家のYu Jie氏の言葉…既にご存知の方も多いかも知らんが、私は本日初めてその名を知った。あち�... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 08:44

» 郵政法案否決・衆議院解散はあるのか [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
郵政法案否決・衆議院解散はあるのか●郵政法案、本会議採決8日以降か…成立なお微妙(読売新聞 8/4)●採決、8日に先送りへ 郵政法案 解散回避論高まる(朝日新聞 8/4)●小泉首相「解散したくない、だから成立を」(読売新聞 8/4)●森氏が派閥会長辞意 首相の政治手法に「辟易」(産経新聞 8... [続きを読む]

受信: 2005/08/04 12:08

« 永遠に追いつけない韓国 | トップページ | 甦るゾンビ:人権擁護法案 »