« 中国の傲慢に鉄槌を! | トップページ | 愛する虎よ、優勝おめでとう »

2005/09/29

中国の笑える世界一

米国が世界No.1が好きな国であることは有名である。しかし、もう一つ、アジアにも世界No.1が好きな国がある。その国は?中国である。
中国の人口が13億人超で、世界一であることは誰でも知っている。しかし、それ以外にもNo.1は中国にはいくらでもある。以下、中国が誇る世界一を、筆者が思い付く限り
列挙する。


①【模倣品(にせ物)市場総額】:1,600億~2,000億元(2兆2,400億~2兆8,000億円)<2001年・国務院推計>同年のGDPの約2%を占める。

模倣品は、模倣された企業が被害を被るだけではない。消費者にも恐ろしい被害が
ふりかかっている。工業用メタノールで作った酒で命を落とす者や偽薬で健康を害する者が続出している。
2004年には偽粉ミルクで重度の栄養不良に陥り、死亡する乳幼児が次々に発生。
また、同年に、鳥インフルエンザの偽ワクチンで鶏がバタバタと死んだ。
これに対し政府当局者は「偽物の氾濫は、金に困った個人の不正行為のせい」と言うだけで、本気で取り締まる姿勢が見えない。GDPの2%を占める模倣品(にせ物)市場を考えれば、政府が本腰を入れないのも解るような気がする。


②【偽札】:11億6.000万元(約162億円)<2004年摘発分・前年比76.8%増>

偽札が摘発された分だけで年間160億円以上。しかも前年比70%を超える激増ぶりである。中国人民銀行(中央銀行)券の信用は市場経済社会の根幹に関わる問題である。
もし、このままのペースで偽札が増え続け、流通したら、中央銀行の信用にも大きな
影響を与える。ちょっと信じられない額である。


③【密輸品】:6年間で9万件以上、2兆6000億円<1998~03年摘発分>。2004年1~
9月に全国で摘発された密輸案件は1万3,800件(年間1万8,400件ペース)

密貿易が、摘発分だけで年間平均4,300億円を超える。最近はさらなる増加傾向にある。中国当局がバブルを抑制するための金融政策を採っても、このような統計に表れないところで巨額のマネーが動く。
2兆6000億円は、あくまでも摘発された分に過ぎない。実態は、この数十倍に上るであろう。結局、中央政府のコントロールが効かない経済なのだ、中国経済は。


④【官僚の汚職事件(贈収賄・職権乱用)】:3万6,509件、関係者は4万2,225人<2004年摘発分>

これも、あくまでも表面化した数字である。官僚の汚職は検察官から裁判官にまで及んでいる。法治ではなく人治。
中国社会を近代化する上で、最大のネックになりそうなのが、この役人の腐敗である。現体制を内側から蝕んでいる。まさに共産党官僚という名のシロアリ。


⑤【集団性事件(暴動・騒乱事件)】:7万4000件、参加人員は376万人<2004年>

この集団性事件は、まだ政治性を帯びていない。しかし、ちょっとしたきっかけで社会的・経済的不満が政治的不満に転化し、大規模な反政府暴動に発展することは歴史が証明している。
地域間、階層間の極端な経済格差が今のまま放置されれば、その日が来るのも遠くはない。


⑥【失地農民】:全国で4千万人以上。毎年200万人以上のペースで増加<2004年>

これも世界に例がない規模である。社会の底辺に蓄積され続けているマグマ。


⑦【事故死者】:2004年1~11月で12万人超(年間13万人ペース)

日本の場合は交通事故死が圧倒的に多いが、中国の場合は災害が圧倒的である。特に最近は、無理な石炭の増産で、大規模な炭鉱事故が続発している。
親中派の人に問いたい。これでも者が主人公の国ですか?と。


⑧【人身売買】:3年間で2万360件、保護された女性と子供4万2215人<2001~03年>

これこそ氷山の一角に過ぎない。実際は年間30万~50万人とも100万人単位に及ぶとも言われている。中国における人身売買の特徴は社会的な構造問題であるということだ。
一人っ子政策、男尊女卑、極端な貧富の格差、これらが複合的に重なって人身売買の温床になる。
しかも、ビジネスとしてのシステムが出来上がっている。調達係→搬送係→販売係→巨大なマーケット。嬰児の売買には医療関係者も深く関わっているし、地元の警察も
賄賂をもらっているから見て見ぬふり。
まさに中国社会の深層に潜む病理である。


⑨【出稼ぎ者(民工)】:1億人超<2004年>

まさに現代版「女工哀史」。
低賃金、長時間、劣悪な環境、無戸籍故の社会的差別。まさに大正~昭和初期の我が国と同じような状況。
こんな奴隷に支えられた成長が、この先10年も15年も続くわけがない。
失地農民+民工+頻発する集団性事件=一体どうなるんだろうこの国は→破滅?


⑩【不完全就労】3億5,000万人<2004年>

これでは、赤字の国有企業のリストラもできず、人民元切り上げに伴う生産ラインのスリム化、生産効率のアップによるコストダウンもできない。
前門のトラ=人民元切り上げ、後門の狼=不完全就労者3億5,000万人。まさに行き詰りつつある中国経済。それでも奇跡が起こり、今までのような高成長が可能となるのか?
まったく不透明。予測不可。


⑪【環境破壊】:都市人口の7割が大気汚染にさらされている。7大水系の7割が重度汚染。400以上の都市が水不足。砂漠化面積は年間3,400平方キロ。<2003年>

米国と並ぶ世界環境破壊・地球温暖化→異常気象の元凶


⑫【四大国有銀行の不良債権率】:融資総額の19%<2004年3月末>

これも中国崩壊の大きな原因になる。公的資金注入、外資との提携。しかし、赤字を垂れ流す国営企業、増え続ける不良債権。
そして人民元の切り上げ。
この問題も、先行きまったく不透明。予測不可。

上記以外にも、No.1があるかもしれない。気付いたらよろしくお願いします。

以上の記事に出てくるデータは、2005年9月28日付読売新聞[朝刊]、及び私の過去のエントリー【中国崩壊シリーズ】より引用。

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 中国の傲慢に鉄槌を! | トップページ | 愛する虎よ、優勝おめでとう »

中国(社会)」カテゴリの記事

コメント

国内情勢が不安定になればなるほど日本たたきをし続けるんでしょうね、かの国は。
従兄弟が中国系なのですがとっくにアメリカに移住してます。少しでも経済力があるなら本国にとどまらないでしょう。
結局割を食うのは一般庶民なんですね。

投稿: ねね | 2005/09/29 19:02

もうひとつ笑えるホントの話を

ながーい城あるでしょ?
長城とかいうものですが
ここには中国国民が「住んで」いる
そうです
ここは有名な観光地なので
日本から行ったおばさんがああ長城ねええと見てたらそこからこきたない中国のホームレス(共産党の地にホームレスっているの?)がでてきてわあわあ言うのでびっくりしたと話していました
また、山へいくとろばが、ろばが自分の何十倍もの岩をのっけられてその一歩がもうふるふると震えて立っているのさえもうあきまへんのにその岩の上に中国人が平気で乗っていてろばに鞭打っていておばさんはそのろばを見ながら泣いてしまったそうです
わあああん
  しゅがー

投稿: sugar | 2005/09/29 19:09

 ごめん、どれもこれも深刻すぎて笑えない!
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

ところでトラがそろそろ優勝かしら?
今夜の試合で決まるんだとか。わくわく。

投稿: RARTY | 2005/09/29 19:38

こんばんは。Top of the world、逃げる移民数も単独トップでしょう。
私も6・7年前に仕事で上海へ行きました。まず驚いたのは、上海が私の想像より大都市であった事(良い思い出はココまで)。小さな工場を視察に行ったのですが、工夫が首と足を鎖でつながれていた事に驚愕し、工場長に「何故?」と聞くと「こうしないと働かないから」と単純な答えが返ってきて二の句が告げなかった。街中では印刷のズレたお札を2回も渡され(偽札だとは知らなかった)、精度の悪さに呆れてました。コレ以来、「金貰っても中国には行かない」と豪語しております。現在は麻薬汚染も凄まじくエイズ患者も大量に発生しているらしいですね。
トラの優勝、おめでとう御座います?私は鯉の季節まで帰国したくありません。

投稿: NZ life | 2005/09/29 20:18

こんばんわ。

笑えないけど、
「自国民虐殺数 世界一」
というのもあるかも。

投稿: ピア | 2005/09/29 20:55

【民度の低さ】はどうですか。

私の印象では中国人、特に漢族ほど美点が見当たらない民族はありません。利己主義と功利主義の固まり、強いものにへつらい弱いものに威張り、モラルも情もないといった感じ。彼らに何か美点は感じられますか。アメリカ人から教えてもらったジョークをご紹介します。
Germans hate America, Koreans hate Japan and Chinese hate every country.

投稿: masa | 2005/09/29 21:20

民度の低さは韓国人が一番だと思う。
韓国人>>中国人>>>>越えられない壁>>>>その他の民族

投稿: リース | 2005/09/29 21:36

われわれにできることといえば、
中共崩壊までにできるだけ多くの人にかの国の本質を伝えて、
大量の難民発生時に一人も受け入れない世論を作り上げることです。
これ重要。まさに自業自得。

投稿: takayuu | 2005/09/29 22:22

 阪神タイガース優勝・おめでとうございま~す!
 やりましたね!特に甲子園・巨人戦で決めましたから大阪のファンは大騒ぎでしたねぇ!
 うらやましぃ!(泣)
 「ジャイアンツも来期こそは!」と思いましたが、
 星野さんは来てくれないし、
 野村監督は楽天に行ってしまうし、
 原監督ではAクラスがやっとでしょう・・・(泣・泣)。
 「感動するより、優勝しろ!」

 ”坂”さまの「中国の笑える世界一」
 さすがに正確なデータに裏づけられた記事は読み応えがありました。
 私のほうも、8日連続で「憲法・刑法・刑事訴訟法」などの法律問題に取り組んでいますが、六法全書や判例集を片手にテンヤワンヤ!
 「恋愛論」から「医学」「法律論」「宇宙論」まで扱う”ヘンなブログ”ですので、楽屋裏はシッチャカメッチャカですよ!
 では、今後ともよろしくお願い致します。
 (来期・巨人戦もおてやわらかに・・・笑)

投稿: 紫藤ムサシ | 2005/09/29 23:33

中国共産党が一般人民に絶対知られたくない世界一 ってとこかな www。

人民元の切り上げ政策等を見る限り、欧米と対峙してきた日本を
よく研究している様には見えるが、環境汚染や腐敗官僚の
国家財産持ち出し国外逃亡などをして、あの天安門事件以降
中共は国家の運営に関して、あまりにも無計画、その場しのぎに
徹してしまったツケが、ここにキテいるのを自覚していないのか?

どう観ても、革命が起きまくった18~19世紀のヨーロッパに
似ていると感じるのは、ワタシだけ?(だいたひかる風に)

投稿: 玄米茶 | 2005/09/30 03:02

こんにちは、坂眞さん。
昨日はおいしいお酒を飲めましたか?
まぁ、でも、これで再度兜の緒を締めて、一昨年は叶えられなかったモノを手にしてほしいですね。

2004年のデータですが、DSL高速インターネット回線数で世界一は中国だそうです。
そして、ネットの検閲も世界一だそうです(こちらは、数字的根拠はありませんが)。中国国内では、go○gle等の検索エンジンにも協力を得て(圧力えおかけて?)を、法輪功や民主化等についてアクセス拒否するようにしているそうです。

携帯電話加入者数も世界一クラスでしょうね(すみません、これは、手元に統計結果はありませんが)。中国国内で約3億人だそうです。こちらも、ネットと同様に検閲をかけているようですが、如何せん、数も多いし、瞬時に対応するのは難しいようで、完全に取り締まることは難しいようです。
このお陰でといってはなんですが、中共の隠匿している情報も流れますし、デモや反乱の人数も集めやすい(参加者、やじうまも含めて)反面、デマも流れやすいそうです(SARS発生時に、北京市内の出入りを封鎖するというデマが発生した時は、食料の買占めが起こりましたし、SARSに黒酢が効くというデマが流れたときは、黒酢の買占めが起こったそうです)。

バブルにも助けられて、鉄鋼の生産量も世界一だとか。でも、技術的にはまだまだなので、建築物向け等、品質の悪いものしか生産できないようです。この為、自動車向け等、品質のよいものは、日本などからの輸入に頼っているという事実もあるそうです。品質の悪いものはダンピングして輸出する程ありますが(過剰供給)、動車向け等、品質のよいものは供給が足らず、供給不足という現実もあるそうです。

あまり、参考にはならないと思いますが、こんなところでしょうか。

投稿: Mars | 2005/09/30 10:08

こんにちは
知り合いの台湾人が経営するシンセンの工場が雇っている、車の持ち込み運転手は、石岩の峠で山賊にあって車と身ぐるみ全部取られて素っ裸で町まで帰ったそうです。仲間に命まで取られなくて良かったとお祝いをして貰ったと言っていました。その近くの松山と言う町では、白昼にホテルに強盗が入りマシンガンを連射して何人か死亡したこともあります。
又、台湾人の話ですが、ダイヤが入っているギンギラギンローレックスをしていると蛮刀で切り落として腕ごと持っていくそうです。
そんな話がごろごろしています。
だぶん犯罪件数も世界一でしょう。

投稿: nasadon | 2005/09/30 11:30

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
やはり、中国の件になると皆さん詳しいですね(笑)
まったく、この国はどこに行こうとしているのか?
自分たちも解っていない、そんな気がします。
党と軍と地方政府、それから国民、みんなバラバラですね。
そのうち国家自体が空中分解する、そんな気がします。
阪神、優勝しました。
最後は感激でしたね。
最高!
今日はトラのエントリーを久しぶりに書きました。

投稿: 坂 眞 | 2005/09/30 14:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/6171048

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の笑える世界一:

» ★ 東シナ海の油田は開発すべきか 山田真哉 『さおだけ屋はな... [書評日記  パペッティア通信]
とうとう、来るべきときが来た。世の中、「入門書の入門書」が必要な時代になったようです。古本屋で買ったから実害は少ないけど、これを新刊で買ってたとしたら…たぶん私は泣いていた。いや、本当にこれは分かりやすい、いい本ですよ。身近にあるさまざまな謎について、...... [続きを読む]

受信: 2005/09/30 19:52

» なんで屋情報 [なんで屋カード工房]
今日はあいにくの雨模様ですね私たちのブログのタイトルでもあるなんで屋さんは路上で活動しています。(雨の日はなかなか大変みたい。今もどこかでなんで屋さんがんばっているんだろうな〜今日はなんで屋情報をご紹介します。なんで屋開催場所→ 関西(67店舗)関東(41...... [続きを読む]

受信: 2005/10/04 18:31

« 中国の傲慢に鉄槌を! | トップページ | 愛する虎よ、優勝おめでとう »