« 利権の巣窟→特別会計の闇 | トップページ | 小泉劇場なんて言わせない! »

2005/09/11

盧武鉉の僻みと妬み

盧武鉉大統領が、またやってくれた。僻み(ひがみ)というか、妬み(ねたみ)というか・・・
本当に情けないね。

(以下、引用)
ソウル江南(カンナム)の学生がソウル大学の60%を占めるという盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の7日の発言は、ソウル大学の新入生の両親の60%がホワイトカラーという統計資料を誤って引用したことによる。

しかし同発言は、江南地域に対する大統領の根深い偏見を示唆する発言であるという声もある。

盧大統領は同日、ハンナラ党の朴槿恵(パク・グンヘ)代表と会って、「江南の人に遺恨があるのではない」としながら、「ソウル大学自体が機会と考えられている社会で、江南の学生がソウル大学の60%を占める現実は、問題がある」と述べた。

これに対してソウル大学は8日、「2005学年度のソウル大学入学生3982人のうち、
江南、瑞草(ソチョ)、松坡(ソンパ)区などのいわゆる江南地域の学生は416人で、
12.2%だった」ことを明らかにした。

新入生の中で、ソウルの非江南地域の学生は25.4%で、江南地域の2倍を上回った。江南と非江南を合わせたソウルの学生は1283人で、全体の37.6%を占めた。
(後略)

大統領は60%、実際は12%
(2005年9月9日 東亜日報)

ヨルリン・ウリ党の関係者は、「大統領の勘違い」と言うが、私は単なる勘違いだとは
思わない。この大統領の今までの言動を勘案すれば、富裕層や高学歴層に対する
反感と妬みが吐露されたものと受け止めるべきではないか。
『過去史』の追及や見直しも、旧保守勢力→富裕層・エリート層の追い落としと見ることができる。その「反日」、あるいは「反米」発言も、根底にあるのは僻みと妬みではないか。

とにかく、この大統領の非常識ぶりは群を抜いている。
小泉首相の訪韓時、会談後の記者会見で、小泉首相が傍らにいるのに、
「(首相を招く)夕食は軽めに作る考えです=(あなたを歓待する気はない))」と言い放った。

以下、これまでのトンデモ発言を紹介しよう。
①「覇権主義を貫徹しようとする(日本の)意図をこれ以上放置しておくことはできない」
②「日本との厳しい外交戦争も起こり得るだろう」
③「(韓・米・日の枠組みを脱し)北東アジアのバランサーの役割を果たしていく」
④「北朝鮮崩壊の公算は小さく、望ましくもない」
⑤「(韓国・外交部に)米国人より親米的な考えを持っている人がいるのが私には一番
  心配だ」
⑥記者らが見守る中で、「(小泉首相の)親書の内容を話してもらえるか?」

これらの言動がたたって、米国のローレス次官補から
「韓国の戦略的価値は終わった」
「北東アジアのバランサー論は韓米同盟と両立できない概念だ。もし同盟を変えたければいつでも言ってくれ。希望通りしてやる」
と突き放される始末だ。

この大統領は、世界中の言論人が集まる世界新聞協会(WAN)総会で、
「言論権力の乱用を防ぐ制度的装置と言論人の倫理的姿勢、および節制がきわめて
重要だ」
として、国家権力ではなく言論の持つ力に対する“懸念”を強調する祝辞を述べた。
これに対し、オライリーWAN会長は開会の辞で韓国の実情に触れ、
「主要新聞と政府の緊張関係が続いており、主要新聞の力をそごうとする新聞法には驚かざるをえない。読者の新聞選択の自由を制限することは民主主義体制としては
おかしい。また新聞の編集人や発行人の権限を制限するのも問題だ」
という批判を返した。

以下が、この大統領が率いる政権が成立させたトンデモ法律の一覧だ。
04年12月:新聞等の自由と機能の保障に関する法律(新聞法)
04年12月:言論被害救済および仲裁に関する法(言論被害救済法)
05年03月:日帝下の親日・反民族行為真相糾明に関する特別法
05年04月:親日反民族行為者財産還収特別法
05年05月:過去史整理基本法

奨学金をもらって釜山商業高校を卒業した後、苦学のすえ司法試験に合格したという
経歴は悪くない。その後、人権派弁護士として鳴らした点も評価しよう。
しかし、出自が貧しい農家だからといって、豊かな者、選ばれた者を妬み、目の敵に
する性格はいかがなものか。しかも、その性格的偏向が内政に止まらず、外交にまで及ぶにいたっては、自国の国益を損ねることになる。

支持率が20%台の前半をウロウロしているからといって、
「改革のために議会を解散して勝負に出られる小泉首相が実にうらやましい」
とか
「内閣制レベルに大統領の権限を移譲する意向がある」
「権力を放棄せよというならば放棄する」
などと言ってはいけません。
あなたは、世界に冠たる『大韓民国』の大統領なんだから(爆)
韓国民も、自業自得とはいえ、難儀な大統領を担いだものだ。「任期短縮」まで口に
しているそうだから、いっそのこと辞めてもらったらどうか。
任期は、まだ2年半も残っている。亡国の道を正すのは今しかないと思うのだが・・・

関連記事1:盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は狂っている
関連記事2:盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権は狂っている-part2
関連記事3:正真正銘のアホ=盧武鉉
関連記事4:盧武鉉くんの“型破り”
関連記事5:米国に見限られる韓国
関連記事6:やっぱりアホだった盧武鉉

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 利権の巣窟→特別会計の闇 | トップページ | 小泉劇場なんて言わせない! »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

まあ、歴代韓国の大統領は処罰される運命にありますから、のむたんも処刑されてしまうのかなあと思いました。
最近のとんでもない支持率の低さもあいまってw

投稿: kinslot | 2005/09/11 18:16

私は彼を脳無漂と名付けています。私は仕事で韓国人と結構付き合いがあり、彼らが歴史認識さえ反省できたら日韓友好は可能だ、という実感を持っています。でも、この三月以降脳無漂が強力に反日を扇動するものだから、本当に迷惑しています。韓国にとっても日本にとっても、あの大統領は最悪です。

投稿: masa | 2005/09/11 19:00

ブログをはじめたばかりで何がなにやらわからないのですが。

勉強になりました。

おおきにっ

投稿: kunimihiro | 2005/09/11 23:51

こんばんは。いつもコメント有り難うございます。昨日は失礼致しました。
盧武鉉は左翼化するのは結構ですがもう飽きたのでホント止めて欲しいです。サブいボケを延々されている感じで怒りと言うよりは呆れてしまってます。
話は変わりますが、小泉自民が圧勝しましたね。一部保守評論家の間では圧勝=ファシズム化が進行するのでは?何て話も聞きますがどう思われますか?私の考えでは巧くやってくれるのではと思っております。単独過半数を楽に超えたので公明党排除に向かう事を祈るばかりです。

投稿: サカエイ | 2005/09/12 02:50

いつも楽しく読ませていただいております。
帰宅すると、PCの電源をつけて、「依存症の独り言」を読むのが日課となっております。
今回のエントリーは内容もさることながら、
下段の関連記事の表題を見て大笑いしてしまいました。
本当に、かの国の大統領はわらわかしてくれますね。

投稿: takayu | 2005/09/12 03:14

おはよう御座います。
気持ちいい朝ですね。万歳!万歳!、当選させたくない人もかなり当選してしまったが・・・。
No(ノ)大統領も悲しんでいるでしょうね、日本の選挙の結果を。この人見てると韓国人は哀れだの1声しかでません。
>亡国の道を正すのは今しかないと思うのだが・・・
個人的には手遅れだと思っています。北朝鮮は静かなる内に南の占領を完了した、朝鮮半島は中国の手に落ちている。

投稿: NZ life | 2005/09/12 06:24

いつもコメント返しありがとうございます。
それにしても、かの国の大統領には、自分の姿を写す鏡がないものと思います。
>「改革のために議会を解散して勝負に出られる小泉首相が実にうらやましい」
  ↑
これ、本音で韓国人の人が言いたいことなんじゃあ…。
支持率が低いのが如実に示していますよね。
でも反面、そんな支持率の低い大統領の示す法案が通るというのは、
韓国人自身の歪みなのでしょう。
そういう意味では大きな大きな鏡が必要になるんでしょうかね。

投稿: とんとん | 2005/09/12 07:04

おはよう御座います。
大統領制にするとこうした弊害があるという実に良い
見本ですね(意地悪く言えば)。
ただ、制度の問題ではなく有権者が持つ常識や道徳
が反映される点で自分たち含めた日本も反面教師として
とらえるべきだと思います。
全国民とは言わないものの、多数が盧武鉉的な考え方を
支持している事を懸念します。

投稿: hide | 2005/09/12 08:27

kinslotさん、どうもです。
「のむたん」には、それだけの価値がないと思いますが・・・
自滅→失脚→行方不明(爆)


masaさん、まいどです。
「脳無漂」とはウマく考えたもんです(爆)
本当に迷惑千万、東アジアの癌ですね。


kunimihiroさん、今後ともよろしく。


サカエイさん、こんばんわ。
ファシズム化が進行するのでは?何て話も聞きますがどう思われますか?

そんなのは冗談にもなりません。
小泉さんは、郵政以外は政策に疎いと思います。
だから竹中さん(経済・財政)や町村さん(外交)に丸投げする。
やはり、誰がブレーンに付くかでしょうね。
公明党は参議院があるので縁が切れそうもありません(泣き)。


takayuさん、ありがとうございます。
>本当に、かの国の大統領はわらわかしてくれますね。

発言や動きを見ていると常人とは思えません。
東アジアの悲劇の基です。


NZ lifeさん、まいどです。
確かに、もう手遅れかもしれませんね。
ただ、386世代に新しい保守の潮流が生まれて、若者を惹きつけていると櫻井よしこ氏が書いておりました。
このオオボケ大統領だけは早く退場してもらいたいものです。


とんとんさん、いらっしゃいませ。
>でも反面、そんな支持率の低い大統領の示す法案が通るというのは、
韓国人自身の歪みなのでしょう。
そういう意味では大きな大きな鏡が必要になるんでしょうかね。

そのとおりですね。一人当たりのGDP2万ドルを目標に掲げていますが、まず無理でしょう。
あの国民性では、永遠に日本に追いつけないと思います。


hideさん、どうもです。
>全国民とは言わないものの、多数が盧武鉉的な考え方を支持している事を懸念します。

自尊自大と言うか、ミニ中華思想と言うか・・・
「韓国最高!」という考え方では、「いつか来た道」を辿るような気がします。

投稿: 坂 眞 | 2005/09/12 18:30

こんばんは、坂眞さん。

夫婦そろって整形受けるという前代未聞のことをやってのけたくらいの人物ですからw
見栄坊では日本人の比ではありませんね。
あの国は李氏朝鮮時代の小中華思想からほとんど進歩がないのではないでしょうか。

投稿: mugi | 2005/09/12 20:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/5889207

この記事へのトラックバック一覧です: 盧武鉉の僻みと妬み:

» 起源を韓国に捏造された、ねぶた祭の議論白熱 [諸葛川]
韓流ブームの中、日本が世界に誇るねぶた祭が韓国のイベントに 参加する事になった。 しかし、韓国によるねぶた祭の起源の捏造も問題になってきている中、 ネット上でも様々な議論がなされている。 そこで、「ねぶた祭の起源が韓国だった」という韓国側の捏造情報に 対して、人々がどう反応したか考察する。 ねぶた祭の起源は青森に間違いない。  →韓国の人がどう言おうと関係ない。きれいごとでも、日韓友好を築き上げたい。    →捏造?私はむしろ誇らしく受け取りました(ほほえ... [続きを読む]

受信: 2005/09/11 18:52

« 利権の巣窟→特別会計の闇 | トップページ | 小泉劇場なんて言わせない! »