« 盧武鉉の僻みと妬み | トップページ | ポスト小泉を考える »

2005/09/12

小泉劇場なんて言わせない!

小泉自民党が296議席を獲得した。地すべり的圧勝である。まずはおめでとうと言い
たい。

この勝利の理由は何か?それは、小泉首相及び小泉内閣の実績と姿勢が評価されたからである。
メディアは今回の選挙を『劇場型選挙』と呼んだ。そして、今回の結果についても、
『自民党の圧勝は、郵政民営化の賛否に絞った首相の劇場型手法が、予想以上に
功を奏したのだろう』(9月12日:読売新聞【社説】)という見方をしている。
しかし、これは浅薄な見方である。小泉内閣の実績を認めたくない、あるいは国民の
政治意識の高さを認めたくない、ワイドショーレベルの捉え方と言わざるを得ない。
今回の選挙は『小泉劇場』ではないし、国民も、その『観客』ではない。演技に乗せられるほど国民はバカではない。バカなのはメディアと、その論調に乗せられている者たちである。

小泉首相が支持された理由は、郵政民営化を突破口とする行財政改革に対する期待が大きかったからだと思う。行財政改革なしには、福祉も年金も絵に描いたモチである。
この点を、『郵政民営化は改革の本丸』『公務員を減らし、民間でできることは民間に』という短いフレーズに込めて訴えた。これが争点を鮮明にし、国民にインパクトを与えたのである。
確かに、郵政民営化法案は不完全であり、私も不満が残る。しかし、まずはスタート
しなければすべてが始まらない。
道路公団の民営化もそうだ。欠点を挙げればきりがない。しかし、民営化に流れが傾いたことによって橋梁談合が暴かれたではないか。
もちろん、発端は内部告発である。しかし、民営化への流れの中で民間出身者が総裁になり、公団内部の民営化推進派が復権する過程で起こった内部告発である。

次に、小泉首相の対外姿勢、特に中・韓に対する態度が若年層を中心に支持された。これも勝利の大きな原因だと思う。
小泉首相は、靖国神社に既に4回参拝している。宮沢内閣以降、現職の首相で靖国
神社に参拝したのは、橋本首相の1回を数えるのみである。8月15日に参拝しないことを批判する向きもあるが、内外の厳しい反応を勘案すれば、よくやっていると思う。
中・韓の靖国参拝非難に対しても、「韓国や中国の言う通りに全部しろ、という考えを
私はとっていない。日本には日本の考え方がある。違いを認めて友好増進を図ることが国と国として大切だ」(6月22日 読売新聞)と言って、毅然とした対応を取った。

閣僚の問題発言に対する対応もそうだ。麻生太郎総務相の「(植民地時代の)創氏
改名は朝鮮人の要望で始まった」や中山成彬文科相の「従軍慰安婦という言葉はそもそもなかった。これまでなかったことがあるということが問題」という発言は、経世会が
支配していた内閣であれば、間違いなく『辞任』に値する。
しかし、小泉内閣ではそうならなかった。麻生大臣は「言葉が足りなかった」と陳謝して終わり。中山大臣に至っては、陳謝したのかどうかも定かではない。
辞任せずに済んだのは、外圧に屈しないという小泉内閣の姿勢と、中・韓の非難に
安易に迎合してはならないという国民意識の高まりである。

帝国石油に東シナ海のガス田試掘権を許可したのも、小泉内閣(町村外相⇔中川経産相のコンビ)ならではである。他の内閣では、親中派政治家をバックにした外務省の
『チャイナスクール』の反対を突破できなかったと思う。
小泉内閣は、2007年以降の我が国の国連分担金を引き下げるよう要求する方針も
固めている。2008年~2010年には、対中ODAを廃止することも決めた。

森内閣以前において、以上に述べてきたようなことが想像できたであろうか?国民は、こういう小泉内閣の対外姿勢を高く評価したのだ。
このことは、8月15日のNHKの討論番組で行われた、携帯電話によるリアルタイムの
緊急アンケート結果に如実に表れている。
「小泉首相の靖国参拝」に関わる問いかけで、①「国内問題として決める」②「他国に
配慮すべき」の二者択一だった。結果は①が70%以上で②は25%程度に過ぎなかった。

もう一つ、国民の支持が大きかった理由は景気の回復である。今年の実質GDPの成長率は3.3%増が見込まれるまでになった。小泉内閣以前は最悪だった。
橋本内閣は、金融機関が抱える巨額の不良債権処理を先送りしたまま増税を強行した。その結果、景気が一段と悪化して失業者が増え、不良債権もさらに増大した。
私個人は、このころが『どん底』だったので、橋本首相に憎悪さえ抱いたものだ。
次の小渕内閣もどうしようもなかった。財政出動による景気回復を推し進め、財政赤字が大幅に拡大した。にもかかわらず、景気は一向によくならなかった。小渕首相に至っては、「世界一の借金王」と開き直る始末だった。
小泉内閣になって、金融機関に対する公的資金注入と不良債権の強制処理というハードランディング政策が取られた。野中広務氏や亀井静香氏などの守旧派は強硬に反対した。
確かに、一時的に金融機関や企業の破綻が起きた。が、昨年あたりから景気は確実に回復している。

以上を読んで、まだ、小泉劇場での小泉純一郎の演技に国民が乗せられたと言うのであろうか?

公明党は31議席を獲得した。合計すれば、与党は327議席である。これは衆議院定数の3分の2を超える。したがって、法案を参議院が否決しても衆議院で再可決し、成立させることができる。
小泉首相は、これまでにない強力な政治的主導権を手に入れたことになる。郵政民営化だけではなく、特別会計の闇にも大胆に切り込み、官僚と族議員による国民財産の無駄遣いを根絶してもらいたい。それが、年金や福祉の問題に直結する。
靖国神社に堂々と参拝し、東シナ海のガス田問題では、従来にも増して毅然たる態度を貫いてほしい。そして、北朝鮮には、あらゆる手段を行使して膠着したままの拉致問題の打開を図るべきである。

大宏池会構想というものがある。古賀誠元幹事長が画策しているもので、
旧・堀内派、河野グループ、旧・小里派という、旧・大平派(宏池会)の流れを汲む派閥を糾合しようとする動きである。
この中には、河野洋平、加藤紘一、古賀誠という、親中派・大きな政府派・人権擁護法案賛成派の三拍子揃った大物が面を並べている。私はこの構想が実現し、彼らが政局の表舞台に登場してくることを祈る。
そうすれば、自民党内の政治的潮流が鮮明になり、政界再編に繋がりやすい。

なお、城内実氏が落選したのは残念であった。期待できる若手政治家だけに、絶対に再起してほしい。

【追記】
自民党の今回の地すべり的大勝は、小選挙区制によるものである。得票率からすれば、旧来の中選挙区制であれば、ここまでの圧勝にはならなかった。
この小選挙区・比例代表制という選挙制度に真っ向から反対したのが小泉首相である。推進したのが小沢一郎氏や岡田克也氏、鳩山由紀夫氏などの民主党にいる政治家たちである。
歴史の皮肉と言うか、一寸先は闇と言うか・・・
選挙制度が政治に与える影響力の大きさを思い知った選挙でもあった。

人気blogランキングへ
↑記事に何か感じるところがあれば
クリックしてくれると元気になれます。

|

« 盧武鉉の僻みと妬み | トップページ | ポスト小泉を考える »

構造改革&小泉内閣」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見してます。民主党が惨敗して本当によかったです。やはり国民は馬鹿ではない!と岡田代表(あ、元代表)にそのまま返したいですね。これからの日本が楽しみになってきました。中国、韓国にも毅然とした態度でのぞんでほしいですね。町村さん、安部さんほんまにきたいしてます!

投稿: ヨーヘイ | 2005/09/12 17:38

こんにちは
いつもコメントバックありがとうございます。
昨夜は7時半からテレビに釘ずけで気がついたら2時でした。こんな面白い選挙ははじめてでした。しかしアナウンサーがつまらない質問をするのが情けない、もう少し勉強してから質問しろと言いたい。
亀井さんが当選したのは残念でしたど。
本当に小選挙区の怖さが各政党解ったのではないですか。
自民党もしっかり改革を遂行して解り易く国民に報告することだと思います。
石原都知事もコメントしていましたが、外交もこれを機会にはっきり物を言って貰いたいものです。
話は違いますが、自民党の中でどの派閥がどんな支持基盤があって、どの改革に影響を与えるか。解れば教えてください。
よろしくお願い致します。

投稿: nasadon | 2005/09/12 17:55

自民党の勝因分析「小泉劇場なんて言わせない!」に反論!^^

> この勝利の理由は何か?それは、小泉首相及び小泉内閣の実績と姿勢が評価されたからである。
―省略―
> 以上を読んで、まだ、小泉劇場での小泉純一郎の演技に国民が乗せられたと言うのであろうか?

はい! 多分に^^ 管理人様が小泉を正しいと思われる理由は書かれていますが、”意味がわかって投票した賢い国民の選択だった”証明にはなっていませんよね。

小泉に投票した方の内、コアな党員以外のかなりの方は、康夫チャンが言うところの『ええじゃないか!』だと私は思っています。
板様が言われる程、国民はそんなに判っていないと私には思えて仕方がありません。
ただ、判っていなくても結果として最善の選択をしたのかも?!しれませんが(笑)

> 小泉首相が支持された理由は、郵政民営化を突破口とする行財政改革に対する期待が大きかったからだと思う。

> この点を、『郵政民営化は改革の本丸』『公務員を減らし、民間でできることは民間に』という短いフレーズに込めて訴えた。これが争点を鮮明にし、国民にインパクトを与えたのである。

板様ご指摘の通り、これですわ!これを小泉にしか出来ないと思わせることに成功したからですよ!

板様ご指摘の法案の不備を、何処まで理解していると思いますか?
不備はあってもまず始めなきゃ!なんて理解していると思います?

何よりも恵まれた公務員への憎悪を煽って「共通の敵を仕立てる事に成功」したからだと思っています。

何にせよ、獲得したパワーを的確に行使して欲しいばかりです。
そしてしっかり監視していかなければなりませんね!
何せバックには カルトが付いていますから!^^;

投稿: zezehihi | 2005/09/12 18:09

悔しいのは分かるけど見苦しいよ

投稿: ふーん | 2005/09/12 18:18

こんばんは。今日1日、半笑み(^^)/でスキップする私は皆に気持ち悪がれました。
NZの夜ニュースでは、小泉自民党圧勝が大きく取り上げられ、インタビューで年配の方が流暢な英語で「こんなに圧勝したのに驚いた、困惑している。しかしコレが時代の流れで、私達は大きな変化の中にいる。それが素晴しく思えるし、凄く良い国に変われる予感がする。」と言っているのを聞いて感動しました。
選挙はベストではないがベターな結果と思っています。今まで見てきた政治の中で、小泉政府が最高と思いますし、支持を貫く覚悟をしています。それと同時に、古き体質から抜けれない政治家も多く当選しています。まだまだ予断を許さず見守り続けたいと感じてます。

投稿: NZ life | 2005/09/12 18:28

こんばんは。毎回楽しみに拝見しております。とりあえず、民主党政権にならずに、ほっと一安心と言いたいところですが、あまりにも勝ちすぎなんじゃ‥。と心配してしまいます。なにせ公明党連立政権ですからね。
今後、優勢民営化以外のことで暴走しないよう、祈るばかりです。

投稿: かず | 2005/09/12 18:53

①「国民はバカだ」という人がいる。
②「国民はそんなにバカではない」という人がいる。
①の場合は自分を「国民」の中に入れていない人。
②の場合は自分も「国民」の一人と思っている人。

いや~、ホントに良かった。良かった。

投稿: 大茶人 | 2005/09/12 19:08

以前自民党圧勝でしょうと期待込みで書きましたが、恐ろしい程の圧勝劇でした。政治は変えられるという小選挙区のパワー(恐ろしさ)を皆さん感じたでしょう。
思い起こせば、すべては、小泉さんの解散演説から始まったのでした。「なぜ公務員でないとダメなのか?」「過半数に達しなかったら、即退陣」「殺されてもいい」
現代のサムライを見た気がしましたね。

劇場型?何が悪いのだろう。法案細部まで知っているか?(俺は知っている)ってな感じの人がいましたね。
IQ低い私は法案なんか読んでいませんよ。民主主義は愚衆政治ということらしいですから、それ以外無いのでは? せいぜいバカにしてちょうだいな。(笑
ところで、リーダーは道を示せばいいと思いませんかね?
道が決まれば本物のインテリの出番です。基本さえブレなければ、細かいことは本物のインテリに「丸投げ」でもいいはず。政治がどうのこうのより、まともなインテリの問題なんだと思いますよ。インテリ層の厚さこそが国力でしょうに・・・。
批判がインテリの証だと信じている、エセ・インテリが多すぎて気持ち悪い気がしませんか?(マスコミはインテリ気取りでしょうが、ウソや欺瞞くらい見抜ける人も多いですよ)。

対する民主党はどうだったか?
国会を審議拒否・代案無しのサボタージュ。これで政権が転がり込んでくるとニタニタし、訳判らん批判ばっかりグチグチ言い、マニフェストを読めばこっちが良いと判るはずだ言い切る独善ぶり。
金融法案で頑張った以前の民主党を思い出して仕事をサボらず、受け入れられる政策で勝負してほしいとエールをおくっておきたい。野党がまともでないと、与党が腐る。まともな野党をあきらめないでほしい。自民党2分割の方がいいかも?ですけどね。

投稿: 岩手の田舎人 | 2005/09/12 19:16

昨夜の久米宏のひねくれきった表情がまた見物でしたねえ。よほど悔しかったんでしょうね、あの口数の少なさといったら、もう!口から先に生まれて来たような男なのに。ハラワタ煮えくり返って声もでなかったんでしょうか。
ところで、平沼氏が当選されました。「郵政民営化賛成派blog集」としてお祝いメールを送りたいと思いますが、どのような文章がいいでしょうか。空色としては、郵政民営化は勝負がつきましたので、平沼氏にはこの際、反対派だったことなどきれいさっぱり忘れていただき、人権擁護法案や外国人地方参政権付与潰しなどに全力を注いでいただきたいと思っています。

投稿: 空色 | 2005/09/12 20:23

「小泉劇場」と言い出したのも「刺客」「九の一」と騒いだのもマスコミです。自分で騒ぎまくっておいて、自民党圧勝となると「国民が小泉劇場に踊らされた」と言う。マスコミの方が程度が低すぎます。

>小泉首相の対外姿勢、特に中・韓に対する態度が若年層を中心に支持された。これも勝利の大きな原因だと思う。
そしてもう一つ、このことをなぜテレビも新聞も取り上げないのか。民主党の外交政策に呆れ果てて自民に入れた若者は、今回とても多かったでしょうに。

あと、選挙戦を見ていて、小泉さんは他の党首や何人かの下品な大物政治家と違って決して個人攻撃をしないな、と思い、感心しました。

投稿: masa | 2005/09/12 20:27

>辞任せずに済んだのは、外圧に屈しないという小泉内閣の姿勢と、中・ 韓の非難に安易に迎合してはならないという国民意識の高まりである。

こういうのを、風が吹けば桶屋が儲かるっていうんだよね。しかも小泉劇場とは全く関係ない理屈。
いつからここは小泉マンセーblogになったの?

投稿: はあ? | 2005/09/12 22:07

>こういうのを、風が吹けば桶屋が儲かるっていうんだよね。

言わない。

投稿: 大茶人 | 2005/09/12 22:44

僕は前回民主党支持でしたが、今回はちと微妙でした。なので自民に入れたのです。アニキが小泉マンセーとは思いませんよ、空気読めない人がいるようですが、僕は自分の判断で自民に入れました。

僕は今回の選挙、民主にNO!!!ではなく、民主首脳にNO!!!の結果だと思っています。でも多分民主の重鎮はなにがコトの本質か判らないのでしょう。小泉マンセーとかこれで終わりとか、ココはそうじゃないだろ。

投稿: ιょぅ | 2005/09/12 22:54

青空に国旗を上げてる家が在りましたよ。祭日でも無いのに・・。(ニッカー)嬉しいんですね。正直ですねー。投票率も上昇してましたし、東アジア地域油田での中国海軍が鮫のように周回したので目が覚めた。郵政改革だけでは無く国連でも日本の高い分担金の見直しを提言し安保理事国はその地位にふさわしい貢献金額を求める演説を19日にする事やら近隣周辺国の友好的で無い国へ土下座外交など吐き気がするからですよ。問題は人権擁護・外国人地方参政権などを合体させて法案を通す動きの古賀・やら社民党が棚ボタで比例の議席を増やし辻本清美が汚職の殿堂、在日と被差別の巣窟の大坂から当選!河野洋平も当選。気に入らない!自民党内のこれらの群れ退治や、憲法9条、集団自衛権問題は年金と同様急ぎ検討して欲しい。部落解放では2002年に是が廃案になるまで30年間で15兆円も使った。人権擁護は是の後釜狙い。又税金も支払わない未納年金者にも最低補償などその中には在日も含まれてる、殺人でも時効が有る。永久利権で世襲で受益するこういう制度は財政破綻も迫った現代では考え直して欲しい。

投稿: ようちゃん | 2005/09/12 23:15

ヨーヘイさん、こんばんわ。
>町村さん、安部さんほんまにきたいしてます!

町村さんも安部さんも、ちょっと線が細いのが気がかりですね。
安部さんは、TV討論で菅氏に押されていました。
修羅場を、もう少しくぐってほしいと思います。


nasadonさん、どうもです。
>話は違いますが、自民党の中でどの派閥がどんな支持基盤があって、どの改革に影響を与えるか。解れば教えてください。

小泉内閣になってから、派閥単位の利権は崩壊しましたね。
これも「改革」というか自民党をぶっ壊した「小泉効果」です。
従来であれば、経世会(旧・竹下派)が筆頭でしょう。
旧・建設省、旧・運輸省、旧・厚生省、旧・郵政省、農水省、旧・大蔵省、外務省。
ありとあらゆる利権に絡んでいました。
亀井派は旧・建設省、旧・運輸省、旧・労働省あたり。
山崎派は防衛庁。
旧・加藤派や高村派は利権に疎かったですね。個人的には古賀誠氏のような利権政治家もいますが・・・
森派は旧・運輸省や旧・文部省、旧・厚生省です。
小泉首相は利権には関係ありません。
ただ、飯島秘書がクセ者です。
この男は、利権の匂いがしますね。
結論的には、派閥よりも「族議員」としての利権確保が多いような気がします。
正直言って、最近の自民党は分かりません。
ただ農協(農林中金→各経済連)改革や健保・医療改革(医師会)、政府系金融機関の統廃合では、族議員を巻き込んで相当もめるでしょうね。


zezehihiさん、どうもです。
結果が出ましたね。
後は「改革」しかありません。


ふーんさん、責めないでください(爆)


NZ lifeさん、こんばんわ。
>古き体質から抜けれない政治家も多く当選しています。

河野、加藤、古賀に列する政治家たちですね。
早く政界再編を行うべきだと思います。


かずさん、どうもです。
>なにせ公明党連立政権ですからね。

これが、一つの限界と言うか、足枷ですね。
でも、小泉はやると思います。
人権擁護法案と外国人参政権付与法案は要警戒ですが…


大茶人さん、ありがとうございます。
勇気付けられました。


岩手の田舎人さん、まいどです。
>国会を審議拒否・代案無しのサボタージュ。これで政権が転がり込んでくるとニタニタし、訳判らん批判ばっかりグチグチ言い、マニフェストを読めばこっちが良いと判るはずだ言い切る独善ぶり。
金融法案で頑張った以前の民主党を思い出して仕事をサボらず、受け入れられる政策で勝負してほしいとエールをおくっておきたい。

まったく同感です。
民主党にも価値観を共有する方は多いと思います。


空色さん、どうもです。
>ところで、平沼氏が当選されました。「郵政民営化賛成派blog集」としてお祝いメールを送りたいと思いますが、どのような文章がいいでしょうか。

単に、「当選おめでとうございます」でいいのでは。
後は、逆境を乗り越えて復権を祈るばかりです。


masaさん、まいど~
>あと、選挙戦を見ていて、小泉さんは他の党首や何人かの下品な大物政治家と違って決して個人攻撃をしないな、と思い、感心しました。

そうなんです。小泉首相は自分の道しか見ていない。
後は雑音なんでね。
極めて特異な性格の持ち主です。
現代の「信長」なのかも・・・


はあ?さん。

こちらこそ「はあ?」です。
「小泉マンセーblog」、最低・最悪の言葉ですね。
何か勘違いしていませんか?
そういう括り方、レッテル貼りは、私がもっとも嫌悪する思考です。
頭が「石」になっていませんか?
改めて言います。
サイテーです!!!

投稿: 坂 眞 | 2005/09/12 23:35

こんばんわ。毎回興味深いテーマで勉強になります。
ネットなどの掲示板を見ると、主に反小泉派の人たちは、自民に投票した国民を「愚民」「バカ」だの罵倒していますね。亀井氏は「国民はマインドコントロールされている」とも発言してました。

国民はそれ程バカじゃない。岡田党首は民主党の政策がうまく国民に伝わらなかったと言ってましたが、民主の政策の実態を知ったからこそ支持されなかった。何故そんなことが分からないのでしょう。
政策に誤りがあったことを認識できなければ、次回の選挙に繋がらないのに・・・

自民党には、国民の期待を裏切らないように改革を実行して欲しい。もし、改革が進まず国民の期待に答えられなければ、次回の選挙は
民主が圧勝なんてこともあり得ると思います。

投稿: なつなつ | 2005/09/12 23:38

うぉっ、もうこんなにコメント&トラックバック入ってる・・・(苦笑

こんばんわ。どんな記事を書いてくださるか、楽しみにしながら帰宅して、自分も記事を書いてからトラックバックさせていただきました

確かに「小泉劇場」なんてとんでもありません。むしろ他の方も言われているように、劇場を形作って演出していたのはマスコミに他なりません
それに出演して踊っていたのは、民主党他の政党の方ではありませんか

もちろん、小泉首相のやりたいこと、改革の方向性が100%OKというわけではありません
完璧な法案、完璧な説明など誰もできません
だからと言って、ここで挫折してはこの後日本は何も変わらないでしょう
完璧な路線変更はできなくても、これが流れを変えるちょっとしたキッカケになれば、と考えます

投稿: あるす | 2005/09/13 00:12

さっきまでテレビを見てましたが、
小泉劇場を強調することに必死すぎ、自民党の勝利を、国民が乗せられたことにすることに必死すぎです。
あまりの必死さをみて、今まで私がマスコミから受けてきた洗脳のすさまじさを感じ、鳥肌がたつとともに、怒りがこみ上げてきました。
マスコミ関係者には、偏向報道でどうにかなった時代が終わったことを感じていただきたいですね。今に捨てられますよ。
私はとりあえず中○新聞を見捨てましたw

投稿: takayuu | 2005/09/13 00:30

私のコメントはzezehihi さんんに向けたものでした。分かりにくくて申し訳ありません。私は今回自民党に投票しましたが、民主支持の父とケンカまでして議論しましたが、結局説得できませんでした。議論においてこのブログは大いに参考にさせて頂きましたが、「思い込み」の強烈さをひしひしと感じました。

投稿: ふーん | 2005/09/13 01:17

昨晩、ライブドアのあるサイトに以下のコメントを記入しようとしましたが、「禁止ワードが含まれています」という表示が出て、記入できません。何が「禁止ワード」かはご想像にお任せします。

次は、比例制度などという中選挙区制の尾てい骨を取り去って、小選挙区制度に全面的に切り替えて、悪代官を擁する公明党を国政の場から叩き出すことが課題になるでしょう。ついでに、他のブロガーの言葉を借りると「古典芸能」の域に達しつつある「憲法9条改正反対」祭りの主催者、社民党もいつのまにか消えてくれるでしょう。田中派のアングラ支配を公明党に継承させてはならないのです。なぜ公明党が日本の首相のキングメーカーにならなくてはならないのか。私が自民党に投票したのも、このことを防ぐためです。防衛庁の防衛省への格上げ及び憲法9条廃棄・再軍備はそのうち浮上してくるでしょうが、そのための自民党圧勝でなくては、投票者の期待が裏切られることになりかねません。憲法改正を巡って、党内媚中派を追い出し、民主党内の右派を迎え入れれば、言うこと無し。

投稿: 通りすがり | 2005/09/13 07:03

大茶人さん、どうもです。
「風が吹けば桶屋が儲かる」の意味が解っていないんじゃないですか、彼は(笑い)


ιょぅさん、お久しぶりです。
私は小泉マンセーではありません(笑い)
「人生色々発言」には、本気でムカつきましたからね。
ただ、森内閣以前と比べれば、格段の進歩です。
可能性を感じます。
民主党には、利権型の古いタイプが少ないという点で、私も一定の評価はしていました。
しかし、今は状況が違います。
中国が、ここまで膨張主義に変貌すると、民主党のような「配慮型外交」では100%ダメです。
それから、旧・社会党が染み付いている(特に歴史観・外交)のもいただけません。
ただ、行財政改革は、しがらみがない分、民主の方がやるかもしれません。
自民党の守旧派を排し、民主の新しい部分と連携する、これが理想ですが・・・
もちろん、公明党は排除!


ようちゃんさん、おはようございます。
>青空に国旗を上げてる家
ですか、うれしいですね。
仰っていること、ほぼ同意です。
根本は「憲法改正」ですね。


なつなつさん、いらっしゃいませ。
日本国民をバカと言う人は、日本国民ではないのですかね(笑い)
戦後の廃墟から、世界第2位の国家を作り上げたのは「国民」そのものでしょう。

>もし、改革が進まず国民の期待に答えられなければ、次回の選挙は
民主が圧勝なんてこともあり得ると思います。

あり得ます。
期待が大きい分、反動も大きいはず。


あるすさん、どうもです。
>もちろん、小泉首相のやりたいこと、改革の方向性が100%OKというわけではありません
完璧な法案、完璧な説明など誰もできません
だからと言って、ここで挫折してはこの後日本は何も変わらないでしょう
完璧な路線変更はできなくても、これが流れを変えるちょっとしたキッカケになれば、と考えます。

まったく同じ意見です。
今は木ではなく森を見て判断すべきときです。
1本、1本の木を見れば、曲がったのや枝振りの悪いのや朽ちかけたのもありますよ。
でも、森全体が生き生きしていれば、それでよし!


takayuuさん、どうもです。
日本のメディアは、権力との関係においてチェック&バランスが求められているということを意図的に曲解していますね。
とくに報道ステーションやNEWS23は、明らかに偏向しています。


ふーんさん、どうもです。
>私のコメントはzezehihi さんんに向けたものでした。

よく分かっておりましたよ(笑い)
自分の考えを持っている人を説得するのは難しいですね。
でも、一度、相手の主張にうなづき、同意した後で、「でも、この点は・・・」と反論していくと意外と効果があります。


通りすがりさん、ようこそ。
>なぜ公明党が日本の首相のキングメーカーにならなくてはならないのか。
>そのための自民党圧勝でなくては、投票者の期待が裏切られることになりかねません。憲法改正を巡って、党内媚中派を追い出し、民主党内の右派を迎え入れれば、言うこと無し。

まったく、そのとおりなのですが、仰るように「小選挙区制度に全面的に切り替えて」やらないと、実現が難しいかもしれませんね。

投稿: 坂 眞 | 2005/09/13 10:29

私は、国民はバカではないと常々思っています。一方で、国民を愚弄するバカな政治家はまだまだ多いように感じます。
坂さんのますますの”健鍵”を期待します。頑張って下さい。

投稿: Y.N | 2005/09/13 10:30

>小泉首相の対外姿勢、特に中・韓に対する態度が若年層を中心に支持された。

 私も、「いい加減にしろ中韓」という思いが、かなりあったと思います。ここら辺の分析が、今後、政治学者など専門家により、論理的・計量的になされることを期待したいと思っています。ただ、今日現在まだ、新聞、TV、つまり、マスメディアは、なぜかこの反中韓の分析をスルーしていますね。
 国内のマスメディアの歪みが、私のブログ巡りの動機ですが、選挙前、マスコミは、特にTVは、靖国問題を争点にしようと、あれほど声だかに叫んだのに、結果が出ると、靖国問題関係ないという報道ですね。ところが皮肉なことに、当の中韓の反応は、国内マスコミの意に反し、明確に警戒を顕わしています。ご愁傷さまです。
 にもかかわらず、今朝のTBS-TV、在日三世の美人?がコメンテーターのまん中に座り、選挙結果を批判すると言う異常。異常に気づけよ、と思う今日このごろです。

投稿: toshi | 2005/09/13 10:49

こんにちは、坂眞さん。

私も含め、今回の選挙で初めて自民党に投票したと言うコメントを、他のブログでも、何度か見られます。そして、その内容の多くが、消去法で自民党になってしまったと(やはり、民主党ではダメだと)。それはなぜでしょうか?

郵政の問題にしても、今の法案では不備があるのは確かです。しかし、それに対し民主党は何をしたのでしょうか?対案もすぐに出さずに、反対だけ。ましてや、審議拒否するなんて、あんたら、本当に国会議員なのかなと思いました。また、自民党内でも賛成、反対の両意見があり、つけこむ絶好のチャンスなのに、それさえもみすみす逃すような民主党では、ダメだなぁと思いました。

また、坂眞さんさんがおっしゃるように、
>小泉首相の対外姿勢、特に中・韓に対する態度が若年層を中心に支持された。
これは、私も同感です。日本に敵対する(北東)アジアにだけ気配りし、最大の同盟国の合衆国を軽んじる民主党では、とてもじゃないけど、国民の生命・財産を守れないように思われます。

また、その他の年金等の問題にしても、自民党に反対、反対だけで出した公約も、民主党では履行できないのではと、信頼を得られなかったのではないでしょうか?
(政治にあまり関心がない、私の愚弟は、民主党が、あまりにも多くの公約を出しすぎて、どれで指示するればよいか、分かりづらいのではなかったといっています)

確かに、今回は自民党が大勝しました。しかし、坂眞さんもおっしゃるように、これにあぐらをかいて失政をすれば、大きなシッペ返しを食らうでしょう(期待が大きいだけ、裏切られと感じた時の反動は、それは大きなものとなるでしょう)。政治家も、それを監視する私達にとっても、これからがスタートなんでしょう。

投稿: Mars | 2005/09/13 11:40

(追伸です)
マスコミにしても、民主党にしても、自称インテリの方も、今回の選挙結果の原因を、冷静に分析しなければ本質は見えてこないでしょう。
かの野村監督の言葉に、「勝ちに不思議な勝ちはあれども、負けに不思議な負けはなし」というのがあります。勝つ時には、運が作用することがあっても、負ける時には何かしらの原因が必ずあるものです。歴史上に名を残す英雄にしても、百戦百勝とはいかず、負けから学び、成長するものです。
勝者を非難するのは結構ですけど、敗戦理由を冷静に分析し、対処しなければ、二の舞、三の舞となるのでしょうね。
(逆に言えば、逆境こそ、次の勝ちへのきっかけを掴むチャンスなのです。これからの民主党の動向に注目したいです。)


話が変わって申し訳ないですけど、HTはいよいよマジック点灯ですね。このまま、一気に駆け抜けて欲しいものですね。
(今月末の神宮を観戦する予定です。その時にHTの優勝決定だと、最高なのですけどね)

投稿: Mars | 2005/09/13 11:53

Y.Nさん、どうもです。
国民をバカにする政治家、そしてメディア。
ネット上でも、国民を見下した論調が見られますね。
こういう勘違い人間が許せません、私は。


toshiさん、どうもです。
私は、若年層を中心にした反中・嫌韓感情が相当選挙結果に影響したと思います。
また、私のようなBlogも効果があったと思っています。
けっして自惚れではなく、私の子供のような世代の方の反応を強く感じました。
民主党は、国民の「風」を見誤ったということです。
メディアなんか信用するから(爆)


Marsさん、お久しぶりです。
民主党に対する批判、ノムさんの言葉の引用、すべて同意です。
それよりHTの優勝、もう間違いありませんね。
私はトラと松井が頑張ってくれれば、それだけで元気になれます。

投稿: 坂 眞 | 2005/09/13 20:12

劇場”ではない”に全然同意します。
TBさせて貰いました

投稿: れんや | 2005/09/13 20:23

分析のない只の感想文だったんですが^^;
TB有り難うございました ^^。

投稿: れんや | 2005/09/13 21:24

れんやさん、初めまして。
>劇場”ではない”

仰るとおりです。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: 坂 眞 | 2005/09/13 21:45

> ふーんさん、どうもです。
> >私のコメントはzezehihi さんんに向けたものでした。
>
> よく分かっておりましたよ(笑い)
> 自分の考えを持っている人を説得するのは難しいですね。
> でも、一度、相手の主張にうなづき、同意した後で、「でも、この点は・・・」と反論していくと意外と効果があります。

私にも、ふーんさんのコメントは、私に向けられたものであることはわかりましたよ^^

坂眞さんの頑迷な私をあやすようなコメントを目にして再度投稿いたします^^

以前”熟慮して小選挙区は民主、比例は公明”とコメントしましたが、投票所で悩んだ末、小選挙区、比例とも自民に入れました。

私は、韓国、中国の故無き誹謗中傷にも腹が立ち、媚中・媚韓には腹に据えかねています。
人権擁護法案反対!憲法改正賛成!です。
皆さんと異なっているのは、唯一、小泉がホンマモン!と捉えるか否かですよね?!

皆さんも私も、小泉さんの至らぬところを承知の上で選択されました。
●法案には不備がある。しかし・・・
●「人生色々発言」には、本気でムカつきましたからね。 しかし・・・

様々な状況を見て皆様は、『小泉を応援するべ!』という選択ですし、私は”自民”を選択した上で、そんなにノーズロで彼を信用していいんですかねぇ~って言ってる訳です。


大茶人様
①「国民はバカだ」という人がいる。→自分を「国民」の中に入れていない人。
②「国民はそんなにバカではない」という人がいる。→自分も「国民」の一人と思っている人。

①も②も、どちらも自分の事をバカではないと思っているって事ですよね。
私を①に属する者と思われているようですが、滅相もございません。
岩手の田舎人様が以前お書きになっておられるのと同様、Netデビューをしてからの”目からウロコ組”です。
多少目覚め、懸命に不明だった時期を埋めようとしております。
自民の自浄能力に否定的であった私は、政権小唄が唯一の方法と民主を受け皿にした投票を続けておりました。
今回の結果を、多分に今までの事を思うと悔しい思いがあり、文字に表れていたのですねぇ。

私が言ったのは、国民の中には、ここに訪れる方々のように知識がある人、知ろうとしている人ばかりではないですねって事です。
”小泉熱”で投票している方がいるんだなと・・・
これは私の職場での社員、アルバイト君、出入り業者など限られたメンバーですが、12日の昼食時に感じた実感です。

岩手の田舎人様は「劇場型?何が悪いのだろう。・・・・・・民主主義は愚衆政治ということらしいです・・・」と仰いました。
ヨン様~~!!とお熱を上げるおばちゃまと同じ匂いを感じて、ちょっと心配している私はエセ・インテリでございましょうか?
その匂いを感じる”鼻”が壊れていると言われたらそれまでですが。

余計な追伸

> 私はトラと松井が頑張ってくれれば、それだけで元気になれます

管理人様^^
原体験とは恐ろしいものです。
小学生の頃、長嶋が好きでジャイアンツの帽子を被って甲子園のジャイアンツFanで埋まるレフトスタンドに連れて行ってくれた伯父と数人の阪神ファンが、喧嘩を始めました・・・
甲子園のレフトスタンドって誰のものかは、御意見、色々ありましょうけど、当時は大勢のジャイアンツFanの中で、そのおじさんたちはタイガースの好プレイに周りのジャイアンツFanに、聞こえよがしに応援されていたような気がしました。
まだ若かった伯父と取っ組み合いになり・・・
それ以来、生理的に阪神を語る時(この時限定です!)の阪神Fanが好きではありません^^;
松井に関しては、同意! excelで作った松井の打率グラフを毎日眺めています^^

私は、甲子園のライトスタンドに座り、得点シーンで沸き立つ人々の中で、そんなに野球を知らないくせにしたり顔で『あんな得点の仕方ではダメ!』と文句を言う親父って図ですね^^

投稿: zezehihi | 2005/09/13 23:37

zezehihiさん、どうもです。
>それ以来、生理的に阪神を語る時(この時限定です!)の阪神Fanが好きではありません^^;

トラ・ファンはガラが悪いというか熱狂的。
特に甲子園は、私でも怖いくらいです。
ただ、チームと一体化しているという点では日本一のファンです。
東京ドームの巨人ファンは試合が終わる前から帰り始め、終了した時点で空になります。
しかし、トラ・ファンは帰りません。
何度も六甲おろしを歌ってチームと自分たちを鼓舞します。
そこが違うのです。

投稿: 坂 眞 | 2005/09/15 15:22

場違いなところにお邪魔して失礼します。

サッカーや国際競技に外見的な格好良さでしか燃えない現状を変えたいと考えました、
そこで賢明なあなたにもご協力をお願いたします。

用件は拉致被害者の救出です、よろしくお願いします。

投稿: Utaiki | 2005/09/21 11:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/5907594

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉劇場なんて言わせない!:

» 変化を求めて自民党に投票した国民 [ねこまんま]
衆院選:民意を恐れよ 自民へなぜ投票…「小泉流の決断に賭けた」 小泉自民党圧勝 「改革」選挙の弾みと怖さ 惨敗が決定的になった時のインタビューで岡田代表は「民主党の政策が国民に伝わらなかった」とお答えになりましたが、私はそうじゃないと思います。選挙前のアンケートでも最も関心のある政策は「郵政民営化」ではなかったはず。なのに郵政しか語らなかった自民党が圧勝したのはなぜなのかを考えないと民主党の再生... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 17:56

» 自民圧勝296議席、民主党をKO! [ヨン様の南中山教室!]
驚きました。自民の圧勝もいいところ、出口調査の結果からはやばやと当確が続々。民主党を1Rノックアウトしたようなもの。投票率は67・52%と、前回を7・66ポイント上回ったとのこと。 昨夜のテレビ、ネットサーフィンならぬチャンネルサーフィンでCMの度にあちらこちらのチャンネルをガチャガチャと。各党の議席は自民は改選前212議席→296議席と84増、民主は175→113と62減、公明は34→3�... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 18:09

» ★ 「美しい日本の自民党」の終焉 [書評日記  パペッティア通信]
今回の総選挙は、いずれにせよ、歴史的な選挙になるでしょう。それは、左右社会党合同・保守合同によって始まった、「55年体制」の完全な終焉をつげるものです。もはや、自民党は名前こそ同じであれ、以前と中身はまるで違うものになってしまった。自民党。日本の政治の...... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 18:26

» 自民圧勝 [Nanyasoreの日記]
すごいですね、自民党、単独で絶対安定多数(269)だそうです。 個人的には、できれば公明党との連立を解除してほしいなぁ・・・ あの大阪10区の辻元氏、復活当選とは・・・_| ̄|○ 大阪の良識が示されたと思いきや、比例近畿で・・・近畿の非常識が・・・ なんで、あんな北朝鮮傀儡政党である捨民党に入れるか???しかし。 頭痛くなってきた・・・ あと、宗男氏も比例で当選かよ・・・_| ̄|○ 静岡7区の城内さん、残念でした・・・当選してほしかったんですが。 岡山3区の平沼赳... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 18:37

» 歴史的圧勝・・・でも・・・ [親父の威厳BLOG.ver]
選挙が終了し自民党が歴史的圧勝だった。 だが、その裏には一抹の危うさが・・・ うーん。 勝つとは思っていたが、正直ここまでの歴然とした結果が出るとは予想ダニしなかった。「マスコミの情報操作で選挙前からの自民党圧勝報道による無党派層の民主への同情投票への促進が加速。」なんてご意見もありましたし。 私自身は、自民党が微減での勝利がベストであると思っておりました。 それが前回の「自... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 18:46

» 民主党と惨敗 [流れ流れて流れ着く]
 こんにちは。民主党の負けっぷりに驚愕のNAGAREです。  さて、今回の話題は… 「手応えあったが、予想外」 岡田氏、敗北を総括 (朝日新聞) - goo ニュース  まあ、今回の選挙結果には私も驚きましたけどね。 「民主党が大敗しすぎで」  でも、正直に言うと大敗したのは当然ですよ。だって、 「今まで野党として何もやってこなかった」 んですから。期待したくても野党が記憶に残るようなことを議会に提案した�... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 19:32

» 2005衆議院・総選挙結果… [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 純ちゃんの、郵政民営化法案を通したいがための衆院解散選挙は、予想通り自民党の圧勝の様である。 これで、郵政民営化法案が通過することになったようであるが… 外国人参政権や、人権擁護法案。さらにはネット規正法なんかも、できる下地ができた気もする今日この頃。 って、自民が圧勝した裏には、有権者の選択は自民党しかなかったのが、真相なんですけど… だって、執行部を旧社会党�... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 20:37

» 今日の朝日新聞は今日も朝日新聞。 [まいっちん愚ログ]
一夜明けて、というより結局ダラダラ選挙関連のテレビを見てしまって睡眠時間1時間半弱で働いております。正確には働いてる”ふり”してます。目は開けてるつもりですが意識は完全に飛んでます。ああ、ただ眠りたい。 それでもやっぱり欠かせないのが朝日チェック!思ったほど斜説がいかしてなかったもんでガッカリしていた私をやはり魅了してくれる(!?)のが朝日新聞。天声人語でやっちゃってましたやん。 ■天... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 21:24

» 浮かれている暇は無い [電脳空間「高天原」]
応援効果「小泉さまさま」 勝率9割、岡田代表に大差 (産経新聞) - goo ニュース  自民党の歴史的大勝で幕を閉じた9・11衆院選。改革路線の継続を強調した小泉純一郎首相の選挙戦術が有権者の支持を集め、「小泉自民党」が圧倒的な力を見せつけた。自民党候補にとっては「小泉さまさま」だったが、野党は「まさにハリケーン」(民主党候補)とお手上げ状態。列島を席巻した小泉現象は、データにも表れた。 ----------... [続きを読む]

受信: 2005/09/12 21:44

» 投票において必要なこと [海の向こうを見よう!]
これまで民主党の批判を結構書いてきましたが、だからといって自民党の政策がすべていいというわけではありません。与党第一党と野党第一党を比較して、相対的に危険の少ない政党に投 [続きを読む]

受信: 2005/09/12 22:46

» 今回の選挙で一番大事なこと!選挙雑感 [ブログ・カミカゼ:燃えよ!ニッポン:武士の国!]
 自民296 民主113 公明31 自公連立政権:衆院の2/3(320)を超え、 [続きを読む]

受信: 2005/09/12 22:53

» 「郵政選挙」以後の自民党 [Heinrich's blog]
昨日は第44回衆議院議員選挙でした。自民党が勝つとは思っていましたが、絶対安定多 [続きを読む]

受信: 2005/09/12 23:50

» 小泉さんの勝利 [さすらいのへたれプログラマ]
選挙はまさに予想通り とはいえ「郵政改革に賛成」というより、「とにかく小泉さんに [続きを読む]

受信: 2005/09/13 00:01

» 総選挙で自民党圧勝・・・喜ぶ国、困る国 [諸葛川]
総選挙は自民党の圧勝に終わりましたが、この結果については 世界中が注視しています。 <総選挙>「自民圧勝」に強い関心 海外の反応 米国 「日本の改革路線に勢い」  「過去最強の日米関係を維持でき、日本の改革路線も勢いを増すと期待している」(米政府高官)として歓迎 英国 「首相の驚くべき巧みさで楽勝」 総選挙結果について英紙は「解散でリスクを冒した小泉首相の正しさが証明された」(12日付タイムズ紙電子版)、「小泉首相は驚くべき巧みさで楽勝した」(同イ... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 00:11

» 【韓国の田舎町で犬を食べてしまいました】 [わが社の韓国支社を通してした韓国]
韓国の田舎町チンジュに仕事で行ったとき、 知らずに「犬肉」を食べました。 {/arrow_l/}私の順位を見てください 前回の記事で言ったとおり、ダイエット商品の販促で 韓国の田舎町チンジュに行きました。 行き先は地元の有力者で闘犬が趣味の方でした。 実に200匹の闘犬を飼育していました。 はじめてみたのですが、闘犬というものはむごい物ですね。 血だらけになっても、まだ戦うのです。 思わず「可愛そうに�... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 01:38

» 政界再編を求む [んなアホな!]
最寄駅で、バイトの兄ちゃんが英会話学校のチラシを配っていた。 急いでいたけど、もらってあげた。 こうして、いつもの朝が戻ってきた。 喧嘩上等、小泉首相の圧勝。 「郵政民営化に賛成か?反対か?」の二択で迫った小泉首相のやり方が、この自民党圧勝につながったのだろう。 負けた側がどのように負け惜しみを言おうとも、選挙の結果が国民の民意だろう。 「郵政民営化法案を通せ」と国民が選択した。 圧勝の傍ら気になったのは、自民党に対する追い風・・・その大きな要因として小泉首相への熱狂的な支持が... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 09:23

» 総選挙、躁選挙、走選挙、捜選挙、葬選挙 いつになったら創選挙? [薄唇短舌]
(社民党は崖っぷちから生還ではなく、別の崖っぷちに移動しただけ) 社民党。5議席 [続きを読む]

受信: 2005/09/13 19:34

» 劇場で踊る者と観客と [Gun'sFree]
自民圧勝についてもう一言だけ書いてみる。マスコミは今回の選挙を、「小泉劇場型政治の勝利」と呼んでいる。本当だろうか。「刺客」「独裁」そして「政権交代」どの単語一つとっても、今回の自民圧勝に寄与したとは思えない。否、逆の意味では大きな影響を与えたと言える...... [続きを読む]

受信: 2005/09/13 20:13

» 衆院選が終わって・どうしても気になる疑問 [Re:F's blogroom]
 衆院選の結果は、ご存知の通り自民党の大勝(あるいは民主党の大惨敗)という結果で終わった。その事に関しては、今更語らなくても多くのブログで語られている事だし、私も心情を率 [続きを読む]

受信: 2005/09/13 21:23

» 成敗に費やした4年間 [暗記いらずで歴史や政治をおさえるには]
「小泉首相はこの4年間何もしていない」と意見する者がいるが、評価として正しいとい [続きを読む]

受信: 2005/09/14 01:52

» ♪惨敗した民主党は、今、何をすべきなのか? [なんか、変...]
{/tv/}自民党が圧勝した衆院選の結果を受け、小泉純一郎首相は12日、武部勤幹事長に対し、「当選した新人は派閥に所属しないように(すべきだ)」と伝えた。郵政民営化反対組を切り捨て臨んだ今回の選挙で議席を得た同党の新人を「新しい自民党」の象徴として既存派閥と切り離し、首相が目指す構造改革の「実動部隊」にする狙いとみられる。 今回当選した新人は83人で、選挙後に第1派閥になった森派(前職、元職で計46人)の勢力を大き... [続きを読む]

受信: 2005/09/14 13:00

» 将来に明かりを灯した小泉党圧勝 [時計草が咲ける世の中]
今回の総選挙は蓋を開けてみれば自民党(小泉党)の歴史的圧勝。国民は馬鹿、馬鹿でな [続きを読む]

受信: 2005/09/15 03:03

» 総選挙総括 2 ~インターネットが選挙を変える~ [鯉狂いの徒然なるままに]
マスメディアはあえて触れようとしていないように思いますが、 今回ほど選挙にネット [続きを読む]

受信: 2005/09/18 00:35

» TVタックルで [keif blog]
創価学会800万票があったから自民党は勝ったんだ。 創価学会に礼を言っておかなきゃいけないよ。 と、言っておりました。 ハマコーがw 800万以上ありそうな気もするんだがw [続きを読む]

受信: 2005/09/21 21:44

» 【緊急】 小泉ファッショ政権の暗黒立法,『国民投票法』が上程されようとしている 【シバレイのbl... [エクソダス2005《脱米救国》国民運動]
シバレイのblog 新イラク取材日記 転載: http://reishiva.exblog.jp/3509092/ 警告!独裁国家並みの改憲ファシズムがやって来る!!  衆院議席の3分の2以上、つまり野党や参院を無力化し、どんな法案でも通すことが出来る力を与党が得たことについては、小泉支持層すら「勝ちすぎ」との不安を抱いたようだが(関連情報)、その不安は正に現実のものとなったようだ。 *国民投票法案提出で一致 与党幹事長、特別国会へ  この国民投票法案とは、憲法改正(改悪)のた... [続きを読む]

受信: 2005/09/28 20:14

« 盧武鉉の僻みと妬み | トップページ | ポスト小泉を考える »