« 自民党造反組の処分について | トップページ | 小泉改造内閣発足 »

2005/10/30

韓国の本音

過去のエントリーに対する読者の方のコメントで、「中国にははっきりモノを言うように
なったのに、韓国に対しては余りモノを言わないのはなぜ?」というのがあった。
これには、もちろん理由がある。

韓国は、北東アジアの安全保障において、歴史的に日・米・韓の枠組みの中にあった。ところが、冷戦構造の崩壊と盧武鉉政権の誕生で、韓国はその軸足を中・朝の側に
移しつつある。
このような韓国を日・米の側に引き戻す、というのが理由の一つである(スネないように、できるだけ刺激を避ける(笑)。

次に、韓国が我が国にとって脅威になることはないということである。
中国は、北東アジアのみならず、東南アジアから中央アジアに至るまでその勢力を
伸ばし、自らの影響下に置こうとしている。
すなわち、米国が世界戦略上もっとも危惧している「不安定の弧」(arc of instability:注-1)と重なる地域に覇権を確立しようとしているのだ。
中国は、日・米両国にとって明確な脅威になりつつある。したがって、この国に対して
原則的な対応を貫き、はっきりモノを言うことが、我が国の国益を守る上で不可欠なのである。
ところが韓国は違う。韓国は、我が国を追い抜くことはもちろん、追いつくことさえできない。東南アジアや南アジア及び中央アジアで我が国と正面衝突することもない。
せいぜい竹島の領有権と、その周辺海域における権益で我が国の国益を侵害しているにすぎない。

もちろん、竹島やその周辺海域が取るに足りない問題である、と言っているわけでは
ない。独立国である以上、明確な主権侵害に対しては毅然とした対応が必要である。
が、現実的立場で考えれば、中国の脅威からすれば比較的小さな問題であるという
ことだ。
領有権と権益で言えば、北方領土の方がはるかに大きな問題である(あくまでも比較論であるが)。
北東アジアの安保を考えるとき、今、韓国を刺激し、煽り立てるのは得策ではない。いくら突っ張っても、所詮は空(から)元気の「口先国家」にすぎないのだから(笑)。

では、ほんとうに韓国は脅威ではないのか?ほんとうに我が国に追いつくことはできないのか?
それを分析する前に、以下の記事を読んでほしい。


日本の国連安保理常任理事国入り阻止など韓国が強硬カードを切る場合、日本も対応策を取る可能性がある。日本のカードは、めったに切ることができないものだが、一度
切り出せば、韓国に打撃を与えかねない。

対北・対米関係=日本の対北朝鮮政策は核問題の解決と南北関係両方に影響を及ぼす。日本が対北朝鮮制裁に乗り出す場合、韓半島の周辺情勢に緊張が高まりかねない。韓米関係より米日関係が一層緊密な現状で、日本の働きかけによって韓国が国際社会で孤立する結果をもたらす可能性もある。

金融・投資=昨年度の日本の韓国への投資額は22億5000万ドルだった。こうした直接投資以外に日本の金融機関が、韓国の金融機関への融資金の満期延長を渋る場合、韓国経済に一定の否定的影響が出るかもしれない。97年に日本の資金が融資延長を渋り、土壇場で外貨が1日に10億ドルずつ回収され結局通貨危機につながったという
説もある。

通商問題=韓国は、輸出完成品をつくる際に必要な中間材の60%~70%を日本から輸入している。年間の部品素材部門の赤字だけで150億ドルに達する。外交部筋は「サムスン電子の輸出額と対日赤字の規模はちょうど同じ水準だ。半導体と携帯電話を輸出するには、依然として日本の技術に依存するしかない」と話す。仮に日本が貿易に障壁を設けたり、技術問題に関する圧力をかけたりする場合、難局に直面する可能性がある。

韓流の冷え込み=昨年一年間、日本における韓流による経済効果は3兆ウォンだと
推定されている。日本に進出した韓国の文化事業は逆に関係の冷え込み時に被害が大きい。昨年の日本人観光客は250万人に達した。2番目に多い中国(60万人)より4倍も多いが、韓日関係悪化は観光業界に大きな影響を及ぼす。

在日韓国人=日本に居住する在日韓国人はおよそ60万人。大多数が中小自営業者か会社員だ。また10万人に達すると推計される日本の韓国人不法滞在者に対する取り締りを強化するだけで、これらの人々の経済、精神、肉体的苦痛は倍増し、韓国にとって負担となる。

軍事問題=日本の海軍力は米国に次ぐ世界2位だ。東海(トンへ)、独島近海に日本の最新型イージス艦と艦隊が出動すれば韓国としては対応が難しくなる。韓国が年末に導入する最新型のF-15 戦闘機を日本はすでに200機以上保有している。

クォン・デヨル記者

対日強硬カード、韓国にブーメラン効果も
(2005年3月17日 朝鮮日報)

以上の記事から、対北朝鮮、金融・投資、経済・通商、観光、在日問題、すべてにおいて韓国は我が国に依存していることが分かる。対日外交の破綻は韓国の破綻を意味する。
朝鮮日報が、ここまで書くのであるから、政治家連中もとっくに承知のはずである。
おまけに、軍事面でも韓国の方が劣勢であることも認識している。

小泉首相の靖国参拝問題であれほど激しく非難しながら、潘基文・外交通商相が前言を翻して来日したのも、以上のような事情があるのである。

過去のエントリーでも述べたが、「漢江の奇跡」と呼ばれる韓国の経済成長は、日・米の経済援助があったからこそ可能であった。
とくに、我が国からの有償・無償の巨額な経済援助と技術移転。これがあったから
こそ、電子工業や自動車、鉄鋼、造船などで韓国は世界有数の国になれた。
しかし、所詮は周回遅れの我が国の教え子にすぎない。事実、精密部品や精密素材及び精密装置の分野において、我が国に遠く及ばない。
だから、「Made in Korea」の完成品を輸出すればするほど、我が国からの中間財の
輸入が増える。日韓の貿易収支は、我が国が約2兆8千億円(244億ドル)の黒字で
ある(2004年)。(外務省:日韓経済関係)
つまり、我が国が中間財を供給しなければ、韓国の輸出産業は壊滅的打撃を受けるのだ。

また、経済においてもっとも重要な金融面でも、韓国は我が国に依存している。1997年夏以来のアジア通貨危機で韓国経済は破綻した。
このとき我が国は、「新宮澤構想」(注-2)や「チェンマイ・イニシアティブ」(注-3)で韓国や東南アジア諸国を支援した。これ以来、韓国の金融は我が国抜きでは回らないのである。

ここで国の総合力を比較してみよう。

2003年の我が国の名目GDP(国内総生産)は43,008億ドルで韓国は6,053億ドル。
一人当たりのGDPは、我が国が33,713ドルで韓国は12,634ドル。(外務省:2005年
経済指標)
つまり、韓国の経済力は我が国の7分の1にすぎない。国民一人当たりでも約3分の1である。

外貨準備高は、9月末時点で我が国が8千435億6300万ドル(2005年10月17日 中国情報局)で、韓国は2千67億3000万ドル(2005年10月5日 朝鮮日報)。外貨準備高も、韓国は我が国の4分の1しかない。

国防予算はどうか?2005年の国防予算は、日本4兆8千301億円(17年度版防衛白書)、韓国約2兆3千億円(21兆4千752億ウォン:統一日報 2004年 6月 16日号)。
韓国は日本の半分にすぎない。
韓国は、伝統的に対北朝鮮を意識して軍備を進めてきた。したがって、陸上兵力、とくに兵員数では我が国を圧倒している。が、海上兵力及び航空兵力では我が国が圧倒的に強い。
万一、竹島をめぐって武力紛争が起これば、制海権、制空権ともに我が国が押さえるであろう。いくら兵隊の数が多くても海を渡れなければどうしようもない。

以上を読めば、韓国が我が国の脅威たり得ないことがお解りいただけるであろう。
また、完成品で我が国に追いついていないのはもちろん、それを構成する中間素材の
6~7割を我が国に依存しているのが現状である。
韓国が我が国を追い抜く日が来るなんて、おそらくありえないと思われる。

(注-1)「不安定の弧」(arc of instability) 
(注-2)新宮澤構想
(注-3)チェンマイ・イニシアティブ

人気blogランキングへ
↑韓国に自覚を求めたい方は
 クリックをお願いします。

|

« 自民党造反組の処分について | トップページ | 小泉改造内閣発足 »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

私も韓国が我が国にとって脅威であるては思っていませんが、「韓国に対しては余りモノを言わないのはなぜ?」という疑問を考えると、私はやはり日本にいる在日が関係していると思います。この人達の一部のが今いったいどのようなポジションについてるかということです。戦後、在日の人達がいかに日本で自分達の位置を築いていったか。やりたい放題しても日本の警察も手が出せなかったのです。どこの町にいっても駅前の一等地にはパチンコ店が占めています。ヤクザ屋さんにもかなりの在日がいます。政治家との関わりもあります。莫大な金が流れています。テレビ局、新聞社、宗教などの団体、そして企業にいったい何千人の在日がいると思いますか?かなりの数です。なんかアメリカのユダヤ人と似ていますね。とにかく、私には北朝鮮にしても韓国にしても、あまり強気になれないというのは、もちろん坂眞さんの意見には同意しますが、日本にいる在日との関係が大だと思います。彼らは日本名を使っていましたが、戦後の日本がどう発展してきたか調べてみればよくわかるかとも思います。彼らはトップにいますので、差別だなんだとは騒いだりせず表にはでません。騒いでるのは中流以下の在日の人達ではないでしょうか。そして政治家などは相当の裏金を受け取っているでしょう。

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/10/30 21:40

要は、脅威にならないから相手にする必要はないけど、スネると面倒なので、適当にあしらっているという感じですね。まるで大人と子供の関係だ。(笑)

確かに国益を損なわない限りは、いくら正当な主張であっても、それが相手を刺激するような場合は、適当に流すことも時には必要ですね。国民としてムカつくことはありますけど。
ただ、過去の従軍慰安婦問題の時のように、刺激を避けるあまり主張すべきことを主張せず、後に禍根を残すような事だけは止めて欲しいと思います。

投稿: なつなつ | 2005/10/30 22:35

こんばんは。
書き込みは余りしませんが、毎日の日課で読ませて頂いています。
大変勉強されているので、とても感心しています。

さて、韓国のことですが、私も国益を損なわない限りは適当に流すことも時には必要だと思います。
が、それだけで良いのでしょうか?
彼らの行動が常識外のことなども黙っていなければならないのでしょうか?
韓国へ修学旅行に行った広島のある高校の生徒達が、従軍慰安婦の前で土下座させられている写真をあるサイトで見、そこの生徒がなぜ自分たちは土下座しなければならないのか?と疑問を書き込みしていたのを読みました。
また、あちらの歌手BOAが日本で稼いだお金500万円を、伊藤博文を暗殺した安重根会に寄付したという事も知りました。
こういう事をも我慢しなければならないのでしょうか?

投稿: dekotyan | 2005/10/30 23:08

>とくに、我が国からの有償・無償の巨額な経済援助と技術移転。これがあったから
こそ、電子工業や自動車、鉄鋼、造船などで韓国は世界有数の国になれた。

これが間違いの元だったと思います。反日教育をし、歴史を改変する国には援助をしてはいけなかった。結局何も感謝せず、逆に自力で経済発展をやり遂げたと思い込むだけなので。中国についても同様です。

投稿: masa | 2005/10/30 23:21

おはよう御座います。
「日・米は右、中・北は左、韓国はどうも左側に座ってる様だ。」流行語大賞にしたいぐらい、的を得た発言でした。日本政府の考えが、韓国政府から漏れ聞こえたのは笑うしかありませんでしたが、小泉外交を信ずるに足る言葉だと思います。
敵に塩(経済援助)を送るのも、弱い敵とは戦わないが、敵が牙を剥いた時に完全に叩き潰すのも日本流の兵法。現在の日本政府のやり方はあながち間違いではないと思います。来月は北との国交正常化交渉(拉致問題がメイン)もロシアとの北方領土の交渉も始まる。日米会談・ASEANサミットもある。駄々っ子韓国に付ける薬も無いが、構う暇も無い。近いうちアメリカにも捨てられるでしょうし、自己崩壊するまでホットクのが1番良いと感じます。下(中国の付属品)を見ても、きりが無い。

投稿: NZ life | 2005/10/31 05:15

NZ life さんへ、
貴方の言う「敵に塩(経済援助)を送るのも、弱い敵とは戦わないが、敵が牙を剥いた時に完全に叩き潰すのも日本流の兵法。」というのは私には理解できません。日本の歴史においていったいそんなことがあったのですか?どちらかというと弱い敵は打ち負かし、強い敵にはおべっかつかっていたのではないですか?アメリカと戦ったのは強い敵に戦ったのではなく、日本を過剰評価していたからでしょう?今やっとNOが言える日本になったような気がしますが、先週に私は「GOサインがでましたが、出したのは一体誰でしょう」というコメントをだしましたが、私が思うには、出したのは日本人ではないと思います。ですから最近の日本は強いのではないかと思うのです。

それから なつなつさんへ、
貴方の「要は、脅威にならないから相手にする必要はないけど、スネると面倒なので、適当にあしらっているという感じですね。まるで大人と子供の関係だ。(笑)」ですが、そうなんですか?適当にあしらっているのですか?私にはそうは思えません。今回の最初に私が出したコメントを良く読んでください。貴方はどう思いますか?日本はまだそんなに強くはありません。違いますか?これからなのです。それにはまだ何十年もかかるのです。

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/10/31 09:10

(横レスすみません)

冒険ダン吉さん

>「敵に塩(経済援助)を送るのも、弱い敵とは戦わないが、敵が牙を剥いた時に完全に叩き潰すのも日本流の兵法。」
言葉が適当か分かりませんが、いわゆる「飼い殺し」にしておこうという考え方だと思います。韓国が、依然、日本の手の中で踊らせておこうと。
兵法において、敵を侮ることは厳禁ですが、敵の敵は味方ですし、中朝露の共産圏からの緩衝材の役目も考えてのことだと思います。その衝材の役目がなくなれば、日米に捨てられることも、韓国は理解するべきだと思いますよ。

>どちらかというと弱い敵は打ち負かし、強い敵にはおべっかつかっていたのではないですか?
現在の世界情勢も同じ。弱肉強食でない時代がありましたか?以前の我が国では、米の核の傘の下、経済だけ発展すればよいと考えている人が多かったと思います。しかし、北のミサイルや中国の原潜、東シナの軍艦派遣などで、危機感を募り、自分の身は自分で守らないといけないことに気付き始めたのではないでしょうか?

>アメリカと戦ったのは強い敵に戦ったのではなく、日本を過剰評価していたからでしょう?
諸説色々ありますが、自衛戦争であり、避けられるものであれば、避けたかったはずです。それに対し、アメリカの行動は、どうでしょうか?日本でなくても、とても飲めないハル・ノートを提出したのですよ。かのパール博士は、ハル・ノートを出された場合は、モナコ(ヨーロッパの小国)のような国でも、自衛戦争を始めるだろうといっています。
(まぁ、情報の分析や、兵站を軽視した等、責められるべき点は、多々ありますが)

>日本は強いのではない
私もそう思いますし、これから、国防の強化(法改正、軍備増強等)や、スパイ行動の制限など、やるべきことは沢山あります。また、敵を侮るのと同様に、自身を過剰評価することは厳禁です。日本自身も、切磋琢磨するべきだと思います。

投稿: Mars | 2005/10/31 11:30

こんにちは。TBありがとうございます。
昨夜から坂さんのブログへTB投稿していたのですが、どうもGooブログの調子がいまひとつでTBできません。申し訳ございません。
韓国の上層部は当然ブーメラン効果は認識していることでしょうが、国民性でしょうか日本に対しては素直にはなれないようですね。
野球に対しても日米韓のプロ野球のレベルの比較をおこなって日韓の差は大きくないと論じています。その証拠となるのが現在の米国で活躍している日本選手と自国から「輸出」した選手とを比較論じていますが、その程度で実力が計れるほど単純ではないと思います。
韓国はどうしても日本に追いつきたい、そして追い越したいという気持ちが強いことは分かりますが、もっと胸襟を開いて我が国と接するべきであるのではないでしょうか。

投稿: ヨン様 | 2005/10/31 12:03

>もっと胸襟を開いて我が国と接するべきであるのではないでしょうか

それが出来る人たちだったら、今頃こんなに嫌韓日本人が増えてないのですがね。最近の行き過ぎた”反米”感情にとうとう米国もキレ始めましたし。
結局全ては「朝鮮民族は世界一」という教育にあるのでしょう。ですから併合前から電車が走ってたなんて嘘を信じてしまう。嫌韓派はそれをウリナラフィルターと言いますが、それが外交にまで及んでくると笑ってばかりもいられませんね。
しかし日本があからさまに韓国をいじめるのは対外イメージ的に良くないでしょう。
先日の中国の反日デモに関しての海外の反応の中に「日本は大国なのだから、譲ってやれ」というのがあったそうで、びっくりしてしまいました。日本人からすれば、中国からいじめられてるんだよ、と叫びたいところですが、欧米諸国にはそのように見る人もいるのでしょうね。
しかし自治体間の交流を中止したり、議員同士の親善サッカーにまで靖国問題を持ち出してくるに至っては、日本もそれなりになんらかのプレッシャーをかけねばならないでしょう。
ただ電子部品の輸出を止めるとか、そんなことは日本企業にも影響が大きいので出来ないのではないでしょうか。

投稿: hana | 2005/10/31 12:41

こんにちは、坂眞さん。

私は、現在、日本が韓国よりも優勢であったとしても驕るべきではないと思います。技術や国防、外交に終わりが無いように、常に向上するよう、努力するべきだと思います。
まぁ、その為にも、現在、自分が置かれている状況や立場、そして、自分の軍事力、経済力を客観的に見る必要が、ありますがかの国は、、、。宗主国様のことがそれほど好きなのであれば、宗主国様の兵法(孫子、六韜、三略等)を勉強すれば、もう少しまともな行動ができると思いますが、、、。漢字を学ぶことも捨てた国ですので、あまり要求するのは酷かもしれませんが。
(我が国の○カ政治家も、少しは兵法を勉強して、中国の走狗になる愚をやめてほしいものですが)
身の程をわきまえずに、背丈以上のものを欲すれば、自らの体を害することに、気付いてほしいもんですが。

投稿: Mars | 2005/10/31 12:50

冒険ダン吉さん有難う。Marsさんフォロー有難う。
皆さんと時差があるので、コメントできずにすみません。
サムライの時代の物の例えですよ、唯の。上杉謙信をご存知ですか?
Marsさん言われる「飼い殺し」は正しいかも知れません。韓国のどっち付かずは昔から変わりません。強い者(米・中)に靡き、弱い者(日本)を蹴散らす。コレの逆です。弱いフリをするのも疲れますが。「敵の敵は味方」、感動しました。
連投失礼しました、夕飯前のビールは旨い。

投稿: NZ life | 2005/10/31 14:26

こんにちは、月末なのに月曜日はやる気しない不良社員です。(汗)
多方面からの的確なご指摘、慧眼です。

>韓国を日・米の側に引き戻す、というのが理由の一つである(スネないように、できるだけ刺激を避ける(笑)。

この辺りは夏の盧訪米、その後の嫌々そうな小泉訪韓の際に私も強く感じました。

通商問題に関しては、輸出のための中間財の輸入依存度の際立った高さが韓国の経済構造の特徴で、例えば有力な自動車部品メーカー何かは国内にひとつも存在しません。初歩的な経済学の理論では、輸出入の連動性というのは説明しがたい話ではあるんですが、この特異性が韓国経済のアキレス腱の一つでもあります。例えば韓国製の携帯電話が一時期日経でも話題になりましたが、その基盤等中身の5割以上は実は日本製ではないかと言われております。

観光面に関しては、いつだか反日ムードで地下鉄の日本語放送取りやめて観光客が激減して、慌てて頭下げてきたことありませんでしたっけ?(汗)

投稿: tsubamerailstar | 2005/10/31 14:35

冒険ダン吉さん

>「韓国に対しては余りモノを言わないのはなぜ?」という疑問を考えると、私はやはり日本にいる在日が関係していると思います

マスコミが、韓国の都合悪い事実にはダンマリになってしまうということを考えると、在日の影響力がかなり強いことも、一つの要因なのかもしれませんね。国としては脅威ではないが、内部からの侵食は脅威だと思ってます。しかも、日本国内には、日本の国益よりも、かの国のことしか考えていない左巻き反日日本人も存在する。これ以上侵食を許さない為にも、国内の法整備などしっかり対策を講じる必要はあると思います。

外交面に関する限り、韓国には「あまりモノを言わない」と言われてますが、それでも教科書や靖国など相手の理不尽な要求に屈せず、政治家が「従軍慰安婦という言葉はなかった」と発言しても更迭されなくなっただけでも、以前よりは前進しているかと思います。

投稿: なつなつ | 2005/10/31 16:19

NZ lifeさんへ、
NZからごくろうさまです。実は私も外国に住んでいます。ドイツに住み始めもう15年になります。どうですかNZの生活は?ドイツは住みやすいですが、給料の約半分は税金などで差し引かれるの私にとって大きな欠点です。私の国籍は日本ですが、いまだに旧東ドイツのための連帯税というのも毎月差し引かれますからね。もちろん選挙権などありませんよ。(個人的なことを書いて失礼!)ところで、戦国時代の大将の作戦はたしかに面白いのですが、日本のいままでの外交はやはり3流でしょう。他の国のほうが一枚上手だったと思います(もちろん韓国は含まれていません。あの国は大手術をされないと悪くなる一方でしょう。)今回の小泉さんの作戦は戦国大将を見てるようでした。小泉さんにはいろいろと批判もありますが、あんなに骨のある首相はここ数十年にいましたかね?外国ではもう完全に日本の顔になっています。

Marsさん、
「日本が自分の手で自分を守らないといけない」と気づき始めたの確かですが、アメリカも日本がそうしたほうがいいという方向に行ったのだと思います。
私の書き方が悪く誤解を受けたと思いますが「アメリカと戦ったのは強い敵に戦ったのではなく」というのはNZlifeさんの言う「弱い敵とは戦わないが」というのは違うのではないかという例えです。私もアメリカに対しての戦争は避けれなかったと思いますし、ハルノートなどもってのほかです。しかし、アメリカや英国などは、いつもそういう汚い手を使って外交で勝ってきたのです。

なつなつさん、
貴方のおっしゃるように、最近の日本の外交が前進しているのは明らかです。特にここのところの勢いはすごいです。ですから私には誰かがGOサインを出したとしか思えないのです。まあ、とにかく日本が変わっていくのがわかります。やっと来たかという感じがします。
長文になり失礼しました。



投稿: 冒険ダン吉 | 2005/10/31 17:55

冒険ダン吉さん

こちらこそ、誤解してしまって申し訳なないです。貴方のお考え、同意いたします。

>「日本が自分の手で自分を守らないといけない」と気づき始めたの確かですが、アメリカも日本がそうしたほうがいいという方向に行ったのだと思います。
私もそう思います。アメリカの東アジア戦略にとって、日米韓の三カ国の枠組みが崩れそうになっている現在、日本に対する期待は大きいでしょう。それも、韓国が担っていたものより、はるかに多くのものを日本に期待しているような気がします。
(横須賀のキティー・ホークの代替にニミッツ級の原子力空母を配備することからもわかりますし、もしや、日本の○武装まで想定している、とは考えすぎでしょうかね?)

>アメリカや英国などは、いつもそういう汚い手を使って外交で勝ってきたのです。
まさしく、その通りです。現在の国連の枠組みも勝者の原理。太平洋戦争において全て日本が悪なのも、欧米の植民地支配への言及を逃れる為。日本の防衛力の強化と共に、外交の強化の必要があることも、痛感しております。

投稿: Mars | 2005/10/31 18:25

皆さん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

月曜日が唯一の定休なのに、仕事が入ってしまい参りました(泣)
皆さんのご意見、いずれも参考になります。
色んな見方がありますし、意見がある、それでよいのではないかと思います。

少なくとも国を愛し、日本人であることに誇りを持った議論であれば、大いに結構だと思います。
相手にレッテルを貼ったり(たとえば「小泉マンセーブログ」とか(爆笑)、相手を罵倒したりするのでなければ、お互いに尊重するべきだと思います。

匿名なのに、真摯な意見が聴ける。
このブログの特徴でもありますが、うれしく思います。

投稿: 坂 眞 | 2005/10/31 20:45

Marsさん、
ご意見ありがとうございました。しかし、こうやっって坂眞さんのプログの場を借りて意見を交換できるのは良いことですね。坂眞さん、ありがとうございます。私は毎日コメントはしませんが、皆さんそれぞれ違った意見もあり、参考になったり感心したりしています。これからも皆さんとどんどん意見交換をしていきたいですね。日本を想う方がいるということほど嬉しいものはありませんね。
PS. 私も日本が数十年先には核を持つ可能性は大だと思います(私の意見は本当ならそんなものいらないのですが、この問題は難しいです。)。つまりアメリカ軍が部分的にしろ撤兵し、日本が自分たちで防衛しなければならない状況になるのではないかと思います。

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/10/31 23:00

↓コピーして ワードに貼り付けといて あとで印刷

「拉致した日本人を返せ! 
 あなたの町に潜む テロリスト教団・暴力団、支援企業・団体、撲滅排除運動効果大!
工作員参政権・人権擁護{言論弾圧}法案断固反対します
「参考サイト「ビラのHP」「韓国製品不買運動」 「パクリ大国南朝鮮」
「人権擁護法案反対同盟」「オウム事件の本番」 「新興宗教を考察する」
「もう黙ってはいられない」「韓国はなぜ反日か?」 「韓国をぬるっとWatch」 
※デモの参加を呼びかける内容  受け取った方はコピーして10人に配ってください」
※メール、友人に手渡し、近所のポスト入れ、親類に郵送など」 

投稿: 合言葉 テロリストの資金源を断て! | 2005/11/01 10:12

日本が普通の国に成っていくのが、解決への一番の良薬です。
遠慮をしながら、言いたいことも言わなければ舐められるのが当たり前、「間違い」と判れば違うだろう、と言う事位は言えるでしょう。
是非、政治家も外務省も一人、一人が日本人を代表している気持ちで対応して欲しいものですね。

投稿: 猪 | 2005/11/01 17:30

フォラツェン氏へ(北朝鮮・人権問題に携わるドイツの医師)のインタビュー。ソウルはキム・ジョンイルに乗っ取られてしまった。日本も乗っ取られつつある。是非、聞いてください。

http://nishimura-voice.seesaa.net/article/8806652.html

投稿: アメリカ在住 | 2005/11/06 19:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/6758839

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の本音:

» 「親善」って何だ [電脳空間「高天原」]
靖国参拝議員はお断り 親善サッカーで韓国 (共同通信) - goo ニュース  日韓の国会議員による親善サッカー試合をめぐり、韓国側が靖国神社に参拝した議員の参加辞退を申し入れていたことが30日、分かった。 -------------------------------------------------------  これは間違っても「親善」試合等ではありません。やっても意味が無いし、参加する日本の議員も議員です。この話にどんな意�... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 22:03

» 新憲法草案第9条を考察しよう。 [百年祭りの観察]
10月28日、新憲法起草委員会によりまとめられた新憲法草案が自民党で党議決定されたようだが、国民のどの位がこの草案に目を通しているのか知りたいところだ。 体系的には、現憲法の踏襲でしかない。問題となっている第9条と第9条の二については、現法より少しはま...... [続きを読む]

受信: 2005/10/30 22:38

» 中国の崩壊を考える 3 [20年安泰!日本は復活する。榊雲水雑記帖]
 第三次小泉内閣がベールを脱ぎました。町村さんがいないのが寂しいですが、この布陣は実務的というか、虚飾なしです。そして会見に臨んだ首相も目元に「涙」が見えました。達成感でしょうか??感激だったのでしょうか。日本の世代交代が加速していますね。... [続きを読む]

受信: 2005/11/01 12:44

» 韓流ブーム 2  〜2005年は日韓友好年〜 [諸葛川]
韓国との友好年もあと2ヶ月余りとなりました。 (皆さん、日韓友好年をほぼ忘れてしまっていませんか? 重要ですよ。w) 韓流ブームも昨年から続き、多くの韓国ファンが誕生しました。 それとともに、嫌韓ブームも(マスコミに無視されながらも)それ以上に盛り上がり ました。 来年からは、きちんと本来の形に戻して欲しいですね。w そんな、韓流ブームの中、またニュースが飛び込んできました。 日本で人気の韓国スター、飲酒運転での摘発相次ぐ(読売新聞)  【ソウ... [続きを読む]

受信: 2005/11/03 21:29

« 自民党造反組の処分について | トップページ | 小泉改造内閣発足 »