« 非人間的なのは歴史のせい? | トップページ | もう限界か?中共体制 »

2005/12/25

ES細胞捏造事件と反日

韓国・ソウル大の黄禹錫教授をめぐる胚性幹細胞(ES細胞)の論文不正疑惑について、ソウル大調査委員会はクロと判定した。
調査委員会は、最終調査にはまだ時間がかかるとしている。が、黄教授が研究成果として公式発表した米科学誌『サイエンス』掲載の論文は、『データ捏造による虚偽』と
断定された。この調査結果を受け、『サイエンス』は、黄教授の今年5月の掲載論文を
全面的に取り消す手続きに入った。

これまでも自然科学の分野で、研究成果の偽造や捏造は多々あった。これは我が国も例外ではない。ただ、今回の事件が深刻なのは、『論文発表が金や名声に直結する』という、黄教授の私利私欲や名誉欲だけが原因ではないということだ。
そこには、韓国的特殊事情が背景に絡んでいる。各メディアも、その点に焦点をあてて報道している。

『韓国のプライドの高さ、国際社会で認められたいとの熱望、さらに「早く結論を出せ」とする「パルリパルリ(急げ急げ)社会」が今回の問題を生んだ』(AP通信)。
『(1)韓国でよく見られる成果や業績を急ぐあまりの拙速(2)国際的な配慮や慎重さを欠いた視野の狭い「やっちゃえ」主義(3)政権の業績にしたい政府の過剰な期待と支援(4)「やった、やった!」あるいは「ウリナラ(わが国)最高!」的な世論の愛国主義-
などが複合的に重なった結果』(産経新聞)
『韓国にとって、自然科学分野でのノーベル賞は悲願だ。同じ工業国の隣国・日本からは戦後、9人も受賞していることへの対抗意識もある』(毎日新聞)
『問題の責任は黄教授だけにあるのではない。論文の共同執筆者、管理を怠った政府当局、世界的科学者の登場と興奮しバランスの取れた視点で国民に報道しなかった
メディアの責任も免れない』(聯合ニュース)。

『韓国のプライドの高さ』、『パルリパルリ(急げ急げ)社会』、『視野の狭い「やっちゃえ」主義』、『「ウリナラ(わが国)最高!」的な愛国主義』、『日本への対抗意識』、『バランスの取れた視点で報道しないメディア』
まさに、これまで、様々なブログの韓国関連記事で指摘されてきたこの国の特徴。この韓国的特長が複合的に絡み合って今回の捏造事件を生み出した。
つまり、事件は、韓国社会が抱える『構造的な問題』といっても過言ではない。

韓国のメディアや国民は、黄教授を韓国で科学分野初のノーベル賞に最も近い英雄と持ち上げた。国民すべてが、まるで生命工学の専門家になったようにES細胞や黄教授のことを話題にするといった社会的熱狂が続いた。
政府も、世界の医療市場をリードする基幹産業が育つとの思惑から、今年だけで2百
75億ウオン(約30億円)の研究補助金を出すなど全面支援体制をつくった。

しかし、この国を挙げての熱狂が、
『黄教授はもちろん、国を挙げて彼をもてはやしてきた韓国は「生命工学の最先端国」から一転して「ニセモノ科学の国」になってしまった(産経新聞)』
という状況をもたらしたのである。

黄教授の捏造疑惑は、もっと早い時期に指摘されていた。しかし、この疑惑を最初に
提起した韓国・MBCテレビは“国家的裏切り者”あるいは“非国民”として世論の非難を浴び、愛国デモに押しかけられたり広告拒否や番組中断に追い込まれた。
これもまた、極めて韓国的特殊性であるといえる。民主主義の基本である『言論・表現の自由』や『知る権利』が、ほんとうにこの国で保障されているのか?という疑問さえ
抱かせる。

事件が国際的な問題にまで発展したにもかかわらず、韓国の学界や世論は、まだ意見が真っ二つに割れている。
「ねつ造論文なら学界から追放すべきだ」:「最先端技術が虚偽でないなら支援を続けるべきだ」
「韓国は世界の信頼を失う」、「韓国の恥の日」:「難病治療の希望!黄教授のために
ロウソク集会を開こう」
卵子提供ボランティアを1000人以上集めた黄教授の後援会サイトが、24日の全国集会開催を呼びかけるとアクセスが殺到。一時ダウンする事態になった、という。

この国を、『自由と基本的人権の尊重』という、民主主義の価値観を共有する国家として評価する向きもある。これは、民主党に限らず、自民党や米国もそうだ。
自民党や米国には、おそらく、韓国の持つ地政学的な存在価値を考慮した面もあると思う。が、この国は絶対に『民主主義の価値観を共有する国家』ではない。
疑惑(事実)を報じたメディアを“国家的裏切り者”、“非国民”と非難し、広告拒否や
番組中断に追い込む。文字どおり『集団ヒステリー国家』である。

黄教授の研究成果捏造という国際的不祥事を生み出した国民気質(かたぎ)は、異常なまでの『反日』意識に通じる。誇り高きプライド、『ウリナラ(わが国)最高!』的愛国主義、日本への対抗意識。これらが絡み合って異常な『反日』意識を生み出し、『バランスの取れた視点で報道しないメディア』がそれを助長する。
黄教授の研究成果捏造事件と韓国人の『反日』意識は、病根が同じなのである。

私は、過去のエントリーで、韓国及び韓国人が『反日』を克服しない限り我が国に追いつくことはできないと書いた。まさに、今回の事件がそれを証明している。
屈折した国民気質、バイアス(偏向)がかかった歴史認識、これらの根本的ゆがみを
正さない限り、同じような不祥事は続くし、異常な『反日』意識も克服できない。つまり、真の民主主義国家にはなれないし、先進国の仲間入りもできない。
韓国及び韓国人は、今回の事件で、それを学ぶべきである。

参照記事1:韓国ES細胞ねつ造 「ノーベル賞」焦り
(2005年12月24日 毎日新聞)
参照記事2:韓国、過剰な「愛国」暗転
(2005年12月24日 産経新聞)
参照記事3:“韓国の誇り”崩壊 英雄背信に虚脱感 ES細胞論文ねつ造
(2005年12月24日 西日本新聞)

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑韓国はもっと自覚すべきである
  と思う方はクリックをお願いします。

JRANKブログランキング
↑よろしければ、ココもクリック願います。

|

« 非人間的なのは歴史のせい? | トップページ | もう限界か?中共体制 »

韓国(社会)」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
最近ここを知り、勉強し、大いに共感させて頂いています。

さて、今日は朝鮮のES細胞事件とは直接関係なく申し訳ないのですが、シナのスパイ活動に関する情報を見て頂きたく参りました。

http://www.hkd.mlit.go.jp/topics/yumemirai/vol6/senryaku.pdf

最近、沖縄や北海道という列島の南北からシナ工作員が活動している
ように思えて仕方ありません。
管理人様の国内の反日分子に関するご意見を伺わせて頂ければと思います。

投稿: まーぶる | 2005/12/25 14:45

これが研究されていた頃、確か、日本では倫理に反するからとしてヒトES細胞に関わる研究は行えなかったと思いますが、正確には関係者の方、教えて下さい。
半導体音楽プレーヤーも日本は率儀に著作権を守り、録音方式を限定し、その結果何でもありの韓国製品に負けそしてアップル社に負けました。
 現在韓国、中国、インドは後進国ゆえに京都議定書にしばられずに排煙もくもく、化学物質たれ流しであり、CO2削減など考えもしない状態です。中国は日本がCO2の排出権を購入とか言って無償で脱煙装置をつける行為を、よく意味がわからず哀れみをこめて心底軽蔑していると思います。南極、北極に中国の石炭すすが降り積もり、これが融雪剤の働きをして氷を解かしています。さて韓国ですが我々が知っての通りの韓国です。いまさら何も言う気になれませんが、日本が自動車をやれば自動車、ロボットをやればロボット、バイオをやればバイオ、いいかげんにして欲しいですね。我々日本人が関わってよかった事が一つでもあったでしょうか。日韓友情年で、今年韓国に親しみがわいたでしょうか。管理人さんが言うように反日は韓国にとって「待ちぼうけ」の歌のように飛び出して来て切り株にぶつかった、うさぎなのでしょう。努力もせずに得られた果実のおいしさは無許可で作っているコシヒカリやイチゴの味。隣国を努力せずに崩壊させる日本式の方法だったかもしれません。ところで韓国がコケたらIMFは、またまたまた助けるんですか? 今度は北も絡んで大ごとです。

投稿: ふつうの国民 | 2005/12/25 14:55

韓国を関わってはいけない国と認識しているのはいまだにネットで情報を得ている一部の人に限られています。とにかくメディアが変わらなければ状況は変わりません。ネットでは溢れているあの国のマイナス面の情報は既存メディアではなかなか報道されません。あの国の新聞がいかに反日記事に溢れているか。あの国の人たちが修学旅行の高校生にまで謝罪を求めていること。中学生の反日絵を堂々と地下鉄構内に貼りだしたこと。日韓友情年の開幕に当たって国会議員が日の丸を踏みながら行進したこと。こういったことがテレビや新聞で報道されれば日本人全体の認識も変わるのですが。

投稿: hana | 2005/12/25 16:23

>韓国及び韓国人は、今回の事件で、それを学ぶべきである。

やっぱり、無理だと思います。千年以上にわたって培われたその国の道徳観や国民気質を直すには、少なくともその倍の時間がかかると思います。学べないのですから、当然直せない。(ですから、朝日が言うところの「戦後の日本の民主主義」だって、戦後に突然芽生えたものでは決してない。)韓国とはこういうものだと認識しつつ、深く関わらず、日本は隣に毅然と存在する。それだけです。

投稿: 未定 | 2005/12/25 17:31

>(1)韓国でよく見られる成果や業績を急ぐあまりの拙速(2)国際的な配慮や慎重さを欠いた視野の狭い「やっちゃえ」主義
 ここまでだと、総研・フューザー・木村建設・SGグループ・姉歯・日本ERI・・・・、こいつら「総研とゆかいな仲間達」と同じ匂いを感じますね。
 偏見だと言われる批判を承知で敢えて言うと、どれだけの半島系の者が混ざっているか、興味津々です。理解を超えた犯罪・事件には、そういった連中が混ざっていたり主演だったりするのが多いですからね。
そういう見方を持たないと今後の対応策を誤ることにもなりかねないので、注目しています。

>(3)政権の業績にしたい政府の過剰な期待と支援
 まあこれは、しょうがない部分もあるかもね。ただ、国を挙げて笑い者になってしまったのは、痛いでしょうが、「らしい」です。

>(4)「やった、やった!」あるいは「ウリナラ(わが国)最高!」的な世論の愛国主義
 一般日本人の感覚では、気恥ずかしさがあって、出来ないことでしょう。
でも、似た国があるんだそうですよ。世界は広いです。
↓“あの国”に生き別れの双子がいた?
http://hwabyung.exblog.jp/m2005-12-01/#2248023

投稿: 岩手の田舎人 | 2005/12/25 17:33

この出来事によって韓国国民が自己を見つめ直し反省してくれるといいのですがね。そういえばここのところ日本攻撃してないみたいですね。このまま正月まで静かにさせてくれるといんですが、ネットでは「黄教授の祖父は日本人だ」などというのも目にしましたが、またいつもの調子で悪いことは全て日本と結びつけてしまう韓国人が飛ばしたデマなのでしょうかね?数日前の朝日の社説では、こういうことは日本でもあったなどと書いて韓国を庇護していますね。朝日も静かになってくれないですかね。
私個人の意見ではクローンに関しては賛成ではありません。

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/12/25 18:05

来ましたね、この記事が!
入院する前に購入した、何号か前のNewsWeek日本語版で、この件が指摘されていたので、だいたいの経緯は知っていました

今回の件は、まさに管理人様のご指摘する通り、韓国全体の「罪」なのだと思います
こういった「何か(世界的な)発見」があり、自分の国にそのような立派な人物が居たのだと喜ぶのはいっこうに構わないのですが、韓国の反応というのは、まさに「ウリナラ(わが国)最高!」という熱狂になってしまって、見てるこっちが呆れてしまいます

まぁそのせいか、他の方も指摘されている通り、表立っては韓国は日本に対して静かになってるので嬉しい限りですが(苦笑)

投稿: あるす | 2005/12/25 21:10

 小韓民国の小統領ノムヒョンが日本の天皇を「日王」と呼ぶマスコミを故意に放置し、小韓民国を朝鮮半島の正当国家と認めない思想に身を委ね 近代国家では有ってはならない法の不遡及を犯して前元大統領に死刑判決を下す司法を放置し 親日韓国人を家族に持った国民の社会的地位を奪う法律を施行させる 坂さんご指摘の通り集団ヒステリー以外の何者でもありませんね。
 人類が数千年かけて克服しようと取り組んできた嫉妬、ねたみ、そねみなどのマイナス心理を国家ぐるみで煽り立てるとは、人類の進歩と調和に対する最大の裏切りです。韓国人は一刻も早くそれに気付かねば大変な事態に直面することになるでしょう。ファンウソク事件はその始まりに過ぎません。

投稿: 武井 | 2005/12/25 22:38

いつも巡回するのが癖になってしまった主婦です。

わたしの夫もある分野の研究者で、数人の韓国の研修生を預かっていて、わりとよく話は聞いています。先日もそのうちの1人が韓国の論文で、日本の研究者が書いた論文をそっくりそのまま(図表などまですべて)ハングルに翻訳しただけのモノを自分の論文として提出しているのを発見していたそうですから、この手の話はゴロゴロ転がっていると思います。
わざわざハングルを勉強してまで韓国の論文をチェックする外国人なんていませんから。

ということで、わたしには特に驚く話ではありませんでした。夫はもちろん「あの国は腐ってる」と言っていますし、韓国人研修生の中でも「もう韓国に帰りたくない」という人はいるようです。

ただ、韓国を持ち上げすぎる日本のメディアにはかなりの問題がありですね。。。
とはいえ、韓国への日本人旅行者も減少傾向にあるそうですからやはり「民衆は真実を知っている」のではないでしょうか。
・・・楽観的過ぎるかな?

投稿: 主婦 | 2005/12/26 02:37

あまりに、チョウコロ過ぎるこの事件、
おまえらには、ノーベル賞なんぞ、1000年A早い事が立証された。それだけの事でしょう。
捏造とコピーとウソで固めた国家の行く末が
はっきり見えた。
それだけでしょう。

投稿: A | 2005/12/26 03:06

今更考えると、夏(日本)にコメントで書いた、「韓国クローン犬誕生(ノーベルクラス)のニュースと日本の動物園でクマに暑さしのぎの氷を配布したニュース(お笑いクラス)が同時・同列扱いだった」が十分理解できます。「クローンは嘘でした」のニュースも最初から解っていたかの様に僅か数秒程度の扱い。

この国では、日本人であることが誇らしく感じるニュース(週に1・2回やる)ばかり、逆に韓国(中国も)のニュース(月に1本)は、「何だこの国は」と思わせるものばかり。私は、コレが世界の評価だと思っていますし、在日韓国人に配慮した日本のニュースが異常なだけです。

クリスマスのニュースは、「NZサクランボが不作、日本への輸出量ピンチ」です、日本が大好きな国から買ってやって下さい。

投稿: NZ life | 2005/12/26 05:34

まあ、ここまでくると国民性に問題有り!と言わざるを
得ません。不正を軽視し、バレれば擁護に走る。
こんな国民性を信用する人種がどれだけ居るかと。
韓国の国民に反省が無い限り、同様の不正は繰り
返され、何処の国にも相手にされなくなって
国家滅亡へと向かうことでしょう。

「大韓民国」が滅亡危機に陥っているといった意識を
もつ韓国国民は少なくないのか?

投稿: abusan | 2005/12/26 07:50

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

やはり、あきれ返っていますね、皆さんも。
で、同時に、やっぱりね(笑)という感じ。
私も、もう、あの国とは付き合いきれません(爆笑)
勝手にしろ!

なお、このブログでは、チョン、チャンコロ等は禁止しています。
チョウコロもそうです。
以後、気をつけて下さい。
『支那』はOKです。

投稿: 坂 眞 | 2005/12/26 16:14

やはり、論文捏造にはそれなりの背景があるようですね。最近の韓国は先進諸国を見返してやろうという態度が極端です。韓流ブームにしても政府の後押しが露骨で、アジアでの韓国の存在感のアピールといったことを監督や俳優までもが口にするのは違和感を覚えます。

事実を指摘した放送局を非難するのは大人気ないです。結局、ノーベル賞ものと言われるほどの研究になればなるほど、全世界の研究者からその成果を試されます。むしろ、韓国人が自らの手で捏造を暴いたことは、韓国のために良かったと思います。

ファン教授の受けていたプレッシャーはステロイド使用に走るスポーツ選手と似たところがあったのでしょうか?教授をここまで追い込んだ韓国社会こそ見直されるべきです

投稿: 舎 亜歴 | 2005/12/26 16:15

賛同する点の多いエントリーですが、2点だけ気になったので。

> この国は絶対に『民主主義の価値観を共有する国家』ではない。
> 文字どおり『集団ヒステリー国家』である。

この件だけで結論を導くのは早急に過ぎます。

たとえば民主主義国家とされる
ドイツではナチス賛美が、
日本では天皇批判が、
マスコミに決して掲載されず、封殺状態であるのと同じように、
韓国では愛国的行為が同様の位置にあるということではないでしょうか。

事の是非は別として。

投稿: こまるくん | 2005/12/26 21:10

日本人がノーベル化学賞を受賞したのでネットでいろんな記事を見てたらここに辿り着いた。
韓国人ってやっぱゴミなんだねw
韓国人頭悪過ぎ。
心底日本人でよかったって思うわw

投稿: もぐ | 2010/10/06 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/7819359

この記事へのトラックバック一覧です: ES細胞捏造事件と反日:

» メリークリスマス!! [音楽と日々之雑感]
 当直から帰ってきました。 今日はいつもよりあったかい感じですね!! しかし、ま [続きを読む]

受信: 2005/12/25 14:34

» 共産主義用語で「細胞」ってあったなぁ。 [市川電蔵事務所]
なんつーかさ、黄教授の後ろで「おいおい、マジかよそれよぉ…」って感じで顔を覆ってるヒトが気になるよね、この写真。韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)教授の論文捏造がビッグ確定となってしまいましたね。黄禹錫=... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 17:27

» ES細胞はでっちあげ! [ヨン様の南中山教室!]
韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)教授による胚性幹細胞(ES細胞)研究疑惑でソウル大の調査委員会は、データはでっちあげだったと断定したとのこと。 また同委は、黄教授が世界で初めてヒトクローン胚からES細胞作製に成功したと発表した04年論文や世界初のクローン犬誕生についても検証する方針を表明。韓国の英雄と呼ばれた男はとんでもない嘘つきだったのです。 ところでこの胚性幹細胞(ES細胞)なるもの一体何のことだかよく分�... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 21:10

» ES細胞はでっちあげ! [ヨン様の南中山教室!]
韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)教授による胚性幹細胞(ES細胞)研究疑惑でソウル大の調査委員会は、データはでっちあげだったと断定したとのこと。 また同委は、黄教授が世界で初めてヒトクローン胚からES細胞作製に成功したと発表した04年論文や世界初のクローン犬誕生についても検証する方針を表明。韓国の英雄と呼ばれた男はとんでもない嘘つきだったのです。 ところでこの胚性幹細胞(ES細胞)なるもの一体何のことだかよく分�... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 21:16

» セーラー戦士の「2005年10大ニュース」 [**ムーンライト伝説**]
え〜まだ25日なんですが、クリスマス気分を吹き飛ばす意気込みで、アバターも一新しました。紋付袴姿で新年を迎えようと思っております。いかがでしょうか。さて、色々あった2005年。もうすぐ終わろうとしているわけであります。思えば戦士も色々ありました・・・・・。皆さんは今年はどんな年でしたか?僕も今年を振り返り、そして一体どういう年だったのか、再確認するために、ここに「2005年戦士が思う10大ニュース」を発表したいと思います。以下の10項目は、あくまでわたくしセーラー戦士の個人的主観に基づいたニュースで... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 22:36

» ES細胞は捏造だった [=社説は語る=]
『朝日新聞(05/12/24)』 韓国ES疑惑 「対岸の火事」ではない  病気や事故で壊れた組織を、自分の細胞で作り直す、夢のような治療が実現するかもしれない。そんな期待を人々に抱かせ、世界の注目を一身に集めてきた黄禹錫(ファンウソク)・ソウル大学教授の論文データは捏造(ねつぞう)だった。  ソウル大学の調査チームが発表した中間報告に、韓国は大きな衝撃を受けている。黄教授はこの分野で世界の最先端を走る国民的英雄とされてきたからだ。  影響はそれにとどまらず、科学研究そのものへの信頼も揺る... [続きを読む]

受信: 2005/12/25 23:45

» 【「フォー」って】教育とメディアと性【素直に言えない】 [日々是勉強 〜 教育としての塾 仕事としての塾]
  私は国・英・社という文系しかやれないので、塾でのクラス運営は理系の先生とペアになってやっています。   ある時、飲みに行ったとき、小6で組んでいる理系の先生が  「うちのクラスの連中は、『受精』とか『交尾』とか出てくると   異様に反応がいいんですよねぇー」   と、言いました。   私も、ブログの文章から分かるようにあまり品性のよろしくない人間なので、「そういう」ネタは意識して�... [続きを読む]

受信: 2005/12/26 00:21

» 成熟できない国と成熟しそうにない政治家 [まいっちん愚ログ]
連休明けの冷え込む大阪、体調芳しくなくヨレヨレのマチコですが楽しい気分にさせてくれたのがお馴染み産経抄。{/kaeru_fine/} ■産経抄  そう気を落としなさんなよ、と肩をたたいてあげたくなった。サイエンス誌に掲載された黄禹錫・ソウル大学教授によるES細胞論文の捏造(ねつぞう)が判明した後の、韓国メディアおよび国民の失意と自嘲(じちょう)ぶりに、である。【引用中略】 と、いきなりきた... [続きを読む]

受信: 2005/12/26 16:36

« 非人間的なのは歴史のせい? | トップページ | もう限界か?中共体制 »