« 腐敗した国連を改革せよ! | トップページ | 中国 侮辱の実態 in Malaysia »

2005/12/03

中国の異民族迫害と擁護する加藤氏

先月の7日、国連総会第三委員会(人権)で、国連人権委員会のディエン特別報告者(セネガル)が「日本に在日韓国人、朝鮮人への差別や同和問題が存在する」と指摘した。これを受け、中国、韓国、北朝鮮の特定アジア3国が一斉に日本を批判した。
特に中国代表は、「悪名高い東京都知事らの人種差別主義的な発言がある」という、「言いがかり」としか思えない非難を我が国に浴びせた。

参照:中国の誹謗に朝日が呼応(2005年11月10日)

「天に唾する」とは、まさにこのことである。自らを省みず、他国を誹謗中傷する。
自らはどうなのか!以下の記事を読めば、中国がいかに厚顔無恥を絵に描いたような国であるかが解る。
チベットと新疆ウイグルにおける暴虐の実態。


中国での人権弾圧や拷問被害を調査するため訪中していた国連人権委員会のマンフレッド・ノワク特別報告者は2日、北京で記者会見し、中国各地の刑務所や収容施設で「拷問」が行われているとの報告を明らかにし、中国政府に改善を求めた。

報告書によると、拷問は、受刑者らに飲み水や食事を与えなかったり、電流が流れる
こん棒で身体を痛めつけるなどさまざまという。中国政府は「拷問や残虐な体罰を禁止している」(外務省報道局)と主張しており、今回の報告書を受けて中国側がどう対応するかが焦点となりそうだ。

ノワク氏は会見で、中国の司法制度について「容疑を否認し続ける限り、服役後も家族との面会が制限される」などと自白偏重を指摘。矯正施設についても「収容された者の意思破壊、人格改造が目的。組織的な非人道的行為だ」として撤廃を要求した。

報告書によると、中国の国家安全省、公安当局者らがノワク氏ら調査団メンバーを24時間監視したほか、複数の拷問被害者に対し調査団との面会を拒否するよう脅したという。収容施設はいずれも調査団によるカメラなどの持ち込みを禁止し、証拠収集に応じなかったとしている。

ノワク氏は先月21日から、独立派住民に対する迫害の疑いが取りざたされているチベット自治区ラサ、新疆ウイグル自治区ウルムチなどで調査していた。(共同)

中国の刑務所内で「拷問」 国連人権委、改善求める
(2005年12月2日 産経新聞)

kouyouyou1kouyouyou4








「電流が流れるこん棒(電撃)」で痛めつけられた法輪功の女性・高蓉蓉さん(37)


「電流が流れるこん棒で身体を痛めつける」。矯正施設は「収容された者の意思破壊、人格改造が目的」。
「拷問や残虐な体罰を禁止している」(外務省報道局)なんて、どの口がそう言わせるのだ!チベットや新疆ウイグルにおける独立派住民に対する迫害は、「疑い」ではなく
「事実」ではないか!
公安当局者が調査団メンバーを24時間監視する。複数の拷問被害者に対し調査団との面会を拒否するよう脅す。人権蹂躙国の面目躍如。
「悪名高い東京都知事らの人種差別主義的な発言がある」だと!まったくもって「ふざけるな!」と言いたい。

昨日のエントリーでも書いたが、こんな国が国連人権委員会のメンバーである。訪米中の麻生太郎外相は2日、ライス米国務長官と会談し、日米が国連の改革案を協議することで一致したという。(参照:2005年12月3日 朝日新聞
日米両国は国連予算の約40%を負担している。この予算を人質に取ってでも、国連改革を進めなければならない。

ところで、こんな中国を批判してはならない、あくまでも友好関係を築かなければならないと主張する政治家がいる。
そう、あの加藤紘一氏である。


自民党の加藤紘一元幹事長は2日、TBS番組の収録で、安倍晋三官房長官、麻生太郎外相に対し、中国や韓国を刺激するような発言を避けるよう自重を求めた。

中韓両国は小泉純一郎首相が退陣すれば対立の多かった日韓、日中関係が変わると期待していた、と指摘。その上で「外相、官房長官の人選をみて長期戦との感じを持っている。この2人の今後の発言はよほど注意しないといけない」と述べた。
2005年12月2日 共同

これは、「靖国の話をするのは世界で中国と韓国だけ。ほかから言われたことはほとんどない」「日本が孤立しているとか、好かれていないとか、どうでもいいことは気にしなくていい」という麻生外相の発言。
あるいは、「ドイツの指導者がヒトラーやナチス(ゆかりの場所)を参拝したら、欧州の
人はどう思うか」という中国外相の批判に対する「首相は国のために殉じた方の冥福を祈るためにお参りしており、特定の人物に対してでない。その比較自体に多くの日本国民が違和感を覚えるのではないか」という安倍官房長官の反論を指してのものと思われる。

さすがは「中国の親友」(笑)加藤氏。難癖を付けられても誹謗中傷を受けてもじっと
我慢。なにせ相手は大事な大事な中国様なのだから(笑)。
しかし、続発する重大事故、拡大の一途をたどる環境破壊、異民族に対する迫害、そして我が国に対する内政干渉、こんな国とニコニコ笑って付き合いができるほど我が国も我が国民もお人好しではない。

風が読めない政治家、世論が見えない政治家は引退するのがイチバンである。格下だと思ってバカにしていた小泉氏が総理大臣になったからといって、嫉妬に駆られて
出しゃばられても、皆が不愉快な思いをするだけ。
「政局音痴」でも、それくらいは分ってほしい、加藤先生。

人気blogランキングへ
↑中国と加藤氏に怒りを感じる方は
 クリックをお願いします。

|

« 腐敗した国連を改革せよ! | トップページ | 中国 侮辱の実態 in Malaysia »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

加藤議員は、「下等」などと書かれることもありますが、山形県の産んだ政治家です。何があっても絶対に選挙で負けることはありません。山形の人の希望の星ですから。ただ昔より新聞は朝日、テレビはNHK,政治家は加藤、福田、二階と中国派がクリアになっている気がします。巨大なダムでもアリの一穴から崩れることもあるようです。この親中国連合が崩壊する日を心待ちしています。

投稿: 普通の国民 | 2005/12/03 17:11

またでてきましたね、加藤大先生。加藤、河野という名前が記事に載ると、ろくなことがありませんね。最近、特にこの二人の名前を見ると反吐がでてくるようになりました。加藤といえば朝日の加藤という人も同類ですね。全国の日本を愛する加藤さんは同姓で迷惑でしょうね。良い知らせは、日米が国連の改革案を協議することで一致したということですね。しかし、日本はいままで信じられないほどお人よしでしたね。いくらGPOの何パーセントだかなんだか知りませんが、安保理常任理事国でもないのに約20%も支払って、アメリカを除く4カ国でたったの15%なんですからねえ。それでそれらの国にデカイ顔されてるわけですから。いまさら言うのもなんですが信じられませんね。加藤(売国奴(極悪犯罪人)は呼び捨てにしてもいいと思っています。)のようなアホ議員が友好などと言って私達の血税をチベット人などを虐待している中国にプレゼントしてるわけですからね。この人達はいつかバチがあたるでしょうな。

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/12/03 17:41

加藤さんを初め、橋本・谷垣(中国人女性とのスキャンダル疑惑)、河野、等々、中国訪問時に通訳という名の女(娼婦)に接近され、それをネタにゆすられてる気がします(女性スキャンダルの話をすると、山崎さんも浮上しそう)。中国共産党ならやりかねないし、下ネタを握られた議員は政治生命を守るため言いなりになるしかない。それがODAの援助に結び付き、中国擁護論になっているとしたら、許されざる事。
彼等の中国への傾斜は尋常ではないし、そう考えざる得ない。コレは朝鮮半島に関しても同様に考えてます。

投稿: NZ life | 2005/12/03 18:47

 中国崩壊が近づく今。
女性スキャンダルを隠し通すために「売国」するより、スキャンダルを自分からばらし「申し訳ありませんでした!」「私は脅迫されていました!」と、一番最初に叫び、同情を買うことを、最初に選ぶのは誰でしょうか?
 今の日本の有権者は。
女性スキャンダル<利権スキャンダル<売国行為の基準で選挙に行ってると思いますので。
 最初の「勇気あるひとり」になりさえすれば……政治生命が救われる可能性、高いですよね?

投稿: 奈菜氏 | 2005/12/03 23:39

加藤紘一がこよなく愛する一党独裁共産中華圏と一線を画す日本は、民主主義国家であるがゆえ、集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由、思想、信教、学問の自由などが約束されています。ですが加藤紘一、野中広務などに至っては媚中及び朝銀テコ入れ血税投入等にみられる、日本の国家、国民への裏切り、なぜ真っ向から日本を敵とみなす中国韓国北朝鮮に寄与すべく働くのか。民主主義でいうところの「自由」「平等」これがいつ彼らのような売国奴を生み出す様々な要因や発端となるか知る必要があります。一党独裁の中国は中央官庁の検閲を完璧にすべく金盾プロジェクトという毒グモの巣のごとき張り巡らされた情報統制社会を目指し、「死刑ビジネス」商業取引目的の臓器売買や死体のコラーゲンを使った化粧品に見られる中国「特有」の問題や、金門島侵攻、中ソ・中印・中越国境紛争、チベット・ウイグル・東トルキスタン・朝鮮・ベトナム戦争にみられるご都合原理主義国家中国の常軌を逸した好戦的ぶりなど色々ありますね。加藤紘一は「中国語検定何級取った!」などとほざいていましたが、この類の輩は敵国への迎合が大前提なので祖国の母国語たる中国語を覚えるのは重要な事なのでしょうね。
共産党や社民党の潜在的同志であり、Su-30、キロ級潜水艦導入などなど軍事拡大、南沙諸島、西沙諸島、尖閣諸島、台湾強奪を推し進める破廉恥な覇権主義、これら中国の真相に一切触れることなく日中友好、日中友好と自縛霊の如くうそぶき続ける加藤紘一は売国迎合主義に囚われた典型的な輩ですが、そうならないために、われわれ国民はみずからの精神的防衛を全うし続けなければなりません。「精神的防衛」とは、外敵から国を守るため、国内の秩序を維持するために、鉄のような固い意志を持つこと。然るに、加藤紘一は中国における人身売買、強制収容所、汚染物質垂れ流しなど人権蹂躙、地球規模の環境破壊などを「完全」に無視、といったところで一切触れることはありませんね。ひたすら中国に朝貢することを目的に中国の宣伝工作員の如く徘徊している。加藤紘一は日本人の防衛意識を挫き、国民を分裂せしめんとし、中国様の国益と地位・名声のためだけに動くことが目的なのでしょう。

投稿: JSF | 2005/12/04 00:00

曖昧模糊とした言葉が主流のように世の中全体が後期全体主義にどっぷり漬かりこんでるからです。その意味は曖昧表現で端的に出ています。はっきりと自分の立場を言わない。そうする事により周囲との人間関係が上手く行くと考えてる。「可愛いくないと思わないのでもないよねー、あの子」とか「好きくないでもないかなーんちゃってー。」とか全く自分で判断、断言を避ける表現が流行ってる今の世の中は戦後ずっと一貫してた明白な左翼主義バリバリ表現が、衣を軟らかくまとい左翼的メンタリーでも誰もが反対できない、寛大にならざるを得ない空気が充満してるのです。詰り「曖昧模糊としたムード思考で絶えず周囲の顔色をうかがってから自分の考え行動を決めるか更に進んでそれすらも旗色を鮮明にしないで何気にぼやかして逃げるとかという情緒的多数決合意社会」の悪い面を利用して狡猾な罠を仕掛けられてるとも気がつかないか、気がついててもその場で修正したり反対する表現をする人間が皆無なので、厭きないで根気良く自己主張する砂糖まみれ左翼の流言飛語が大手を振って闊歩してるのです。誰でも平和、自由、平等には反対できない。しかも現代はもう1歩進んだ「人権、環境、友好、共生」などで有無を言わせない左翼全体主義ムードが包んでいます。今度の豆腐詐欺マンション、ハウス・カードマンションとか中国や米国で揶揄されてる事も責任所在を擦り合い逃げ回っテル、行政も問題先送り、報道は糊のN、鋏のH、紙のKと言うNHKの羅列記事や相互のご意見を同列併記する、必ず中国の言い分を併読しています。閉じられた世界が現出してる。その中で周囲と仲良く円滑な人間関係で適当に問題をやり過ごす循環世界だから、加藤も河野も一つの意見として破廉恥な顔を晒しているし、裁判が決まって無くて禊も終らない議員も大手を振って歩いてるのです。

投稿: ようちゃん | 2005/12/04 01:02

YKKと呼ばれ山崎拓、小泉 純一郎、加藤紘一の3人が政権を争ってた時がありましたね。中共の思惑どうり、抗・小泉純一郎の山崎拓、加藤紘一を創価学会の公明党がらみで手篭にすることができました。彼ら中共の手先は、抗日本、中共拡大にある思います。日本中を騒がせている姉歯設計事務所から発覚した耐震偽造の問題、どうやら創価学会がらみの公明党が関っているようです。これは日本に対するテロ行為の1つです。アメリカの9.11とどう違うでしょうか。街を破壊し政治、経済を混乱させ市民を混乱させるテロです。今は先進国に戦争を起こすことは被害的にも大変なことだし、世界から非難されることを考えると不可能に近いと思います。テロリスト+社会主義4カ国(ロ中朝韓)からみればいわゆるプチテロといったものなんでしょう。伝統を重んじず次々に日本の内部から破壊し乗っ取りを目論んでいる恐ろしいヤツらです。

◆池田大作に気に入られた加藤紘一
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kokumin-shinbun/H16/1601/1601020hold.html
>復権を狙う加藤紘一に公明党が熱い視線を送っている。本来、加藤は外務省出身の親中派であることから、池田大作創価学会名誉会長のお気に入りで、池田は加藤をポスト森の最有力候補と期待していた。 小泉首相のタカ派的姿勢に不満を抱いている学会にとって、加藤は自衛隊のイラク派遣に反対する等、ハト派を標榜する池田と気脈が通じている。学会推薦の加藤政権の可能性が帯びてきた。
→ 池田大作は帰化した在日朝鮮人。公明党は永住外国人(在日)に地方選挙権を付与する法案を通すのに躍起になっているようです。なぜ宗教団体(朝鮮)の政党が日本にあるの?

◆どう考えても朝鮮企業の違法建築。姉歯で終わらせるな。
http://nikaidou.com/column02.html
>全員、間違いなく姉歯一人でやったとは思っていないし、自殺した森田設計の人間は、殺されたと思っている。ヒューザーは創価大学からの就職が多いし、小嶋は朝鮮人。そして公明党の”北”側国土交通大臣が異例の「税金による補償」を口にするなど、おかしすぎる。創価の犯罪じゃないのか?週刊新潮に期待します。
→あの国会での小嶋氏の怒鳴りようは、朝鮮の火病まるだしだし、顔が朝鮮人そのものですね。

投稿: 嫌中国 | 2005/12/04 05:33

今日12月4日の時事放談は、亡国の下等と毛沢東命の堺屋太一でした。へどがでてきました。

過去の栄光にすがり、小泉人気に嫉妬し、媚中&特定アジアマンセーの人選では、TBSも同罪だ。

投稿: ガリ | 2005/12/04 06:46

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
加藤氏への怒り、やはり相当なものがありますね。
加藤も河野も野中も、それに随する人たちも、みんな「戦前の日本は悪だった」「戦前の日本は中国にひどいことをした」という認識の持ち主です。
それは、もう、完全なる「刷り込み」になっていますから、何を言っても無駄。
彼らから見れば、私なんかは「許しがたい存在」でしょう(笑)
やはり、その都度、批判を加えていくしかないと思います。

投稿: 坂 眞 | 2005/12/04 14:54

いつも楽しみに読ませていただいています。
Goo, InforseekのRSSで見るとランキング投票用のクリックのためのアイコンが消えていてクリックできません。せっかくクリックしたいのに残念です。ぜひお調べ下さい。

投稿: aichan | 2005/12/05 14:59

aichanさん。
ありがとうございます。
ITディバイドゆえ、よく分かりません(笑)
URLを追加させていただきます。

投稿: 坂 眞 | 2005/12/07 21:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/7443992

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の異民族迫害と擁護する加藤氏:

» 中国ODA事後評価 [ikeday1な日々]
外務省のODA無償資金協力における事後評価報告書が出された。で、多額のODAを支給しているにもかかわらず、反日運動を続ける中国における報告を読んでみた。中国貴州省への医療機材整備計画の援助なのだが、その全般的評価はAであり、広報効果は「施設に日本の援助を示すプレートが掲げてあり、新聞、テレビなどでも取り上げられており、よく知られている。しかし、中国は広大であるので、他の地域の人々に知られているという事はない」との事で、A−の評価である。更に提言・教訓といった評価項目もあり、「よく使われており良好。外... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 19:28

» もう黙ってろよ。 [無防備地域宣言は危険を招く危険な宣言だと断固主張する、嘘つきが、せめてブログで正直な事を語る]
「発言によほど注意を」 加藤氏が安倍氏らに自重求める  自民党の加藤紘一元幹事長は2日、TBS番組の収録で、安倍晋三官房長官、麻生太郎外相に対し、中国や韓国を刺激するような発言を避けるよう自重を求めた。  中韓両国は小泉純一郎首相が退陣すれば対立の多かった日韓、日中関係が変わると期待していた、と指摘。その上で「外相、官房長官の人選をみて長期戦との感じを持っている。この2人の今後の発言はよほど注意しないといけない�... [続きを読む]

受信: 2005/12/03 23:57

» 中国大使「どこの国も威嚇するものではない」 [紫電のぐだぐだ不定期ブログ]
そう言ったのは、中国の王毅大使である。まずはいつものように記事から。……見つけた [続きを読む]

受信: 2005/12/04 00:21

» 【極悪非道教師・増田都子】>【東京都教育委員会職員】×4 [百年祭りの観察]
先週末、久しぶりに極悪非道教師・増田都子に関する東京都教育委員会への電凸内容を公開しようと思っていたら、パソコンの電源を入れてもネットに接続できない。どうしたものかと色々ケーブルやモデムを調べたが、特に異常も無く、プロバイダー側の回路に異常があるだろ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/04 02:49

» 中国共産党には人権意識の欠片もない [センシブルポイント]
依存症の独り言: 中国の異民族迫害と擁護する加藤氏 この記事の中に出てくる法輪功の女性・高蓉蓉さん(37)。美しい方でした。拷問後の写真を見て、怒りのあまりに涙が流れて体が震えました。なぜ、このような残虐な拷問をなんの疑問もなく、無辜の自国民に対して、平然と行うことができるのでしょうか。中国共産党政府はきちがいの集まりですか?なぜ、こんな国がスズメの涙のような国連分担金で国連の常任理事国に居座って大きな顔をしているのでしょうか?あまつさえ、国連人権委員会のメンバーにさえなっているというではあり... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 00:41

« 腐敗した国連を改革せよ! | トップページ | 中国 侮辱の実態 in Malaysia »