« 中国は間違いなく崩壊する part4 | トップページ | 新しい年を迎えて »

2005/12/31

拉致事件の実行犯を『英雄』扱いする北を許すな!

(以下引用)

1980年6月の原敕晁(ただあき)さん拉致事件で国際手配されている北朝鮮の工作員、辛光洙(シン・グァンス)容疑者(76)が、78年7月、地村保志さん(50)夫妻を拉致
した実行グループに加わっていたことが30日、関係者の証言などで明らかになった。

同じく蓮池薫さん(48)夫妻の拉致事件でも、警視庁が85年に指名手配した「朴(パク)」と名乗る別の北朝鮮工作員が、実行犯の1人だったことが判明。警察当局では、
この2人について国外移送目的略取容疑で逮捕状を取る方針で、国際刑事警察機構(ICPO)を通じた国際手配に向けて、詰めの捜査を急いでいる。

日本に帰国した拉致被害者について実行犯が特定されるのは初めてで、政府は、1月下旬から再開される日朝協議で、これら実行役の所在確認と引き渡しを求める方針だ。
(以下略)

地村・蓮池夫妻事件、北の拉致犯2人を国際手配へ
(2005年12月31日 讀賣新聞)

以上の記事は、『YOMIURI ONLINE』からの引用だが、讀賣新聞の31日付朝刊は、
北の拉致犯 特定』という大見出しを付けて1面トップで報じており、内容ももう少し
詳しい。
辛光洙と朴の顔写真も掲載しており、社会面にも、『北の主張 どう崩す』というタイトルで補足記事を載せている。
それだけ重要なニュースである、ということだ。

なぜ重要なのか?
それは、日本政府と北朝鮮が、『拉致、安全保障問題、国交正常化』の三つのテーマについて、来年1月末をめどに並行協議を開始することで今月の25日に合意している
からだ。
つまり、日朝国交正常化交渉が約3年3か月ぶりに再開される。
その交渉における日本側の立場を強化し、北朝鮮に圧力をかける。国内や韓国内に
ある安易な『対北朝鮮和解の動き』を牽制する。
そういう意図の下に警察は、この時期を見計らって新事実を公表したと思われる。
現に、この発表を受けて外務省幹部は30日、『北朝鮮に対して、拉致被害者の帰国とともに、事件の真相解明と拉致実行犯の引渡しを引き続き求めていきたい』
(讀賣新聞)と語っている。

再開される日朝協議について小泉首相は26日、『拉致も、核やミサイルも包括的に取り上げるということだ。(拉致問題が)置き去りにされるということはない』と述べ、拉致問題に最優先で取り組む考えを示している。
安倍官房長官も同日、『(拉致)問題解決のために誠意を持って努力し、具体的な措置を講じることで合意したとの認識だ。基本的には拉致被害者を日本に帰していただくということだ』と強調した。
(以上、2005/12/26 讀賣新聞
つまり、日本政府としては『拉致問題』では妥協しない、ということだ。主権国家として
当たり前の姿勢だが、再度強調されると心強い。

皆さんの中には信じられない方もおられると思うが、野中広務や亀井静香が支配して
いた当時の政府・与党内では、『日本人拉致疑惑の解明を前提にしては対話の前進は望めない』(2000/1/30 日本経済新聞)という声の方が強かったのだ。
実際に、2000年3月、日本政府は『人道的支援』という名目で北朝鮮へのコメ支援を
再開し、10万トンを無条件で供与している。ときの外相は河野洋平、自民党幹事長は野中である。
当時、横田めぐみさんのご両親も有本恵子さんのご両親も、外務省と自民党本部の
前に坐り込み、こうした動きに必死で抵抗した。
『拉致問題が解決されない限り、コメ支援は慎重にしてほしい、北朝鮮への人道的配慮というが、拉致された日本国民にも人道的配慮を示してほしい』と・・・
しかし、河野や野中という売国奴たちは、拉致被害者家族の悲痛な訴えを無視し、
北朝鮮に対する『人道支援』を実行した。
こういう売国奴たちの精神構造は、『日本はかつて朝鮮を植民地支配した。その時に
朝鮮人を強制連行し酷い仕打をした。この歴史的事実を念頭に置いて北朝鮮に対処しなければならない』というものだ。
この捻じれた精神構造は、もはや修正のしようがない(笑)。

小泉内閣になって、こういう売国奴たちは議長に棚上げされたり、引退に追い込まれたり、あるいは除名されたりして、当時の勢いはない。が、まだ加藤紘一や古賀誠という野中に近い政治家が自民党内に残っている。公明党の考えも野中に近いし、民主党の中にも同類がたくさんいる。
まだまだ油断がならないのだ!

日本に帰国した拉致被害者の実行犯が特定され、国際刑事警察機構(ICPO)を通じて国際手配されるからといって、『拉致問題』が進展するかどうかは予断を許さない。
が、こういう事実を明らかにすることによって国内や国際世論を喚起し、北朝鮮に圧力を加えることは極めて重要であると考える。

ところで、今朝の讀賣新聞によると、辛光洙という人物は、北朝鮮の『特殊機関』の
枢要な地位にいたとされる(警察当局)。曽我ひとみさんや横田めぐみさんの『教育係』も務めていた(曽我さん証言)。要は、事件の全容を知る、極めて重要な人物なのだ。
その辛光洙という重要人物が、実は、かつて韓国で逮捕されていた。

辛光洙、1929年6月27日生、76歳。
静岡県新居町出身。日本名は立山富蔵。
第二次大戦終結後に北朝鮮に移住。1950年に北朝鮮義勇軍に志願入隊。
1973年に能登半島から日本国内に不法入国し、以後、日本を拠点に『対南(韓国)
工作』を行う。
1980年6月に宮崎県青島海岸で大阪府に住んでいた日本人調理師・原敕晁さんを
拉致、同人になりすまして海外渡航を繰り返す。
が、1985年にソウル市内で、『北の工作員』として韓国当局に逮捕される。
当初は死刑判決を受けたが、後に無期懲役に減刑。1999年12月31日、ミレニアム
恩赦で釈放され、2000年9月2日、『非転向長期囚』として北朝鮮に送還された。

この人物を北朝鮮に送還せず、身柄を確保したままであれば、『拉致問題』の全容解明がもう少し進んでいたかもしれない。
当時、横田めぐみさんのご両親も、日本・韓国両政府に『辛容疑者は日本人拉致の
真相を知る重要人物だとして北朝鮮への送還中止を何度も要請していた』(2005/12/31 讀賣新聞)。
にもかかわらず、『太陽政策』を推し進めていた韓国政府は、辛光洙を北朝鮮に送り
返してしまう。日本政府もまったく動かなかった。
それどころか、社会党(現・社民党、民主党)・社民連(現・民主党、社民党)・公明党・無所属の議員有志らは、『辛光洙の釈放を求める要望書』を韓国政府に提出していたのだ!この議員有志の中には、前民主党党首・菅直人も含まれている。
何という犯罪行為!
これらの議員たちの中で、いまだに国政に関与している連中がいることが信じられない!

議員名は下記サイト参照↓
辛光洙(シン・グァンス)「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」

讀賣新聞によれば、辛光洙は北朝鮮に帰国後、『英雄』扱いされているという。
北朝鮮の立場は『(拉致問題の)責任者は処罰された』というものである。そうであれば、責任者の一人であり、拉致の実行犯でもある『英雄』・辛光洙が今、どういう立場にあるのか、どういう風に取り扱われているのか、この点を日本側は徹底的に追求する
べきである。
絶対に妥協は許されない!

参照1:与党幹部のコメ支援策動を糾す
参照2:「実りなき譲歩をやめる時 」
参照3:辛光洙
参照4:政府不信招く拉致問題での弱腰

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑北朝鮮と売国政治家に怒りを
  感じる方はクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑よろしければ、ココもクリック願います。

読者の皆様へ

本年中のご支援に感謝いたします。

よいお年をお迎えください。

来年も、どうぞよろしくお願いします。

|

« 中国は間違いなく崩壊する part4 | トップページ | 新しい年を迎えて »

北朝鮮&拉致問題」カテゴリの記事

コメント

人間が単純且男?なのでいろいろと過激な言動はお許し頂きたいと思いますが、このブログでは勉強をさせて貰いました。
30年前には云えない事が云える時代と共に人間の程度の差が大きくなりましたね。
官僚はずるく汚くなり、議員はバカが増えた、
商人は道義を弁えなくなり下種に成った。
30年前にも居たのですが、”男は黙って”と云う面も有ったのですが、今は謝罪は簡単にする、大人が切れ反抗する、と子供化しています。
子供化していない大人がバカを引っ張るより方法は有りません、来年も「独り言」で引っ張って下さい。

投稿: 猪 | 2005/12/31 16:37

こんばんは。
大変勉強になるブログ、いつも拝見させていただいております。今年は大変お世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。

投稿: ヨン様 | 2005/12/31 17:50

坂様。はじめまして。本日は大晦日ということもあり、また今年一年、こちらのブログには大変お世話になリましたので、今日のエントリーとは内容が一致しないかもしれませんが、坂様にお礼を申し上げたく、コメントさせていただきます。目障りのようでしたら、お手数をおかけしますが、削除くださいますようお願いいたします。
さて、2005年は、日本にとって大変大きな変革の年だったのではないかと思います。その大きな変革の激動を、私は坂様のブログのお力を借りることによって、その本質を見失うことなく理解することが出来たと考えております。特に、中国に関するエントリーでは、一般大手のマスコミが報道しない情報、そして、坂様の鋭い慧眼によってあぶりだされた、中共や日本国内の売国奴たちが固執する、どう考えても不条理で卑しい考えを如実に知ることが出来ました。これらのことは、浅学な私にとって、本当に為になりましたし、また、これからの私の対中国、中国人観に是非活かしたいと思っております。
私は、多くの日本人同様、自虐史観をある意味、徹底して叩き込まれてきた世代の一人です。それゆえ、つい最近まで日本という国は世界中で最も嫌われている国だと思っておりました。それは、日本経済がもっとも華やかなりし頃の80年代末においてもそうでした。今から思えば、ずいぶんと変な話でした。大手新聞はもちろんのこと、学校においても、当時の大人たちは口をそろえて、日本といえば、いかに歴史的な負い目を負っている国かということや、金儲けはうまくとも世界中からエコノミックアニマルと呼ばれて鼻つまみ者になっているということだの、そんなことばかり言っていたような気がいたします。私はそうした日本の負の部分をすべて嘘だと申し上げるものではありませんが、しかし、それにしても、彼らのそうした言動は、一部あまりに行き過ぎていたのではないかと考えます。そして、この2005年という時代になっても、いまだにそうした行き過ぎた自虐史観を、こともあろうに中国、韓国と一緒になって声高に叫ぶ日本人が数多く存在します。それも、恍惚として、なにやら高見に立ってやっているではありませんか。そのような人々を私は今現在、かつての80年代の亡霊でも見るかのように眺めておりますが、しかし、ここでいくつかの疑問が生じます。なぜ、彼らにはそのような破廉恥なことが出来るのでしょう?そもそも彼らは日本人なのでしょうか?なぜ、嬉々として、自らの祖国をそこまで貶めるようなことが出来るのでしょう?私は素朴に疑問を感じてしまいます。というよりも、正直申しまして、理解不能です。まあ、余計なお世話なのでしょうが・・・。
さきほども申し上げましたが、今年、2005年は日本にとって、大きな変革の年であったと思います。そして、実は、それは私個人にとっても当てはまるのです。大げさな言い方になりますが、それを他の言葉で置き換えるならば、覚醒とか目覚めとかというふうになるでしょうか。臆面もなく申しますが、私は目覚めました。そして、これまで、どうしてこんなに気分が悪かったのか自分でもよく分からなかったのですが、それも今ならはっきりと分かります。それは、間違いなく、日本という国とともに、自らをも完全に自己否定するよう、不条理な自虐史観を押し付けてくる、あのおぞましい大陸とそれらに媚を売る売国左翼思想主義者たちが、その主だった原因なのだと。
私は大分遠回りをしたようですが、今後、自分がいったい何と、そして、どのようなものたちと闘わなければならないのかが、ようやく見えてきました。これまで見えざる敵だったものが、ついに姿を現し始めたようです。それに気づくよう促してくれました、坂様をはじめとした保守系のブログの管理人様がたには本当に感謝しております。もちろん、小泉総理にも。僭越ですが、これから微力ながらも、日本再生に向けて貢献できればと考えております。
坂様。来年もよろしくお願いいたします。

投稿: yeah!2 | 2005/12/31 18:58

管理人の坂様。私は日本人である事に誇りを得ることができるようになりました。朝日新聞を30年読み、本田勝一の本を読んで、これでもかと日本人を貶(おとし)め、辱(はすかし)める情報操作を受けていました。しかし坂さまをはじめ、しごくあたりまえの言葉で世界を語るブログによって、現実の世界を知ることによって、ようやく覚醒した気持ちです。これはyeah!2さんと同じですね。(笑) 注目すべきは2ちゃんねらー達が冷やし中華を食べながら中核派による教科書選定抗議活動を文字通り冷やかしたことでしょう。中核派は数十人をあの世に送った組織です。それをライオンを囲むハイエナの群れのようにネットの住人が声を上げたわけです。そして人権擁護法案の日比谷公会堂でも1500人の人間の9割がネットの呼びかけで集まりました。ネットこそ第4の権力になった瞬間です。気になるのは読売新聞等で記事になりましたがネットの実名制の検討です。権力によって気に食わないネットは幼女殺人の原因として糾弾しています。ようやく日本人が手にした最終兵器でも、これを維持できるかどうかはわかりません。これに対する警戒こそ2006年のテーマになるかもしれません。
 では、管理人の坂さま、今年は「うなって読ませる」記事をありがとうございました。感謝を述べますとともに、来年の御活躍を期待しております。

  元気よく  雪をはじいて  冬木立

投稿: 普通の国民 | 2005/12/31 21:04

こんばんわ。
今年は、色々と勉強させてもらいお世話になりました。
この時期に、この件を出したのが気になるトコです。
来年も、よろしくお願い申し上げます。

投稿: super_x | 2005/12/31 21:16

新年おめでとう御座います。
旧年中に、異常な程「依存症患者」が増えた事は、大変喜ばしい事だと思います。
そして、このブログを通じ、政治や外交という難しい問題に多くの人が関心を持った事が、日本が正しい方向へ進んでいる確固たる証拠であると感じています。
2006年は、北朝鮮問題も大詰め、中国の崩壊の最終章、小泉さんの後継問題(日本をより良くできるのか)、全てが目に見えてくる1年になる。

今年もどうか宜しくお願い致します。幸多き1年でありますように。
依存症患者より

投稿: NZ life | 2006/01/01 06:28

皆さん、こんばんわ。
レスが遅くなって申し訳ありません。

皆さんのご評価、素直にうれしく思うと同時に、皆さんのような方々がおられたからこそ、ここまで頑張れた、とも言えます。

>しかし、ここでいくつかの疑問が生じます。なぜ、彼らにはそのような破廉恥なことが出来るのでしょう?そもそも彼らは日本人なのでしょうか?なぜ、嬉々として、自らの祖国をそこまで貶めるようなことが出来るのでしょう?私は素朴に疑問を感じてしまいます。というよりも、正直申しまして、理解不能です。まあ、余計なお世話なのでしょうが・・・。

90%同じ気持ちです。
が、私は『余計なお世話なのでしょうが・・・』では済ませません。
徹底的に闘います。
乞うご期待!

投稿: 坂 眞 | 2006/01/01 20:43

今、一番危惧するところは、公明、創価学会党が永い間、政権与党にいることです。愛国心の無い彼らが国の重要な資料まで手に入れたはずである。国民の情報も、只、自衛隊に特殊部隊がいると聞き少し安心、学会員のスパイに、大注意の事。

投稿: 大塚 潔 | 2006/01/25 12:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/7920178

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致事件の実行犯を『英雄』扱いする北を許すな!:

» 拉致実行犯の釈放要求を出していた北朝鮮のスパイ議員 [反日活動から日本を守るblog2]
前記事→北朝鮮の拉致実行犯を逮捕せよ 社民党や民主党には、北朝鮮の言いなりとなって、日本国内で政治活動を行っている反日議員が存在している。決してこのような議員や政党に投 [続きを読む]

受信: 2005/12/31 17:24

» 2005年における日本の総括 [電脳空間「高天原」]
 2005年度は、変化の年であったような気がします。早いうちから、その兆候は現れていました。 春先の支那官製大規模反日デモに始まり、竹島の日騒動、教科書採択攻防戦、偽・韓流ブーム、小泉内閣圧勝、そして民主党の姿勢変更(足場は充分ではありませんが)。これほどまでに内外騒いでいながら、従来とは違った行動を取るようになっていったというのは、注目すべき事ではないでしょうか。 そしてこの変化こ... [続きを読む]

受信: 2005/12/31 18:33

» 批判をかわしたいのか? [SUPER-X.COM]
こんにちわ、super_xです。 ったく、年末のあわだだしい時期に何で? と、思う、この情報開示。 先日の日朝協議で… 「拉致問題は、解決済みを前提に…」 と、いわれたことで、相変わらずの交渉下手な事への、批判をかわすために開示したのかと思ってしまうのだが…  地村、蓮池さんが拉致実行犯2人について証言 北朝鮮による拉致被害者の地村保志さん(50)が、自分たちの拉致を指揮していたのは、元工作員の辛光洙(シンガンス)容疑... [続きを読む]

受信: 2005/12/31 21:10

» 拉致実行犯 辛光洙の釈放を要求した国会議員 [日本の伝統を守らう!]
せっかく韓国で捕へられてゐた拉致実行犯である辛光洙(シン・グァンス) の釈放を要求した国会議員が今でものうのうと国会議員をしてゐる様です。 2chより From: [6] <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん <sage> Date: 2005/12/30(金) 20:48:25 ID:4Klghcxq 辛光洙(シン・グァンス) 「在日韓国人政治犯の釈放に関する要望」 http://nyt.trycomp.com/h... [続きを読む]

受信: 2006/01/04 12:18

» 対北方針「拉致実行犯引き渡し」削除判明 [湘南のJOHN LENNON  Those were the days]
対北方針「拉致実行犯引き渡し」削除判明 以下、ニュースより  北朝鮮による拉致問題を巡って、日本政府が掲げてきた6項目の対応方針のうち、「拉致実行犯の引き渡し」を求めるとする項目が政権交代後、閣議決定文書から削除されていたことがわかった。  拉致問題担当の中井国家公安委員長は「実行犯の引き渡しを求めることに変わりはない」としているが、今後の交渉で北朝鮮に妥協する姿勢を示したとも受け取れる対応に、拉致被害者家族の間には「鳩山内閣の姿勢が見えない」などと不安が広がっている。 ... [続きを読む]

受信: 2009/12/15 20:39

« 中国は間違いなく崩壊する part4 | トップページ | 新しい年を迎えて »