« 夢を語るのは勝手だけれど | トップページ | 韓国過激派・香港で暴走 »

2005/12/18

またまた際立つ朝日の偏向

昨日まで開催された民主党大会は、最大野党の党首が初の外国訪問で、安全保障について、従来の立場から大きく踏み込んだ発言をした直後だったので大きな注目を集めた。
特に、訪問した相手が米国と中国という、我が国にとって死活的な存在である国であったことも、注目度を高めた。

主要全国紙は、5紙のすべてが今日の【社説】で取り上げている。
この中で、またまた朝日新聞の【社説】だけが突出して偏向している。今日は、この
朝日の【社説】を分析しながら、他紙の【社説】と比較することで、最大野党の党首の
言動を論評してみたい。

まずは朝日新聞から。


きのうまで開かれた民主党大会で、3カ月前に選出されたばかりの年若い前原代表への批判が噴出した。

とくに問題になったのは、前原氏の米国と中国への訪問である。ワシントンでの講演で集団的自衛権の行使論に踏み込み、中国の軍事力を「現実的脅威」と呼んだ。これが災いしたのだろう、続いて訪問した中国で胡錦涛国家主席ら要人との会談を断られた。

民主党は、鳩山代表や菅代表の時代にそれぞれ国家主席と会談するなど、中国指導部とは太いパイプを培ってきた。小泉首相の靖国神社参拝で日中間の対話が途絶えた今だからこそ、その存在感を発揮できる好機だった。

国家主席らに会って、日中関係かくあるべしと堂々と持論を展開する。小泉首相には
できないことをやってみせるところに、最大の狙いがあったはずだ。手痛い失敗という
よりない。

「言うべきことは言う」のスタンスは結構だが、対話できなければ首相と同じことになってしまう。大会で代議員たちから批判を浴びたのも当然だろう。

政治、とりわけ外交には細やかな神経と駆け引き、戦略が必要だ。前原氏のやり方は稚拙に過ぎる。東アジアサミットなど一連の首脳外交で小泉首相の孤立がきわだった直後なのに、せっかくのアジア重視路線を売り込む機会も失してしまった。
(以下略)

(2005年12月18日 朝日新聞【社説】

まさに朝日新聞らしい【社説】である。
今回の前原誠司代表の外遊で論評すべきは、『集団的自衛権』や『中国脅威論』に
まで踏み込んだ前原氏の発言の是非。
外交・安保政策で、いまだに党としての方針を明示できていない民主党の現実に対して、前原氏の発言が及ぼす影響。
以上の2点について、解析するのが新聞の果たすべき役割であろう。

ところが、読めばお解りのように、朝日の言いたいことは、

「中国の機嫌を損ねる発言をして胡錦涛国家主席ら要人との会談を断られた」
「鳩山代表や菅代表の時代には、中国指導部と太いパイプを培ってきたのに、それを
ブチ壊した」
「国家主席らに会って、小泉首相にはできないことをやってみせる最大の好機だったのに、自らそのチャンスを潰した」
「前原氏のやり方は稚拙で、結果は手痛い失敗だった」

ということである。

まったくもってピントがボケている。いや、意図的にぼかしているのであろう。
中共政府要人との会談ができなかったからといって、それ自体は問題ではない。問題なのは、『なぜ、できなかったのか?』である。理由は、中国の軍事力を『現実的脅威』と呼んだことに、中共指導部がヘソを曲げたということだ。
これに対して、へりくだってまで『会談』をお願いする必要はない。

『鳩山(元)代表や菅(前)代表は、中国指導部と太いパイプを培ってきた』というが、
それは彼らが、『中日友好関係に役立つ言動』をする政治家だったからだ。つまり、
『中国にオベンチャラを言う政治家』『中国の大国意識を満足させる政治家』であったにすぎない。
前原代表は、それを打破し、『事実を事実として指摘する』姿勢を貫いた。その結果、
中共指導部は前原氏に対し、『会談拒否』という愚かな行為で報いた。
どちらが稚拙で、手痛い失敗なのか?
民主党執行部が、今後とも前原氏の姿勢を貫くことができれば、『手痛い失敗』を犯したのは、中共指導部ということになる。

民主党の代表が、『日中友好』『中国様がイチバン大事』『中国様のなさることは、何でも支持します』という姿勢の下、小泉首相を非難しなかったことが、朝日新聞には我慢ならなかったのだろう。
が、朝日は問題意識がズレすぎている。『東アジアサミットなど一連の首脳外交で小泉首相の孤立がきわだった』という認識も、事実誤認もはなはだしい。小泉首相が会談できなかったのは、中・韓だけではないか!
『大会で代議員たちから批判を浴びたのも当然だろう』と、民主党内が『前原批判』一色のように書いているが、民主党の地方組織は、旧社民党の都道府県連が、そのまま
移行したところも多い。
特に北海道、大阪、福岡などの主力地方組織は、その傾向が強い。それを知っていて書いたのなら、まさに意図的(笑)。

民主党が取るべき『外交・安保政策』は、いかにあるべきか?中国は『現実的脅威』なのか?という、前原氏の問題提起を正面から受け止めず、問題の本質を『日中関係』に矮小化する朝日新聞の小児的偏向ぶりが、またしても満天下にさらされた【社説】で
あった。

以上のような朝日新聞の偏向ぶりに対し、讀賣新聞と産経新聞は、私が指摘する
『問題の本質』を捉えたうえで批評している。
概して、前原氏には好意的である。


[前原民主党]「“抵抗勢力”との戦いはこれからだ」

党内の“抵抗勢力”との戦いはこれからだ――民主党大会を終えて、前原代表は前途の多難さを思ったのではないか。

2日間にわたって開かれた民主党大会で前原代表は、基本政策を固め、国会では
対案・提案路線を貫徹する方針を強調した。徹底した党内論議に臨む覚悟は示されたが、現実に意見を集約するのは容易ではなかろう。

大会では、米国、中国訪問時に前原氏が示した集団的自衛権の行使を容認する発言に対し、党内議論を経ていないとの批判が相次いだ。

前原氏は党の掲げる「制約された自衛権」の範囲内だとし、外交・安保政策の見解を
近く明らかにするとした。「基本的な政策が固まり切れていないことが、最大の弱点」と前原氏が強調するように、民主党は結党以来、外交・安保政策、憲法改正案などを
まとめきれなかった。

党内に多様な立場が交錯する中、前原氏は、トップダウン型で合意形成を図るしかないと考えているのだろう。それが、様々な出身政党の議員による“寄り合い所帯”体質を克服する道でもある。
(以下略)

(2005年12月18日 讀賣新聞【社説】


前原誠司氏が代表に就任して初めての民主党大会は、「党再生を果たし、政権に再挑戦する」とうたった来年度活動方針を採択して二日間の日程を閉幕した。

さきの米中歴訪で、自らの所信を臆(おく)せずに披瀝(ひれき)した前原氏がさらなる
リーダーシップを発揮して、民主党を政権が担いうる責任政党に脱皮させることを期待したい。

大会では、前原氏の集団的自衛権行使容認発言や中国脅威論に対し、「党内民主主義を無視して発言したのなら問題だ」(北海道連代議員)といった批判や不満が相次いだ。保守系から旧社会党系までさまざまな議員を抱え、党内融和に配慮するあまり、
外交・安全保障分野を中心に、政策的なあいまいさを放置してきた結果だ。

とくに、「護憲」の呪縛(じゅばく)から脱却できない旧社会党系議員には、「憲法を改正しなければならないと考える政党に与党も野党もない」と言い切る前原氏への反発が
強い。菅直人元代表や小沢一郎前副代表らも「野党として自民党との違いや民主党の独自性を明確にすべきだ」と主張している。

これに対し、前原氏は「下から意見を積み上げて、それを代表として発言するのは、
私の求めるリーダー像ではない」という信念に従って自らの主張を貫いた。党首として当然だ。政策的なあいまいさを排し、民主党を再生しようという意欲を評価したい。

(以下略)

(2005年12月18日 産経新聞【主張】

毎日新聞は、前原氏の問題提起の内容の是非はともかく、

「憲法や外交・安保などの基本政策で結論を先送りし、ナアナアで済ませてきた。それが民主党の最大の弱点と言われてきた。前原代表はこういう党体質にリスクを承知で、揺さぶりをかけに行った」
「党の弱点を大衆討議にかけ、議論を発火させた」

と、民主党の現状が抱える問題点を指摘したうえで、前原氏の手法自体は評価して
いる。

日本経済新聞は毎日よりもっと積極的で、

「講演内容を通読すれば、現実的な問題提起であることが分かる」
「安保・外交という国の根幹となる政策で党内がばらばらのままでは、『政権準備政党』を名乗る資格はないだろう」

と、前原氏の問題提起を支持し、民主党の現状を憂えている。


出直しを期す民主党大会は、前原誠司代表が外遊先で発言した「シーレーン(海上交通路)防衛には憲法改正が必要だ」「中国脅威論」をめぐる賛否両論が予定時間を超えて展開された。

発言の真意について、前原氏は「説明」に意を尽くしたが「釈明」したわけでない。
「党内民主主義を無視したのなら問題だ」などの批判に「党代表としての発言の重さは分かっている。私の意見の方向に導いていく」と強気に言い切った。

結党の経緯からいって、民主党は「寄せ集め集団」である。それゆえ党内融和を優先するあまり、憲法や外交・安保などの基本政策で結論を先送りし、ナアナアで済ませてきた。それが民主党の最大の弱点と言われてきた。前原代表はこういう党体質にリスクを承知で、揺さぶりをかけに行ったかのようだ。

「反応は想定内」と語っているので、持論を述べることで党内がざわつくことは計算していたと思われる。あえて一石を投じることで、党内議論を活性化させ、「合宿も辞さない」(前原氏)徹底的な議論を重ねたうえで、時期が来たら結論を出す。これが前原流の党運営らしい。

党内にはこういう手法に反発する人もいる。来年秋には代表選が行われるが、前原
手法は争点になるだろう。党の大勢が前原流にノーなら代表を代えれば済む話だ。
ただこれまでふたをしてきた党の弱点を大衆討議にかけ、議論を発火させただけでも
今回の党大会の意義はあった。

(以下略)

(2005年12月18日 毎日新聞【社説】


(前略)
大会では、前原氏が先の訪米中の講演で中国の軍事力について「現実的脅威」と発言したり、集団的自衛権を行使できるような憲法改正の検討に言及したりしたことに批判が集中した。いずれも前原氏の持論である。講演内容を通読すれば、現実的な問題提起であることが分かるが、「党内論議を踏まえていない」といった手続き面を含め、前原氏への批判が絶えなかった。

前原氏は持論を譲らずに、釈明もしなかった。逆に「基本政策が固まっていないのが
民主党の最大のウイークポイントだ」として、自らの安保・外交政策のビジョンを示し、
それに沿って党の基本政策を取りまとめる決意を示した。

長年の懸案に決着をつけようという前原氏の姿勢は評価したい。民主党は先に憲法提言をまとめた際にも、党内に賛否両論があるため、集団的自衛権の行使を認めるかどうかの結論を先送りした。安保・外交という国の根幹となる政策で党内がばらばらのままでは、「政権準備政党」を名乗る資格はないだろう。
(後略)

(2005年12月18日 日本経済新聞【社説】

以上、各紙の【社説】を読んで言えることは、国民世論の変化に合わせて、新聞の論調も変わりつつあるということだ。
毎日も以前とは違い、『護憲・親中派』とは、一線を画している。日経は、より現実的な主張を展開している。
讀賣、産経も従来の立場を、より鮮明にしている。特に讀賣の「“抵抗勢力”との戦いはこれからだ」という冒頭の言葉には、『ヨシッ!』と言いたくなってしまう。
相変わらず朝日だけが、『護憲・親中派』の立場から【社説】を書いているが、この新聞は、これから世論との乖離がますます激しくなるであろう。

人気blogランキングへ
http://blog.with2.net/link.php/73373
↑朝日の偏向ぶりに怒りを感じる方は
 クリックをお願いします。

|

« 夢を語るのは勝手だけれど | トップページ | 韓国過激派・香港で暴走 »

朝日新聞・偏向メディア」カテゴリの記事

コメント

ドイツが暴走を始めた
ドイツ連邦最高裁判所は現地時間12日、世界中いかなる国から発信するIT情報といえどドイツ国内からアクセス可能である限り、いかなる地域に住んでいる外国人に対してもドイツの法律が適用されるという判断を示しオーストラリア在住のホロコースト否定論者に有罪判決を下した。(要旨)
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20001218205.html
http://hotwired.goo.ne.jp/news/culture/story/20001219207.html
日本だけかと思っていたら、ドイツにも馬鹿な裁判官が居るものだ。
この判決は自分たちが嫌悪するナチスドイツが行ったことと傲慢さそっくりそのまま。
精神構造遺伝子はしっかりと受け継いでいるということか。
この論理で行けば、放送局も、携帯電話も、挙句の果ては手紙でさえも適用可能となってしまう。
アメリカも国家反逆罪など適用可能な国内法があればイラク戦争を合法化できることとなる。

投稿: いざりうお | 2005/12/18 18:03

今日の朝のTBS(関口宏のやつ)でも前原批判やってましたね、親中メディアには許されざる発言だったのでしょう(笑

投稿: よし | 2005/12/18 22:48

前原氏の「中国脅威論」発言については評価できても「在日外国人参政権」法案を通そうとしている限り、民主党は支持できません。中国に目を向けさせ、朝鮮半島から目をそらせようとしているのでは?と疑ってしまいます。

投稿: Sun | 2005/12/18 22:58

政権交代可能な党になってくれないと困るんで、中国脅威論を唱えた前原さんを励ますメール(&民主党批判)を送っておきました。
前原さんのHP( http://www.maehara21.com/ )
前代表の岡田さんにも出したことあるんですが、そのときは批判的なメールだったからか、定型の返答すらなかった。回答が来るかどうかはわかりませんが・・・。(笑

投稿: 岩手の田舎人 | 2005/12/18 23:46

15日 沖縄で稲嶺知事、名護市市長と会談した前原氏 「国益に照らした発言を続けることは与野党に関わらず重要なことだ」までは良いとして、「小泉さんは(中国と)議論さえできない。(小泉と)同列視されるのは筋違いだ」と不快感を示したそうです。あの大国中国と議論してきちゃったぞどうだと言わんばかりです。そんなに怖かったのかと勘繰りたくなってしまいます。
 本当にこの人で大丈夫なのでしょうか。まるで、肝試しの墓地から証拠の目印を持って帰ってきて得意になっている子供のように見えるのですが。私の下種の勘繰りなら良いのですが。

投稿: 武井 | 2005/12/18 23:56

いざりうおさん、 ドイツがナチスドイツのホロコーストを嫌悪し
特別扱いで制裁を辞さない考えは 当たり前なのです。
ドイツと日本の第二次大戦ごの謝罪は全く異なるからです。
ドイツは個人補償を徹底適的して、周辺国や関係国には謝罪も賠償も終ってないし講和条約も締結してないのです。今でも厳密には戦争継続状態ですよ、国際法的にはね。一方日本は周辺国に賠償金を支払いました。国家と国家の集団賠償・謝罪の形を取ったのです。
ドイツが補償を支払ってきたのは、戦争犯罪にではなく、ナチスの不法と被害にだけである 。http://toron.pepper.jp/jp/epi/german/hikaku.html

投稿: ようちゃん | 2005/12/19 03:40

まあ、朝日新聞のは明らかに日刊ゲンダイ的な稚拙な
ゴシップ記者の低俗お下劣記事で有ると言う認識が
世間で広がりつつ有るでしょう。露骨な中共政府への
走狗振りに世間の嗤い者になっているのが実情で
あるのでしょうなあ。現に読売新聞調査では
中共不信が7割以上にも達しているそうで(w

これだったら赤旗の方が未だ気が利いてますな。
赤旗の方が中共への批判も盛り込まれているの
が見える程に中共犬新聞に成り下がったのが
朝日新聞の実情と言えます。こんな新聞は一日も
早く廃刊に追い込むべきだと┐(´ー`)┌

投稿: abusan | 2005/12/19 08:48

コピーしてください テレビが取りあげない真実。  ~知らない人たちに~ 「ビラのHP」「パチンコは麻薬」「韓国製品不買運動」「パクリ大国南朝鮮」「人権擁護法案反対同盟」「オウム事件の本番」「新興宗教を考察する」「もう黙ってはいられない」「韓国はなぜ反日か?」「韓国をぬるっとWatch」 を参考にチラシを製作します まず、オウム真理教{カルト・宗教・邪教}、暴力団、ギャンブル依存症の恐怖{ニュース スクランブル参考}、外国人参政権{工作員関与}など 非難したチラシを配り、←ここが大事、ビラは工作員も見ている 内容に気をつけよう 在日・売国奴以外の人を集める そしてチラシに→北朝鮮→韓国・中国→在日{テロリスト・工作員・スパイ}を取り上げます ※参考サイト名を載せます  朝鮮玉入れをやめてラスベガスに行こう!と呼びかけてください デモなど できるだけ多くの人に知らせてください 受け取った方はコピーして10人に配ってください メール、友人に手渡し、近所のポスト入れ、親類に郵送など」合言葉 犯流ストップ! テロリストの資金源を断て!   ビラ、インターネット、本の出版、CD,DVDなど  親日の方と一緒に日本を浄化していきましょう。 活動の輪が大きく広がっています  民主主義{日本の文化}を守るために、ご協力ください。  ありがとうございます。  活動政府 N2351

投稿: 大学生 すでに2500人以上の方が活動中 | 2005/12/19 09:10

「朝日新聞社」の今年の中間決算短信です。
05/09中間連結決算 単位:百万円 ()は04/09数字
売上高   297,953(299,329)
売上原価  196,998(190,328) <---- 原価が66億円増加
販管費    94,001( 95,668)
営業利益   6,953( 13,331) <----- 売上が14億円減収
http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr2/home/oracle/00/2005/3b1c04f/3b1c04f0.pdf
ついでに日経新聞
http://disclose.finance.livedoor.com/pdf/2005/09/06/49060330_20050906.pdf
読売新聞
http://disclose.finance.livedoor.com/pdf/2005/06/07/26070330_20050607.pdf
最近朝日よりヒドい記事を書く「毎日新聞社」の中間決算短信を探しましたが、見つかりませんでした。朝日はだいぶ収益が低くなっているようです。しかし600万部出て、実際に売れているのは500万部弱でしょうから、まだまだ強いし思想汚染源として、あなどれません。毎日新聞は250万部弱といわれています。あと10年後、このような売国新聞社群が倒産していますように、と近所の護国神社へ行って祈りたい気持ちです。

投稿: 普通の国民 | 2005/12/19 09:12

また、北側国土交通大臣がやらかしてます
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2005121990588

投稿: 緊急 | 2005/12/19 09:56

飽きもせず良くやりますね、まず鳩山、管の太いパイプには笑わせて頂きました。
靖国参拝しない、中国の歴史を認識するのが朝日では太いパイプと呼ぶのですね。
毎年10%近い軍備拡張を10年も続けて居る国の軍備を普通とは云わないと思いますが、朝日には普通に見えるのでしょう。
朝日、売上高、販管費が変わらない、部数は落ちてるのでしょうか?
原価66億増、営業利益14億減燃やしてるのかな?コマーシャルが減少?一寸判りませんね、倒産してくれるのが一番ですが。

投稿: 猪 | 2005/12/19 16:44

皆さん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

前原代表、難点も色々ありますが、今回に限り擁護してやりたいと思います。
朝日や親中派に集中砲撃を受けている。
こんなときは、やはり小異(???)を捨てて大同につく(笑)
とにかく朝日に対して利敵行為になるようなマネはしたくないと思います。

投稿: 坂 眞 | 2005/12/19 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/7680517

この記事へのトラックバック一覧です: またまた際立つ朝日の偏向:

» やっぱり、どう考えても再生は無理なのだ。 [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 お隣さんネタも、連投しては飽きられるので… ちょっと、国内に目を向けてみよう… ターゲットは… そう、最近、朝日が必死になって叩く鉄オタ誠ちゃん。 シャブ中で、捕まっちゃった元議員や脇の甘さで西村センセーが捕まっちゃったり、連座制が適用され辞職した五島議員と民主党に向かって吹く風は冷たい。 だが、風向きを変えようと必死で、ここんとこの外遊は、おっ、と思わせるトコもあった。... [続きを読む]

受信: 2005/12/18 19:39

» 鳩山幹事長「中国 脅威でない」 前原代表へ反論、対立鮮明 [音楽と日々之雑感]
     民主党で党首とNo2の意見が相対するようです。             [続きを読む]

受信: 2005/12/20 18:47

» 民主「一丸」× 民主「散弾」○ [電脳空間「高天原」]
鳩山幹事長「中国 脅威でない」 前原代表へ反論、対立鮮明 (産経新聞) - goo ニュース 民主党の前原誠司代表による「中国脅威」論について、鳩山由紀夫幹事長は十九日、都内での講演で「私は脅威だと思っていない」との反論を展開した。同党 ナンバー2がトップの外交姿勢に批判的な党内勢力の意見を代弁した格好だ。前原氏は近く安保政策をまとめた「前原ビジョン」を発表する予定だが、制約され た集団的自衛権の行使な�... [続きを読む]

受信: 2005/12/20 23:39

» 鳩山幹事長「中国 脅威でない」 前原代表へ反論、対立鮮明 [音楽と日々之雑感]
     民主党で党首とNo2の意見が相対するようです。             [続きを読む]

受信: 2005/12/21 16:59

« 夢を語るのは勝手だけれど | トップページ | 韓国過激派・香港で暴走 »