« 親日派のための正論 | トップページ | 子供の送迎にパトカー流用 »

2005/12/06

重要なのは首脳会談ではない

(以下引用)

小泉純一郎首相は5日昼、中国が東アジアサミット前の日中韓首脳会談の延期を表明したことについて「靖国(神社参拝問題)は外交のカードにはならない。いくら中韓両国が外交カードにしようとしても無理だ。批判する方がおかしいと思っている」と述べ、中国側を批判した。

首相は「私はいつでもいいが、中国が延期する(なら)、それでも結構だ。中国の事情を尊重する」と指摘。中韓両国との関係については「靖国以外にも日中、日韓で重視していくべき問題はたくさんある。一つの問題で意見が違うと言って、ほかの問題も悪くしようという考えは(私には)ない」と述べた。

首相の靖国参拝が会談延期につながったとの見方には「そうではないと思っている。
これ(靖国参拝)は心の問題だ」と反論した。

首相官邸で記者団の質問に答えた。
(以下略)

首相、会談延期で対中批判 「靖国外交カードでない」
(2005/12/06 産経新聞)

今回の東アジアサミットにおける日中韓3か国首脳会談を中国が拒否した。先月の
韓国におけるAPECで、日中の首脳会談を拒否したことに続くものだ。
この中国の態度に対して、小泉首相が「靖国(神社参拝問題)は外交のカードにはならない。いくら中韓両国が外交カードにしようとしても無理だ。批判する方がおかしいと
思っている」と明言したことは非常にi意義がある。
今の中国(韓国)には、「靖国参拝問題」以外に外交カードがない。このカードを中国
(韓国)が取り出したときに、我が国がゼロ回答を突きつければ、もう次に打つ手がないのが実情である。逆に経済的には、中韓ともに「日本なしではやっていけない」実態がある。

APECにおいても小泉首相は、全体会議で、「一つの意見の違いとか対立で、全体の
友好関係を阻害してはならない。中国、韓国と政治的首脳の交流は途絶えているが、他の関係は良好だ。どんなに批判しても結構だ。私は何らわだかまりを持ってない」(2005/11/19 毎日新聞)と発言している。
しかもこれは、胡錦濤主席は発言が済んだ後で反論できず、議長の盧武鉉大統領も
聞き役に回るしかない状況で行われた(笑)。

APECに続く今回の発言。中韓両国とも、日本が変わったことを痛感したのではないか。特に、「中国の事情を尊重する」という小泉首相の言葉は、問題の原因は「日本国ではなく中国にあるのですよ」「それを、どう解決するかは中国次第ですよ」と言っているようなものだ。
まさに、対中・対韓外交において我が国は対等の立場に立った、といえるのではないか。
しかも、この発言はロイター経由で世界中に配信されている。中韓以外の国に、我が国の外交姿勢を知らしめるうえでも意義がある。

もはや「靖国参拝問題」は外交カードにはならない。小泉内閣が毅然とした態度を取ることによって、国内世論も大半が、この問題で外国が口出しすることを嫌っている。
朝日新聞が今年5月末に行った調査では、靖国参拝を問題視する中国の姿勢について、「理解できない」が51%で、「理解できる」の37%を大きく上回っている。
8月中旬のNHKの討論番組で行われた緊急世論調査でも、「首相の靖国参拝」は
①「国内問題として決める」が70%以上、②「他国に配慮すべき」は25%程度に過ぎ
なかった。
小泉首相の靖国参拝直後に朝日新聞が行った世論調査では、首相の靖国参拝を
「よかった」とする回答が42%で、「参拝するべきではなかった」の41%を上回ったし、
共同通信社の調査でも、参拝支持が48%と不支持46%を上回った。

これに対し、例のごとく朝日新聞が中国寄りの発言をしている。しかも【社説】で(怒)。


戦後日本が近隣国との信頼関係を深めようと積み上げてきた外交の努力が、またひとつ、崩れてしまった。

今月中旬にマレーシアで開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)と日中韓による会合の際に予定されていた、恒例の日中韓3国の首脳会談が実現できないことになった。

今回の議長役をつとめることになっていた中国政府が「現在の雰囲気と条件」を理由に、延期を発表したのである。小泉首相の靖国神社参拝と、参拝に対する内外からの批判を「わからない」などと頭からはねつけている首相への抗議の意図があるのは明らかだろう。

3国首脳会談は、99年に故小渕恵三首相の提案で実現した。消極的だった中国を日本がねばり強く説得し、史上初めて3国の首脳が一堂に会して語り合う場を設けたのである。

(中略)

民間交流や経済関係は続いていても、政治関係の異常な冷え込みは来るところまで
来てしまった。

中韓には大人の対応を求めたい。首脳の相互訪問は難しいにしても、これまではこうした国際会議などの場でかろうじて対話を保ってきた。せっかくの3国会談までやめてしまうのは失うものが大きすぎないか。

韓国はマレーシアでの日韓外相会談には応じ、日本に対する自国の怒りを伝える方針という。中国にも少なくとも外相会談の扉は開けておく冷静さがほしい。

とはいえ、これほどまで両国に強硬な姿勢を取らせた一因は、首相の外交的配慮に
乏しい言動にある。会談延期についても首相は「結構です。もう靖国は外交のカードに
ならない。中韓がいくら外交カードにしようとしても無理だ」と、妥協を探るそぶりはまったくない。

もともと過去に侵略や植民地の歴史を持つ国同士の関係は難しく、それだけに注意深さが必要だ。歴史を政治化させず、中韓が「反日」で結びつくのを防ぎ、3国協調の土台を広げる。そんな外交が求められているのに、首相のやっていることはまさに逆では
ないか。

小泉外交 対話の扉が閉じていく
(2005/12/06 朝日新聞【社説】)

朝日新聞に問う!
「せっかくの3国会談までやめてしまうのは失うものが大きすぎないか」
と言うが、「大きすぎる失うもの」とは何だ!中国の誠意のカケラもない「愛想笑い」か?
「歴史を政治化させず、中韓が『反日』で結びつくのを防ぎ、3国協調の土台を広げる」
と言うが、「歴史を政治化」させているのは中韓ではないのか!

朝日新聞に言う!
今回の東アジアサミットでの最大の問題は、日中韓3か国の首脳会談が開かれるか
どうかではない。「東アジア共同体」において、日中両国のどちらが主導権を握れるかが重要なのだ。
我が国は、東南アジア諸国連合と日中韓の、いわゆる「ASEANプラス3」に、今回のサミット参加国であるインド、オーストラリア、ニュージーランドを加えた形での「東アジア共同体」を想定している。この先には、「将来的な米国の加盟」もにらんでいる。
ところが、中国の思惑はまったく違う。


(前略)
中国は「共同体」実現を急いでいる。東アジアから米国を締め出し、米国と同盟関係にある日本を抑え込んで、自らの覇権を築くことに狙いがあるからだろう。
その中国が、「共同体」構想の議論を深める場は東アジアサミットではなくASEANプラス3だ、と言い出した。
日本の強い主張で、北京開催が阻まれた上、当初想定しなかったインドなどが参加する。これでは、中国主導でサミットでの論議を進めるのは難しい、と判断したためと見られている。
ASEANには経済的な影響力を行使し、韓国とは歴史問題で共闘して、日本を孤立化できる、という読みも、ASEANプラス3重視の背景にある。
中国の「変心」に最も反発しているのがインドである。インド抜きで東アジアの国際秩序づくりが進むのは容認できない、という明確な意思表示だ。
(後略)

[東アジア外交]「変化を見据えた戦略が大事だ」
(2005/12/04 讀賣新聞【社説】)

讀賣新聞の主張は、私が先月のエントリー「中国に譲るな東アジア共同体」で書いた
ことと、ほぼ同じである。
つまり、情勢をまともに読んでいれば、今回の東アジアサミットで何が重要なのかが
分かってくるはずなのだ。にもかかわらず、朝日は問題点を「日中韓3か国首脳会談」に矮小化する。
「日中韓3か国首脳会談」が開かれれば、中国が我が国の立場に近づいてくるとでも
言うのか!!!

我が国と同じ価値観を共有するオーストラリアとニュージーランド、そして中国と並ぶ
新興経済大国・インドが「東アジア共同体」に加われば、「自らの覇権を築く」という中国の野望は、一気に潰えることになる。
将来的に米国が加盟する余地を残せば、「東アジアから米国の影響力を排除する」という、中国の最大の狙いも頓挫する。だから中国は必死になっているのだ。
朝日が「クオリティ・ペーパー」を自認(笑)するのであれば、これくらいは読み解いて
見せるのが自らの責任であろう(笑)。

小泉首相は、このあたりを踏まえたうえで、今回の東アジアサミットに参加しようとしている。


「東アジア首脳会議」の初会合で、小泉純一郎首相が行う基調演説の内容が3日、
明らかになった。演説で小泉首相は、将来の東アジア共同体形成に向け、(1)会合の透明性と開放性(2)地域の多様性を前提とした機能的な協力(3)民主主義、自由や
人権など普遍的価値の共有-の重要性を訴える。日本側は共同宣言にこれらの文言を盛り込むよう議長国マレーシアに働きかけ、東アジアで主導権確立をねらう中国を
牽制(けんせい)する考えだ。
2005/12/04 産経新聞

(1)会合の透明性と開放性(2)地域の多様性を前提とした機能的な協力(3)民主主義、自由や人権など普遍的価値の共有
まさに、中国の思い通りにはさせない、という強い意志が読み取れるし、「東アジア共同体」構想に原則的には反対である米国への配慮も感じられる。
我が国は、中国の思惑に「最も反発しているインド」やオーストラリア、ニュージーランドと連携して「東アジア共同体」の主導権を握らなければならない。

最後に朝日新聞に言う。
小泉首相の一連の発言は、上記のような日中を対立軸とした、国と国との国益をかけた熾烈な争いの中で読み解かねばならないのだよ。
超一流大学を卒業した(はず?)朝日の英才が、【社説】でピンボケ記事を書くなんて???
「反日愛中」の度が過ぎて、頭がおかしくなったのではないか(爆笑)

人気blogランキングへ
http://blog.with2.net/link.php/73373
↑中国と朝日に怒りを感じる方は
 クリックをお願いします。

|

« 親日派のための正論 | トップページ | 子供の送迎にパトカー流用 »

構造改革&小泉内閣」カテゴリの記事

コメント

管理人さま、長いブログをご苦労さまでした。朝日新聞は今や中共の機関誌であり、日本にとって非常に危険な新聞です。年俸3000万をもらって日本をリードしている気分のエリート崩れが、駄文を書いているわけです。「恥を知れ!」と言いたい。従軍慰安婦も南京問題も朝日が作った問題です。この売国新聞社が存在したおかげで日本人は国際的に不利な立場になり、ひとり650万円の借金を背負う一因にもなっています。朝日新聞社は毎日500万部以上を売る怪物です。あの報道ステーションの中国に関するねつ造は、チベット侵略を中国に感謝シル!とまとめるほど。アジアはECと違い、まとまりません。しかし中国の違法な侵攻にベトナム(共産党つながり)、タイ(経済攻撃)、フィリピン(何と麻薬汚染)で進出しています。しかしヘタをすれば公害で人が住めなくなった中国人は周辺国に移住するかもしれませんね。我が北海道にも中国人の1000万人移住計画があります。ここらへんで朝日による洗脳から脱出し、古きよき日本人に戻りましょう。壮絶で巧妙な中国人と闘うために。

投稿: 普通の国民 | 2005/12/06 19:39

>(3)民主主義、自由や人権など普遍的価値の共有

ここが素晴らしいです。中国は現在普遍的価値を共有していない、と言っているに等しいですから。長らく守勢一方だった日本外交が、ようやく攻勢に転じ始めた感があります。

投稿: masa | 2005/12/06 20:13

こんばんは
小泉さんがドンドン力強くなっていってる。総選挙による結果がもたらしたものでもあるが、日本の経済問題の改革のみならず外交(小)問題へ向けての舵を取り始めた。中・韓国や暗いメディアのこけ脅しに屈する事無く、任期満了まで正論を貫いて欲しい。
謙り従う(ODA払って)だけの外交は要らない。日本の国益を守る事が真の外交。民主主義、自由や人権など普遍的価値の共有が無い国と手を結ぶ価値は無い。
バカだチョンだ言われようが、本当に小泉さんを信じて良かった、心からそう言える。

投稿: NZ life | 2005/12/06 20:19

こんにちわ。いつも楽しく読ませてもらってます。小泉首相いい仕事してますねー。この人が総理になって以来、これまで隠されていた日本のウミがどんどんさらけ出されてるような気がします。まさに時代の人ですね。それにしても朝日新聞は相変わらず。いったいいつまで売国報道を続けていくつもりでしょうか。

いつも私が読ませてもらっているブログですが、こちらのサイトも面白いです。http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/
元毎日新聞記者の方らしいですが、とてもそう思えないほど斬れのある記事を書かれているので、良かったら寄ってみてください。

投稿: パタリロ3世 | 2005/12/06 20:57

大空のサウラビさまにて。
反日クリオティペーパー、「朝日新聞」の素晴らしい記事がUpされています。
http://plaza.rakuten.co.jp/saurabi/diary/200512030002/

昭和43年7月13日(月)
<大半、自由意志で居住 外務省、在日朝鮮人で発表 戦時徴用は245人>
 在日朝鮮人の北朝鮮帰還をめぐって韓国側などで「在日朝鮮人の大半は戦時中に日本政府が強制労働をさせるためにつれてきたもので、いまでは不要になったため送還するのだ」との趣旨の中傷を行っているのに対し、外務省はこのほど「在日朝鮮人の引揚に関するいきさつ」について発表した。これによれば在日朝鮮人の総数は約六十一万人だが、このうち戦時中に徴用労務者として日本に来た者は二百四十五人にすぎないとされている。(以下略)

投稿: 奈菜氏 | 2005/12/06 21:12

 馬鹿な反日朝日が吠えれば吠えるほど、中韓が誤認識してしまうようです。朝日や東京新聞を読んで対日工作を研究しているふしがあるとか。 で、今回のように、訳のわからない行動をとり迷走するわけだ・・・・。
 最近、朝日って、間接的に中韓がおかしな行動を取るように誘導する工作になっているんじゃないか?と思って存在意義を見つけてしまいました。
非常に危険な考えではありますが、怒りを抑えるには、役立ちますよ。(笑

投稿: 岩手の田舎人 | 2005/12/06 21:58

岩手の田舎人 さん、
貴方の考える 「朝日って、間接的に中韓がおかしな行動を取るように誘導する工作になっているんじゃないか?」はいいですねえ。説得力ありますよ。そう考えるとスパイ映画を見ているようで、どんどん謎が解けてきそうですね。これは面白い!毎日新鮮な(良く洗った)無農薬野菜を食べていると頭が冴えるのですかね?(大笑い)今度少しわけてくださいな。最後に一つ言わせてください。 朝日くたばれ!

投稿: 冒険ダン吉 | 2005/12/06 22:35

東アジアの中では、日本・中国・韓国の3ヶ国が経済的には主要なアクターである。日・中・韓3国で、この地域のGDPの85%を占めている。したがって、この3ヶ国について考察するだけで、東アジアにおいてEUのようなコミュニティー(共同体)が不可能であることが解る。
北東アジア3国には、そういった共通の基盤がほとんどない。中国・韓国と我が国は千年近くにわたって実質的な交流がなかった。逆に韓国は、千年近くにわたって中国の「属国」だった。政治体制を見ても、中国は完璧な強権的独裁国家である。また、3国の近代史は、
中国と韓国の我が国に対する怨念の歴史でしかない。嫌でも陰謀である事は明白です。人口過剰を解消する手段として遺棄する事は過去からも明白。東南アジア地域には華僑という遺棄中国人が今では経済を牛耳る勢いで乗っ取りを図っています。
人口の巨大な異常に流出を狙ってる国に優位性を当てるのは馬鹿です。

投稿: ようちゃん | 2005/12/07 01:41

いつも、ブログを興味深く拝見させていただいております。何度も読み返してもいます。共感することばかりですが、大変勉強もさせていただいております。これからもがんばってください。

今回の話は、特に興味深いので、一言コメントさせていただきたいと思います。

とにかく、彼らには、わが国の首相の最大限の譲歩に気づき、そして考え改めるべきだと思います。日本をなめるのはもう終わりにするべきだ、と。

そして、もっとも悪しき状況である深刻な環境破壊については、自国の崩壊はもとより、地球の崩壊(人類の絶滅)につながることだと。

朝日に関しては、もはや絶句を通り越して何も言うことはありません。

投稿: たか | 2005/12/07 01:48

円安との声を耳にすることがありますが、1ドル120円前後(115-125円)の為替水準は、日本経済にとって最適の相場であります。この際、日本のメーカーは、China等での海外生産を考えるより、日本に回帰し、国内製造に一段と注力するチャンスです。米国は今年の12月までに米国へ資金を引き上げると税制の優遇制度をするとしてる政策でもう中国から逃げています。日本の金融がその米国の穴埋めをしてきましたが早く逃げないとバブル以上の大損をします。テレビで放映されて無かった中国の河川汚染、炭鉱の崩落事故、鳥インフルエンザの隠蔽事実が日本人に知らされ始めた事は赤信号です。次は中国に有る日本企業を人質にして台湾のキミ企業が経営者が拘禁拉致様態で脅迫された事件がおきますよ。投資が止まれば中国は崩壊するのです。

投稿: ようちゃん | 2005/12/07 02:00

管理人様今日は、いつも大変有意義に拝読をさせて頂いて下ります。中韓の両国の指導者(独裁者?)達の無為無策の為の日本攻撃には、飽きて来ました。しかし、相変わらずのアサヒ新聞の売国奴ぶりには、呆れるばかりです。まあ、小遣い(お車代)を朝鮮総連や、中韓大使館へ行って貰って来る輩ですから。考えてみれば、アサヒの記者達は、たかって国を売る連中ですネ。お里が知れる、左翼ゴッコの連中ですナ。幸せな連中です。

投稿: イノウエゴハン | 2005/12/07 10:41

「反中・反韓」で小泉さんの靖国参拝を支持してたけど... 中韓と日本が靖国参拝で激しく罵り合い、今までの日本の首相と違うというだけの安易な考えだけでは心配です。これはユダヤ人大富豪から仕組まれた猿芝居かもしれないのです。なんかおかしいー ユダヤ人大富豪、ロックフェラーつながりで、小泉さん応援すると北朝鮮を応援することになっちゃうってことにもなり、日本もユダヤ人大富豪に操られたと思っています。

>ウォール街のユダヤ人が、統一教会を介して、日米朝韓を実質支配している。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/wj.htm

>D.ロックフェラーさん、ネットを使った対日暴動の扇動、うまく いきましたね。中韓とも貴方の思い通りに反応してくれましたね。
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/tainichiboudou.htm

投稿: 嫌中国 | 2005/12/07 11:10

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
ホントに中韓の謂れなき非難には辟易ですね。
そういう国民が増えてきたと思いますよ。
小泉内閣が、ここまで強くなれたのも、そういう国民の「風」というか「空気」があるからだと思います。
「風」を読めない加藤氏や朝日。
ホントにバカです。

投稿: 坂 眞 | 2005/12/07 16:30

いつもいろいろと勉強させていただいております。

小泉さんの「中国の事情を尊重する」というコメントにうーんとうなりました。
「やるなー。コイズミ」
人が悪いというか、人を喰ったというか。
この一言がこれからの外交センスとしてはとっても大事だと思うのですが、新聞によってはこの手前までしか使っていないんですよね。
ここがおもしろいのにー。削るなよなー。センスのない新聞が多くて情けないです。

ところで、トップページが重すぎて、ほかのブログに比べて開くのに時間がかかります。過去の記事をトップにたくさん表示されているからかしらと思ってみたりしましたが、軽くしてくださると、ランキングのリンクから戻ってくるのもさくさくできてうれしいです。勝手なこと言ってすみません。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。

投稿: にゃん。 | 2005/12/08 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/7494756

この記事へのトラックバック一覧です: 重要なのは首脳会談ではない:

» 小泉総理 『延期?別にいいんじゃない?』 [やじざむらい的日々雑感]
 小泉総理の靖国参拝を問題視し、会談拒否などと意地を張り続ける中国と韓国。予定されていた東アジアサミットでの日中韓首脳会談を延期する旨、中国が発表したようです。まず、こち [続きを読む]

受信: 2005/12/06 18:21

» 「靖国は外交カードにならない」by小泉首相 [「感動創造カンパニー」ダスキン城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
[小泉首相]「靖国問題は外交カードにはならない」 小泉首相は、靖国は外交カードにならないときっぱり言い切った。 歴代総理大臣でここまで言い切った人がいただろうか。 参拝の時期や作法などで難点も指摘されるが、靖国参拝を継続し続けていることを評価しなければなら....... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 18:42

» ”延期で結構”から”経済断絶で結構”へ [差し迫る危機、そなえよ]
中国、韓国さん、 きっとまた トサカにきて おもしろい反応を示してくれる事を期待する。 ”「わたしはいつでもいいですけどね。向こう(中国)が延期する。それでも結構です」”とある。これって言いかたは、一見 控え目だが、 ”それでも結構です”というのは、日本として中朝などの屈折した議論を繰り返すのなら もうそれは”靖国カードは飽きてしまった”ので中朝会談など どうでもいい と言っているのと同じ。日本の政経は、中朝抜き... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 20:51

» (-@∀@)<中台は統一すべきだ [なんか良さげなあれこれと日々なんとなく思うこと]
今日も朝日は正常運転。 asahi.com :朝日新聞今日の朝刊-社説 小泉外交 対話の扉が閉じていく  戦後日本が近隣国との信頼関係を深めようと積み上げてきた外交の努力が、またひとつ、崩れてしまった。  今月中旬にマレーシアで開かれる東南アジア諸国連合(...... [続きを読む]

受信: 2005/12/06 22:58

» { 歴史メモ ] 支那は真っ先に九ヶ国条約を無視した。 [憂国メモランダム]
昭和戦前の満州事変や支那事変(日中戦争)などの対外行動を、日本の侵略と非難する戦後の見方は、また、満州事変や支那事変を、九ヶ国条約に対する、日本の違反として指摘もする。 しかし、その指摘は、明らかに一方的である。 なぜならば、支那(中国)自身が、列国に先駆けて、真っ先に、九ヶ国条約に、重大な違反をしているからだ。 この他、アメリカもイギリスも、日本よりも早く違反行為をしたことは、先に書いた。だが、支那を始め、こうした国々は、自分た... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 00:22

» ・中国を牽制し続ける小泉首相  〜変わる日本の外交姿勢〜 [アジアの真実]
東アジア首脳会議 自由・人権で中国牽制、首相演説の内容判明:産経  十四日にマレーシアのクアラルンプールで開かれる「東アジア首脳会議」の初会合で、小泉純一郎首相が行う基調演説の内容が三日、明らかになった。演説で小泉首相は、将来の東アジア共同体形成に向け、(...... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 00:42

» 電凸結果(【国】+【自治体】)×【耐震不足マンション】=【総研関与企業・慌てる乞食への不当利益供与】 [百年祭りの観察]
まったくもって腹立たしい。政府がついに構造計算偽造マンションに関する住民への支援対策を決定してしまった。血税が、あまりにもお粗末に使われようとしている。 早速、国土交通省住宅局市街地建築課(03-5253-8515)へ電凸を実施した。 この事件に関する対応は、前...... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 05:01

» ●「靖国は外交カードじゃない」 何度お前らに言えば分かるんだ(´A`)  [摩訶不思議なるマツリゴト]
昨日の小泉さんの靖国に関してのコメントは、中韓に対するこれでもかというダメ押しで、なんとも愉快、痛快な気分でございました。 ここ数日の冬の寒さも一気に吹っ飛びましたね。 折角なので朝日の記事からでも引用しましょうか(笑) 首相、会談延期で対中批判....... [続きを読む]

受信: 2005/12/07 12:28

« 親日派のための正論 | トップページ | 子供の送迎にパトカー流用 »