« 潘基文氏を支持しない米国 | トップページ | 韓国の“釜ジョーク” »

2006/01/19

世界の奴隷工場:中国

私は、「グローバリゼーション」の恩恵をもっとも受けているのは中国だと思う。貿易総額は国内総生産(GDP)の70%を占め、貿易黒字は1019億ドル(約12兆円)にのぼる。
こんな中国を「世界の工場」と呼び、賞賛する向きがあるが、私にはまったく理解できない。中国のやっていることは「デフレの輸出」であり「ソーシャルダンピング」である。生産現場の実態は奴隷であり、まるで我が国の戦前における「女工哀史」と同じである。
この奴隷によって、中共の特権官僚や一部の特権階級が私腹を肥やしている。
一方において「盲流」あるいは「黒人」とも呼ばれる無戸籍の「民工」が悲惨な状況に
置かれ、我が国や欧米の者が職を奪われている。

我が国も昭和初期に、「ソーシャルダンピング」ということで繊維産業が国際社会から
厳しく指弾された。その結果、女子の深夜の禁止規定や危険有害業務の就業制限規定を1929年(昭和4年)に施行せざるをえなくなった。逆に言えば、我が国は「ソーシャルダンピング批判」に対して、条件を改善するという形で応えたのである。
そして戦後になると、基準法や組合法、最低賃金法などが制定され、者の権利や環境が大幅に改善された。

国際社会は、今の中国に対しても「ソーシャルダンピング」という批判をもっと加えるべきである。劣悪な条件で国際競争力を強めていることを厳しく指弾するべきである。
単に人民元の切り上げを求めるだけでは歪(ひず)みは是正されない。かえって中国内における条件や環境の悪化を招きかねない。

幸い、欧州連合(EU)でそのような動きが出てきた。EUも貿易不均衡に対して人民元の切り上げを求め、緊急輸入制限(セーフガード)などの対抗措置をチラつかせているが、いよいよ中国内における劣悪な条件まで踏み込み始めた。


【ロンドン=蔭山実】欧州連合(EU)が中国との最大の貿易相手になる勢いをみせる中で、安価な中国製品の製造現場の劣悪さが報告され、英小売企業に衝撃を与えている。輸入業者の立場からも、過酷な長時間やきわめて安い給与といった環境に改善を求めるべきだとの声も出始めた。生産者の保護を目指す「フェアトレード」精神の旺盛な英国だけに波紋を広げそうだ。

英小売チェーンの「マークス・アンド・スペンサー」や、スウェーデンの家具小売チェーン「IKEA」などの小売大手企業が委託した中国の民間製造業の現場調査結果がまとまり、欧州市場に大量に流れ込んできている中国製の繊維製品や玩具、家電製品などの製造実態が明らかになった。

英紙インディペンデントが報じた調査結果によると、中国の民間の製造工場では時間は一日あたり14時間で、休みは月1日、月給は50ポンド(約1万円)以下と判明した。これは国際機関(ILO)の基準に違反しているだけでなく、中国の法律にも違反しているという。

中国政府も民間企業の8割が者の人権を侵害していると認めたともいう。とくに
南部の保税区では者の安全基準に満たず、作業中の事故死は英国の少なくとも
12倍で一日に13人が作業中に重傷を負っていると同紙は伝えた。
(以下略)

劣悪な中国の環境 英企業衝撃、改善求める声も
(2006/1/18 フジサンケイ ビジネスアイ)

時間は一日あたり14時間で、休みは月1日、月給は50ポンド(約1万円)以下。
作業中の事故死は英国の少なくとも12倍で一日に13人が作業中に重傷を負っている・・・
昨年の12月18日までに生産現場で発生した事故(労災)は、69万1057件で労災死者は11万9827人。この数字を、GDP比で我が国に適用すると、200万件以上の労災事故が起こり、36万人が死んだことになる。何ともすさまじい数だ。
中国国家安全生産監督管理総局の李毅中局長は、事故多発の原因について「管理が低下し幹部の考え方がまひしている」と指摘している。上記の記事中にも「中国政府も民間企業の8割が者の人権を侵害していると認めた」とある。つまり、中共政府の幹部もサジを投げているのである。
「幹部の考え方がまひしている」=労災事故は当たり前、者が負傷したり死んだりするのは仕方がない。要は、儲かりさえすればよい、ということだ。

まさに奴隷工場、奴隷。こんな環境で作られた製品を、「安い安い」とありがたがって購入しているのが先進国の消費者(私も含む)である。
100均ショップに並ぶ商品のほとんどが、この手の製品ではないか。我が国の小売
(輸入)業者も、中国企業に環境の改善を求めるべきである。

※我が家は、ユニクロと100均ショップでは買い物をしないと決めている。私は、スーパーや紳士服安売り店でスーツやシャツを買わない。
「made in China」と表示されているものは絶対に買わない。が、それでも中国製品を
知らずに手にしていると思う。

できるだけmade in Chinaは買わないようにしよう!

【追記】
重要なニュースを見落していた。ドイツのメルケル新政権の対米、対中外交のスタンスである。読者の方から情報をいただいたので転載する。


【ワシントン13日共同】ドイツのメルケル首相は13日にブッシュ米大統領と初会談した後の共同記者会見で、イラク戦争をめぐり対立した両国は「新たな一章に入る」と関係修復を宣言。大統領も「良好な関係が築けると確信する」と応じた。
イラク戦争に反対したシュレーダー前首相に代わり、昨年11月に就任したメルケル首相の第一印象について、大統領は「信じられないほど好感を持った」と語り、「賢くて能力にあふれ、気迫がある」とべた褒め。
旧東ドイツで育った首相に大きな関心を示し「(東ドイツという)圧政国家と自由社会の違いを知る人と話すと気分が高揚する」と述べた。
一方、メルケル首相は、米国との関係について「テロとの戦いだけではなく(幅広い)共通利益に基づくべきだ」と指摘。「われわれにはルールに従わない中国のような競争相手がいる」と話し、中国への対応で連携を呼び掛けた。

独首相、関係修復を宣言 米大統領はべた褒め

われわれにはルールに従わない中国のような競争相手がいる
まさにズバリである。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑中共体制に怒りを感じる方は
  クリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑よろしければ、ココもクリック願います。

|

« 潘基文氏を支持しない米国 | トップページ | 韓国の“釜ジョーク” »

中国(社会)」カテゴリの記事

コメント

 囚人を使って偽ブランド品の大量生産をやらせているのは有名な話。人件費0ですよ。そんなもんと競争するなんてバカげてる。
 私も中国製は買いません。もしその商品に中国製しかなければ、生命を維持するのに必要かどうかという判断をして、買うかどうかを決めようと思っています。その商品がなければ死ぬかもしれない。しかし中国製しかない。それを中国製購入の基準にします。
 まぁ、肩肘張らずにわかる範囲で実行すればいいんじゃないですか。それでもきっと効果があります。

投稿: duzhe | 2006/01/19 14:36

こんにちは。
先日スーパーにキムチを買いに行ったところ、皆さんキムチのビンを手にとって「産地」を確認しておりましたが、誰一人として買う人はいなかったですね。変だな、と思って私も確認して見たのですが、残っていたのは全て中国と韓国製でございました。なるほどと納得!
また牛丼チェーン店も中国産の牛肉を扱っているところには絶対に入らないようにしています。不覚にも先日○○屋と××屋を間違えて入ってしまいましたが…。(笑)

投稿: ヨン様 | 2006/01/19 14:39

↑竹の子入りのM屋ですね。

ロハも有るデヨ!
『大紀元 - 世界トップ金融機関が投資、中国で奴隷労働製品を製造』
http://www.epochtimes.jp/jp/2005/08/html/d90437.html

↓製造元要チェック!!
(`ハ´ )ハタラケ(`ハ´ )ハタラケ(`ハ´ )ハタラケ(`ハ´ )ハタラケ
なくそう北京五輪グッズ! 売らない 買わない 貰わない
(´∀`)金クレ (´∀`)休ミクレ (´∀`)金クレ (´∀`)休ミクレ

投稿: 御御御付け(合わせ希望) | 2006/01/19 15:03

maide in China は、maid+madeなんですね。

いつも、精力的な更新に感心しつつ、勉強させて頂いております。
中国の毒菜やウーロン茶は買わないように、注意してきましたが、衣類は ちと ツライです。今までの衣類はほとんど中国製で、我ながら苦笑しています。ユニクロもヘビーユーザーでしたが、これは、改めたいと思います。
今年のお正月は、中国方面で仕事をしている兄から『北京ダック』をもらい、苦労しました。『アジアの安全な食べ物』のブログを見てしまった私としては、食べるのが怖い気が...。結局、つついて終わりでした。兄が仕事で接する中国人の印象は、”恐ろしく国を信用してない。同じ中国人さえも。自分のわずかな周囲しか信用していない””拝金主義”だそうです。

投稿: リーベ | 2006/01/19 15:13

記事と関係なくて申し訳ありませんがなにやらクリントイーストウッド監督で南京虐殺を扱ったハリウッド映画を作るらしいです。
また捏造が世界中にバラまかれると思うと非常に悔しい。なんとかならないでしょうか?
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20060118i312.htm

投稿: 通りすがり | 2006/01/19 15:34

私には75歳の母親がいます。先日あまりにも中国製の衣料品が多いので、なぜ日本製がないのかと問屋風の男に食ってかかっていました。その男が「あんたねえ、今どき日本製といっても、中国で服をつくらせて、ボタンだけを日本でつけた製品でも立派な日本製なんだよ。」と言っていました。資本主義は水が高い所から低い所に流れるように「賃金が安くて質の良い物を作る国」を探して動くバケモノのようなものです。しかし中国に関してはブッシュとメルケルが「ルールを守らない中国」と名指しで非難したように、今後も批判は広がるばかりでしょう。10年ルール(10年雇用すると解雇できない)や日本企業を狙った賃金の値上げもあり、環境汚染も合わせて中国での生産は曲り角に来ているわけです。
「中国産の衣料品や食品、工業製品を極力購入しない」は管理人さんの御指摘のように、これからの日本人の常識です。ついでに言えば、韓国製の衣料品なども購入していないし、これからも最低限しか買わないつもりでいます。

投稿: 普通の国民 | 2006/01/19 15:58

何か「大正時代」の話のようですね、”女工哀史”なんて読んだ事が有りますね。
小生はユニクロは買わない、矢張り自分に合う洋服であり、シャツが長持ちして良いんじゃないですか。

投稿: 猪 | 2006/01/19 18:23

私は100均ショップにいきます。100均ショップには、地方の特産技術を生かした日本製や、東南アジアで過剰生産されたもの、さらに欧米の倒産品なども結構ありますよ。私も中国製は買いませんが。

投稿: 未定 | 2006/01/19 21:40

最近の日本製の衣料には、一目で日本製とわかるよう大きなステッカーが貼ってあります。差別化を図っているのでしょうか。
今日私が購入してきた肌着にも、大きく日本製と書かれたステッカーが貼ってありました。
ステッカーには「誇りと責任の証、日本製」「日本製、高品質へのこだわり」と書かれています。中国製の衣料に押されっぱなしの日本のメーカーですが、物つくりへのこだわりとメーカーの意気込みが伝わってくるようです。

投稿: さら | 2006/01/19 22:38

>通りすがりさん

その映画に出演予定のメリル・ストリープは昨年3月、国連本部で日本の女性差別を槍玉に挙げた女優ですね。
私のブログでも取り上げたことがあるので、一部抜粋します。

「今年の3月国連本部で、かつての人気女優メリル・ストリープが日本の女の半年間再婚禁止という些事を女性差別と非難したが、その他の批判は「アルジェリアやスーダン、イエメンでは妻が夫に服従するよう法律で定められ、ナイジェリアでは夫が妻の過ちを正すために殴ることが法で認められている」と列挙。イランやアメリカと友好関係にあり、女に選挙権もないサウジのような産油国の名がないのは笑える。あの女優にそれほど学があったというより、完全に誰かの入れ知恵だろう。特に国連の「女性の地位委員会」などは左派の牙城で有名」
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/adea46b1a4e1b1df041fa6adee2cddba

中共の御用女優だったのですね(笑)。

投稿: mugi | 2006/01/19 23:27

メルケル最高です。

デフレ輸出国との形容、正鵠的を射ています。私も、ことあるごとに使っていこうと思います。

いつか、この奴隷工場を利用して私腹を肥やしている共産党幹部や、その「共犯」である
我が日本の強欲企業も、高い代償を払わされることに
なるでしょう。

投稿: ろろ | 2006/01/20 00:36

 さーて、股のスレたズボンをどうするか・・・それが問題か。自転車で長距離走るもんでどんなズボンでも速攻でスレる。やっぱスーパーとかウニクロじゃなくて米国産を買うべきかねぇ。あっちの衣類はとにかく堅い。使うほどに味が出るのも良いところ。でも高い・・・orz

 すっかり中国価格に慣れさせられた事を実感します。まー価格が3倍でも5倍長持ちするならそれでOKな気もするので最近はもっぱらアメリカ産。但し、自分にはなかなか似合わないのでかなり不格好。この際、男を磨くしか?

投稿: RARTY | 2006/01/20 05:23

流石は拝金主義民族の漢民族!って感じです。
金儲けの為なら人の迷惑もなんのその!
こと金銭に関してはこれほど睡棄すべき民族は
居ません( ゚Д゚)、ペッ!! 

拝金主義では世界を席巻できない事をこいつらに
思い知らせてやるべきです。世界の人々は。

投稿: abusan | 2006/01/20 13:02

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

>メルケル最高です。

同感!

>なにやらクリントイーストウッド監督で南京虐殺を扱ったハリウッド映画を作るらしいです。

これは中国のロビー活動とプロパガンダの成果です。
カリフォルニア州で、中高校の歴史教育に、「南京大虐殺」を義務付ける法案が可決されたのもそう(シュワ知事が拒否)。
日本の外務省は大きく出遅れています。

投稿: 坂 眞 | 2006/01/20 13:44

「中国の中央政府のガバナンスが機能せず、経済が破綻し、環境が劣化し、人民解放軍の暴走が始まる近未来を「予測」し」、「「そのような事態」が到来することへの彼らの「期待」(ほとんど「願望」)が伏流している」中国専門家というのは、一体どこに存在しているのであろうか。

 少なくとも私の周辺の中国研究者にはそういう「期待」を口に出したり文章に書いたりしている人物は一人もいない。

中国の将来に関する予測(あるいは期待)は、学術的なバックボーンがある「専門家」ならまず(少なくとも「学術的な」媒体では)書きはしないような文章なのである。

http://d.hatena.ne.jp/kaikaji/20060118#p1

偉大なる梶ピエール大先生サマはこうおっしゃっています。
学術的なバックボーンのない「専門家」と断定された依存症サンのご感想は?

投稿: っs | 2006/01/20 15:50

っsさん
参考になる記事をリンクしてくれてありがとう。

偉大なる梶ピエール大先生サマは次のようにも書いています。

さて、上述のような書き方から、私がアカデミックな研究者(専門家)の分析は客観的で全幅の信頼を寄せてよいが、「オピニオン・メーカー」の言っていることはいい加減で無視してもよい、と考えているように思われるかもしれないが、それは正しくない。アカデミシャンにはアカデミシャンの問題が存在する。というのも、確かにアカデミシャンの分析は部分的には「客観的正しさ」をもっているかもしれないが、だからといってそれは必ずしも「主観的な正しさ」を提供してくれるとは限らないからである。

「主観的な正しさ」を提供しない、とはどういうことか。まず、中国研究の領域も細分化が進んでおり、ある限られた領域では客観的な知識が得られていても、それらを総合して全体的な評価を行おうとするとうまくいかない、あるいはあえてそのような「全体」を語ろうとする人がなかなかいない、ということがある。そして、このために中国とどう付き合うか、あるいは中国に関係するさまざまな問題についてどう考えればいいのかという点について、個々の客観的な分析を踏まえた全体的な価値判断が、なかなか一般の人々に納得できる形で提供されない、という結果が生じる。

そしてここに、中国問題に関する「オピニオン・メイカー」達が活躍する余地が出てくる。彼ら/彼女らは、アカデミックな研究者がなかなか提供できない全体的かつ主観的な価値判断を、一般の人々の心に届く形で提供してくれるからである。いわば、個別の現象の分析に関する「専門知」と、全体的な価値判断という「世間知」との間の断絶という、恐らく他の社会科学にも見られるであろう問題が現代中国論の領域にも存在しているのだ。

>彼ら/彼女らは、アカデミックな研究者がなかなか提供できない全体的かつ主観的な価値判断を、一般の人々の心に届く形で提供してくれるからである。


まあ、「世間知」=主観的な価値判断という捉え方は疑問が残りますが、「専門知」は単眼的で全体が見えていないとも読めます。
であれば、○ですね。

投稿: 坂 眞 | 2006/01/20 16:26

ご返事ありがとうございます。
頭の悪い自分には、大学者サマ=梶ピエール大センセイの御立派な文章が結論として何を言いたいのかさっぱり理解できなかったので、坂さんならどう読まれたかお聞きしたかったのです。

投稿: っs | 2006/01/20 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/8231190

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の奴隷工場:中国:

» 無防備地域宣言の虚構 [紫電のぐだぐだ不定期ブログ]
「武器を持たない、抵抗もしない、軍に関わる施設も置かない、だから戦争が起きても攻 [続きを読む]

受信: 2006/01/19 15:50

» 北朝鮮:金総書記訪中 中国の発展を絶賛 「改革・開放政策は正しい」 [音楽と日々之雑感]
金正日さん、中国視察を終えたそうです。   「視察を通じ、強い印象を受けた。収穫 [続きを読む]

受信: 2006/01/19 19:35

» 高度な感性が要求される(南京事件@ハリウッド) [時事を考える]
南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演とのこと、こういう映画が一番ヤ [続きを読む]

受信: 2006/01/21 20:11

« 潘基文氏を支持しない米国 | トップページ | 韓国の“釜ジョーク” »