« 噴火口上の中国 | トップページ | 外国人者の受け入れに反対する! »

2006/02/09

中国農村女性の悲しき運命

現代中国で何が起こっているか」という、要 紘一郎氏のHOME PAGEがある。
広東省の週刊紙で、中国メディアの良心とも呼ばれる「南方週末」の記事を翻訳したものが中心。2000年から2006年までの主要な記事が翻訳されており、現代中国の市民レベルの実態を知るうえで非常に役に立つ。私も、このブログで何度か記事を引用させてもらった。

以下の記事は、今年の1月5日に「南方週末」に掲載された、現代中国の農村女性の、一つの典型的な生き様である。
中国の農村、社会制度、女性の地位、男や女の意識などを知るうえで大変興味深い。全文引用させていただく。


阿珍、彼女は江西省の有る貧しい村で生まれた。幼少時に母を亡くし、3才と生まれてすぐの二人の弟が居た。母の死後10年以上経つが、お金がなくて父は後添えを迎えることができなかった。そして遊び場の女性を相手にしたり、酒におぼれるような日々を
送っていた。稼いだ金は全て酒に注ぐような毎日で、女性との間にもめ事が絶えなかった。

阿珍が6才になるともう一人前として食事の用意や洗濯を任された。鼻水を垂らした
二人の弟も彼女が面倒を見た。阿珍は小学校だけは出た。学校の先生はそのことを
とても残念がってくれた。「このような元気で将来性の有る子供が学校に行けないなんて、何という不幸なんだろう」と。

13才になると男性のように今度は薪割りや田植え、芝刈り、稲もみなども手伝わされた。
毎日の仕事は正に“重く苦しい”ものであった。それでも彼女は大人の女として身体は大きくなっていった。
ある夜、村の一人の男と遊んだ。しかしその男は直ぐに相手を変えた。

16才の正月の3日目、破れた戸口に一人の身なりの好くない目の鋭い男が立っていた。
父が「弟たちも次第に大きくなってお金がだんだん多く必要になってきた。お前はあの男と一緒に女廊に行って働け」と命令した。
阿珍の心は驚きと不安とそして、“やっぱり現在の環境から逃げられる”という考えが
湧いてきて、その男に従った。
父からは毎日のように殴られる生活であったのだ。

阿珍は言う。他の人から見れば私達の商売はお金が大きく動き、仕事の中身も簡単に見えるかも知れない。しかし私は毎日のように泣きました。どの男も狼のように私を扱いました。
男達から毎日身体を求められ、しかしそこにはどんな愛情もなかった。
阿珍が18歳の時、女郎に初めて来たという男が見えた。その男はとても緊張していた。
阿珍はその男が好きになった。しかしその男は実際には良い点は何もなかったのだ。喧嘩早く、ほらを吹き、威張り、お金を簡単に消費した。阿珍がその男を好きになったのは、最初の初々しいと思えた第一印象の為であった。
阿珍は職業上多くの衣服を持っていた。求められるまま、それらを売ってその男に貢いだのだ。

阿珍には“愛情”とはどんなものか、まだ全く分かっていなかったのだ。しかしその男に捧げることが、阿珍にとっては大切な“愛情”であった。
そして6年前、記者が阿珍に出会った頃、その男が喧嘩をし、相手を植物人間にし、
投獄され15年の刑を受けることになった。
そこでその男との縁も途切れた。

阿珍はお金を貯めては男に捧げていたので、ほとんど残っていなかったが、それからは何とかその男を救出しようと努力してもみた。
その男がこれまで喧嘩をするとき、阿珍は地面に跪いて止めようとしたものだ。そんな彼女の願いは報われなかった。それも「運命だ」と彼女は言う。

阿珍は正月が来ても家に帰らない。帰ればきっと父に殴られるだろう。そして今では
弟たちも誰も家にはいない。かつての男とも今となっては、ただ苦痛の想い出だけが
残っている。

阿珍は3年も経てば、どこか遠くへ嫁に行って、そしてもう再び男に弄ばれるようなことはなくなるだろう、と言う。
その3年で貯めるお金のことを考えた。
彼女は1年で3万元程貯蓄できる。父に家を建てるために4万元与え、弟にも3万元与えて結婚させ、そして残りは自分の将来の夫に提供する。
ふしだらな男にお金を捧げることはもうしません、と誓う彼女。しかし彼女の説明する
貯金の提供先は、父、弟、将来の夫で、どれも“男”だ。

その採訪から1年して私は阿珍から便りを受けた。彼女は公安の手入れで捕まり、罰金として数千元取られた。そしてその街で働けなくなり、違う街へ移ったという。

そして又1年して彼女から連絡が来た。
ついに彼女の念願の日が来たのだ。嫁入り先が決まったのだ。それは生まれた土地から相当離れた村であった。
彼女は父に家を買った。弟にもお金を渡し、村の嫁を貰う手はずが整った。
そして彼女の2番目の弟が20才になり村に好きな娘ができた。しかし婚約に必要な
数万元というお金ができず、今はそこまでは援助できないと言う。

ここで阿珍の話は終わる。彼女の物語は、まさに涙なしには聞けない苦痛に満ちている。最後には故郷から遠く離れたところへ嫁に行った。
でも、こんな言い方を許して欲しい。彼女は勾麗と比べればすっと幸福な人生ではないだろうか。
彼女の受けた傷は命には別状がなかったのだ。新しい生活が始まり、それは過去を
消してくれるのだ。
彼女の幸せを祈る!

勾麗や阿珍 (2006/01/05 南方週末 王文)

なお、「勾麗」という女性については「娼婦の生前日記が悲しき運命を語る」というタイトルの記事を参照されたい。

今の中共体制の下(もと)にある中国は、共産主義とは無縁の社会。実態は、弱肉強食の資本主義社会である。
その一方において、とくに農村部では封建色が強く残り前時代的。そして貧しい。こういう社会では、常に女性が、家族が生きていくための犠牲にされる。
そして女性は、その立場を甘んじて受ける。

戦前の我が国がそうであった。とくに昭和初期の、昭和恐慌と凶作というダブルパンチに見舞われた東北地方の農村では、娘の身売りが後を絶たなかった。
昭和9年、山形県のある地方では、9万人の人口があったが、そこで2000人もの娘が村々から消えたという。農村の壊滅的な貧困と男尊女卑。これが、女性に「家族が生きていくための犠牲」を強いるのである。

この農村の悲惨な状況が、昭和11年の青年将校による2.26事件の原因の一つに
なったと云われる。兵隊の姉や妹が、続々と身売りされたからである。

幸い今の我が国は、豊かで自由で民主的である。「家族が生きていくために娘を売る」なんてことは、まずない。
が、現代中国では、一部では繁栄を謳歌しているが、取り残された地域は、70~80年前の我が国と同様の状態にあるということだ。
今の中国において、都市者の平均的賃金は1月1,000元前後(1,5000円)。しかし農民の収入は、1日働いて約10元(150円)、1月300元(4,500円)程度にすぎない。
しかも農民は、法令に定めのない各種の税金を徴収され、ときにはタダ同然で土地を
取り上げられる。

中共当局は、「三農問題」の解決」を声高に叫んでいる。「三農問題」とは、「農民」
「農村」「農業」の問題。その目指すものを具体的に列挙すると、「農業の振興」「農村の経済成長」「農民の所得増と負担減」である。
これは、胡錦濤が中国共産党総書記に就任した2003年から、中国共産党の政治上のテーマとして正式に取り上げられるようになった。

しかし、昨年、中国で起こった暴動や騒乱は8万7千件にのぼる(中国公安省)。発生
件数は、2004年に比べて6.6%増と確実に増えている。当局の土地収用に反対する
農民の抗議行動が主で、毎日238件起きていることになる。
この深刻な事態に対し、中国・広東省トップの張徳江・共産党省委員会書記(党中央政治局員兼務)は19日、党や政府の当局者が土地収用など不動産開発に関与することを禁止し、違反した場合はただちに免職する方針を示した(06年1月21日 読売新聞)。
中央政府の温家宝首相も、昨年末に開催された中央農村工作会議で「農民の民主的権利を守り、物質的な利益をも与えなければならない」としたうえで、「農村の生活の質を高め、公正さと正義を保証することこそが、極めて重要なことであり、緊急の責務だ」と強調した(新華社電)。
そして、われわれは歴史的な過ちを犯すことはできないと指摘し、
危機感をあらわにしている。

一昨日の讀賣新聞朝刊【膨張中国】において、中国人の研究員・何清漣氏(元「深圳法制報」記者)は、「胡錦涛時代になると、問題を根本的に解決できないと(中共指導部は)悟った。(だから)指導部は、民衆を愛しているという演出と、党への脅威と感じる
批判や行動を抑圧することだけに専念している」と指摘している。
そして今の中国は出口のない状態であると・・・

つまり「三農問題」は、いつまで経っても解決できず、阿珍さんのような農村女性の悲劇は、これからもなくなることはない。

私は、過去のエントリー「世界の奴隷工場:中国」で、中国の工場における出稼ぎ者の悲惨な実態は、まるで我が国の戦前における「女工哀史」と同じと書いた。
そしてまた、本日、中国における農民の悲惨な実態は、まるで我が国の戦前における農村と同じか、それ以下と書かねばならない。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じたら
  クリックをお願いします。

日本ブログ大賞2006にエントリーしています。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑よろしければ、ココもクリック願います。

|

« 噴火口上の中国 | トップページ | 外国人者の受け入れに反対する! »

中国(社会)」カテゴリの記事

コメント

いつも力強い更新、お疲れ様です。
 信じられないような低価格のメイドインチャイナですが、それらを購入する我々は、間接的に奴隷を雇っているようなものなのですね。特に農民は悲惨そのものですよ。
 朝日新聞や東京新聞のアホな編集者諸氏に多い中国礼賛論者の一見良識あるような主張が、現実を無視した空論であり、人権を軽視した唾棄に値する記事を垂れ流しているのかはらわたに刺さりました。この現実をしっかり報道してもらいたいものです。

投稿: SAKAKI | 2006/02/09 16:10

こういった問題は単に中共の問題では済まないですね。
タイの様に比較的経済力のある国ですら、未だに
こういう問題が根強く残っています。

こういった人身売買売春問題は単に中共政府を
猛批判するだけでは済まず、我々先進国の国民も
真摯に受け止めなければいけません。

投稿: abusan | 2006/02/09 21:27

こんばんは。

拝見して胸の痛くなるような内容でしたが、戦前の日本の東北も悲惨な娘の身売りがありました。
しかし、中国では一人っ子政策のため、特に農村では女児がかなり間引きされているとも聞きました。そのため男女比のバランスが崩れ、他方では誘拐も起きているとか。

投稿: mugi | 2006/02/09 22:10

前にも書きましたが、中国という国は「都市戸籍者」と言う市民と「農村戸籍者」という奴隷からなる国家と考えるべきです。北朝鮮の場合は、これが「核心階層」という貴族、「動揺階層」という平民、「敵対階層」という奴隷、「政治犯」という家畜による国家、になるようです。

「共産党」は「労働者と農民の党」のはずです。これほど看板と中身が違うものも他にないでしょうね。

毛沢東は「農村が都市を包囲する」と言ったと記憶します。新たな毛沢東、新たな革命が必要な時期になっているようです。

投稿: おやじ | 2006/02/09 22:22

更新ご苦労様です。
ところで、二・二六事件ですが、 坂さんなら血が騒ぐんじゃないですか?(笑
昭和11年2月26日午前5時 合言葉は「尊皇-討奸」。
軍によるクーデター未遂であって、とんでもない事件と習ったような気がしてたんですが、この頃出会った記事が有りまして認識を変えました。
政治・官僚(軍部含む)の腐敗振りに憤った青年将校たち。結果・手段はともあれ、背景や彼らの心情・事件後に取られた対応などは歴史的事実として知っておくべきだなと思いました。
私のような歴史知らずは一読を。(手間はかかりませんから。)
↓二・二六事件
http://homer.pro.tok2.com/sub8-66(226).htm

あと、miguさん指摘の男女比ですが、韓国も男のほうが多く生きているそうですよ。
↓男女別年齢別人口の分布(日本、韓国)
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/8900.html
これは、何を物語っているのか・・・。あまり言いたくないですわ。

投稿: 岩手の田舎人 | 2006/02/09 22:45

面白い企画のお知らせです。
媚中派のドン・二階俊博がインターネットテレビとやらに
のこのこ面を出すようです。
この機会に、官邸に二階の文句を言ってみませんか?

私は、早速東シナ海ガス田と、江沢民の石碑のことで
書き込みしてきました。(笑)

(以下引用)

読者より】媚中派の二階大臣に質問しよう

下記は小泉内閣メールマガジンの記事ですが、二階大臣への質問を募集しているそう
です。日本中に江沢民の記念碑を建てようとしたり、東シナ海のガス田試掘の許可を
取り止めたりした究極の媚中派ですが、なぜ中国に日本を売りたがるのか聞い
てみようと思います。また台湾に関する問題でも、やはり中国の台湾併合には賛成で
すかと聞いて見ます。日本を売る位だから台湾も売るのでしょうかと聞きます。二階
大臣に取り上げられなくても、官邸は読んで、二階が国民から軽蔑されていることが
わかるでしょう。チャンスです。敬具

--------------------------------------------------------------------
[政府インターネットテレビ番組ガイド]

●お知らせ
 <6CH>大臣のほんね
二階経済産業大臣が登場します。
   二階大臣に聞いてみたいことをお寄せください。
    「テーマ」欄に「二階大臣に質問」とご記入ください。
    100字以内で、2月11日(土)までにお願いします。

   ご記入はこちら http://www.kantei.go.jp/jp/forms/dokusha.html

※ 政府インターネットテレビ
http://nettv.gov-online.go.jp/

投稿: ろろ | 2006/02/10 00:06

こんばんは、坂眞さん。

今回のエントリーにつきましては、要因の一つに中共の政治の失敗(貧富の格差)はあるにしても、中共のみ責めるだけでは解決できないと思われます。
他の方も仰っていますが、我が国でも戦前、田舎での娘売りもありました。しかし、裕福になってきた我が国では身売りはほとんどなくなっているものの、売春も少なくないですね。

こういうコメントは、今回のエントリーに相応しくないかもしれませんが、我が国でも売春も少なく、感染者も増加しています。それには、多大な要因があるものの、中国を見て、笑っていられる問題ではないと思います。

また、現在の教育では、男女の区別もできるだけ廃止し、性教育も小さい頃から教えるそうです。例えば、性的感染や妊娠を防ぐ為に、コンドーム等の使い方も教えるそうですが、本当に大事な事は、避妊よりも安易に性交渉に望まないように教育すべきではないでしょうか?
(快楽を楽しむ方法よりも、それに伴うリスクを十二分に知ることが先ではないかと思います)

日本の自称知識人は、日本は欧米に遅れているといいますが。シラク大統領は素晴らしい提案しています。本当にかの国は自由と人権の国と思えます(でも、何故か、その自由と人権の国でも暴動は起きるのですが、、、)。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051201-00000030-san-int

相応しくないコメントで申し訳ないです。不要と判断されたのでしたら、削除願います。

投稿: Mars | 2006/02/10 01:46

「出口がない」ということは後はクラッシュするだけ、ですか。

投稿: 煬帝 | 2006/02/10 03:09

>おやじ さん
この前「マオ 誰も知らなかった毛沢東」という本を読んですごくびっくりしたんですが、中国共産党が「労働者と農民の党」であったことは、中共成立以来一度もなかったそうです。
ついでに、毛沢東が農村を重視したことも、ほとんどなかったらしいです。

久しぶりに面白い本を読んだなあって感じられた本でした。
よろしければ、一度読んでみてください。

>Mars さん
「安易に性交渉に望まないように教育す」ることは大事だと思いますが、それは学校で教えられることなのでしょうか。
また、若者のそういった風潮は、リスクを知るだけでストップがかけられるものでしょうか。

私はそういったことは、我々大人が先に立って模範を示すべきものだと考えます。
子供は社会(大人たち)を映す鏡だそうです。
「社会がそういう風だから子供たちも自然にそうなる」というのが理想なんじゃないかな。
まあ、現状ではそれがとても難しいのはよくわかっていますが。

表現は難しいんですが、ある意味で日本は中国(の農村部)を見習うべきなんじゃないか、と感じます。
6歳にして一家を支えるなんて、日本じゃ考えられないですよね。
貧しい環境だと甘えが許されず、男女の役割分担もはっきりするんだと思います。
反対にある程度裕福だと、甘える余地が生まれ、いろいろと自然に逆らった在り方が許容されるようになります。
晩成化というと聞こえがいいですが、30にもなって親のスネをかじってる人たちも増えてるそうです。
今の日本に必要なのは、一本筋の通った緊張感なんじゃないかなあ。

それにしても、フランスはすごいことを考えますね。
それは違うだろって突っ込みたいところですが、どう間違ってるのか説明しにくいところがもどかしいです。

投稿: bach | 2006/02/10 16:31

皆さん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

このエントリーは、若い娘の身売りや売春について書いたものではありません。
労働者と農民の党を標榜し、世界一の外貨準備と貿易黒字を誇る国の実態を知ってもらいたかったのです。
有人宇宙船を飛ばし、SLBMを配備し、海洋型海軍を着々と築き上げる。
が、その裏には、我が国の70年以上前と同様の、都市部の奴隷労働と農村の壊滅的な貧困が横たわっている。
中共の、中共による、中共のための政治。
すべては共産党官僚のためにある。
これが今の中国です。

投稿: 坂 眞 | 2006/02/10 19:36

>坂 眞 様
いつも更新おつかれさまです。
上で、記事に関係ないコメントを書いてしまって申し訳ありませんでした。
不要と判断されましたら、お手数ですが削除をお願いいたします。

投稿: bach | 2006/02/10 21:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/8578279

この記事へのトラックバック一覧です: 中国農村女性の悲しき運命:

» 甘ったれるな支那 [電脳空間「高天原」]
「指導者として不適切」 唐氏発言で安倍長官 (共同通信) - goo ニュース  安倍晋三官房長官は9日午前の記者会見で、中国の唐家セン国務委員(前外相)が小泉純一郎首相には期待していないとの発言をしたことに対し「一国の指導者の発言としては不適切だ」と強い不快感を表明した。----------------------------------------------------------- あれは彼らの腹立ち紛れの一言でしょうね�... [続きを読む]

受信: 2006/02/09 18:32

« 噴火口上の中国 | トップページ | 外国人者の受け入れに反対する! »