« 中国農村女性の悲しき運命 | トップページ | 農民襲撃で共産党幹部に無期懲役 »

2006/02/10

外国人者の受け入れに反対する!

小泉首相は8日午前の衆院予算委員会で、力人口の減少に伴う外国人者
の受け入れについて「一定の規模を超えると(日本国内で)必ず衝突が起こる。これを
事前に防ぐ対策を考えてから、外国人者が必要なら入れるということは必要だ。
力が足りないから、安易にどんどん入れればいい、ということにはならない」と
述べ、慎重な姿勢を示した。

外国人者の受け入れ、首相が慎重姿勢
(2006年2月8日 読売新聞)

韓国人に恒久的に短期ビザが免除される件は、残念だが、ある意味仕方がない面も
ある。
バブル崩壊以降、観光産業は長期不況に苦しんでいる。首都圏でも多くのテーマパークが廃業したし、地方の観光地や温泉地では閑古鳥が鳴いている。とくに地方では、
小泉改革により公共事業が激減。観光産業までもが今の状況では、地方経済が崩壊するというところも多い。
日本の自然の美しさや温泉の素晴らしさは、韓国でも人気が高い。短期ビザが免除されれば、韓国からの観光客が増えるのは間違いない。日本最大の温泉観光地・大分県別府は、10年以上も前から韓国人観光客でもっていると言われている。
この地方と観光業界の圧力に、議員の先生方が抗しきれなかったということだ。
ただ、今でももっとも多い韓国人の不法在留者がさらに増えることは間違いないし、
それに伴なって犯罪が増加することも確実。後は、治安対策と入管体制の強化を政府に期待する(強く求める)しかない。

ところで、この短期ビザ免除の問題と外国人者の受け入れ問題は、まったく質が違う。今でも、バブル期以降の日系南米人の受け入れによって様々な問題が起こっている。
日系南米人は、独自のコミュニティーを形成するために、日本人社会に同化せず、子供たちは義務教育も満足に受けられない(言葉が通じない)。そのため日本人社会から
疎外され、犯罪に走る(走らざるをえない)若者も多い。
日系外国人にしてからがこれなのである。ましてや純粋な外国人(アジア人)を、力人口の減少を補うためと称して受け入れれば何が起こるのか?ドイツにおけるトルコ人(多くはクルド人)問題を調べればよく分かる。
文化の衝突、犯罪、社会的・政治的事件の頻発、世論の分裂等々、我が国及び我が社会は大変なお荷物を背負い込むことになる。

その意味で、今回の外国人者の受け入れについての小泉首相の考え方は正解である。これに対し日本経団連は、力不足を補うためには、日本は2025年までに
数百万の外国人者を受け入れる必要があると主張している(財・経済広報センター国際広報部)。
まったく商売人は己の、しかも目先の利益しか考えない。数百万の外国人者を受け入れれば、日本社会は確実に分裂し、コミュニティーは分断される。小泉首相が言うように、必ず衝突が起こる。
安易に安価な外国人力に依存するのではなく、もっと女性や高齢者を活用する方法を考えるべきである。子供がいる女性や高齢者が働きやすい環境と待遇を整備してやれば、力人口は確実に増える。もちろん経済的・社会的コストは、外国人者を受け入れるよりはるかにかさむ。
が、外国人者を受け入れることによるマイナスを考えれば、逆にず~っと安あがりだと思う。
外国人者の受け入れは、特別な技能・職能を持った者に限定するべきである

ところで、皇室典範改正問題について少しだけ言及しておこう。

小泉首相は、皇室典範改正で「拙速」との批判を受けていた。政治家や学者だけではなく、一般国民の間にも「拙速」を批判する声が高まっていた。それは、女系天皇を認める側もそうだった。
今、皇室典範改正を強行すれば世論が分裂する。結果、皇室のあり方が政争の具になる。女系天皇を認める側も、それは望むところではない。小泉首相もそれが分かりかけていたが、振り上げた拳(こぶし)を下ろすきっかけがない。
そこに秋篠宮妃ご懐妊のニュース。小泉首相はこれを機に慎重論に転じた。求心力を維持したまま。
まったく運の強い政治家である。

なお、私は男系維持か女系を認めるのか、判断がつきかねている。男系の伝統を守ることは大事なことである。が、戦後、皇籍を離脱した旧宮家を元に戻すなんて現実的な考えではない。国民の多くもけっして支持しない。
天皇制を護り、末永く安定させるためには女系を認めるのが現実的、という意見にも
一理はある。この考え方は、国民の間にも一定の支持がある。

私は、国民の大多数が支持する制度がよいと思う。その点においても、今国会で決めるべきではないと思っていた。
とにかく秋篠宮妃に親王を産んでいただければイチバンよいのだが、このことは声高に叫んではならないと思う。心の中で念じるだけだ。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じたら
  クリックをお願いします。

日本ブログ大賞2006にエントリーしています。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑よろしければ、ココもクリック願います。

|

« 中国農村女性の悲しき運命 | トップページ | 農民襲撃で共産党幹部に無期懲役 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

外国人単純労働者を受け入れるべきではないという意見に、強く同意します。少子化による労働者不足は、国内問題であり、国内で解決するのが筋ってモンです。
くさいものにはふたをして、安易に外国人労働者を受け入れ続ければ、結果、亡国につながることは間違いない。
外国人(特に発展途上国の)といえば、ローコストをイメージするが、いったん入国すれば、生産性が低い癖に、日本人が作り上げた福祉、財産(犯罪等)を食いつぶす”ハイコスト”な存在となるだろう。
そんなこともわからずに、(いや、わかった上で)目先の利益に走る経団連は、まさに売国。

投稿: takayuu | 2006/02/10 14:48

老人や女性を使うことによるコスト高という点はあれども、彼らは日本国民であって、賃金などで得られた対価は国内で消費します。
これに対して外国人労働者は賃金の大部分を国外へ送金するものと思わます。
これを考えれば、循環論からどちらが良いかというのは明白だと思います。犯罪とか社会的不安定要素増加ということを考えなくても。でも、経団連の今までの発言見てると近視眼的というか・・・。
自社の業績伸ばすのもけっこうですけど、その先にある自分達の国「日本」の国益はなんぞやぐらい、考える余裕持ってもらいたいものですね。
ヤマハ発なんてそれを怠った最たる例です。
情けないですね。

投稿: Ell | 2006/02/10 15:49


男系維持とは、
旧皇族の男系男子の方に皇室復帰を先づはお願ひするといふことです。
 
一方女系容認とは、
民間人の男子の皇室入りを認めるといふことです。
 
旧皇族の復帰を否定して女系容認する人達はこのことが分かってゐるのでせうか?
 
 
下記のブログ記事に詳しく説明されています。

http://blog.goo.ne.jp/fuji2630/e/2927e3583ff0a6c7e0e892679c85622f

投稿: zzz | 2006/02/10 16:16

 まずは自国の国民を十分に活用することが第一でしょう。フィンランドのような国(左よりの人が結構持ち上げる北欧の国の一つ)も移民制限をきちんとやって、国民全体の資質を向上させることで発展しているのではなかったでしょうか。
 やるなら先ず徴兵制でしょう(おっ、いよいよ俺も“右”へ突っ込むか!)。現代の軍隊は技術のかたまりです。鉄砲もってドンパチごっこをしているわけではありません。現代の最先端の技術に触れる、扱えるという機会を持たせる徴兵制(という言葉が嫌なら国民総合職業訓練制でもいいや)を実現することの方が、移民受入よりはるかに経済的社会的に日本を強くできるような気がします。まっ、あくまで“気がします”ですが。

投稿: duzhe | 2006/02/10 17:39

初めまして、いつも楽しく読ませてもらってます。
今日あたり「小泉首相相手にしない」ネタで書いてもらえるのではと期待してるのですが、ひとつ中国の歴史と絡めて面白い話の展開をしてる記事を見つけたので紹介したいと思います。中国についての尋常ではない知識をお持ちの坂さんならではの意見を聞いてみたいと思っています。

http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20060210/1139557136

投稿: k | 2006/02/10 18:27

わたしも外国人労働者受け入れは反対です。
単純労働者が不要にな、高精度な産業体型にしてゆくことが肝要です。3K仕事だって、ニート諸君やホームレスおじさんをうまくつかえば十分まかなえますから。
 兵隊に行くか、力仕事するか選びなさい、あどっちでも給料と「ねぐらは保証するよ、っていえばOKでしょう。彼らもいつまでもあのままでいいとはおもっていないでしょうから。
 シナチクやチョンにまかせておけばいいのです、単純労働型産業は。

投稿: みみ | 2006/02/10 19:05

こんにちは。いつも読ませて頂いております。
>男系の伝統を守ることは大事なことである。が、戦後、皇籍を離脱した旧宮家を元に戻すなんて現実的な考えではない。国民の多くもけっして支持しない。

私は正統な血を受けづく旧宮家の復籍はまっとうだと思います。どこの馬の骨とも知れない者が皇室に入ることはおぞましい以外の何者でもありません。愛子様に気に入られれば私でも皇族になれてしまうのですよ?スパイ防止法がない現在北の工作員でも皇族になれますよ。こういう事を国民が支持するとでも?

投稿: 反韓 | 2006/02/10 19:46

坂真さん
おわかりになっていないようですね、男系天皇はいつのまにか2000年続いて居るんですよ。これを不文の法ともうします。国会が決議したら英語を国語にできますか。九州、沖縄をシナに割譲できますか。神道を禁止できますか。現実的とは極端にいうと損得勘定です。損得勘定は今生きている人が決めることです。女系天皇は天皇陛下ですら決めることはできません。法(法律ではありません。)に反するからです。法とは慣習であり、日本人を日本人たらしめているものです。日本はアメリカのように自由というイデオロギーで建国された国ではなく、この国土に皇室があり、ほぼ同じ言葉を話し、数千年も暮らしてきたことによりアイデンテテイが形成されたのです。
まあ、シナから移民が数千万人もやってきたら変わるとはおもいますけれど。それは日本人のアイデンテテイが根本的に変化することです。
旧皇族はGHQの命令で廃絶になったのですから、復活させ、20年ほども陛下の御許で修養したら敬意も自ずと生まれるでしょう。なにもしないで駄目というのはGHQの命令がそんなにありがたいのですか。

投稿: まつ | 2006/02/10 20:29

>が、戦後、皇籍を離脱した旧宮家を元に戻すなんて現実的な考えではない。国民の多くもけっして支持しない。

いつも鋭い論評楽しみにしております。
しかし、上の言葉はいただけません。旧宮家はGHQの命令で皇籍離脱させられたのです。自らの意思でもなんでもありません。いったん皇籍を離れて、品質が落ちて使いものにならなくなったかのようにおっしゃるのは、皇族、皇室、歴史に対する無知あるいは無理解のゆえと思います。
それと、国民が支持しないと、根拠もなく決め付けておられると見うけます。もう1つ、天皇は人気投票で選ぶものではありません。国民的支持がどうとか、そういう問題ではないのです。

投稿: すがり | 2006/02/10 20:51

外国人労働者受け入れについて
原則として反対です。そして、どうしても少しは入れる必要がある場合には、「外国人」と一まとめに考えるのでなく、文化的・文明的に近い外国人から許容すべきだと思います。そうしないと、フランスやオーストラリアのように異文化間衝突が起こってしまうでしょう。
では、文化的・文明的に近い国とはどこでしょうか。先ず、今国が受け入れているように、日系人。次に台湾・フィリピン・東南アジア諸国などでしょう。反対に、文化的・文明的に遠い国はどこかというと、私は中国とイスラム圏の国だと思います。特に、中国人の受け入れには大反対です。

皇室典範改正問題について
あれほど世論に敏感な小泉首相が、この問題に関してだけは、女性・女系容認で強引に押し切ろうとしたのはなぜだったのでしょうか。いまだに分かりません。けれど、紀子様の御懐妊により、法案提出が回避される見込みとなったのは喜ばしいことです。今回の御懐妊については秋篠宮御夫妻の意志を感じます。表立っては反論できない秋篠宮御夫妻からの、これがこの問題に対する解答だと思います。
紀子様のみならず、雅子様もまだ御懐妊される可能性があるのですから、とりあえず待つべきだ、というのが私の意見です。そして、それでも男子が生まれなかった場合には、旧宮家の復籍も選択肢の一つとして、男系維持を図るべきだと思います。


投稿: masa | 2006/02/10 21:52

今回の欧米、キリスト教を信じる人が多数の国へ移民として受け入れられて、社会保障もされて旧植民地から来たので優遇されてるしイスラム教を信じる自由や生活習慣も異なっても受け入れてもらってた筈です。自国に居るよりは安心して食べて生きれたのは事実でしょう。しかし抗議を通り越して暴徒化して信じてる価値を貶められえた事が腹立たしくてもその国のルールや国際法に違反する大使館や領事館襲撃や破壊は許せません。以前の日本が中国より受け反日は「愛国無罪」で謝罪も未だされてません。「信教無罪」で暴れ回り暴徒化する事や大使館や領事館襲撃が正当化される筈が無いのです。国連に提訴するべきです。勿論日本政府もです。
無信教でもナショナリズムと共産主義教徒の無謀さは、非難されるべきものです。又小泉氏の指摘は正鵠です。日本の近隣周辺諸国は世界で稀なる人口過剰国です。幸いにこの中国やインドが日本の旧植民地で無かっただけでも幸福です。現在の日本国内の在日外国人の実情を観察しただけで、如何に同化は幻想と半島人の百年を考慮したら答えは出てきます。憎悪しか生み出しませんよ。
これらの国からの移民は必然的に第一陣が定着したら親類などを呼び寄せてたちまち膨らみます。十年経ないで1億人も突破するとどうなるでしょう?冗談では無く東南アジアの国々は華人が居ついて経済も牛耳られています。冷静に欧米周辺諸国と事情が異なる恐怖を噛み締めてくださいね。ニートも200万人に近ずいてるのに再教育が面倒とか放置するのでしょうか?国益や日本人の幸福は金銭で買い替え出来るのでしょうか?外国人好きな企業は日本から出て行ッ手貰った方が日本人は幸福です。やがて中国経済は崩壊します。日本へ帰国しないで欲しいですね。

投稿: ようちゃん | 2006/02/10 23:34

いつも楽しみに拝見させていただいております。

一つ昔話をします。昔々、中世ヨーロッパのお話ですが・・・。

スペイン地方を治めているカスティリア王家のファナ女王は、
神聖ローマ帝国の王家であるハプスブルク家のフィリップ王と結婚しました。
その子供は、神聖ローマ帝国ではカール5世、
スペインではカルロス1世と呼ばれる王様になりました。

こうしてスペインは"ハプスブルク家"という外国人が統治する国になりました。

こういった経緯で滅んだ王朝は沢山あります。

女系天皇の問題はこうした可能性も含んできますよ。
怖いですねー。

ちなみに、2000年以上続く日本の皇室は現存する最古の王朝です。
長さは1974年に滅んだエチオピア王朝に次いで第二位です。
(エチオピアは3000年)世界遺産に指定して欲しいくらい~。

私は、日本の誇りでもあるこの伝統を守りたいです。

旧宮家については、ここら辺で面白い話を見つけました。
http://amaterasu.seesaa.net/article/1790521.html

投稿: yc | 2006/02/10 23:36

外国人労働者(移民)受け入れ論はまるっきり賛同します。
特に、ここですね。
>外国人労働者の受け入れは、特別な技能・職能を持った者に限定するべきである

まさに小泉健在です。リベラルな連中に遠慮しない小泉首相らしい主張。(この際、猪口大臣は置いておいて(笑))

さて、やっと触れられた?皇室典範論議なので、触れて見たいです。
 天皇の存在はどなたかも触れられていたように、近代の法律以前から存在する「もの」です。現存する最後の王朝とも言われる「貴重な存在」を現在の価値観で捨て去るのかどうかという問題だと思いますよ。
男系による皇位継承。伝統は守り継承していくことにこそ価値があるのであって、皇族はそれを守ることにこそ、価値観を見出しているのでしょう。。皇位継承をしやすくするという「合理性(=価値観)」を当てはめようなんてのは無理な話というか、筋違いとしか言いようがないですね。
これは文化・価値観の問題です。男尊女卑なんていう下らない議論ではありません。例えて言えば、「合理的でないから先祖を祀るのをやめよとか」、「初詣なんか意味無いからやめよう」とか、「宗教より法律が大事だ」とか主張するような、そういった問題なんです。国論が二分しておかしくない。
私はこれでもって、小泉=改革バカと認定したわけです。(是々非々で判断するしかないとはいえ、あえて。)

私の結論は、「皇位継承問題は基本的に皇族の判断に任せてそれを受け入れよ。政治はできるだけ口出しするな。」とこういうことになります。

きょうはコメントが多いでことでしょうね。まさに心の問題だからです。
日本的保守思想か?あるいは、リベラル思想なのか? そういった判断材料となりそうな感じを受けますね。
場合によっては坂さんの人気に影響するかもしれませんよ。(笑

で、長いですが続けます。
しかしながらここで疑問が生じます。なぜこういった状況になったのか? なぜ小泉首相が政治的にも激しく分かれるという認識をもてなかったのか非常に疑問でした。
結局、取り巻き連中の問題なんだろうと思います。(思想的にしっかりしたものなど無いからだ、などという下らない批判は置いておいて。)
世論はそっちにあると信じてしまったようです。猪口大臣の件もそうなんでしょう。たぶん見間違っていると思います。
で、取り巻きとは? 
サヨクにマインドコントロールされたのかな?と判断した次第。以下はその根拠。
以下によると、皇室典範の変更は内閣提出法案(=内閣法制局)にならざるをえないそうですね。
↓中川八洋氏と渡部昇一氏の対談での中川氏の発言より
http://blog.so-net.ne.jp/tkataoka/2006-02-08
抜粋して要約すると、【共産党はここに目をつけ内閣法制局の共産党系法律事務官に命じたのです。「有識者会議」はこの内閣法制局の「赤旗グループ」が選任した。】有識者がサヨクっぽい連中で占められていた理由が納得できます。
まだあきらめきれない勢力がいます。この辺から化けの皮?がはがれてきた様子を感じます。
↓秋篠宮殿下の「人格否定」論まで出てきました。
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0602/060209-2.html
【秋篠宮殿下の繁殖力は折り紙付きだ。】と極端に侮辱する書き方は、なんとしてでも女系に持って行きたい筋の主張と見ることができそう。
あと、↓宮内庁に勤務する内閣府事務官という人物の内部告発なる文書
http://www.rondan.co.jp/html/mail/0602/060206-9.html
激しい応酬です。何か感じませんか?

投稿: 岩手の田舎人 | 2006/02/11 00:24

女性・女系天皇を認めるということは、民間人男子の皇室入りを認めるということです。
それを問題視しないのに、旧皇族男系男子の皇室復帰は受け入れられないというのは
明らかに矛盾しています。

女性・女系天皇容認 = 民間人男子の皇室入り

まだまだ多くの国民はこれが頭の中で結び付いていないようです。

民間人の男子の皇室入りを検討する前に現皇族の親戚である旧皇族男系男子の復帰を
検討するのは当然でしょう。

復帰を断わられたとか、現皇室が拒否したとなれば、民間人の皇室入りを認める、
すなわち女性・女系天皇を認めるのも止むを得ないでしょう。

しかし検討する順番が明らかにおかしいのです。先ず検討すべきは旧皇族男系男子の
復帰です。

投稿: fuji2630 | 2006/02/11 00:54

福井県の雄島雌島(籠神社)は、元伊勢とも呼ばれ、日露戦争を勝利に導く戦いの神でありまた皇室ともゆかりの深い神様が鎮もっておられます。その元はユダヤ系古くはエジプトとも関係があるそうです。この神さまに皇室典範改正についてお聞きしました。私ではなくとあるシャーマンの方です。意外なことに神様の意向は女系容認すべしだったのです。坂さんのおっしゃるとおり、旧皇族を復活させた場合、3代目あたりで天皇にふさわしくない方が現われる可能性があるそうです。男系制度は側室の存在を否定した段階で新しい制度に移っていくべきものだったようです。小泉さんの強運について述べておられますが、まさしく今回も正しい判断をされていたようです。実際、小泉さんほど神がかりし易い方はないそうですから、強運なのももっともですね。4年前に総理になられた際も諏訪神社の神により選ばれているのです。

投稿: ai | 2006/02/11 01:08

>aiさん
根拠というか、ソースというか、その辺希望。

>3代目あたりで天皇にふさわしくない方が現われる可能性があるそうです。

とくにこの辺り。こんなのがはっきり分かる技術があるなら、もう遺伝子研究とかイラナイよね。

投稿: RARTY | 2006/02/11 01:22

皇室への誹謗中傷:は3日間鳴り止まずで論壇(目安箱)に怪人物冷泉文江が投稿しています。http://www.rondan.co.jp/html/mail/index.html(論壇)
それについて以前からこの冷泉文江の投稿では溶解する日本の佐藤氏や文芸評論家山崎行太郎氏とも冷泉の正体では不信論が出てました。http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/(山崎日記)クラインたか子氏との質問状のような分けの分からない事も出ています。投稿したのは私ですがこの冷泉氏の非礼・無礼は納得できません。表現の自由で許されるとは思えません。正体・立場をさらして欲しいと書きました。又きっこの日記のきっこさんが今日、nikidou・Comで正体を告白しています、合わせて皆様拝読ください。
http://www.nikaidou.com/column02.html(nikidou・com)
勿論 投稿を止めるようにお願いしましたが聞く耳が無いそうです。

投稿: ようちゃん | 2006/02/11 01:35

韓国人のビザなし渡航が、3月から永久化されそうです。またオーバー・ステイが増えますね。韓国では中央銀行が利上げをしたので、短期金利が4%に上昇しました。特にワロス曲線の乱高下の鋸歯は話題です。必死で韓国は買い支えしてるのですが資金不足で介入しても押し戻される。又ウォン高の円安なのです。
結果このノービザを使い、日本でカネを稼いで、それを韓国で運用する行為が、文字通り「有利」になるわけです。しかも日本の求人倍率は今年に入り1倍以上に上がっているから、特に名古屋:では1,8倍に上昇。零細企業は人手不足になります。中小零細だけでは無く「猫の手も借りたい」状態に入ってる。日本人と韓国人は見分けにくいので、不法就労を認めざるを得ない経営者が増えていくのでしょう。いくら受注があっても、現場で働いてくれる人がいなければ、会社が倒産してしまいます。緊急に外国人労働者を受け入れてという財界からの車屋の旦那衆から矢の催促で献金も沢山お布施もたんまりで法案を通したのでしょう。万博以来、各地の観光地でも観光客の呼び寄せの要望が多いという煙幕を張って正体を隠してる緊急要請が直ぐ 審議も無しに等しい早さです。おまけに議員年金廃止法案と代替に帰って 改悪(恩給議員法案が可決)して国民は騙された。掛け金無しで恩給ですよ。国民は愚民揃いでデモも暴徒化して国会へ押しかける心配は無いのでしょう。

投稿: ようちゃん | 2006/02/11 01:47

外国人労働者受け入れ反対、私も同意です。
これ以上甘受せよと言うことになると日本でも極右政党が台頭しますよ。実際、その一歩手前であるように感じます。

なお、旧宮家復活について、私は賛成です。男系問題を理解すれば、国民は理解してくれると思います。国外追放されていたイタリア王族が最近帰国したそうですね。たかだか60年です。親しみなんてものは、復帰して10年も経てば生まれますよ。

投稿: ぱ2 | 2006/02/11 02:40

いつも拝見しております

>戦後、皇籍を離脱した旧宮家を元に戻すなんて現実的な考えではない。

なぜ「現実的」ではないのですか?なにか問題点でも?(詰問している訳ではありません。念の為)

寛仁親王のご発言では、皇室と旧宮家は現在でも親密な交流があるとの事です。皇族としての誇り、矜持を胸に秘めている方々がまだ残っていらっしゃるのでは?60年たっているので、全て元通り、現状復帰ってな訳にはいかないとしても、掬い取れる部分大なのではないかと思うのですが。

投稿: harry | 2006/02/11 04:19

小泉支持ブログではなぜか一様に沈黙していた皇室典範問題。紀子様御懐妊、法案提出中止という事態に至りようやく解禁になったところが多いですね。御懐妊がなければ、このまま法案成立まで口をつぐんでしまう気だったんですかね。そしてまた、一様に「小泉さんはやっぱり運が良い」と来ている。呆れますね。

投稿: air | 2006/02/11 05:41

airさん。
その事実認識はおかしいと思います。たとえば「ぼやきくっくり」さんや「PRIDE OF JAPAN」さん等は小泉支持ですが、女系容認だけは勘弁してくれと反対運動しておられました。「依存症」さんの場合は男系女系の結論が出ていないということで敢えて言及されていなかったのでしょう。

私も小泉さんは運がいいと思います。個人的にはこの問題で小泉さんが深手を負うのは避けて欲しいと思っていたのでほっとしています。私は、小泉さんは院政を敷くつもりは毛頭ないと思っていますが、安倍さんの後ろ盾にはなってくれるでしょう。これは心強いことだと思います。安倍さんも旗色を隠しながらよく我慢しました。小泉さんとの衝突を避けられました。うまい政治的判断だったと思います。

投稿: ぱ2 | 2006/02/11 06:44

皇室問題の「オマエ何様的発言」について
ネット内で、物知り顔で、「女性と女系は違う」だとか、ハッキリ言ってもうウンザリ。
たかが国民の分際で、皇室問題を自らが評論家の様にウダウダ批判した時代など聞いた事がない。それもネットという匿名性を使って行うのは言語道断、無礼千万、非国民的行動。
本当の日本人なら、皇室の末永き繁栄を、唯、祈る事が1番重要なのではないのか?

投稿: NZ life | 2006/02/11 06:44

おっしゃることはもっとも。下々が口を出してよい問題ではないです。
しかしながら、幸か不幸か皇室典範は法律にすぎないのであって、それを立法するのは国会議員なのであります。とすれば、国民が意見を言わざるを得ないのは必定。

>皇室の末永き繁栄を、唯、祈る事が1番重要なのではないのか?
無論、日本人の一人として切に願っております。

投稿: ぱ2 | 2006/02/11 06:54

「運が良い」も何も、自分で危機作っておいていい気なもんですね。大体、御懐妊自体偶然でも何もないわけですが。皇室典範改悪への強烈な反対意志と見なせるでしょう。

「皇室の権威」を持ち出して女系女性云々言うは国民の分際で不敬だなどと言うが、それを言うならたかが国会議員の分際で、なぜ皇室の家柄に関わることに口を出すのか。そもそも皇統という天皇制の存在意義、根幹に関わることであり、皇室の繁栄を望んでいないのはどちらの側か明らかであろう。

投稿: aaa | 2006/02/11 14:40

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

やはり皇室典範問題にコメントが集中したようで。

>小泉支持ブログではなぜか一様に沈黙していた皇室典範問題。

これは「なぜか」ではありません。
まあ、ようす見ですね。
なぜなら、早い段階で、小泉側近の細田国対委員長が、今国会提出はむつかしいと言っていたからです。
だから今回は無理ではないかと・・・
もし提出されれば、提出されたこと自体に私は反対し、批判したと思います。
私は、男系の伝統は維持してほしい、が、女系容認論ももう少し議論するべき価値はある。だから、もっと時間をかけるべき、という立場です。
国会で賛成・反対を論じるなんて愚の骨頂だと思っていました。
雅子様にも紀子様にも親王が誕生する可能性がある中で、なぜ今、女系天皇容認なのか???
このあたりの小泉首相の考え方、進め方は理解不能です。

私は、戦後、皇籍を離脱した旧宮家を元に戻すことには賛成できない。
皆さん、いろいろ書かれていますが、大多数の国民は、今の皇族が皇族だと思っています。
旧宮家なんて完全に過去のもの。
そこから天皇が出たら、違和感はものすごいでしょうね。
少なくとも私には天皇とは思えません。
それなら、愛子様に親王が生まれ、その方が天皇になられた方がず~っといい。
ただ、これは私の個人的考え。
やはり、そのときの天皇陛下(それが今の皇太子なのかどうかは分りませんが)のご意向を尊重するのがもっとも良いのかもしれませんね。
陛下を差し置いて、下々の者があれこれ言うべきではないという気もします。
そうなると「男系の伝統は維持してほしい、が、女系容認論ももう少し議論するべき価値はある」という、今回の私の主張も意味を成しませんがね。

かたくなに男系を主張する方、思考の構造が左翼にそっくりで笑ってしまいます。
まさに金科玉条というか教条主義というか。

私は、天皇は「日本国民の統合の象徴」でよいと思っていますし、「元首」である必要はないという考えです。
日本人が日本人であり、日本国が日本国であるための天皇及び天皇制。
男系か女系かは、そこから考えるべきであり、まず結論ありきの立場は私は絶対に取らない。
まず「侵すべからざる真理」があり、「正義」がある。それは共産主義の考え方です。
真理はすべて相対的、正義もすべて相対的、この世に「絶対」というものは存在しない。

なお、皇室典範問題については、この私のコメントで打ち切ります。
これ以上、今の段階で論議すべきではない。

次に議論するべきときが来るとすれば、再び皇室典範改正が国会に提出されそうになったときです。
が、これは当分ないでしょう。安部、麻生、谷垣、皆さん慎重派ですし、積極的なのは福田氏や山崎拓氏くらい。
今後、彼らが与党の主流になれる可能性は極めて小さい。

投稿: 坂 眞 | 2006/02/11 15:25

 横から失礼。

 皇室問題で荒っぽい言葉が出るのは仕方がない。

 だが、『男系維持!』と血管を浮き上がらせて叫んでいる手合いですら、宮さまの男子が「王」であり「親王」にはならないことをどうして誰も指摘しないのか?

 にわか仕立ての知識で知ったつもりになることが一番危険。


 また、国論が割れて一番心を痛めておられる方がどなたであるかと言うことを慎重に思い返す必要があるのではなかろうか。

投稿: ケロヨン1世 | 2006/02/11 16:56

民間人男子の皇室入りに賛成して、
旧皇族男系男子の皇室復帰は無理と思うのは何故ですか?

まだ

女性・女系天皇容認 = 民間人男子皇室入り

という構図を理解されていないのでしょうか?

投稿: fuji2630 | 2006/02/11 17:34

>思考の構造が左翼にそっくりで笑ってしまいます。
>まさに金科玉条というか教条主義というか。
>なお、皇室典範問題については、この私のコメントで打ち切ります。

そっくりお返しいたします。サヨクにそっくりなのはあなたの方です。

投稿: すがり | 2006/02/11 17:56

>民間人男子の皇室入りに賛成して、
旧皇族男系男子の皇室復帰は無理と思うのは何故ですか?

これに対してのコメントがほしかったですがまあ、管理人さんにとって関心がないものは仕方がありません。

投稿: 反韓 | 2006/02/11 19:44

こんにちは。
私はこの問題に関して「だけ」は金科玉条でも良いような気がします。宮家の復活にしても皇室典範の改正を伴わなければならないのですから、その点では「改革派」とも言えるわけです。さらにそもそも宮家の範囲、定義を「最も年下の男系男子が確保できる家まで」ということにすれば、今後「復活」の必要さえなくなるわけです。

投稿: くも | 2006/02/11 19:54

こんにちは。
私はこの問題に関して「だけ」は金科玉条でも良いような気がします。宮家の復活にしても皇室典範の改正を伴わなければならないのですから、その点では「改革派」とも言えるわけです。さらにそもそも宮家の範囲、定義を「最も年下の男系男子が確保できる家まで」ということにすれば、今後「復活」の必要さえなくなるわけです。

投稿: くも | 2006/02/11 19:54

ブログ主が終了宣言をしても、カキコが続くという状況は、あまりうれしいことではありません。
が、この意見に対してはお答えしておきましょう。

>民間人男子の皇室入りに賛成して、
旧皇族男系男子の皇室復帰は無理と思うのは何故ですか?

世俗な民になった人間が、ある日突然、天皇になる、なんてことは私は生理的に受け付けられません。
天皇は神聖なものです。
であれば、女系であれ、現天皇直系の血統を引いた方に後をついでほしい。
仮定の話はしたくありませんが、仮に愛子様が天皇になり、男子が生まれた場合、その方が後継になる、しごく自然だと思います。

「民間人男子皇室入り」と「民間人女子皇室入り」のどこが違うのか!!!
理解不能!!!

>愛子様に気に入られれば私でも皇族になれてしまうのですよ?スパイ防止法がない現在北の工作員でも皇族になれますよ。こういう事を国民が支持するとでも?

こういう主張は、皇室に対する侮辱、冒涜以外の何ものでもない!!!

投稿: 坂 眞 | 2006/02/12 00:07

最後に一言だけ失礼します。内孫外孫という概念がありますように、皇室入りするのが婿なのか嫁なのかでは、日本人の感覚としては違いがあるのではないでしょうか。では。

投稿: ぱ2 | 2006/02/12 00:51

坂 眞 さんへ

> 「民間人男子皇室入り」と「民間人女子皇室入り」のどこが違うのか!!!
> 理解不能!!!

全く関係のない回答をしているのですが、そのことは理解できますか?

質問は、

民間人男子の皇室入りに賛成して、
旧皇族男系男子の皇室復帰は無理と思うのは何故ですか?

ですよ。

投稿: fuji2630 | 2006/02/12 01:12

RARTYさま。
この時代にこのような不思議な話に興味を持たれるかたもいるのかと思いました。
この皇室の問題に関しては、一般人の叡智では判断することがむづかしいものであると思います。古くは、道鏡の処遇について和気清麻呂が宇佐八幡にご神託を投げかけたように、神様に問い掛けることしかできないと思うのです。過去の歴史に現われた日本の判断、たとえば仏教の導入などにはシャーマンであった聖徳太子の存在があって初めて可能だったと考えます。このようなテーマを語ることはオカルト版以外ではタブーであるため、秘めおかれています。但し、以下のような情報を得たことだけをお知らせします。ー皇室の問題に関しては、祝詞を奏上し始めた瞬間、皇孫の始まりである伊邪那岐(イザナギ)大神の実写版(アブラハム)と言える雌島雄島の神様から、はっきりしたお答えを頂きました。結論から言うと、これからの時代、天皇制を維持していくためには、女系天皇を認めざるを得ないということです。明治、大正時代まで、側室制度があったかつての皇室だったら、男系のみを認めることが可能でした。しかし、昭和天皇が一夫一婦制を始めた時から、男系のみで血筋を継承することは難しくなったのです。
 もし女系を認めず、男系のみにした場合、いったん皇族を離れた家系が皇族に戻り、その家系から、男系の天皇が選ばれることになります。もしそうなると、「3代目に卑しき者が天皇になる」と、雌島雄島の神様はおっしゃるのです。60年間も皇室を離れていた家系には、すでに現実界の様々な癒着があり、それが表に出てきてしまうのでしょう。また最近、11人の妻という、一夫多妻制の生活をしていた男が、女性を脅したとして逮捕されましたが、これは、皇室における一夫多妻制の復活への警告だったようです。
 神様の目から見ると、女系であっても、天皇家の血を受け継いだ者であることに変わりはないのです。過去に男系でしたが、8人の女帝が居て、皆立派な天皇役を果たしておられるのです。万世一系とは天皇という位や立場や役割を、血脈のつながっている者が即位して継承していくことで、男系である必要はないのです。このことは皇室の歴史や役割の研究で有名な、京都産業大学の所功教授や、皇室研究とその歴史研究の泰斗、皇學館大学名誉教授田中卓さんが力説している通りです。

投稿: ai | 2006/02/12 01:37

坂眞さんは世俗からの復活に生理的な嫌悪感を感じてらっしゃるようですが、仮に女系(正確には女系ではありません。女系は女性の娘の娘の娘の、、、と続く系のことですから、娘の息子の娘の、、、と続く場合は「両系」でしょうね)が認められても場合によっては旧宮家は復活しますよ。皇位継承権というのは実は何百番目まで設定してあります。たとえば皇族に一切の子孫が誕生しなかった場合、たとえば病気や災害等で皇族全員に御不幸があった場合、こういう場合などに皇族外から(といっても血縁上の裏づけはありますが)天皇の地位につくようになっています。こういった場合の復活もお嫌ですか?
また「生理的な嫌悪感」というのはむしろ男系維持派が女系(両系)に対して感じているように思います。

投稿: くも | 2006/02/12 02:47

コメントありがとう御座いました。いつも読ませて頂いております。中国問題報道は勉強になります。私は「歴史認識」分野で中国批判を展開しています。外国人労働者の問題も認識は一致しています。共に頑張りたいと思います。皇室典範改正問題では、あなたの考えにも理解できる部分はあります。まるで男系を認めない人は非国民扱いをしている保守系ブログに私は疑問を持っています。皇室を思う気持ちなら、男系・女系を問わず話し合いはあってしかるべきでしょう。伝統・文化論だけから論じれば、天皇陛下の京都遷都論にどのように対抗するのか?どうもにわか天皇崇拝論者がネットでは幅をきかしているようです。私は天皇陛下のせんそについては、その霊威に従うまでです。

投稿: 瀬戸弘幸 | 2006/02/12 10:17

初めまして。

>世俗な民になった人間が、ある日突然、天皇になる

この考えの方がすっご~く違和感を感じます。
長きに渡って国外追放されていたイタリア王家の帰国も国民からの祝福と共に受け入れられたじゃありませんか。
GHQによって臣籍降下された旧宮家に対して世俗な民と思う感覚がわかりません。
お気の毒に・・・GHQめ~とは思うけど・・・。
まして天皇家と親戚づきあいをされており、更に後継の可能性を考慮して身を慎んでこられ、覚悟は出来ているとのこと。
世俗どころじゃないですよね。やはり一番ふさわしいのは旧宮家の方たちです。

投稿: う~ん | 2006/02/12 13:11

「男系以外許すまじ」みたいに必死な人達が集まってくるから、
ブログ主さんが書くのを避けてたんじゃないのかと思わせるような様相になってますね。
意見はそれぞれあっていいと思うんだけどなぁ・・・。

私は宮家復帰でいいと思うけど、男系維持派の人達のファッショな物言いには引いてしまいます。

投稿: xman | 2006/02/13 16:50

>>aiさん
ギヴ。俺が悪かった。

 世俗ねぇ・・・ 皇族が皇族として成り立ってないような国ならともかく、むしろ皇族が皇族としてしっかり成り立っていた国において、はい貴方は今から平民です、と占領軍に言われて”すぐさま平民になれる”もんなんでしょうか? 世俗に染まることが出来るのでしょうか?

 皇族の維持はお金かかるからお荷物に見えんこたーないですけど、権威を伴う外交においては必要なモンだと思います。バチカンとかまさにそれで食ってる国ですし。
 とかく、国内が納得しても海外は納得しないでしょう。コレといった根拠もなく彼は偉いんです、象徴ですと主張しても説得力を持ち得ない。「象徴で良い、」と仰るのであれば、彼が天皇である具体的な根拠が維持されるべきであると思います。

 ・・・?もしかすると、天皇でなくてもいいや、という考えなのかな。むしろそんな無駄な特権階級、おれは不要だと思う。

投稿: RARTY | 2006/02/14 03:14

外国人労働者受け入れよりも、もっと重大な問題。

近年、害人の日本国籍取得が以前よりも簡単になったようです。
自分の周りでも、名前も日本名なのに、やることなすこと中華な人々が数人います。
そして我々日本人を非常に困らせています。
ですが、中華思想の持ち主なので、日本人が困ろうが何しようがお構いなしです。ヤツラに日本的良心を求めるのは間違いです。

ヤツラは日本国籍を持ったとしても、日本人になるわけではありません。
キチガイ日本人が増加するだけです。

もちろん国籍取得時に良い外人か害人かを見極めるのは難しいですが、一度害人に国籍を与えたら最後、剥奪は無理でしょう。国外退去命令も出せません。げんに先日も、違法すれすれなことをしても、日本国籍を持っているので、無罪放免になった害人がいます。

ソイツラと自分が同じ日本人だと言うことが物凄く嫌です。
外人受け入れならまだしも、害人にほぃほぃ日本国籍を与えている日本政府に怒りを感じます。

投稿: 害人の日本国籍取得反対! | 2006/02/16 02:14

坂さんは「私は、国民の大多数が支持する制度がよいと思う。」と言ったが、皇室制度に「現代だけに生きる」今の国民の声を重要視するんですね。
正直、呆れてものが言えません。

これじゃ有識者会議の意見のバックボーンとなった「憲法」と「世論」となんら変わりませんね。
支那論では大いに勉強させて頂きましたが、日本の最も核心部分に関してこんな認識とは、本当に残念です。
伝統は、今を生きる我々だけでなく、先祖やこれから生まれてくる日本人に対しても守っていかなければならないのに。

旧皇族の60年間の皇籍離脱など、2000年の歴史に対してはほんの一瞬にしか過ぎないと思います。

投稿: まーぶる | 2006/02/17 02:13

「左翼と同じ」だの「ファッショ」だの「青筋立てて」だのというレッテル貼りは大抵は反論できない側がする常套手段ですよね。

むしろ冷静に持論を展開しているのは男系維持の方である印象を受けます。神託だの理解不能だのとにかく国民から理解されるわけがないだのと根拠不明なもの言いに終始してるのは少し残念です。

投稿: 林卓人 | 2006/02/18 09:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/8580257

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人者の受け入れに反対する!:

« 中国農村女性の悲しき運命 | トップページ | 農民襲撃で共産党幹部に無期懲役 »