« 日本は「成熟した債権国」 | トップページ | おめでとう荒川静香! »

2006/02/23

やっぱり前原おろし

グースの勿忘草」さんが、例の『メール問題』をしつこく追求しています。なるほど、と
いうところも多いです。


民主の左派が「怪文書を仕掛けた」とは言いませんが、偽造されたものであることは
知っていた可能性が非常に高いと思います。怪文書の仕掛けが上手くいって、武部
幹事長を辞任に追い込むなど自民党にダメージを与えられればそれでよし。捏造が
バレても前原執行部が炎上しても、それはそれでよし。どう転んでも民主左派にダメージはない。

このように考えると、民主党内で前原降ろしが加速するのは当然であって、おそらく
前原氏の代表辞任は避けられない状況でしょう。筆者はわりと前原代表を買っていましたが、この程度のガセネタにひっかるようならば、そもそも党首の器ではなかったのだと思います。


この分析は絶品です。
私も、まったく同感です!!!

実は、これをエントリーで書こうと思っていました。
ガセネタの発信元・西澤孝という人物は、元・週刊ポストの記者で、ブラックジャーナリストとして有名らしい。

でも、アホだなあ!!!やっぱり幼いなあ!!!政治家じゃないなあ!!!
というのが、民主党の政治家に対する率直な気持ちです。

「こんなていたらくで、政権を取ったとき、北朝鮮とやりあえるのか!!!」という意味のことを、ニッポン放送のアナウンサーが言っていました。

実は、私は、この件に『北』が一枚絡んでいるような気がしてなりません。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じたら
  クリックをお願いします。

日本ブログ大賞2006にエントリーしています。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑よろしければ、ココもクリック願います。

|

« 日本は「成熟した債権国」 | トップページ | おめでとう荒川静香! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

前原が「中国は脅威」発言

民主左派を通じて前原降ろしの流れじゃないですかね
裏は北鮮じゃなく中国でしょう

投稿: バース | 2006/02/24 01:22

はじめまして、ランキングから来ました。

足跡残させていただきます。

投稿: an | 2006/02/24 01:41

>裏は北鮮じゃなく中国でしょう

このところの北京詣でに対する支那の発言からも私もそう思いますね。

投稿: 通りすがり | 2006/02/24 09:25

皆さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

>裏は北鮮じゃなく中国でしょう

やはり中国かも
私もそんな気がしてきました。
が、日朝協議をめぐる『北』の行き詰まり。
それに対する焦り。
これが『北』を謀略に走らせた気もします。

投稿: 坂 眞 | 2006/02/24 10:03

私は個人的に、民主左派か公明党創価学会の陰謀かも、なんて陰謀論を楽しんでいましたが、北や支那ですか。うーん、ないとはいいきれないかも(笑)。
でもこれで小泉政権が持ち直すとすれば、とんだ誤算でしたね。

投稿: ぱ2 | 2006/02/24 10:22

前原代表はまだ若い。
これも勉強、今後更に研鑽を重ねれば10年後には偉大な政治家になるかもしれない。
めげずにがんばってもらいたいと思います。

投稿: 大熊猫 | 2006/02/24 11:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/8804974

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり前原おろし:

» 単なる想像ですが… [確かな学力をつける]
 昨日の党首討論の後で、民主党も「堀江メール」は偽造だって認めましたよね。って言うことは、議員=永田寿康さんも「ガセネタ」だってことは、質問する前から、ほぼ100%わかってたんじゃないでしょうかねぇ。  もちろんガセネタで追求したりしたら、自分の政治生命が終わることぐらい、永田さんがわかっていることも、ほぼ間違いない。  それでもあえて永田さんがガセネタ根拠の追求をし、その後ずっと雲隠れしていた�... [続きを読む]

受信: 2006/02/23 23:57

» 永田入院。前原、野田、鳩山は自己欺瞞ショー続行。 [ぶつぶつ独り言を言う。]
民主「永田進退」先送り…「休養」扱いで入院 (2006年2月24日0時58分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20060223it15.htm >永田氏は「精神状態が不安定」との理由で同日夜、都内の病院に入院した。 姉歯が参考人招致に来ない理由に「精神状態が不安定」があった。 批判が集中した。 しかし、この批判の矛先を姉歯や永田に向けるだけでは物足りない。 >鳩山幹事長は同日夜、記者団に、執行部の責任について、「国... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 16:13

» 民主党参議院議員へのトラバ用記事 [ぶつぶつ独り言を言う。]
民主党参議院議員 ふじすえ健三の「永田さんの辞意」に対しトラバするために書いた記事。 >ここで、きちんと主張しないといけないのは、 「問題を起こしているのは、武部幹事長であり、堀江氏を選挙に担ぎ上げ、TVや雑誌などで堀江氏を持ち上げ、ライブドアの株価の上昇を手助けしたこと」 です。 武部がホリエモンを選挙に担ぎ上げたこと、その結果、ライブドアの株価上昇。 僕はこれがナンセンスであると思う。 しかし、違法行為であるかどうかが問題だ。 永田は違法行為があるから、今回の行動に出たので... [続きを読む]

受信: 2006/02/24 16:14

« 日本は「成熟した債権国」 | トップページ | おめでとう荒川静香! »