« 「中国ブランド」をめざす中国高速鉄道? | トップページ | 中国への警戒心を強める米国 »

2006/03/19

日本 韓国撃破!決勝進出

日本、韓国を完膚なきまでに叩きのめす!!!

fukudomeuehara















絶対に負けられない試合だった。日本は1次リーグ(東京ドーム)に続き、2次リーグ
(米国アナハイムのエンゼルスタジアム)でも韓国に負けた。
このとき、「僕の野球人生で最も屈辱的な日です」とイチローは言った。
これはイチローだけではなく、私自身にとっても、いや日本の野球ファン総てにとっても「最も屈辱的な日」だった。

イチローは、マウンドに太極旗を突き刺すという、韓国選手の非常識な「勝利の儀式」に、「不愉快でした」と怒りを露わにした。
私も、あの光景を見て、不愉快を通り越して、怒り心頭に発した。

昨日、イチローはきっぱりと言い切った。
「僕らに3つ目の負けは許されない。何が何でも勝ちにいく」。

第1ラウンド(東京ドーム)の韓国戦を前にして、イチローは「30年は手を出せないように(勝つ)!」と発言した。
これが韓国の猛反発を招く。

東亜日報は、オピニオン記事で、礼儀正しいヤンキースの松井とイチローを対比させ、「(韓国が)3連勝を挙げたなら、いくら軽率なイチローでも、帽子を脱いで謝りはしないか」と書いた。
中央日報は韓日のリーダー、李鍾範とイチローを比較し、リーダーシップの差がこれまでの結果につながっていると強調。「兄貴」としてチームを率いる李に対し、イチローは「選手たちは彼に近づくことさえできず、周りで持て余していた」と酷評した。
朝鮮日報はイチローの発言を「口は災いのもと」と、風刺画で皮肉った。

イチローは、そして日本代表は、絶対に負けるわけにはいかなかった。しかも、単に
勝利するだけではなく、「30年は手を出せないように(勝つ)!」必要があった。
そして日本は勝った。
一方的な、まさに完勝だった。
格の違いを相手に痛いほど思い知らせる、そんな勝ち方だった。

イチローは最初から闘志むき出しだった。初回から2打席連続ヒット。
日本が一方的に攻め続ける。
そして、日本のエース上原が快刀乱麻のピッチング。
速球の伸び、変化球の切れ、ともに抜群。7回を投げて86球、被安打3、8奪三振、無四球。韓国の打者のバットが面白いように空を切る。
7回、不振だった松中が2塁へ猛烈なヘッドスライディング。代打・福留が先制2点本塁打。これをきっかけに日本は打者一巡の猛攻。
そしてイチローのバットが5点目をたたき出す。
7回裏の韓国の攻撃。上原はヒットを1本打たれたが、3奪三振で押さえ込む。8回には多村がソロホームラン。
最後は守護神・大塚が空振り三振で締めた。

結果は6対0の完勝。

米国サンディエゴのペトコ・パークは、韓国のファンで満杯だった。初回から、日本選手に容赦ないブーイングの嵐。
しかし、日本代表は、力でブーイングの嵐をねじ伏せた。
そして、穏やかな表情で喜びのハイタッチを交わす。そこには余裕すら漂っていた。

俺たちは韓国とは違う。韓国に勝ったくらいでバカ騒ぎなんかできない。
俺たちの喜びが爆発するのは、キューバに勝って優勝したときだ!!!

ありがとう。日本代表。

ichirou

ichirouuehara













人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑日本代表に「よくやった」と言ってやりたい
  方はクリックをお願いします。

日本の先発オーダー

1番中堅・青木(ヤクルト)

2番二塁・西岡(ロッテ)

3番右翼・イチロー(マリナーズ)

4番DH(指名打者)・松中(ソフトバンク)

5番左翼・多村(横浜)

6番三塁・今江(ロッテ)

7番一塁・小笠原(日本ハム)

8番捕手・里崎(ロッテ)

9番遊撃・川崎(ソフトバンク)

●先発投手
日本は上原(讀賣)、韓国はソ・ジェウン(ドジャース)

●試合前
試合開始前に激しい雨が降り、グラウンドに砂を入れた。整備のため試合開始時間が遅れた。日本チームの選手たちは、ベンチの中で体を動かして、ウォーミングアップ。

●1回表
1番青木、初球を打って投ゴロ。
2番西岡は空振り三振。
3番イチローは一、二塁間を破る右前安打。
4番松中の初球にイチロー盗塁成功。2死二塁のチャンス、松中は三ゴロ。
日本、先制のチャンスを逃す。
●1回裏
1番イ・ビョンギュは左飛。
2番イ・ジョンボムは左中間を破る2塁打を放つ。1死二塁。
3番イ・スンヨプは高めのボール球を空振り三振。2死二塁
4番チェ・ヒソプ。上原のワイルドピッチで、二走が三塁へ。
2死三塁のピンチを迎える。チェ・ヒソプは1ゴロ。
上原踏ん張る。

●2回表
5番多村は遊ゴロ。
6番今江は3ゴロ。
7番小笠原のライトの頭上を襲う打球だったが、イ・ジンヨンの攻守でアウト。
●2回裏
5番イ・ジンヨンは2ゴロ。
6番イ・ボムホも2ゴロ。
7番パク・ジンマンは空振り三振。
上原は相手打線を3人で抑える。

●3回表
8番里崎は鋭い打球の遊ゴロ。
9番川崎はライトを頭を超える二塁打。
1番青木は四球。1死一、二塁.
2番西岡の打球は三塁へのライナー。一走青木の帰塁間に合わず、ダブルプレー。
●3回裏
8番チョ・インソンは三球三振。
9番キム・ミンジェは右飛。
1番イ・ビョンギュは3ゴロ。
上原の調子が上がる。この回はわずか9球で相手打線を抑える。

●4回表
3番イチロー、セカンドへの内野安打。
4番松中の4球目にイチロー2盗に成功。松中は3邪飛。
5番多村は大きな当たりの左飛。
6番今江は中飛。日本先制ならず。
●4回裏
2番イ・ジョンボムはレフトへの大飛球。ファールグラウンドで多村がキャッチ。
3番イ・スンヨプは右飛。
4番チェ・ヒソプは中飛。

●5回表
7番小笠原は左飛。
8番里崎は中飛。
9番川崎は2ゴロ。
●5回裏
5番イ・ジンヨンは中飛。
6番イ・ボムホは三振。
7番パク・ジンマンは左前安打。
8番チョ・インソンは中飛。

●6回表
韓国は投手を左腕のジョン・ビョンドゥに交代。
1番青木は左飛。
2番西岡は2ゴロ。
3番イチローは遊ゴロ。
●6回裏
9番キム・ミンジェは遊ゴロ。
1番イ・ビョンギュは三振。
2番イ・ジョンボムは3ゴロ。

●7回表
4番松中はライト線への2塁打、ヘッドスライディングで2塁へ。
韓国は投手交代、右下手投げのキム。
5番多村は三振。
6番の今江に代わり、代打は福留。
福留はライトへの2ラン。日本は2点を先制する。
7番小笠原は死球。
8番里崎への暴投の間に、小笠原は二塁へ。
里崎はワンバウンドで左翼スタンドに入るエンタイトル二塁打を放つ。二走小笠原が
生還し、3点目。
韓国は投手交代。
9番川崎は2ゴロ。
1番青木に代わり、代打は宮本。韓国は5人目の投手交代。
宮本は左前打。三走の里崎が生還して、4点目。
2番西岡は詰った当たりながら、右前に運ぶ。
2死一、三塁で、3番イチローが打席に。イチローは左前安打。三走の宮本が生還し、
5点目。
4番松中は2ゴロ。
この回、日本は打者一巡の猛攻で計5点を奪うビッグイニングに。
●7回裏
3番イ・スンヨプは見逃しの三振。
4番チェ・ヒソプは空振りの三振。
5番イ・ジンヨンは中前安打。
6番チョン・ソンフンは見逃し三振。
上原はこの回まで8奪三振の好投。

●8回表
韓国は投手交代。
5番多村は左中間スタンドへのソロ本塁打。日本は6点目。
6番福留は左飛。
雨が激しくなり、試合は中断。
1死ランナーなしから試合再開。中断時間は約45分。
7番小笠原は3邪飛。
8番里崎は左前安打。
9番川崎は見逃しの三振。
●8回裏
日本は投手交代。2番手はロッテの中継ぎエース、薮田。
7番パク・ジンマンに代わる代打パク・ヨンテクは、右飛。
8番は死球で、代走にキム。
9番キム・ミンジェは空振り三振。
1番イ・ビョンギュは中前安打。
2死一、二塁、2番イ・ジョンボムは遊飛で、韓国は2者残塁。

●9回表
韓国は7人目の投手、オ・スンハをマウンドへ。
1番宮本は3ゴロ。
2番西岡は遊ゴロ。
3番イチローは3邪飛。
●9回裏
日本は投手交代。三番手は押さえのエース大塚。
3番イ・スンヨプは空振り三振。
4番チェ・ヒソプは四球。
5番イ・ジンヨンは見逃し三振。
最後の打者は空振り三振でゲームセット。

6-0で日本は決勝進出を決めた。

▽投手
【日本】上原、薮田、大塚
【韓国】ソ・ジェウン、ジョン・ビョンドゥ、キム・ビョンヒョン、ボン・チュングン、ソン・ミンハン、ベ・ヨンス、オ・スンハ

▽本塁打
福留、多村

参照:ワールド・ベースボール・クラシック(毎日新聞)

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑日本代表に「よくやった」と言ってやりたい
  方はクリックをお願いします。

日本ブログ大賞2006にエントリーしています。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 「中国ブランド」をめざす中国高速鉄道? | トップページ | 中国への警戒心を強める米国 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

暫く旅行に出てて、帰ってテレビ点けるなり、運良く、福留のホームランが見れました。韓国に連敗してた事も知るすべなかっただけに、勝って当たり前(負けたら腹切ってやる)程度に見ていたが。

福留、イチロー、上原、惚れたぞ。
ガンバレ日本、キューバをやっけ、王さん胴上げだ!!
(ESPNの放送では、解説者が「オオサン」と呼んでた。)

投稿: NZ life | 2006/03/19 19:48

日本の7回表に福留選手にホームランを打たれて、火病って次の小笠原選手に死球を当てた朝鮮人はこういう奴です。

金炳賢(キム・ビョンヒョン)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E7%82%B3%E8%B3%A2

プライドが非常に高く、高慢な性格の持ち主で、チームメートとはほとんど会話がないとされる。2003年10月のディビジョンシリーズにおける試合前の選手紹介で、本拠地のアリゾナファンからブーイングで迎えられた際に観客に向かって中指を突き立てる侮辱行為を行い、強い非難を受けた。そのシーズンオフに韓国人記者に対して暴行事件を働いたことでも知られる。

ニューヨーク・ヤンキースを相手にしたワールドシリーズでは第4戦、第5戦と連続して9回2死まで好投しながら2試合連続で最終打者にホームランを浴びて救援に失敗するという歴史的にも例のない失態を演じ、ヤンキースファンから登板を乞われるほどだった

レッドソックス・金炳賢、チームメートからボイコット?
http://www.geocities.jp/savejapan2000/korea/k098.html

炳賢「カメラを投げただけ」 暴行を否認
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/11/10/20031110000090.html

記事いっぱい
http://www.doblog.com/weblog/myblog/31281?STYPE=1&KEY=59501

投稿: 野球万歳 | 2006/03/19 19:59

やっと、やっと嬉しいニュースが来ましたね!
韓国にいらんことを言われるのが我慢ならない毎日でしたが
いやー、すっきりした!
坂さんがおっしゃるとおり、余計な騒ぎもせず、粛々と去っていく日本代表
どっかの人たちに見習ってもらいたいもんです

投稿: あるす | 2006/03/19 20:00

韓国の反日意識の裏側には、日本に対する憧れ、羨望、畏れ等がある。
韓国は戦後日本を目標にこれまでがんばってきた。その点は評価しなければと思う。

WBCにおいて韓国は良く戦った。素人の判断だが、野球の技術レベルは、日本とあまり変わらないと思った。
イチローもそれを認めて、
「当初の発言は私の失言だった。韓国の野球のレベルは相当上がっている。」
これくらい余裕ある発言をしてほしい。
勝者だからこそいえる敗者へのはなむけだ。

投稿: プライム | 2006/03/19 20:09

たしかにピッチャーといい守備といい技術は日本とそん色無いと思います。
しかし、心がダメですね。

【WBC】イ・スンヨプ「日本に負けたとは思わない」 http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/19/20060319000035.html

【野球・WBC】九回の表でイチローにボールを投げつける韓国選手の行為に米解説者も呆れる [03/19]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1142758202/

投稿: どーぱ | 2006/03/19 20:26

完膚なきまでに叩き潰しましたね…(笑)
上原が阪神戦の方が凄いと言っていましたが、見事にブーイングを跳ね除けましたね。
決勝はキューバとの対戦。アマチュア最強のキューバとガチで戦って欲しいですね。
メジャー至上主義のアメリカ無しの決勝戦。ある意味皮肉かもしれませんが…その分、日本・キューバが盛り上げてくれるでしょう。

投稿: cassand | 2006/03/19 21:02

 今日のベストプレーは多村のフェンス激突キャッチだね。鳥肌立ったよ。

 上原も福留もすごいけど、消化不良だった日本チームをふっきらせたのはあのプレーだったような気がする。

投稿: 三等水兵 | 2006/03/19 21:10

早速のスレ立ちサンキュウ-です。
絶対勝つ!とは信じてたけど ニダ軍勢には完非無きまでの勝利が必要だった! 
久しぶり家族でテレビの前に噛り付きました
御灯明を試合の間中焚いて・・・
ありがとう!JAPAN!!!!!!!!!

投稿: K.Y. | 2006/03/19 21:11

 日本が勝ったのもうれしいけれど、イチローの日本のために闘志を燃やす姿を見れた事、もうれしいですね。イチローというと、個人的印象としては、チームが負けても自分は活躍する。といった、どちらかというと個人プレーヤーという印象が強く、大選手の割には、私の中では評価が低かったです。

 それが今回は、日本代表として人肌脱いだ上に、闘志満々の様子、この心意気こそが国民的スターにふさわしい。

投稿: める | 2006/03/19 22:41

感動しました
勝って本当によかったです
イチロー選手には感謝したい

投稿: nokan2000 | 2006/03/20 00:33

応援しすぎて、手が痛いです~。
でも、本当に良かった!
胸がすーとしました。なんだかつかえていたものがとれた感じです!
前はイチロー選手はとりわけ好きではなかったけど、今回の彼には感激しました。
韓国応援団の彼に対するブーイングの多さもものともせずに、実践する彼はやっぱりスターです!!
今日は王監督の選手起用がぴたりと当たって、小気味良かったですねぇ~!

投稿: dekotyan | 2006/03/20 00:45

勝ってほっとしました。
キューバは手強いです。彼らには「アメリカ何ものぞ」という勝つためのモチベーションがあります。しかも狡猾な野球をやってくる由。しかし、必ず勝ってくれると思います。

今回の韓国戦、1勝2敗でした。情報戦でやられましたね。私は韓国チームやファンの振る舞いに腹を立てるのではなく、彼らの緻密な情報戦をこそ学ぶべきだと思います。だから、韓国は6勝できたのです。それらは全てMBAと日本プロ野球で学んだものです。
日本チームはようやく、監督・スタッフと選手が融合して「日本チーム」になりました。
キューバを蹴散らしましょうよ。
そして、この厳しかった経験と教訓を継承すべきです。

投稿: さぬきうどん | 2006/03/20 00:46

>MBA

MLBです。失礼しました。

投稿: さぬきうどん | 2006/03/20 00:48

いつも、興味深く拝見しておりますが、今日は全く同意のお話で、TBさせていただきました。やはりイチロー選手が「不愉快です」と言ったのは「あのシーン」の事だったんですね?

ぜひ、王Japanには、勝ち負けに関係なく、決勝戦でもいい試合をして欲しいものです。(いや、どうせなら勝って欲しいですが)

投稿: wjaz | 2006/03/20 00:54

>マウンドに太極旗を突き刺す

それ、感じ悪すぎますよね。

マウンドは、神聖な場所。しかも、そこはアメリカのパドレスというチームの球場で、パドレスの選手でさえそんなことはしたことがないだろうし、次の試合でも使うはずのマウンドに旗を突き刺すなんて。。。ここが古巣だった大塚も怒っていました。

優勝したわけでもないのに。。。

投稿: ゆみこ | 2006/03/20 02:27

日本4勝3敗(韓国戦1勝2敗)
韓国6勝1敗(日本戦2勝1敗)
ということでやはり韓国から不満が出てますね。

第2回大会は個人的には審判の選択、特別ルールの廃止、ランキングを決めての組み合わせが必要に感じます。

「WBCのルール」という記事をTBさせていただきました。
http://appeal66opinion.dokyun.jp/archive/l-137810.html

投稿: TS@捻くれ者TSの暗黒世界で生きぬくために | 2006/03/20 07:27

 サッカーアジアカップの日中決勝戦みたいでした。今後百年ぐらい、中韓に対してあらゆる分野でこういう結果を出したいものです。

投稿: duzhe | 2006/03/20 08:58

負けてからルールにケチつけてるのはいつものことですねえ…。
決勝トーナメントを目標として作ってきたチームと、特定のチームに対する対抗心だけでやってきたチームの
志の差がはっきり出たってとこですよ。
ルールに負けたんじゃなく、己に負けたんだってこと。
ま、それが理解できないから彼らはいつまでたってもあのまんまなんだけどね。

投稿: kam | 2006/03/20 09:59

本当にスカッとする試合でした(ライブと再放送も見てしまいました:笑)。

まあ、ルールは確かにおかしいし、面白いカード、たとえばドミニカ、プエルトリコなどとアメリカ、日本、韓国などの試合がみられなかったことは、興味をそぐ理由の一つなので、次回は、異常な組み合わせをやめるよう「主催者」に意見を述べることは良いと思いますよ。

ただし日本にその不満の矛先を向けるのはやめてほしいですね。

アメリカも色々画策しても、勝てないことがわかったでしょうから、反省して考えなおしてほしいですね(もう第二回はないかもしれんが)。

投稿: ゆみこ | 2006/03/20 10:55

>当初の発言は私の失言だった。韓国の野球のレベルは相当上がっている

こう言っても中韓に、日本の品位は理解されません なめられて、つけあがるだけです
イチローの「30年、、、」発言を、自国に言われたと捏造して煽る韓国のマスコミも問題だと思います

投稿: nana | 2006/03/20 11:00

個人的に日本が勝ったら奴らは言うと思ってましたが・・・。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/03/19/20060319000034.html
男を下げる発言。シリーズ前からこのルールだったんだから潔く認めれば逆に男が上がるのにね・・・。

投稿: HGN | 2006/03/20 11:27

スポーツにすら反日というある意味日本に頼る事でしか自らの存在感示せない民族性が、
マウンドに太極旗を立てたり、ルールに負けたと負け惜しみを言ったりイチローにボールを投げるような子供じみたマネをするのでしょうね。

従軍慰安婦や強制連行などと言って日本から賠償を得ようとするタカリ根性と被って見えます。
哀れだなとしか言いようがないです。

投稿: yuki | 2006/03/20 11:40

ホントに勝ってよかったです。
スポーツに政治は持ち込まない主義(韓国へプロ野球を観に行ったりもしてます)ですが、「マウンドに太極旗」がどうして許せなくて、今度だけは何が何でも勝って欲しかった。
日本代表、ありがとう。

あと、日本と韓国の野球のレベルですが、1チームだけつくるなら、そんなに差はないですが、選手層の厚さは、日本のほうがずっと上じゃないでしょうか。
もし日本プロ野球から4チーム、韓国プロ野球から4チームぐらいで1シーズン戦ったら、上位は日本チームが占めると思います。

投稿: わか | 2006/03/20 12:31

殊勲は福留ですが、上原の気迫のピッチング、イチローの走攻守揃ったプレーなど、見所満載の試合でした。特に、相手がいい感じで守っている場面で、イチローがいやらしくかき回し、プレッシャーを与え続け、相手投手のリズムを乱していました。

韓国の鉄壁の防御は予想以上で、守備のうまさには舌を巻きました。エラーの少なさ、送球の速さ正確さ、非の打ち所がなかった。

アメリカ人の解説者は、あの程度の活躍はイチローなら当然、といった雰囲気で、明らかに別格扱い。数回の敗戦で、イチローの株が下がるなんてことはないんだなと思いました。

投稿: mikage | 2006/03/20 13:50

皆さんこんにちわ。
野球に関する記事で、こんなにコメントが来るなんて初めてです。
それだけ皆さんの関心が高く、鬱憤が溜まっていた、ということでしょう。
私もモヤモヤが晴れて、本当にすっきり。
心の底からうれしかったです。

ただ、韓国の日本に対するときの異様なまでの気迫。
これは今後も要注意ですね。

それから、米国の「国のために戦う」という意識の薄さ。
これからの米国にとってマイナスに働くような気がします。

投稿: 坂 眞 | 2006/03/20 14:43

この試合のMVPはと言われれば川上か福留でしょうが、日本チームを纏め上げ引っ張ったのは何と言ってもイチローでしょう。イチローは前から現代の侍のようだと思っていましたが、今回のWBCでますますその思いを強くしました。彼は自分に厳しく、余計なことを言いません。考え抜いて発せられる彼の言葉には、重みがあります。試合に負けてすぐルールがおかしいと言い出すイ・スンヨプあたりとは、人間としても格の違いを感じます。日本チームの得点がちょうど「51」になったのも、何だかまるで作ったようでした。勝つべきチームが勝った、と思います。

投稿: masa | 2006/03/20 17:10

こんばんは、坂眞さん。

私は野球に対して詳しくないものの、6-0でしょう。これがサッカーならば、3-0くらいな負けなわけで完敗でしょう。韓国人は、いつもの身勝手な主張もわかりますが、冷静に勝負を考えましょう。4安打完封負けでしょう。そして、日本に勝った試合も五分五分か、それ以上。見る人が見れば分かるというもの。それでも、結果がすべてとはいえ、制度を批判する前に、自分を省みるべきですね。

確かに、韓国は投手力でも、守備力でも素晴らしいものがありました。しかし、野球というゲームは点の取り合いであり、最終的に、得点の多いほうが勝ちです。日本に勝った二試合にしても、最少得点差。これが勝負強さかもしれませんが、最後までマジックは通じなかった。この意味も考えるべきでしょうね。

野球というスポーツは、サッカーほど、力の差がでにくいものの、数を踏まえれば分かるものです。単純に、野球は得点できないと勝てないもの。それを真摯に受け止めるべきだが。

明日は、いよいよ、キューバ戦ですね。

投稿: Mars | 2006/03/20 21:35

表題がマッチしていますので、時間を越えて書き込みます。

2007年12月、オリンピック出場権のかかった試合で、やはり韓国は偽装メンバー表作戦を用いました。
(中央日報の記事では、予め韓国記者には本当のメンバー表を渡していた様子)
記事ではルールに対する無知を責める論調です。

小生は、今回のオリンピックに関してはボイコットすべきと考えてはいますが、選手たちが頑張っていることは理解し、後出しジャンケンにもめげず勝ったことを高く評価し、喜んでいます。

本当に韓国はこんなことばかりやっていると、誰からも相手にされなくなってしまいますよね。

投稿: 10000001 | 2007/12/08 13:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9161270

この記事へのトラックバック一覧です: 日本 韓国撃破!決勝進出:

» WBC準決勝 日本、韓国に快勝 [VanVan diary]
王ジャパン、ついにやってくれました。 準決勝には進出したもののなんだかすっきりしなかった。 原因は韓国に連敗していることにつきる。 WBCでの韓国戦は1勝2敗ということにはなるが、なんとか面目躍如。 決勝は強敵キューバ。 アマチュア軍団とはいえ米大リーグのスタ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 18:36

» WBCで韓国勝利を願っていた朝日新聞 [反日活動から日本を守るblog2]
http://www.asahi.com/information/release/index.html 「ジャーナリスト宣言。」キャンペーン (2006/01/25)  本社は、1月25日の127周年創刊記念日から「ジャーナリスト宣言。」キャンペーンを展開 [続きを読む]

受信: 2006/03/19 19:24

» やったぜ日本! [さすらいのへたれプログラマ]
WBCには特に興味がなかったけど、とにかくね 韓国にだけは負けたらアカンのだよ! [続きを読む]

受信: 2006/03/19 19:44

» WBC 日本決勝進出 ~きっかけが勝敗を分ける?~ [徒然雑記]
たまには政治以外の事も。WBCについてコメントをば。 WBC準決勝戦、日本が勝ちましたね。 米国がメキシコ戦でまさかの敗退で、得失点差で日本が準決勝進出。最後まで諦めずに練習を続けた日本に、まさしく「神風」が吹いたのでしょう(笑)。 正直メジャーリーグ側が否定的だったので、WBCの楽しさは失われたと思いましたが、ここまで来たら、日本などで盛り上げるしかありませんね。 本当に松井(秀)の参加を望んでいました…これが本当に心残りです。 メジャーの威信台無しです。次のWBCでは積極的... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 20:56

» ワールド・ベースボール・クラシック3 [諸葛川]
日本、準決勝で韓国に勝利! 次は決勝戦、頑張れ日本代表! 王ジャパン決勝進出=6−0、韓国に雪辱 日本、福留の代打本塁打で韓国リード (アサヒコム) ← w 朝鮮日報(韓国)の記事 【WBC】「アナハイムの奇跡」…日本、準決勝進出 【WBC】韓国野球を米国中が絶賛 「韓国は地球上に存在する最高の野球チーム」 ←誰が言ったの? 韓国代表チーム最高です! きっと、宇宙一です! w 【WBC】パク・ミョンファン投手、ド... [続きを読む]

受信: 2006/03/19 23:36

» 言わんこっちゃない [未定]
Excite エキサイト : スポーツニュース 昨日に引き続き、運動音痴による、WBCのお話。 僕は、愛知県出身なので野球では「一応」、中日を応援するものである。だから、対韓国戦の準決勝、7回の福留選手の2ランホームランは、ひとしお嬉しい。多村選手のソロホームランも素晴らしいし、なんと言っても、チャンスを自ら作ったりチャンスを生かすイチロー選手も、やはり「頼りになる男」だと思う。因みにイチロー選手も愛知県出身だから、これまた誇らしい気持になる。 が、今回、韓国チームに二度ま... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 00:54

» 見たか!韓国 日本の実力を!! [ヨン様の南中山教室!]
やはり3度目の正直でありました。準決勝で韓国と3度対戦した日本、今日は実力を発揮し6対0で韓国を粉砕!これで決勝に進出することとなりましたが、試合の途中まではまたしても過去2戦と同じような投手戦で、日本にチャンスがあるも決定打が出なかったり凡ミスがあったりと嫌な展開。その度に血圧が上がったものであります。 特に7回の攻撃でランナー2塁でバントミスがあって進塁出来なかったときは怒りが最高潮に!そしてバント�... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 06:36

» WBCのルール [捻くれ者TSの暗黒世界で生きぬくために]
いよいよ第1回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)が始まる。第1回というのは会社の立ち上がりと同様大なり小なり問題が起きる。WBCが開催される事が決まってからも時期、ルール、開催国、出場国、出場選手等で問題になっていた。しかし今回はWBC特別ルールで行われる事が決まりこれがかなりクセモノである。特に問題なのは投手の球数制限がある事。・1次リーグ:65球まで・2次リーグ:80球まで・準決勝、決勝:95球まで・1試合50球以上投げた場合:中4日以上... [続きを読む]

受信: 2006/03/20 07:17

» 王ジャパン、決勝進出! [Nanyasoreの日記]
日本6−0韓国  やりました!たった今勝ちました! 快勝ですね。 さぁ、かの国の反応が楽しみですw [続きを読む]

受信: 2006/03/20 09:12

» 「勝つべきは僕らだ」日の丸イチロー [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
野球の第1回「ワールド・ベースボール・クラシック」(WBC)は昨日(18日・日本時間19日)、サンディエゴのペトコ・パークで準決勝を行い、日本は韓国に6−0で雪辱し、決勝 [続きを読む]

受信: 2006/03/20 11:35

» WBCに思う。 [親父の威厳BLOG.ver]
本当に”野球の神様ありがとう” [続きを読む]

受信: 2006/03/20 13:53

« 「中国ブランド」をめざす中国高速鉄道? | トップページ | 中国への警戒心を強める米国 »