« 中国の「がん村」 | トップページ | ふざけるな中共!!! »

2006/03/08

中国の李外相がまた妄言

中国の李肇星外相は7日の記者会見で、「日中関係悪化の原因は日本の指導者の
A級戦犯参拝だ」として、小泉首相の靖国参拝を非難した。
李外相は「この問題は非常に深刻だ。ドイツ政府当局者によると、戦後ドイツの指導者はヒトラーやナチスを崇拝していない」と強い調子で非難した。
中国の外相が公式記者会見で日本をこれだけ強く非難するのは異例で、今後は日本国内からの反発も予想される。

中国・李肇星外相
「日中関係悪化の原因はA級戦犯参拝」と靖国参拝を強い調子で非難

(2006/03/08 06:32 FNN HEADLINES)

この李外相は、昨年の11月にも、アジア太平洋経済協力会議(APEC)が開催されていた韓国釜山で記者団を前に、「ドイツの指導者がヒトラーやナチス(の追悼施設)を参拝したら欧州の人々はどう思うだろうか」と語り、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難した(非公式会見)。

そして外相は、「あれほど多くの人々を傷つけた戦争を発動した戦犯を日本の指導者が参拝することで、アジアの人々の気持ちが傷つかないかどうか、日本人は考えたことがあるのか」とも指摘。参拝中止に向け「基本的な善悪の観念を持つべきだ」と訴えた。

参照:ヒトラーに例え靖国参拝を非難 中国外相
(2005年11月15日 共同)

戦前の日本をナチスドイツになぞらえる。これで二度目である。前回の発言は、国際的な反響を呼ばず、単に我が国政府と国民の反発を買っただけだった。
知日派であれば、こんなバカげた主張は一笑に付す。が、海外では、日本の歴史など詳しく知らない人がほとんどである。これを狙っての発言であろうが、比喩のレベルが
あまりにもひどすぎて、今回も反発と失笑を買うだけだろう。

ヒトラー及びナチスの行ったジェノサイド(ホロコースト)は、まさに人類に対する犯罪で
あった。が、日本の行った戦争は、それが侵略であったか否かにかかわらず、「通常の戦争」である。
良識というか常識というか、普通の感覚であれば、まずこういう発言はしない。まさに
日本国及び日本国民を侮辱し、貶めるためのプロパガンダ以外の何ものでもない。

FNNの『めざましテレビ』でも、司会の大塚範一アナが「それにしてもしつこい。こんな
ひどい内容の発言は、国民の反発を強めるだけで逆効果だ」という旨の指摘をしていたが、そのとおりである。
日本政府は、このような、我が国を意図的に貶めるような発言を見逃してはならない。記者会見等で反論し、外交ルートを通じて抗議するべきである。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑中国外相の妄言に
  怒りを感じる方はクリックをお願いします。

日本ブログ大賞2006にエントリーしています。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 中国の「がん村」 | トップページ | ふざけるな中共!!! »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

ドイツ人は可哀想ですね。「ホロコースト」という怪しげなもに振り回されて,と言う話もあります。
あんまりおおっぴらに言うと,ドイツの法律で裁かれるそうですけど。

ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html

投稿: ペケ | 2006/03/08 15:50

こんにちは。いつもお世話様でございます。
またしてもヒットラー発言、焦りがあるのでしょうか。
こちらからのTBがうまくいきませんのでこちらにリンクさせて頂きました。一寸話の趣旨が違うかもしれませんがよろしくお願いいたします。
http://blog.goo.ne.jp/sakuragaokanogen/e/1091646582eb7a15ef0a48bdb7db5706

投稿: ヨン様 | 2006/03/08 16:14

 つまり、「中国の指導者が毛沢東(の追悼施設)を参拝したらチベット・東トルキスタン・モンゴル・ベトナム・カンボジア・インド・・・・・の人々はどう思うだろうか」と言うことでしょ。

投稿: duzhe | 2006/03/08 16:56

何時も楽しく記事を読ませて頂いております。
中国はアメリカにも、靖国問題で日本に圧力をかける様、非公式で行っていますね…
TBさせて頂きましたが(昨日の記事ですが)、国論分割などを狙いなどがあるらしく。今のところ、中国に主導権を握られてしまってますね…
ただ小泉首相は「靖国参拝は既に外交カードにならない」と跳ね除けましたね(笑

投稿: cassand | 2006/03/08 17:03

「ユダヤ製国家日本」徳間書店
東条英機はユダヤ人救出命令をだしてたみたい。ヒトラーとは違います。
立ち読みでしたので間違ってたらすみません。

投稿: 学生 | 2006/03/08 17:28

東京裁判被告として選ばれながら、途中で死亡したために裁かれることがなかった松岡洋右は満鉄総裁の時に、ソ連を追われたユダヤ人救助のための列車を手配しました。
この時、救助要請を行った樋口季一郎はソ連から戦犯訴追をされながら、ユダヤ人たちから反対の声が上がったために沙汰闇になりました。

投稿: DUCE | 2006/03/08 18:19

極端な貧富の差に対する農民の不満、党幹部の汚職腐敗、深刻な環境破壊など中共内部の崩壊を告げる足音の高まりに怯えている胡錦涛政権の焦燥が、李外相のヒステリックな妄言に繋がったのでしょうね。

投稿: yuki | 2006/03/08 18:57

こんばんは、坂眞さん。

やはり、中国人は自分の事(懲罰戦争の名の下に、ベトナム侵攻した事や、南沙諸島におけるフィリピン侵略など)は棚に上げ、他者を責める者ですね。また、虐殺という点では、日中戦争以上の死者を出した文化大革命や、現在進行形のウィグル・チベットの事はどうでしょう。また、歴史認識においても、大戦以前に中国に侵攻したのは、日本のみならず、欧米諸国もしかりです。勝谷氏ではないですが、「ガキがワガママを喚き散らしているだけ」と思います。が、こんなア○な内容でも(それが中国の離間の形であることも)、知りつつ反日行為するのでしょうかね、反日日本人は。

投稿: Mars | 2006/03/08 19:15

す、すみません。
2重にTBを送ってしまいました。
お手数をかけますが、よろしくお願いいたします。
「現職の外交当局トップの地位にある人物が他国の指導者に対し『愚かだ』とか『不道徳である』といった品格に欠ける表現を用いるのは外交儀礼上、不適切だと思う」と、官房長官が発言していますが…
これでは、抗議しているとはいえないようです。

投稿: super_x | 2006/03/08 19:51

めざましの大塚さんは、かなり左寄りの人間だと思うのですが、そんなことを発言されたのですか。是非見たかったです。

投稿: ぱ2 | 2006/03/08 20:24

ヒトラーってドイツ人じゃないんですよね?
ドイツ人にとっても迷惑ですよね、みんなドイツのヒトラーって言うから。

投稿: 法大生 | 2006/03/08 21:03

 ナチスって国家社会主義同盟とか連合のドイツ語の頭文字でしょ。
国家社会主義の中共がナチスを引き合いに出すこと自体に大いなる矛盾を感じますね。
二十一世紀のナチズムは小泉内閣に率いられてい日本ではなく、中共にこそその萌芽が見られるのではないでしょうか。

投稿: yuki | 2006/03/08 21:28

狂っている!!としか言いようがないですね。
『やじうまプラス』の勝谷誠彦さんはこうキッパリ言ってます。
http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=31174&log=20060308
引用>大日本帝国は民主国家であっていかなる独裁者もいなかった。むしろ一党独裁で国民にイデオロギーを押しつけている点では中共こそがナチスであり胡錦濤はヒトラーではないか。ヒトラーが虐殺したのはユダヤ人だが毛沢東は自国民を2000万人も殺した。ヒトラーは隣の弱国ポーランドに侵攻したが支那は同じく隣国チベットを侵略した。これほどナチスドイツに酷似した国家が21世紀に存続していることの方が驚異だと麻生外相は世界中のをプレスを前にハッキリと言った方がいい。

いいですねぇ。2000万人ってのは言われているより少ない気もしましたが・・・。

投稿: 岩手の田舎人 | 2006/03/08 21:46

たまたま昨夜ニュース10を見て、このオッさんまたこんなこと言っていると怒りつつ呆れたのですが、NHKがこの妄言を長々と流し、ミスリーディングするようなコメントを記者とアナウンサーが一緒になって言っていたのには、もっと腹が立ちました。このような偏向報道を変えさせるには、不払い運動しかないのでしょうかね。

投稿: ぬらりひょん | 2006/03/08 22:04

時代錯誤の印象プロパガンダとはまた中共らしい。チベットでは6000の仏閣の破壊し、寺院に納入された黄金宝物を略奪し、僧侶には「奇跡が起こるなら飛んでみろ!」と崖から突き落とす。大衆には「ダライラマの替わりに偉大なる毛沢東主席を礼拝しなさい」とは恐怖政治の地獄をまざまざと見せつけた鉄のカーテンの向こう側ですが、ナチスドイツの宣伝大臣ゲッペルスいわく「ウソも100回言えば本当になる」 これを実践させてはいけないのです。

中共の簡単な侵略史

1949年 中国がウイグルを侵略
1950年 文化大革命・中国国内外で以降粛清・民族浄化及び餓死で3000万人以上が死亡
1950年 中国が朝鮮戦争に参戦で国連軍を攻撃
1951年 中国がチベットに侵略し現地民120万人を虐殺
1958年 中国が台湾の金門島に侵攻
1959年 中国がインドと国境紛争、カシミール地方を占領
1969年 珍宝島で中国軍がソビエト軍と衝突

↑軍国主義覇権主義侵略者中共(笑)

投稿: JSF | 2006/03/08 22:06

「NAZI」は「国家社会主義ドイツ労働者党」が正式名称で、「社会民主党員」を「ゾツィ」と称していたのに倣って「ナツィ」と呼ばれたものです。
党名の頭文字を取った略称は「NSDAP」と言います。

で、李肇星は形振り構ってられないのか本気で無知なのか。
中共には早く歴史から退場して欲しいですね。

投稿: 煬帝 | 2006/03/08 22:23

さすが、中華的妄言を吐き散らす外相の愚かで不道徳な発言の見本さながらですね。
確かにこの人物ではなかったですか。「中国は歴史上1度も他国に侵略したことがない」と歴史認識ゼロの発言をした高官がいました。
中国人は永遠に世界の田舎者で進化を知らないのです。自国の意見イコール全世界の見識と妄想の塊。

ナチスを糾弾するユダヤ人団体と中共は実は仲良しです。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html

投稿: mugi | 2006/03/08 23:02

これはプロパガンダだね。
近い将来の軍事攻撃を含み、今後、中共が日本を様々な場面で攻撃するときの口実作りだね。
日本=地球上に残る悪の国、それを善の代表としての中国が正義の闘いをしているっていう既成概念を作ろうとしているんだね。
そしてこういう相手には、とたんに思考停止になって従順になるお役人様。
天下り先を拡充するときにみせるあのエネルギーとシャープさを出してみいや。
まあ、日本人もだんだんに目が覚めていくんだろうけどね。

投稿: miekun | 2006/03/09 00:58

広辞苑に載っていたファシズムの説明です。どうです?どこかの国にぴったりあてはまりますよね。侵略的政策は本格的にはこれからかもしれないですが。↓

全体主義的或いは権威主義的で、議会政治の否認、一党独裁、市民的・政治的自由の極度の抑圧、対外的には侵略政策をとることを特色とし、合理的な思想体系を持たず、もっぱら感情に訴えて国粋的思想を宣伝する。

投稿: ゆみこ | 2006/03/09 01:41

>日本政府は、このような、我が国を意図的に貶めるような発言を見逃してはならない。記者会見等で反論し、外交ルートを通じて抗議するべきである.

確かに。言われっぱなしではあまりにも芸がない。きちんと反論すべきだと思います。
 しかし、小泉総理は依然として靖国参拝は続けています。麻生外相も、おりにふれ、中国の批判は気にしないでよいと述べています。つまり、中国の靖国参拝批判は、外交におけるカードとして使い物にならないということになります。中国はこのことを感じているにもかかわらず、しつこく靖国参拝問題をとりあげ批判してくる。この意図は何かということを考えてみると、国内向けのパフォーマンスではないかという気がしてくる。広大な国土を有し、異なる言語をもつ多数の民族が混在する中国という国家を一つにまとめるためには、共通の敵をつくりだすことで、連帯を作り出す必要があった。その敵として日本が選ばれた。日本の総理が靖国神社に参拝する事は、恰好の攻撃材料である。それを攻撃することで反日感情を煽り、連帯を作り出す、という作戦であろう。
 総理もその辺は分っているから、靖国参拝は止めそうにない。また、仮に止めても別の口実を見つけて反日を煽るに違いないと予想するからだ。
 こう考えてみると、中国の靖国参拝批判は中国国内に向けたプロパガンダであり、そう気にする必要はないのではないかという気もしてくる。

投稿: プライム | 2006/03/09 02:24

 同じ事を繰り返されると、脳内ネットワークができあがってしまう。

日帝→ナチス
A級戦犯→ナチス幹部
東条英機→ヒットラー
靖国神社参拝→ヒトラーやナチス(の追悼施設)参拝

 こういう事を連呼され続けると、脳内ネットワークが出来てしまい、関連語としてつながりが出来てしまう。そうなると、それが自然に思えてくる。当たり前になり、既成事実化してしまい、なんの疑問も持たなくなる。まさに思考停止、条件反射の世界です。

 このような繰り返しによる擦り込みは、究極的にはおろかではあるが、人を動かす強力な力です。所謂、パブロフの犬です。

 日本人も正確にものを言うだけでなく、もっと粘り強く、強力な力となる方法で対抗しなければならない。

投稿: める | 2006/03/09 05:01

日本協会の川淵三郎キャプテン(69)は7日、日本、中国、韓国3カ国の五輪代表(U-21=21歳以下)による交流戦を計画していることを明らかにした。歴史教科書問題などで日本と中韓との関係が冷え込み、政財界の複数から「サッカーを通じた交流で相互理解ができないか」と要請され、中韓両協会へオファーしていた。今年、来年とホームアンドアウエー方式で、08年北京五輪を目指す3カ国の代表を対戦させ、強化と交流を図る予定だ。

同キャプテンは試合前に両国代表メンバー20人ずつ、さらにボランティアの通訳を20人入れて、両国選手が1対1で交流できるような場を設けることも計画。また、日本五輪代表のキャンプには有識者を招いて、日中、日韓の歴史を選手に勉強させるための講義も実施することにしている。同キャプテンは「交流の場を設けることで、相互理解を深めることにもなる」。日本協会では平田竹男GSをプロジェクトリーダーに、遅くとも5月までに詳細を決定することにしている。
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060308&a=20060308-00000032-nks-spo

明らかなサッカーの政治利用、若い選手への歴史認識植え付けが進んでいます。
電凸先は下にあります。ご協力よろしくお願いいたします。

◎ 日本サッカー協会))http://www.jfa.or.jp/outline/index_new.html
TEL 03-3830-2004(代)
FAX 03-3830-2005

投稿: fuzi | 2006/03/09 09:56

金日成・正日親子のやったこと/やっていることは、「人類に対する挑戦、史上空前の蛮行」だと思うのですがね。その金正日を庇護している中共には何も言う資格はありません。

なお、金親子に匹敵する「人類史上最悪の犯罪者」は、スターリン、毛沢東、ヒットラーでしょうか。この4名(組)の中では、ヒットラーの凶悪度が一番低い感じもします。

投稿: おやじ | 2006/03/10 16:08

確かに、ドイツは、第二次世界大戦直後に世界に向かって謝罪しました・・その謝罪は「われわれには責任が無いが故に世界に向かって謝罪する」という趣旨の首相発言であったはずです。ドイツは、全てヒトラーとナチスがやったことで、われわれには責任はないと、体よく逃げたとも言える。と言うか、ナチスがしでかした「ユダヤ人問題に対する最終的解決」としての600万ホローコスト(大虐殺)の現実を前にしては逃げるしか方法がなかったのが実情だったと思う。そのドイツを引き合いに出して、日本の指導者に「正しい歴史認識をもて」と声高に喚く姿勢は実におぞましい・・・中国がナチスをい引き合いに出すのであれば、ドイツの政府高官の言質をとるのではなく、無理な話だろうが、イスラエルの政府高官を相手に話をすべきだったと思いますがね・・・・・毛沢東体制下での数千万とも言われる同胞の殺戮、チベット侵攻には「愛国無罪」とばかりに不問にし、他国には「正しい歴史認識」とは笑止千万・・・中国独裁政権は20世紀の第二のナチスなのだろう・・・・それにしても、中国の李肇星外相の顔は、何度見ても、これが国連の常任理事国の外相か?と、呆れるほどに人品卑しいというか、己には優しく、他人には厳しくを絵に描いたような人間に見え、中共の人材涸渇の極みを象徴するように思える。まぁ単に、他人に厳しいだけなら珍しくはないが、国際化著しい現代世界で自国では情報遮断による言論統制、日本には下劣なプロパガンダで恫喝の繰り返し・・・李肇星外相が繰り返す妄言も、いつ崩壊してもおかしくない中国の国内事情を的確に反映しているとしか思えない。いま、中国で何が起こっているのか?と、実に目が離せない日々が続くだけに、このブログの存在がありがたいと思う。

投稿: 疑問符 | 2006/03/10 16:30

皆さん、コメントありがとうございます。

昨日から今日にかけて、ココログがメンテナンスとシステム障害で機能せず、参りました。

新しいエントリーも、昨日の13時にはでき上がっていたのに、アップ不可。

まあ、中共は、次のエントリーにも書きましたが、誠意とか好意が通じる相手ではない。
こんな国を「友好国」と呼んで、気を遣う輩の心境が理解できません。

投稿: 坂 眞 | 2006/03/10 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/8990256

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の李外相がまた妄言:

» 中国外相、靖国問題で駄駄をこねる! [閑話ノート]
中国の李肇星外相は7日の記者会見で、日中関係が困難に直面している原因は「日本の指導者が侵略戦争を指揮したA級戦犯を参拝し続けていることにある」と改めて指摘し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を激しく非難した。 李外相はドイツ政府や米政府関係者の言葉を引用する形で、「ドイツの指導者は1人としてヒトラーやナチスに崇拝を表明していない」「日本の指導者は愚かで不道徳」「米国人は1941年12月7日に起きたことを忘れていない」など矢継ぎ早に日本を非難。「このような事例は�... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 15:50

» 中国の強引な政策、絶対に譲るな! [徒然雑記]
共同開発で中国が新提案 原則論で激しい応酬も 【北京7日共同】北京で行われていた東シナ海の天然ガス田開発をめぐる日中政府間協議が7日終了し、日本側によると、中国政府は共同開発に向けて新たな提案を日本側に示した。具体的内容は不明だが、中国側は東シナ海の日中中間線より日本側の海域だけを共同開発の対象範囲とする主張を崩しておらず、日本にとって厳しい提案である可能性が高い。日本側は同案を持ち帰って検討する考えを伝えた。  中国政府はまた、中間線付近の中国側で開発を進めている「春暁」(日本名・白樺(しらか... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 16:59

» 中国は日本との戦争を望むのか? [やじざむらい的日々雑感]
 昨日まで中国の北京で行われていた日中局長級協議。東シナ海ガス田問題が進展しない中、協議に先立って訪中していた媚中派の二階経産相は『中国側から新提案がある』と話していまし [続きを読む]

受信: 2006/03/08 19:32

» 親中派がやることは… [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 ったく、こんな国とは永久に首脳会談なんかしなくてもいい。 中国に進出する企業も、いい加減に目を醒ませってことだ。 6日の産経新聞朝刊から…  中国 首相の靖国参拝問題 米に対日圧力働きかけ 複数の米国政府関係筋は5日までに、中国政府が日本の首相の靖国神社参拝に対し、米国のブッシュ政権から日本への抑制の意向を伝えさせようと非公式に米側に要請していることを明らかにした。 中国側は在米の外交官や政府直属の学�... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 19:38

» 親中派がやることは… [SUPER-X.COM]
こんばんわ、super_xです。 ったく、こんな国とは永久に首脳会談なんかしなくてもいい。 中国に進出する企業も、いい加減に目を醒ませってことだ。 6日の産経新聞朝刊から…  中国 首相の靖国参拝問題 米に対日圧力働きかけ 複数の米国政府関係筋は5日までに、中国政府が日本の首相の靖国神社参拝に対し、米国のブッシュ政権から日本への抑制の意向を伝えさせようと非公式に米側に要請していることを明らかにした。 中国側は在米の外交官や政府直属の学�... [続きを読む]

受信: 2006/03/08 19:38

» 日中関係意識調査 [東京生活案内熟年雑談情報]
外務省が3月29日、「日中関係に関する意識調査」を発表してます。改善は不可能... [続きを読む]

受信: 2006/03/30 22:34

« 中国の「がん村」 | トップページ | ふざけるな中共!!! »