« 教科書の正常化と韓国の難癖 | トップページ | 厚顔無恥なポマード野郎!!! »

2006/03/31

中共は赤ん坊を煮て肥料にしていた

イタリアのベルルスコーニ首相(写真右・左は胡錦涛)は25日、「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にしていた」と発言した。中国の駐イタリア大使館が「根拠のない話で、強い怒りを感じる」との声明を発表するなど波紋が広がっている。
30日付で中国日報などが伝えた。

ベルルスコーニ首相はフランスで1997年に出版された「共産主義の黒い記録」という
書籍を参考にして発言したという。

中国側から抗議を受け、ベルルスコーニ首相は29日「耳障りが良くない発言だった」と認めたが、謝罪は拒否した。

さらに「自分の言動によって、イタリアと中国の外交関係が危機的状況に陥ることは
ない」「両国関係は非常にうまくいっている」と述べた。

2006年は中国で「イタリア年」に当たっており、両国の交流に影響が出る可能性もある

伊首相「中国は赤ん坊を煮て肥料にした」中国激怒
(2006年3月30日 中国情報局)
Berlusconi



















中国が激怒するのは当然であろう。2006年が中国で「イタリア年」に当たっているだけになおさらである(笑)
ただ、今の中国も人命軽視社会だが、毛沢東時代のそれは、我々の想像をはるかに
超えていた。だから、このベルルスコーニ伊首相の発言を、単なる放言や失言として
片づけるわけにはいかないのだ。


彼らは人命というものを全然尊重しませんからね。それは日本人は忘れているけれども、文化大革命で3000万(人)、毛沢東は自分の国民を殺した。あのころ、ポンピドー(ジョルジュ・ポンピドー:仏第5共和制2代大統領)がですね、前のフランス大統領が
行って、「あなた、本気で水爆使って戦争するんですか、アメリカと」と言ったら、「いや、場合によったらするかもしらん」と言うから、ポンピドーが驚いて、「そんなことをしたら
数千万の人が死にますよ」と言ったら、毛沢東が、「うちは人口が多いから、それぐらい死んでも丁度いい」と言った。

上記の発言は、2005年10月28日の定例記者会見における石原慎太郎都知事の発言である。

ユン・チアンさん。ご存知の方も多いであろう。そう、あの世界的ベストセラーになった『ワイルド・スワン』の著者だ。
そのチアンさんが、新著『マオ- 誰も知らなかった毛沢東』の中で、「毛沢東は大躍進のころ食料輸出を優先させて3800万人を餓死、過労死させたのを始め、生涯で実に7000万人を非業の死に追いやった」と書いている。
そしてインタビューで、「実際、彼は中国人民の半分は死んでも構わないと発言していたのです」と述べている。

中国共産党の統治下では、死人の肉を煮込んで食するということが、しばしば現れた。更に他の地区から逃げてきた人や、自分の子供まで殺して食べてしまうことも、発生した。次のような事例があった。

「ある農家では家族は次々と食べられ、父親と一男一女の子供しか残らなかった。ある日、父親は娘を外へと行かせた。その後、娘が戻ると、弟がいなかった。あるのは、鍋に油が浮きプカプカとしている白っぽいものであった。そして、釜の横には骨が放リ出されていた。
娘は恐れドアの外で号泣した。父親に『お願いです。お父様、私を食べないでください。私は芝刈りをし、火を炊いてあげます。私を食べたら、誰もお父様の面倒を見る人が
いなくなります」
(作家・沙青氏の報告文学「依稀大地湾」より抜粋)

これは、ユン・チアンさんが「3800万人を餓死、過労死させた」と言う「大躍進」時代(1955年~1959年)に起きた話である。
大躍進政策による餓死者数は、2000万から5000万と言われているが、はっきりした
数字は分っていない。

私は残念ながら、フランスで出版されたという『共産主義の黒い記録』という書物を読んでいない。が、そこに書かれた、「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にしていた」というのは事実ではないか!!!
毛沢東率いる中共が支配する社会では、現実に起こりうる話だからである。

中共は、日本軍国主義の「残虐な過去」を非難する前に、自らの、歴史に例を見ない「残虐な過去」を反省せよ!!!

そうすれば、年間の暴動や騒乱は8万7千件にのぼる(中国公安省)、年間の災害も69万1057件で死者は11万9827人に及ぶ(国家安全生産監督管理総局)という、
非人間的社会でしか見られない現象も、いくらかは改善されるであろう。

参照1:人民元の表はヒトラーのような人物
参照2:中国共産党の殺人の歴史を評する
参照3:大躍進政策

【追記】
ベルルスコーニ伊首相が、『共産主義の黒い記録』という書物の記述に基づいて、「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にしていた」と発言した背景として、
次のような出来事があった。

欧州議会の政治事務委員会(the Political Affairs Committee of the Council of Europe Parliamentary Assembly)は昨年12月14日、、「共産体制の罪状を非難する
必要性」と題する報告書を採択した。そのときに、この『共産主義の黒い記録』の内容が引用されたのである。

ベルルスコーニ伊首相は右派に属する政治家であり、共産主義の残酷さをアピールするために、今回の発言をしたものと思われる


【大紀元日本12月29日】欧州議会における議員理事会の政治事務委員会(the Political Affairs Committee of the Council of Europe Parliamentary Assembly)は12月14日、フランスのパリで会議を開き、「共産体制の罪状を非難する必要性」と題する報告書が通過された。
本報告書はスウェーデンの議員ゴラン・リンドブラート(Goran Lindblad)氏により起草され、以下の3つの部分から構成されている。以下は、その概要をまとめたもの。

決議草案

欧州ではすでに崩壊した共産政権は、大規模に人権を侵犯する本質を持ち、集団虐殺や、飢餓、酷刑、力の略奪などの国家テロリズムを繰り返してきた。大半の被害者は共産政権の国民であり、共産主義の党則には「敵対勢力と見なす相手をすべて容赦なく暴力排除する」と明記している。

この原則をもとに数々の国家犯罪を実行され、いまだに継続されている。それに対し
一部の国は国家利益のため、こうした共産政権の罪状を非難することを拒んでいる。
欧州において共産政権が崩壊した後、国際社会はナチスと同様に徹底的に共産体制の罪状を調査すべきであり、民主社会は共産政権に対する認識は非常に不十分である。

欧州議会の権力機構Committee of Ministersへの提案書

共産政権に統治されていた欧州国家は、独立権限をもつ専門家の委員会を結成し、
共産時代における人権犯罪の証拠収集に乗り出すことを提議する。
それに加え、①声明文を公開し、共産政権の罪状を厳しく非難する ②全欧州で教科書を訂正するなど、民衆が共産政権による犯罪を深く認識できるよう啓蒙活動を展開する ③政界や専門家、民間団体NGOが連携で関連する国際交流会議を開くことを要請する。

備忘録

共産党は政権を設立、維持するために、個人と集団に対する虐殺を繰り返し、国家権力を犯罪行為に濫用してきた。
『共産主義の黒い記録:犯罪、テロと鎮圧(Black Book of communism: crimes, terror et repression)』によると、中国共産党が6500万人以上の人を虐殺し、2番目の前ソ連は2000万人を殺したという。現在一部の国家は、政治と経済利益のために、共産政権とくに中国に対し、このような犯罪行為を非難することに躊躇している。

欧州議員理事会:共産体制の犯罪に関する報告書を通過 2005/12/29

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑ベルルスコーニ伊首相の発言に
  喝采を送る方はクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 教科書の正常化と韓国の難癖 | トップページ | 厚顔無恥なポマード野郎!!! »

中国(社会)」カテゴリの記事

コメント

一応『共産主義黒書』というのが日本語版の一般的タイトルです。部分訳が出版されていたはずです。

投稿: んー | 2006/03/31 12:10

これが共産主義体制における、人民の扱いですよね。
中国なら、「うわッ!」びっくりするような内容でもありません。
もともと残虐な殺し方をする民族。
そこに、共産主義が入ったもんだから、人道なんてあったもんじゃないですよね。

戦前や日清戦争でも、中国慰留民は、残虐な殺され方をしmしたよね。

そして。上海総領事館員の自殺も、中共の影響。

彼が遺書に残したのは、「私が中国から出るには、日本を売るしかない。だからこの方法しま出るすべはありません」

現代においても、悲劇は繰り返しています。

投稿: のぶにい | 2006/03/31 12:30

本当に怖いい国です。現在完了進行形ですよ。

法輪功学習者から臓器摘出、中国の臓器売買の実態
http://www.epochtimes.jp/jp/2006/03/html/d52158.html

●瀋陽・北京の病院、生きている人体から腎臓摘出

●邦人の臓器移植遠征地・中国瀋陽、生きた人体から角膜摘出の内幕 06

●証人が暴露、中国秘密刑務所で生きた人から臓器摘出

●中国の臓器売買と人体標本の疑惑を語る一体の人体標本 06

http://www.epochtimes.jp/jp/spcl_sjt.html

投稿: 花子 | 2006/03/31 13:07

現在でも食用で赤ん坊を茹でちゃってますからね...

投稿: ιょぅ | 2006/03/31 13:22

共産主義の残虐性に対する認識は、日本より欧州連合(EU)加盟国の方が、正しくしっかりしているようですね。日本にもベルルスコーニ伊首相のような正しい中国認識を持った首相が、現れてほしいと思います。ミケ

投稿: 屋根の上のミケ | 2006/03/31 14:35

私は、ヨーロッパのノムヒョンみたいな男だから、ベルルスコーニ(整形野郎)は大嫌い。
中共に対する認識は正しいのかもしれないが、コイツは何処の国(日本も)にも同じ様な事を言うし、毒舌を通り越して、自尊心の高すぎるバカだと思ってます。
安倍さんの中共への再攻撃が始まりましたね。堂々と戦って欲しい。

投稿: NZ life | 2006/03/31 15:30

異民族に対する侵略や殺戮、死者に鞭打つ漢民族の悪習慣、国内での王朝交替毎に繰り返された何千万人単位の大虐殺といった、残忍で非人間的な中国史の陰の部分をあえて白日のもとにさらした「真実の中国4000年史」杉山徹宗著を日本のみならず世界中の人々に周知徹底し、シナ人を真っ当な人間に矯正したいものだ。

投稿: 鹿 | 2006/03/31 15:49

>現在でも食用で赤ん坊を茹でちゃってますからね...

確かに、思わず吐き気で絶句するような食文化が残っています・・・これも中国4000年の歴史が育んだ食文化のひとつですかね・・・心臓の弱い方は決して見ないでくださいよ!!
http://s2.muryo-de.etowns.net/~china/

投稿: 疑問符 | 2006/03/31 16:53

EUは信用できない。共産主義は悪と言いながら、武器を中国に売ろうとしてた。

投稿: 学生 | 2006/03/31 17:30

恐ろしさが良く判ります。

>武器を中国に売ろうとしてた。

日本の企業も売っていましたから、EUでは括れないのでは。

投稿: MultiSync | 2006/03/31 21:48

スターリンも、ウクライナ人をかなり餓死させてますよね。もちろん、反体制の人々もたくさん殺したりシベリア送りにしてますし。従わない国民は容赦なく殺す、というのは共産主義の側面の一つですよね。

投稿: ゆみこ | 2006/03/31 22:01

これでは産経新聞市場でブッシュ大統領が
「私は、『毛沢東の真実』と言う本で毛沢東の時代
の『支那』が如何にスターリン的なものであったと
確信した}と公言する筈です┐(´ー`)┌
・・・・・と、とりあえず単純にコメントしますm(__)m

投稿: abusan | 2006/03/31 23:29

媚中派の連中、こんな残酷な記事を見たら、今日は4月1日だと思うでしょうが、肥料のだしではなくて食べてしまうし、妊婦の腹を開けプラスチックで固め医学標本にしてしまう、女性囚人をメッタおもちゃにしてしまう。
地獄絵ですね。嫌中派ではなく人間として、このオゾマシイ行為を止めなければならないと思う。

投稿: 暇人28号 | 2006/04/01 08:43

中国共産主義下で死人の肉を食するおぞましきことは
「共産主義黒書 コミンテルン・アジア篇」にも、
「魏京生はいかにして毛沢東主義と決別したか」
の小見出しの文に載っています。
子供を交換してから食したことが書かれています。

投稿: kawa | 2006/08/11 11:21

わたしは中国人だよう。ひどい話。

投稿: | 2009/01/02 17:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9345530

この記事へのトラックバック一覧です: 中共は赤ん坊を煮て肥料にしていた:

» 細かい捏造・・・w [Coolog]
イタリアのベルルスコーニ首相は面白いです(^^/ つい昨日も「共産主義者は赤ちゃ... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 11:55

» 上海領事館員の遺書公開 媚中政治家の責任を追及すべき時が来た [屋根の上のミケ]
html font size=5上海領事館員の遺書公開 媚中政治家の責任を追及すべき時が来た/b/font font size=3  中国の情報組織から脅されて自殺した上海の日本総領事館員の遺書が読売新聞のスクープで明らかになった。女性を餌にして、相手国の外交官を恐喝するという卑劣なやり方だ。明白な「ウィーン条約違反」行為だ。  女性の色香に騙されたということで..... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 14:31

» 上海領事館員の遺書公開 媚中政治家の責任を追及すべき時が来た [屋根の上のミケ]
html font size=5上海領事館員の遺書公開 媚中政治家の責任を追及すべき時が来た/b/font font size=3  中国の情報組織から脅されて自殺した上海の日本総領事館員の遺書が読売新聞のスクープで明らかになった。女性を餌にして、相手国の外交官を恐喝するという卑劣なやり方だ。明白な「ウィーン条約違反」行為だ。  女性の色香に騙されたということで..... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 14:32

» 陛下の相談役に就任する栗山尚一はこんな人 [ぼやきくっくり]
 今日のメニュー。 栗山尚一、媚中派&胡錦濤、野田毅『NEWS23』出演、前原執行部退陣、伊首相「毛沢東時代は赤ん坊を茹でた」発言の続報。 まずは栗山尚一。 皇室典範改正問題で何か進展(後退?)はないか?...... [続きを読む]

受信: 2006/04/01 04:00

» 南京事件も東京裁判も国家間の駆け引きに過ぎない [Let's Blow! 毒吐き@てっく]
なんか、ウザイコピペが書き込まれたんで、書こう いまだに我が国の戦争犯罪なんての... [続きを読む]

受信: 2006/05/07 05:21

« 教科書の正常化と韓国の難癖 | トップページ | 厚顔無恥なポマード野郎!!! »