« 新「対日新思考」 | トップページ | 中共は赤ん坊を煮て肥料にしていた »

2006/03/30

教科書の正常化と韓国の難癖

文部科学省は、来年度から使用される高校の教科書、「政治・経済」と「現在社会」に
ついて、不正確な記述を大幅に修正させ、正確な表現に変えさせた。修正されたところは、日中及び日韓の関係に絡む問題が多い。
今日の讀賣新聞朝刊は、この問題を一面トップで報じ、「社説」が掲載されている第3面では、「社説」以外の紙面を、すべてこの問題の関連記事で埋めている。

領土問題

「北方領土、尖閣諸島、竹島などの領土問題を抱える」という現行の記述を、「日本の領土である北方領土と竹島は、それぞれロシアと韓国に占拠され、領土問題となっている。尖閣諸島も日本の領土だが中国、台湾が領有権を主張している」と修正させ、
我が国の立場を明確にさせた。

竹島(韓国名「独島」)については、「韓国との間で交渉中」という現行の記述を、「島根県に属し、韓国も領有権を主張している」に修正。
尖閣(中国名「釣魚島」)諸島についても、「中国・台湾との間で交渉中」との現行の
記述を、「沖縄県に属し、中国、台湾も領有権を主張している」に修正。

従軍慰安婦

日本軍により慰安婦にされた女性」という表現を「日本軍の慰安婦にされた女性」に修正。

麻生発言

「麻生太郎外相が03年の自民党政調会長時代『創氏改名は朝鮮人が望んだ』とし、
歴史的事実に反する趣旨の発言であるとして問題になった」という記述は、「一部の
政治家が日本の朝鮮支配を正当化する発言をし、批判を受け謝罪した例がある」に
修正。

靖国参拝

小泉首相の靖国神社を「公式参拝」と説明した教科書の写真説明は、「公式」という
表現をなくし、単に「参拝」と表記。

年表に「04年4月、小泉首相の靖国神社参拝に福岡地裁が違憲判断」と書いたものは、「下級審の一判決にすぎない」という理由で認めず、「違憲」部分を削除させて
「福岡地裁が判決」と修正。
東京高裁が合憲、大阪高裁が違憲と判断したという両方を書いた教科書は合格。

南京虐殺

日本軍が、日中戦争時に中国で行ったとされる「南京虐殺」については、「公平な記述を求める」とし、犠牲者の数に関する記述の一部に複数の学説の併記を求めた。

-----------------------------------------------------------------

ざっと修正点をまとめてみた。
いかに今までの我が国の教科書が、いい加減で偏向していたかがよく解る。

「北方領土、尖閣諸島、竹島などの領土問題を抱える」。この記述では、これらの地域が、我が国固有の領土であるという歴史的事実がさっぱり伝わってこない。
むしろ、中国や韓国の言い分と我が国の主張が対等であるかのように感じる。
文部科学省が、意見を付けて修正させたのは当たり前である。

「日本軍により慰安婦にされた女性」など存在しない。「日本軍の慰安婦にされた女性」は確かにいた。が、「慰安婦にされた女性」は内地の「女郎」と同じであり、「慰安所」は戦場における「遊郭」であった。
これらは、従軍慰安婦とされた女性自身の告白や、「従軍慰安婦裁判」、小野田寛郎元少尉の著作などで、既に十分に明らかにされている。
慰安婦が、日本軍によって強制連行された被害者(性の奴隷)であるとするならば、
慰安婦の大半を占めた日本人女性は、なぜ被害者として日本政府を訴えないのであろう、誰一人として?
それに、「慰安所」の経営者には朝鮮人もたくさんいた。例えば、中国人保安隊による「日本人大虐殺」として知られる「通州事件」の被害者の半数近くは朝鮮人だった。そして、彼ら彼女らの職業は慰安所の経営者と女郎、そして麻薬の売人。

麻生発言については、まったくの事実であり、謝罪する必要などない。私は、まだ頭が赤かった若かりし日、知り合いの在日が日本に招待した韓国人のおじさん(2人)と話をしたことがある。
彼らは2人とも、先の大戦中は小学生だった。その内の一人がこう言った。
「私は皇国少年の典型だったんですよ。日本人の先生は、まったく差別をしない立派な先生だった。その先生に教えられて、私は早く大きくなって軍隊に入り、陛下のために戦いたいと願っていました」と。
傍らのもう一人も、その話にうなづいていた。
そして、「当時、私は日本人だと思っていたし、名前も日本名を名乗れることが誇らしかった」と付け加えた。
この話を聞いて、「日本人=加害者・朝鮮人=被害者」という単純な図式に支配されていた当時の私は、ただただビックリした。私は、「今はどう思っていますか?」と問い返した。

すると、ちょっと困った顔をして、「当時はそういう状況だったということ。今とは時代が
違う。今から見れば間違っていたと思うが、当時はそう思うことに違和感はなかった」という返答が返ってきた。
「日本だから日本人相手に日本語をしゃべっても何ともないが、韓国内だと、日本人を相手に日本語はしゃべれない。そんなことをしたら、白眼視されて生きていき辛くなる」「戦前の学校や日本人の先生を懐かしく思っている韓国人も、目立たないけどけっこういる」とも言っていた。

「創氏改名」を強要された韓国人が皇国少年になるであろうか?自らを日本人と思うであろうか?
金大中前大統領も、木甫公立商業学校時代の担任だった椋本さんという日本人を今でも恩師と仰いでいて、来日時には必ず訪ねる。そのときの金大中氏は、「豊田です」と挨拶する。

小泉首相の靖国参拝に対して、下級審の判断は載せても上級審の判断は年表に載せない。これも「異常」としか言いようのない偏向ぶりである。
東京高裁の合憲判断は、自らの思想信条にそぐわない、という偏向学者が確信をもって書いた教科書がまかり通っていた、ということの証である。
なぜ、こんなにも我が国の教科書は「左に偏向」しているのか?それは、まだまだ教科書の採択において、現場の教師(日教組)の意見が反映されることが多いからだ。だから、出版社側は、日教組の意向に沿う学者に執筆させる。

こんなことが、いつまでも許されてはならない。

「南京虐殺」について言えば、「幻だった」という説から「30万人以上が犠牲になった」という説まで様々な意見がある。数千人、3万人、5万人、20万人。もう「(犠牲者の実数は)神のみぞ知る」というのが実情である。
したがって、「犠牲者の数に関する記述の一部に複数の学説の併記を求めた」のは、当然すぎるほど当然のことである。
ちなみに私は、各種の資料、データから判断して、「南京虐殺」の死者は2~3万人と判断している。ただし、その大半は一般市民に化けた便衣兵(違法ゲリラ)。真の一般市民の犠牲者は1000~1500人程度だと思う。
だから、「南京虐殺」は、「通州事件」などと同レベルの「南京事件」と呼ぶのがふさわしい。

私は、今回の文部科学省による教科書の記述の修正は、遅まきながら良くやったと思う。大事なのは、この姿勢、この努力を継続させることだ。

ところで、予想されたことだが、さっそく韓国政府と韓国のメディアが大騒ぎしている。


日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、05年度の教科書検定で高校教科書に「日本固有の領土」と明示するよう徹底されたことに対し、韓国外交通商省の報道官は30日、「日本政府が靖国神社参拝とともに歴史を隠蔽、歪曲、美化しようと
していることを示すものだ」と抗議する声明を出した。

声明は「独島に対して日本政府が領有権を主張するのは、侵略戦争を美化して青少年に教えようとしていると考えざるを得ない」と批判。「不当で容認できない主張を直ちに撤回するよう求める」とした。


教科書検定について、韓国メディアは「独島を日本の地と明記」(東亜日報1面)などと大々的に報じ、反発している。

-----------------------------------------------------------------

ほんとうに、他国の教科書にまで干渉、批判するバカで許しがたい連中である。自国内で、歴史学者たちから、「韓国の歴史教科書は史実に反している」「歪曲されている」と批判されているのに、他国の教科書に介入する声明を出す。こういう行為を「天にツバする」という。韓国メディアも同罪である。

【追記】
コメントとTBが許可制になっていた件は、解除しました。
以前同様、すぐに表示されます。
ただし、誹謗中傷、罵詈雑言の類。または、悪意に満ちたものは削除させていただきます。
もちろん、正当な批判・反論は、この限りではありません。

【追記2】
今日の産経新聞朝刊によると、今回の高校教科書検定で合格した歴史教科書の中に、「南京虐殺」について、中共政府のプロパガンダである「30万人」や「20万人」という誇大な数字を記述している教科書があることが分かった。
実教出版の日本史Aは、南京大虐殺記念館の犠牲者表示は「30万人以上」として検定をパス。三省堂の世界史Aは、「20万人以上とする説が有力」という記述を残したまま
検定をパス。

歴史教科書研究家の上杉千年氏は、「諸説を書けという文科省の検定方針は適切だが、かえって『20万人以上』が強調され裏目に出た」と検定の限界を指摘している。

つまり、実教出版の著者は、南京郊外にある「南京大虐殺記念館」が犠牲者数を「30万人以上」と表示している、と書くことで検定をクリア。
三省堂は、文部科学省の「諸説を配慮するように」との検定意見を受けて、「20万人以上とする説が有力」という記述の前に、「さまざまな説があるが、そのなかでは」という
フレーズを加えることで検定をクリア。
まさに、中共政府のプロパガンダに協力するために、「悪知恵」まで働かせたわけだ。

まあ、我が国は中国と違い、「『南京大虐殺記念館』の表示数」を書いてはダメとは言えないし、形式的ではあっても「検定意見」を満たしていれば「ノー」とは言えない。
腹立たしい限りだが、このような教科書は、19種類のうち4種類だけだという。都道府県の教育委員会が採用しないことを望む。

教科書検定 古い資料根拠に合格 著者らは後に記述修正

関連エントリー1:幻の従軍慰安婦
関連エントリー2:通州大虐殺:中国の戦争犯罪
関連エントリー3:南京大虐殺

参照1教科書検定、高校も「発展的記述」…小中高出そろう
参照2:隠ぺい・歪曲の検定意見…韓日関係さらに悪化か
参照3:「独島は日本領」…日本政府、高校教科書に明記を要請
参照4:教科書検定、文科省が難色 靖国訴訟の記述巡り
参照5:韓国「侵略を美化」と抗議 検定教科書の「竹島」表記で

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑韓国はメディアも含めて救いがたい
  と思う方はクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 新「対日新思考」 | トップページ | 中共は赤ん坊を煮て肥料にしていた »

社会」カテゴリの記事

コメント

コレが教育改革のスタートだとすれば、上々の出来と言えると思います。

たかが韓国ごときの過剰反応を、気にするつもりはないが、いつも口をそろえて言ってくる中共さんはどうしちゃったのか?いつ言ってくるのか?それとも昨日の記事の様に、心変わりの兆しなのか?そちらの方が気になってます。

投稿: NZ life | 2006/03/30 17:33

歴史を知らない人達が検証するのですから、まだまだマトモな教科書が出来る訳が無いと思うのは小生だけでは無いと思います、文部官僚も変な教科書会社には堂々と本当の歴史を教えるだけの能力を持って欲しいものです。
慰安婦なんて国内にでもゴロゴロ居た時代で珍しくも無い、法的には昭和33年まで許可されていたものです。
南京と言えば当然「通州事件」約280名の日本人(朝鮮人含む)が中華の兵士に惨殺された事件を云う、戦後急に「南京虐殺」なんて話が出て来ましたが「アサヒグラフ」を愛読していた小生には驚きでしか有りませんでした。
竹島、李承晩の線引きで拿捕、連行された日本漁船、軍備を使えない日本を見過ごしての所業、一方大村収容所が満杯に成るほどの韓国からの逃亡者、(在日人)を作り出したのも李承晩
兎に角、戦後の日韓関係を最悪、最低の国際関係に仕上げた大統領、こんな大統領の遺産を後生大事に本当の歴史も知らせず韓国人を引っ張って来た、韓国政治とマスコミ、やはり日本と同じ(政治家とマスコミが腐って居ると国まで危なくする)で散々勉強して高い授業料を払って来たのですから日本も韓国の為にも、本音でモノを云って欲しい。(不適切な文字が沢山有りますが、勘弁下さい)。

投稿: 猪 | 2006/03/30 17:47

韓国とは国交断絶した方が良いのではないか、と思います。

少し、教育に関する事を記事にしています。
明治の頃の誇りある日本人と日本の教育を、切望してやみません。

TBさせていただきます。

投稿: のぶにい | 2006/03/30 17:49

子供達の心を自分たちの思想信条で染め上げようとする日教組並びに偏向教科書出版社。
今回の文部科学省の検定は遅きに失した観は否めませんが、それでもこうした教科書正常化の動きは、教育が一部の赤教師の手から国民のものへ取り戻す端緒になって欲しいです。

投稿: yuki | 2006/03/30 18:37

去る17日に自民党内において、外資系企業の政治献金規制を緩和する政治資金規正法改正案が了承されました。
この法案が可決されると日本の政治に堂々と外国の金持ちが口を出せるようになります。
特に今後経済成長が予測される中国系の企業による日本の政治への介入も十分予想されます。
日本の政治は日本国国民主権の元、日本人により行われるべきはずです。

臨時 外資系企業の献金規制緩和改正案まとめブログ
http://blog.livedoor.jp/phooo7/

一人一人の力は小さくとも多くの人が集まれば大きな力になるはずです。
どうか貴方のブログでこの問題を扱ってはいただけないでしょうか?

投稿: エトワ | 2006/03/30 18:49

頭の悪い、或いは思想的に偏向した学者が執筆した教科書で勉強させられる子供たちが可哀想ですね。

家永氏が往生してくれて風通しが良くなった気がする。

投稿: 煬帝 | 2006/03/30 19:00

 これまで教科書は様々な問題を投げかけてきた。しかし、社会の関心とはうらはらに、肝心の学生はどの程度現代史を理解しているのだろう。また、どの程度学習時間をとっているのだろう。私の時代は、ほとんど学習しなかったように思う。学生の歴史認識は、教師の資質によってどのようにでも変えられる。その意味では教師の歴史認識こそ正常なものが求められる。教科書問題は、教える側の歴史認識の問題でもある。
 これまで教科書は左翼学者の言分を多分に取り入れた内容のものが多かった。しかし、今回の文部省の対応は、これまでの対応とは一味ちがった内容となっている。明らかに、自虐史観からの脱却を意図していることが見て取れる。やっと、正常な歴史認識を教えていこうとする姿勢になったといえよう。
 この理由を考えてみた。政府自体が自虐史観に対する懸念を持っているということがある。また、国を愛する気持ちを養成することの大切さを再認識したということもあろう。しかし、最も大切なポイントは日本のおかれた状況が、大変な時期にさしかかっているということにあるからだと思う。日本は現在、少子高齢化という人口動態にさしかかり、国家財政は膨大な借金を抱えている。さらに、発展途上国の激しい追い上げとそれに続く産業空洞化により、若者は正規雇用の機会を奪われている。まさに、日本の将来に赤信号が点灯している状態といえる。政府はこのような困難な事態をふまえ、このような時こそ国を愛する気持ちを高め、国民全員でこの苦境を乗り越えようというメッセージを、教育問題に籠めているのではないだろうか。

坂様
 前々回のコメントで質問をしたところ、丁寧にお答えいただきありがとうございました。お手数をおかけいたしました。

投稿: プライム | 2006/03/30 22:57

 教科書の正常化、ささやかな第一歩、同慶の至りです。
 問題ある教科書は、社会科の歴史だけでなく、社会科の地理、公民、更には家庭科教科書(ジェンダーフリーなどで、「家庭破壊科」と名付けた方が良い。)などいーっっっぱいあります。そうした教科書を採択させない活動も必要です。
 しかし、問題は、「もぐら叩き」みたいに、こうした信じがたい教科書がゾクゾク出版され、そして多分そうした授業がなされている様なことです。更に有識者とかいう、専門もアホの曲学阿世のアホどもが、そうした風潮を煽っている。日本の倫理の芯が溶けている感じがします。
 どこから手を付ければよいのか、よく分かりません。アメリカではキリスト原理主義運動などがありますが、日本にはそうした一神教の教義はない。「世間様」で、倫理を形づくっいる国なので、一旦崩れるとアメリカあたりとはひどくなる(女の貞操観念のなさ、売春のー子供のー横行など、ひどいもんだ。)
 やはり教育基本法の改正(幸い本国会で成立しそう?)や教育勅語の再制定などから始めるべきかな、と思われる。
 

投稿: よっちゃん | 2006/03/30 23:20

一部の方は第一歩と評価しておられるようですが、実態はひどくなっていると考えられるニュースを2件ばかり。
↓「日本の植民地支配」擁護行為への処罰法案を推進
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/20/20050320000019.html
これでは独裁国家と同じですなぁ。歴史を直視できない連中はこんなことをしでかして、更に盲目化に拍車がかかる。

そういった中で大阪ではこんな教師が激増中。
↓外国籍教員100人超す 大阪府・市教委
http://mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=1941&corner=2
引用>大阪府内の公立小・中・高等学校で勤務する外国籍教員は初めて100人の大台を突破し、計105人となる。国籍(地域)別内訳を見ると韓国籍者が90%以上を占め、中国、台湾が続く。<
『ちがいを豊かさに』って『きちがいが豊富に』って読めてしまった私・・・。(笑 
大事なのは違いじゃなくて「事実」でしょう。ウソでも認めろって言っているように読めてしまうのは何故なんだろう。
さらに管理職まで要求してる様子。恐ろしさ感じますな。
何を教えるたいのやら。歴史教師がいたら大阪の子供たちへの虐待となるんじゃないのかと心配します。
彼らに教えられた大阪の子供たちが将来「ウソの歴史を教えられて傷ついた、謝罪と賠償を求める」って訴訟を起こす様子を妄想してみた。(笑
大丈夫か大阪?

投稿: 岩手の田舎人 | 2006/03/31 01:58

>ちなみに私は、各種の資料、データから判断して、「南京虐殺」の死者は2~3万人と判断している。ただし、その大半は一般市民に化けた便衣兵(違法ゲリラ)。真の一般市民の犠牲者は1000~1500人程度だと思う。
だから、「南京虐殺」は、「通州事件」などと同レベルの「南京事件」と呼ぶのがふさわしい。

一般市民の犠牲者が1000~1500人程度という根拠は?
戦闘中の犠牲者ならはっきりとそう明記すべきで、戦闘終了後の「処刑」とは全く別物でしょう?「虐殺」はおろか「事件」ですらないと思いますが。殺すべき(されるべき)でない人間を殺した時初めて「事件」になるのでは?
また、「南京事件」は日本人その他の外国人が支那人に虐殺された事件です。
支那のプロパガンダに対してあやふやな妥協したような対応は厳禁だと思います。「南京虐殺」など存在しない。これ以上でも以下でもない。はっきりとした証拠や根拠があれば別ですが・・・

投稿: なぜ? | 2006/03/31 02:00

南京事件の中国側正式名称は南京大虐殺ではありません。
南京大屠殺(トサツ)です。つまり中国人を殺して食ったと言っているのです。これからは中国側正式名称は正確に書いてあげませんか。
参照 「政府に「屠殺」と刷り込まれた中国民衆」
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column067.html

投稿: open | 2006/03/31 03:05

なぜ?さん、
このブログ主様は、以前に南京事件について詳細にわたる調査レポートを書いておられます。それを読んでおられないのではないでしょうか?
関連エントリーは読まれましたか??

わたしはこちらのブログ主さまのレポートは素晴らしいものだと思いますよ。もちろん妥協などされておられません。もしあったとしたら、、多く見てもこのくらい、という数値だったと思います。

投稿: 主婦 | 2006/03/31 03:33

皆さん、おはようございます。
コメントありがとうございます。

教育改革、教科書も含めて、まだまだ抵抗が続くと思います。
困難な道のりですが、一歩一歩改革を進めていくしかないと思います。

なぜ?さん。
主婦さんも書かれているように、私が調査・分析した記事(関連エントリー3:南京大虐殺)を読んでから反論してください。
今のままでは、あなたの意見は「誰かの受け売り」で、読むに値しません。

openさん。
確かに南京郊外にある「記念館」は、「侵華日軍南京大屠殺遭難同胞記念館」となっています。
openさんは、この「屠殺」を、日本語と同じ意味に捉えているようですが、それは間違いです。
中国語の「屠殺」には、「人を殺して食った」というような意味はまったくありません。
これも「誰かの受け売り」ですね。
もっと複数の意見に当たられることをお勧めします。

投稿: 坂 眞 | 2006/03/31 09:22

以前と比較すれば改善したと思いますが、歴史に関する記述はまだまだかなと思います。「日本軍により慰安婦にされた」でも「日本軍の慰安婦にされた」でも受ける印象はさほど変わらない。そもそも「慰安婦」を教科書に載せる必要はないですし、南京事件についても、被害者数に諸説があり今なお論争が続いているものを、「○万人が犠牲者」「20万人説が有力」などと教科書に記述すること自体おかしいと思います。言葉を少し変えさせるだけのせこい検定ではなく、教科書にふさわしくない項目は削除させるぐらいの検定を行って欲しいです。その為にも、「近隣諸国条項」は早急に撤廃すべきだと思います。

投稿: なつなつ | 2006/03/31 15:10

「関連エントリー3:南京大虐殺」を拝見させていただきました。ただしその参考資料はまだなので漸次読ませていただきます。他のレポートも含め、全般的には公平かつ妥当なものであり主婦さんと同様の感想を持っています。ただしその「市民の犠牲者は1000~1500人程度」を「「通州事件」などと同レベル」の虐殺とお考え(結論)になることが理解できません。
 もし「1000~1500人程度」がゲリラと区別がつかずやむを得ず処刑されたり戦闘に巻き込まれたものではなく別途処刑等されたものであれば「事件」かもしれませんが。主宰様のレポートでは「1000~1500人程度」は「死者」と読めます。

念のためですが、主宰様やレポートそのものを批判するつもりは毛頭ありません。今後も楽しみに拝読するつもりです。


投稿: なぜ? | 2006/04/01 02:45

市民を1000人~1500人殺したと云う資料は有りません埋葬記録では死人は有るのは判りますがゲリラを戦闘で殺したので、弾薬を戦闘ごとに何発と補給する旧日本軍が日本軍規に照らしても殺人はしません。
ばれれば強姦でも銃殺される事が有ります、処刑は戦闘中のゲリラ兵には当然の事です。
ゴボウ剣をつるして一般兵が町を歩いている姿、戦前、戦中は普通ですが事故も有りません。
日本軍の軍規は世界の中でも群を抜いているでしょう、それが戦後は初年兵を苛める映画や書物で日本軍規を異常な眼で見る事が誤解と偏見を生んでいるのです。
殺されない為の訓練と殺す為の訓練をするのが軍隊です、軍規も厳しいのが当たり前と考える事から始めると、慰安婦も軍人に対する慰安の方策と強姦の防止策である事が見えて来ます。
敗戦後は、軍隊を曲がった角度からしか見ない、戦争に対する嫌悪感が軍人を悪者にしなきゃ語れない日本の歴史、哀れ!。

投稿: 猪 | 2006/04/01 12:55

なぜ?さん、猪さん、コメントありがとうございます。

犠牲者が1000~1500人程度、十分ありえることだと思います。
南京が陥落した後、城内で日本軍は掃討戦と便衣兵の摘発を行なった。
非戦闘員が戦闘に巻き込まれることもあれば、その特徴などから、便衣兵と誤認されて処刑された者もいて当然です。
むしろ、いない方がおかしい。

しかし、巻き添えであれ、誤認であれ、犠牲者は犠牲者です。
しかも、上海戦から南京攻防戦に至る過程で、日本軍は便衣兵の不意打ちに悩まされ、中国軍の「焼野作戦」のせいで食糧にも事欠いていた。
兵士たちは、恐怖と窮乏で相当殺気立っていたようです。
当然、掃討戦や便衣兵の摘発は苛烈なものになったであろうし、一部に行き過ぎがあったとしても不思議ではない。
が、それは戦争のせいであって、日本軍のせいではないし、兵士たちは責められない、私は、そう思っています。

投稿: 坂 眞 | 2006/04/01 14:30

はじめまして。いつも興味深く拝見しています。
日本の教科書が正常化し、外国の圧力に負けない環境になりつつあって、
少しは展望が明るくなってきたのかな…
と思った矢先に日経新聞でこんな記事を見つけたのでコメントします。

参照 NIKKEI NET「政府、ロシアに警戒感・中韓の反発に便乗の動き」
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20060407AT3S0601606042006.html

中国・韓国だけでも厄介なのに…ロシアまでいちゃもん(抗議声明)をつけるとは。
歴史認識ってそんなに有力な外交カードなんですかね…
それとも他に使える外交カードがないのか…

投稿: 紅葉 | 2006/04/08 13:35

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

投稿: ビジネスマナーの教科書 | 2012/04/16 12:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9335554

この記事へのトラックバック一覧です: 教科書の正常化と韓国の難癖:

» テレビの害悪 [半端者のつぶやき]
フジテレビ 日曜午後10時から放送している情報番組「スタ☆メン」 この情報番組「スタ☆メン」のレギュラーコメンテーターは、阿川佐知子・爆笑問題。 この日の週替わりコメンテ [続きを読む]

受信: 2006/03/30 17:50

» 相変わらずな特定アジアの国々… [ぱっとんな日々]
韓国「侵略を美化」と抗議 検定教科書の「竹島」表記で(朝日新聞)  日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、05年度の教科書検定で高校教科書に「日本固有の領土」と明示するよう徹底されたことに対し、韓国外交通商省の報道官は30日、「日本政府が靖国神社参拝とともに歴史を隠... [続きを読む]

受信: 2006/03/30 20:41

» 教科書検定の領土問題で中韓が日本を非難 [屋根の上のミケ]
html font size=5教科書検定の領土問題で中韓が日本を非難/b/font font size=3  日本の新しい教科書検定で、尖閣列島と竹島を日本領土として明記するようになったが、良いこととして歓迎したい。この事で、中国と韓国が怒りを表明している。日本との関係悪化をほのめかして、脅そうとしているが、こんなことでたじろいではいけない。日本は、「尖閣列島と..... [続きを読む]

受信: 2006/03/30 20:55

» 高校教科書検定で南京事件はどうなった? [ぼやきくっくり]
 仕事部屋にテレビがキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! 電器屋のご主人によれば、「アナログ放送終了時にどうなるかというのは私たちも読めない。私個人の考えだけど、いまはアナログを買っといて正解だ...... [続きを読む]

受信: 2006/03/31 03:15

» もうここまで来たなら、「つくる会」は出直すべき [マスコミ情報操作撃退作戦]
 《昨4月2日夜、産経の渡辺記者から直接電話があった。昔から友好関係を結んで来た方だけに静かな口調で話し合うことができた。ただ今回に限り一方に偏した報道内容には3月1日付の「院政」云々の憶測記事以来、北海道支部の誤報抗議もあり、言わずもがなの田中上奏文解説も..... [続きを読む]

受信: 2006/04/05 14:16

« 新「対日新思考」 | トップページ | 中共は赤ん坊を煮て肥料にしていた »