« 人生の荒波にかかる橋 | トップページ | 国の借金が増えると個人の金融資産が増える??? »

2006/03/25

ふざけるな、神崎!!!


政府・与党内で、対中外交の足並みの乱れが目立ち始めている。東シナ海のガス田
開発などをめぐり、日中の対立が先鋭化する中、日本の主張を毅然と貫くべきだとする「強硬論」と、関係改善を優先する「柔軟論」とのぶつかり合いもエスカレートしている
ためだ。

政府は23日、2005年度の対中円借款の新規供与分について、通例となっている年度内決定を見送った。ガス田問題などでの中国の出方に対する日本側の不満をはっきり示すためだ。

しかし、公明党の神崎代表は同日、「何の意味があるのか。日中関係改善を遅らせるようなことはすべきではない」と政府を強く
批判した。

(以下略)

対中姿勢 乱れ表面化 (2005/03/24 讀賣新聞朝刊 総合2)

上記の記事では、二階俊博経産相の「外相は慎重にやらないといけない。強硬にやるのが好きなら、中国に行ってやればいい」という、外相就任以降、訪中を実現できない麻生太郎外相を痛烈に皮肉った発言を紹介したうえで、「外交の場で『日本側はバラバラ』という印象を与えかねない」という外務省幹部の懸念を伝えている。

この外務省幹部の言うとおりである。
なぜ、中国の「国論分裂工作」にやすやすと乗せられてしまうのか???
なぜ、「国益」より「日中友好」を優先させるのか???
「日中友好」は、ほんとうに国益にかなうのか???

上記記事では、この30日には橋本龍太郎元首相や高村正彦元外相、野田毅元自治相ら、超党派の日中友好7団体代表が訪中し、北京で胡錦濤国家主席と会談する予定であることも伝えている。

中国の李肇星外相は、小泉純一郎首相の靖国参拝を捉えて、「あるドイツの政府当局者は私に、ドイツ人も、日本の指導者がどうしてこのような愚かで不道徳なことができるのか理解できないと語った」と非難した。

なぜ、一国の指導者を「愚かで不道徳」と罵る国に気を使う必要があるのか!!!
なぜ、そんな国に頭を下げて訪問する必要があるのか!!!
なぜ、そんな国にODAを供与する必要があるのか!!!

私にはまったく理解できない。
ましてや、「何の意味があるのか。日中関係改善を遅らせるようなことはすべきではない」という神崎の発言に至っては言語道断である。
今、中国にひざまずいて、なんの得があるのだ、この日本国に!!!

中国外務省の秦剛副報道局長は、今回の政府・自民党の決定に対し、「日本政府の一方的決定は日中関係の雰囲気改善には無益だ」(3月23日記者会見)と述べている。
「無益」でけっこう。
雰囲気を改善するにはお互いの努力が必要である。一方が、ひたすら頭を下げる、そんな関係は、もうあってはならない!!!

ほんとうに、この国に巣くった売国奴どもの醜態は救いがたい。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑中国に妥協してはならない
  と思う方はクリックをお願いします。

日本ブログ大賞2006にエントリーしています。
ご支援のほど、よろしくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 人生の荒波にかかる橋 | トップページ | 国の借金が増えると個人の金融資産が増える??? »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

公明党の方が連立にメリットを感じているならこの際ネチネチいたぶってやればいい。
「連立解消」って言えるのか?と訊けば連中は今更与党の座を降りることは出来ないでしょう。
自民党が創価学会の選挙協力を必要としているため公明党に操られる、との危惧がありましたが、引くに引けないのはむしろ公明党の方になってしまっているのでは。

投稿: 煬帝 | 2006/03/25 23:01

 公明党=池田先生=中国の関係を考えると、こう云った事になるのでしょう。国益よりも自己の利益が優先するのでしょう。
 日教組も創価学会も、日本が国益を損ない、国民が貧乏になる方が、自分たちに求心力が高まると考えている悪質な集団です。
 公明党と手を握った時から、こうした状況になるのは十分想定できたことです。公明党の顔を立てる振りをしながら、強行路線を歩むしか、選択の余地は無いと思います。そして、自民党は公明党が離れるまでに、選挙に勝つ組織作りをするしかありません。 
大丈夫!一度甘い汁を吸った公明党はそう簡単に離反できません。

投稿: koubunnyuu | 2006/03/25 23:42

http://tech.sub.jp/2006/03/5.html(毒吐き@てっく)さんの処で書いてますが沢山中国は補助金が貰えるのですよ!裏取引は成立してるのです。中国の泣き真似だだっこぶり演出に騙されたら駄目。日本政府の毅然としたODA拒否など演技力万点ですが見飽きた。ボケと突っ込みで両政府とも役者演技が酷い。
アジア開発銀、中国に45億ドルを融資 06~08年
http://j1.people.com.cn/2005/09/27/jp20050927_53843.html

アジア開発銀行(ADB)は26日、2006年から08年の3年間に、中国へ総額45億ドルの融資を行い、中国の貧困扶助事業をバックアップすると発表した。

ADBはこのほど発表した最新の中国に関する戦略とプロジェクトの中で、今後3年間もこれまでと同様、対中融資を主に貧困扶助事業のバックアップに充てていく方針を明らかにした。また融資のほか、今後3年間にわたり年間1100万ドルの無償資金提供を行う予定。

もういい加減目覚めなさい!しり抜けざるのこのアジア開発銀行の融資・・金に色や標識が添付されてて農村振興費用。農民教育援助。農民保険健康費用。などと書いているのかなな?
http://www.tokyo-np.co.jp/00/kok/20060323/eve_____kok_____001.shtml

 【ストックホルム=共同】中国の通常兵器輸入総額が二〇〇一-〇五年の合計で百三十三億四千三百万ドル(約一兆五千六百億円)と世界最大だったことが二十三日までに、スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)がまとめた最新推計で分かった。中国は年別でも〇四年、〇五年と二年連続でトップだった。

眼を開いて中国脅威!軍拡増殖中ですよ

投稿: ようちゃん | 2006/03/26 00:41

中国情報局はODAを評価するコメントを初めて?出しました、これは見送りの効果。

裏では創価を使って「金を出せ!」とやっている、神崎の批判発言は中共からの原稿通り。

いままで「ふざけるな!」と出来ていなかったカツアゲの被害者日本、総額6兆円。

一方アジア開発銀(ADB)は、
中国に06~08年45億ドル融資
今後3年間に年間1100万ドルの無償資金提供
ドルで!45億3千3百万ドル≒5,250億円

これを止めたら米軍基地の移転費用など屁でもないのに。
ここで立ち直れるか?そうでないと困る。

投稿: MultiSync | 2006/03/26 00:42

  日本の政治家やマスコミの前提がおかしいのです。
  中国にしろ、ロシアにしろ、大陸国家(ランドパワー)とまともな政治的交流をしようと思う方が間違っています。
  拙ブログに関連する話題を書きましたので、少々長いですが引用させていただきます。(一部改)

★ランドパワーは極力無視する。相手にしない。
  国際法違反を承知で日本の領土を不法占拠する「たかり国家」や、日本人65万人を強制連行し、6万人を死なせた「元祖全体主義国家」や、国ぐるみで外国人を誘拐している「極悪テロ国家」や、国土の90%で砂漠化が進行中で、いつ崩壊してもおかしくない「国ごとチェルノブイリ原発国家」とは、きっぱり手を切るべきでしょう。
  これら大陸の国の内部に権益(現地工場や駐在員も含む)を持っても、海の向こうの日本にはそれらを十分に守ることができません。無理にやろうとすると、中国戦線のように周辺国との対立を招き、泥沼にはまってしまうのです。
  そういう意味では、「(東)アジア」という概念を強調するのも考え物です。肌の色が同じと言っても、ランドパワーと日本は、目指すべきものが全く違うのです。関わり合いにならない、もしくは、最小限の関係で済ませるというのが、お互いのためでもあります。
  逆に、ランドパワーとの「友好」や「善隣」は、日本を泥沼に引きずり込むための罠だと思った方がいいでしょう。それにも関わらず、向こうの手引きに乗る「裏切り者」が多すぎます。(中略)
また、中国や韓国を嫌いだと言って叩くのも、やりすぎは危険です。「中国韓国とは仲良くしなければいけない」的な戦後民主主義教育の洗脳の反動が来ているのは理解できますが、その程度の感情を国策の中心に置いてはいけません。日本はもっと世界全体の流れに関与して行くべきです。
  日中戦争のきっかけは、中国に進出していた日本人駐在員たちを狙った国民党による虐殺事件が相次ぎ、「暴支膺懲すべし」という世論が高まってしまったことにあります。それもこれも、日本が中国の権益に深入りしすぎた、つまり、ランドパワーになってしまったからです。
  同じように、度を超した嫌中韓感情は、「精神のランドパワー化」を招きます。「中国から日本企業を撤退させる」「朝鮮とは一切関わらない」という世論の喚起こそ必要なのです。
  そういった国々の食品の危険性や、反日デモ・暴動も、ランドパワーと断交するチャンスと捉えるべきです。

投稿: ろろ | 2006/03/26 00:42

創価学会の政治部である公明党の議員が言うことだから、池田の指示があったのだろう。

池田は以前から中国に執着していた。おそらく中国国民を学会員にすることで勢力のいっそうの拡大を図りたいのであろう。

自己の組織の拡大のためには、日本の国益など知ったこっちゃねえ、ってところですか。

投稿: プライム | 2006/03/26 08:41

日中友好自体は重要な外交政策だと思うし、先進国が発展途上国へ支援を行うODAも国民の税金を使っても行うべきだと思います。

但し、中共は既にGDPが世界第4位になっているので日本からODAを行う必要は全くありません。
また日中友好の為に日本が朝貢する必要が無いことも言うまでもありません。

真に日中友好を実現するには日本を東夷と見なす中華思想を中共が払拭することが重要です。
内政不干渉の大原則すら守れないようでは友好など結べるわけがありません。
日本は媚びず阿らず粛々と現在の外交政策を継続すればよい。
ポスト小泉においても靖国参拝するしないなどと日本が対処するのではなく、中共の方が内政干渉を止める等変わることが日中友好にとって大切なことだともっと日本の政治家は中国に向かって主張すべきである。

投稿: yuki | 2006/03/26 09:49

>あるドイツの政府当局者は私に、ドイツ人も、日本の指導者がどうしてこのような愚かで不道徳なことができるのか理解できないと語った

「あるドイツの政府当局者」が誰なのか、その真意はなんなのか、ドイツに問い合わせてもらいたいです。自分ではなく、誰かが発言したという言い方が本当に姑息でいやらしい。

だいたい、中共は、日本と政治体制が違うんですから、いちいち友好と言って擦り寄る必要はないです。理不尽でない部分は普通に対応し、理不尽なものには、対抗、無視、それで良いと思います。擦り寄る政治家は、弱みを握られている、あるいは個人的に利害がからんでいる、という定説を広めたいぐらいです。

おまえら、民主化してから来やがれって、いつも思います。

投稿: ゆみこ | 2006/03/26 09:59

>私にはまったく理解できない。

動機・・・痴情、怨恨、金銭、薬、病気、(売国)
 怨恨+金銭かな

投稿: 通りすがり | 2006/03/26 10:20

 これのような状況になったのも、害務省、赤日新聞、N中、K野などの売国奴の好きにさせていたことに原因があると考えます。
 一方で、親日的な台湾とはまともに付き合ってないため、彼の地では、親大陸派の動きが活発化しており、憂慮すべき状況だと思います。
 そもそも、S価なんて、池Dの集金マシーンなので、さっさと切ってしまうべきです。
 気骨ある自民党員がんばれ。
 お願いだから、日本の、自分の国のことを考えて。

投稿: きらきら | 2006/03/26 10:25

公明神崎、中国様のために必死ですなw
彼にとって日中友好とは、中国様に向かって
「ははーっ、中国様の言うとおりでございます~」
とひれ伏すことなんですね。実際にはそんなのは友好でも関係改善でも何でもない。
言うべきことははっきり言う対等な立場でなければ友好などありえない。
この人はどうしても日本を中国の属国にしたいらしいな。

投稿: るな | 2006/03/26 11:02

アジア開発銀行、3年間で45億ドル中共に融資ですか。はっきり言ってもったいないです。
中共も世界第4位の経済大国なのですから、ODAも2008年とは言わず、今年から停止してほしいです。
某宗教系政党は相変わらず中共べったりです。彼らが中南海に友好的な理由には、何があるのでしょうか。

投稿: tetuya13 | 2006/03/26 12:08

「対中強硬論の高まりで日台接近」というワシントンポストの興味深い記事を見ました。
国内マスコミよりよく事の本質が見えているなと感心した次第です。TB張っておきます。(礼)

投稿: tsubamerailstar | 2006/03/27 13:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9256358

この記事へのトラックバック一覧です: ふざけるな、神崎!!!:

» 気骨のある台湾人 [感情という名のピエロの憂国]
ベトナムのハノイにあるホーチミン廟に行った時のことです。 ツアーで一緒になったご夫婦と長蛇の列に並びながら話をしていました。 すると後ろに並んでいるおじ様(たぶん70歳くらい?)から話しかけられました。 ちょっと関西訛りのあることばで『どこからいらしたんですか?』 このおじ様、てっきり日本の方だと思い込んで話をしていたので私も軽く『関西からですか?』とお尋ねしたら『私は台湾からです。私は台湾人なんですよ。でも日本語は子供の頃に習いましたから(笑)』 とっても流暢な日本語ですもの。ビ..... [続きを読む]

受信: 2006/03/26 22:19

» 中国大使との会見              3月25日(土) [衆議院議員 原田義昭 Blog]
  去る3月22日、私は王毅中国大使を大使館に訪ね会見しました。先週初めから申し入れを行いようやく実現したものです。ホームページ公開がおくれたのは官邸、党など首脳部への報告を済ませる必要があったからです。   私はまず中国李肇星外相の「愚か、不道徳」「ヒトラー、ナチス」などの不適格発言(日記、3月8日参照)が日本国民の尊厳を大きく傷つけたとして厳しく抗議をしました。その上で昨年5月に突然の帰国をした呉儀副首相の行為といい「礼節の国」中国にとって今や国際的礼節はどこに行ったかと問いました。大使はこの... [続きを読む]

受信: 2006/03/27 12:08

« 人生の荒波にかかる橋 | トップページ | 国の借金が増えると個人の金融資産が増える??? »