« 止まるところを知らない中共の内政干渉 | トップページ | 我がふり直せ!韓国!!! »

2006/04/02

ポマード野郎は戯言 中国は侵略


1日付の中国共産党の機関紙・人民日報(海外版)は、胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席と会談した日中友好7団体の代表団団長の橋本龍太郎元首相とのインタビュー記事を掲載した。
橋本氏はその中で「小泉純一郎首相による継続的な靖国神社への参拝は日中関係に良くない影響を与える」と指摘。小泉首相に対し、靖国神社参拝問題の「政治化」を
避けるべきだと働きかけてきたとも述べた。

靖国参拝の「政治化」回避を 橋本元首相が人民日報で
(2006/04/02日 朝日新聞)

やっぱり橋龍。しっかりと売国発言をやっていた。
この橋本氏の、「小泉純一郎首相による継続的な靖国神社への参拝は日中関係に良くない影響を与える」という発言は、「日本の指導者が靖国参拝を繰り返しており、これが日中関係を損なった原因だ」(2006/04/01 産経新聞)という胡錦濤中国主席の発言を追認するものである。
一国の元首相が、しかも今も与党に属する政治家が、外国に行って、外交問題で相手国の立場に立った発言をする。
私にはまったく理解できない!
しかも、「小泉首相に対し、靖国神社参拝問題の『政治化』を避けるべきだと働きかけてきた」と言うに至っては、言語道断。

靖国神社参拝問題を「政治化」したのはどちらか!
小泉首相は、「靖国神社参拝は心の問題だ」と一貫して言っている。これに対して中国は、「日本国内に日本の発動した侵略戦争の性質や罪行を否認し、軍国主義戦争を
全力で美化する一部勢力がいる」(胡錦濤国家主席)と言って「靖国参拝」を「軍国主義美化」にすり替えている。
誰も、先の大戦や戦前の軍国主義体制を美化などしていない。にもかかわらず、「靖国参拝」を強引に「軍国主義戦争美化」に結びつけ、我が国を非難する。
これこそ、「靖国神社参拝問題の政治化」ではないのか!

「靖国問題」は、既に「政治カード」としての効力をなくしつつある。小泉首相も今回の胡主席の発言に対し、「靖国問題はもう政治カードにならない、外交カードにならない。そうでしょう」(日本経済新聞【首相動静】)と、胡錦涛政権を突き放している。
にもかかわらず、与党に属する元首相が、相手国の国内で、相手国の立場を擁護し、我が国の指導者を非難する。こんな政治家は、先進諸国では我が国にしかいないのではないか。欧米では聞いたことがない。

以下の記事を読んでほしい、橋龍よ!日中関係が悪化したのは、本当に小泉首相の靖国参拝が原因か?
この中国の行為をどう説明するのだ!答えろ!!!


【ワシントン1日共同】日本と中国が対立している東シナ海のガス田開発に関連し、中国が今年に入り東シナ海の日中中間線を越えて複数回にわたり、目的を明かさないまま航空機を使った調査活動を行ったとして、日本政府が抗議していたことが1日、分かった。資源調査に向けた基礎的なデータ収集を行った可能性があるとみられている。日米関係筋が明らかにした。

調査実施にあたり、中国は事前に通告した。日本は、調査の目的に関し情報提供を
求めたが、そのまま調査を行った。日本は事態を放置すれば、自らの排他的経済水域(EEZ)内での中国の活動を黙認することになりかねないとして抗議に踏み切った。中国は回答していない。

中国が中間線越え調査 東シナ海、航空機で
(2006年4月1日 西日本新聞)

「中国が今年に入り東シナ海の日中中間線を越えて複数回にわたり、目的を明かさないまま航空機を使った調査活動を行った」

これは、侵略の前兆とも受け取れる行為ではないのか!!!

国連海洋法条約によれば、排他的経済水域(EEZ)は陸地から200カイリ、重なり合う場合はその中間線を境界としている。これが我が国の主張する境界線である。
ところが同条約では、大陸棚はそれに接する国のものという規定もある。この規定により中国は、中間線からはるか日本側にある沖縄トラフ(海溝)までが自国のEEZであると主張している。
つまり、我が国と中国の主張は真っ向から対立しているのである。
近隣の国家がEEZをめぐって対立したとき、国際司法裁判所は、「衡平の原則」、つまり関係国が納得できるラインを境界とする裁定をこれまでに下している。

ところで、我が国と中国のEEZをめぐる主張は対立したままで、「関係国が納得できる
ライン」は、いまだ決まっていない。
つまり、現状は、東シナ海全体が日中両国の係争地域なのである。
ところが、その係争地域で、中国は既にガス田の開発を行なっている。それどころか、我が国が主張するEEZ内で、航空機を使った「資源調査に向けた基礎的なデータ収集」を行っている疑いがある。

日中関係が悪化したのは、中国のこのような近隣諸国を無視した、傍若無人な行動に原因があるのではないのか???
去年の反日デモにおいて、暴徒が我が国の大使館や領事館に被害を与えた件も謝罪なし。駐上海日本総領事館の館員自殺事件も、ウィーン条約違反の疑いが濃厚なのに、謝罪どころか、その事実さえ認めない。
日本国民の対中感情が悪化し、日中関係が険悪になるのも当然ではないか!

日中関係が悪化した原因は中国にある!!!

参照1:抗日式典で靖国参拝批判=「軍国主義美化」と胡主席
参照2:靖国参拝で首脳会談しないのは良くない―中国主席に
参照3:「大陸棚」の基礎知識

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑ポマード野郎と中共に「ふざけるな!!!」
  と言いたい方はクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 止まるところを知らない中共の内政干渉 | トップページ | 我がふり直せ!韓国!!! »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

かなり中国に怒っているようですね。もともと中華思想が根強い国ですから、私達の常識で外交しない方が良いですね。要するに、なめられているわけです。他国になめられるような国しか作れなかった日本側にも大きな問題があると僕は思っています。国の主体性を明確にすることの重要性を政治家にはやく気づいてほしいものです。

投稿: ぼぶにい | 2006/04/02 14:33

橋龍には、中国人情報部員人妻との不倫があって、それを経由して26億円のODAを決めた過去がありました。
私のブログに乗せました。

女に現を抜かし、一億円は袖の下に入れて、罪は他人に擦り付ける。
中国側も、日本に親中派(皆さんの表現は媚中派)がいるから、いつまでも強気で出てくるんでしょう。
親中でも良いから、媚売るのは売国と同じだから、代議士を始めとした、有識者は襟を正して欲しいものです。

投稿: のぶにい | 2006/04/02 15:19

今日の朝日の社説
「反日デモ1年 春の雪解けはまだか」
http://www.asahi.com/paper/editorial20060402.html
とポマード野郎の発言は見事に呼応していますね。
別な有力ブログの形容では「朝貢訪中隊」と形容されていましたが、本当にウザい連中です。

投稿: おやじ | 2006/04/02 15:24

こんにちは、坂眞さん。

アメリカには、PANDA HUGGER:パンダを抱く人々=親中国派、という言葉もあるそうですね。ポマード某を形容するならば、何が適当でしょうね?
在中日本大使館員の自殺事件といい、相手は約束もルールも守らず、謝罪せず、非難ばかりする。こんな、まともな大人でない国家に、言葉なんて通じるわけない(相手も、会談するつもりはない)。まぁ、親中派の醜い姿を見せれば見せるほど、普通の日本人は怒るだけですが。
あるときは、自称大国であり、都合が悪いと発展途上国という某国。野良犬のように、躾けができていない人間には、それなりの対応が必要でしょうね。

投稿: Mars | 2006/04/02 16:11

東シナはいよいよ危険ですね、もうじき船舶の往来が中国軍によって制限されるのでは?
こうなると早急に軍備を増強しなくてはいけなくなる。

靖国は遥動戦、中国のスパイとしか思えない橋龍・二階。

投稿: MultiSync | 2006/04/02 16:11

日本と中国が友好関係を築く事を一番邪魔しているのは、自称親中派という橋本龍太郎や河野洋平や加藤紘一という連中である。
互いに国家主権を認め合う、すなわち内政干渉をしないという大原則を曲げて友好など存在しない。
日本の首相が日本国内のどんな場所に行こうがそれを中共政府がとやかく言うのはおかしい。更にとやかく言っている中共政府にそれはおかしいと言えない日本の政治家はもっと異常だ。
日本の政治家として恥を知るならば、女とODAのキックバックで中共に手なずけられた経緯を素直に告白し日本国民に謝罪し、隠遁生活をおくるべきである。

投稿: yuki | 2006/04/02 17:11

今日の産経新聞に面白い記事が載っていました。

>日中関係者によると、中国の対日政策担当者が「七人のサムライ」と呼んで頼りにしている現役の自民党議員がいる。七人は①河野洋平②福田康夫③野田毅④二階俊博⑤加藤紘一⑥山崎拓⑦高村正彦で、順位は「親中」の度合いと期待度なのだという。

警戒しなければならない人物の名前と順番がはっきりしました。勿論これに橋本龍太郎も加えて。

投稿: masa | 2006/04/02 18:06

 中国のミサイル配備状況をみると、日本ののど元にナイフを突きつけて、排他的経済水域の拡大を主張しているようなものだ。東シナ海における領空侵犯は今に始まった事ではない。去年だけでも何百回となくスクランブル発進が行われていると聞く。これは、正常な国家の採る姿勢ではない。中国のようなコワモテ国家の行為を黙って見逃していてはいけない。相手はますますを付け上がるだけだ。日本は、毅然として、このような発言や行為に対し、断固抗議するべきだ。
 それなのに、ポマード野郎は中国に呼ばれたら嬉々として出かけて行き、中国様の言分をかしこまって承り、その上、中国様のお言いつけどおり小泉首相には靖国参拝をやめるよう進言してますよ、だと!あきれて話にもならない。こいつはほんとうに日本の国民なのか。他の媚中についても同様、まだ中国の本質が分っていないとみえる。いい加減眼を醒ませ。
 

投稿: プライム | 2006/04/02 19:40

話題の人のHPとアドレスはここです。文句がある人はかかってきなさい。

投稿: ポマード篭絡野郎 | 2006/04/02 21:01

話題の人のHPとアドレスはここです。文句がある人はかかってきなさい。

(HPと両方書いたらアドレスが消えた。)
メールアドレスはここ。念のため下にも↓
hashiryu729@msn.com

投稿: ポマード篭絡野郎 | 2006/04/02 21:05

中国、対日本ももちろん気になりますが、対台湾も硬軟に攻めています。
その「軟」の方、「パンダ砲」は外れたようで。
受け取ったらワシントン条約に引っかからない=国内移動だからOK=台湾は中国のもの・・・
台湾好きの私としては、一刻も早く「中華民国」から「台湾」という国になってもらいたい。

投稿: nira | 2006/04/02 23:27

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。
この時期に訪中して胡錦涛から「内政干渉発言」を引き出す。
それに反論もせず、それどころか同調する発言をする。
はっきり言って、サイテーです。
中共には、我が国を利用しようという意図はあっても、「友好」なんて気持ちは露ほどもありません。

7人のサムライ
①河野洋平②福田康夫③野田毅④二階俊博⑤加藤紘一⑥山崎拓⑦高村正彦
笑えます。
みんなで叩きつぶしましょう(笑)

投稿: 坂 眞 | 2006/04/03 12:26

次の選挙で上記が戦う選挙区があるならば
必ずや落としましょう。
媚中の老害どもは葬り去りましょう!!
なめんなよ、じじぃども!!!

投稿: ekt | 2006/04/03 15:01

7人の「詐夢来」この中で、実権を持って居る「二階」が判らないのです。和歌山での中国への保養所の売却、江沢民銅像立案、閣僚で一番先に前任者の方針をぶち壊した男、汚い議員である事が判りながら、野党が彼に対する非難や質問がなされない、さっぱり判らない。N関係で朝聯、同和、XX関係で質問が
出来ないのでしょうか?
叩けば埃が出て小泉内閣を壊しかねない実力?を保有しているんじゃ無いでしょうかね。

投稿: 猪 | 2006/04/03 16:49

私のブログにトラックバックをありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。ミケ

投稿: 屋根の上のミケ | 2006/04/03 18:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9380538

この記事へのトラックバック一覧です: ポマード野郎は戯言 中国は侵略:

» 中国がまたも不当な海洋調査 東シナ海で [屋根の上のミケ]
html font size=5中国がまたも不当な海洋調査 /b/font font size=3 またしても、中国(支那)が、やってくれました。 このニュースは、昨日(四月一日)の配信なのですが、日本のマスコミは、報道したのでしょうか? 戦争という外交の一手段を放棄してしまった日本を、中国は舐めきっているのでしょうね。日本人のメンタリティーとして、最初は、..... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 00:35

» 重要講話・・・ [Coolog]
靖国参拝の「政治化」回避を 橋本元首相が人民日報で 1日付の中国共産党の機関紙・... [続きを読む]

受信: 2006/04/03 16:06

» 中共  1 [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
中共が海外に、その根拠の無い昔から中国領だったとしての領土を広げているのは、昔からの領土拡大策とともに、資源の獲得なのであろう。 中共が政権をとったとたんに、ウズベキスタンは、昔、清の領土であったとして侵略され、新疆ウイグル自治区とされた。 チベットも、昔に清の影響下であったと言う主張によって人民解放軍が侵攻し、チベット自治区として中国領とされた。 そして、カシミ−ルにおいても、中国軍は侵攻し、その一部をいまだに占領している。 又、南シナ海での南沙諸島やその他の群島などを武力で占領し、そこに... [続きを読む]

受信: 2006/04/04 11:28

» ドイツ、中国スパイ監視強化 [Coolog]
先週報じられたこのニュース、ドイツの危機感を良く表していますね。 独情報機関、中... [続きを読む]

受信: 2006/04/04 14:31

« 止まるところを知らない中共の内政干渉 | トップページ | 我がふり直せ!韓国!!! »