« 一日早いエープリルフール | トップページ | 変わらない朝日のねつ造体質 »

2006/04/04

やっぱり安倍かな、次期総理


安倍晋三官房長官は3日の記者会見で、中国の胡錦濤国家主席が、日本の指導者が靖国神社を参拝しなければ首脳会談に応じる考えを示したことについて、「現在の困難な局面について、すべての責任が日本の指導者にあるという主張は、われわれとしては受け入れることができない」と述べ、重ねて反論した。

今後の日中関係に関しては、「政府としては対話の扉は常に開けている。あらゆるレベルにおける対話を通じ、幅広い分野における交流を強化し、未来志向の日中関係を
構築しなければいけない」と強調した。

また、自身の靖国参拝については「国のために殉じた方々に手を合わせ、ご冥福(めいふく)を祈る気持ちは持ち続けたい」と述べた。

「主席発言は受け入れられない」 靖国参拝で安倍氏

「国のために殉じた方々に手を合わせ、ご冥福を祈る気持ちは持ち続けたい」
次期総理・総裁候補と言われる「麻垣康三(麻生・谷垣・福田・安倍)」の中で、ここまで靖国参拝の可能性について踏み込んだ発言をしたのは、安倍氏が初めてではないか。

谷垣禎一財務相、福田康夫元官房長官の両名は、元々首相の靖国参拝には否定的だ。残る麻生太郎外相はどうかというと、極めて曖昧。
麻生氏も、今回の胡錦濤の発言については、「靖国参拝自粛を首脳会談の条件にすべきではない」との認識だが、自身が首相になった場合の靖国参拝については、「真の
国益を考えたら、個人の利益より国益が優先する」という立場である。
つまり、個人としては参拝するべきであると思っているが、首相になれば別問題と言っているのだ。

私は、「麻垣康三」の中では、個人的には麻生外相を一番よく知っている。彼の信条からすれば、当然、「総理大臣は靖国に参拝するべき」となる。
が、そうもいかないのが麻生氏の置かれた今の立場なのである。
まず、所属派閥が河野派であること。河野派は、党籍離脱中の河野洋平衆院議長を
除けば11人しかいない。これでは、総裁選出馬に必要な推薦人すら確保できない。
しかも、親分である河野氏は媚中派の代表的存在。
数を集めるには、「士志の会」のメンバーである古賀誠元幹事長や高村正彦元外相らの支援が必要になってくる。が、旧・宏池会で一緒だった古賀氏は「超媚中派」の野中広務氏の右腕、高村氏も今回の「朝貢・訪中団」のメンバーで、靖国参拝には否定的である。

と、いうわけで、麻生氏は「靖国参拝」を明言できない。また、古賀氏や高村氏の支援を受けて首相になったとしたら、靖国参拝などできるはずもない。
で、私は、やっぱり次期総理にふさわしいのは安倍晋三しかない、と思うわけである。

ただ、麻生氏は、A級戦犯の分祀について、「靖国神社という宗教法人が分祀はでき
ないと言う以上、政府として一宗教法人に介入することは憲法上できない」と発言するなど、原則的立場は崩していない。
「中国は脅威」、「脅威と言うのはおかしいと言う方がおかしい」と発言するなど、現職の外相としては、旧来の枠にとらわれない個性を持つ政治家だけに期待はできる。
安倍総理、麻生副総理兼外相でどうだろう?で、党の要である幹事長は、安倍氏の
盟友で強面(こわもて)の中川昭一農相。

安倍・麻生・中川(昭)政権。理想的な政権だと思うのだが。

ところで、中国の対日政策責任者が「7人のサムライ」と呼んで頼りにしている河野洋平、福田康夫、野田毅、二階俊博、加藤紘一、山崎拓、高村正彦。靖国神社に代わる「国立追悼施設」建設推進派と見事に重なる。
つまり、媚中派=「国立追悼施設」建設推進派=反安倍派。麻生氏は、このような連中とだけは組んでほしくない。また、安倍氏もこのような連中とは妥協することなく、断固として闘い抜いてほしい。

がんばれ!安倍晋三

参照1:安倍・麻生両氏、胡主席発言を批判 「条件化おかしい」
参照2:靖国参拝「国益が優先」 麻生外相、TV番組で

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑安倍・麻生・中川(昭)政権
  に期待する方はクリックをお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
にほんブログ村
↑このブログをもっと広めてやろう
  と思う方はココもクリック願います。

|

« 一日早いエープリルフール | トップページ | 変わらない朝日のねつ造体質 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

極左にとんでもない強敵を発見しました。
http://rounin40.cocolog-nifty.com/
記事と関係ないコメントでまことに恐縮です。

投稿: 蔵信芳樹 | 2006/04/04 13:24

要の官房長官は誰が務めるのか?
町村氏それとも他派閥?
そして重要なのが国対委員長。
森派だと人材切れのような気がします

投稿: ボーン | 2006/04/04 14:10

『あんた何様?日記』の、このエントリー↓
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20060402
によると、
×「7人のサムライ」
○「売国戦隊・クニウリセブン」
だそうです。
うまいこと言うなぁと思った次第でした。

投稿: XYZ | 2006/04/04 16:24

麻生氏は首相にしたい一人だが所属派閥の制約で難しく、結局 安倍首相が妥当でしょう。
外務大臣は桜井よしこ女史、経済産業大臣は平沼赳夫氏が好ましい。
このコンビで憲法、皇室典範(男系男子継続、旧宮家復活など)、教育基本法、中国・韓国・北朝鮮などの諸問題を解決してもらいたい。

投稿: 鹿 | 2006/04/04 16:54

もし本人が受諾するなら、櫻井外相がいいと思います。外相がダメなら特亜担当大臣でも。
安倍-麻生-中川(昭)-櫻井。強烈すぎて中韓吹っ飛びますね。

投稿: 未定 | 2006/04/04 17:09

>蔵信芳樹さん
あちこちで同様のこと書き込んでらっしゃるみたいですが、アッテンボローは有名ですよ。今さらって感じ。ここに来てる皆さん既にご存知だと思いますよ。
(失礼ながら今日行く先々で見るのでちょっとウザくなってきました)

投稿: ドーラン | 2006/04/04 17:53

町村さんもいい仕事していますね。

>蔵信芳樹

そこら中に貼り付けている、いいかげんにしろ!

投稿: MultiSync | 2006/04/04 19:01

エントリー参照2の朝日新聞の記事はほとんど誤報でしょう。
http://nishimura-voice.seesaa.net/article/13583502.html
========================================
NHK景山 ポスト小泉と言われているお一人とも言われているので、あえてお伺いしますけども、5年前の総裁選挙のときにも麻生さんは8/15かどうかは別として靖国神社には参拝するとおっしゃいました。近隣諸国と首脳会談が開けないということが予想されても総理になればそういう信念は貫くべきだとお考えになっていますか?

麻生 外務大臣に就任したときに聞かれた質問のひとつが、大体各社みんな同じような質問しかされませんからその中のひとつでしたけれども、個人の心情と立場というものは中々難しいものがあるんで、「そのときになったら適切に判断する」と答えたと思いますんで、それ以後3ヶ月間で変わったか?と言えば変わってません。

NHK景山 もしも個人の心情と国益がぶつかり合うということになったらどうされますか?

麻生 国益の定義は景山さんと私とは違うかもしれませんけど、国益というのは「真の国益」というものを考えて、そりゃ国益が優先します。個人の利益よりも。

NHK景山 それは場合によっては参拝問題についても見直すことが国益になるのであればそれも見直すと?

麻生 自分が納得できたらね。

NHK景山 納得できたら・・・
=========================================
「国益の定義は景山さんと私とは違うかもしれませんけど」→意味深長です

投稿: カルロス | 2006/04/04 21:36

XYZさんの
>『あんた何様?日記』の、このエントリー↓
>によると、×「7人のサムライ」○「売国戦隊・クニウリセブン」
>だそうです。

同じく『あんた何様?日記』さんの
http://www.enpitu.ne.jp/usr4/bin/day?id=45126&pg=20060401
に、
「中国の兵法書「六韜(りくとう)」の一節。
「交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が有能ならば何一つ与えず返せ。
 交渉の為に隣国から使者が来て、もしその者が無能ならば大いに与え、歓待せよ。
 そうすれば、隣国では無能な者が重用され、有能な者が失脚する。
 そしてやがては滅ぶ」
とある。
とすると、この
>ところで、中国の対日政策責任者が「7人のサムライ」と呼んで
>頼りにしている河野洋平、福田康夫、野田毅、二階俊博、
>加藤紘一、山崎拓、高村正彦
という7人の順番は、無能者のランキングか。
河野が「どうしようもない」というのは良く聞く話だが、中国から見ても同じなのか。
しかし、この順番、少々古いか?
昨年度末の人事評定では、二階が大躍進で、1位に肉薄!のはず・・
まったく、あ○ヅラ提げて開き直りやがって。あ〜、言葉は無力だ。

投稿: miekun | 2006/04/04 23:15

皆さん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

町村官房長官、適任かもしれません。
穏やかなようで、けっこうはっきりモノを言う。
賛成です。

>カルロスさん。
「真の国益を考えたら、個人の利益より国益が優先する」という発言。
最近も聞きましたよ。
どのニュースだったか忘れましたが。

立場上、そう言わざるをえないと思います。

投稿: 坂 眞 | 2006/04/05 19:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9409002

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり安倍かな、次期総理:

» 中国大使会見記事               4月3日(月) [衆議院議員 原田義昭 Blog]
  2日付け産経新聞に私の中国大使との会見(日記 3月25日参照)記事がのりました。別に派手にする必要はありませんが、こうした活動をしているというだけでも世の物言わぬ良識派は勇気付けられるのではないでしょうか。   先月末、橋本元総理をヘッドにわが国から中国に7団体と称する大代表団が派遣された。いろいろ話し合うテーマはあったのですが、結局は胡錦濤氏に靖国参拝を止めろと言われただけであって、ただ日本人の自尊心を傷つけただけでないのか、私は素朴に悲しく思いました。何故にあそこまで卑屈なまでに会いに行く... [続きを読む]

受信: 2006/04/05 15:46

« 一日早いエープリルフール | トップページ | 変わらない朝日のねつ造体質 »