« やっぱりな小沢くん | トップページ | 絶対に友好国にはなれない中国 »

2006/05/16

北朝鮮に魂を喰われた任侠ヤクザ

やはり、この話題に触れないわけにはいかないだろう。
連日、報道されている北朝鮮からの覚醒剤大量密輸事件である。


北朝鮮から覚せい剤を大量に密輸したとして、警視庁と海上保安庁などの合同捜査
本部は12日、韓国籍の長野県伊那市伊那部、無職禹時允(ウ・シユン)容疑者(59)と東京都板橋区中丸町、極東会系暴力団組長宮田克彦容疑者(58)の2人を覚せい剤
取締法違反(営利目的輸入)の疑いで逮捕した。ほかに数人の逮捕状を取った。捜査本部は12日、鳥取県境港市に停泊している北朝鮮籍とみられる船の家宅捜索を始めた。

調べによると、禹容疑者らは02年10月9日、北朝鮮から貨物船で覚せい剤数百キロを運び、島根県安来港に接岸して日本に密輸した疑い。密輸した覚せい剤はすべて暴力団に流れたとみられる。

鳥取県沖で02年11月から12月にかけて、ポリ袋などに入った覚せい剤約200キログラム以上が見つかっており、関連を調べる。

01年12月に鹿児島・奄美沖で海上保安庁の船と銃撃戦の末に沈没した北朝鮮工作船から回収された携帯電話の通話先に、複数の暴力団関係者とともに禹容疑者が使用していたとみられる携帯電話があった。

禹容疑者は04年8月、福岡地裁で盗難乗用車の密輸事件に関与したとして盗品等
有償譲り受け罪などで実刑判決を受けて服役したが、最近出所したという。

北朝鮮から覚せい剤密輸容疑、男逮捕 工作船捜査で浮上
(2006年05月12日 朝日新聞)

この記事をどう読むか?
これは、北朝鮮-朝鮮総連-在日系暴力団員-暴力団という構図で捉えなければ
ならない。
暴力団の構成員は在日韓国・朝鮮人の比率が高い。私がよく知っているある政令市の暴力団は1割が在日である。この構成比は、在日韓国・朝鮮人の人口比からすると
異常に高い。
この在日系暴力団員の中に朝鮮総連とつながりのある者がいる。この人間が、今回のような事件のキー・パーソン(Key Person)になるのである。

今回の禹時允・容疑者よりちょっと大物になるが、北朝鮮と日本の暴力団をつなぐ
キー・パーソンの典型的な例として許永中を挙げることができる。
許永中は、元・朝鮮総連の活動家で我が国最大の暴力団・山口組の企業舎弟。部落解放同盟の幹部とも昵懇(じっこん)な間柄だった。
また、許永中は、誕生日に高級ワインを千本も贈るほど金正日将軍様と親密で、他方において全斗換・韓国大統領(当時)の実弟とも懇意だった。
この辺りの、想像を絶する人脈の多様さから『闇の怪人』と称されるのだろうが、この
人物の在りように、北朝鮮-朝鮮総連-在日系暴力団員-暴力団という地下水脈が透けて見える。
なお、許永中は、あの亀井静香氏とも『盟友関係』にあった(と言われる)。

北朝鮮の3大輸出産業は、偽ドル、覚醒剤、日・米の偽タバコである。これらの製品の主な輸出先は、偽ドルは東南アジアと東欧、覚醒剤は日本、日・米の偽タバコは韓国、東南アジア、東欧である。

このうち、もっとも利益が高くてリスクが少ないのが覚醒剤の日本向け輸出であると
考えられる。
なぜなら、偽ドルや偽タバコには価格に上限があるが、覚醒剤の売価は青天井である。原価も安い。
闇で売られ闇で消費されるから摘発される危険性も低い。なにより、販売ルートが確立されている。
製造元(北朝鮮)-ブローカー(在日系暴力団員)-販売店(日本の暴力団)-市場
(カネ余りの日本)。
だからこそ、武装工作船を仕立ててまで、我が国に覚醒剤を密輸出していたのであろう。

今回の摘発劇を見ると、警察も海上保安庁も本気である。おそらく政府の北朝鮮に対する強い意志を受けてのものと思われる。

任侠ヤクザなんて遠い昔の話。
ヤクザは、今や暴力団を通り越して、社会を脅かす巨大な闇のシンジケートになりつつある。闇金融、『振り込め詐欺』、覚醒剤の密輸・密売、高級車の窃盗と密輸。
もう連中は、生き残るためには手段を選ばないところまで来ている。

北朝鮮を追い詰めるには、まず我が国の暴力団と朝鮮総連を追い詰めること。そうすれば、国内犯罪も減るし、北朝鮮も打撃を受ける。まさに一石二鳥である。
刑事だ公安だといった縄張り意識は捨てて、治安機関は一体となって北朝鮮-朝鮮総連-暴力団という、闇のネットワークの摘発に取り組んでほしい。

【特記】
コメント及びTBを許可制にさせていただきました。
カキコやTBがすぐには表示されませんが、勘違いして何度も送信することのないよう
ご注意ください。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何か感じるところがあれば
  クリックしてくれると元気になれます。

|

« やっぱりな小沢くん | トップページ | 絶対に友好国にはなれない中国 »

北朝鮮&拉致問題」カテゴリの記事

コメント

うわさされるパチンコ業界はどうなんでしょうか。警察とパチンコ業界はずぶずぶとも聞きますが。北朝鮮ー総連ーパチンコ業界ー警察の天下りという相関図があるのではないですか。ここも本気で取り組んで欲しいものです。

投稿: まつ | 2006/05/16 16:18

許永中、イトマン事件でしたか、裏社会の話題には必ず絡む印象です。

麻薬には、北朝鮮-《中国大陸マフィア》-《中華系マフィア》-《アラブ売人》-市場
のルートが地方で伸びているそうです。
実際こちらも地方都市の駅や繁華街はアラブ人で溢れています。

治安、テロにスパイも統括して撲滅する機関が必要です。

投稿: MultiSync | 2006/05/16 18:44

民団と総連が和解に向けて話し合うようですね。
結局こいつらは同じ穴のムジナですね。
まぁ、知ってたけど。

パチンコ屋はとっとと潰して欲しいです。
どれだけバカ共が無駄カネを浪費しているのか。
その金で旅行に行ったり、物を買ったりすれば、
景気はもっとよくなると思います。

投稿: yoshi | 2006/05/16 19:11

明日予定されている総聯と民団の会談。
「改革民団」の10大行動計画:
http://mindan.org/shinbun/news_t_view.php?category=13&page=19
に沿ったもののようですね。

「行動計画」には「北朝鮮帰国者問題」も「拉致問題」もありません。帰国運動に際し、在日大韓民国居留民団(現在の民団)は総聯の帰国運動に対して体を張って激烈な反対運動をしました。また、帰国者や家族の「脱北者」への支援や日本定着の活動を行っていると言っています。しかし、「10大計画」には一言もない。「拉致問題」に関しても一言も言及していません。それで、地方参政権を筆頭に権利主張は全面開花です。
「帰化問題」のことも何も書いていない。
自分たちが日本に定着・共生(私は嫌いな言葉ですが、事実「共生」していますから)し、もう一歩進めて日本社会に貢献するという哲学というか精神が一切感じられません。何を考えているんでしょうか。何が「改革民団」なのでしょうか。
もう少し自分たちが置かれている立場をお考えになればと思います。
「プロ在日」として「在日特権」を主張し続けることはもう無理です。日本社会の寛容さにも限度がありますからね。

で、総聯と「和解」ですか。昔からこういう“お祭り”は繰り返されてきました。1972年「南北共同声明」後の大騒ぎとか、1991年「南北非核化共同宣言」とか、2000年「南北首脳会談」。耳にタコなんですよね。
切羽詰っていることだけは伝わります。組織の維持が難しくなっているのでしょう。
民団と総聯が、会談の内容の一切を洗いざらい公開すれば評価しますけど、無理でしょうね。
日本人や在日同胞を何度も裏切り騙すのは止めた方がいいと思います。

投稿: さぬきうどん | 2006/05/16 21:49

許永中と元警察官僚の亀井が盟友・・・・悪い冗談であって欲しい話ですが、亀井氏の人柄の下品さから見て本当の様な気がしてならない私。
こういう悪の人脈を持った政治家が政権中枢にいなくて良かった、と言わねばならない今日この頃。(もしかして、亀井が自民党から去ったからこそ出来た摘発?)

投稿: TMN | 2006/05/16 22:36

構成員、準構成員の3割以上が在日だと言う話もありますよね。依存症さんが文中で書かれている「1割」というのは、おそらく組長の割合なのでは?先日逮捕された山○組トップも在日ですし。ヤクザが魂を喰われたのでは無く、在日がヤクザ社会を牛耳ったのではないか、というのが私の考えです。

投稿: taketake | 2006/05/16 22:58

まあ、ぶっちゃけて言うと、根本は

力道山-児玉誉士夫-田岡一雄

のラインが元と成っている訳ですが(^◇^;)
それが劣化したのか悪用したのか結果的に
こういう構造になってしまったと云うことですね。

国民に敵対した以上は極道でもないですが
行く道行くしか無いって事ですね(^_^メ)
事実、警察はヤクザ者を抑えるか、さもなくば
「国家権力」って事で叩き潰す態度を取っている
様です。昨日の読売夕刊でも延暦寺に於ける
「広域暴力団」の法要で警察が延暦寺に対し
事実上の「警告」を発したと報じられましたしね。

極道を自認する集団は「半島」といい加減距離を
置かないと国家権力の「弾圧」を合法的に受ける
羽目に成りそうですな。日本国家権力の背後には
反米派の云うところの「アメ公」が糸を引いて
居るようですしね(^◇^;)

投稿: abusan | 2006/05/17 00:34

こんばんは。

私の感想も、あぁ、やっぱりそうなのか、と思います。別に驚きもしませんし、ヤ○ザと半島との繋がりもさもありなん、だと思います。そして、そもそも、ヤ○ザ自身、半島と繋がりあるものだと思っていましたから、別に魂を売るも何も、そのままの行動だと思います。

結局、こういう事態でも、変わらない某国人と、日本人がいるわけで。所詮、民○と○連にしても、呉越同舟で、いつまで持つかは分かりません。まして、友好ムードを吹き飛ばす事件や事故が、今後起きないとは思いませんし。

本来は、こういう事にかんしても、何年もかけるべきではないし、それを議論すること自体、おかしいと思います。
そして、反日○国人の反応を見るのも、一興ですが。

投稿: Mars | 2006/05/17 00:35

知多那美神はご安泰じゃ。

投稿: 大同倒壊尼 | 2006/07/26 00:38

もともと、博徒で歌舞伎町辺りでは有名な親方でした。
上海マフィアだけを客にした、賭場の経営をしているとき、お世話になったことがありますが、あの頃から確かにマフィアの客から関連があるようなうわさは聞いていました。6年位前でした。

この時世になぜあんなにお金があったのか、TVのニュースを見たときわかりました・・。そりゃ、持ってるよ・・。朝鮮ルートから日本で出回る覚せい剤の75%が入ってくるのだし。

男っぷりのいい、任侠ヤクザ丸出しで、私は好きだったのになぁ。
もう、シャバに出てこないでしょうなぁ

投稿: モモ | 2007/02/02 03:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/10083235

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮に魂を喰われた任侠ヤクザ:

» 北朝鮮への資金源を絶て、覚醒剤密輸事件 [新聞記事・ニュース批評@ブログ]
 ちょっと取り上げるのが遅くなってしまいましたが、北朝鮮からの覚醒剤密輸疑惑事件を取り上げます。 [続きを読む]

受信: 2006/05/16 21:25

» 北朝鮮密輸事件 盗難車の対価に覚せい剤 [湘南のJOHN LENNONの独り言]
北朝鮮密輸事件 盗難車の対価に覚せい剤 電力不足のため北朝鮮だけ真っ暗 勝手に日本人を拉致・誘拐して知らん振り。国家犯罪を繰り返す北朝鮮。悪質でどうしようもない国だ。力もないのに、すぐに核の駆け引きに出て、恫喝外交を繰り返している。それには日本の「日本国内北朝鮮組織(あえて名前は言わない)」も裏から絡んでいるのは間違いないだろう。航空機撃墜・密輸・偽札・偽タバコ・麻薬・誘拐など国家犯罪を堂々と行っている。 日本の暴力団と手を組み、犯罪を輸出し、日本人を中から傷つけている行為は絶... [続きを読む]

受信: 2006/06/03 23:14

« やっぱりな小沢くん | トップページ | 絶対に友好国にはなれない中国 »