« 中国は父、韓国は兄、日本は弟 | トップページ | アホぶりをますます加速させる盧武鉉 »

2006/05/09

また暴かれた解同利権


「行政、食い物に」 捜査幹部

30年もの間、「なれ合い」とも呼べる契約で特定の財団法人に業務委託していた大阪市の駐車場の随意契約問題は8日、委託先の「飛鳥会」(東淀川区)理事長、小西邦彦容疑者(72)による業務上横領事件に発展した。小西容疑者は部落解放同盟大阪府連合会飛鳥支部長を務める地域の有力者。「人権団体での立場と暴力団の威力をちらつかせ、行政を食い物にしてきた」。大阪府警の捜査幹部はそう指摘する。

昭和42年以来、飛鳥支部長を務める小西容疑者は46年、地元住民の生活向上を目的に「飛鳥会」を設立。事件の舞台となった西中島駐車場の管理・運営を受託したほか、銭湯や貸しビル業など手広く事業を展開している。

56年には社会福祉法人「ともしび福祉会」も設立、高槻市や大阪市で特別養護老人
ホームや保育園を運営、現在も理事長を務めている。

府警によると、小西容疑者は別の顔も持つ。40年ごろまでは山口組系暴力団の幹部組員でもあったという。第一線から退いた後も、暴力団との関係は絶たれていないと
みている。

60年1月、大阪府吹田市のマンション入り口で、暴力団山口組組長(当時)が射殺された事件では、射殺された組長が出入りしていた現場マンションの部屋が、小西容疑者の名義だった。組長はマンションの出入りの際、「小西邦彦」を名乗っていたという。

また、平成9年9月には、飛鳥支部の事務所に銃弾五発が撃ち込まれる事件が発生。この事件は未解決だが、神戸市内のホテルで当時山口組ナンバー2の宅見組組長が射殺された事件の約1カ月後で、射殺事件への関与が取りざたされた当時の山口組
直系組長(破門)と小西容疑者が昵懇(じっこん)の間柄だったとの評判もあった。

「誰が小西(容疑者)を切れるんだ」。西中島駐車場の管理・運営をめぐり今年3月、
飛鳥会との契約解除を公表する以前、大阪市の幹部はこう打ち明けていた。

(後略)

「人権」「暴力」で威圧 財団理事長逮捕 (2006/05/08 産経新聞)

まさに、「解放同盟(解同)-利権-背後に暴力団」という、一般社会のステレオタイプな見方を自ら証明するような事件である。
「解同=暴力=怖い 」というのは偏見であり、それこそ差別であると解同は言う。しかし、元山口組系暴力団の幹部で、今でも関係があるとされる人物が堂々と支部長を
務めているという事実を眼前に突きつけられれば、誰でも「やっぱりなあ」と思ってしまう。
もちろん、今回のような事例はごく一部だと思う。私は過去の経験から、まじめな活動家もたくさん知っている(今は、解同の方針や考え方は間違っていると思っている)。
が、ごく一部だとはいえ、このような反社会的行為を働く人物を組織内に抱えているということは看過できない問題である。

解同の綱領前文は以下のように宣言している。


わが同盟の目的は、部落差別からの完全解放の実現にある。
ふるさとを隠すことなく、自分の人生を自分で切り拓き、自己実現していける社会、人びとが互いの人権を認め合い、共生して行く社会、われわれは部落解放の展望をこうした自主・共生の真に人権が確立された民主社会の中に見いだす。
わが同盟の組織は「人間を尊敬する事によって自ら解放せんとする」部落大衆の結集体であり、差別と闘うすべての人びととの連帯をめざす大衆団体である。
わが同盟は、1922年「エタである事を誇り得る時が来たのだ」との血の叫びのもとに
創立された全国水平社の歴史と伝統を継承し、すべての差別と闘う。
また、部落差別を支えるイエ意識や貴賤・ケガレ意識と闘い、差別観念を生み支える
諸条件をうちくだき、世界平和と地球環境を守り、人権文化を創造する。
われわれは、自力自闘の精神を鼓舞し、「世界の水平運動」と「自主・共生・創造」の
旗を高く掲げ邁進する。

部落解放同盟『綱領』

しかし、「自分の人生を自分で切り拓き、自己実現していける社会、人びとが互いの
人権を認め合い、共生して行く社会、われわれは部落解放の展望をこうした自主・共生の真に人権が確立された民主社会の中に見いだす」と、いくらアッピールしても、これだけ自浄能力が欠如している実態を見せつけられれば、綱領前文自体が白々しく思えてしまう。

小西容疑者が暴力団の第一線から退いたとされる昭和40年ごろといえば、同和対策審議会答申(昭和40年)が出され、同和対策事業特別措置法(昭和44年)が制定された時期に重なる。
つまり、小西容疑者は、同和対策事業による利権を狙って昭和40年ごろ解同に参加した。そして、表向きは暴力団と縁が切れたように装っていた。が、その後も、素顔は
暴力団そのものだったということだ。

これでは、国民の税金が、同和対策事業を通じて暴力団の資金源になったと疑われても仕方がない。
そして、解同という組織がその隠れ蓑になった。
今回の事件を汚名と受けとめるなら、解同は自ら組織の膿を出すべきである。

それにしても大阪市のだらしなさは、もうどうしようもないレベルである。
産経新聞は、上記の記事中で次のようにも書いている。


「なれ合い」ゆがみ次々

「飛鳥会」理事長の小西邦彦容疑者による業務上横領事件。今年1月には、大阪地検特捜部が摘発した造園事業の談合事件で「大阪府同和建設協会」所属企業への優遇措置が発覚。最近でも芦原病院(浪速区)への巨額の無担保融資や補助金不正流用が表面化するなど、市が連綿と続けてきた同和行政のゆがみが次々に露呈している。

私は、過去のエントリーで「日本一の腐敗都市-大阪市」と書いた。
やはり、そのとおりだった。

私が大阪市のあり方を批判した昨年の9月ごろは、世論もメディアも「大阪市当局の
でたらめぶり」に対する怒りと批判で大いに盛り上がっていた。その流れは、その後も続いている。
このところの大阪市における同和利権に対する検察・警察の摘発や不正の発覚は、
そのような事情も大きく影響していると思う。
やはり、不正や腐敗に対しては、ひるまず声をあげることが重要なのである。

なお、1970年代、大阪府や京都府、奈良県や兵庫県で、共産党の市長や町長が続々と誕生したことがある。これは、解同の横暴に対する一般国民の素朴な反発であった(共産党は反・解同)。
解同に対抗できる政党が共産党しかいないとは情けない限りだが、その後、解同の
利権体質もずいぶん改善されたと聞いていた。

が、今回の事件を見る限り、その体質改善は、まだまだ不十分と言わざるをえない。

大阪府吹田市のマンションで「小西邦彦」を名乗り、その後マンション入り口で射殺された暴力団山口組組長(当時)とは、竹中正久・山口組四代目のことである。
また、宅見組組長射殺事件への関与が取りざたされた当時の山口組直系組長(破門)とは、中野太郎・中野会会長のことである。
中野会長は、「破門」ではなく、より重い「絶縁」処分だった。

【追記】
この件に関しては、朝日新聞も次のように書いている。

小西容疑者は部落解放同盟の地元支部長も務め、大阪市の同和行政に強い影響力を持つとされる。府警によると、小西容疑者は70年代後半まで最大の指定暴力団山口組系の暴力団幹部で、その後も組関係者との関係が続いているという。

さすがの朝日も「かばいきれない」といったところか???

財団法人理事長らを逮捕 大阪市委託事業の収益着服容疑

【追記2】
5月9日付毎日新聞によると、「03年から3年間で小西容疑者の個人口座などに振り替えられた金額が約1億9000万円に上る」ことが判明した。
30年間では、一体いくらになるのだろう???

業務上横領:解放同盟支部長、1億9000万円個人口座に

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何か感じるところがあれば
  クリックしてくれると元気になれます。

|

« 中国は父、韓国は兄、日本は弟 | トップページ | アホぶりをますます加速させる盧武鉉 »

解同&人権擁護法案」カテゴリの記事

コメント

私は高槻市民ですが連日暴かれる大阪市の不正に公務員は全員同罪で減給にしてくれと叫びたい気分です。
先日も同和系芦原病院の不正融資の問題がありうんざりしていたのですが。
http://osaka.yomiuri.co.jp/tokusyu/kaikaku/oc51119a.htm

しかしこういう問題が明るみに出るということは利権の力が弱まっているか、どこかから潰そうと圧力がかかってるのではと期待しております。

投稿: 黄泉 | 2006/05/09 11:31

こんにちは,大阪市民です。

勤務先が「飛鳥支部」のある地区に近くにあります。
この地区は新大阪駅からもほど近い(東側にあります)ロケーションで,本来ならもっと開発が進んでいてもいいはずですが,うらびれてます。
近くを走る阪急電車の淡路駅からその地区を通って新大阪を経由して十三(じゅうそう)駅まで,新しい路線を通そうとする計画が30年以上も前から有りますが,用地買収が進まず,立ち消え状態になっています。

この記事を見て,「やっぱりなぁ」といった感じです。

正直,解同とは関わりたくないですね。
それは,部落差別感覚と言うよりも,ヤクザと関わりたくないという感覚と同質のものです。怖いのですよ,常識が通用しないだろうなぁというのが。

差別をなくす活動をしているはずの解同が,差別利権を食い物にして,組織の存続を図ることが目的化してしまっていますね。部落差別がなくなると一番困るのは,解同ではないのでしょうか。

投稿: Bluster | 2006/05/09 12:27

ban"blues"makotoさま
はじめまして

こんなCDミつけましたよ!(URL参照)
太鼓のミカエル・デニス、めっチャくちゃ魂(うた)ってます!
いま、B.B.King at San Quentin(Johnny Cashもここで)を聴きながらです。
二枚とも質屋さんみたいなところでみつけました。

上海領事に絡んだ"唐"のアジト「上海市国家安全局」撮ってきました。後日アップします。
from上海

投稿: 上海・76号 | 2006/05/09 15:14

2年前の台風で、市からの見舞金は、2万円だけ(涙)でも、15年くらい前、部落の地域が水害にあった時、見舞金200万円その上、市から修繕費として借りたお金踏み倒したと、知り合いの市議からナイショですけどね、と言われました。
ごね得、やったもん勝ち、居直り、
特ア三馬鹿と層化と同和は、  同じ穴のムジナ!

投稿: ねねこ | 2006/05/09 15:52

過去2001年に「食肉業界のドン」として大手食肉グループ「ハンナン」元会長の浅田満(66)と太田府知事の関係は過去に浅田の家で接待を受けたなんて有名ですよね、本人も認めているわけですから、こんなもんは絶対に縁を切るべきだ、部落と暴力団は同一だとわかったんです、前からわかってますが、差別だと因縁をつけ、補助金等の利権をむさぼってきた、彼らも恥ずかしいと思わなければだめですよ、時代は変わったんですよ。もう補助金なんてなしです。(2002年同特法は失効、その意味から大阪は時代錯誤)
もっと公にしてテレビ等で議論すればいいと思いますよ、相手も出てきて、タブーにしないで、隠さないで堂々と税金が流れていることを国民の前に出すべきだ。
皆さん、怖いなんて言っているけど怖くなんか全然ないですよ、おれなんか差別したことがないからまったくわかりませんよ、大阪では知らないけど。
長野県知事の田中氏は偉いですよ、前向きに解決したんだから。

投稿: 富山人 | 2006/05/09 20:13

私の住んでいた地域では同和地区について語ることはタブーでした。

下手をすると、市役所のある部屋に連れて行かれ仕打ちを受けます。市がそのためのスペースを提供していたそうです。

同和地区近くの市営住宅は同和の人が占めています。家族一人一人に一軒ぐらい当たり前です。ワンフロアー同じ名字が占めていたりします。もちろん家賃はタダ。

同和地区の人は学校に関わるお金、教材、ランドセル、机など全てタダです。
自動車免許取得のための費用もタダです。

働く必要がないので昼間からブラブラして酒を飲んで、地域の治安は悪化します。なので、普通の人は近寄りません。それを差別されていると騒ぎます。それは違うだろうとでも言おうものなら、市役所に連れて行かれます。

ちなみに、この地域は政令指定都市です。

すみません、身に危険が及ぶ可能性があるため、匿名、メールアドレスは架空です。

投稿: 匿名希望 | 2006/05/09 21:57

私の父の友人に部落出身の社長がいます。父からあの人は部落出身だと聞いたことはありませんでしたが、酒の席でその人が話題になったとき「彼は援助を一切拒否して自力でがんばっている。そこが良い」と言っていました。もう30年近く前のことですが本日の記事を読んで思い出しました。多くの在日もそうだと思いますが良識ある人は社会と組織の構図に疑問を抱き自立していくのだと思います。
私は田中氏は嫌いですがこの件に関しては私も評価しています。

投稿: 大熊猫 | 2006/05/09 22:18

> 富山人、大熊猫 さん
の田中評価に同感します。別冊宝島の『同和利権の真相4』で寺園敦史さんが詳細のレポートを寄せていますよね。私はそれを読んだだけなのですが、彼のやり方しかないのかなと思いました。
彼のその他の言動には疑問が多いし、率直に言って嫌いな人ですが(『何となくクリスタル』は出てすぐ読みましたけど!)、この件に関しては高く評価します。原則は「オープン」「公開」です。
この前TBSラジオの『アクセス』で喋っていたのですが、さいたま市は合併して、給与は一番高い自治体に、社会保障は一番低い自治体に合わせたため、財政が逼迫、市民の不満が噴出しているようです。お手盛り!
いわゆる同対法は終結したのですが、多分闇の利権が多く潜り込んでいると思われます。
それがこの間の広域合併でどう処理されたのか、詳しい方に情報を提供していただきたいものです。(匿名で)
地方財政の桎梏になりつつある、同和関連予算に注目です。

投稿: さぬきうどん | 2006/05/10 00:30

差別を解消するための運動が、差別を助長する。
人間の性(さが)を痛感しますね。

弱者が、差別を逆手にとってのし上がっていく、幾度も目の当たりにしました。
「ハンナン」の食肉詐欺=国費50億円詐欺事件など、その典型でしょう!!!

が、「ハンナン」には、暴力団だけではなく野中広務や鈴木宗男なども群がっていた。

小泉内閣になって『解同』タブーが薄れてきた。これだけでも小泉内閣の評価は○です。

経世会の内閣では、食肉のドン・浅田満が摘発されるなど考えられなかった。
おそらく、内閣が2~3個つぶれるくらいの闇があります、背後には…

投稿: 坂 眞 | 2006/05/11 22:08

はじめまして。小生が運営している掲示板でurlをリンクさせてもらいました。

さて、部落問題についてですが、小生が幼少の頃から知っている地域においては、運動団体を嫌がって昔からの住民は出て行き、今やゴーストタウンの有様です。昨日、見てきたから間違いありません。

昔被差別部落の人に言われた「解放同盟を褒めるのは、解放同盟だけ」という言葉をここにも記しておきます。

投稿: TAMO2 | 2007/05/06 10:21

高校まで同盟の子ども会に入っていたけど、やはり今の同盟の問題点は大きいと思う、政治から離れるべきだと思うけどね。
アメリカの差別問題もそうだが持ちなれないものを持つとそこに利権が発生し逆差別になって結局本質を見失うと思う。
(ようは、金銭ではなくどうやって心の差別心をなくすのか、誰でもあるあらゆる差別心をなくすのかが本質であり金銭はあくまで手段でしかない)
熊本県連の某幹部の人が生前同対法は間違いだったのかなとはなしていましたけど、本質は何なのかあらゆる差別と戦う団体は考える必要があるように思います。
(同盟に金は払ってるけど名簿には載せてません)

投稿: | 2011/12/15 01:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/9962586

この記事へのトラックバック一覧です: また暴かれた解同利権:

» 飛鳥会(同和対策の駐車場管理)横領容疑で理事長逮捕 [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「飛鳥会(同和対策の駐車場管理)横領容疑で理事長逮捕」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =200... [続きを読む]

受信: 2006/05/10 14:50

« 中国は父、韓国は兄、日本は弟 | トップページ | アホぶりをますます加速させる盧武鉉 »