« テポドン2号にうろたえる盧政権 | トップページ | 認識が甘い安倍晋三と、その取り巻き »

2006/06/22

福島瑞穂が苦言を呈した小沢一郎

今日、このブログの「リンク元ランキング」をチェックしていて、改めて気付いたことがあります。私の想像以上に、この「依存症の独り言」に言及している、あるいは引用しているブログが多いという事実です。
これは、ブロガーにとってはうれしいことです。

もちろん、肯定的な立場からのものが多いのですが、中には批判的ものもけっこうある。そして、明らかに「誤解」としか思えない非難もあります。

私はプロフィールにも書いておりますが、ハードボイルドをモットーにして生きてきました。
「男は優しくなければ生きている資格がない、が、たくましくなければ生きていけない
からね、つらいよ・・・ホント」
これが私の本心です。だから、これまで一度も逃げたことがない。何より「男の矜持」がそれを許さない。私は、ブログのタイトルにもなっている「依存症」を独力で克服しました。弱い自分を他人に見せたくなかったからです。
そういう性格ですから、相手の背後から鉄砲を撃つような輩は大嫌いです。文句があるのなら、正面から堂々と批判すればよい。それが男です。

そんな私が、最近、看過できない「非難」があります。コメント及びTBを許可制にしたことを捉えて、「意に沿わないコメントやTBを排除している」というものです。
振り返ってみれば、このブログに対する誹謗中傷は、これまでも多々ありました。「小泉マンセーブログ」というのはまだかわいい方で、中には「人気ブログランキングのポイントをねつ造している」とか「ヒット数を水増ししている」、あるいは「小泉・安倍一派の工作員ブログだ」というような、爆笑するしかない中傷もありました。

それもこれも、私のブログがランキング1位であることによります。1位になるまでは、
中傷もなければアラシもなかった。あまりのコメントの少なさに、「コメントをください」と
お願いしていたほどでした(笑)

ランキング1位になれるなんて露ほども思ったことはなかったし、また、なりたいと思ったからといってなれるわけではありません。これは、ひとえに読者の皆様のご支援の賜物です。
だから、「ランキングのポイントをねつ造している」とか「ヒット数を水増ししている」とか
言われると、読者の方までが貶められている気がして頭にくるわけです。

第一、そんな姑息な真似をして「ランキング1位」になったからといって、何の満足が得られるのでしょう。そういう妄想が湧いてくること自体が、私からすれば理解不能です。

ただ、これらの中傷は、相手が自らの人格の卑しさをさらしているだけですから、まだ「ふざけるな!!!」で済んだ。
が、「意に沿わないコメントやTBを排除している」という非難は、誤解を解く意味も含めて、きっちり説明と反論をしておかなければならない、そう思います。
なぜなら、私の名誉に関わることだからです。

私が、このブログに対するコメントやTBを許可制にしたいきさつは、昔からの読者の方であればよくご存知だと思います。

理由は、中国人と思しき連中が、集団でアラシ行為を行ったからです。罵詈雑言が、
1エントリーにつき10~20もカキコされる。そのつど削除し、投稿禁止にしても、次から
次と新しいIPアドレスからカキコがくる。
最初は「二度とエントリーが書けないようにしてやる」といったような脅しでしたが、そのうち「イ○ポ」とか「この童○野郎」とか「糞○レ」(実際は○ではない)といった、読むに耐えない言葉を機関銃のように撃ちつけてきた。「投稿規制」をかけても、次々と新しいIPアドレスから攻撃してくるので、許可制にするしか対抗措置がなかった。
コメントやTBを許可制にした背景には、こういう事情があったのです。
ちなみに、連中のHNは「板 眞」(爆笑)

このとき、古くからの読者のお一人である「abusan」さんが、
許可制に追い込まれたのは反日野郎にやられたみたいで残念ですが、致し方がありませんね(--;) ウ
反日系ブログはコメント欄を閉じているケースが結構多いので、そういったレベルに追い込まれたと嘲笑されるのも悔しい話です

と嘆いておられました。
まさに、この方の危惧された事態が現実化してきたということです。

中には、コメントやTBを許可制にしたいきさつを承知の上で、煽るような発言をする輩もいるようですから始末におえません。
「保守」を名乗りながら、こういうことを意図的にやる。「浅ましい」としか言いようがない。

TBがうまく飛ばせないということは、けっこうあると思います。私も、せっかくいただいたTBにお返ししようとして、うまくいかなかったことが何度もあります。
が、これをもって、「依存症からTBをはじかれた。狭量なヤツだ」とくる(笑)
もう、私の理解の範疇を超えた反応です。

もし、TBがうまくいかない場合は、コメントはそんなことがないようですから、コメント欄に貼り付けてください。
なお、TBは「エロサイト」と「宣伝・広告ブログ」、コメントは「明らかな中傷」、あるいは「罵詈雑言」以外はすべて表示しております。

------------------------------------------------------------------

前置きが大変長くなり申し訳ありませんでした。では今日の本題。


民主党の小沢代表は、イラクからの陸上自衛隊撤収に関し、小泉首相が呼びかけた20日の党首会談出席を拒否した。小沢氏は理由として、記者団に「国民新党と新党日本が呼ばれていないのはおかしい」「内閣が判断して(陸自派遣を)やった以上、自分の責任で全うすればいい」などと語った。党首会談は「責任の所在を不明確にする」(小沢氏)という理屈だ。

これについて、自民党の武部幹事長は同日の記者会見で「一種の責任放棄だ」と批判し、片山参院幹事長も記者会見で「ちょっと大人げない」と不快感を示した。

野党党首も苦言を呈した。党首会談に出席した共産党の志位委員長は「(イラクで活動を拡大する)航空自衛隊の問題もある。なぜ追及しないのか」と首をかしげ、社民党の福島党首も「国会閉会中だから野党党首として明確に意見を言うことが大事だ」と語った。

小沢代表、党首会談出席を拒否 「大人げない」各党苦言
(2006/06/21 讀賣新聞亜)

国民新党は衆参合わせて議員7人、新党日本は同2人。小泉内閣が呼びかけなかったのか、両党が出席を拒否したのかは分りません。
ただ、小泉内閣が呼びかけなかったのだとしたら、衆参併せて10人に満たないからか・・・真相は?です。

いずれにしても、「国民新党と新党日本が呼ばれていないのはおかしい」というのは、出席拒否の理由になりません。ましてや「内閣が判断して(陸自派遣を)やった以上、自分の責任で全うすればいい」というのでは、お話になりません。
共産党・志位委員長の「(イラクで活動を拡大する)航空自衛隊の問題もある。なぜ追及しないのか」という発言、社民党・福島党首の「国会閉会中だから野党党首として明確に意見を言うことが大事だ」という発言、今回に限り正論だと思います。

「責任の所在を不明確にする」???党首会談で「責任の所在」を明確にすればよいの
ではないのですか?
明らかに「一種の責任放棄」ですね。「ちょっと大人げない」というより、「わがままも度がすぎている」といったところではないでしょうか。

ところで皆さん、誤解しておられる方も多いと思いますが、小沢代表、討論が好きではない、というより苦手なんですね。記者会見も嫌いです。演説もヘタだし。
ジョークも出ないし、当意即妙の切り返しもできない。得意なのは、人知れず「差し」で会い、密談することです。私は、小沢氏が「竹下派7奉行の一人」と呼ばれ始めた20年ほど前から注目しているので、よく知っています。
何しろ、かつて「記者会見はサービスだ」と言い放って、しばらくの間メディアと冷戦状態になった人物ですからね。

小沢氏は、「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」と石原慎太郎都知事に三行半を突きつけられた人。
小沢氏のかつての持論は、「自助自立」「規制緩和」「小さな政府」、そして「政治とは
権力闘争である」と言ってはばからない。親米であることと併せて小泉首相とよく似ています(笑)
違いは、「アメリカに言われて、造らなくていい公共工事をやって、湾岸戦争の時は、
一瞬にして戦費支出を決めた。自民党で一番いい思いをした」(石原知事)小沢氏と、
「公共事業を削減して政・官・業の癒着を突き崩した」小泉首相といったところか。
そして、「『剛腕』というのはマスコミがつくった虚像で、本当は気の小さい人なんだ」(元側近)と言われる小沢氏。「チキンハート」の小沢、対する「ライオンハート」の小泉。
一回、ガチンコで闘って見せてほしかったですね。

【特記】
コメント及びTBを許可制にさせていただきました。
カキコやTBがすぐには表示されませんが、勘違いして何度も送信することのないよう
ご注意ください。

人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« テポドン2号にうろたえる盧政権 | トップページ | 認識が甘い安倍晋三と、その取り巻き »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

小沢さんの「賞味期限」は切れました。
心臓が良くないのに(悪い)のにどうして、総理大臣が務まるのでしょうか。小泉氏も就任前と現在では(もっと前の40代後半)、面相と白髪の比率が決定的に変わりました。それだけ総理大臣の職が激務である証左です。彼は色々と息抜きして5年間の人気を全うしたわけですが。
小沢氏に総理の大任は務まりません。もちろん福田康夫氏にも。彼は今年満七十歳ですし、政治的な確信・信念・方向性がないように思います。

それにしても、小沢民主党は国政に全く責任を負っていませんね。
参議院不要論が出る所以ですね。税金の無駄ではないでしょうか。憲法改正に際しては、参議院制度の改正、あるいは参議院の廃止も視野に入れてほしいと思います。
失礼しました。

投稿: さぬきうどん | 2006/06/22 23:03

鉱物としてのウランは、あまりにも原子量が多くて不安定です。今の民主党は「選挙互助会」です。他の政党は少なくとも一本化した政策をもって、党の方針としていますが民主党は異なります。だいたい横路氏と党首の小沢氏で何か共通した意見はあるのでしょうか。小沢党首は政権交代をよく口にしますが、これは敵ゴール前でボールを何度も完璧にパスしようとする、ゴールを忘れた日本サッカー代表みたいですね。少なくともネット共同体での民主党に対する危険視は想像以上のものがあります。特定アジアからの移民1000万人招致。北朝鮮人の人権を守るため日本人から重税を取り、恥じない政治家たち。あの共産党がまともに見えます。
 映画ピラミッドでしたか、最後の命令「王の墓を閉じよ!」と部下たちに命令して一緒に埋められる悪い女王と小沢党首がイメージ的に重なります。不安定なウランは核分裂しますと熱と光(電磁波)を出します。小沢党首の最後の仕事は政界再編成を行う事でしょうか。

投稿: 普通の国民 | 2006/06/23 00:34

民潭が民主党支持らしいです。掲示板に載ってました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催場所:当地(小沢一郎さんの選挙区)

出演希望者
 1.イ・ジョンヒョンさん
 2.WAXさん
 3.チェウニさん
 4.在日の星、新井英一さん
(ただし、清河への道一曲限定←良い曲だが長いからな)

24日に開催される臨時中央委員会で特別動議を出して、
決議されることを切望いたします。

興業経費の金銭に変わる代価
 1.開催日当日、露店でキムチを二つ買います。
 2・小沢一郎さんの自宅兼事務所に行き(もちろん岩手)、
A4用紙にPCで
  「在日の方々に選挙権を与えて下さい。」と書いた紙を、
   私設秘書に手渡します。

 宜しくお願いいたしますm(__)m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

組織で運動してるのですね。何とか阻止しなければ。


投稿: 恐れるもの | 2006/06/23 00:46

石原都知事が、民間の有識者と会談するために都庁をよく抜け出た時期は、「なんで都庁にいないんだ(仕事しないんだ)」と、定例記者会見で良く言われていたものです。
方や、小沢氏は何してるんですかね。
自転車でたった700m走ったのを引き合いに”ニュー小沢だ”と小躍りする若手民主議員も情けないですが。
そもそも、「豪腕」なんて誰が言い出したのやら。。

投稿: 耕一 | 2006/06/23 01:31

私は許可制のところにまずコメントを入れませんでした、以前は内容の偏ったブログが多かったからです。
良いブログでも最近は許可制のところが増えたのはアラシの横行です、依存症様も致し方ないと思います。

「チキンハート」の小沢、とは言い得て妙です。
「ライオンハート」の喧嘩強い小泉氏とでは勝負にならないのではないかな、弱みを持たない稀有な政治家で「反小泉は皆自滅」が法則化してきた5年でした。
--蛇足--
郵政民営化など彼の経済運営に批判的な立場の経済に詳しい人も居ますが、その人の立場が既存の経済システムや後追いで出来た理論に漬かり表層を追っている、根本を見失っている事が覗えます。

優しさは日本人の特性だと思いますが、魑魅魍魎の国際社会で日本が自立していくには、リーダーの信念と喧嘩強さが絶対条件ではないでしょうか。

投稿: MultiSync | 2006/06/23 01:43

自由党時代の小沢さんには期待していたところもあったのですが、最近はめっきり「キレ」が悪くなったような印象を受けます。

秋の代表戦までは大人しくしているのでしょうか?

なにか考えがあっての事でしょう。

もうちょっと様子を見てみたいと思います。

しっかりとした野党が育つことが重要だと思います。

投稿: グリフィス | 2006/06/23 01:52

マスゴミが渡部恒三の事を水戸黄門といってみたり、小沢一郎の豪腕は自民党にとって脅威とか色々と持ち上げていますから、民主党も小沢代表自身も国民から支持されていると大きな勘違いをしているようです。
去年の衆議院選挙の自民党の大勝は小泉さんの熱意にうたれたのはその通りですが、それと民主党のなんでも反対の旧社会党的体質が国民からそっぽを向かれたからなのです。
前原民主党はその総括に立って対案路線を打ち出したはずなのですが、のど元過ぎれば何とやらですね。
次の参議院選でどうだこうだと自民党の支持団体などを小沢さんは回っているようですが、国民が去年の9月に示した民意はそうした業界団体や労組との癒着にノーを突きつけた事を忘れたいるようです。

投稿: yuki | 2006/06/23 07:27

>前書き

技術的な問題なのに許可制を取ったことで反日サヨク
のヘタレブログみたいだと揶揄する。まあ、これが
本物の反日サヨクの意図的中傷だったら寧ろ嗤うところ
ですが(w(おまえが言うな!って事で)

>「保守」を名乗りながら、こういうことを意図的にやる。
>「浅ましい」としか言いようがない。

と書かれている様に反小泉な保守な人も言うのですから
本当に浅ましい限りです。
ソノハナシハ\(--\) (/--)/コッチニオイトイテ

民主党、小沢党首の旧思考振りが目立ちますね。
あの人は党利党略が政治だと思っているようなフシ
がありますから自民党支持者から言わせれば
発想が古すぎる!としか言いようが無いでしょう。
果たしてこれで民主党の支持を広げられるものかと。
自民党は変わったのに民主党は全然変わってない
と有権者は見抜いている事でありましょう。

イラク撤収の件で「これが党利党略の一貫だ!」と
言わんばかりの党首会談拒否!これは逆に民主党は
「先ず政局政略ありきで政治を真剣に考えていない!」
と他党支持者から揶揄されても仕方がありません。
少なくとも自民党支持者はそう揶揄するでしょう。
党利党略だけの政党は現代の政治では通用しない事
を思い知る事でありましょう。

小沢氏が引退に追い込まれる日も近いような気が
します。

投稿: abusan | 2006/06/23 08:25

 HN「板眞」からの意味不明の罵詈雑言コメントが並んだ時は、どうなることかと心配しました。排除できて本当に良かったと思っています。品性下劣な連中に屈するべきではありません。頑張ってよいブログを継続して下さい。
 自分のまわりの連中にもこのブログの内容を見てもらいたいんですが、何せ「日中友好」は一種の“信仰”のようなものなんで、しょうがないですね。何とか道を踏み外さないよう努力はしてますが・・・。

投稿: duzhe | 2006/06/23 09:07

良識あるスレが荒らしで消されていくのは悲しいことです。
ここを読むのが日課となっている私としては、誹謗中傷に負けず書いて頂いているのがとてもありがたいです。

またいろいろあると思いますが、応援して読んでいる方がたくさんいるからこその一位だと思います。がんばってください!

投稿: こうじ | 2006/06/23 09:10

坂 眞様
このブログの人気は、熱血、理性、謙虚だと思います。
あと、経験からくる懐の大きいところかな
なにせ、私のバカなコメントでも載せてくれる!
それと、皆さんの皮肉のきいたコメントなんか読んでて面白い。

他のコメント欄で見つけた文ですけど

・サイトの掲示板に信者集まる
・筆者に批判的な意見を求める書き込みがあると
・信者が筆者擁護のつもりで議論にもならない罵倒、レッテル貼り
・「これじゃ論争できない」と批判者退散
・そして筆者の周りはイエスマンだけに
・筆者段々勘違いしていく
・そして、大ポカ

こういう風にここはならないと思いますが、注意が必要です。
「筆者段々勘違いしていく」 これは、無いと断言できます。

小沢さんは、だんだん人相が悪くなってる。
福田さんも同じ、前と比べると内面の悪さが顔に出てる。
(与党+野党)÷2=国益を考える人 にしたら面白い。

投稿: ねねこ | 2006/06/23 09:16

二ヶ月位前にネット散歩中に偶然見つけて、それ以来ここの記事を読むのが日課になってます。新聞の社説よりおもしろい。それが正直な感想ですし、みなさんのコメントも勉強になります。くだらない誹謗中傷は無視して、正しいと思う我が道を進んでください。
期待してます!

投稿: ナナ | 2006/06/23 10:46

民主政治が機能するためには、
何よりも政治の内容が国民の前に
開示されて居なければ成らない。

民主党はその意味で不可解千万。
まず国民は民主党が愛国者の集団であるか知りたい。
ところが支持団体は在日、解同と
反日侮日団体が名を連ねている。

一体それら集団に民主党は
どのような利益を提供しようというのか。
通常利害は相反する。
反日侮日団体の利益は
日本国民の不利益に違いない。

教育基本法改正に反対し
国際テロ防止法案に反対し
国民投票法成立に反対する。

これでは民主党の理念、民主が実は
反日侮日団体に都合の良い民主ではないのかと
疑われても仕方が無い。
こんな民主党を国民が支持するはずがない。

民主党党首は自民党党首のように
なぜ毎日記者の前で自分の考えを説明しないのか。
体が弱い、もうそれだけで党首は無理なはずだ。
口下手で自分の考えが説明できない。
もうそれだけで党首を辞めてもらいたい。

国民に何も知らせず何も説明しない
国民に判断材料を提供しない
そんな野党などいらない。

投稿: docdoc | 2006/06/23 11:06

私もマスコミが「豪腕」と持ち上げていた事が有りましたが意味が判りませんでしたが、自民党を出てからは何が目的か?
個人的な感情で国を見ているようですね。今回も国政などはどうでも良い「小泉憎し」、”元幹事長の俺を差し置いて「首相」に成りやがった””中身などどうでも良い「数」が全て”
”何処とでも取引するよ、自民党以外とは”これじゃ国民なんて人種は彼の頭の中にはタダの紙切れに選挙の時に「名前」を書くロボットにしか見て居ないと思いますよ。
当該プログ、中国、韓国、反日派からの罵詈雑言、”名誉です”、人間と云う動物は思考力が熊、龍より有ります。真実を突かれれば「罵詈雑言」「誹謗中傷」しか対応策が無いのです、今後も真実と面白い記事をお願いいたします

投稿: 猪 | 2006/06/23 11:33

所詮、金丸家の番頭と言う気がして、家に金の延べ棒隠してるんじゃないかとか、K資金(金丸氏から譲り受けたもの)で、「党内調整」を図ろうとしてるんじゃないかとか、そんなことしか思いつかないです(笑)。

国会に出席できないくらい体力がないなら、政権交代しても総理大臣は無理ですから、やはり代表は退いたほうが良いと思いますけどね。

>「国民新党と新党日本が呼ばれていないのはおかしい」

そんな言いがかりみたいなどうでも良い理由を言うところも昔と変わってないような気がしますね。全然期待が持てません。

投稿: ゆみこ | 2006/06/23 11:42

普通にこのブログの人気は情報更新の頻度と
切り口がいいからだと思います。

1位になればとうぜん妬みもあると思います。
大変だと思いますが応援しております。

いつもちゃらけた書き込みしかしてませんが、大変勉強に
なっております。

いろいろあると思いますがこれからも期待しております。

小沢さん。まぁ、とき巻きも魅力ないですねぇ。
松原仁がテレビタックルで700メートルニュー小沢を
アピールしてました。
そんなんだから小選挙区負けるのですよ。

民主党は自爆好きなのかなぁ。ネタでやってるなら尊敬するけど。もちろん芸人としてね。

投稿: ちなみつ | 2006/06/23 11:50

小泉さんに対する考えがだんだん変わってきました。
多大な功績もある反面、かなりの売国も行ったのではないかと思うようになってしまいました。公明と連立を組んだ弊害が大きいように思います。民潭は公明を支持しています。
共謀罪の顛末といい、小沢さんは終わったと思っている人は多いでしょうね‥。

投稿: 薬師 | 2006/06/23 12:51

いつも有益な記事を楽しみに拝見しております。

>中国人と思しき連中が、集団でアラシ行為を行ったからです。
>罵詈雑言が、1エントリーにつき10~20もカキコされる

ある意味、ブログというのはネットという仮想世界における各自の日記であると共に“庭”でもあると思うんです。
その庭の造りが気に入らないからと、他人の庭にズカズカ入り込んで“アラシ行為”を行なったり、庭に対する“罵詈雑言”などいちゃもんを付けてくるのは、甚だ非常識な行為だと思います。
人の庭(ブログ)を見て気に入らなければ、そのまま通り過ぎて行き(ブラウザを閉じて)、次からは来なければいいだけの話しなのに、何かしら言葉による危害を加えないと気が済まないと言うのは、非常に利己的かつ幼稚な精神の表れじゃないかと思いますね。

投稿: マー | 2006/06/23 15:02

>>薬師さん
>公明と連立を組んだ弊害が大きいように思います。民潭は公明を支持しています。

自民党が好んで公明党と連立を組んでいるとは思えませんが・・まぁ、自民党に限らず単独で政権を維持できるのならその方策を採るのでしょうが・・・前回の解散総選挙での自民党の大勝は今後そう期待できるものではないでしょうから、現実的には公明党との連立はやむを得ない選択だと思いますよ・・・信者団体である創価学会の政治別働部隊である公明党が政権の中枢に寄生していることには嫌悪感を持ちますが、現実政治では選べることと、選べないことがありますよね・・・辛いとこです。

投稿: 疑問符 | 2006/06/23 16:08

>公明と連立を組んだ弊害が大きいように思います。

気持ちは共有。
でも政治の現実解として「取り込んだ結果、創価をある程度抑えた」ってのも事実。
「社民+共産+民主+公明+民潭+マスコミ」ではいっかな自民でも勝算はありません。

阻止出来るのは、民意として総選挙で「反日勢力殲滅」が出ないといけないのです。

投稿: ぺパロニ | 2006/06/23 16:09

小沢一郎が中国を訪問するようです。
>民主党 小沢代表、7月に中国訪問へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060623-00000022-maip-pol

何をお伺いして帰ってくるやら。

投稿: るな | 2006/06/23 18:27

皆さん、こんばんわ。
コメント、ありがとうございます。

それにしても、人間の深層にある心のあり方、情けなくなる部分がありますね。
嫉妬、妬み、あるいは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」という偏狭な心。
私も、こういう面がゼロとは言いませんが、「他人の振り見て我が振り直せ」を心がけたいと思います。

小沢一郎、実は90年代初頭に自民党を割り細川政権を樹立したころは、もっとも期待する政治家の一人でした。
小泉純一郎なんて目じゃなかった(笑)
時代も変われば人も変わる。
変われなかったのが小沢一郎。
もう「化石」です(笑)

投稿: 坂 眞 | 2006/06/23 23:08

小沢氏、選挙で落としたいけど、落とせません。圧倒的な支持を持ってますから。岩手県民はイメージに騙されています。彼の虚構に気付いていません。彼が外国人参政権付与論者だという事をネットが出来ない世代は全く知りませんし。私が高齢の父に話して、やっと小沢氏の考えがわかったようです。それで前回の選挙には入れませんでした。政治家が何を考えているのか、どんな政策を謳っているのか、知らないで投票している人が殆どなんですね。政治に興味が無いっていうのは、恐ろしいと思いました。

投稿: 通行人 | 2006/06/25 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/10636982

この記事へのトラックバック一覧です: 福島瑞穂が苦言を呈した小沢一郎:

» 野党体質にどっぷりの小沢代表 [ちょっと語ってみる]
身内に甘く、与党に厳しい「野党体質」丸出しの 小沢代表。 時事通信社より引用 --------引用ここから------- 2006/06/20-16:27 松井氏の処分「考えてない」=民主・小沢代表  民主党の小沢一郎代表は20日の記... [続きを読む]

受信: 2006/06/22 23:16

« テポドン2号にうろたえる盧政権 | トップページ | 認識が甘い安倍晋三と、その取り巻き »