« 親中派に首相の座を明け渡してはならない!!! | トップページ | したたかな中共に操られる政治家たち »

2006/06/30

二枚舌と鉄面皮

Rachi5









「ヘギョン」ちゃんは「ウンギョン」さん。「キム・チョルジュン」氏は「キム・ヨンナム(金英男)」氏と同一人物らしい。北朝鮮のことだから、今さら驚かない。が、日本向けと韓国向けで、名前まで使い分けさせる。
「ヘギョン」は幼少時のあだ名らしい。ヨンナム氏によると、拉致問題が取りざたされた
ことがウンギョンさんに大きな衝撃を与えたため、プライバシーを守るために幼少時の
「ヘギョン」に名前を変えさせたのだという。
よくこんな「ウソ」を堂々と言えるものだ。
(名前を変えた真意はよく分らない。)

「一目でも会いたい」はヨンナム氏の母、崔桂月(チェ・ケウォル)さんの悲願だった。
「アイゴー」の抱擁、感動の再会。これ自体は、よかったと思う。
が、横田めぐみさんの夫、キム・チョルジュン氏は日本側の写真撮影を拒否した。しかし、今回のキム・ヨンナム(金英男)氏はテレビで韓国人の母との再会劇の主人公を
演じた。

これについて、「相当に訓練されて(記者会見に)来ている」と横田夫妻は語った。北朝鮮という国による強制。心の奥底までは到底語れない舞台での再会劇。
「よみうり寸評」は、これを「二枚舌」と「鉄面皮」と表現した。

横田早紀江さんの目は常に冷静かつ確かである。「北朝鮮の計画が見え隠れしている。ヘギョンさんは家族の中で浮いて見え、孤独感に耐えているようだ」と早紀江さんは評した。
再会劇は「犯人のところへ行って、ありがとうと言っている感じ」家族会の一人も、こう
感想を話した。

予想された通りの会見で、目新しい事実は何もなく、しかもヨンナム氏は、遺骨について「(日本側が)偽だと決めつけるのは、私とめぐみに対する侮辱」とした発言した。
拉致被害者の蓮池薫さんも、「私も北朝鮮では同じようなことを言わされた。(会見の)後半部分は全く一緒だった。痛々しかった」と話している。

まさに、北朝鮮という国は、親子の「情」までプロパガンダとして利用するのだ。

記者会見には当初、娘のヘギョン(ウンギョン)さん(18)も出席するはずだった。が、
韓国同行記者団には何も説明もないまま、直前になって変更が伝えられ、結局、同席しなかったという。
どこまでもウソで塗り固め、人間を冒涜する体制なのだ、金正日が率いる国家は。

横田滋さんは、韓国政府に対し「北への融和政策をとるのはわかるが、拉致をなかったことにするのは間違いだ」と訴えた。
そのとおりだと思う。
そして早紀江さんは、「頭の中も、おなかの中も怒りで煮えたぎっている。怒りすぎて、倒れてしまいそう」と漏らした。

キム・ヨンナム氏の以下の発言を聞けば、横田夫妻がそう思うのも無理はない。

「故郷は良いものだが、故郷を離れ、別のところへ行って仕事をするようになることも
人の人生にはままあるものだ」
「党の懐に抱かれて暮らせて、本当に幸せ」
「未来志向的な観点で今回の対面結果を報道してほしい」
「以前さまざまな事件があったが6・15南北共同宣言をきっかけにすべては過去の話となった。今になってささいなことで過去の歴史を掘り返すのは誰の得にもならない」
「8月のアリラン公演の際に平壌に来て、一度わたしの暮らしぶりを見てはどうかと母と姉に話した」
「わたしの問題はこれで終わりにしてほしい」

蓮池さんが、「英男さんは泣き崩れることできない」と言ったが、そのとおりだ。まさに
冷酷無情。
「今になってささいなことで過去の歴史を掘り返すのは誰の得にもならない」
これは、我が国に対する金正日のメッセージでもある。

キム・ヨンナム氏は29日の記者会見で、特殊部門で勤務していると述べた。具体的な機関名は明らかにしなかったが、北朝鮮には複数の特殊工作機関があるとされる。
ヨンナム氏は会見で、仕事の関係で日本語を学ぶ必要があったとも語っていることから、対南もしくは対日関連部署で働いている可能性がある。韓国では英男さんが35号室といわれる対外情報調査部に所属していたとの見方もある。

文字どおり、被害者を母国に対する加害者に仕立て上げる。こういう国を絶対に許してはならない。

日本政府は、制裁に躊躇してはならない!!!

参照1:犯人のところへ行って、ありがとうと言っている感じ 【よみうり寸評】
参照2:「怒りで煮えたぎっている」横田夫妻会見 (朝日新聞)
参照3:「ヘギョン」は幼少時のあだ名…金英男さんが明かす (讀賣新聞)
参照4:北朝鮮の特殊機関、幅広く地下活動 (朝日新聞)
参照5:蓮池薫さん、「英男さんは泣き崩れることできない」 (朝日新聞)
参照6:金英男さん「未来志向的な観点で報道してほしい」 (朝鮮日報)

【特記】
コメント及びTBを許可制にさせていただきました。
カキコやTBがすぐには表示されませんが、勘違いして何度も送信することのないよう
ご注意ください。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑北朝鮮を許せない!!!
  と思う方はクリックをお願いします。

|

« 親中派に首相の座を明け渡してはならない!!! | トップページ | したたかな中共に操られる政治家たち »

北朝鮮&拉致問題」カテゴリの記事

コメント

いつも質の高い記事を読ませていただき、ありがとうございます。
 TVで見たのですが、母を帰りのバスに乗せたときの表情、そして一滴の涙が全てを語っていたと思います。
 日本政府も手ぬるいと思いますが、韓国政府は一体何をやっているんでしょうか。
 日本側が積極的に動かないと、韓国政府の足枷でこのままうやむやになってしまうかもしれません。それだけは避けたいところです。

投稿: hide | 2006/06/30 18:27

こんばんは。
このような国家を許してはなりません。
そして不肖は北だけではなく南の太陽政策にも憤りを覚えるのであります。あの馬鹿者ノムヒョン政権では拉致問題の解決は難しいのではないでしょうか。日本は韓国など当てにせず、独自で制裁などに踏み切るべき時期にきているのかもしれません。
またリンクさせていただきます。
http://blog.goo.ne.jp/sakuragaokanogen/e/39c894353b8b93b123ed0fe3e2beab4c

投稿: ヨン様 | 2006/06/30 20:03

この北朝鮮のやり方には、強い憤りを感じます。
そして、自業自得とはいえ、このような北朝鮮を擁護する大統領を選出してしまった韓国国民に同情を感じます。
そして、4年前の今日、西海交戦にて北朝鮮と交戦し、お亡くなりになられた6名の兵士に、深い哀悼の意を表します。

投稿: takayuu | 2006/06/30 21:27

見え見えの嘘をつくしかない国の苦しさ、北弔賤には、欺きを重ねた分だけ制裁は重くなることだけは覚悟した方がいい と言えばいい、どうせミサイルの燃料も水か空気か、そぶりだけかもね

投稿: 請多関照 | 2006/06/30 22:13

「二枚舌と鉄面皮」→金丸、橋本、野中を想像(笑)
正解は「金正日が率いる国家」でしたね。

キムヨンナム氏は完全に操り人形、シナリオどおりの予想は裏切らない。
今や南朝鮮も北の工作に取り込まれ、敵です。

帰ってこない拉致被害者は全てスパイ養成所で働かされ、工作員はますます増え、参政権を求める声も大きくなるでしょう。

在日も入国者も、半分どころか1/100に減らす必要が有る。
と思います。

投稿: MultiSync | 2006/06/30 22:15

これとは別件になりますがご容赦ください。
在日韓国人による連続婦女暴行監禁強盗事件の犯人の名前が、またメディアによって隠蔽されています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060630-00000080-jij-soci 時事では国籍、本名
http://www.asahi.com/national/update/0630/OSK200606300135.html
朝日、毎日、NHK では通名。

青森の監禁王子の事件は連日ワイドショーも取り上げましたが、この事件の真相は知らされることがあるのでしょうか??

投稿: Kawai Oyaji | 2006/06/30 22:26

韓国と北朝鮮は停戦中のはず、、、あくまでも停戦中
然るに韓国ノムヒョン大統領は、すっかり北朝鮮の言うがまま

を許して日本の拉致被害者救出にも影響を与えかねないことをやらせている。

交戦相手国の傀儡政権に成り下がるとは予測はできたものの信じがたいものがあります。

会見場で周囲をうろつく場違いな男たちこれだけでもこの再会から何の真実も見出せないことは明らかですね。

投稿: 基準点 | 2006/06/30 23:17

理性の日本と情の韓国の違いを見せ付けられたような気がしました。
この情を見抜き,手玉に取ったのが北ということでしょう。そして,北は「同じ民族に拉致なんて存在しない」ということをアピールし,韓国は「大げさにはしたくない」という利害が一致したということではないでしょうか。
今後,韓国政府は韓国の拉致被害者の団体を,有形無形に弾圧や嫌がらせをしていくような気がします。

投稿: matsugoro | 2006/07/01 00:09

わが身を挺して、北朝鮮の偽善を暴くことが出来ないのか。正男はスケールの小さな男だ。いくら拉致されていたとしてもまっとうな正義感が失われている。言葉に出さなくても目で表わす。ここまではいえないと抵抗を示す。いくらでも方法はあったのにという気持ちで腹立たしい。

投稿: 正成 | 2006/07/01 04:13

「自分さえよければ」と婆さんを非難したい気持ちでいっぱいですがそうすれば待ってましたと親子の情を盾にこちらがひとでなしと非難されるのでしょうね こいつが母親と再会できたのはめぐみさんあればこそなのに 横田さんの気持ちを想像するとはらわたが煮えくりかえります。

投稿: ころ | 2006/07/01 08:21

北鮮の報道媒体は朝鮮労働党の口とノドであり、
その内容は党の正義・北鮮の正義の広告宣伝である。
日本人には全く理解も受容もできない。

半島人は何事も「あきらめない」。
彼らの妄想や不正義に対処する唯一の方法は
妄想には真実を、不正義には制裁を提示していくことだ。
それも彼ら以上に決して「あきらめない」で。

拉致被害者家族の相手はこの「あきらめない」人々である。
日本国民が支援を「あきらめ」れば、
日本国民が支援を面倒だと思えば
彼らは堂々と不正義を貫く。

小生も決して支援をあきらめない。
北鮮の人道に反する行為を執拗に追求していく。
そして冷静かつ執拗に国際世論に訴え続ける。
これ以外事態は改善しない。

投稿: docdoc | 2006/07/01 10:14

「わが身を挺して、北朝鮮の偽善を暴くことが出来ないのか。正男はスケールの小さな男だ」

そういえば、この方は将軍様のご令息と名前が同じなのですかね。不敬に当たるということで「チョルジュン」に改名したのでしょうか。(マジで)

正男を責めるのは酷です。国家の指示通りに演技しなければ、自分と妻子は強制収容所で言語に絶する虐待を受けるのですから。

北朝鮮 絶望収容所 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4584391130/
を読んだら、正男が必死に演技するのも無理もないと思いますよ。彼も恐怖政治の犠牲者です。

投稿: おやじ | 2006/07/01 13:57

 もはや、一国の猶予もない。経済制裁、自衛隊特殊部隊による救出活動、不法入国朝鮮人の排除、在日支援団体の解体及び支援者の逮捕、さらには、在日朝鮮人の追放、これらを遅滞なく実行して初めて、日本の主権が取り戻せるのだ。

投稿: 日本を憂う愛国の士 | 2006/07/01 14:01

失礼しました。「正男」じゃなくて「英男」でしたね。どちらも日本人みたいな名前ですが。貧しい時代の朝鮮で、日本人風の名前が流行していたとしても不思議はない感じはします。

投稿: おやじ | 2006/07/01 16:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/10729056

この記事へのトラックバック一覧です: 二枚舌と鉄面皮:

» 拉致被害者 金英男さんの会見を観て [韓国にっき]
今回の件も、将来統一するかもしれない、同胞である北朝鮮が、未だこのような自由に発言できない国であることへの再確認と失望が、ニュースの題材になったわけで、拉致被害者への同情や北への怒りが主題になっている感はない... [続きを読む]

受信: 2006/06/30 19:50

« 親中派に首相の座を明け渡してはならない!!! | トップページ | したたかな中共に操られる政治家たち »