« 崩壊に向けて過熱する中国経済 | トップページ | 加藤紘一の嫉妬と妄執 »

2006/07/26

北朝鮮に対する国際的有志連合を構築せよ!!!

どうやら中国も北朝鮮に対してキレたようだ。

24日付の聯合ニュースによると、中国4大国有銀行の一つである中国銀行(BOC.UL)が、北朝鮮の米ドル紙幣偽造事件との関連で北朝鮮の口座を凍結したという。

ハンナラ党の朴振議員が24日、明らかにした。朴議員は、今月の15日から米国ワシントンで開かれていた米・韓議員外交協議会に出席した際、米国の前職及び現職高官の双方からこの話を聞いたという。

朴議員は、口座凍結は中国が北朝鮮との取引において、事実上の制裁を発動したものであるとしている。

米財務省は、昨年9月に北朝鮮の米ドル紙幣偽造に関する一斉調査を実施し、マネーロンダリング(資金洗浄)の容疑でマカオのバンコ・デルタ・アジア(BDA)の北朝鮮口座を凍結させた。
この時、同時にマカオ内の中国銀行支店に対しても調査を行っていたが、中国銀行の情報については外交上の配慮により公表しなかったとされる。

BDAで凍結された北朝鮮の資金は2,400万ドル(約28億円)という(サウス・チャイナ・モーニング・ポスト)。現在BDAは、マカオ金融管理局の管理下にあり、売却も視野に
入れた改革を行っている。

北朝鮮はBDAの口座凍結を受けて、近隣の中国国有銀行などに口座を移したが、米国の調査拡大に伴ない、中国銀行も北朝鮮の口座を凍結する事態に至ったわけだ。

なお、讀賣新聞(07/25)によると、北朝鮮は中国の人民元紙幣の偽造も行っている
ようだ。今回の国有・中国銀行による北朝鮮口座の凍結は、このあたりも影響していると見て間違いない。

いかに中国とはいえ、自国の紙幣を偽造されたのではたまらない。朝鮮族が多く住む東北地区(吉林省や黒竜江省)では、偽造人民元がまかり通っていると言われる。
今後も中国当局は、北朝鮮によるマネーロンダリングの摘発を強化せざるをえないはずだ。それは、米国の圧力をかわすことにも通じる。

-------------------------------------------------------------------

中央日報によると、金正日は今月初め、平壌を訪問した米国人に「中国は信じられない国」と話していたという。
(米国人とは、米カリフォルニア大バークリー校のロバート・スカラピーノ名誉教授の
ことか?そのころ、北朝鮮の招きで平壌を訪れていたからだ)

ちょうどミサイル発射事件で北朝鮮に世界の耳目が集まっている時だった。極秘で行われた長時間の面談で、金正日は「中国は決定的な瞬間、我々を助けてくれない」と中国指導部に対する不信感を露わにした。
17日、ソウルの外交消息筋が明らかにしたものだ。

この金正日の中国に対する不満は、中国の回良玉副首相と武大偉外務次官が、10日に平壌を訪問した時に明らさまになった。
回副首相とと武外務次官は、国連安保理の制裁決議を避けるために平壌を訪問した。が、ミサイル発射を事前に中国に伝えなかった北朝鮮は、この時も中国の説得を聞こうとしなかった。金正日は面談することさえ断ったそうだ。

そこで中国は、それまでこだわっていた「議長声明」から一転して、「安保理決議案」を逆提案するという態度に変わった。
それでも「決議案」から国連憲章7章を削除することを条件にしたのは、北朝鮮への
配慮ではなく、イランを始めとする中国の友好国のためだったようだ。
何しろ、米国が「圧政の前線基地」として名指しで非難した6カ国の内、5カ国(北朝鮮を含む)が中国の友好国なのである。
北朝鮮の件で、経済的・軍事的制裁を可能にする「7章」を容認すれば、他の国、特に
イランが危ないと中国が懸念したのは無理もない。

聯合ニュースと中央日報の情報を併せ読むと、どうやら中国と北朝鮮の仲たがいは
間違いないようだ。

-------------------------------------------------------------------

我が国も、着々と北朝鮮に対する圧力を強めている。

北朝鮮がミサイルを発射した即日に、北朝鮮籍の貨客船「万景峰92」号の半年間入港禁止を決定した。また翌6日には、全国の自治体に、朝鮮総連関連施設への課税厳格化の徹底を指示している。

政府はこの18日に、北朝鮮への送金停止や北朝鮮関連資産の凍結などの金融制裁を、8月上旬にも発動する方針を固めた。
23日には、北朝鮮と取引関係がある一部の国内企業に対し、大型トラック、チタン
合金、炭素繊維などミサイル・大量破壊兵器の開発につながる恐れのある約40品目に関して、輸出先などの報告を義務づけるため、外国為替・外国貿易法の政令改正の
検討に入った。

そして24日、ミサイル発射に対する制裁措置として、北朝鮮人の入国拒否が初めて
発動された。拒否の対象になった北朝鮮人5人は、我が国の市民団体が開く、戦時中死亡した朝鮮半島出身者の遺骨返還に関する集会に参加するため、市民団体関係者を通じて法務省入国管理局に申し込みをしていた。
3人が遺族で、2人は北朝鮮の対外機関「朝鮮対外文化連絡協会」の職員とされている。

この件に関して安倍晋三官房長官は、25日午後の記者会見で、「北朝鮮のミサイル
発射に伴い決定した9項目の制裁措置に該当する。人道上も人権上も問題はない」と強調した。
また政府筋は、「5人の中には対日工作に深くかかわる者がいるという情報を得ている」と指摘している。

このように、我が国も北朝鮮に対する制裁措置を順を追って強化しているのである。
安保理決議が、国連加盟国に、北朝鮮のミサイル及び大量破壊兵器開発への資金、
物資、技術の提供阻止を「要求」している以上、決議の採択に重要な役割を果たした
我が国が率先するのは当たり前ではあるが。

政府は、さらに、当初の「7章」を含む決議案の共同提案国になった英仏を始めとする
7カ国や豪州などにも共同歩調を取るように呼びかけている。おそらくドイツやカナダ
などの欧米諸国、そして対パキスタンの関係からインドも同調するであろう。

日・米を始めとする主要国が北朝鮮制裁に動き、中国とまで仲たがいした。BDAに続き中国銀行までも北朝鮮の口座を凍結した。
こうなると、北朝鮮が次に何をやらかすのか予想がつかない。ヤケになってさらに暴走するのか、あるいは「ポーズとしての話し合い」に転じるのか、今のところは何とも判断がつかない。

ただ、2,400万ドル(約28億円)を凍結されただけで、米・朝による直接対話を求め、
米国が応じないとみるやミサイルを発射した国である。逆にみれば、それだけ行き詰っているということだ。
暴発するのか、ギブアップするのか、それは分らない。が、たとえ暴発する危険性が
あっても、さらに追い詰めるしかない。それしか、この国から「拉致被害者」を取り戻す
手段は、もうない。

ところで、安保理決議が忠実に履行されるよう国際的圧力が強まる中で、相変わらず
ノー天気な人たちがいる。

-------------------------------------------------------------------

聯合ニュースによると、韓国の李鍾ソク(イ・ジョンソク)統一相は23日、同日放映された SBSのテレビ番組に出演。そこで「(北朝鮮のミサイル発射について)韓国政府の主導的役割が限界に達しているのではないか」との問いかけに対し、「中国と韓国の失敗を認めると同時に、国際社会のほかの国にも北朝鮮の説得は難しかった」と述べた。
そして、あろうことか、国際社会のほかの国の内、「米国に最も多くの失敗があった」との見方を明らかにしたのである。

で、盧武鉉くんは、その李統一相の発言に対してどう反応したか?25日、盧武鉉くんは、「客観的に失敗であってもそうでなくても、韓国の閣僚が『その政策は米国が成功したものではないと考える』と発言してはいけないのか」と述べたのである。
「米国に最も多くの失敗があった」と「その政策は米国が成功したものではないと考える」は表現が違うといえ、意味するところは同じである。北朝鮮のミサイル発射について、盧武鉉くんも「米国のせい」と思っているということだ。

今月12日の南北閣僚級会談(韓国・釜山)で、「韓国を守ってやっているのは金正日の『先軍政治(ミサイルや核開発)』だ。その代償としてコメ50万トンと軽工業の原材料を寄こせ」と恫喝され、反論すると、席をけって北へ帰ってしまった北朝鮮の代表。
ここまでコケにされても北朝鮮を擁護し、責任は米国にあると言う。
盧武鉉くんとその政権は、己が正しいと思っているのだろうが、それが、韓国までもが北朝鮮とともに国際社会から孤立する道である、ということが解らないのであろうか?

安保理決議について、日・米はもちろん、同じ立場だったはずの中・露からも何の情報ももらえなかったという。かかってきた電話は、「中・露案に賛成してくれ」という、ただ
それだけだった。
「北東アジアのバランサー」は、既に「北東アジアの孤児」になりつつあるんだよ!盧武鉉くん!!!
いい加減、目覚めたらどうだ!言うだけムダか???

-------------------------------------------------------------------

韓国は今、6カ国協議に復帰するまで、北朝鮮に対する食糧支援を停止するとして
いる。が、この調子では、いずれ再開するだろう。中国は、北朝鮮の体制崩壊を望んで
いないから、食料などの支援は続けるはずだ。
が、中国が金融制裁に、部分的にしろ踏み切ったのは影響が大きい。マネーロンダリングしたカネは、金正日ファミリーや軍の経費に当てられていると見られているからだ。
我が国も、予定どおりに制裁措置を進めていくとともに、国際社会に同調を求めていかなければならない。

北朝鮮に対する国際的有志連合を構築せよ!!!

参照1:中国も事実上の制裁、中国銀行の北朝鮮口座を凍結 (07/24 聯合)
参照2:「中国信じられない」金正日総書記が不満を吐露 (07/18 中央日報)
参照3:北朝鮮への金融制裁、8月上旬に発動へ (07/19 読売新聞)
参照4:北朝鮮への兵器転用物資輸出、報告義務づけへ (04/24 讀賣新聞)
参照5:安倍氏「入国拒否問題ない」 対北制裁措置に該当 (07/25 産経新聞)
参照6:李統一部長官「ミサイル問題では米国が多くの失敗」 (07/23 聯合)
参照7:盧大統領、李統一部長官の「米失敗発言」擁護 (07/25 聯合)
参照8:北側代表「北の先軍政治が南の安全を守る」 (07/12 中央日報)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑北朝鮮に対する国際的包囲網を構築すべき
  と思われる方はクリックをお願いします。

|

« 崩壊に向けて過熱する中国経済 | トップページ | 加藤紘一の嫉妬と妄執 »

北朝鮮&拉致問題」カテゴリの記事

コメント

そもそも山崎拓からして「ミサイル発射に理解を」と
世迷い言を言っているのですから開いた口が塞がりません。
( ゚д゚)ポカーン

北朝鮮シンパは結構居るようですが、こういったカルトを
排除しないと日本の危機が深刻化するのは必定でしょう。
思わず自民党に苦情のメール送った程です。

投稿: abusan | 2006/07/26 17:22

abusanさん
エロ拓はそんなことを言っているのですか。
知りませんでした。

失望を超えて絶望しました。

そこまでいうとほんとに下種なかんぐりですが
こいつは北朝鮮や中国に女をあてがってもらっていると思っちゃいます。


韓国は孤立。中国は逆ギレ。北朝鮮は崩壊寸前。


なんなんですかね。極東三馬鹿国家は。こうやって一文であらわすとほんと馬鹿な国です。合掌。

投稿: ちなみつ | 2006/07/26 20:35

中共政府も自由主義陣営とある程度の協調を図っているのでしょうか。
朝鮮半島は一体、となると、下朝鮮向けの輸出も制限した方が良さそうな情勢ですね。

投稿: MultiSync | 2006/07/26 20:49

すいませんゆっくり読んでる暇が無いんですけど、この↓
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1037895005/874
ニュースでしょうか?信憑性どうなんでしょう??

投稿: lightcyan | 2006/07/26 21:20

あ、でもこっち↓
英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(26日付)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060726-00000376-reu-int

★中国4大国有商業銀行のひとつ、中国銀行[BOC.UL]、数百万ドルの残高がある北朝鮮名義の口座を凍結。北朝鮮による偽米ドル札製造やマネーロンダリング(資金洗浄)を疑い、取り締まりに動いている米国に続く動き。[ソウル、ワシントン]

にもありました。さっき書いたのは関係ないかもしれません。すいませんでした。

投稿: lightcyan | 2006/07/26 21:44

米中が経済制裁へ動いているにも関わらず、日本ではまだ手緩い対応しか取れていません。拉致被害者の返還を国民総出で要求し、ミサイル攻撃の脅威に一番さらされている日本がなぜ効果的な朝銀の送金停止、資産凍結といった制裁を行わないのか不思議でなりません。

最終カードは取っておくべきだとか、ミサイルを打ち込まれても構わないという日本国民の断固たる意思が未だ築かれていないうちは厳しい制裁は憂慮すべきという考えもあるが、それをいっていたら憲法改正するまで効果的な制裁はできないということと等しいと思います。

そもそも北朝鮮のミサイル開発や核開発に経済的及び科学技術的に最大の貢献をしているのは日本といってもよい現実がありながら、未だ敵に塩を送っている状態です。
日本の大学で原子力を学んだ三人が北朝鮮の核開発担当者となり「核の父」といわれている現実及び、日本企業がミサイルの固体燃料化に転用できるジェットミルを北朝鮮へ不正輸出していた事実を考えると、日本は自らの手で核ミサイルを北朝鮮に作らせているといってもよい状態です。日本ではこうした非難はマスコミではほとんどされませんが、日本にこのミサイルが落ちた場合、この事実を知った日本国民は怒り狂うことでしょう。また、この技術がイランへ渡って万が一イスラエルにでも使用された場合に国際世論は一体どこに非難を向けることやら。
「平和主義」の日本が第三次世界大戦の原因を作ったなどは笑い話にもなりません。

投稿: freedom | 2006/07/26 23:40

24億円の資産凍結でミサイル発射ですか。
7発のミサイル、24億円の10倍くらいしそうですよね。本当に訳の分からない国です。

投稿: おやじ | 2006/07/26 23:51

ちなみつさん

ソースはこちら
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/news/20060726k0000e010015000c.html

更にはこんな発言も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060726-00000020-jij-pol

>先の北朝鮮によるミサイル発射後に国内で敵基地攻撃能力
>保有論が出ていることに関し、「与党がそういう方向に動くなら政権交代を余儀なく
>されるだろう」と述べ、タカ派路線が強まれば選挙で民主党に敗北しかねないとの
>懸念を示した。

もう、山拓必死だな(w って感じです。
そのうち極右に頃されるのではないかと。

投稿: abusan | 2006/07/27 08:01

>そのうち極右に頃されるのではないかと。

山拓は、民主党の大チョンボが無いかぎり、次の選挙で「さよなら~」でしょうな(笑

投稿: ぺパロニ | 2006/07/27 11:34

abusanさん
リンクありがとうございます。

次の選挙で落ちるのはお前じゃないかといいたいですね。
ネット選挙が始まれば最初に消えていく人だと思います。

先制攻撃論と敵基地攻撃論を一緒くたにして批判している人も
いますね。ハァ……。

おやじさん
今回の件で総合でミサイルはどうも50億~70億ぐらいかかったみたいですね。開発費用をいれるとかなりの金額のうえでの発射です。(燃料費はまた別ですね)
ただ、ミサイルはデモンストレーションの側面もあります。もう一つは今あるものを使って外交孤立を打破したかったのかもしれません。また他国に売りたいのでしょうが、それ以上に日本が遮二無二に外交攻勢をかけてきて予想外に追い詰められてしまった結果です。外交的にはますます孤立した北朝鮮。同時に同時に消耗した兵器のスペアがどれほどあるのかが気になります。実際にあってもそのうち整備までされて使用できるのは10パーセントないような気もしますがはてさて。

投稿: ちなみつ | 2006/07/27 16:37

皆さん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。

中国、本当に半分キレタみたいですね。
こと、北朝鮮に関しては対米協調に軸を少しだけ移したのは間違いありません。

自分のところで手一杯なのに北朝鮮のキチガイには付き合っていられない、
そんな感じがします。

ただ、中国が見放すと、北朝鮮は「暴発」しますね。
それが「先軍政治」の論理的帰結です。

投稿: 坂 眞 | 2006/07/28 19:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/11099594

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮に対する国際的有志連合を構築せよ!!!:

» 北朝鮮を追い詰めること [戦争術についての瞑想と記憶]
さて、坂眞氏の依存症の独り言-北朝鮮に対する国際的有志連合を構築せよ!!!を読んで少し気になったので言及したい。 日・米を始めとする主要国が北朝鮮制裁に動き、中国とまで仲たがいした。BDAに続き中国銀行までも北朝鮮... [続きを読む]

受信: 2006/07/26 15:30

» いろいろ厳しくなってまいりましたなー。大丈夫ですか?北朝鮮さんw [ネット的記憶装置]
この手の話が最近よく出てくるのだけど、効果とういうか、厳しい対応というのは、私も望むが、しっかりと運用してほしいね。日本はスパイ天国らしいが・・・。 [続きを読む]

受信: 2006/07/26 17:25

« 崩壊に向けて過熱する中国経済 | トップページ | 加藤紘一の嫉妬と妄執 »