« 「絶滅危惧種 」の断末魔 | トップページ | 変節漢!小沢一郎を許すな!!! »

2006/08/04

首相になっても靖国参拝を貫け!

↓4日午前の記者会見Abe3_2
安倍官房長官が今年4月15日に靖国神社を参拝していたことがわかった。複数の政府関係者が明らかにした。昨年 10月の官房長官就任後の参拝は初めて。

自民党総裁選では谷垣財務相が靖国参拝を控える考え
を明らかにしており、参拝の是非をめぐる議論が熱を帯びそうだ。公明党の神崎代表は4日、安倍氏の参拝に不快感を示した。中韓両国の反発も避けられそうにない。

安倍氏は同日午前の記者会見で「この問題が外交問題化、政治問題化しているなかで、(靖国に)行くか行かないか、あるいは参拝したかしないかを申し上げるつもりは
ない」と明言を避けた。

一方で「戦没者の方々に手を合わせて、ご冥福を祈り、尊崇の念を表する。その気持ちに変わりはない」と語った。

政府関係者によると、安倍氏は4月15日朝、公用車を使わずにモーニング姿で靖国神社に参拝した。玉串料はポケットマネーで払い、「内閣官房長官、安倍晋三」と記帳したという。安倍氏は参拝後、東京・新宿御苑での首相主催の「桜を見る会」に出席していた。

(後略)

安倍氏、4月に靖国神社参拝 総裁選の争点にも
(2006年08月04日 朝日新聞)

安倍晋三官房長官は、自民党幹事長だった04年、幹事長代理だった05年ともに、8月15日の終戦記念日に参拝している。ところが、今年は8月15日を避けて4月に参拝した。

なぜか?

安倍氏は元々、「靖国に祭られた近代以降の戦没者を追悼するには、太平洋戦争終結の日よりも春秋の例大祭が適切」というのが持論だった。その点では、「4月に変更した」というのはありえることだ。
産経新聞によると、当初は4月21~23日の春季例大祭に参拝することを検討していたという。が、安倍氏が例大祭に参拝すると式典に混乱をきたす恐れがあること、及びその期間が衆院千葉7区補選の投開票日(23日)と重なることなどから、参拝日を前倒し
したのだという。
が、私は、小泉純一郎首相による8月15日(終戦記念日)の参拝と重複するのを避けたのではないかと思う。

従来から安倍氏は、首相に就任した場合の靖国参拝について、「行く行かないという
ことを言うつもりはない。言うこと自体が外交問題に発展していくなら、政局や総裁選に
絡んで言うべきではない。明言する形にしない方がいい」と述べていたし、9月の自民党
総裁選における政権公約でも言及しない考えを示していた。
今日の記者会見における「この問題が外交問題化、政治問題化しているなかで、
(靖国に)行くか行かないか、あるいは参拝したかしないかを申し上げるつもりはない」という発言も、この延長線上にある。

にもかかわらず、今回は、複数の政府関係者から「安倍氏が4月の春季例大祭の直前に靖国神社を参拝した」ことが明らかにされた。
その理由は、以下のものではないかと考えられる。

①8月15日の、小泉首相による靖国参拝の地ならしをする。
②「消化試合」と言われるほど盛り上がりに欠ける9月の自民党総裁選を前にして、
あえて一石を投じることで総裁選を活性化させる。
③自分(安倍氏)が首相になっても、靖国参拝は継続することを中国や韓国に知らしめる。

官房長官が4月に既に参拝していたとなれば、小泉首相は8月15日に「参拝しやすく
なる」だろう。なぜなら、「首相、外相、官房長官の、三者だけは靖国参拝を避けてほしい」というのが中国の希望だったからだ。
これを無視する形で、首相の前に官房長官が既に靖国に参拝していた。
おそらく中・韓は激しく反発するであろう。そして安倍氏は中・韓の抗議に対して相手にしない姿勢を貫く。その余韻が収まらない中で首相が15日に参拝する。
つまり、首相-官房長官の両者が靖国参拝を貫くことは、中国や韓国の執拗な干渉に「断固たる非妥協の姿勢」を示すことになる。

FNNの最新の世論調査(2006/07/29~07/30)によれば、①「ポスト小泉」には、誰が一番ふさわしいと思いますか?という質問に対する回答では、安倍晋三45.6%、谷垣禎一9.3%、麻生太郎5.6%で、相変わらず安倍支持がダントツに高い。
にもかかわらず、 ②次の首相は、靖国神社を参拝するべきだと思いますか、思いませんか?に対しては「参拝するべきではない」が57.0%で過半数を大きく上回っているし、③小泉首相は、ことし8月15日に靖国神社を参拝するべきだと思いますか、思いませんか?に対しても「参拝するべきではない」が55.7%にのぼっている。
これは、いわゆる「富田メモ」が公表された直後に実施された朝日新聞の調査と同様の傾向が、世論において依然として続いていることを示している。

安倍氏は、今回、あえて自らの「4月の靖国参拝」を明らかにすることによって、このような世論がどう反応するのか、また、中国や韓国がどのような対応を示すのかを測ろうと思っているのではないか。
そして世論に、靖国参拝の正当性を訴えるとともに、中・韓に対しては「いくら干渉しても無駄だ」ということを行動で思い知らせる。
安倍氏が争点にしなくても、「首相になったら靖国参拝を控える」と明言している谷垣氏や、自民党内の「反靖国参拝派」が勝手に勢いづく。
たとえ、己にマイナスな作用が働いても仕方がない、というより、総理総裁になる前に、この問題にある程度の決着をつけておきたい、これが安倍氏の狙いなのではないかと思う。

安倍氏は、昨日(3日)、日中両国の有識者を集めたシンポジウム「東京・北京フォーラム」で、日中関係の現状について「あこがれだけの関係は長持ちしない。交流が増え、議論すればするほど摩擦が生じることも避けられない。日中両国のように体制が異なる国の間ではなおさらだ」と指摘。
両国の世論調査で「親しみを感じる」との回答が減っていることについて「産みの苦しみであり、真の相互理解に向けて通らなければならないプロセスだととらえることができる」と語った。

また、「中国関係者がひんぱんに口にする軍国主義の復活などは、ほとんどすべての日本人の想像の域を超えるあり得ない話。中国の人々が我が国の姿を正しく認識して初めて建設的な議論がスタートできる」と中国側に注文をつけた。

そして、「日中両国は政治問題を経済関係に影響させてはならない。個別の問題が
日中関係全体の発展に影響しないよう、直接の対話を通じて建設的に議論することが必要だ」と述べ、小泉首相の靖国参拝を理由に首脳会談に応じない中国を批判した。

が、実は、以上の発言の前段で、安倍氏は「日中関係を最も重要な二国間関係と考えている」と発言。「政治と経済の二つの車輪が力強く稼働し、日中関係をさらに高度な次元に高める関係を構築していかなければならない」と述べているのだ。
これに対して、袁敏道・中日友好協会副秘書長は「日本の次期リーダーと目される人が中日関係を重視すると発言したことは評価する」と期待を寄せた。また、外務省幹部も「首相になっても靖国には行かないのだろう」という希望的観測を口にしている。

その翌日に、「4月に靖国神社を参拝していた」という事実が政府筋から明らかにされた。これは、もう「靖国参拝については絶対に妥協しない」という不退転の決意を無言のうちに示した、そう受け止めるのが妥当なのではないか。

安倍氏は6月3日朝のテレビ番組でも、中国が小泉首相の靖国参拝を批判していることについて、「中国は反日教育をやっており、国民の間に反日の機運が高まっている。
この問題(靖国問題)で後ろに下がると、中国の政権が大変厳しい状況になるという
ことだろう」と、中国の痛いところを突いている。
そのうえで、「靖国参拝をやめなければ首脳会談に応じないという中国の外交は間違いだ。いかにも居丈高な外交だ」と述べ、今の中国の姿勢を厳しく批判した。

先月20日に出版した「美しい国へ」(文春新書)においては、「日本を自信と誇りの持てる国にしたい」と強調し、「国家、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する『闘う
政治家』でありたい」と宣言。
日中関係については「政治問題を経済問題に飛び火させない政経分離の原則をつくる必要がある」とし、首相の靖国神社参拝については「一国の指導者が、その国のために殉じた人々に対して尊崇の念を表するのは、どこの国でも行う行為だ」とした。

「国家、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する『闘う政治家』でありたい」「一国の指導者が、その国のために殉じた人々に対して尊崇の念を表するのは、どこの国でも行う行為だ」
この信念を、これからも曲げずに貫いてほしい。

私は、安倍晋三を断固として支持する!!!

美しい国へ (新書)Utsukusiikuni

安倍 晋三
目次
第1章 わたしの原点
第2章 自立する国家
第3章 ナショナリズムとはなにか
第4章 日米同盟の構図
第5章 日本とアジアそして中国
第6章 少子国家の未来
第7章 教育の再生

参照1:安倍官房長官、日中関係改善に意欲 「歯車動かしたい」 (朝日新聞)
参照2:安倍長官と王毅中国大使、靖国参拝巡りシンポで対立 (讀賣新聞)
参照3:安倍氏、4月に靖国参拝 例年通り「心静かに祈り」 (産経新聞)
参照4:安倍官房長官 靖国参拝、明言せず 総裁選公約で触れない方針 (讀賣新聞)
参照5:安倍氏、対中関係を重視 靖国問題どう整理 (朝日新聞)
参照6:「自信と誇り持てる国に」安倍氏が新著 政権構想のベース (讀賣新聞)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑靖国参拝では絶対に譲るべきではない
  と思う方はクリックをお願いします。

|

« 「絶滅危惧種 」の断末魔 | トップページ | 変節漢!小沢一郎を許すな!!! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

王毅大使の「隣人の嫌がることを控えることが東洋人の伝統」というチャイニーズ・ジョークには笑わせて頂きました。

投稿: よし | 2006/08/04 18:26

>中韓両国の反発も避けられそうにない。

 もはや“パブロフの犬”状態ですね。そのうち日本の首相関連のニュースは全てこのフレーズで終わるようになるんじゃないだろうか。終いには“中韓両国の反発のために首相は靖国神社に参拝すべきだ”なんていう社説を朝日が載せたりして。

投稿: duzhe | 2006/08/04 19:45

坂さん、こんばんは。いつもお世話様です。
4ヶ月も前の話が明らかにされたことは、安部応援団とアンチ安部派のどちらに有利に働くのか、またどちらが仕掛けたのか、いろいろな糸が絡まって複雑化してきているのでないでしょうか。
なるほど、やはり安部サイドから発信されたのでしょうか。坂さんの意見はご最もと思われます。
またこちらにリンクさせて頂きます。
http://blog.goo.ne.jp/sakuragaokanogen/e/f4c412da1f281458761e5d987f956a1a

投稿: ヨン様 | 2006/08/04 19:52

ここ最近の中共のあからさまな圧力に対する答えがこれとは、安倍官房長官もなかなかやりますね。
特に最近は、政治家として深みが出てきたように思います。

投稿: takayuu | 2006/08/04 19:56

私も支持致します。
8月15日、今年も暑い一日になりそうです。
朝の清々しいうちに英霊にご参拝してきます。

投稿: ニッフィ | 2006/08/04 19:56

ヨン様
安倍のべはにんべんの倍で、部は間違えです。
訂正下さい。
敬具

投稿: 螺旋丸 | 2006/08/04 20:27

小泉首相のナイスな発言。(NHKニュース)
レポーター「中国・韓国の反発が予想されますが」
首相「反発するほうが悪いんですよ」

投稿: masa | 2006/08/04 20:30

私も安倍晋三氏を次期総理にと願っています。
4か月も前のことがなぜこの時期に?と思っていましたが
皆さんのおっしゃるとおりなら、安倍氏もなかなかです。
期待大!です。 先日の北朝鮮のミサイル事件あたりから
かなりの存在感が感じられますし、彼のDNAには何かが刷り込まれているのでしょう。 安倍氏と中川農水相がタッグをくんで中韓に対し、毅然とした態度をとって日本を美しい国に戻してほしいものです。今年も靖国に参拝します。そして、「この国を邪悪なものたちから護り、正しい道へお導きください」と英霊にお願いしてきたいと思います。

投稿: Yuki | 2006/08/04 20:46

◆8月7日より、都営地下鉄新宿線全車両まど上に、「危ない!人絹擁護法案」の広告を掲示します◆

平成14年3月8日、第154回通常国会に提出され、
翌年衆議院の解散によって廃案となった人権擁護法案。

しかし、平成17年2月、自公両党による人権問題懇談会によって、
前回の提出時に物議をかもしたマスコミ規制条項を凍結する方向で
第162回通常国会での提出の方針が決定されると、政治家・言論人・
そして名も無き一般の人たちによる熱い戦いが開始された・・・!

この本はその人権擁護法案の国会提出をめぐる戦いの中で、
反対派の人々が何を思い、何と戦ったのか、そして守るべき人権とは
いったい何であるのか、それら人々の率直な声を政治家マスコミ一般の別なく
汲み取ろうとして書かれたものです。

その中には郵政民営化を巡る混乱の中で与党を追われた政治家もいます。
あるいはマスコミがほとんど取り上げようとしないこの法案の危険性を
たった一人自分の記事で訴え続けたジャーナリストもいます。
そして、名も無き一般の人たち。彼らがいなければ、そして彼らの応援が無ければ、
この法案に反対する人々が断固として国会への再提出を阻止することなど出来ませんでした。

現在、この法案を巡る戦いは地方での条例という形で全国に広がっています。
どうか、この法案の危険性と、人権というあいまいなものを法で一律に括って
守ろうとさせる恐ろしさを知ってください。

まずは、都営地下鉄で8月7日からまど上電車広告の掲示を行います。
期間は9月6日までの一ヶ月間。これらはすべて有志によるカンパによって賄われました。
どうかご覧になってください。そして、確かにそこに有る危機を知ってください。

真の人権を考えるインターネット有志の会

投稿: KAZU | 2006/08/04 20:55

突っ込みどころが無い安倍さんですね、麻生さんは如何してるか?ちょっと気に成ります。

投稿: MultiSync | 2006/08/04 21:24

小泉総理に負けず劣らず、小池百合子環境大臣も実に堂々としていましたね。

「そういう質問はナンセンスの一言に尽きる」

あらゆる意味で、TVを見ている日本国民の目を覚ます効果抜群のコメントだと思いました。これをもっとバンバン放送すべきです。夜のニュースではNHKもテレ朝も敬遠してかスルーしてましたけど。

投稿: paramitayam | 2006/08/04 22:56

私も安倍さんを支持します。大体4月に靖国に参拝したことの何が一体悪いのでしょうか?中国は神聖な問題を完全に政治カード化しています。中韓の反発が予想通りで笑ってしまいます。馬鹿だな~、もうこのニュースや富田メモが中国の対日工作に利用されてるってこちらも分かってるのに。

小泉総理、安倍官房長官は揃って8月15日に毅然と靖国に参拝して欲しいものです。

投稿: おれんじ | 2006/08/04 23:38

「靖国に参拝するかしないか」という質問を繰り返しているうちに、「靖国に参拝しなければ、誰でも(山拓でも!)いいのか?」「首相としての資質は、唯一靖国に行くか行かないかにかかっているのか?」という疑問に到達するのではないかと思います。

そうすれば、靖国参拝問題が総理選びのポイントになりえないのは明らかになります。安倍陣営から情報が流されたのだとしたら、その愚かさを浮き彫りにするためだったんじゃないでしょうか。

投稿: ゆみこ | 2006/08/05 00:19

引用が不正確だったので、訂正します。

レポーター「中国・韓国の反発が予想されますが」
首相「いつものことですね。反発するほうがおかしいんですよ」

投稿: masa | 2006/08/05 00:37

靖国参拝は根競べでしょう。
この話題で盛り上げてる属国政治家を見てると内政問題から
目を離させたいのではないかと思う。

KAZUさん

人絹擁護法案は地方へと飛び火してますね。
みんなの力で潰しましょう。それしか日本の未来はないなと思います。


投稿: ちなみつ | 2006/08/05 01:14

正直、私は終戦記念日よりも春秋の例大祭にお参りしていただき、8.15は武道館と千鳥が淵へ、と行き分けられたらどうか、と思いますね。その方が本来のあり方なんじゃないのかなぁと思うのですけど。

ただ、特亜(特に中国)のバカげた日本叩きの材料として靖国を認めるつもりは一切ありません。彼らの都合によってハードルの高さが勝手に変わる条件など、真摯に受け止める必要などありはしないのですから。

投稿: TMN | 2006/08/05 03:36

私は中途半端な日にこっそり行くのではなく、8月15日に公用車で堂々と参拝するべきだと思います 明確に意志を伝えるとが中国にあらぬ期待を抱かせないためにも必要だと思います 国内で政治ネタ、報道ネタにしないためにもこの問題では妥協はないとはっきりと意思表示し行動してもらいたいです そして中国の犠牲者には別の日に哀悼の意を示す日を作るとかしたらいいと思います   

投稿: ころ | 2006/08/05 06:25

トラックバックありがとうございました。

王毅駐日中共大使の言葉は最高のジョ-クとしか考えられません。
『近隣諸国の嫌がることはするべきではない、それがアジアのどうたらこうたら・・・・』
中国周辺国は、中共というか、中国人のやることには辟易としているのだが・・・
東南アジアで、中国系華僑が政治と経済を握っているのも辞めるべきだ。
華人が、白人の手足となって、欧米の東南アジアの植民地支配を推し進める手助けをしたことも歴史としてはっきりと世界に発信するべきだ。
日本の戦争責任は、欧米とともに、歌人の植民地支配を打破することも目標だったのだ。

投稿: hide | 2006/08/05 08:18

今朝の主要新聞サイトを見ると、「参拝が総裁選挙の最大争点に浮上」たぐいのキャッチをつけているのが朝日と読売の2紙、毎日・日経・産経では見つけられませんでした。

朝日と読売。

敬具

投稿: 螺旋丸 | 2006/08/05 10:36

イプサムさんのブログに宮沢総理の悪行を論じていらっしゃいますが、正に言っている事が的を射ていると思い投稿しました。
ならばイプサムさんに投稿すれば良い所ですが、ヤハリこちらがメインブログに私はしている者でして、、、、、

押せば引いてくれる相手ほど、やり易い相手はありません。
それが宮沢総理を初めとした謝罪外交内閣の外交音痴と自虐的歴史観、国益無視の政府が残した弊害が今、我々を目覚めさせているんでしょうね。

間違ったサインを相手に贈ってしまった謝罪外交です。
国益と国と国民の自尊心を持った外交がナゼ必要なのか分からせてくれている中国、韓国、朝鮮の外交から学ばせてもらっているのです。
財務官僚上がりの議員に国政を任せてはいけない、と
宮沢は教えてくれました。

谷垣に罷り間違っても総理の椅子をやってはいけないのです。

日本は言論の自由が保障されています。
それを逆手に取り、在日中国大使は言いたい放題です。

中国では言論統制で他国が言う中国批判や都合の悪い情報は遮断して、他国では言いたい放題なんて 腕をもがれたボクサー日本じゃありませんか。
対中国で、こんなハンデーのある日本政府を批判するマスコミや野党は馬鹿かスパイとしか思えませんね。

体制の違いは知っていても相手に良い様に利用され、また無用な対立を国内に作るマスコミと反日野党は売国奴でしかありませんね。

自己を持たないようにした戦後教育の弊害を怨みます。

投稿: yattoko | 2006/08/05 10:59

「一国の指導者が、その国のために殉じた人々に対して尊崇の念を表するのは、どこの国でも行う行為だ」
「中国は反日教育をやっており、国民の間に反日の機運が高まっている。靖国問題で後ろに下がると、中国の政権が大変厳しい状況になるということだろう」
「靖国参拝をやめなければ首脳会談に応じないという中国の外交は間違いだ。いかにも居丈高な外交だ」
「政治問題を経済問題に飛び火させない政経分離の原則をつくる必要がある」

「国家、国民のためとあれば、批判を恐れず行動する『闘う政治家』でありたい」
「日本を自信と誇りの持てる国にしたい」

小生も、安倍晋三を断固として支持する。

日本人は相手は無理なこと根拠のないことは言わないものだと思い込んでいる。
自己主張はわがままで悪いことと思っている。

相手は日本人ではない。
根拠もないのにお前が悪いと言ってくる人々である。
根拠が無いのでもともと反論されたら引っ込めるつもりなのに、反論反発が無ければそのまま不当非道を押し通してくる。
海外では自己主張しないと一人前と認められない。
反論しなければ相手の不当な言動を認めることになる。

日本マスゴミが特亜の不当非道な言い分に
反論せず理があると嘘をついたのが
そもそもの間違いであった。


投稿: docdoc | 2006/08/05 11:22

皆さん、こんばんわ。
コメント、ありがとうございます。

>王毅大使の「隣人の嫌がることを控えることが東洋人の伝統」

これって、逆にみれば真理を突いています。
自分を棚に上げて、相手にのみ誠意を要求する。
それが隣人関係の要諦と心得ている。

>海外では自己主張しないと一人前と認められない。
>反論しなければ相手の不当な言動を認めることになる。

我々日本人は、これが解っていない。
こちらが誠意を尽くせば、相手も同じことをしてくれると。
しかし、それが間違いの元。
膚も顔つきも外見上は似ていますが、黄色人種と白色人種以上に、日本人と中国人は違うのです。

こんな連中を相手に「周りに気を配らなくては」と言うリーダーは、我が国には不要です。
そんなことを言うのは、我が国が圧倒的に優位な立場に立ってからの話。

今の日本外交は、まだ半人前以下。
「錯覚してはならない」ということですね。

投稿: 坂 眞 | 2006/08/05 19:59

 よくよく考えてみれば、中国は戦争中日本に対して充分な加害行為を働いていますね。彼らは一方的な被害者ではありません。
 サイパン陥落前、米軍の爆撃機は主として中国大陸から発進しています。中国(当時は国民党ですが)は当然これをサポートしていたわけです。
 ところでサヨクの方々は、日本にある米軍基地から、例えばベトナムやイラクへ向けてアメリカ軍が出動した時、日本もまたアメリカの侵略に荷担する“加害者”であるという言い方をしましたよね。
 ということは、先の大戦中日本爆撃に出撃するB29を支援した中国は、日本に対して立派な加害行為を働いていたことになるのではないでしょうか。少なくともサヨク的に言えばそうなります。
 我々は、中国が支援した米軍機による民間人に対する無差別爆撃で多くの一般市民が“虐殺”されたと表現していいわけですよ。おそらくその犠牲者の数は南京ナントカよりもずっと正確に算出できます。

投稿: duzhe | 2006/08/05 23:00

共同通信が「靖国合祀基準 東条元首相が厳格化」というニュースを配信したようですね。悪あがきも程ほどにしろと言いたくなります。
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sei/20060806/mng_____sei_____002.shtml
「文書は一九四四年七月十五日付で「陸軍大臣東条英機」名で出された「陸密第二九五三号 靖国神社合祀者調査及上申内則」。原稿用紙二十九枚分で、原文のカタカナをひらがなに直して戦後に書き写したとみられる。八〇年ごろに旧厚生省が廃棄処分にした書類の一部として作家の山中恒氏が古書市で入手した。」

当たり前ですが、東條陸相に現在の「宗教法人 靖国神社」を指揮する権限はありません。現在は帝国陸軍は存在せず、帝国陸軍内部の「内則」に効力は全くありません。その文書の「写し」を持ち出して何をしたいのやら。

なお、東條大将は戦犯として処刑される直前に書いた「公的な遺書」でこう述べています。共同通信は決して配信しないでしょうが。
「我々の処刑をもって一段落として、戦死傷者、戦災死者の霊は遺族の申し出あらば、これを靖国神社に合祀されたし」

投稿: おやじ | 2006/08/06 12:45

安倍晋三さん、やること為すこと隙がないですね。特定アジアと日本国内左翼勢力の雨あられの攻撃を受けても悠然としています。ロンメル、ネルソン、木村昌福と言った伝説の名将はこんな感じだったのでしょうか。

投稿: おやじ | 2006/08/06 12:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/11259166

この記事へのトラックバック一覧です: 首相になっても靖国参拝を貫け!:

» 靖国・富田メモに見る現代日本の病理 [Empire of the Sun太陽の帝国 ]
 富田メモ(迷妄)について最新の情報を記しておく。  朝日新聞社のAERA:7月 [続きを読む]

受信: 2006/08/04 21:56

» 安倍さんの4月参拝と嘆かわしい朝日の論法 [ぼやきくっくり]
 朝7時のNHKニュース。トップ項目は…… 「安倍官房長官が今年4月に靖国神社に参拝していたことが、複数の関係者の証言で明らかになりました。……総裁選で靖国問題は大きな争点になりそうです」  安倍さん...... [続きを読む]

受信: 2006/08/05 03:07

» 合祀取り下げの提訴を「A級戦犯」分祀問題に波及させてはいけない [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
昨日のマスコミでは、次期自民党総裁の有力候補と目されている安倍官房長官が4月に?國神社を参拝したことが関係者の話から明らかとなり、安倍自身が総裁選の焦点に?國問題を絡めたくないとの思惑とは別に、反安倍勢力が?國参拝... [続きを読む]

受信: 2006/08/05 07:18

» 売国奴は敵性国家 [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
安倍晋三官房長官が4月15日に靖国神社に参拝していたことがわかった・・・ということで、国内の売国報道機関は、ご注進報道に嬉々としている。 また、与党公明党の神崎も、参拝に対して、中韓との軋轢が心配だと能書きをたれており、中国の駐日大使王毅も、近隣国が嫌がることをしないのがアジアの国の国民性だという能書きをたれくさった。 http://www.sankei.co.jp/news/060804/sei071.htm まず、公明党がえらそうに靖国神社の政教分離や、諸外国との友好をたれる前にやることが... [続きを読む]

受信: 2006/08/05 08:10

» 世界に発信しよう靖国の心! [Empire of the Sun太陽の帝国 ]
 昨日TVを見ていたらロッキード事件のA級戦犯:田中角栄元首相の新潟県のお墓を中 [続きを読む]

受信: 2006/08/05 21:24

» 蕩蕩タル宰相ハ粛々ト英霊ノ御社ニ参拝シ神州再生ノ滔々タル潮流ヲ喚起スベキノミ [松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG]
font size=3来る8月15日、小泉首相が靖国神社参拝を行うのかどうか世間の耳目を集めている。そんな折、一昨日の8月3日、小泉首相はfont color=red「小泉内閣メールマガジン・245号」[戦没者の慰霊]/fontで戦没者の追悼に関するご自身の考えを国民にこう訴えかけられた。 font color=green私は、戦没者の方々に対して、敬意と感謝の思いを込めて、哀悼の誠を捧げております。戦争で亡くなった方々を追悼..... [続きを読む]

受信: 2006/08/06 23:42

» 8月15日を避けても批判、反発は変わらない [今話題の情報を集めています。]
 小泉純一郎首相は15日午前、終戦記念日の靖国神社参拝について「8月15日を避けても批判、反発は変わらない。いつ行っても同じだ。ならば今日は適切な日ではないか」と述べ、01年の自民党総裁選時の公約実現を優先した理由を説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。  近隣諸国への配慮から「8・15」を見送ってきた過去5年の参拝との整合性に関しては「最初、多くの方々が8月15日だけはやめてくれと言ってきた。あえて15日を避けて参拝してきた。しかし、いつ行っても騒ぎにしようという勢力がいるんですか...... [続きを読む]

受信: 2006/08/21 20:28

« 「絶滅危惧種 」の断末魔 | トップページ | 変節漢!小沢一郎を許すな!!! »