« 人権団体の立場と暴力団の威力:解同幹部の犯罪 | トップページ | 安倍氏は「闘う政治家」を貫け! »

2006/08/23

原発を狙う北朝鮮とのんきな韓国


韓国初の民軍共同通信衛星であるムグンファ5号が22日、打ち上げられた。今回の
ムグンファ5号の打ち上げで、韓国は世界の通信衛星大国のトップ10入りを果たした。

軍事的には軍創設以来初めて軍用衛星を所有するようになり、この先、指揮通信体系に一大変化をもたらすものとみられている。

国防科学研究所とKTが共同開発したムグンファ5号は22日午後12時27分(韓国時間)米国ハワイの南側赤道上の公海上で打ち上げられた後、午後1時42分にイタリアのフチノと初の交信に成功した。

ムグンファ5号は韓国初の軍用通信衛星であるとともに四つ目の商業通信衛星だ。

特に今回の衛星打ち上げ成功で、韓国軍の指揮通信体系が画期的に変化する見込みだ。ムグンファ5号に搭載された36個の中継機のうち12個は軍用だ。

最先端のIT技術で開発された軍用中継機は、各種の試験過程を経て来年末から統合指揮体系の運用のための戦略・戦術通信網として使用される。

(後略)

ムグンファ5号打ち上げ成功…韓国も通信衛星大国に (朝鮮日報)

-------------------------------------------------------------------

「世界の通信衛星大国のトップ10入りを果たした」などというから、韓国がいつの間に
???とビックリした。が、事実は次の如し。
東亜日報によると、「衛星体の製作はフランスのアルカテル社が、打ち上げは米国の
シー・ランチ社が行なった」のだそうだ。
つまりフランスで作った人工衛星を米国のロケットで打ち上げた。

東亜日報は、同じ記事中で「アジアの衛星通信時代を開き、韓国軍は未来戦の核心
戦力を確保することになった」と書いている。
朝鮮日報といい、東亜日報といい、普段は盧武鉉政権を批判しているメディアも、国威発揚となると「韓国マンセー」になる。
まあ、これは、どの国も同じだから仕方がないことだろうが(笑)

しかし、「韓国軍の指揮通信体系が画期的に変化する見込み」(朝鮮日報)、「韓国軍は未来戦の核心戦力を確保することになった」(東亜日報)というのは、本当だろうか??? この衛星は、あくまでも通信衛星であり、偵察衛星ではない。

中央日報)によると、軍事的価値は次のとおり。

①軍用無電機電波は直進性なので山岳地域では通話がよくできない。
②通信が生命の作戦が、敵の攻撃で地上の通信体系が破壊されても衛星通信網で
う回通信が可能。
③軍の通信範囲を韓半島を中心に6千キロまで広げた。南側はマラッカ海峡まで網羅
する。そのため遠距離作戦が簡単になった。
④海軍の艦艇や潜水艦、または空軍機が太平洋で作戦が出されても、ほかの国の
人工衛星を借りずに直接秘密指示を下すことができる。

しかし、この程度のことで「韓国軍は未来戦の核心戦力を確保」したことになるのだろうか???
韓国は、解像度の極めて低い偵察衛星しか持っていない。7月の、北朝鮮のミサイル
発射も、米国の通報があって初めて知ることができた。
常識的に考えれば、ここで言う「未来戦の核心戦力」とは、通信も含めた総合的情報能力のことである。つまり、通信能力が飛躍的に向上したからといって、それだけでは、「未来戦の核心戦力を確保」したことにはならない。

-------------------------------------------------------------------

それよりも、韓国は足下がまったく見えていない。

韓国政府は、今月21日、韓国内に潜入していた北朝鮮のスパイを国家保安法違反
容疑で逮捕したと公表した。
このスパイは、北朝鮮の工作機関、朝鮮党35号室所属のチョン・ギョンハク(48)で、フィリピン国籍に偽装して韓国入りし、先月31日に出国しようとしたところを逮捕された。
北朝鮮工作機関が南派(韓国に送り込む)したスパイの逮捕は9年ぶりで、盧武鉉政権下では初めてである。

ただ、逮捕が9年ぶりだからといって、この間に北朝鮮が工作員を韓国に潜入させなかったわけではない。
韓国国家情報院は昨年11月、最近5年間に北朝鮮が韓国内の工作員に送った短波やモールス信号による指令通信を670件傍受したと国会に報告している。
要は、盧武鉉政権が本格的に摘発しなかっただけなのだ。

チョン工作員は、「戦時の正確な攻撃のため、座標や建物の構造を確認する目的で」
蔚珍原子力発電所(原発)や天安空軍レーダー基地などを望遠レンズで撮影したと
いう。
国家情報院が明らかにしたところでは、チョン工作員は、「有事の際に南の原発を破壊すれば、原子爆弾を投下するのと同じくらいの混乱を引き起こすことができるとして、
原発の写真を撮影して来るよう北朝鮮の人民武力部(国防省)に指示された」などと
供述している。

35号室は、日本人拉致事件で国際手配されている辛光洙(シン・グァンス)も所属していた工作機関・対外情報調査部の後身とされる。

-------------------------------------------------------------------

北朝鮮は、実際に韓国の原発を攻撃できるだけの武器も持っている。
在韓米軍のバーウェル・ベル司令官は今年3月、「北朝鮮は射程距離1,300キロのノドンミサイルを200発、射程距離300~500キロのスカッドミサイルを600発以上保有している」と明らかにしている。
そして、今年7月5日の発射実験では、ノドンもスカッドもほぼ狙った位置に落ちた。
つまり、北朝鮮は武力による南鮮(韓国)解放をまだあきらめておらず、それを実行に
移す準備と能力を着々と整えているということだ。

しかし韓国大統領府は、北朝鮮のミサイル発射に際して、「ノドンやスカッドは安保上の直接の脅威ではないため、すぐには大統領に報告しなかった」と言った。
そればかりか李炳浣(イ・ビョンワン)大統領秘書室長は、「ところで、実に不快なのは日本政府の態度だ。すでに北朝鮮のミサイル発射の兆候を知っていたにもかかわらず、日本は今さらのように衝撃的なことが起きたと言わんばかりに早朝から緊急閣僚
会議を招集し、先制攻撃論まで示し合わせたかのように一斉に主張した」と我が国政府の対応を強い口調で非難したのである。

スカッドミサイル600発は、その射程距離からして明らかに韓国に向けられたものだ。
ノドンミサイル200発は、日本全土を射程内に収める。
そのスカッドとノドンが日本海に向けて計6発も発射されたにもかかわらず、韓国政府は「安保上の直接の脅威ではない」と言い、我が国の反応を「北朝鮮の脅威を煽り立て、逆利用しようとしている」と非難する。
要するに、今の韓国政府は、朝鮮戦争が未だ「休戦中」であるということを忘れている、というより意図的に無視しているのだ。そして、北朝鮮より日本の方が韓国にとって
脅威だと言い募る。

つまり、金正日が進める軍事最優先の「先軍政治」が何を意図しているのかを、思考の中から「削除」しようとしているのである。
そのような韓国内には、親北朝鮮を隠そうともしない民主党が存在し、10%以上の支持率を誇っている(国会に9議席を有する)。親北朝鮮を掲げる組合のナショナルセンター・民主労総や、左翼偏向教育を行う教員組織・全教組も存在する。

-------------------------------------------------------------------

盧武鉉くんは、2004年に「国家保安法という刀はさやに収め、博物館に送るべきだ」と語った。

こうした盧武鉉くんの方針により、現政権になってからソウル中央地検や蔚山地検を
除く全国15の検察庁の公安課が公安係に格下げされた。
また今年2月の検察人事で、公安検事は一人も検事長に昇進できなかった。対北朝鮮業務を担う警察の保安部署でも、2000年に3,600人だった要員の数は現在2,500人に
まで減った。

盧武鉉くんと、その政権がこのような姿勢だから、最近5年間に北朝鮮が韓国内の工作員に送った短波やモールス信号による指令通信を670件も傍受したにもかかわらず、
今回の事件まで誰一人として逮捕されなかったのである。
そして、運動では過激な民主労総が幅を利かし、教育現場は北朝鮮の歴史教科書を使う全教組が支配する。
まさに、今の韓国は、金正日が「南朝鮮革命は既に完了」と言うのも無理はない状況
なのである。

-------------------------------------------------------------------

ところで、そんな韓国で、なぜ「盧武鉉政権下では初めて」北朝鮮の工作員が摘発されたのか?
それは、盧武鉉くん自身が嘆いているように、「任期がほぼ終わりかけていて人々が
言うことを聞かなくなっている」からである。
もう与党・ヨルリン・ウリ党も盧武鉉くんを見限り始めているというから、冷飯を食らわせ
られ続けた公安関係者が盧武鉉くんに背いてもおかしくない。というより、公安検事や警察が本来の使命感を取り戻し始めた、そう理解すべきであろう。

今回の事件を受けて我が国も、原発を攻撃されるという危険性を考慮に入れて安全保障を考えなければならない。なにしろ北朝鮮の工作員天国であり、北朝鮮の国会議員(最高人民会議代議員)が堂々と政治活動をしている国だからね。
福井県にある敦賀原発などは特に危ないと思う。まあ、我が国政府もそれは解っているようだが。

-------------------------------------------------------------------

韓国民よ!「世界の通信衛星大国のトップ10入りを果たした」などと舞い上がっている時ではない。
すぐ隣に、自国の原発を虎視眈々と狙っている狂人国家が存在するのだ!
そして己の大統領は、その狂人国家とは戦争状態(休戦中)であるにもかかわらず敵ではないと公言し、日本の方が脅威だと言う。

いい加減に妄想から目覚めたらどうだ!!!

参照1:原発を攻撃するため情報集める北の工作員 (朝鮮日報)
参照2:北朝鮮スパイ、韓国の原発爆破を計画 (産経新聞)
参照3:「日本政府の態度は実に不快」 (朝鮮日報)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« 人権団体の立場と暴力団の威力:解同幹部の犯罪 | トップページ | 安倍氏は「闘う政治家」を貫け! »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

ただ、北朝鮮って本当に日本を攻撃できないと思いますがいかがでしょう。

1 日本への攻撃=アメリカへの宣戦布告=金王朝の即時崩壊
2 極貧の北朝鮮の経済立て直しには日本(政府・国民)は不可欠。
3 さらに、在日朝鮮人からのお金が不可欠
4 さらに、在日朝鮮人たちはある意味「人質」

こんなところでどうでしょうか。

もちろん、「窮鼠猫をかむ」ということで本当に追い詰められたら「最後っ屁」をするかもしれませんが。

投稿: ぴん | 2006/08/23 23:48

>ぴんさん

>4 さらに、在日朝鮮人たちはある意味「人質」

これは一切ないと思います。日本政府は北朝鮮も韓国もまともな近代国家として対応してくると判断して、在日朝鮮人・韓国人を受け入れたし、1991年に特別永住権を設定して彼らの日本社会への受け入れを進めました。
坂中英徳論文の見通しは世界の常識としては間違っていませんでした。
しかし、現在在日朝鮮人・韓国人の中におかしな動きをしている勢力や運動体が増えているんです。
北朝鮮系の在日朝鮮人はほぼ全員が特別永住権を得ています。坂中氏の読みの通り、いさぎよく日本国籍を取得しコリア系日本人になればいいし、数多くの在日はそういう行動を取っています。(現状では韓国籍に変更して民団に潜入する分子が多いようですが)
彼らは「人質」なんかじゃないと思います。
北朝鮮・金正日政権が在日朝鮮人を擁護すると思いますか。そんな情け深い政権ですか? 人質にしているのは北朝鮮帰国朝鮮人の方でしょう。(何が「帰国」だですが!)
私は、今こそ、在日韓国人・朝鮮人が決意すべき秋だと思います。日本のマスコミに惑わされていると自らの生存も含め、自らの家族や同胞・民族の運命を危地に陥れると思います。日本社会の寛容に甘えてはいけないんです。
在日の方々の真の英知の発揮を心から願います。

投稿: さぬきうどん | 2006/08/24 01:53

一番先頭のコメントのような一見合理的な理由は戦争をしない理由になりません。戦争が可能かどうかは物理的手段が当該国に存在するかどうかだけです。そして、可能な物理的戦力を保持していて(近々行われるであろう核実験に成功すれば)それを行わないという理由はありません。
日本人は先の大戦以来、総動員が戦争の全てだと勘違いしているようですが、現状でも北には「窮鼠猫を噛む」以外の戦争は可能です。
以下は戯れ言として聞いてほしいのですが、たとえば
某月某日に北からミサイルとテロによる同時多発攻撃をうけ、国内のインフラが滅茶苦茶になるほどの被害が発生します。攻撃を受けた側は即時報復手段をもたず、世論が分裂していてその準備に手間取っている間に、北は戦闘終結宣言とともに、核兵器の脅し付きで戦時賠償の要求を突きつけてきます。(そんな馬鹿な!w)そこへ、空気の読めない国連と周辺諸国やラブアンドピースな人々が調停に入って、わけがわからなくなっている間に、これまた空気の読めない核兵器の脅しに屈した半島の南半分から続々と援助物資が北側に送られるので、北の独裁者の戦争理由がほぼ満足され、威信もあがりホルホル。この状態で念仏平和国に可能なことは経済制裁の強化と万景峰号入港停止の延長ですが、そこへ、リベラル系国際世論がそもそも戦争の原因は日本の経済制裁の責だって話になって…
とまぁ漫画みたいな話ですが。こんなふうに当該国に都合よく話が進むことを(北の独裁者が)信じられれば、開戦を渋る理由はないでしょ?

投稿: nom | 2006/08/24 09:21

まあ、基本的に南も北も同一民族ですから、
本来一つの国家でしかるべきです。

従って、南がどう考えようが北が何をしようが、
これはあちらの内政問題です。

このようなスタンスでしっかりと日本は自国の国防なり国家戦略なりを構築すべきですね。

もはや隣国だからとか同じアジアだからだとかの日本的温情主義は特に半島の彼の国には通用しないし、すべきではありません。

次期安倍首相には、是非憲法改正への道筋をつけて頂きたいものです。

投稿: 通りすがり | 2006/08/24 09:55

軍用の通信衛星をよその国に作らせて大丈夫なんですかねえ。いざというとき、簡単にジャミングされちゃいそうな気がします。

投稿: 秋山 | 2006/08/24 11:59

「任期がほぼ終わりかけ」の大統領の任期があと1年半もあるとは..
いや、多分喜ぶべきなんでしょうねw

投稿: るな | 2006/08/24 13:33

他国の技術で"国威発揚”は十八番中のもの、細かい事は云っこなし、そんな事を掘りかえしたら韓国産、松竹、キムチ位しか有りません。その中で唯一の大きな損失は誇るべき、対共産軍排斥機能が崩壊した事、これは日本にとっては重大な出来事であり、笑って済まされる問題では無い事を認識しておかなければ成りません。

能天気な政治家が「観光」と言う文字に釣られて共産排斥機能を失った似非民主主義国に「ビサ」解禁、ご調査也日本国内をご自由に徘徊下さいと免許を与えました。
金正日軍御用達の「総連」も一時期、民団をTOB?する騒ぎ、何とか凌いだのでしょうが日本自体が裸同然、排斥機能を持たないだけに暢気な事を云って居れません。

安倍官房長官が情報機関の設置を提言されていますが早急にやるべきと思います。一昔前には公安でも部門が有り、緊張の中で外国人の監視をしていたと聞いていますし、現に担当する人が緊張に耐えられず退職者も多く居たと聞いた事も有ります。
憲法では日本人の安全を他国にゆだね、安穏と暮らしている国民は世界で日本人位だろうと比喩されますが、本当に真剣に考えて欲しいものと思います。

安全に関して、防共に関してあれだけ熱心な日本人が戦後には「人命は地球より重し」な~んてテロ犯人を「人間扱い」にしてからおかしく成った、安全、防共には先祖がえりをしても日本にはプラスこそ有れ、マイナスは有りません。
よく言われる「特警」国際法、国内法を勉強した人達が就任していた特別警察、映画で描かれるものとは異なる事も日本人は勉強すべきです。

投稿: 猪 | 2006/08/24 16:20

北朝鮮が日本を攻撃するかどうか。
さぬきうどんさんが言うように当該国に有利な状況だけを考えて行動を起こすことはまれです。最悪のパターンを考えるのが有事です。旧日本のように最悪まで追い詰められればやるかもしれませんが。

北朝鮮は軍を優先に政治をしてますが実際に軍が戦争をしたいかどうかでしょう。前回のミサイル発射は軍のためにアメリカの経済制裁を解いてもらうことを目的に行いましたがもはやカードをすべて切ってしまった感じです。じゃあ戦争?北朝鮮単独で日本やアメリカと戦争は残念ながら出来ません。(しかも前回のミサイル発射を単独で行い中国やソ連の顔に泥を塗っている)

そもそも韓国にしても北朝鮮にしても日本にしてもそうですが
兵力を国外に展開できる能力はないのです。このことがわかってない人が非情に多いです。ミサイルの打ち合いをしても外交で賠償を引っ張れなければ撃ち損になります。海上戦力で海自に叶う軍は極東にはいません。航空戦力も同じです。しかも米軍という最強の遊軍がいます。北朝鮮はどうやって戦争するのでしょうか?逆に気になります。テロも最初を覗けば厳戒態勢の中でどこまで行えるのか。ミサイルも巡航ミサイルが何千発打たれても核がなければ被害などたいしたことはありません。化学兵器は言われているほど被害は出せないし。
弾道ミサイルは命中率が悪すぎてピンポイント攻撃が出来ないし。

ぶっちゃけ北朝鮮が韓国を無視して(韓国と構えないでも韓国に備えて兵力を残しておかないといけない)どうやって日本と
「戦争」するんですか?もう一つ、何で北朝鮮はそこまで日本と戦争しなければいけないの?理由は?

投稿: ちなみつ | 2006/08/24 19:01

戦争は国家の生存・発展のために行われるものです。
専制国家においては、自らの支配体制を維持・発展させるためのものと言い換えてもよいでしょう。

北朝鮮の戦略は、金日成の頃から、一貫して南鮮の撹乱(自壊)とそれに乗じた軍事侵攻です。
ラングーン事件や大韓航空機爆破事件も、この流れで捉えるべきだと思います。

で、今の韓国。
北朝鮮の意図どおりに進んでいますね。
戦時作戦統制権の返還や米韓連合司令部の解体。
在韓米軍撤退の動きや親北勢力の伸張。
中国が台湾に侵攻する可能性よりも、北が韓国に政治的・軍事的ゆさぶりをかける可能性の方が高いと思いますよ。

そうなれば、後方陣地に当たる日本(と在日米軍)を、どう叩くかを北朝鮮が考えるのは自然の流れかと思います。

最近も、暴力団による迫撃弾発射装置や自動小銃、機関銃、手りゅう弾などに加えて、含水爆薬の密輸まで摘発されていますね。
暴力団の抗争のためなら、このような武器が必要でしょうか???
おそらく、考えられるのは少数の(国籍不明の)ゲリラによる不意打ち的攻撃でしょう。
だから、自衛隊も「西部方面普通科連隊(WAiR)」や「特殊作戦群(SOG)」を強化しているのではないですか、通常陸上戦力を削減してまで。

北朝鮮を、我が国と同じ感覚で捉えるのは危険です。
●先軍政治は、軍隊を重視して軍隊を強化することへ優先的に力を注ぎ、銃身で開拓された革命偉業を銃身によって完成することである。
●帝国主義と対峙している状況で、体制生存のためには「先軍政治」が絶対的に必要である。

今すぐ北朝鮮が行動を起こせる環境にないのは確かです。むしろ、今は米軍から自分をどう守るかが優先事項でしょう。
が、事態は、いつ、どう転ぶか分りません。
「最悪のパターンを考えるのが有事」です。


>そもそも韓国にしても北朝鮮にしても日本にしてもそうですが
兵力を国外に展開できる能力はないのです。このことがわかってない人が非情に多いです。

↑これは、そんなことはないと思いますよ。
多少、安全保障や国際情勢に関心があれば、大方の人は理解していると思います。
ただ、北にとって、韓国や日本は「純粋な」国外ではありません。

投稿: 坂 眞 | 2006/08/24 22:46

坂 眞 さん

そんなことはないとおっしゃってますが
ではその根拠を示してください。


日本の国外展開能力は歩兵八百人です。およそ一個連隊です。(スマトラ沖地震津波災害兵力・ライフラインの崩壊した空間での展開・活動でよくてこの倍と見られてます)
展開するということは兵站の確保や移動能力も含めてです。
かつての大戦のように兵站も考えず展開するのは能力があるということと違います。無駄死にさせることとは別です。ちなみに国外に展開するノウハウを自衛隊は持っていません。あえて封印しているのが自衛隊なのです。戦えません。そもそも韓国軍に対抗しうる戦力を揚陸し、更にその後の戦闘で消費する物資を補給し続けるだけの輸送力が海自にも空自にもありません。ちなみ西部方面普通科連隊や即応集団などはゲリラ特殊部隊であって,海外への戦力投射を目的とした海兵隊的な性格の部隊ではないです。


対する韓国は揚陸艦が4隻しかなくこちらは3千人規模です。北朝鮮は韓国には攻撃できますが日本には陸軍を派遣する海軍力がないのです。目の前の北朝鮮がいるのに日本に対する押さえがまで作っていたら韓国の国防など破綻します。
海軍では日本が圧倒的に有利です。航空戦力も同じですが、しかし日本が敵地攻撃のない飛行機です。海自も直接の敵地への攻撃はせずアメリカが行うでしょう。またそんな中で敵はどうやって戦車や高射砲を輸送するのか。事実上不可能です。脱北者証言などから明らかになったところによれば,食糧不足と燃料不足により,特殊部隊を除いては,陸海空軍共にろくに訓練も行うことができず,勤労「奉仕」に狩り出されているという有り様だからである.特殊部隊だけでは戦争はできないのです。


展開できるというなら根拠をお示しください。大方の方が理解していると思うならそれも提示お願いします。
理解しているから,現実的な事を挙げないで,というのは,「理解している」という言い訳で最初から逃げている。本来なら,主張したい意見を根拠ももってわかりやすくする提示をすべきです。


坂さんは軍事ドクトリンという言葉を知っているのか疑問に思います。軍隊にはそれぞれ固有のドクトリンがあります。
 そして、自衛隊がそもそも他国への侵攻を考慮せず、その様な装備も持たないで別のことにお金をかけてきました。侵攻能力が必要ではないかと議論することは大事ですが、現在の能力は別の話です。

長文になってしまってすいません。

投稿: ちなみつ | 2006/08/25 00:54

余計なお世話かも知れませんが。

ちなみつ さん
>展開できるというなら根拠をお示しください。

坂さんの「そんなことはないと思いますよ」というのは
「兵力を国外に展開できる能力が日本には無いということが判っていない人が非常に多い」に対するものでしょう。

投稿: 偽クマ | 2006/08/25 05:43

偽クマさん

そうですか。
主語がないのでわかりませんでした。

そうであるなら勘違いもいい長文でした。

坂さん。お詫びいたします。


投稿: ちなみつ | 2006/08/26 07:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/11570625

この記事へのトラックバック一覧です: 原発を狙う北朝鮮とのんきな韓国:

» 北朝鮮の工作員が韓国に侵入 [反日活動から日本を守るblog2]
前記事→日本国内での朝鮮総連の工作活動に警戒しよう 前記事→日本にはどれくらいの北朝鮮の工作員が存在するのだろうか 前記事→拉致事件だけでなく北朝鮮工作活動が公になるのか?朝鮮総連 本当に恐ろしい記事だ。日本... [続きを読む]

受信: 2006/08/24 01:37

» 日本に北朝鮮兵士が上陸したら [竹村裕次の時事ブレスト『広目天』]
こんばんは。広目天の竹村です。暑い日が続きますが、もう8月も終盤ですね。 ・ ・ ・ さて、9年ぶりに、北朝鮮が南に送り込んだスパイが逮捕された。これは、戦慄すべきニュースである。 イザ!:北朝鮮スパイ、韓国の原発爆破狙い活動 08/22 20:33 【ソウル=久保田るり子】 韓国 政府は 韓国 内に潜入していた北朝鮮のスパイを国家保安法違反容疑で逮捕したと21日、公表したが、このスパイが破壊工作の準備のため、 韓国 内の 原子力発電所 や 韓国 軍の基地、 在韓米軍 基地などを撮影していたことがわ... [続きを読む]

受信: 2006/08/24 16:14

» 朝鮮半島情勢 [浦安タウンのオモシロ経済学]
 戦争の危機があるとしたら、おそらく朝鮮半島ではなかろうか・・ 北朝鮮の脅威除去必要=米大統領  【ワシントン18日時事】ブッシュ米大統領は18日、ワシントン郊外のキャンプデービッドで記者団に対し、北朝鮮が核実... [続きを読む]

受信: 2006/08/24 16:55

« 人権団体の立場と暴力団の威力:解同幹部の犯罪 | トップページ | 安倍氏は「闘う政治家」を貫け! »