« また一つ暴かれた歴史の虚偽 | トップページ | 盧武鉉政権を直撃した北のミサイル »

2006/08/28

プロレスに参戦した森喜朗(笑)

いつもは硬い記事が多いので、今日は少し面白ネタでいきましょう。


Mori










【全日本】森前首相が“プロレスデビュー”を果たした。リングサイドに陣取っていると、
試合前にYASSHIから「おい、森の野郎」と呼び捨てにされた。それだけではなく「お前、悪そうな顔してるな。お前が総理やったから日本がダメになったんだ。カス野郎!」と
挑発され、怒りは頂点に達した。場外戦で馳がTARUを羽交い締めにすると、森前首相自ら椅子を持ち出して攻撃しようとしたが、その瞬間SPが緊急出動して制止する事態に。さすがの森氏もムッとした表情で「あんな口を聞かれて失礼だ」と怒り心頭だった。

VMにキレた!森前首相も“参戦” (2006/08/28 スポーツニッポン)

これは、昨日行われた、自民党の衆院議員で、文部科学副大臣も務める馳浩の引退試合における出来事です。

それにしても、「お前、悪そうな顔してるな。お前が総理やったから日本がダメになったんだ。カス野郎!」とは、よく言った(爆笑)
パフォーマンスだとしても、ほめてやりたい。

しかし、これってマジなのかなあ???↓
「森前首相自ら椅子を持ち出して攻撃しようとした」「その瞬間SPが緊急出動」「森氏も・・・怒り心頭だった」

最高のエンターテインメントですが、マジだとしたら、ちょっと寒い気もします。
何と言っても、我が日本国の前総理大臣ですからね、これでも。

まあ、「総理は軽くてパーがいい」の典型でしたし、「サメの脳みそ、 ノミの心臓」と、
首相番記者たちから揶揄されていた方ですから、マジだった可能性はあります。サメの脳みそがキレてノミの心臓が爆発した(笑)
しかし、爆笑ものであることは確かだけれど、政治家としては、またしてもサイテーの
パフォーマンスでしたね。あの「缶ビールと干からびたチーズ」事件(?)もお笑いでしたが、今回はそれ以上!!!
ただ、この「缶ビールと干からびたチーズ」も「福田康夫擁立劇」も、小泉-森の「出来
レース」(古賀誠・元幹事長)という見方もあるけど(笑)

ところで、我が日本国が沈没の危機に直面していた時に、この方を総理に担いだ面々、何を考えていたのか???
今、ふり返ってみても、ぞっとしますね。
青木幹雄、村上正邦、野中広務、亀井静香、全員が悪党面(づら)で、頭のてっぺん
から足のつま先まで、もう「真っ黒」という感じ。

「コイツが総理なら、政・官・業の癒着で、これまでどおりの甘い汁が吸える」、これが
連中の魂胆だったのでしょうが、それが完全に裏目に出てしまいました。
談合総理のあまりのひどさに怒った世論が、小泉純一郎という変人総理を生み出したのですから(笑)
「政界の一寸先は闇」とは、よく言ったもんです。

この森喜朗、小泉の後見人を自負していましたが、実態はまるで相手にしてもらえず、適当に利用されただけ。
最近も「私は安倍晋太郎先生(晋三の父)に育てられた」などと安倍晋三にエールを
送っていますが、どこまで相手にしてもらえるのか???
もう、残された道は「ご隠居」しかないと思いますが(笑)

それにしても、YASSHIとかTARUとか、誰のことやら、さっぱり分りません。

(文中・敬称略)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« また一つ暴かれた歴史の虚偽 | トップページ | 盧武鉉政権を直撃した北のミサイル »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

 早稲田ラグビー出身,筋肉偏差値上位で入った人。日本の酋長、泥舟、神様発言、この人やることなすこと、何故か笑えないですね。こういう人が、いなくなったら、日本、結構シビアな世の中になるんでしょうね。

投稿: からす | 2006/08/28 19:55

いや~、2、3分は笑わかせてもらいました。

実はこの試合、馳は前座でモリがメーンイベンターだったようですw
主催者は、モリが遠山の金さんみたくもろ肌脱いでリングに上がるのを期待していたかも・・・でも、連日連夜の料亭政治でブヨブヨになったおなかはみたくないもんなぁw

こういうことが続けば、お隣の変人奇行大統領ノム酋長に対抗して、こちらも変人奇行元首相モリ酋長あらわると言われること間違いなしw

投稿: まっきー | 2006/08/28 20:50

初めて投稿させていただきます。人気ブログでもあり、いつも勉強させていただいております。本日のエントリーに反論する意思は毛頭ありません。ただ、「面白ネタ」という事ですので、正反対の見方をしたらどうかと、あえてコメントをいたします。以下は夢想です。

後輩政治家でもあるプロレスラーの引退試合だからリングサイドに陣取っていただろう。いわば、スペシャルゲストである。仲間のレスラー達にとっても、プロレス興隆に大枚を払っても招きたい人物である。プロレスラー相手ではないのだ。その滅多にない第一級ゲストを大衆の面前で罵倒したら、本来パフォーマンスではすまない大事件だ。

プロレス興業を、以後継続出来なくなっても仕方がない行為とも言える。カッとした振りをして、暴言に暴力で対抗しよういう庶民レベルの選択をしたことによって、エンターテインメントの範疇に嵌めてくれた森氏に大感謝すべきである。並の人間では出来ない、相手の立場を死守してくれた奇跡的な判断だ。

「サメの脳みそ、ノミの心臓」は、物の本質の分からない無能な記者たちが下した評価だ。彼は、学校の成績でしか人間の価値を測れない人々には、殆んど理解できない天才寝業師政治家なのだ。「缶ビールと干からびたチーズ」事件は記憶に新しい。森先輩も手を焼く、無作法小泉。このイメージに世間は完全にだまされた。日本中の政治プロを震撼させる真相がこうして覆い隠された。

森総理なくして、小泉登場はあり得たか。時代を救う変人小泉は、森総理というプロセスなくして登場できなかったのだ。小泉純一郎以外誰一人対応できなかった戦後日本最大の危機はかくして救われたのだ。不良債権処理と郵政民営化は日本人が想像する以上の歴史的偉業なのだ。これは未来の歴史が証明するだろう。

その導入のためのピエロ役を、誰が果たし得ただろう。侮ってはならない。森元首相こそ、自らを貶めながら日本を救った、小泉と並ぶ戦後最大の功労者なのだ。寝業師森にとって、党三役こそ本領発揮の場所だった。正面からスポットライトを浴びる「総理」は最も忌避すべき役割だったのだ。個人的に見れば、決して受けてはならない役割を、あえて受けたその心根こそ国家に殉じる精神の発露だ。

考えても見よう、森、小泉、安倍と恨まれもせず、疎まれもせず3代の総理を輩出しなお凡庸な勢力のままでいるしたたかな派閥をかつて知っているか。これこそ、日本社会で勢力を継続する秘訣なのだ。国家をあるべき姿に導く要諦なのだ。

投稿: 田舎のダンディ | 2006/08/28 21:07

何度かお邪魔させていただいておりますが、コメントするのは初めて(?)でしたっけ…。

笑わせていただきました。
最近のプロレスのことはよくわかりませんが…。

虎がふがいない中、久しぶりに爽やかな気分になりました(笑)。
ちなみに私も、虎キチガイです。

投稿: おしょう | 2006/08/28 22:26

>青木幹雄、村上正邦、野中広務、亀井静香、全員が悪党面(づら)で

古賀氏のエントリーのときにもコメントさせてもらったんですが、皆顔色が悪いですよね。料亭で怪しい酒を飲んでるからじゃないかなあと思って。人の金で酒を飲んで策を弄してばかりいると、どことなく顔層が変わって来ますよね。企業にもこの類はいます。新人議員のころから見ていると、顔に、媚・へつらいの表情、そしてやがては傲慢さなどが次々現れる人がいます。あさましい限りです。

森喜朗さんや武部さんにはそういう表情は出ていませんね。それはまた別の理由なんだと思いますが(笑)。

サメの脳ですか!我が家では「ワニの脳みそ」とよく言ってます(笑)。

投稿: ゆみこ | 2006/08/28 22:59

石川県知事くらいで辞めとけばボロ出さなくて済んだのにね~と言ったら石川県民に怒られる?

投稿: yuki | 2006/08/28 23:55

初めて投稿させて頂きます。大分前から拝見しているのですが、時事ネタを取り扱っていて、とても充実した内容の記事で、毎日更新されるのが楽しみで仕方ありません!
ところで、政治がらみなどではないと思うのですが、個人的に先日の2○時間○レビのチャリティーマラソンの出来事を中心に、あの番組についての考えが聞きたいなぁと考えております。
いきなりこのような書き込みで申し訳ありません。失礼いたしました。

投稿: KZ | 2006/08/29 00:43

プロレスには台本があるんですよ。
だから「プロ」なんです。

投稿: 通りすがり | 2006/08/29 08:24

まさか、こちらのブログでブードゥー・マーダーズ(VM)の名前を見るとは思いませんでした(笑)
YASSHIは、レスラーのなかでも、頭も口もガラも悪い悪役キャラなのですが、そのYASSHIに「悪そうな顔してるな」と言われる森氏は、どんな悪人顔なんでしょうね。

この大会は地上波でも放送されるので、疑惑(?)のパイプイスを振りかざすシーンだけでもチェックしようかと思います。

投稿: わか | 2006/08/29 09:12

スポニチ本誌には、記載されていませんね(苦笑

馳議員の所属政党が自民党で、森元首相は(一応)先輩に当たりますし、今後政界で関わりあうものなので、普通に考えたら多分「エンターテイメント」だろうなと。
プロレスに限定すれば、スポーツ新聞も基本的にはエンターテイメントを重視した記事にしますし。

実際のところ、どうなのか判らないというのが本音ですが、そこに突っ込んだら「エンターテイメント」じゃ無くなるなぁとも思いつつ(笑

投稿: cassand | 2006/08/29 11:28

彼は腐っても自民党最大派閥のドンですからね。

>「お前、悪そうな顔してるな。お前が総理やったから日本がダメになったんだ。カス野郎!」
上下関係の厳しいプロレスの世界で馳の引退試合、しかもVIP客相手に素でこんなこと言える訳無いです。
どんな無能な政治家でも凝り固まったプライドがあるだろうに、態々自分を罵倒させる演出を彼らにさせるとは、中々やるなと思いました。
政治家の能力はともかく、こういう憎めない所のある人でした。

投稿: 関西在住 | 2006/08/29 13:13

「馬鹿な男ほど愛おしい」は田口ランディでしたっけ?

この方、躯体は重そうだけど、お口もオツムも軽そうで「極悪」になるには、ちっちゃなおメメの可愛らしさが邪魔して迫力不足ですね~

緊急出動されたSPの方々、ご苦労様でした。
こんなお芝居に付き合わされて、大変ですね。
でも、可笑しかったでしょ?

それにしても、8/15の小泉首相の靖国神社参拝の際に脇を固めていたSPの方々…
なんと、凛々しくて、sexyで、素敵だった事!
小泉首相よりそっちに目が釘付け(笑)

投稿: 妖子 | 2006/08/29 15:33

元総理ですからね~と云われると「そうですよね」「総理大臣ですね」。「伊藤博文公」と同じ地位に居た人なんですよね、と考えてしまいます。
その人が「プロレス」会場でホワイトの元x?x風な服装で観戦しているキャラとは云え「子供の教育上」どんなものでしょうか?最近は「伊藤博文公」が、安(アン)とか云う「暗殺者」に殺された人として歴史の本に出ている事に驚いたばかりでしたが、総理大臣も何処かの「プロダクション」の「xx派閥」なんて事に成らないでしょうね~何となく心配です。

投稿: 猪 | 2006/08/29 16:11

与党人権問題懇話会を30日に再開 人権擁護法案で古賀氏ら
http://www.sankei.co.jp/news/060829/sei008.htm

杉浦正健法相は28日、自民党内で賛否が分かれている人権擁護法案について、法案推進派の古賀誠元幹事長、二階俊博経済産業相らと党本部で会談し、自民、公明両党による「与党人権問題懇話会」を30日に開き、法務省が大幅修正した案を提示することで一致した。

法務省は外国人の人権擁護委員就任を規制する国籍条項を設けることで反対派に配慮し、来年の通常国会での法案提出を念頭に検討を進める考えだ。

投稿: またもや人権擁護法案 | 2006/08/29 17:41

森氏は、市井にいたならば「いいおじちゃん」「いいお爺ちゃん」だったと思うのです。多少説教臭いでしょうが。
蚤の心臓も調整型の性格も無神経な放言も身内への利益誘導も、どこにでもいるそこらのおっさんが持ち合わせる性質です。
彼は紛れも無い「庶民派」首相だったのです。
余りに庶民に近すぎたため、近親憎悪で嫌われたのでしょう。

投稿: melmel | 2006/08/29 19:01

僕はプロレスファンなんでこの興行を観戦してきました。
悪役が森さんに対して「今日は永田町からお客が来ているみたいだな。おい、そこの森! お前も悪い顔してるのぉ。お腹の辺りにも何か入れてそうだなぁ。なんや、金か? お前らが変な教育をしているから、俺みたいな悪ガキが生まれるんじゃ!オイ、馳! これからの日本は俺みたいな悪ガキができないように頑張れ、カス野郎!」
馳「このチンカス野郎! おい、そんなおまえでも、立派な社会人になったのは学校の先生のおかげだろう。少しは文部科学省に感謝しろ!・・・」
で試合開始→森に絡もうとする悪役に森さんが椅子を持って牽制→観客森コール→馳が悪役を倒してハッピーエンドといった感じでした。
そしてオチは公式HPに↓の謝罪文w
馳が森さんに電話口で土下座したって言ってるけど結構本人も楽しそうでしたよw

8月27日両国大会に関してのお詫び

昨日、両国大会にて一部出場選手がご来場のお客様に対して、不快な言動をした事を深くお詫び申し上げます。

平成18年8月28日
全日本プロ・レスリング株式会社
代表取締役 武藤 敬司
http://www.all-japan.co.jp/news/06082801.htm

投稿: tomos | 2006/08/29 19:29

皆さん、こんにちわ。
コメント、ありがとうございます。

この出来事、皆さんのカキコを拝見すると、やはり「エンターテイメント」の一部だったんでしょうね。
でも、事前に打ち合わせていたこととはいえ、実際に罵詈雑言を浴びせかけられると、さすがの森さんも“プチッ”とキレかかったというところでしょうか?

まあ、この方がいたから小泉政権がありえたわけで、そういう点では功績のあった方だとは思います。

なお、
>先日の2○時間○レビのチャリティーマラソンの出来事

視ていないので、なんとも書きようがありません。
何かあったのでしょうか?

投稿: 坂 眞 | 2006/08/31 12:14

いつも拝見しております。森前首相については、私はかなり偉大な人物と思っています。
 大体、マスコミがこぞって(特に朝日系)攻撃する政治家は良い政治家、反対に持ち上げるような政治家はかなりうさんくさいというのは、みなさんがよくご存知の筈です。。かつて攻撃されていた森前首相の発言の数々も、今思い返してみれば全てまともなことばかり。いまだに森さんを馬鹿にするようなひとはマスコミの洗脳が解けていないのでしょう。
 かつて病気療養のために訪日を希望していた台湾の李登輝元総統が、外務省や田中真紀子をはじめとした媚中政治家、さらにマスコミから、ビザ発行の妨害を受けていたとき、独り敢然とそれを跳ね返し、李氏の訪日を実現させた、その一事を以ってしても森氏の凡百の政治家との差を感じるべきと思うのです。

投稿: ZENKEI | 2006/08/31 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/11648599

この記事へのトラックバック一覧です: プロレスに参戦した森喜朗(笑):

« また一つ暴かれた歴史の虚偽 | トップページ | 盧武鉉政権を直撃した北のミサイル »