« 「任期は事実上終わった」と発言した盧武鉉くん | トップページ | 人権団体の立場と暴力団の威力:解同幹部の犯罪 »

2006/08/21

韓明淑は盧武鉉と五十歩百歩

韓国の大統領・盧武鉉くんのアホぶりは、このブログでも散々書いてきたから、皆さんも既によくご承知のことと思う。
ところが、その下で実務を取り仕切るはずの首相が、これまたどうしようもない左巻き
なんだね。もう頭の中は真っ赤か。

Han2韓明淑(ハン・ミョンスク)
北朝鮮・平壌(ピョンヤン)生まれ、62歳
梨花女子大学フランス文学科卒
御茶ノ水女子大学博士課程修了
韓国女性団体連合共同代表
女性部(省)長官
環境部(省)長官
ヨルリン・ウリ党常任中央委員
夫・朴聖焌(パク・ソンジュン)聖公会
大学教授(65)との間に1男








韓明淑は、2006年4月20日、韓国初の女性首相に就任した。男尊女卑の風潮が社会に根強く残る韓国としては、画期的な出来事であったと言える。
が、支持率が10%台に落ち込んだ盧武鉉くんの、人気回復のためのサプライズ人事という側面も強く、また、盧武鉉くん好みの左翼偏重人事でもあった。

韓明淑の経歴を見ると、盧武鉉政権の他の幹部と同じように、過激な左翼の闘士で
あったことが分る。
夫の朴聖焌は、1968年の統一革命党事件で逮捕されている。統一革命党とは、1960年代の韓国における朝鮮党(共産党)の地下組織だった。
韓明淑は、その夫の影響を受けて民主化運動=反体制運動に身を投じたという。自身も1979年に反体制的書籍を頒布した容疑で逮捕され、2年間の獄中生活を送っている。
その後は、韓国女性団体連合共同代表として女性運動を指導する立場に就き、盧武鉉政権発足とともに閣僚を歴任した。

このような経歴と思想の持ち主であるから、我々から見れば常軌を逸した発言を平気でする。
まずは、以下の記事を読んでほしい。


韓明淑(ハン・ミョンスク)首相は14日、元慰安婦が住む京畿道広州郡の「ナヌムの家」を訪れた。

韓首相はナヌムの家に併設された歴史観を見学し、「強制動員や拉致は北朝鮮であれ他の国であれあってはならない。日本は(横田)めぐみさんの話で堂々としていたいのであれば、韓国にいる数多くのめぐみさんのような方々の問題を先に解決しなければ
ならないだろう」と述べ、従軍慰安婦問題の解決に消極的な日本政府を批判した。

韓首相「日本は拉致問題より先に慰安婦問題の解決を」
(2006/08/15 朝鮮日報)

この発言は何を意味しているか。
要は、拉致問題の解決よりも「従軍慰安婦」に対する個人補償を優先するべきであると日本に要求しているのである。
我が国は、1993年の「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」で、既に政府として謝罪している。だが、韓明淑は、まだ「従軍慰安婦」に対する我が国の個人補償が行われていないと言いたいのだ。

しかし、1965年の日韓基本条約に関する韓国側の議事録において、「(日本と韓国間の個人賠償請求について)完全かつ最終的に解決した」との文が明記されていることが2005年1月17日に確認された。この議事録は、韓国において公開されたものである。
したがって、韓国政府が我が国に謝罪を要求することも個人補償に言及することも、
外交常識上は考えられないことなのだ。

まあ、北朝鮮による日本人拉致事件に対して、「強制徴用から日本軍慰安婦問題に
至るまで、日帝36年間、数千、数万倍の苦痛を受けたわが国民の憤りを理解せよ」(2005/03/01 中央日報)とわめき立てる大統領が任命した首相だからこんなもんだろう。

しかも、「慰安売春婦」は存在したけれども「従軍慰安婦」など存在しなかったことは、
事実をもって証明されている(参照:幻の従軍慰安婦)。また、ソウル大学の李栄薫(イ・ヨンフン)教授も、韓国のテレビで「従軍慰安婦は売春業」だったと認めている(参照:
ソウル大教授も従軍慰安婦を否定)。
つまり、法的にも事実関係においても、韓国の首相である韓明淑の主張は根拠のない、言いがかりにすぎないのである。
しかし、韓明淑は、これ以前にも日本のメディアに向けて同様の発言を行っている。


韓明淑(ハン・ミョンスク)首相は3日、ソウル政府総合庁舎で行われた日本経済新聞との単独インタビューを行った。

韓首相は横田めぐみさんをはじめとする北朝鮮による日本人拉致問題について、「日本の関心と努力を十分に理解している。アジアには今でも(従軍慰安婦など)過去の日本の行為によって本人の意志とは関係なく強制的に動員された数多くの“めぐみさん”がいる」と話したと、日本経済新聞は報じた。

「日本のせいでアジアには多くの“めぐみさん”がいる」
(2006/08/05 朝鮮日報)

なお、このときに韓明淑が、日本経済新聞から単独インタビューを受けたのは事実だが、「NIKKEI NET」に掲載された記事中からは、上記の部分は削除されていた。
が、韓明淑がそういう発言をしたのは事実だろう。

このような韓国首相による発言、実は北朝鮮の主張とリンクしているのである。
以下は、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)の中央機関紙・朝鮮新報からの引用で
ある。


朝鮮外務省スポークスマンは13日、日本当局が「拉致問題」を国際化しようとする動きを強めていることと関連して、談話を発表した。

(中略)

日本当局は今年だけでも4~5月、われわれと国交がある国に「拉致問題」解決に向けた「公式協力」を要請、横田めぐみさんの家族を米国と南朝鮮に派遣し「要請」を行い、それにも飽き足らず最近、国連人権理事会と8カ国首脳会議にまでこの問題を持ち込もうとしている。

(中略)

朝・日関係は本質において被害者と加害者の関係であり、朝・日関係を解決するためには加害者が被害者を納得させるような謝罪と補償をしなければならない。

日本は過去、朝鮮人民に甚大な人的、物的被害と精神的苦痛を与えた。

今から半世紀以上前、日本は840余万人の朝鮮人を強制連行し、100余万人を無残に虐殺した。また、20万人の女性を拉致、連行して日本軍「慰安婦」としての生活を強いた人類の歴史で未曾有の特大型反人倫犯罪を犯した。

にもかかわらず、日本はこんにちにいたるまで一度も朝鮮人民に誠実な謝罪をしていない。そのうえ自身の犯罪行為を認めることすらせず、補償については当初から考えていない。

順番からいっても道義的にも、日本は当然同じ20世紀に行った犯罪から謝罪し補償するべきだ。

われわれが数回にわたり表明したとおり、「拉致問題」はわれわれの誠意と努力によって完全に解決された。

(後略)

拉致、世論操作中止を 朝鮮外務省代弁人が談話
(2006/06/15 朝鮮新報)

今、韓国には、朝鮮戦争以降に北朝鮮によって拉致されたと見られる被害者が79人もいる。が、北朝鮮は韓国の要求にまともに対応せず、韓国政府もイマイチ熱が入っていない。

これは、盧武鉉くんが、韓国人拉致被害者の救済よりも北朝鮮との融和を優先しているためだ。だから、我が国からの「拉致問題」解決に対する相互協力の申し入れに対してもつれない態度を取る。
つまり北朝鮮との民族的融和を考えれば、「拉致問題」解決は、盧武鉉政権にとって
大した問題ではないのである。だから、「拉致問題」の解決よりも「従軍慰安婦」に対する補償の方が優先すると、北朝鮮と歩調を合わせて合唱する。
要は、「従軍慰安婦」を正面に据えて「拉致問題」はあいまいにする、この点において
盧武鉉政権と北朝鮮は共闘関係にあるのだ。

盧武鉉も韓明淑も、思想的に偏向しているだけではなく、人格的にもゆがんでいる。
ある日突然、見も知らぬ北朝鮮の工作員から、生きる希望も夢も理不尽にも奪われた人たちとその家族の悲しみと苦悩を理解できない。
この人格的ゆがみは、野党ハンナラ党の朴槿恵(パク・クンヘ)代表が暴漢に襲撃され重傷を負った時、「盧武鉉を愛する人たちの集い(ノサモ)」の代表を務めている女性
詩人の盧恵京(ノ・ヘギョン)が、「自業自得」と言い放ったことにも共通している。

なお、我が日本国にも同じような傾向の人たちがいる。
最後に、二人ほど、その例を挙げて本日のエントリーの締めとしたい。


自民党の野中広務幹事長代理は23日、神戸市の新神戸オリエンタルホテルで開かれた党県連主催の会合で、対北朝鮮政策について、「確かにテポドン、不審船、拉致
(らち)疑惑といろいろある。(拉致疑惑で)先方と話をすれば『三十六年間の(日本の)植民地支配はどうなる。日本は多くの人間を(朝鮮半島から)拉致していった』という互いにむなしい議論の戦わせ合いになる」と指摘し、北朝鮮による日本人拉致疑惑問題の進展を政府間交渉再開の前提とすべきでないとの考えを示唆した。

拉致疑惑問題の進展、日朝交渉の前提にせず 野中自民幹事長代理が示唆
(1999/11/24 讀賣新聞)


「北朝鮮には補償も何もしていないのだから、そのことをセットにせず、9人、10人返せとばかり言ってもフェアじゃない」(社民党の辻元清美政審会長)

拉致問題と対北朝鮮をめぐる最近の政治家らの主な言動
(2002/09/15 産経新聞)

こういう連中は、もう北朝鮮に亡命してほしい。

参照1:韓国人拉致被害者47人…北朝鮮「確認不能」 (2006/07/05 朝鮮日報)
参照2:運動圏新妻で初めて女総理になった韓明淑 (2006/03/24 聯合ニュース)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑盧武鉉と韓明淑に怒りを覚える
  方はクリックをお願いします。

|

« 「任期は事実上終わった」と発言した盧武鉉くん | トップページ | 人権団体の立場と暴力団の威力:解同幹部の犯罪 »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

一言で言えば韓明椒は日本でいう辻元清美と言うことですね。
私の価値観では極悪人以外の何者でも無い。(ー_ーメ)

不倶戴天の敵です凸(`、´メ)

投稿: abusan | 2006/08/21 20:04

 多分…ではありますが、この盧武鉉大統領と韓明淑首相の発言は彼らそれぞれ個人の思惑などではなく、ヨルリン・ウリ党の見解そのものなのではないかと思うのです。確か、ウリ党の国会倫理特別委員長からも同じ文言を聞いたことがありますよ。
http://www.excite.co.jp/world/korean/web/?wb_url=http%3A%2F%2Fwww.ohmynews.com%2Farticleview%2Farticle%5Fview.asp%3Fat%5Fcode%3D331326&wb_lp=KOJA&wb_dis=2
ソース オーマイニュース。5月16日版

投稿: Prof.B | 2006/08/21 21:06

 それにしても朝鮮新報の“特大型反人倫犯罪”ってなかなか面白い表現だね。ガキデカみたいなギャグマンガに出てきそうな表現で、実に素敵。

投稿: duzhe | 2006/08/21 21:29

所詮、民度の低い少々御馬鹿で、頭に血の昇り易い連中が選んだ代物ですからね。
であるからこそ、この程度の『下等生物』が首相になるという事で。
20世紀初頭の写真を見ても胸ポロで町を歩く民族なんてナァ。

辻清など、コアなカルト教団員しか支持しないんで有名です。そもそもアイツは選挙対策メンバー繋ぎ止めるのに体を使った奴です。

野中なぞの支持団体はシベリヤ抑留者の中でソ連側に付いた裏切者がとても多いそうですよ。
そんな奴が連中の手先になってることは、既にばれているんで流石の自民も切り捨てたと。

投稿: 義侠 | 2006/08/21 23:34

彼らは病気なのです。
しかも症状はすでに頭の中まで浸透し、妄想・妄言は日に日にひどくなり、治療の施しようもなく、余命1年半とのこと。ご家族も伝染の恐れがあるため、病人には近づかないようにしている様子。

私たち日本人としましては、親しくもない隣人ですが、せめて余命を全うされるよう、あたたかく且つ笑いながら見守ってあげようではありませんか。

尚、彼の国では以前より首脳会談を断固拒否されておられますので、この隣家がご病気のために今後どのような苦境になられようとも、私ども日本人が救いの手を差し出すような気遣いは、先様に失礼になりますのでご注意ください。

投稿: ドルフィン | 2006/08/22 00:57

最近の対馬海峡両サイドの政治家、マスメディア、エトセトラの発言を注意深く聞いてると、やはり半島と列島で分かれて住んだ方がお互い幸せなピープルが大勢いらっしゃるようですね。

いっそのこと、そういうピープル交換協定を結んで、住む場所を変えてあげた方が良いんじゃないですか。

投稿: H.H生 | 2006/08/22 01:31

1961年朴正熙は軍事的に政権を奪い、
米国の越南侵攻に荷担し8年間で10億$稼ぐ。
1965年6月22日、日韓基本条約を結んで
日本国から10年間で8億$を入手した。
無償3億$、有償2億$、民間借款で3億$。

当時の南鮮国家予算3億5千万$からすると
これがどれだけ莫大な額だったのかが理解できる。
 
しかし南鮮政府は日韓基本条約を国民に公開せず
個人補償のための賠償金も南北鮮国民に無断で
南鮮の経済発展に使った。

南北鮮国民は日本が個人補償したことを知らない。

この資金と日本からの技術によって南鮮は急速に発展した。
勿論南鮮国民は資金や技術の入手先を知らない。
これを「漢江の奇跡」と称し、自分たちのことを
世界一優秀な民族だと思い込んでいる。

日韓基本条約の内容を日本マスゴミが知らぬはずが無い。
知らぬ振りをして日本マスゴミは
南鮮の不合理な要求を日本国民に突きつけていたのだ。
まことに日本マスゴミは万死に値する。

投稿: docdoc | 2006/08/22 09:50

おはようございます。まさに、目くそ鼻くそといった感じでしょうか?いかんせん、「火病」という朝鮮人特有の不治の病をみなさんお持ちですし、民度の低さでは右に出るものなし!なのですから、もう日本も小泉首相の靖国参拝をいい機会にして
さっさと縁をきりましょう。朝鮮半島と縁を切っても、一般の国民はだーれも困りません。バカのレベルを超越した人たちが国を動かしているのですから、国のレベルも知れたものです。
キチガイの隣人とは一日も早く縁をきって、日本にお住まいの在日の皆さんにもお引取りいただければと思います。

投稿: Yuki | 2006/08/22 11:05

まぁ、日本にも、この様なオバサンは居るし、珍しくも無い。
しかし、韓国の悲劇は、このオバサンが何を間違ったか、首相に
なってしまう体制ですね。

日本でも、他山の石として気を付けねば。辻清とか野宏とか、
危ない危ない! 新聞は社会の木鐸として、この様に人物が
どんな発言をしたか、忘れられる事がない様に報道すべき。
...朝日や日経さん、宜しく

投稿: 通行人 | 2006/08/22 11:55

所詮日本なしでは生きていけない国です。日本を罵りながら困ったときに金を貸せなど、口が腐ってもいえないはず。国旗を焼いたり首相の肖像を踏みつけたりさんざん侮辱した挙句、何度も金を貸してくれとは・・(笑)

投稿: さくら | 2006/08/22 12:35

韓国の新聞は堂々と日本の政治家をバカにし、茶化し、焼き、踏みつけ、切りつけている写真を堂々と載せますね。
反対に日本の新聞が、地方紙でも面白半分にやるとどうなるのでしょうね?
「過去の日本の行為によってアジアには多くの”めぐみさん”が居る」。これが韓国の首相の正式のコメントなのですよね~普通の感覚では無いですよね、ノ大統領も普通で無い、首相も普通でないのですから、日本のマスコミも「韓国は異常」とも云えないのでしょうか?

ネット上では韓国は「異常な国」で通って居ますが、日本では一部政治屋さん、多くの新聞屋さんの部門では「韓国正常」と考え、靖国神社、慰安婦、追悼電柱建設の土産を持て参じ「外交」を考えているとノタマウ、トンチンカンな思考を持っている人達も未だ居ます、これらを合わせて「日韓有名異常人士」名簿を作り配布できないものでしょうか、「号外」でも良いですがね。
もう政治の問題でも無いでしょうね、「異常人間部門」で扱うより方法が有りません、日径さんでもやって呉れないですかね、一紙取る人が増えるかも判りません。

投稿: 猪 | 2006/08/22 18:47

ノム政権には香ばしい人材が豊富ですね。
イ・ジョンソク統一部長官とか((対北朝鮮政策で)アメリカが最も失敗したと発言)
ユン・グァンウン国防部長官とか(作戦統制権について発言が二転三転)
キム・ビョンジュン副首相とか(論文盗作と学位取引疑惑)
類は友を呼ぶというか。

投稿: るな | 2006/08/22 19:02

皆さん、こんばんわ。
コメント、ありがとうございます。

盧武鉉政権、
我が国の社民党が政権を取ったらこんな感じになるんでしょうね。
朝鮮日報じゃないけど、素人が政治をやっている。
経済も安全保障も、大統領はもちろん、それを補佐するべき閣僚も解っていない。

いつものことながら、やはり「亡国政権」ですね。
頭がまともじゃないです。

投稿: 坂 眞 | 2006/08/22 22:27

日本の新聞やTVでは「首相が靖国参拝する限り日韓首脳会談を拒否する」、「靖国でいわゆる『A級戦犯』のいわゆる『分祀』があっても首相の靖国参拝は認められない」などと、盧武鉉政権のいわば「強硬」な対日姿勢が日常的に報道されている。だが、韓国の大統領府が韓国の朝鮮日報や東亜日報など有力紙の取材を拒否していることなどは日本で全く報道されていない・・・
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/07/31/20060731000004.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/19/20060819000014.html
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/08/20/20060820000003.html
まぁ、日本で言うなら内閣府が有力紙やTVの取材を拒否している異常事態!このような事態を報道しないことは、一体、何を意味しているんだろう?と、考えるに、まぁ、これは日本のマスコミによるいわば「印象操作による捏造」に当たるのではないか?・・・つまり、「至極まともな韓国政府」が強硬な対日姿勢を打ち出していますよ!と報道していることになる。しかし、強硬な対日姿勢を見せている韓国政府は、実は国内の有力紙の取材拒否をするのみならず、今回のエントリーではじめて知った「盧武鉉と五十歩百歩」の韓明淑首相の言動などからすれば日本の多くの国民にとって実に「信じ難い、常軌を逸した政権」と言える。実は、現在の韓国政権とはそのような「常軌を逸した政権」であることを、積極的ではないにしても、下隠しにするようにして強硬な対日姿勢のみを報道することは当に「印象操作による捏造」に当たると言える。「印象操作による捏造」は毎日新聞のように米国国会議員が靖国参拝問題で悪化した日中関係を懸念していることをさりげなく「米国議員靖国を懸念」と報道する場合に限らないのでしょう・・・読売新聞(購読者なので敢えて例にするが・・・)のように報道された記事では「印象・情報操作による捏造」が無くとも、或る側面を報道しないこと自体で強烈な「印象操作による捏造」をしていると言えると思う・・・違うかな?

投稿: 疑問符 | 2006/08/22 23:13

旦那は元北朝鮮工作員ですよw
韓国人は皆知っています

投稿: まさむね | 2006/08/23 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/11541071

この記事へのトラックバック一覧です: 韓明淑は盧武鉉と五十歩百歩:

« 「任期は事実上終わった」と発言した盧武鉉くん | トップページ | 人権団体の立場と暴力団の威力:解同幹部の犯罪 »