« 自民党新三役について | トップページ | 朝日の難癖を粉砕せよ! »

2006/09/26

祝:A・A体制発足

安倍晋三新内閣が発足した。
まあ、全体的に見れば、バランスの取れた布陣と言えるのではないか。

私は、自民党の首脳人事は、来年の参院選挙対策と憲法・教育基本法改正に向けての地ならしが軸になると思っていたので、あの人事には納得している。

中川(秀)幹事長は毀誉褒貶の激しい政治家であり、原理・原則より状況を見ながら
動くタイプであるから、個人的には好きではない、というか嫌いなタイプ。が、来年の
参院選を考えたら、安倍氏にとって彼以外の選択肢はなかったと思う。
まあ、NAISの一人、石原伸晃氏が幹事長代理で付いているし、何といっても政調会長が中川(昭)氏であるから、妙な法案(人権擁護法案や外国人参政権付与法案)が
浮上することはない。
これは断言できる。
N-N(中川幹事長-二階国対委員長)は、参院選挙対策と割り切るしかない。

※中川(昭)氏は、ああ見えて、酒豪(酒乱という話も)で、気性が激しいからね。記者
会見で、現職大臣がほかの大臣(堺屋太一経済企画庁長官:当時)を「バカ」呼ばわりしたのは、この方くらい。

参照:中川(昭)氏の「ばか発言

ところで、今回の新政権で、私が注目していたのは、①官房長官、②外務大臣、
③経済産業大臣の三つのポストであった。

①官房長官の塩崎恭久氏は、私がもっとも希望していた人物であり、異存はない、というよりうれしい。彼は金融・財政のプロだが、それ以外の政策にも詳しい。
見栄えも悪くないし、弁舌もさわやか、大いに期待できる。
外交も、小泉内閣において、麻生太郎外相の下で外務副大臣を務め、そつのないところを見せた。それに何といっても、石原幹事長代理と同じNAISのメンバーであり、中川(昭)氏が安倍氏の盟友であれば、塩崎氏は同志であると言える。
きっと、安倍首相の心強い右腕になるだろう。
なお、彼は、自民党若手の中では安倍氏よりも早くから「将来の総理・総裁候補」だった。ぜひ、期待に応えて頑張ってほしい。

塩崎氏の講演:第2回 東京-北京フォーラムにおける基調講演 (2006/08/04)

②外務大臣も、私が希望し、予測していたとおりの麻生氏になった。これもうれしいことだ。
いわゆる安倍・麻生のA・A体制の発足である。
我が国の周りには、北朝鮮は別格としても、中国やロシアという「やっかいな国」が存在する。これらの国を相手にするには、タフ・ネゴシエーター(tough negotiator)、つまり
喧嘩上手でなければ務まらない。
突っ張る必要もあるが、妥協しなければならない時もある。とにかく相手に舐(な)められてはいけない。が、一方では信頼関係も築かなければならない。
とにかくむつかしい役回りである、今の我が国の外相は。特に、安倍新首相が「主張する外交」を唱えているだけになおさらだ。
今のところ、このような職務をこなせる人材は麻生氏しかいない。我が国の国益を担っている。これまで以上に手腕を発揮してほしい。

ところで、かつて、私が「麻生氏は嫌いだ」と言っていたことをご記憶の方もおられると思う。理由は、麻生氏が初当選したころ(もう27年前)、彼の講演を聞いて、その口ぶり、態度にすごい反発を覚えたからだ。それがずっとシコリになっていた。
まあ、私はまだ頭が赤かったし、麻生氏も若かったからね。でも、「半径2メートル以内にいたら、彼ほど面白い男はいない」と言われる理由が1年ほど前から分るようになった。それに外相としても出色だったしね。

参照:麻生太郎公式ページ

③経済産業大臣の甘利明氏。
私は、もう4~5年前になるが、彼の「励ます会」に出席したことがある。印象は、今日の就任記者会見よりもずっと良かった(今日は緊張していたね)。熱が感じられたし、若さもあった。
ところが、歴史認識や国家観が、はっきり言ってイマイチなのである。いわゆる一般的な自民党議員。日中友好議員連盟の幹事長を務めているのを見れば分るように、中国に対する認識も甘い。
というか、外交や安全保障は苦手な政治家だという気がする。

ただ、産業政策には強そうなので経産相に起用されたのだと思う。それに、何と言っても、親分の山崎拓氏を封じ込めた論功行賞も大きな要素だろう。
が、資源外交はあまり期待できそうにない、はっきり言って。
逆の意味で、予測を裏切ってくれることを希望する。つまり、まだ若い(57歳)のだから、もう一皮むけてほしい。

参照:甘利明氏の「この国のために

基本的には、老壮青のバランスも取れているし、実務能力もある顔ぶれである。安倍氏と気心の知れたメンバーも多いし、米国・ホワイトハウスのような「チーム安倍」の政権運営ができると思う。

首相補佐官に小池百合子・前環境相や中山恭子・元内閣官房参与らが起用されたのも、歓迎するべきことではないか。
小池氏は国家安全保障担当、中山氏は拉致問題担当。経済財政担当は根本匠衆院議員、教育再生担当は山谷えり子参院議員、広報担当は世耕弘成参院議員。

※それにしても、文部科学大臣に伊吹派の伊吹文明氏が起用されたのには笑った。
別に伊吹氏のことを笑っているのではない。昨日、中川(昭)氏が自分を差し置いて1本釣りされたことを、伊吹氏が怒っていたという話を聞いていたからだ。
安倍氏も、それなりに気を使っているんだなあ・・・と

それから、谷垣派、見事に干されてしまった。やはり権力闘争そのものである。

(注)NAIS
衆院議員の根本匠(N)、安倍(A)、石原(I)、塩崎(S)の4人で作る政策グループの
略称。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

(参考)

◇安倍内閣・閣僚一覧

 総理 安倍晋三(自民)

 総務 菅義偉(自民、丹羽・古賀派)

 法務 長勢甚遠(自民、森派)

 外務 麻生太郎(自民、河野派)

 財務 尾身幸次(自民、森派)

 文部科学 伊吹文明(自民、伊吹派)

 厚生 柳沢伯夫(自民、丹羽・古賀派)

 農水 松岡利勝(自民、伊吹派)

 経済産業 甘利明(自民、山崎派)

 国土交通 冬柴鉄三(公明)

 環境 若林正俊(自民、森派=参院)

 官房・拉致問題 塩崎恭久(自民、丹羽・古賀派)

 国家公安委員長 溝手顕正(自民、丹羽・古賀派=参院)

 防衛 久間章生(自民、津島派)

 沖縄・北方・少子化 高市早苗(自民、森派)

 金融 山本有二(自民、高村派)

 経済財政 大田弘子(民間)

 行政改革 佐田玄一郎(自民、津島派)

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« 自民党新三役について | トップページ | 朝日の難癖を粉砕せよ! »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

過剰反応せず反論検討-甘利経産相、サハリン2で
>甘利明経済産業相は26日午後の記者会見で、ロシアが
>石油・天然ガス開発計画「サハリン2」の一部事業の中
>止を命じたことについて「(日本側に)過剰反応の面が
>ある。ロシア側が指摘する環境破壊にどう対処するのか
>精査してから、反論を組み立てるべきだ」と述べ、冷静
>対応する姿勢を示した。

>日本と中国が対立している東シナ海のガス田開発に関し>ては「日中は共同で(開発に)取り組む方向で一致して>おり、粛々と取り組みたい」と話した。
http://www.sanspo.com/sokuho/0926sokuho056.html

管理人さんご指摘のとおり、甘利氏の認識は、名前のとおりです。某巨大掲示板では辞任せよ!(笑)と言われています。韓国にビザ不要待遇を与えた北側氏なみの不人気です。どうなりますか。

投稿: 普通の国民 | 2006/09/26 22:30

管理人様

私自身医者ですので、厚生労働大臣の厚生労働 柳沢伯夫氏についてお聞きしたいのですがいかがでしょうか。

柳沢氏について色々ぐぐると、金融関係の人なので、要はさらに医療費の削減を目標としていると考えていいのでしょうか。

私自身のことも大事なのですが、現在必要以上に医療費を削減したために「医療崩壊」が進行中です。恐らくここ数年以内に地域医療は崩壊するはずです。その先頭を切って産科医療が崩壊してきています。

さらに、療養病棟削減の煽りを受けて介護難民も発生していて、(医療従事者だけでなく(^^;))国民の不満感も高まっています。下手したらこれが安倍政権のアキレス腱になりかねない印象です。

確かに今の医療の量・質を保つのは不可能であるのは誰の目にも明らかなので、
1 質を下げずに量を保つ(そのために増税する)
2 量を保つために質を下げる(給付費の削減、医師会が反対している混合診療の解禁)

のどちらか、あるいは混合型になると思います。

そこらへんについてご存知のことがありましたらお願いします。

投稿: ぴん | 2006/09/27 06:48

持続可能な国家システムの基本となるものは安全保障である。安全保障のないところでいくら改革を続け、持続可能な社会の構築を目指しても、それは砂上の楼閣に過ぎない。その意味で麻生太郎の留年、もとい留任は頼もしい。

A・A体制で持続可能な社会、美しい日本をつくってくれ。期待してるぞ!

投稿: プライム | 2006/09/27 14:07

こんにちは

谷口派ではなく谷垣派だと思います。何回か読むまで気づきませんでした。

わざとかな?なんて思いました(^^;


投稿: 団塊Jr. | 2006/09/27 14:26

皆さん、こんにちわ。

団塊Jr.さん、ご指摘、ありがとうございます。
私も気が付きませんでした。
もう、谷垣さんのことが頭から抜けている(笑)


ぴんさん。
私は、医療問題に詳しくないので、この件についてはうまくコメントできません。
ただ、地元の市立総合病院に産婦人科はあるのに、医者がいないから出産する人がいないという話を聞いて、医療現場のゆがみを実感しました。

柳沢伯夫氏、大蔵官僚出身で、金融畑の人ですよね。
ただ、この人、金融相の時、金融機関に対する公的資金の注入と不良債権の強制処理をめぐって竹中平蔵・経済財政担当相と対立し、小泉首相から解任された方です。

そういう意味では、良く言えばバランス重視型、悪く言えば思い切ったことができない。
いわゆる東大出のキャリア官僚の典型、それにプライドも高い。
だから、必要以上に極端なことはしない-厚生官僚の意に沿って動くのではないでしょうか。

来年は参院選が控えていますし、今は日本医師会との関係修復が急務ですから、医師会の意に反したことはやらないと思います。


それにしても、麻生太郎の留年、もとい留任も、質問もされていないのに、朝日新聞を名指しで「日中関係の質問」を促す、
ちょっとキツイがひねりの効いた発言、笑えました。
さすがは麻生さん。

投稿: 坂 眞 | 2006/09/27 15:00

大和の国~高市氏、独り言~塩崎氏のメル共?の就任のお知らせを頂き喜んでいます。
マスコミは友情や仲間同士の政権と比喩しますが、人間関係を重視し政策を進めようとした政権が過去に有りましたかね?
~派と言う政策集団?から人材派遣「党」と「官邸」の分離された中で妥協の政治を60年間やって来た事など忘れてこれから船出をしようとする安倍政権を叩く、一方の民主党に果たしてその能力が有るのか?検証もしない。

党首が病状を三役にも状況は話さない、三役も治療する日数も判らない、反対の立場なら初日からの事件マスコミはどう報道するのでしょうね。
A.A体制一番良いのは堂々とマスコミと対峙する姿、日本のマスコミの一番嫌なのは報道の自由と叫びながら、人権、差別に雁字搦め、適切でない表現を自ら作り、報道を捻じ曲げながらも、言葉をひねくり回し、自国叩き。不自由で軍事、独裁の国の野卑で人権も相手の心も理解しない国の「反日」報道を差別とも云わないで自由?楽しそうに報道をする変な事業。

テレビを久しぶりに拝見、変な事業の筆先坊主に自分の意思をはっきりと発言されていたのは良いのでは無いかと思います、防衛庁長官が私とは考えは違いましたので、あそこまで踏み込んで語る問題では無いと感じる以外は、官邸の5人を含めて良い人事で有ると思います。
総理の姿勢次第で閣僚の姿勢も変ります、変化の時代を径て未来への道を歩みだす日本、過去ばかり見ている国とは付き合えないよと突き放して欲しい。

投稿: 猪 | 2006/09/27 16:08

週刊新潮で「小泉退陣後に猪口は干される。小池は分からない」と評されていました。勘違い女の猪口が追放されるべきなのは自明ですが、小池氏はなかなかの才女と思いますのでどうなるのか注目していました。

大臣ポストはひとまず外れて「首相補佐官」というのは、年齢を考えても名人事と思います。小池女史は将来の外務大臣候補と思いますがいかがでしょう。

高市女史が40代で入閣したのも良いですね。女性であるか否かに関わらず、有能な人材を引き上げる姿勢が感じられます。

投稿: dog | 2006/09/28 11:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12048233

この記事へのトラックバック一覧です: 祝:A・A体制発足:

» 麻生タン留年? [Nanyasoreの日記]
 麻生太郎外相の記者会見冒頭のツカミ発言には笑った。  麻生会見 NHK総合 完全版  朝日新聞に対する軽いジャブも笑った。 日本の外交はしばらく安泰だな。 [続きを読む]

受信: 2006/09/26 22:12

» 安倍晋三総理大臣誕生!英語記事です!! [英語の本を原書で読みたい!]
安倍晋三内閣、発足しましたね。晴れて安倍晋三総理大臣と呼べるわけですが、最近世の中も騒がしく、何かが変わるときなのかもしれません。 麻生太郎外相が留任し、高市早苗の入閣、そして中山恭子、小池百合子を首相補佐官に添えるという、安倍さんも両手に花といった感じになっていますが、安倍・中山コンビで拉致問題への気構えがうかがえます。今回は、安倍晋三新総理の英語記事です。 Abe elected as Japanese prime minister 「安倍晋三が、日本の総理大臣に選出された」だと... [続きを読む]

受信: 2006/09/26 22:42

» 【安倍内閣】外交・安保と教育に期待する [加賀もんのブログ]
安倍内閣が発足した。 顔ぶれを見て、大いに期待感を持ったのは加賀もんだけではないだろう。 外交・安保については、麻生外相が留任したことももちろんだが、 国家安全保障問題担当補佐官に小池百合子、拉致問題担当補佐官に中山恭子の両氏を配したことが注目される。 麻..... [続きを読む]

受信: 2006/09/27 09:04

» 安倍晋三総理大臣について!!〜安倍さんの半生! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
安倍晋三さんが総理大臣になりましたが、最近はいろいろな事件が起こっており、何かが変わる予兆のような気もしていますが、多分気のせいだとは思います。 安倍さんは、北朝鮮拉致問題において被害者の家族側にたって奮闘している姿が印象的なわけですが、よく考えればそれまではほとんど知られていなかった気もします。 安倍晋三は、父親が安倍晋太郎という総理候補にもなった有力政治家で、母方の祖父は岸信介元総理というのですから、血筋から言えば申し分無いサラブレッドなわけです。ただ、安倍晋三は大学卒業後直ぐに政治... [続きを読む]

受信: 2006/09/27 23:45

» 今週の極東情勢 20060924〜20060930 [Moon of Samurai]
 26日、安部新内閣が発足しました。閣僚の顔ぶれはこの通り。外相に留任が決定した麻生さんは初っ端の会見で留年発言や「アジア……朝日新聞のことだから“中国”という前提だと思いますけど……」と全開で飛ばしてくれまし... [続きを読む]

受信: 2006/09/30 14:35

« 自民党新三役について | トップページ | 朝日の難癖を粉砕せよ! »