« 親王御生誕おめでとうございます | トップページ | 田中角栄の猿マネ?小沢一郎 »

2006/09/06

北朝鮮人民軍の思想教育

中国も北朝鮮も、同じ共産党独裁国家であるから似たようなものだと誤解されておられる方もいるかもしれない。が、実態はまったく違う。
曲がりなりにも中国は、中国共産党(中共)が独裁支配する「国家」である。そこには、「国家」としての冷徹な計算が働いており、許容はできないが理解は可能である。
が、北朝鮮は違う。すべてが金正日(キム・ジョンイル)将軍様のために動いている。
そこにいる将軍様は、金正日という具体的な個人ではなく、信仰の対象としての教祖様である。

だから、チュチェ思想に従えば農業も工業も飛躍的に発展する(はずである)。発展しないのは、思想(信仰)の実践が足りないからである。
チュチェ思想を実践しているから、女子サッカーU20世界選手権で、世界最強の中国に勝てた。サッカーで中国に勝ったから、慢性的なエネルギー不足に悩まされていたのに、発電量が大幅に増えた。
もう、一種のカルトなのである。北朝鮮は!

以下は、韓国の朝鮮日報が入手した北朝鮮人民軍の将校・将官用の思想教育用資料である。これを読めば、そのカルトぶりが、いかに徹底されているかが解る。

-------------------------------------------------------------------

1.最近、敵どもが展開している悪らつな反共和国策動とその危険性について

△元来、極悪な米帝の戦争指揮者ブッシュの野郎は・・・2月に外務省の声明を通じて、われわれが自衛のために核兵器を作ると堂々と宣言するや、内外で窮地に立たされて困り果てていたものだから、急に態度を変えてわれわれに頭を下げるようになった。

※米国務長官のライスの奴は、「これまでの態度を撤回し、現実的で実現の可能性がある問題について北朝鮮と対話していく」と媚を売ってきた。

米国の奴らの機嫌ばかり気にしながら、われわれにあくどい態度を取ってきた南朝鮮の傀儡(かいらい)どもも、米国に付き従ってわれわれに好印象を持たせようと躍起になっている。

※奴らは今回の6・15統一大祝典の行事に、史上初めて傀儡政権と南朝鮮の政党、社会団体からなる大規模な代表団を派遣してきた。・・・いくつかの看板を掲げた代表団もひっきりなしに入ってきている。しかしこれは、われわれをたぶらかして、わが国を内部から崩壊させようという敵どもの狡(こう)かつな欺まんに満ちた策略以外の何ものでもない。

△最近、敵どもが展開している反共和国策動の危険性はどこにあるか

敵どものいかなる策動も、われわれを屈服させることはできなかっただけではなく、むしろわが軍と人民を思想精神的により覚醒させる結果だけをもたらした。そのため、敵どもは欺まんに満ちた宥和政策に突破口を求めてきている。

もしわれわれが、敵どものだましの手口を見分けることができず、一瞬でも奴らの策動に巻き込まれたならば、堕落と変質の道に転げ落ち、党と祖国に背くことになる。

Kitachousenjinmingun

2. わが国における戦闘準備を抜かりなく完遂するために何をどうすべきか

(1)寝ても覚めても常に敵と戦い勝つという考えだけを持たなければならない

200年来の宿敵どもが自ら武器を置いてわれわれと仲良くしようとし、慈悲を施そうと
していると考えているのなら、それほど愚かなことはない。

(2)指揮要員らは高い革新的な眼識を持ち、戦闘準備の完遂のために自らの知恵と
情熱をすべて捧げなければならない。

※世界的に個々の戦闘の指揮官も大学卒業程度の知識を持つ人々の中から選び、
軍事教育を施して配置するのが一つのすう勢になっている。われわれが今後、祖国
統一大戦を戦うことになる敵どもも、こうした世界的なすう勢に従っている。

指揮官らは頭を使う訓練をより高度に行わなければならない。・・・今、敵どもはわれわれとの戦争において、高度な技術・装備に大きな期待を寄せているが、奴らの高度な
技術・装備は決して万能ではない。

※旧ユーゴスラビア内戦の際、米帝の高度な技術・装備が敵を正確に識別できず、
数多くの誤爆事件を起こしたところからして、その弱点は明らかに表れている。

参照1:北朝鮮人民軍部隊の将校・将官用の思想教育用資料を入手(上)
参照2:北朝鮮人民軍部隊の将校・将官用の思想教育用資料を入手(下)

-------------------------------------------------------------------

盧武鉉(ノ・ムヒョン)くんも、「米国の奴らの機嫌ばかり気にしながら、われわれにあくどい態度を取ってきた南朝鮮の傀儡(かいらい)どもも、米国に付き従ってわれわれに好印象を持たせようと躍起になっている」と言われたのでは立つ瀬がないだろう(笑)

君の北朝鮮に対する愛情は、まったく通じていない。
「これは、われわれをたぶらかして、わが国を内部から崩壊させようという敵どもの狡(こう)かつな欺まんに満ちた策略以外の何ものでもない」だってさ。

盧武鉉くんは、7月に北朝鮮がミサイルを発射した時、「安保上の非常事態ではない」と表面上は冷静を装っていたが、内心は裏切られたという思いでいっぱいだったという。
本当にバカだね。
政治が個人崇拝とイコールの国の金将軍様が、自分より民族感情を大事にするわけがないだろう?将軍様が絶対的真理でなければならない体制で成り立っている国なんだから、あの国は。
最終的狙いは、南北宥和ではなく、祖国統一大戦を戦うことなんだよ。

それにしても、「寝ても覚めても常に敵と戦い勝つという考えだけを持たなければならない」という精神論を貫徹し、「今、敵どもはわれわれとの戦争において、高度な技術・
装備に大きな期待を寄せているが、奴らの高度な技術・装備は決して万能ではない」などと幹部を洗脳する軍隊は不気味である。
こういう組織は、いざとなれば、相手かまわずに突撃する。しかも、洗脳を受けている
軍幹部たちが高等教育を受けた連中(大学卒業程度の知識を持つ人々)だというのだから、なおさら危険である。
オウム真理教のテロ実行犯が、高学歴者であったことを想起してほしい。

我々は、北朝鮮をけっして舐めてはならない。
金将軍様とその体制が瀬戸際に追い込まれたら、将軍様の個人的思惑とは無関係のところでこの「洗脳された軍団」が行動を起こす可能性は大いにある。
「奴らの高度な技術・装備は決して万能ではない」
「奴らは、我々が核兵器を作ると堂々と宣言するや、急に態度を変えてわれわれに頭を下げるようになったではないか」
「奴らを恐れることはない。我々の方が強いんだ!」
きっと、そう思い込んでいるであろう。

我々日本人も、北朝鮮、及び我が国内に潜入している北朝鮮工作員に対する警戒を、よりいっそう強めなければならない!!!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« 親王御生誕おめでとうございます | トップページ | 田中角栄の猿マネ?小沢一郎 »

北朝鮮&拉致問題」カテゴリの記事

コメント

韓国に関してはある意味で正当な評価でしょうか、ノムタンが幾ら愛情を示しても受け入れられないのは知れたことなのに、それにしても「これは、われわれをたぶらかして、わが国を内部から崩壊させようという敵どもの狡(こう)かつな欺まんに満ちた策略以外の何ものでもない」とは、、これを読んだノムタンの顔を見てみたい。
アメリカに関しては欺瞞に満ち満ちていますね、何時ブッシュ大統領が北朝鮮に頭を下げたのだろうか?
確かに洗脳された軍団ほど怖い敵は無いでしょうが、同時に自分たちの教えられたことが真実でないと知った時の崩壊を考えると、内部から崩壊しつつある共和国を最後まで支え続けることはできないでしょう。
まさに警戒を厳重にしなければならないですね。

投稿: 基準点 | 2006/09/06 22:51

 日本はテロに無防備です。人口も過密で、テロがおきたらたくさんの人間が犠牲になります。先日の電線切断のように電気が大規模に止まったり、電車の架線が緩んで山手線がマヒした事もありました。東京は交通機関や水道、電気が簡単に停止します。プラスチック爆弾などを複数使ったら復旧も遅れることでしょう。武道の達人や警察官でも、いきなり刃物で襲われると弱いものです。ですから世界からテロが消えないわけです。
 北は倫理観が他国と異なり、自国の存続のためにはどんなことをしても許され、そこに葛藤や悩みはありません。必要なら工作員は自爆テロさえ行うでしょう。管理人さんのおっしゃるとおり、北の貧しさを見て気楽に構えるべきではありません。おそるべき敵で、しかも日本には韓国人のタウンがたくさんできており、潜伏も容易です。
 最初に絶対やめるべきは韓国人、中国人へのビザ解禁です。次に違法外国人の摘発です。それから日本全土の海岸から船を使っての侵入を防ぐ有効な手段も必要。研究費さえあれば、それも可能でしょう。

 本日生まれた紀子さまの親王様のいらっしゃる病院の見取り図をテレビで示し、どこに誰がいるかを図を使って解説する無神経さは世界の非常識です。暗殺者が来たらどうしますか。考えたくありませんが、北の工作員によって爆発物や小型ミサイルで襲撃される事態も考えられます。韓国国王高宗皇后閏妃の件の礼だ、などと言われて。

 皆様、不審な外国人は以下のアドレスに通報して下さい。入国管理局です。そのメールでテロが防げるかもしれませんので。
http://www.immi-moj.go.jp/zyouhou/index.html

投稿: 普通の国民 | 2006/09/06 23:56

カルトの教義に似ていますが、凄まじいので驚きました。
どこかのワンマン会社でも似たような洗脳をやりますが、ひたすら戦う姿勢には逞しささえ感じました。

投稿: MultiSync | 2006/09/07 00:33

洗脳をどうやって解くか。どうやって考えかたを変えさせるか。これは難問である。
自由体制下ならば、事実が最後に勝つ。しかしそれとてもかなり長い時間がかかる。
まして自由が極端に制限された北朝鮮で、主体思想絶対、忠誠絶対の考え方が、宥和政策や共存政策で変わるわけがない。

ところで在日、とくに北朝鮮系の在日はどういう思想をもっているのだろうか。日本に居住しながら征服をたくらんでいるのでないだろうか。将軍様忠誠絶対なら当然であろう。この把握と変化要求からはじめねばならないのでないか。

ため息ばかりでる「独り言」であった。

投稿: たいさくしあん | 2006/09/07 03:15

日本の在日・帰化系の宗教とそっくりですね。

どんな間違いを起こしても、思想(信仰)の実践が足りないからである。で片付けられる!

これは強いですね。失敗がないですね。すべて責任転嫁が出来る。

恐ろしい国家です。その親戚筋が日本でカルト宗教を実践し、半分権力を掌握してますね。これの方がもっと怖い!

投稿: 匿名 | 2006/09/07 07:26

どこかで見たような文体だなぁ、と思い出したのは、いつぞや坂さんが掲載されていた「せーきょーしんぶん」の対談でした。大作クンとそっくりそのまま、血は争えないんだなぁ、と。
「きっこのブログ」などでも紹介されているように、信者のマスゲームを拍手で見下ろす大作クンと金将軍は、まさに行動原理が瓜二つ。海峡またいで臍の緒つながったシャム双子です。
こんな人たちの同胞が未だに数十万単位で存在し、彼らを不公正極まるやり方で甘やかす政治とメディア。かつて植民地化したから、その分甘くする、などというのは理念なきバランス感覚で、問題を先送りして拗らせてしまう分、傲岸不遜よりよほどタチが悪い。
本当にやりきれません。

投稿: かろかろ | 2006/09/07 09:00

半島の事より、国内にいる北系の朝鮮民族が怖い。
日本に総連に属している、北朝鮮の議員である在日がいるという危険を私たちは忘れてはいけないし、監視しないといけない。
これは差別ではない。日本のゆるい制度下で在日に安易に帰化をすすめるのも反対です。戦後60年が経ちました、謝罪も賠償も解決済みです。そろそろ在日から特権を奪って他の外国人と同じに扱うべきです。
すべての在日とは言いませんが、日本の与えた特権に慣れすぎ、自分が外国人だと忘れている。日本以外の国に行けば優遇されているのは明らかなのに更に差別だの権利を要求する。こんな人達日本にいりません。朝鮮半島と戦争になれば、彼らがどちらの味方になるのか、日本が爆弾を抱えてるのと同じです。怖くてしかたないです。

投稿: nana | 2006/09/07 09:46

 この教育資料の「戦闘準備」の項では、「憎悪」を煽って「戦いに勝つ戦意高揚」と「頭を高度に使う事」とがあるが、銃後の婦女子を護るというような肉迫した動機付けが希薄であり(貧民が多いからそれは無理である)、軍部の暴発は起こり得るが、督軍隊(前戦からの兵隊の逃走を銃殺を以って見張る後方部隊)を必要とする脆弱な軍隊で、朝鮮戦争の時と同じように、ロシアと中共の支援がなければ大戦にならないと思う。テロやゲリラ戦は懸念される。このような北朝鮮内での戦意高揚に対してはそれを挫く情報戦を盛んにすべきである。萩原遼氏が立証し今活動しているように、主体思想を瓦解するため、「金日成を暗殺したのが金正日」を日韓協力して世界に流すことである。中共の北朝鮮属国化と日本海進出を食い止め、韓半島を安定化し、日本の安保を確立するには、経済的にも中国に飲み込まれ様としている今の韓国民を目覚めさせるのが要諦だ。
 そして、安部氏や中曽根元首相の「核武装検討発言」は、日本だからこそ、「検討」を以って核抑止効果・世界に向けての核廃絶効果があると思うのだが…。

投稿: ぷく | 2006/09/07 12:12

支那に思想教育された小沢?

livedoorニュースにこんな記事が出ています。

中国が対日批判をする本当の理由
 小沢一郎・民主党代表が1日に出版した「小沢主義―オザワイズム―」で、中国、韓国を激怒させた小泉首相の「嘘つき」発言を暴露している。両国との関係を悪化させた最大の原因は、靖国参拝ではないというのだ。

〈2004年11月にチリ・サンティアゴで行われた日中首脳会談の場で、胡錦涛主席から靖国参拝を見送るように要請された際、小泉首相は「分かった。適切に対応したい」と答えた〉〈それでも2005年11月になって靖国参拝をしたわけである〉〈中国側が「小泉首相は言うこととやることが違う男」と不信感を持ってもしかたない〉〈外交においては、「嘘つき」と呼ばれることは最も恥ずべきことである〉

 小泉は03年10月、バンコクでの日中首脳会談でも、胡主席に対して「未来に向けて協力する」と歩み寄り発言をしながら、わずか2カ月後の04年元日に参拝している。05年4月、ジャカルタでの会談では、胡主席から「この問題(靖国)は一々討論する気はない」とサジを投げられていた。以来、中国は首脳会談に応じていない。

 小沢はこう続ける。

〈僕は中国や韓国に同調するつもりはないが、首相のこのやり方は姑息きわまりないものだと思っている〉〈参拝するつもりならば、「胡主席の立場はよく理解した。しかし、私は日本人の立場から参拝せざるをえないのだ」と堂々と語っておけばよかった〉

 小沢は7月上旬に訪中し、胡錦涛に会っているから、“真意”を聞いた可能性もある。

 小泉が8月15日参拝前に「心の問題に他人が干渉すべきでない」「外国政府がいけないとかいう問題ではない」と言っていたのは、ヘ理屈。中韓外交のネックは「靖国」ではなく「小泉の言行不一致」ということになる。

小沢も馬鹿だね。プロバガンダに長けた支那のいうことをそのまま信じるなんてね。
真意?胡錦涛の何枚あるかわからん赤い舌が見える。
胡錦涛の高笑いが聞こえる。
こんなやつが、日本の総理?
背筋も凍る、ぞ~っとする話だ。

投稿: 古だぬき | 2006/09/07 14:27

通常野党は対外的に与党より強硬である。
政権の重荷を背負っていないからだ。

北鮮は当ブログに書かれているように
正に臨戦態勢を整えている。
このようなとんでもない隣国に対しては
通常野党は最大限の強硬策を国民に提示し
多数の賛同を得て一気に政権を奪おうと考える。

日本野党は国民が危機感を抱いているというのに
その国民感情に耳を貸そうとしない。
それどころか北鮮に味方するような言動をしている。
これでは頭の良い日本国民の支持が得られるはずが無い。

それでいて野党は政権奪取を目指すという。
政策以外で集票する手段はただ一つ、利権だ。
小沢・野中・古賀・加藤氏らが行っていた利権で集票する政治を
民主党小沢党首が今でも有効だと考えているとしたら
それは考え違いも甚だしい。

国民はもう変わっている。旧には戻らない。
同和・在日・中共等の暴力と特権の行使には懲り懲りしている。
政権への近道は早くそのことに気付くことである。

投稿: docdoc | 2006/09/07 15:16

軍人が命を捧げる~一般的に何処の国の軍人も保有しているのでしょうが~国から逃げる国民が本国では起こっている~日本の「在日」と言われる人達は「人質」を取られているからなのか?本心から金正日に忠誠を誓ってる?
今日もテレビを見ていると民主党の「鳩」が”北朝鮮の宗教家を国内に入れないのはおかしい”とおかしい事を北朝鮮に囁かれて話を変な処でやって居ましたが国内の在日には「武器」などは与えられているのでしょうか?暴力団を通じて武器が有るのは判るのですが、未だ「鳩」などを使い合法的に動きたいとも考えているのでしょうね?

日本の国会議員自体が「鳩」の様な状況では「心細い」どころか協力体制を議員が作ります、と言ってる様なものです。
昔から半島の人の体質は「砂」の様な国民と言われていました、団体行動が苦手な事を指して云った事だそうですが(それにしちゃマスゲームは凄いですね)反面「単体」では強いと云う事も出来ます、ゲリラは「単体」ですから可能でしょうね。
体制崩壊の時、ヤケクソ時、誰かが考えているのでしょうか?
怖い事ですが「政治」はシュミレーションはして置くべきでしょうね、私も個人としての防御を考えます。

投稿: 猪 | 2006/09/07 17:03

>それにしちゃマスゲームは凄いですね 
 指令待ちロボットではなく、阿波踊りの方が凄いと思います。
 有事のとき、あなたは志願できますか? 大切な子を残してから志願しましょう。その子を護るために! 早く子を作りましょう。

投稿: ぷく | 2006/09/07 18:10

皆さん、こんにちわ。
コメント、ありがとうございます。

今日、韓国や中国のニュースを読んでいたら、中国も米国も「北朝鮮崩壊後」を睨んでいるようですね。
韓国との併合というのは現実的ではないようです。
むしろ中国の保護下(実質的保護国)に置かれて経済の再建を図るというシナリオが現実的とか???

ノムヒョンは、北のミサイルは米国には対しては短すぎるし、韓国にとっては長すぎるなどと、相変わらずノー天気なことを言っています。
じゃあ、日本にちょうどいい距離ってか???

北にキチガイ国家あり、南にアホ・バカ国家あり。
日本も米国も大変ですが、現実がそうである限り対処していくしかないでしょう。

投稿: 坂 眞 | 2006/09/08 18:20

中国、韓国、北朝鮮が日本に何かにつけてイチャモンをつけ、非難し、過去を反省せよ、謝罪せよ、賠償せよと言い募る以上、彼等とは商売とスポーツとあとまあ芸術交流ぐらいだけの関係に出来へんもんやろか?

互いに欲しいものを売ったり買ったりするだけのお付き合い。第三国で開催される国際試合で勝負するだけのお付き合い。市民交流なんてとんでもない。技術交流(指導)なんてとんでもない。

在日韓国朝鮮人を強制送還或は追い出しを出来へんもんのやろか?在日1世2世ぐらいまではともかく、在日3世4世やなんて絶対おかしいで。帰化せんと権利だけはよこせというのは。出てゆくか帰化するかどっちかにせえ。帰化より出ていくことを望むけど。
と、歳取ったせいか、最近強くそう思う小生である。皆様はどう?

投稿: 忠 | 2006/09/09 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/11784664

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮人民軍の思想教育:

« 親王御生誕おめでとうございます | トップページ | 田中角栄の猿マネ?小沢一郎 »