« 見識を疑う東京地裁の判事 | トップページ | 小泉内閣を総括する »

2006/09/23

利権屋さんたちが目指す与野党逆転


国民新党の綿貫民輔代表は22日、CS放送の番組収録で「安倍(晋三自民党総裁)
人気で参院選をやられて、衆参両院で自民党が過半数を取ったら、なんでもできる
(戦争中の)東条(英機)内閣と一緒になる」と述べ、来夏の参院選で与党過半数割れに全力を挙げる考えを示した。

同じ番組に出演した民主党の渡部恒三国対委員長は「今の自民党は安倍、安倍と
なびき大政翼賛会だ。安倍氏が戦争をやると言ったら戦争になる。野党の責任は重い」 と指摘した。

綿貫代表:参院選で安倍氏が勝てば「東条内閣になる」
(2006/09/22 毎日新聞)

-------------------------------------------------------------------

綿貫の発言は、「公認候補全員の当選を図って政界再編を主導する」と述べた先月28日の発言の延長線であるから、さして驚かない。
が、「来年の参院選挙で公認候補全員の当選を図る」とは何を指すのだろう。来年改選になるのは、比例区の田村秀昭と、自民党大分県連から三行半を突きつけられた後藤博子の2名しかいない。
後藤も比例区から出馬するというから、地方区は実質ゼロである。

地方区で国民新党から出馬する可能性があるとしたら、綿貫が強固な地盤を持つ富山県くらいだが、ここも民主党が候補を立てれば、むつかしいと言わざるをえない。
亀井(静香・郁夫)兄弟が地盤とする広島県は、既に民主党の衆院候補(落選)が鞍替え出馬を決めており、国民新党が独自候補を立てるとは考えられない。
ということは、国民新党は比例区で頑張るしかないが、1議席取れればよい方ではないか。

つまり、綿貫の発言は「公認候補全員の当選を図る」ことよりも「政界再編を主導する」ということに重点が置かれているのである。代表代行の亀井静香も今月3日、「全国で民主党と選挙協力する。自民、公明両党を過半数割れにさせるためには民主党を勝たせなければならない」と明言している。

要は、個人的組織しか持たない「自分党」にすぎない国民新党は、民主党に小判鮫のようにくっ付くことによって、政界における再浮揚を狙っているということだ。
まさに、主義主張よりも利権を優先する綿貫や亀井静香にふさわしい行動である。綿貫はもう年だが、亀井はまだギラギラ感が抜けていない。民主党に恩を売ることで、窓際からの脱却を夢見ているのであろう。

-------------------------------------------------------------------

それにしても、綿貫の「東条(英機)内閣と一緒になる」という発言にしろ、渡部の「大政翼賛会だ」という発言にしろ、こんなことで国民を惹きつけられると思っているのだろうか?
もう完全に「終わった政治家」の発言である、感覚が。
そう言えば、亀井静香も自民党を除名された時、「ヒトラーでもやらない事をやった」と
小泉純一郎を罵っていた。

綿貫と渡部は、民主党代表の小沢一郎と同じ、金権政治の総本山-旧・経世会の元大幹部。
亀井静香も、1980年代のバブルのころに急に力を付けた政治家。人脈・金脈も、闇の怪人・許永中とか仕手筋の帝王・池田保次(元山口組幹部)とか、臭い連中ばかりだった。

綿貫は、小沢が経世会を割り、自民党を脱党した時の敵。亀井静香は、その小沢が
主導した細川・非自民連立政権をつぶした立役者の一人。渡部は、細川政権崩壊後、 新進党解党をめぐり小沢と激しく対立、以後は口もきかない間柄だった。

政治の世界では、「昨日の敵は今日の友」ということはめずらしくない。が、これだけ、
かつて激しく罵り合った連中が、また行動を共にするというのは滅多にない。
まさに、「野合」という表現がぴったりの政治家たちである。

まあ、「類は友を呼ぶ」と言うけれど、「東条(英機)内閣」とか「大政翼賛会」とか「ヒトラー」とか、中共もビックリの陳腐なプロパガンダしか飛ばせない連中が集まって、本当に与野党逆転なんてできるのだろうか?

-------------------------------------------------------------------

利権屋さんたちのご健闘はお祈りするが、国民もあなたたちが思っているほどバカではないことも付け加えておく。

(文中・敬称略)

関連エントリー:亀井静香の闇

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« 見識を疑う東京地裁の判事 | トップページ | 小泉内閣を総括する »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

「大政翼賛会」に「東条内閣」ですか?
恐ろしくアナクロです。もはやその言葉がちゃんと伝わる事は無いのでは?

今年の夏もNHKは頑張って「戦後60年記念半日番組」に血道をあげてましたが、それと同じです。60年という歳月をわかっていません。綿貫は昭和2年生まれですから仕方がありませんが、もはや大東亜戦争をネタに反省しようが揶揄しようが、有権者の心に届く事はないでしょう。

反靖国もそうです。兄をフィリピン沖で亡くした我が母が70歳を過ぎました。ほうっておけば靖国神社は静かに時代の波に沈んでいくはずでしたが、愚かな朝日一派の放火により浮上し、時代の脚光を浴びる様になりました。

「反ひのきみ(反国旗国歌運動)」もそうですね。やっている方は真剣なつもりでも、傍からは「チンケなことやってんな」ぐらいにしか受け取られません。その日の丸君が代の下で、日本は半世紀以上にわたり平和国家として立派にやってきました。それも日教組先生方の平和教育活動の大成果です。大いに誇って欲しいと思います(嘲

亀井の「ヒットラーもやらなかった事」は意味不明ですし、綿貫の弁は「政党政治の原理否定」です。
両名には、今現在の有権者に訴えかけるセンスが欠如しています。日本マスゴミの垂れ流す情報のみに頼っていると、こうなるという見本でしょう。民主党も全く同じですがね。

投稿: ペパロニ | 2006/09/23 12:48

東条内閣と大政翼賛会を出せば?何になるのだろうこの二人の常識が疑われるだけ、戦時に成れば何処の国でも起こる事、アメリカですら自動車屋が飛行機屋に成ったり、戦車屋になる、造船所はフリゲート艦製造所、空母製造所、日本は精神的な拠り所しかない、献金、献納で木造船、木造機まで作って居たのが当時の姿。

大政翼賛会なんて何て事ない、父親が39歳で市の翼賛会会長、それが昭和19年には徴兵で朝鮮半島へ、何でも「巨文島」独立守備隊二等兵、一年間農村の百姓に協力していたらしい。シベリヤから帰って来た叔父と比べると丸々と太って帰国、帰国後も大政翼賛会など米軍の頭には何も無い、せいぜい封書の検閲と刀狩の方が忙しい様に見えた。

この名前を出せば戦時内閣を想像させるだろうと引き出したのでしょうが余りにも最近の国民を馬鹿にしたコメントと思います、日本人が期待をしているのは戦後の日本にサヨナラ、新しい「「美しい国」を目指して欲しいと言う、明日への希望。

おかしな人は「美しい国」の意味が判らないと言う、こりゃもう日本人離れしているのですから放っておくより仕方が無い。
警察官僚の亀井氏は大いに問題ありの人ですね、情報源には苦労しないだけであの地位に居た、人間「顔」で評価をしてはいけないと云いますが「顔」には出るんです。

利権屋さんからずれますが「美しい国」、継続した日本文化からの、美しい道徳心、美しい独立心、美しい協力心+ムダ、ムラ、ムリを剃り落とせば中国など日本の属国に成らなければ生きていけないでしょうね。

投稿: 猪 | 2006/09/23 15:55

綿貫もおかしなことをいいますね。
「政界再編を主導する」だと?
どの口がそんなことをいうのか。もうろくしたんじゃないのか。郵政反対の動機は、自分が買収し、現在は長男が経営するトナミ運輸の仕事が減ることをおそれたからじゃあないのか。トナミは「ゆうパック」小包を一手に引き受けていた。あんたの小汚い動機なんざ国民はお見通しだ。どんな屁理屈をこねようとその時点であんたの政治生命は終わったんだ。とっとと政界から引退したらどうだ。これ以上醜態をさらす事は晩節を汚すことになるぜ。

投稿: プライム | 2006/09/23 16:12

ロイターが全国の個人投資家に安倍新政権に対する見方を聞いたところ、自民党の首班指名とは全くイメージの違う答えが返って来ている。
安倍新政権を「支持する」は36%、「支持しない」が38%。構造改革の継続への期待と政策のあいまいさへの懸念が交錯している。竹中総務相が参院議員を辞職するニュースで、早くも株、債券、円の先行き不安が囁かれている。市場は来週の組閣人事を待っている。
来年7月の参院選について、42%が自公の連立与党で過半数を「維持できない」、「維持できる」は29%「分からない」は29%。市民は常に政治家が立派だから投票するのではない。政権党への信任度が投票先を左右するのだ。

投稿: KappNets | 2006/09/23 16:59

ブログ本文中「主義主張よりも利権を優先する綿貫や亀井静香にふさわしい行動である。」とありますが、
私は「利権をいただくことそれ自体が綿貫や亀の主義主張である。」と思っていますが、そう思う人は多いんじゃないでしょうか。

投稿: junon | 2006/09/23 19:20

大政翼賛会だとか、東条英機だとか、よくまあ古めかしい単語が出るものだ。ある意味では古くて人畜無害だからだ。すでに日本が加わった昔の戦争から60年以上もたつ。室町や江戸時代の60年であればそれほど世の中変わっていないかもしれないが、今の60年は全く事情が変わってしまっている。
前の大戦とか前の戦争とか、その昔の戦争の実行意思決定に参加した人々は、たぶん40歳代から以上だと思うが、とうに死んでいる。
その子供たちである今の日本国民に、60年以上前のことを言ったって判らない。理解はしているのだろうけど、責任意識がないから、無駄。
一層のこと織田信長だとか、豊臣秀吉だ、とかい言ったほうが同じナンセンスでも愛嬌があるし、笑える。
話は変わるが、20世紀を苦しめ、恐らく、1億人ぐらいの人間を死に至らしめた共産主義思想について、21世紀の今、誰かが真剣に批判しなければならないと思う。日本の近代化のプロセスもその悲劇の大きな原因になっていたと思うが、司馬遼太郎の100倍ぐらい能力と知力と体力がある人が、一大叙事詩的歴史小説を書いてくれないかなと思う。

投稿: ショコタン | 2006/09/23 20:19

亀井の「ヒトラーもやらなかった事」は今更ながら笑止千万。ヒトラーはレーム(突撃隊トップ)粛清にブロンベルク・フリッチュ(両人とも陸軍の中枢だったか)追い落とし(フリッチュはポーランド侵攻の際戦死)をやってのけたわけであるが、亀井は除名だけで済んで、自由に物が喋れて夕刊紙に物を書けることをありがたく思うべきなんじゃないかな。

綿貫なんて、以前トナミで不当な扱いを受け続けた社員が裁判か何かで勝った時に、倅に「あいつを消してしまえ」って言ってたらしいのだが、そっちの方がヒトラーっぽいのよね。

投稿: ミロ | 2006/09/23 22:14

「大政翼賛会」に「東条内閣」!!
政策で論争して欲しいんですけどねぇ・・

投稿: SAKAKI | 2006/09/23 22:38

恐ろしいことに大東亜戦争の指導者は不在であった。
何しろ陸・海軍が敗戦の責任を押し付けあっていたのだから。
東條首相には閣僚の罷免権すらなかった。
単なる敗戦時の首相でしかなかった。

国民にこの人は悪人ですよと訴える方法は
国民周知の悪人の名を挙げ「彼のようだと」絶叫することだ。
国民新党の綿貫民輔代表の発言は大東亜戦争を知る者にとってはその意図すら不明である。

国民総力戦を理解し戦えたのはアジアでは大日本帝国のみ。
大政翼賛会は戦争遂行のために作られた組織だ。
このような組織を他国は作ることさえ出来なかったのだ。
当時の国民の先進性を民主党渡部恒三氏には理解すら出来ないようだ。

現在の国民にもし極悪人の印象を訴えたいのであれば
せめてキム・ジョンイル、読書家であればマオやスターリンの名を挙げるべきであろう。

亀井静香氏の好きなヒトラーなど彼らの極悪非道ぶりに比べれば小さいというべきであろう。

綿貫・渡部氏は、民主党小沢一郎氏と同じ、田中角栄氏の子分。利権政治屋である。
亀井静香氏は警察官僚出身。その人脈を生かして闇の連中と連なる利権政治屋だ。

綿貫・渡部・小沢・亀井氏には分からないだろうが
利権まみれの人々を多くの国民は拒否している。
それが小泉純一郎を国民が支持した理由である。

投稿: docdoc | 2006/09/24 10:40

皆さん、こんにちわ。
コメント、ありがとうございます。

>「大政翼賛会」に「東条内閣」ですか?
恐ろしくアナクロです。もはやその言葉がちゃんと伝わる事は無いのでは?

これに尽きますね。
彼らは、もう進化とか進歩とは無縁です。
頭が石。存在は化石。
こういう人たちが当選するのですから、選挙民の方たちも、もう少し考えてほしいと思います。

投稿: 坂 眞 | 2006/09/24 13:10

本人たちは、国民よ目覚めよと呼びかけているのだろうが
自分たちの議席そのものが、
愚かな選択に支えられている現実が見えていないという
シュールな情景
賢い選択を迫る彼らは
破滅主義者なのだろう
当然そんな人間に国政は任せられない

投稿: れんや | 2006/09/24 14:09

大半の地方政界は自公民社が総与党の翼賛会状態なんですが、民主党はその一翼を担っているという自覚があるんですかね?
先ごろの地方首長選での「翼賛候補」の敗退を受けて小沢代表は自民党との相乗り解消を打ち出しましたが、その余韻も覚めやらぬうちに幹部が無反省な比喩を使っている状況では、地方翼賛体制解消の小沢指示も「派閥解消」のごとき一過性のパフォーマンスに過ぎないと見ざるを得ません。

投稿: 神戸牛 | 2006/10/01 15:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12000733

この記事へのトラックバック一覧です: 利権屋さんたちが目指す与野党逆転:

» 消費者金融改革と格差社会。 [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
自民党総裁選は、巷の予想どうり『安部晋三』で決まった。 この自民党総裁選挙の報道で、消費者金融改革が影に追いやられ、国民が知らないうちに改悪されていることに気がついていない。 懲罰的改革というフレ−ズで行われていた改革案が、業者よりの金融庁による思案では、いつの間にか、業者保護で、最高裁判所が違法という判決を出したグレ−ゾ−ン金利が、合法化され、上限金利以上で可決されそうであり、一部は、今までの上限金利以上に改悪されているのだ。 これには、自民党の業者よりの議員たちが大動員されていじくった結果... [続きを読む]

受信: 2006/09/23 13:35

» 祖母の話 [いいじゃない、人間だもの。]
我が高校の創立記念日らしく、作文を書く事になったんですよ。 気づいたら締め切り1時間前で30分で書いて出しました。 まあ、内容はともかく笑いはとれたはずだ。 横から読むと「ちんこ」って読めるとこが3箇所もあ... [続きを読む]

受信: 2006/09/23 19:52

» 山崎派復帰 [政治とはこんなもの!?]
新人に無派閥勧めた武部氏 [続きを読む]

受信: 2006/09/30 00:51

« 見識を疑う東京地裁の判事 | トップページ | 小泉内閣を総括する »