« 中国に民主主義を押し付けてはならない | トップページ | 祝:A・A体制発足 »

2006/09/26

自民党新三役について

昨日、自民党の新三役が決まった。幹事長に中川秀直・前政調会長(森派)、政調会長に中川昭一・前農相(伊吹派)、総務会長に丹羽雄哉・元厚相(丹羽・古賀派)。

個人的な好き嫌いを別にすれば、順当な人事と言える。

中川幹事長は、かつて愛人問題や右翼団体幹部との交際疑惑などで、森内閣の官房長官を棒に振った政治家である。が、幹事長ポストはこのような寝業、立ち技の両刀遣いがむいている。
この人物、とにかく人脈が広い。
安倍晋三新首相の信任が厚く、小泉純一郎、森喜朗の前・元両首相とも極めて近い。青木幹雄参院議員会長や武部勤、古賀誠の前・元両幹事長、二階俊博・前経産相ら
ともパイプを持つ。公明党とも、国会対策委員長が長かったおかげで人脈がある。
年代もベテランと若手の中間にあり、幹事長としては適任ではないか。私は、早くから中川(秀)幹事長を、当ブログで予測していたが、そのとおりになった。

中川政調会長は、親子二代にわたる安倍氏の盟友であると言ってよい。「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会 」や「北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟」などで、早くから行動を共にしてきた。
歴史観や憲法観が安倍氏と極めて近い。教育基本法改正や憲法改正をにらんでの
政調会長起用であろう。
中川(昭)氏は「親子二代で安倍晋太郎総裁、晋三総裁の実現を願っていたのでうれしい」と就任が決まった後で語っていた。安倍氏より一歳年上。

丹羽総務会長は、ずばり、古賀・元幹事長対策であると言ってもよい。丹羽氏は、古賀氏と丹羽・古賀派の共同代表を務めている。つまり、二人はライバル同士なのである。
丹羽氏は、総務会長就任によって派閥を離脱することになるが、ある丹羽・古賀派の
議員は、丹羽氏が抜けても「古賀派」には絶対にさせないと言っていた。要は、派内における古賀氏の求心力は極めて弱くなっているということだ。そして、ライバルの三役入りで、その影響力はますます弱くなる。
また、丹羽氏は、自民党総裁選で麻生氏も側面から支援しており、A・A(安倍・麻生)
体制を希望する私としては異論はない。

なお、各メディアは、総裁選で安倍氏を派閥単位で支持した各派への「論功行賞」の
意味合いもあるようだ、と伝えているが、それは違う。
伊吹派の伊吹文明会長は、自らの三役入りを希望していたが、それが、同派閥の中川(昭)氏になった、それも何の相談もなしにだったことに憮然としていたという。
つまり、安倍氏は三役人事で、派閥の意向無視という、小泉流を貫いたということだ。

最後に、国会対策委員長は二階俊博前経産相になったことも歓迎したい。
対小沢(一郎・民主党代表)を考えれば、元「小沢の超側近」であったこの人物が最適の人材である。これまでは、経産相のような対外的な国益にかかわるポストにいたことを考えれば、マイナス要因が減ってプラス要因が増えたと言ってもよい。
公明党・創価学会との近さを懸念する方もおられるかもしれないが、少なくとも人権擁護法案や外国人参政権法案においては、おそらく出番はないと思う。安倍-中川(昭)のラインが、そんなことは許さない。
かえって、参院選挙での選挙協力がうまく行くのではないか。

新閣僚が決まり次第、また新しく論評したい。

【追記】
 麻生太郎 外務大臣就任!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« 中国に民主主義を押し付けてはならない | トップページ | 祝:A・A体制発足 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

安倍氏を信頼するより仕方が有りませんね。三役のの記者会見を見ていると自分の言葉で語って居ました。
政治家が自分の言葉で語る、今一番国民が求めている事、自分の言葉で語る、小泉首相にも多少の言葉の乱れや、主張の可笑しさをカバーする力が有りました、人間ですから首相が対内的なコメントで表現がおかしくても、多少の放言は有っても仕方が無いじゃん~この位でこれからの実行力を拝見したいです。
人権擁護、外国人参政権、共に異常な法案ですし、之を推進し応援しようとしている公明党+?の力を削ぐだけの能力をこの際に見せて欲しい、そして参議院に全力で自民党単独で戦えると思える「土壌」も見せて欲しい、贅沢ですかね~

投稿: 猪 | 2006/09/26 15:59

祝!なまたろう外相再任決定。

投稿: 正成 | 2006/09/26 16:47

http://bbs6.fc2.com/php/e.php/datokyosanto/

サイトの内容とは関係ないのですが、↑のサイトに海鼠なる人物がこのサイトをリンクしろと騒いでるんですが、ここの関係者ですか?
海鼠氏が言うにはここの管理人様は敵が多いため外部と接触を断っているのでかわりに宣伝して回ってると言ってます。
おそらく嘘だとは思いますが、一応確認のために質問しました。

投稿: www | 2006/09/26 19:31

日本マスゴミとは面白いもので、誰かが「ある便利そうな表現」を使い始めると、鸚鵡そこのけに繰り返す習性がある様です。

今回の安倍内閣組閣人事について、何処もかしこも「論功人事だけしくりからぬ!」と息巻いてます。ですがハッキリ言いましょう! 何が悪いんですか?

みんな「一度は大臣男のロマン」が欲しくて汗かいて仕事するんです。見返り無しじゃやる気になりません。民間企業でも基本的にそうですよ。 血筋で決まるお殿様でもなければ、いやお殿様でも尽くしてくれる家臣に良いポストを与えるのは大事な事でしょうにね(^^;

無能だったら、早めに更迭すれば良いのです。

それにしても鳩山ポッポのNHK映像は酷かった・・・ネクタイの趣味も悪かったしなぁ。

投稿: ペパロニ | 2006/09/26 19:49

私としては人権擁護法案・外国人参政権、これが何よりも心配で生きた心地がしません(人権侵害です!)。このメンバーで、とりあえずしばらくは通りそうにないので、安堵しました。時間稼ぎできます。その間、ネット層は益々拡大し、新メディアも発達するだろうし、国民の良識を高めるチャンスができたと思います。日嗣の皇子もお生まれになったことだし、我が国の運気がようやく上向きになったような気がします。

投稿: 通りすがり | 2006/09/26 20:25

皆さん、こんばんわ。
コメント、ありがとうございます。

麻生さん、外相留年、もとい留任。
良かったと思います。
塩崎さん、期待している人材なので、これは最高でしたね。
それにしたら、甘利さん。
ちょっと外交センスに欠けます。
考え方変えないと、麻生さんにガツンとやられそう。

なお、中川秀直-二階俊博両氏の、いわゆるN- Nライン、これは参院選対策として割り切るしかないでしょう。

wwwさん、こんばんわ。
情報、ありがとうございます。

彼、アラシですよ。
このブログをつぶしてやると、大量の悪罵をカキコしてきたゴミです。
ただ、組織的な気がしますね。
アクセス禁止にしても、次々と新しいIPアドレスからカキコしてくる。
日本語がおかしいし、中国人だと思います。
中国批判(中国崩壊)のエントリーを書くと、過剰反応します。
ゴミはゴミ箱に捨てましょう。

投稿: 坂 眞 | 2006/09/26 23:06

>今回の安倍内閣組閣人事について、何処もかしこも「論功人事だ、けしからぬ!」と息巻いてます。ですがハッキリ言いましょう! 何が悪いんですか?

私もそう思いますね。
逆に「論功行賞人事」「取り巻き人事」何が悪いとね。

それに加え、必ず「中韓との関係改善、首脳会談」とほざく。

昨日の麻生さんの留任会見、面白かったですよ。
朝日の記者へ強烈な皮肉、
「あなた朝日だから中国の事聞きたいんだろう?」って、
笑っちゃいましたね。
そして、「日本はいつでも首脳会談すると言っている。条件を付けてきているのは中国の方だ」とね。

しかし、NHKのニュースでも日経等の新聞をみてもそこのところをスッポリ省いて、日本に非があるから首脳会談が出来ないのだという風にミスリードしている。

本当に日本のマスゴミはどうしようもない、と思う反面、
今回の安倍政権には頑張って頂きたい。

投稿: 通りすがり | 2006/09/27 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12027664

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党新三役について:

» 安倍新政権誕生 [手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ]
今日、歴代総理の中でも異端であった、日本国総理大臣『小泉純一郎』が退任し、『安倍晋三』が自由民主党総裁として、衆参両院議会において、総理大臣として選出されるであろう。 決定するまでは、あろうという言葉を使うしかないのだが、まず、間違いないであろうと思う。 しかし、すでに自民党内では安倍卸の動きが激しくなっており、自民党の旧主流派は、来年も参議院選挙での敗退を目論んで、安倍後をすでに模索しているようだ。 また、安倍にしても、自分が選挙での信任を得ていないという面を見て、来年の衆参の同時選挙を模索... [続きを読む]

受信: 2006/09/26 19:29

« 中国に民主主義を押し付けてはならない | トップページ | 祝:A・A体制発足 »