« 解同の責任逃れは許されない! | トップページ | 偽造品大国・中国に妥協してはならない »

2006/10/28

民主党は修正協議に応じよ!!!

民主党の小沢一郎代表が訪中した。


【北京・大塚卓也】訪中している民主党の小沢一郎代表は27日、人民大会堂で中国の呉邦国全国人民代表大会常務委員長(国会議長)と会談し、麻生太郎外相や中川昭一自民党政調会長が核武装論議を容認していることについて「残念に思う。賛同しない」と批判した。北朝鮮の核実験に関しては「中国が火遊びをやめさせるよう努力してほしい」と要請した。

これに対し、呉委員長は「米国が敵視政策を取っているという北朝鮮の認識が変わらなければ問題は前に動かない。(マカオにある北朝鮮の)2400万ドルの口座を凍結しても問題の解決にはならないと米国には言っている。米国は(経済制裁という)小さなことにこだわって大きな損をしないことが重要だ」と述べ、北朝鮮の6カ国協議復帰に向け、米国に柔軟な外交姿勢を求めている立場を明らかにした。

また、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記と唐家璇国務委員との会談について「北朝鮮は現段階では2回目の核実験をしないと言っているが、米国の出方次第だとも言っている」と述べ、米国が経済制裁の強化などで圧力を強めた場合は再実験の可能性があるとの見方を示した。

小沢代表:中国全人代委員長と会談 北朝鮮問題などで要請 (毎日新聞)

今回の小沢氏の訪中、何のために行ったのか、その意義がまったく見えてこない。まさか、麻生外相や中川自民党政調会長が核武装論議を容認していることについて「残念に思う。賛同しない」と表明するためではあるまい。
北朝鮮の核実験に関しても、上記の記事を読む限り、その内容には何の新味も感じられない。

結局、安倍晋三首相の訪中に対抗したパフォーマンスにすぎないのではないか。

ところで小沢氏は、今年の7月3日から8日にかけても中国を訪問している。このときは、当時の小泉政権と、ポスト小泉政権を牽制したいという中共の思惑にまんまと乗せられただけだった。唯一の成果は、今回と違い、胡錦涛国家首席とのトップ会談が実現したことくらいか。

ただ、このときは、菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長が同行しており、野党第一党のトップ3が同時に国内を留守にするという危機管理意識の甘さを見せた。
案の定、留守の間に、北朝鮮による弾道ミサイルの発射実験があったが、何の有効なメッセージも発することができなかった。そしてやったことは、国連安全保障理事会(安保理)における北朝鮮非難決議の採択に際し、我が国が主導的役割を果たしたことを「最初の勢いはどこへやら、制裁という7章の中身を削除せざるを得なくなった」と批判しただけ。
安保理で日本が中国とせめぎ合っていた最中に、自分は中国にいたにもかかわらず、この程度のことしか言えない。ここに、この党首とこの政党の限界が如実に示されている。

-------------------------------------------------------------------

このような小沢民主党の姿勢・体質が典型的に表れたのが、今国会における教育基本法改正に対する同党の態度である。

26日、民主、共産、社民、国民新の野党4党は、幹事長・書記局長会談を開き、政府の教育基本法改正案の成立を阻止することで一致した。
まったく理解に苦しむ対応である。

民主党は、前国会に独自の教育基本法改正案を提出した。
その日本国教育基本法案の前文には、以下のような記述(青字)がある。

更に、自立し、自律の精神を持ち、個人や社会に起こる不条理な出来事に対して、連帯して取り組む豊かな人間性と、公共の精神を大切にする人間の育成である。

同時に、日本を愛する心を涵養し、祖先を敬い、子孫に想いをいたし、伝統、文化、芸術を尊び、学術の振興に努め、他国や他文化を理解し、新たな文明の創造を希求することである。

我々は、教育の使命を以上のように認識し、国政の中心に教育を据え、日本国憲法の精神と新たな理念に基づく教育に日本の明日を託す決意をもって、ここに日本国教育基本法を制定する。

政府案と民主党案は共通点が多い。伝統の継承や国を愛する心(態度)、公共の精神をはぐくむ大切さなどを掲げており、家庭教育の条文も新設した。

もちろん、民主党案の「日本を愛する心」が政府案では「我が国を愛する態度」になっているし、国を愛する心(態度)や公共の精神をはぐくむ大切さなどが民主党案では前文に盛り込まれているのに対し、政府案では第2条(教育の目標)として条文化されているという違いはある。
が、これは大きな違いではない。むしろ、宗教的情操教育では民主党案の方がさらに踏み込んでいる。

大きな違いは、教育行政についての規定である。

民主党案が第18条(教育行政)で「地方公共団体が設置する学校は、保護者、地域住民、学校関係者、教育専門家等が参画する学校理事会を設置し、主体的・自律的運営を行うものとする」と規定しているのに対し、政府案は第16条(教育行政)で「教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない」と規定している。
民主党の教育行政に関する規定では、日教組や特定の組織・団体が介入する余地を与えかねないという危惧はある。が、この部分については歩み寄りが可能である。この違いだけで政府案の成立を全力を挙げて阻止するというのは理に反する行動である。

-------------------------------------------------------------------

野党4党は時間切れに追い込む作戦のようだ。しかし、先の通常国会で、すでに50時間の審議が行われている。また、政府案は3年に及ぶ与党協議会での議論を踏まえており、民主党案も2年近く同党教育基本問題調査会で検討を重ねたものだ。

もちろん、教育基本法を改正したからといって、学級崩壊や学校でのイジメ、あるいは、家庭での幼児虐待など、荒廃する教育現場が直ちに改善されるわけではない。
が、伝統の継承や国や地域を愛する心、公共の精神をはぐくむ大切さ、宗教的情操教育や家庭教育の重要性を掲げた基本法を成立させることが、その第一歩になるのではないか。

同じ野党でも、共産党と社民党は対案を持たず、教育基本法の改正そのものに絶対反対の立場である。本来であれば、政府案と共通性が多い対案を出している民主党とは絶対に相容れないはずだ。
が、民主党は、これらの少数野党と歩調を合わせ、政府案の成立を全力を挙げて阻止するという姿勢を取っている。
まさに党利党略と批判されても仕方がない。

教育の再生は急務である。民主党は本当に政権を担う覚悟があるのなら、「反対のための反対」という態度を取るべきではない。与党との修正協議を拒むのではなく、堂々と自らの案を主張し、その主張を法改正に反映させる努力をするべきである。
与党との修正協議に応じれば、党内に日教組系の議員や社民党に近い議員を抱えているため、足並みの乱れをさらけ出すことになる。加えて、来夏の参院選や野党の選挙協力を考えれば、与党との対決色を強めた方が有利にもなる。
おそらく、そんな打算が働いているのだろう。

が、そういう考えと姿勢では、民主党は抵抗政党から脱皮できず、永遠に国民の支持を獲得することはできないだろう。

真の責任を果たすのであれば、修正協議に応じよ!民主党!!!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

参照1:野党が26日に幹事長会談、国会の与党主導けん制 (讀賣新聞)
参照2:日本国教育基本法案
参照3:教育基本法改正案
参照4:教育基本法改正 民主は修正協議に応じよ (産経新聞)

|

« 解同の責任逃れは許されない! | トップページ | 偽造品大国・中国に妥協してはならない »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

ワザワザ中国まで言って日本政府の悪口ですか。
この人は他にする事はないのか?

帰ってきたら「北の暴発を押える事が出来るのは中国様だけだから中国様には逆らうな」と言い出すだろうな。

一度でも中国の反日教育について批判でもした事があるか?
せっかく中国に行ったのだから「中国が反日教育を続ける限り日本国民の中国への感情が良くなる事はない」位言ってもらいたいものだ。

まあ、そんな事言ったら出入り禁止を食らうから言えるはずもなかったな。

投稿: take | 2006/10/28 14:03

民主党の小沢一郎は経済政策が優れていると聞きますが、どのような方法で日本の救済を図るのかが気になります。また自民党の経済政策のせいでしょうか、今の景気回復が民衆に実感のないものになっているのは、法人支配主義という一部の企業が利益を独占し、そうでない多数企業は淘汰されるというファシズムにも似た社会状況があるからでしょうか。しかしながら、自民党は竹中をはじめとする市場原理主義者の跋扈が激しく、強いものだけが生き残り、弱いものは淘汰されるそのような経済政策を執り行ってきた「罪」がありますが、安倍自民党はそこの部分をどのように改革していくかが気になります。

投稿: JFS | 2006/10/28 14:07

自民党も民主党も左と袂を分かち二大政党を構成する時代では無いでしょうか?
国民に希望や目標を与え得るリーダーの出現を求めます。現在の日本の現状に危機を感じています。日本人が日本人らしい価値観や道徳観を喪失して行くのを眺めるだけで無力な自分が悲しく成ります。
後輩には後10年辛抱したら、左翼勢力も衰退するだろうから頑張れと言っておりますが?
ちなみに後輩は中学校の教師です。
国益を前提とした論理的な議論を大声で語れる時代が到来することを願います。
坂さんの活躍に期待しています。

投稿: koubunnyuu | 2006/10/28 14:18

対中WTO提訴で最終調整=知財権問題で-USTR
【ワシントン27日時事】米通商代表部(USTR)は27日、世界貿易機関(WTO)ルールで定めた知的財産権の保護義務を守っていないとして、早ければ来週にも中国をWTOに提訴する方向で最終調整に入った。提訴すれば、中国による知財権侵害に悩まされてきた日本や欧州連合(EU)も第3国として協議に参加する。(時事通信)

小沢さんはこの妨害工作に加担するように呼ばれたのでは?

投稿: 花梨 | 2006/10/28 15:05

本当に今頃小沢党首は、何しに行ったんだろう?
民主党にもメールを出しましたけど、ニュースに流れた小沢さんは、良い姿では無かった。目上の上司に会いに行くと云う風情でした。

政権交代の想いは解るが、想いすぎて何でもありとすれば国民は見放すことになります。
前党首前原誠治氏も問題があったが、今の方がダッチロールが激しく想う。
これでは二大政党など出来そうもない。

と云うことは公明党を生かすことになる。嫌だね~。

投稿: 鞍馬天狗 | 2006/10/28 15:32

民主党!国家運営の責任を放棄して政権を取り?、何をしようとするのか、さっぱり判らない党。
現在、民主党の代表が中国詣でする必要が有るのかも理解できない?
政権交代をするには国家運営に必要な能力を見せて貰わないと危なくて渡せない、自民、民主には必要な人材、不要な人材、危ない人、までが混在しています。

混然としている自民、民主共「利権」(利権の内容は異なりますが)に振り回される人、「微中」、「反日」が入り混じり「党」では無く自分が生き残るのに必要な「巣」を自民と民主に求めているだけの様な人も纏めて「政策」を基礎に、現状の2大政党、「安倍党」「小沢党?」と
一度、~(この指、留れ)~で纏める事が出来ればと期待しているのですが「無理」でしょうかね。

この隙を突いている輩、「天狗」さんが言われる様に「ガン」が行き渡ると日本の崩壊まで招き兼ねません。
安倍内閣は計画通りに推移していると見ています、閣内不一致?も順調の様に感じます。現状「民主的」なのは自民、「3巨頭体制」が民主で
強権的、付録党は完全な「独裁」体制、一日も早く「マトモな与党と野党」が国益を語り、日本を独立国に立て直して欲しいものです。

教育基本法など「民主」案にも「自民」案より良いものが有る、普通に考えれば「民主」案を採用し、「自民」案を破棄、良いとこ取りが教育には一番良い事。政治家も変らなきゃ、何時までも社会党の亡霊に付き纏われた様な「野党」じゃ選挙民はやってられない。
ホント「選挙民がやってられないよ」、と考えるのが怖い、「ガン」は投票率100%と言うのですから、早く自民、民主の「愛国者」ガンガレ。

投稿: 猪 | 2006/10/28 17:44

この人ね、実はすごく凡人なんですよ。
豪腕伝説は早坂茂三がでっちあげたものです。

よって北京詣でも「過去に全く効果がなかった手口」なのに、繰り返してますね(笑

>JFSさん
>自民党は竹中をはじめとする市場原理主義者の跋扈が激しく、強いものだけが生き残り、弱いものは淘汰されるそのような経済政策を執り行ってきた「罪」がありますが、安倍自民党はそこの部分をどのように改革していくかが気になります。

ハッキリ言いましょうか、「市場原理主義」に乗っ取った政策は我が国では一度として行われた事はありません。あるとおっしゃるなら実例を示して欲しいものです。
実際には官僚が「統制経済まがい」をさも正しく公平な政策であるかの様にマスコミを使って宣伝して来ただけの話です。

お薦めなのはカメラ産業や時計産業の「興亡史」を追跡してみる事です。まさに死屍累々ですよ(笑 でもそれは市場で消費者に選択してもらえなかったからであり、政策のせいではありません。

だいたい「アンチ市場原理主義者」なんていますかね? 単に自分の利権分野での談合を守りたいだけの連中ですよ。騙されてはいけません。

投稿: ペパロニ | 2006/10/28 19:08

また酒と女ですか?いいかげんハニートラップは卒業して欲しい。第二の橋本?

投稿: からす | 2006/10/28 19:09

本当に小沢さんは何しに行ったのでしょうね。
新聞記事では北朝鮮の言い分を中国が代弁し、それを聞いてきただけのような気がします。
「日本の核論議を私は遺憾に思う」というようなことを言ったようですが、日本は中国と違って、民主主義の国ですから、誰でも発言の自由があります。論議も自由です。
「中国が真剣に北を抑えてくれないと核もあり得る」ぐらいは言ってほしいですね。
中国の18年連続での軍事費の伸び2桁、東シナ海のガス田開発、反日教育、尖閣諸島への侵入、中国の偏向教科書、チベット侵略、など
どれか1つでも文句を言ったのでしょうか。
なにも言わないで帰ってきたのであれば、日本の政治家とは言えませんね。一寸恥ずかしいすぎますね。

投稿: piacere | 2006/10/28 20:33

産経の記事(http://www.sankei.co.jp/news/061028/sei000.htm)によると
日本の核保有論議に関しては「残念に思う。ひと昔前ならハチの巣をつついたような騒ぎになっていただろうが、拉致問題の流れの中で、何となく国民がそれを受け入れてしまう風潮にあり、一抹の危惧(きぐ)を覚える」と語った。
とか、
これを読んで、人の悪意というものを知らない若妻が
「ウチの人ったら「最近物騒だから散弾銃でも用意しておくべきか考えよう」なんて恐ろしい事を平気で口にするようになったのよ、イヤだわ。」
と、武装強盗の親玉に向かってのほほんと話している様子を思い浮かべました。

違いは、話している人間が、
全寮制のミッションスクールを出たばかりのウブな新妻ではなく
次期政権での首相の座を狙う大政党の党首だという所ですね。

それとも核を保有する軍事大国である中国に対する
小沢さん流の当て擦りなのでしょうか?

投稿: きつね | 2006/10/28 20:41

日教組の「非常事態宣言」に対する我々の緊急事態?

       ↓
http://www.jtu-net.or.jp/news/06/10/26n1_1.html

投稿: blue moon | 2006/10/28 20:43

>民主党の教育行政に関する規定では、日教組や特定の組織・団体が介入する余地を与えかねないという危惧はある。が、この部分については歩み寄りが可能である。

そうでしょうか。最近の民主党の言動からみて、実はこの部分こそ譲れない一線なのではないかと思います。

最近の民主党はリベラルな思想に回帰した印象を受けています。戦術的にも組合や、えせ弱者を含めた諸団体との結びつきを強めています。社会党から離反した日教組の支持をゆるぎないものとするためにも「学校理事会を設置し、主体的・自律的運営を行うものとする」とする教育行政法案は譲れないと考えているのではないでしょうか。

しかし、考えてみれば実はこの民主党法案はとんでもない爆弾をかかえていて、とても容認できるものでないことに気づきます。たとえば、国歌斉唱や国旗掲揚に反対する教師たちが力を持つ学校理事会であればどのようなことが起こるか、想像するだけでおぞましい教育現場が出現することになるでしょう。

多分、民主党は修正協議には応じないと思います。私の心配が杞憂であればいいのですが。

投稿: プライム | 2006/10/29 02:06

党のトップが斜め上を行く民主党は、最近ますます韓国にそっくりと思える今日この頃ですが、ひょっとして中国様の前で三跪九叩頭でもやりに行ったんでしょうか?

投稿: るな | 2006/10/29 03:32

ペパロニさん小泉・竹中が退陣した跡で市場原理主義云々言うのはめんどうくさいので言いませんが、今の自民党?の経済政策はファシズム的な経済政策であることは言えます。ファシズム的とは一部の富めるものとそうでない多数者にわかれていることを示すのですが、これを法人支配主義といいます。まさに現在のいざなぎ景気を超える景気回復でも国民に実感のない景気回復となっているのは、一部の者の独占と、支配される多数者とに分かれてファシズムになってしまっているからです。あなたは談合やなあなあシャンシャンの現状をどうにかしろと言っていますが、それこそどこかの誰かの支配者に騙されている、単なる欺瞞に過ぎません。大切なことは我々国民は常に国家の政治経済軍事を発展させてゆかねばならないということです。そのためにはどうしたらよいか、答えましょう。ナチズムです。そうですナチズムこそが日本を最強たらしめる最強の政治体制です。また以下に政治経済の尺度であるポリティカルコンパスを示しておきます。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■政治:右翼■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■↑■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■皇民党■■■■■|■■■■■■創価学会■■■■
■■■■■■■■■■■■■■2ch■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■よしりん■■■|■森■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■|■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■麻生■|■■■小泉■■■■■■■■■
■■■■■■■■亀井■福田■|■■■■中曽根■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■|■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■|■■安部■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■|■■■■■■■■■■■■■■
経済左派←手塚―――――――+―――――――――→経済右派
社会主義■■■■■田中角栄■|■■■■■■■■■■法人支配主義
■■■■■■■■■■■■■■|■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■官■■|■小沢■■橋本■■■■■■■
■■■■■■共産党■■■■■|■■■■■■■竹中■■■■■
■■■■■■■■社民党■■■|■■■■■■■福井■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■|■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■|■■■■■■■■堀江■■■■
■■■■日本赤軍■■■■■■|■■■■■■■■■■■■■■

投稿: JFS | 2006/10/29 06:39

先の補選では自民党候補が勝利したとはいえ辛勝という結果に終わった。元々自民党議員の地区であり勝って当たり前、負ければ阿部批判を増長させるという選挙であった上、公明党の票のほとんどが自民支持に回ったにもかかわらず、あの差異の少なさにはっきり言って幻滅した。
なぜなら北朝鮮のミサイル発射以降の民主党の発言や、小沢民主党になって以来、その党利党略のためほとんどの法案が可決されていないという異常事態に反対する態度を目の当たりにした国民は少なくとも民主党を見限ったはずだと思っていたからである。

これは一体何を意味するのであろうか。小沢民主の選挙対策の巧妙さ、安部批判のメディア戦略の効果、安部自民への国民の警戒感、安部自民への保守層の期待が裏切られたことによる反対票などいろいろ考えることができるだろう。
しかしメディアの言論が世論を反映させないのは小泉元首相の靖国参拝後の統計調査で明らかであるし、昨今の安部氏の発言から安部自民への警戒というのもあたらない。小沢氏の選挙に強い戦略についてはマスコミで言われているようなものがあるのか判断しかねるが、特段影響があるとは思えない。

よって一番の原因は保守層が安部自民に疑問を投げかけたと考えるのが一番近いと思われる。
村山、河野談話の政府見解踏襲、靖国参拝問題の棚上げ、教育再生会議の人選、集団的自衛権の法的解釈是正の棚上げ、結果責任とはいえ祖父岸元総理の行為の責任を是認、わざわざ言う必要のない非核三原則遵守発言等、首相就任後はかつての発言や著書などからは到底考えられなかった発言が次々なされ、如何に立場によってやむを得なくと理由を付けた所で私には空々しい気がしてならない。

阿部首相には今一度なぜ自分が首相になれた(本来であれば到底不可能であったにも関わらず)のかを考え直してほしいものである。

投稿: radical | 2006/10/29 07:08

>阿部首相には今一度なぜ自分が首相になれた

社民党のアホ女と同じ字じゃないですよ
×阿部首相
○安倍首相

投稿: t | 2006/10/29 09:02

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

私は、何度も書いているように、健全なる2大政党制、つまり常に政権交代という緊張感がないと政治が堕落すると思っています。
だから、今の民主党の姿勢、体質は残念の一言。
まさに、昔の社会党を彷彿とさせますね。
ただ、北の核実験をめぐる対応で、ようやく党内に異論や小沢執行部に対する疑問が台頭してきたようです。
こういう動きを応援したいと思っています。


プライムさん。

>民主党の教育行政に関する規定では、日教組や特定の組織・団体が介入する余地を与えかねないという危惧はある。が、この部分については歩み寄りが可能である。

そうでしょうか。最近の民主党の言動からみて、実はこの部分こそ譲れない一線なのではないかと思います。
------------------
そうかもしれませんね。
鳩山幹事長が、今回の必修科目の履修もれやイジメについて、「保護者、地域住民、学校関係者、教育専門家等が参画する学校理事会を設置」するという民主党の主張どおりになれば、こういう事態は改善できるみたいなカンチ発言をしています。

まったくおバカな政党、おバカな政治家です。

投稿: 坂 眞 | 2006/10/30 15:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12455302

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党は修正協議に応じよ!!!:

» 教育基本法改正案の修正を求める読売・産経 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
教育基本法改正案の審議が衆議院特別委員会で昨日から再開されました。焦点は、公明党との密室審議で決定し、自民党議員にも論議に関与させなかった政府案をどう修正するのか、という点です。  私ども日本会議としては、?国... [続きを読む]

受信: 2006/10/29 03:09

» 11/7教育基本法改正案の共同修正を求める緊急集会のご案内 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
●緊急集会のご案内 −国民の声を 政府・各政党へー  教育基本法改正案の共同修正を求める緊急集会(仮称)   〜「愛国心」「宗教的情操」「教育行政」…3点修正で抜本的な教育改革を ○政府は今国会での教育基本法改正法... [続きを読む]

受信: 2006/10/29 10:07

« 解同の責任逃れは許されない! | トップページ | 偽造品大国・中国に妥協してはならない »