« 麻生発言と朝日の時代錯誤 | トップページ | 身のほど知らずの韓国と大国の半島処理 »

2006/10/21

沖縄県知事選と民主党の分裂

あと1ヶ月後に迫った沖縄県知事選に、野党陣営から立候補を予定している糸数慶子氏。
米海兵隊・普天間飛行場(宜野湾市)の即時閉鎖を求め、「沖縄のどこにも新しい基地の建設を許さない」ことを公約に掲げている。
それだけではない。弾道ミサイル防衛(BMD)対応のPAC-3の配備にも反対。

まるで冷戦時代の社会党の主張と同じ。反米・反基地・非武装という思想の持ち主である。

4月の市長選で、革新系野党統一候補が勝利した沖縄市の議会でさえ、PAC-3配備への抗議決議案を全会一致で可決するはずだったのに、難色を示す議員が続出、結局、廃案となった。
廃案となった理由は、7月5日の北朝鮮によるミサイル発射が原因である。なぜなら
沖縄市の市域の36%を、嘉手納基地などの米軍施設が占めるからだ。

沖縄は、北朝鮮の弾道ミサイルの標的になる可能性が高い。
だからこの4年間、23回連続で基地に関する抗議決議を全会一致で議決していた沖縄市議会も、今回はPAC-3配備への抗議決議案を廃案にするしかなかった。革新市政であるにもかかわらず。

が、それでも、野党の統一知事候補である糸数氏は、PAC-3の配備に反対する姿勢を変えない。
おそらく、米軍基地があるからこそ危険なのだ、つまり基地の閉鎖=米軍の撤退=北朝鮮の標的にはならない-という理屈なのだろうが、これは往時の社会党、それも最左派の考え方に近い。

-------------------------------------------------------------------

ところで、糸数慶子氏とはどういう人物であろうか?
昭和22年(1947年)生まれの59歳。読谷高校卒。
沖縄戦の悲惨さを語り、平和の大切さを説く「平和バスガイド」として一躍有名になり、そのガイド歴は20年に及ぶ。
その後、社会大衆党(沖縄の左翼政党)の県議会議員になり、「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の中心的人物として活動。
2004年7月の第20回参議院通常選挙に、全国唯一の全野党共闘候補として出馬し、当選。
(参照:Wikipedia)

つまり、筋金入りの反基地・反軍隊の活動家なのである。まあ、こういう人物が知事選の有力候補に浮上するのは、沖縄という“特殊性”もあるのだろう。

-------------------------------------------------------------------

それにしても、ここで解せないのが民主党の態度である。
この糸数氏、明らかに反米であり、日米安保条約を否定する立場に立っている。にもかかわらず、民主党は彼女を中心になって支えている。
社民党や共産党が糸数氏を支持するのは、よく解る。思想も政策も近いのだから。が、民主党は、少なくとも日米同盟を肯定する立場のはずだ。であれば、普天間飛行場の即時閉鎖を求め、「沖縄のどこにも新しい基地(代替基地)の建設を許さない」と主張し、PAC-3の配備にも反対する候補など、逆立ちしても支持できないはずだ。

民主党は結局、ここでも国益よりも党利党略を優先した。

しかし、そんな民主党にも、以下のような歓迎するべき動きが台頭!


民主党の前原誠司前代表ら同党議員15人は19日国会内で会合を開き、北朝鮮の核実験問題をめぐり協議した。この中で前原氏は国連安保理の北朝鮮制裁決議を受け周辺事態法を適用するべきだと容認論を展開、同調する意見が相次いだ。

出席者は「国防省設置を早期に実現する議員連盟」(会長・渡辺秀央参院議員)のメンバーを中心とする議員で、前原氏は同法適用に反対する小沢一郎代表ら党執行部の対応について「ここで何もしなければいつまでたっても政権交代できない」と批判した。

周辺事態認定への賛成論が民主党内にもあることが公然化した形だ。衆院統一補選の投開票(22日)を前に、前代表が公然と執行部批判を展開したことは党内に波紋を広げそうだ。【山田夢留】

民主党:前原前代表の周辺事態法容認論に同調相次ぐ (毎日新聞)

そのとおり。
「ここで何もしなければいつまでたっても政権交代できない」民主党!
と言うか、小沢一郎氏なんかを代表に担いでいる限り「いつまでたっても政権交代できない」民主党!

国益を擁護することに与党も野党もない。
民主党内で、党利党略よりも国益第一で行動する政治家が決起することを希望する。

-------------------------------------------------------------------

来年夏の参議院選挙でも、民主党執行部は社民党との選挙協力を模索しているようだが、野合は沖縄だけにしてほしい。

民主党が今のままでは、ますます公明党・創価学会が足枷(あしかせ)になる。
教育基本法改正しかり、憲法改正しかり、歴史認識しかり。

政界再編の起爆剤になってほしい、民主党の改革派は!

分裂も辞さない覚悟で決起せよ!民主党改革派!!!

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

参照:基地の街 負担は減るか (讀賣新聞)

|

« 麻生発言と朝日の時代錯誤 | トップページ | 身のほど知らずの韓国と大国の半島処理 »

政治(国内)」カテゴリの記事

コメント

 前原前代表らはやっと腰を上げましたね。衆議院議員の補選は全敗でしょうから、彼らは新党を立ち上げるべきです。期待してます。

投稿: ぷく | 2006/10/21 09:40

民主党など小沢、菅、鳩山の団子三兄弟がいるかぎり野党としての価値もありません。前原誠司前代表は以前から良識のある政治家であると思っていました。15人の志士たちに大いに期待します。願わくば民主党内を改革するのではなく、新党を立ち上げるくらいの行動を取ってもらいたい。必ずや国民及び憂国の士は支持するであろう。そして自民党と連立を組んで公明党を与党から排除できれば日本の夜明けも近い!民主党改革派の決起に私も大いに賛成です。

投稿: 桜吹雪 | 2006/10/21 10:34

北朝鮮がミサイル攻撃の標的にするとすれば、届きもしない米本土でもなければ、同胞の韓国でもなく、何かと面倒を見てくれる中ロでもない。日本が一番可能性としては高い。
だからこそ、PAC-3の配備は必要...とはならない、糸数慶子氏の思考回路には首を傾げるばかり。
基地のある沖縄の住民感情は分からなくはないが、ここはPAC-3の威力を信じるしかないように思う。

投稿: じゃんご | 2006/10/21 12:14

書き込み失礼します。

知合いの英国人にブログの簡単な英訳を頼まれた。
政治Blogランキングや他のブログに何人かの政治家のセンセイがおるようです。
党派問わず、この時世に内容は、とってもお粗末の一言。
英訳している小生が恥ずかしくなる内容。

お粗末センセイ達のブログを読み比べ『マジで?日付間違っていない?』と放った一言が私の心臓に突き刺さる。参考までに上位のブログの英訳を診せた。彼らの感想は言うまでもない。

国政にかかわる政治家とは何なんだろうか?
このような御仁に国政を任せている私たちに責任もあると痛感した。

その後センセイ達のブログのコメント欄に質問を礼節をわきまえ投書したが
載せられることは無かった。
海外が長かった分、愛国心が自然とこみ上げてくる。
他国の人々も自国の恥や悪しきことを指摘され、悪しき事とわかりながらも、反省をしながらも、自国を敬うことが、民族、人間としての自然な感情だと思う。その自国を敬う姿勢、権力が、間違った方向に行かないように、真実を伝えることがジャーナリズムではないか。

管理人様
頑張って下さい。
影ながら応援してます。

投稿: ある通訳 | 2006/10/21 12:43

どうでもいいことですが、糸数女子、戦後生まれで沖縄戦の何を語ってらっしゃるのでしょうか?当然全て伝聞形式なんでしょうね(笑)

投稿: ファイブ | 2006/10/21 12:56

前原氏のHPへ行くと、ちょっと勇気付けられますよ(笑)。本当に同じ党で、しかも前代表なのかと驚きますが。こういうときこそ、彼が出てきて自民党と議論してほしいですね。

投稿: ゆみこ | 2006/10/21 13:15

沖縄は益々酷く成りますね、ここもマスコミの2社が酷いと聞きますが本土復帰の時の熱、とその後の政府の補助に拠る沖縄への援助の評価が之では堪りません。
大戦時には唯一国土内の戦場ですが日本兵、特攻兵の死地でも有るのです、米軍基地を無くして中国との貿易基地?にしようとでも言うのでしょうか?それを「民主党」が応援する、もう判りません。
前原新党の民主党員と自民党の良識派?が組んで欲しいものです小沢氏と付録は日本など頭の中に有りません、公明党も日本は蚊帳の外。

自民党に不要な加藤、山崎、河野、二階、野田、プラス公明排除、でも自民の票は減らないと思います。
蛇足ですが私も基地の街に住んでいます。基地が先に有り後で住み着いたので文句も云えません。又云いたいとも思いませんが、近所には基地で勤める人が大勢います。その人達を見ると、とてもじゃ無いですが「基地反対」など云う事は出来ませんね。
現実を直視すれば米軍に頼らなければ世界で生きて行けない(情けない事ですが現実)、政治家ならそれを利用しなければ成らないのに票だけに迎合、民主党では国民は救われません。

明治の政治家が不平等条約の改定に一生懸命に取り組んだ姿勢を、平成の政治家も思い出し本当の同盟とは「何」かを汲み取り「美しい国」へ大きく踏み出して欲しい。
今回の"政界再編の起爆剤”民主党改革派!に平成の政変の鍵と次期総理にも成れる人材を含んでいると思います。中共で頭に「中国の軍拡は脅威だ」日本の政治家で云った唯一の人が平凡で、低俗な「反対党」に埋没しないで欲しい。


投稿: 猪 | 2006/10/21 15:03

はじめての書込みお許し下さい。

最近、よく思い出します。私の曾爺さんは亡くなる前、病院のベットで昭和天皇の写真に向かって、泣いて詫びていた姿を思い出しています。明確な言葉は覚えていませんが、曾爺さんは自分の責任で沢山の部下を戦争で失ったことを詫びていました。最後に『戦争は終わっていない』と言って曾爺さんは息を引き取りました。小学2年生の私は意味が良くわかりませんでした。最近その意味がパズルのように理解できるように感じています。愛国心という言葉を使う事を否定する日本人。靖国神社にお参りすることを非難する日本人。国を想う、国民を守る事を言葉にすると右翼[軍国主義 タカ派]と騒ぐ日本人。まるで幻想の国に生かされているような錯覚に陥るようです。自分さえ良ければ目を瞑る日本人。日本は1945年に建国されたように振舞う日本人。日本を支えてきた先人を知りもしないで軍国主義と非難する日本人。自分の国を滅ばせることに懸命なように感じてなりません。私のような非力で無学な女性でも最近は熱くなっています。

私は日本を愛しています。
愛国心で一杯です。
私たちの国を支えてくれた日本人を誇りに思っています。
それがいけないことの様なありかたと示す国は可笑しいと想います。

管理人様頑張ってください。

投稿: 希美子 | 2006/10/21 16:58

はじめまして。
素人の感想でしかないかもしれませんが、前原氏の発言は大して評価できないような気が致します。

この情勢下で周辺事態法の容認など、まともに危機管理を考えれば至極当然です。
まず重要なのは国民の生命財産であり、容認論や適用の是非云々レベルの話ではなく、これらをどのようにして守るかを考える事こそが政治家の第一の使命だと思うのですが。

この期に及んでようやくの容認論など、別に褒められるものでもなく遅すぎるといっても良いでしょう。この様な後手後手で国難ともいえる現状を乗り切れる訳がありません。この変節ぶりは私には衆院統一補選を意識した理由としか思えません。
彼の言葉が象徴的に物語っています。
「ここで何もしなければいつまでたっても政権交代できない」

今政治家がしなければならないことは、北の核拡散や我が国の安全、東アジアの安定の為であって政権交代の為ではない。
結局国益より党利党略を優先するという民主党の体質から何も変わっていないのではないでしょうか。

投稿: 烏賊 | 2006/10/21 17:00

基地があるから目標になると言う言い分にも全く理がないわけではないんだが、
沖縄が狙われると言うのはその地理的な要因もある。
あそこは日本、東アジアの地図を見れば欧米人でも誰でもわかるように、
万が一、国際紛争になった時の最重要拠点の1つで、
むしろだからこそ基地が重点的に作られたとも言える。
大戦末期にアメリカ軍が上陸してきたのも沖縄からだ。
もちろんこれは当時、沖縄に米軍基地があったからではないw
もともと狙われる要素があるんだから防御を固めるのが正しい。
基地を無くせばその分の狙われる要因は無くなるが、それ以上の狙いやすいという要因が増えるだけ。
どうしても基地を無くせば…と言いたいなら、せめて沖縄を移動させる技術でも考え出してから言えよ。

ところでメールアドレス入れないと投稿できないんですね。
今フリーメール持ってないからちょっと抵抗あるんですよね。
管理人さんもスパム投稿なんかもあって対策も大変だとは思うんだけど…。

投稿: 兎々 | 2006/10/21 17:03

飛んでくるミサイルを迎撃するためのPAC-3配備に反対する糸数氏と小沢民主党と一体どういう神経でしょうか。正気の沙汰ではありません。無責任極まりない人間です。彼らの背後には中国や北朝鮮の陰がはっきりと感じられます。

創価や今では「市民団体」と名乗る、かっての中核派や核マル派は選挙で大動員を掛けます。彼らが小さな自治体を乗っ取るくらいわけありません。・・・ましてや投票率が低い中では。
日本は既にかなりの自治体が彼らに乗っ取られています。朝鮮総連施設の固定資産税を減免しているのは、いまだに全国の自治体の80%にものぼり、「全部タダ」の市町が45もある有様。
投票を棄権することはかくのごとく危険な状態を作り出します。選挙はまじめに、必ず投票しましょう!

そもそも国防は国の問題であり、国の責任。自治体の首長におかしいのがたまたまいた位で、国防が危うくならぬよう、自治体の首長の権限を制限すべきです。

投稿: 正論 | 2006/10/21 17:57

沖縄の民主党は癌である。

何しろマニュフェストに「沖縄に二千万人の中国の方々に住んで頂きましょう」と記載してしまうくらいのモノである。
現在の人口が147万弱なのであるから、驚ろきの目標値である(唖
今でももてあましているのに、どうやって中国人を住まわせるというのか・・・
ところで「沖縄の問題」として喧伝される数々は、実は本土から持ち込まれたものです。実のところ、「基地無しの沖縄」に危惧を抱いているのは沖縄県人そのもので、とりわけ北部にとってはただのジャングルを換金してくれる基地や訓練地はありがたい存在です(払いは日本政府なのだが)。

閑話休題。

前原ら若い世代の民主党議員にしてみれば、化石共の寝言のおかげで次の選挙で落選し、傘貼り浪人となるとなるのは悪夢でしょう。
事前の豪腕伝説もどこへやら、これまで大甘だったメディアでも事実上無視か批判。危機感は相当なものでしょう。

しかし彼らの困難は一通りではありません。何しろスタッフ部門が「極左過激派のなれの果て」で構成されているからです。そして前原らは「カモフラージュ用のネット」でしかありません。

脱藩しか道は無いと思いますけどねぇ(笑

投稿: ペパロニ | 2006/10/21 18:46

民主党の前原誠司前代表ら同党議員15人は19日国会内で会合を開き、北朝鮮の核実験問題をめぐり協議し、周辺事態法を適用するべきだの容認論を展開したとの事、古い体質の民主党を出て、新党を作って欲しいものです。
共産党や社民党ならともかく、民主党が反米、反安保の糸数慶子氏を支援しているとは、どうした事でしょう。
とても政権は任せられませんね。

投稿: piacere | 2006/10/21 19:28

前原氏には是非新党を結成してほしい。

仮に少数政党となっても真剣に国を憂い政治活動を行うなら、少なくとも民主の左派に足を引っ張られて支離滅裂な発言をせねばならない状況は免れ、党内の間抜けなはねっかえりに足を掬われることも無い。

政権交代の発言も民主の立場ならではでしょうが、あわよくば公明党に取って代わり政局のキーを握ることも可能でしょう。

投稿: MultiSync | 2006/10/21 21:44

お、いいぞ麻生さん待ってました!!

【麻生外相 新派閥立ち上げへ】
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/21/d20061021000014.html

河野派を引き継ぐそうです、素晴らしい。
自民の中からはもちろんですが、民主からも保守本流の考えのある人は移ってきてほしいものですね。
ガンバレ麻生太郎、国民は応援しているぞ~!

投稿: まるまろ | 2006/10/21 21:52

そもそも、普天間基地は利用頻度が結構落ちていた基地だからなくしても問題ないという意見は聞きます

投稿: つよぽん | 2006/10/21 22:35

初めまして。
いつも拝見させて頂いております。

先程ニュースでミサイル配備のニュースと反対運動関連の報道をやっていました。
どうやら反対派は「パトリオットミサイルは悪魔の兵器」と語ったそうです…orz。
ちなみにニュースではPAC-3に関しての説明はありませんでした。

この島を愛しているので、今後ネット普及で大勢が変わってきて欲しいものです。

投稿: r(沖縄在) | 2006/10/22 01:22

民主党の最近の行動をみるにつけ、怒りをとおりこして笑いしかおこらない。しかしながら、これが映画などであったらおもしろいがことは現実で次の政権を担う政党として高らかに謳っている現実を考えると笑ってばかりもいられない。
男女共同参画、外国人の地方参政権、歴史認識などでその存在理由からであろうが、とても理解できない発言をするのは承服できないがまだ許せる。しかし日本国民が危険にさらされている現実から目をそらしまるで敵国のスポークマンであるかのような国会その他の発言を繰り返している姿を国民はしっかりとみていることははっきりいえるだろう。これでは次の政権どころか解党のほうが現実味があるのではないか。

また小沢氏の政治姿勢もまったく意味がわからない。管氏、鳩山氏などといった連中は元々左巻きの連中であるからいいとして(本当はよくないが)、小沢氏はかつて国連軍の創設をうたっていた保守系の最先鋒であったではないか。その本人が国連決議で採択された当該事案について周辺事態法の適用を反対するなどはもう人格異常といわざるを得ない。

また今回の記事でも書かれているように政治の目的を政権奪取と勘違いしている。たとえそれが自身あるいは党の考えと異なっていたとしても政権のためには何でもやるというのでは国民は誰もついていかないのは明らかである。教育基本法改正時の一連の行動などそれが顕著に現れていた。

明日は補選があるが、民主党候補が惨敗することを祈る。

投稿: radical | 2006/10/22 02:06

サハリン1の日本向けガス600万トン、中国が獲得
日本が開発に参加しているロシア・サハリン沖の資源開発事業「サハリン1」で、事業を主導する国際石油資本(メジャー)の米エクソンモービルが、産出される天然ガスの全量を中国に輸出する仮契約を中国側と結んだことが20日、明らかになった。正式契約が結ばれれば、日本は産出された天然ガスを輸入できなくなる。イラン・アザデガン油田の石油開発や「サハリン2」に続き、サハリン1でも資源確保につまずくことで、日本のエネルギー戦略は大幅な見直しを迫られることになる。サハリン1は日、米、ロシア、インドが権益を持っているが、天然ガスの輸出先についてはエクソンが事実上の決定権を握っている。関係者によると、エクソンは今月、中国の国営石油会社「中国石油天然ガス集団公司(CNPC)」と仮契約を結び、産出天然ガスのうち、ロシアの取り分を除く約600万トン(液化天然ガス換算)のすべてがパイプラインで中国に輸出されることになったという。(読売新聞)

表面的な外交と裏腹に、対日牽制が表面化しています。頑張れ日本! 
頑張ってください!管理人様

投稿: とくちゃん | 2006/10/22 05:18

ライス米国務長官は21日、北京からモスクワに向かう航空機内で同行記者団に対して、北朝鮮の金正日総書記と中国の唐家セン国務委員との会談内容に言及し、「唐氏は私に対して、北朝鮮が核実験を謝罪したり、2度と核実験をやらないと表明したりしたとは言わなかった」と述べた。(唐家センのセンは王ヘンに「旋」)金総書記と唐国務委員との会談をめぐっては、金総書記が「核実験について、申し訳ないとの意向を中国側に伝えた」「新たな核実験は行わない」などと発言したとの情報が流れていた。ライス長官は、「北朝鮮は緊張の激化を望んでいると思う」と話し、金総書記が国際社会の圧力に屈して核放棄を受け入れるより、むしろ再度の核実験に踏み切るなどより挑発的な態度をとる可能性のほうが高いと考えていることを示唆した。(読売新聞)

マンセー軍団の情報操作?

投稿: ありす | 2006/10/22 05:26

私は日本を愛しています。
愛国心で一杯です。
私たちの国を支えてくれた日本人を誇りに思っています。
そして北朝鮮の核実験騒ぎのどさくさにまぎれて、共謀罪を強行採決しようとする美しい国の人々、それを後押しする平和の政党公明党の皆さま、池田教の皆様方を、心からお慕い申し上げます。
そして何よりこのブログに結集した、有事の際の最前線配備要員のエリートの方々の、国を憂う志の潔さ、勇敢さに敬意を表させていただきます。超小型核爆弾を背中に北のならず者国家に突撃される皆様方の勇姿を想像し、日本国に生まれたことを心から喜ばしく思う今日この頃であります。

投稿: ウルトラライト | 2006/10/22 10:41

民主党はどうしようもないですが、
若い前原さんのようなまともな人は
さっさと離党して自民党に入るか、
新党を結成すべきですね。
       
それは、小沢が選挙に弱いことが証明されれば
可能でしょうか。(本人に出る気があれば。)
すると、補選の結果とか大事になりますね。

投稿: hide | 2006/10/22 12:00

皆さん、こんにちわ。
コメントありがとうございます。

「政権を取らない政党はネズミを取らない猫と同じ」とかつての民社党の党首(西尾末広氏だったかな?)が言っていましたが、それは今の民主党とは逆の意味なんですね。

政権を取ろうとする野党は何でも反対ではいけない。特に安全保障では与野党に最低限のコンセンサスがないと、国民から見放される、ということだったと思います。

今の民主党・小沢執行部、「何でも反対」で、日米同盟という安全保障の最低限のコンセンサスさえ踏みにじろうとしている。

私は、やはり民主党内の現実派というか改革派というか、国益を第一に考える人たちにエールを送りたいと思います。

それから、約1名、バカが紛れ込んでいますね。
自分では精いっぱいの皮肉を効かせたつもりでしょうが、何の効果もないでしょう。
己の浅薄さをさらしているだけです。

「ウルトラライト」というHNからして笑わせる。
今後、こういうマナー違反(おちょくり)のコメントは削除させてもらいます。

投稿: 坂 眞 | 2006/10/22 12:53

昨日、【麻生外相 新派閥立ち上げへ】の記事リンク(NHKです)を貼らせていただいたのですが、今日またソースを見に行ってみたら、削除されてしまっていました。
しかし産経新聞を含む報道各社が、一切ニュースにしていないところを見るともしかして、ガセだったのでしょうか。
どんな大事故の時も、大スクープの時も、速報性よりも正確であることを最優先にしてきたNHKがニュースソースだからと、
安易に信用してリンクを貼ってしまったことをお詫びさせていただきます。
坂さん、読者の皆様、お騒がせして申しわけありませんでした。

でも、映像の方だけは残っているのがまた不思議なんですけどね・・・。
http://cgi2.nhk.or.jp/news/cgibin/20061021000014003_mh.cgi
いつ消されるかわかりませんので、ご覧になる方は早めの方が良いですよ!

投稿: まるまろ | 2006/10/22 16:34

坂さん、たびたび私のコメントでお手を煩わせてしまい申しわけありません!

昨日貼らせていただいたリンク先に飛べなかったのは、NHKが同記事のリンク先を変更していたためでした。
先ほど、上のコメントを投稿した時には無かったのですが、今またNHKオンラインに確認しに行ってみたところ、同記事が別のリンクにて復活しておりました。
新しいリンク先はhttp://www3.nhk.or.jp/news/2006/10/22/k20061021000014.html です。

NHKを疑う余り、勇み足をして皆様をお騒がせしてしまい、重ねてお詫び申し上げます。
本当に失礼致しました。
お目汚しに過ぎると思われましたら、先ほど投稿したコメントと併せて、今回のコメントも削除していただけますようお願い申し上げます。

投稿: まるまろ | 2006/10/22 17:45

書き込み失礼致します。
筋金入りの反基地・反軍隊の活動家の筈の糸数さんは、
安保も自衛隊も容認したようですね。
今まで彼女がやってきたことは何だったのか?
あきれてものも言えませんよ。
言っていることが支離滅裂。

投稿: るる | 2006/10/25 01:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12353642

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄県知事選と民主党の分裂:

» 日本の核保有についての愚考 [petit a petit]
 北朝鮮が2度目の核実験に向けて準備を進めているか否かの情報で、米中に情報の大きなずれがあると昨日のフジ、ニュースJAPANで報じていました。  北朝鮮は2度目の核実験をしないということを「譲歩のカード」として... [続きを読む]

受信: 2006/10/21 12:33

« 麻生発言と朝日の時代錯誤 | トップページ | 身のほど知らずの韓国と大国の半島処理 »