« 厚顔無恥の極み!田中真紀子!!! | トップページ | 安倍首相は転向したのか? »

2006/10/07

日本が主導した議長声明

Possible Nuclear Weapons Test Site Possible_nuclear_weapons_test_site










国連安全保障理事会(安保理)は6日、北朝鮮を非難する安保理議長声明を全会一致で採択した。北朝鮮の核実験声明が出されてから、わずか3日後というスピードでまとまったのは、安保理の議長国でもある我が国のイニシアチブによるものである。
我が国は、内容よりも、差し迫った脅威に対して国際社会の一致した態度を強く示すためには、安保理が迅速に対応することを重視した。

私は、4日のエントリー「北の核実験声明と中国の本音」で次のように書いた。


ところで、この北朝鮮の声明をめぐって、関係当事国及び国連安保理が相変わらず割れている。構図は、7月初旬の北朝鮮によるミサイル発射の時とまったく同じである。
日米は議長声明を採択することで一致。これに対し中国は、あくまでも「外交的手段」
による解決を主張、「6者協議で話し合われるべきだ」との考えを繰り返している。この
中国の立場をロシアが支持し、英仏両国は日米の側に立つ。

-------------------------------------------------------------------

ところが、ここに来て、事態が急変したのである。
中国が態度を大幅に軟化させ、議長声明案をめぐる協議では、王光亜国連大使が「米国やロシアの修正案が出る前の、日本の草案が一番良かった」「大島(賢三)国連大使が望むならば、報道声明ではなく、議長声明にすることに異論はない」とまで発言するようになった。

つまり、7月のような日米協調ではなく、日中協調になってしまったのである。
7月は、我が国の安保理決議草案に米国が賛成し、中露が修正を要求するという構図だったのに、今回は我が国の草案に中国が賛成し、米露が修正を要求するという信じがたい事態が出現した。
7月の安保理決議の交渉では、「議長声明か安保理決議か」、「非難決議か制裁決議か」などをめぐって日中が激突したことを考えればウソのようだ。

これは、今月8日に予定されている安倍晋三首相訪中が大きな影響を与えていることは間違いない。

-------------------------------------------------------------------

8日は、中国共産党(中共)の最重要行事である中央委員会全体会議の初日である。
この日に首脳会談が設定されること自体が異例と言われる。
しかも、胡錦涛国家主席、呉邦国・全国人民代表大会常務委員長(国会議長)、温家宝首相という中共の序列・トップ3が全員、順を追って会談するという破格の厚遇ぶりである。

いかに中国が、日中の関係改善を渇望しているかが解る。

中国の孔鉉佑・駐日公使は6日、国会内で日中友好7団体の幹部らと懇談し、日中首脳会談が実現したことについて、「(中国側が)安倍首相が在任中、靖国神社に参拝しないと確信に至ったからだ」と述べた。
が、一方で、「日中関係は新しい段階に入った。靖国問題は終止符を打ち、問いつめることはない」と、首脳会談では靖国問題や歴史問題に言及することはないことを示唆している。

これについて、塩崎恭久官房長官は6日の記者会見で、「(首相が靖国参拝を)しない
との約束をしたかのような事実は一切ない」とした上で、「日中間には様々な問題がある。これらを克服していこう、未来志向の2国間関係を再構築していこうという意志が
一致したということだ」と述べている。

つまり、日中がお互いに都合の良いように受け取れる“玉虫色”の内容で首脳会談に
合意したということだ。
これは、安倍首相は靖国神社に参拝するかしないか、参拝したかしなかったかも明らかにしない、中国も、あえてそれを追求しない、ということである。

要は、いわゆる安倍首相の“あいまい戦術”が功を奏したとも言えるが、中国側の、これ以上“靖国問題にこだわってはいられない”という国内事情が影響していることも事実である。
中共体制は今、あらゆる意味で正念場に差しかかっている。日本から協力を得ることは、“背に腹はかえられぬ”状態なのである。だから、面子(めんつ)を保ちながら日本からの協力を得ることができる環境を作る、これが今回の日中首脳会談なのである。

-------------------------------------------------------------------

今回は、我が国のイニシアチブで、異例のスピードで全会一致の安保理議長声明に
こぎ着けた。
が、一方で、北朝鮮が核実験を行った場合に、国連憲章第7章に基づいて「武器の禁輸やその他の貿易、金融上の制裁措置を取る」といった、米国が求めていた厳しい内容は見送られた。そもそも第7章への言及すらない。
が、大島大使が言うように、「国際の平和と安全に対する脅威となるとはっきりうたっており、当然、憲章第7章が含意されている」と考えてよいのではないか。

それに、7月の安保理決議採択に際しては、最初は中露両国が強く反発した。中国は、憲章第7章に言及する決議案には拒否権を行使するとの立場を崩さなかった。
その結果、日米が目指した“制裁決議”ではなく、“非難決議”で決着した経緯がある。その時、“非難決議”に違反すれば次は “制裁決議”になるからと、我が国に妥協を促したのは米国である。
そして今回の議長声明には、「(7月のミサイル発射後に採択された)安保理決議1695の全条項に完全に従う必要があることを強調する」という文言が盛り込まれている。

このような経緯からすれば、北朝鮮がまだ核実験を強行していない現段階において、
米国が求めていた憲章第7章に基づいた制裁措置を議長声明に盛り込むのは無理が
ある。

-------------------------------------------------------------------

安倍首相と旧知のボルトン米国連大使に近い米国の国連外交筋からは、「安倍政権
とは強い政策で一致できると思っていたが違った。我々の求めた選択肢のいくつかは日本によって拒絶された」と落胆する声も漏れているという。
が、ボルトン氏が4日、ロシアと中国を念頭に「安保理は分裂している」と述べたのに
対し、フランスの国連代表筋は、「ここ数日で声明を出さなければならないという点で
ほとんどの国はすでに一致している。ボルトン氏の方が孤立ぎみだ。彼の言うとおり
安保理は分裂しているが、14対1だ」と強烈に皮肉っっている。

私は、今回の我が国のイニシアチブによる、速やかな安保理議長声明採択は大成功と言ってよいと思う。米国が不満を漏らしながらも最終的に賛成したということは、米国自身が孤立していることを自覚したということだ。

-------------------------------------------------------------------

麻生太郎外相は7日未明、安保理で北朝鮮に核実験自制を求める議長声明が迅速に採択されたことを歓迎する談話を発表した。
麻生外相は、北朝鮮の核実験を「平和と安全に対する重大な脅威で、断じて容認できない」と非難し、実施した場合は、「安保理は厳しい措置を含む決議を速やかに採択すべきだ」と述べている。

まずは、北朝鮮に核実験を思いとどまるよう強い警告を発する。それに従わなければ、速やかに武力行使も可能にする国連憲章第7章を明記した制裁決議を採択する。

私は、この、我が国の方針を支持する!

(注)国連憲章第7章第41条(非軍事的措置)
安全保障理事会は、その決定を実施するために、兵力の使用を伴わないいかなる措置を使用すべきかを決定することができ、且つ、この措置を適用するように国際連合加盟国に要請することができる。この措置は、経済関係及び鉄道、航海、航空、郵便、電信無線通信その他の運輸通信の手段の全部又は一部の中断並びに外交関係の断絶を含むことができる。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

【追記】
最近、TBをうまくお返しできない例が多々あります(30%くらい)。
いただいたTBは、内容をすべて拝見しておりますのでご了承お願いします。

参照1:対北朝鮮声明、スピード採択 実効性より速さ重視 (朝日新聞)
参照2:首脳会談実現、靖国参拝ないと確信したから…駐日公使 (讀賣新聞)
参照3:「冗談でも言うな」「安保理は分裂」 声明案で米大使 (朝日新聞)
参照4:麻生外相、迅速な採択「歓迎」 (讀賣新聞)
参照5:平成18年10月7日 麻生外務大臣談話 (外務省)

-------------------------------------------------------------------

(参考)

北朝鮮の核実験声明を非難する「国連安保理議長声明」の全文は次の通り。

(1)安保理は、北朝鮮が今後、核実験を行うとした06年10月3日の同国外務省声明に深刻な懸念を表明する

(2)大量破壊兵器とその運搬手段の拡散が国際の平和と安全の脅威になることを再確認する。北朝鮮の核不拡散条約(NPT)脱退宣言と、NPTと国際原子力機関(IAEA)の保障措置に基づく諸義務にもかかわらず、北朝鮮が核兵器を求めていることに遺憾の意を表明する。北朝鮮が核実験を実行すれば、(北東アジア)地域とそれを超えた平和、安定、安全を危うくするとみなす

(3)実験が国際社会の広範な非難を招き、北朝鮮の懸念の解消、とりわけ安全保障の強化につながらないと強調する。北朝鮮に対して、実験を行わないよう、また緊張を高める恐れがあるいかなる行動もとらないよう強く求める。

不拡散問題の解決に取り組み、政治的、外交的な努力を通じた平和的で包括的な解決を促進するように求める。北朝鮮が(7月のミサイル発射後に採択された)安保理決議1695の全条項に完全に従う必要があることを強調する

(4)平和的な方法で朝鮮半島の検証可能な非核化を達成し、朝鮮半島と北東アジアの平和と安定を維持するために、6者協議を支持し、その早期再開を要請する

(5)北朝鮮に対して6者協議に無条件に即時復帰し、(北朝鮮が核計画放棄を約束した)05年9月19日の6者協議共同声明の迅速な履行、とりわけあらゆる核兵器と既存の核計画の放棄に努めることを強く求める

(6)安保理は事態を今後も監視していく。もし、北朝鮮が核実験を実施すれば、国際の平和と安全に対する明確な脅威となる。国際社会の呼びかけを無視すれば、国連憲章の下での責任に基づいて行動する

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑この記事に何かを感じた方は
  クリックをお願いします。

|

« 厚顔無恥の極み!田中真紀子!!! | トップページ | 安倍首相は転向したのか? »

北朝鮮&拉致問題」カテゴリの記事

コメント

ボルトン氏の怒りは、核保有という事実がどれほどの脅威なのかということを我々に知らしめた。

しかし、日本が主導する形で北朝鮮を非難する安保理議長声明を全会一致で採択できたことは、「発言する国家」を体言したといえるできごとであり、同慶のいたりです。

それにしても、ボルトン氏の発言は北朝鮮に対する単独武力行使もオプションとしてありうるということを暗示したものであり、北朝鮮の核実験に対する明確な警告となった。

こんなに脅されちゃって、さあ、金正日クンどうするの?

投稿: プライム | 2006/10/07 20:56

 ほんの少し前までは、この手の国際問題が起きると日本政府は手足を引っ込めた亀のような状態になって嵐が過ぎ去るのを待つ、と行った感じだったように思います。

 「やればできるじゃないか!」っていう感じですね。

 これこそ日本国憲法の前文の通りの行動ですよ。まさに「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」ということです。
 でも、中共は信用しちゃダメです。韓国と違って、たとえ日本が主導する声明であっても自分たちに何らかの利益があるなら賛成するという度量が中共にはある、ということです。実際には天安門事件後、日本が西側で最も速く中国への経済支援を再開した時と同じ現象が起きているだけに過ぎないと私は思います。
 二度も三度も騙されちゃいけません。

投稿: duzhe | 2006/10/07 21:36

安倍政権の赫々たる戦果、
①皇室典範改悪の答申無効宣言!
②人権擁護法案棚上げ・・・中川昭一タンGJ!
③ジェンダーフリー人格破壊運動停止!
④占領国政策、英語小学校必修阻止!

そして、先の北朝鮮非難決議に続く、今回の国連議長声明。

 安倍政権は巷の失望を他所に、戦果を着々と上げているんじゃないでしょうか?

 保守系ブログを見ていて、創価学会批判等はブログならではと感心しますが、こと安倍政権批判となるとマスコミにそのまま先導されているようで残念です。

 北朝鮮の核実験宣言は如何なる意図で発信されたか?

 気になる中共お抱え学者の北朝鮮核実験容認論文、安倍総理の訪中訪韓直前の発表、8,9日に実験を断行するとの憶測、これらを総合するとアメリカは北朝鮮へ武力による制裁をしないと宣言している現時点では、中共へ日本に強硬な態度で臨むように依頼したシグナルと取る評論家も居ます。

 逆に、このタイミングでの核実験宣言で、中共を困らせ米国へ媚を売り間接的に日本へ有利な状況へ動いてるとも取れます。
北朝鮮兵士の38度戦越境も緊張を高めるためのシグナルでしょうか?
アメリカからの異例の安倍総理の訪中訪韓歓迎声明も安部外交が順調に進んでいる証左でしょうか。

 どちらにしても、早急とも思える安倍総理の訪中訪韓は、攻めの外交だと思っております。
外交は弾の飛ばない戦争です。
魑魅魍魎の跋扈する外交で、今のところ安倍政権は着々と攻勢をかけているのでは?
 中共の罠だとすれば、麻生外相及び外務省が下手を打った事になりますが・・・・。

 

投稿: 民草あおい | 2006/10/07 21:40

はじめて書き込ませていただきます。
中共が靖国について妥協してくれたのは
「やっとここまで来れたか。。。」
と思いますが、せっかく参拝をあいまいにしても朝日新聞が丸裸にしてご注進報道してしまいそうな気がしますが、坂さんはどう思われますか?

投稿: 代吉 | 2006/10/07 22:30

いつも楽しみにさせていただいています。
初めて投稿させていただきます。

中国に関してはなるほどなと思いましたが、韓国との首脳会談はなぜ実現したのでしょうかね?
今ひとつ盧武鉉くんの意図が見えてこないのですが。

やはり中国の意向に従う形で韓国が折れ実現したのでしょうか?

それにしても昨日の田中真紀子との論争と言い、野党は「あんたらそれしかないんかい!?」と言うほど歴史認識のオンパレードでしたね。
はるか60年前のことにエネルギーばかり使うおろかな野党にすっかり嫌気が差してます。

もう民主党もダメですね。。
頼むからもっと未来志向の論戦をしてくれよ…

投稿: kan | 2006/10/07 22:49

アメリカだって自国の修正案を中国が通すとは思ってなかったでしょう。要するに、「日本にもっと噛み付いてもらって、イランで譲歩を引き出すという前回の作戦がしたかったのに」という気持ちと、「核実験されて武力行使以外に道がなくなるのが嫌だから、強めの警告をして核実験を抑えたかった」というのが本音ではないでしょうか。文句を言いつつ、日中の協調姿勢には満足しているはず。

投稿: mikage | 2006/10/07 22:51

中共の変化は、靖国にこだわったら日本が硬化し、要求どころか損失ばかり増える、と確信したのでしょう。小泉さんの意思貫徹が前提となって効いていますね。

それならば大いに歓待し少しでも味方につける、の作戦に切り替えたから、安部総理は大歓待を受ける予定。
ここで気を緩めると誰かさんの二の舞になるので、しっかりやってきて欲しいです。

民草あおい さんのコメントのように成果が上がってくると、最大の問題は「創価」、在日と不良外国人、参議院選挙がポイントでしょうか。

投稿: MultiSync | 2006/10/07 23:48

民生あおい様のご意見に賛意。
安倍政権発足1週間やそこらで表記の成果は上々と思います。野党総攻撃なる歴史認識一点突破主義の無意味な論争を吹っかけられて それでも土俵際でキッチリ持ち堪え、徐々に過去の談話の修正を行なってる現実をちっとも視ようとしないで 自分達に都合の良い一端しか記事にしない極めて恣意的な新聞報道を根拠に「失望を禁じえない」「ノミの心臓」とか・・感情で書きまくる他の保守系ブログ主達はもうそれだけで 左翼による保守分断に濱ってる愚かな行為でしかありません。
始ったばかの安倍政権に失望される保守層とは一体どんな日本を目指してるのか甚だ疑問です。
前内閣が昨年の戦後60周年にあたりバンドン会議?で踏襲した村山談話(勿論わたしも賛成ではありませよ)を
小泉後継内閣である安倍内閣が一年やそこらで全面的に修正するなど常識としてやれないし国際的にも信用失態
を招きかねません。
 安倍政権には先ず第一に拉致問題の全面解決を筆頭に教育基本法改正、集団的自衛権の解釈変更、国民投票を採決し新憲法制定へ繋ぐ・・・最低其処まではやってもらわなければなりません。この実行過程で当然新たな歴史認識を語られる事になると信じます。 
 すみません、本日のエントリーとは若干外れて長くなりました。日本主導の全会一致議長声明が早期に発表できたのも 安倍政権の主張する外交の賜物と思います。
一昨日あたりから、貴ブログが政治系ブログのトップを巡ってデッドヒートの様相でしたが正位置に落ち着いたようで安心しました。

投稿: K.Y. | 2006/10/08 04:34

北朝鮮問題は、大変になるのは北が崩壊した後からでしょうね。在日勢力は、日本で難民を受け入れろと言ってくるでしょう。そして、国連の事務総長がそれに同調した場合、日本はどうしたらいいでしょうか。むしろ、北の制裁の事よりも、崩壊した後どうするかを、色々な方面に根回しするのが大事でしょうね。

投稿: Cosine | 2006/10/08 12:37

中国が協力的になったのは、安倍新政権発足を機に対日関係の修復を図らなければならない中国のさし迫った国内事情と、先日の上海市書記の解任に見られるように、中共内の権力闘争で胡錦涛の優位が確立しつつあることも大きな要因では?
 前回のミサイル発射の時はイランの政府関係者が北京経由で「実験」の視察に訪朝していることからみて、中朝のできレースだったのではないかと疑われる。今回の核実験声明が本当に北朝鮮の単独意志によるものなのか?海千山千の中共の真意は独裁政権故に読みにくい。
 協力的な姿勢に騙されて、日中首脳会談で油断することがあってはならない。もっとも安倍新総裁にそんな不安は杞憂だと思うが。

投稿: K K | 2006/10/08 12:44

「談話」の踏襲の必要性は本来的にはないと思いますよ。与党内に公明党もいれば自民党内親中派もいる、野党はオール親中派だという政治力学が踏襲せざるを得なかった要因です。

むしろこの顛末で「談話」が非核三原則のようになし崩し的に絶対原則に祭り上げられる方が失うものが多いでしょう。

投稿: 神戸牛 | 2006/10/08 13:52

まあ、政冷が一番の良薬と思う気持ちはこの国?に関しては一番良い政策と思うのですが、私の場合、基本的に悲しいかな信用する気が無いのでこの国?を色目でしか見られないのが悲しい、嘘も、捏造も、裏切りも、自分にプラスと思えば弱者に対しては平気でやる。

ネット封鎖、上海潰し、しかし胡政権の強化には経済発展を永久に続けなければ成らない、雇用は現状では外資に頼らざるを得ない北朝鮮が何をしようが自家薬籠の中、叩き出せれば中朝国境で難民を防ぐだけで良い、位の事しか北の事は考えていないと思うのです、北朝鮮以外の国と表面上は上手くやっ置こう、日本外交の変化にも対応して居ると思います。

ロシヤにすら警戒心を持たれる国?が世界で大手を振って平気で「平和」を語る、安倍首相の歓迎式に利用したと考えた方が良いのではと「捻くれて」ても居ます。
世界の生産工場として全世界の流通を?日本を参考に日本の十倍の国?をなんて夢見ているのかも判りません、現状では面子より実利の「実」の構築の時期と考えているのでしょう。

日本とすれば今がチャンス、過去の日本とは違う事を見せれば良いだけの交渉事、安倍首相は日本からの発信を世界に見せる、オープンに民主自由国の宰相として振舞って欲しいと希望しています、独裁国との違いを出せれば良いのですから、この機を世界の「安倍」への第一歩を!。ちょっと待て、と云われそうですね。

投稿: 猪 | 2006/10/08 14:16

皆さん、こんばんわ。
コメント、ありがとうございます。

安倍政権、発足間際にしては良くやっていると、私も思います。
韓国、日中の関係改善に取り残されたくないというのが最大の理由でしょう。
ヘタしたら“北東アジアのバランサー”が“北東アジアの孤児”になってしまいますからね。
それに、経済的には中国以上に“対日依存症”ですから。

北朝鮮は、崩壊以降の方が確かに大問題ですが、中共体制より先に崩壊することはない、と踏んでいます。
米国が、ステルス戦闘爆撃機で金正日を抹殺すれば分りませんが。

それにしても、日本を愛しているのであれば、国会の場で歴史認識や見当違いの拉致問題などを取り上げて、安倍政権の足下をすくおうとばかり考えている民主党を始めとする野党を批判してほしいですね、
安倍政権を批判する前に。

狡猾な中共を相手にするのは並大抵ではないと思いますよ、安倍さん。
あの、田中の角さんだって簡単にやられたのですから…

まあ、評論家は責任がないので、好き放題言えますから気楽でいいでしょうけど(笑)

投稿: 坂 眞 | 2006/10/08 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12185733

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が主導した議長声明:

» 朝鮮日報日本語版を見習え [市川電蔵事務所(移転)]
朝鮮日報日本語版は、なかなか読みごたえのあるサイトだ。日本の新聞社のサイトに決して引けを取っていないと思う。 韓国で最大部数を誇る新聞である朝鮮日報は、保守系紙として一定の支持を集めているという。ノ・ム... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 14:26

« 厚顔無恥の極み!田中真紀子!!! | トップページ | 安倍首相は転向したのか? »