« 最もつらい?ぜいたく品の制裁 | トップページ | 朝日の珍妙なる制裁案批判 »

2006/10/14

まだふらついている盧武鉉くん

盧武鉉(ノ・ムヒョン)くんは、9日の日韓首脳会談で、「北朝鮮の核実験強行は断じて容認できないとし、断固とした対応で国連安全保障理事会(安保理)による決議の速やかな採択に向け協力していく」ことで安倍晋三首相と一致した。
では、13日に訪中した盧武鉉くんはどうだったのか?
13日付の中央日報(電子版)によると、中国の胡錦濤国家主席と13日に会談した盧武鉉くんは、北朝鮮の核実験に関し、「国連安保理の“必要かつ適切な対応措置”を支持する」と明らかにした。 が、一方で、「北朝鮮核問題を対話を通じて平和的に解決しなければならないとし、必要な外交策に共同で努力する」ことでも一致したという。

つまり、国内、あるいは国際世論に押される形で「安保理決議は支持する」としたものの、相変わらず「対話を通じて平和的に解決する」という持論は捨てていないということだ。
しかし北朝鮮は、「安保理決議が全面的制裁になれば、宣戦布告とみなす」と主張している国である。しかも北朝鮮は、これまで何度も、“対話を通じた平和的解決手段”を一方的に踏みにじってきた。
確かに、強い圧力をかける一方で、話し合いの窓口を開けておくことは重要である。が、それは相手が圧力に屈した時に始めて意味がある。その前に“対話をお願いする”という態度は、逆効果であり、完全に間違っている。

ところで、宋旻淳(ソン・ミンスン)青瓦台(大統領府)安全保障室長は、「両首脳間で国連安保理決議案の具体的な内容についての議論はなかった」と語った。
要するに、韓国は北朝鮮と直接対峙する当事国でありながら、中国でさえ「韓国が何を言っても安保理決議には影響を与えない」と判断しているということだ。

-------------------------------------------------------------------

盧武鉉くんは相変わらず現状を認識していない。北朝鮮が保有しているスカッドミサイル(射程距離300~500キロ)は、完全に韓国を標的にしている。しかも、北朝鮮はそのスカッドを約600基保有しているとされる。そして7月5日には、その発射実験を行ったばかりである。

今回、実験したとされる北朝鮮の“核”も、重すぎてミサイルはもちろん航空機にも搭載できないと言われる。つまり使用するためには陸路か船を使うしかないわけだが、それが可能な相手は韓国である。

要するに盧武鉉くんは、北朝鮮の脅威に直接さらされているのが自国であるという自覚が全くないのだ。そこには、韓国と北朝鮮が未だに戦争状態(休戦中)にあるという認識も欠如している。

-------------------------------------------------------------------

ところで、中韓首脳会談において“歴史認識”の問題はどう処理されたのであろう?

韓国と中国の間には高句麗という古代国家の位置づけをめぐって認識の相違が表面化し、今や政治的対立にまで至っている。
韓国にとって高句麗は、今の北朝鮮を支配していた古代国家だが、中国は最近、高句麗は中国東北部から朝鮮半島北部にかけて存在していた“中国の地方政権”だったと主張しており、それが正式な中国史になっている。
つまり、中国によれば、朝鮮半島北部(北朝鮮)は歴史的に中国の一部だったということになる。

9日の日韓首脳会談で盧武鉉くんは、わずか2時間足らずの会談のうち、冒頭から靖国神社参拝などの歴史認識問題を、約40分間にわたって滔滔(とうとう)とまくし立てた。それも、直前に発生した“北朝鮮による核実験”に共同で抗議声明を出そうと提起した安倍首相の話をさえぎってまでも。
ところが、13日付の聯合ニュースによると、今回の中韓首脳会談においては、高句麗をめぐる歴史認識問題は、「韓中関係にマイナス影響を与えないよう思慮深い措置を講じることを中国側に要請した」だけだという。

この日中に対する態度の違いには、“中国は親”だが“日本は弟”にすぎないという韓国
・朝鮮人に染みついた“華夷秩序”が見事なまでに示されている。
つまり盧武鉉くんは、日本に対しては尊大だが、中国に対してはへりくだる。千年間にわたる属国意識は、そう簡単には抜けないということだろう。だから反米や反日は声高に叫んでも、中国の前に出ると腰砕けになってしまう。

まったく、笑い話にもならない豹変ぶりである。

-------------------------------------------------------------------

盧武鉉くんの安保理決議や北朝鮮に対する煮え切らない態度は、訪中直前に吐露した発言からも窺い知れる。

12日付の中央日報は、「(盧大統領は11日)民主平和統一海外諮問委員の招請懇談会で、『それぞれがもっている考えによって一方では強硬な手段で行こう、もう一方では対話で行こうと話している』とし『明らかなのはこの2つとも有効で、どちらか1つだけ選択される問題ではない』とした。
盧大統領の発言は核実験後、国連次元の対北制裁決議案が論議され米国、日本、
中国がミサイル発射時より強硬な立場を見せる状況で、対話の並行を強調したことから注目される」と報じている。

つまり、盧武鉉くんの本音は、あくまでも「対話で行こう」ということなのである。が、世論がそれを許さない。

中央日報調査研究チームが10日に実施した世論調査によると、政府が太陽政策などの北朝鮮を包容する政策を続けることについて「今後も続けるべき」が17%であったのに対し「もう変えなければならない」が78%だった。
また、韓国の対北経済協力の象徴である金剛山観光や開城工業団地事業を「続けなければならない」という意見(42%)より「中断しなければならない」という意見(53%)の方が多かった。
つまり、世論の8割近くが盧武鉉くんの対北宥和政策を変えるべきであるとし、過半数が対北経済協力に反対しているのである。

しかも、ジョインスドットコムが10日午後から11日午後にかけてネット上で調査した結果では、「北朝鮮の核実験実施に関連、最も責任が大きいと思われる国はどの国か?」という問いかけに対し、47%が「韓国だ」と回答した。これは「北朝鮮だ」と答えた人の43
%を上回り、約半数に上る。
半数近くの人が、北朝鮮に核実験を許した責任が韓国にあるという。これでは、いかに親北・反米の盧武鉉くんといえども、安保理による対北制裁決議には異議を唱えることはできないであろう。

-------------------------------------------------------------------

国内世論と日米中3国の狭間で、進退きわまった“北東アジアのバランサー”盧武鉉くんの心中は、察して余りある。
が、韓国には安保理決議に忠実に従ってもらわなければならない。

我が国は、北朝鮮に対する全面的な禁輸措置を決定した。が、日本が占める割合はこの数年間で急減し、昨年の北朝鮮による対日貿易額は全貿易額の4.8%にすぎなかった。一方、中国への依存度は年々高まり、昨年は38.9%に達した。 韓国も26%に増えた。
つまり、韓国と中国の貿易制裁が後に続かなければ、北朝鮮は致命的な打撃を受けないのである。

盧武鉉くんには、9日の日韓首脳会談で合意した内容を厳守するように求める。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

参照1:韓中首脳「安保理の適切な対応措置を支持」 (中央日報)
参照2:高句麗史問題、韓中が「思慮深い措置」で合意 (聯合ニュース)
参照3:盧大統領「北が言う安保脅威は誇張されたもの」 (中央日報)
参照4:「太陽政策変えねば」78%「韓国も核持つべき」65% (中央日報)
参照5:核実験の責任「韓国のせい」47%、「北のせい」43% (中央日報)
参照6:「北、国の生存が厳しく」…安倍首相が‘北体制崩壊’に言及 (中央日報)

|

« 最もつらい?ぜいたく品の制裁 | トップページ | 朝日の珍妙なる制裁案批判 »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

このように分析されると彼の態度がはっきり判ります。
盧武鉉氏の態度が明らかになるにつれ「この人物には問題解決能力も当事者意識もない」と絶望感にとらわれる嵌めに陥っています。

投稿: MultiSync | 2006/10/14 20:39

北朝鮮を併合したのか?北朝鮮に併合されたのか?何とも訳の判らない人が来た、と北京で胡さんも驚いたでしょうね。
話では日本の歴史問題を愚痴り、自国の歴史問題は「思慮深い」配慮を要請した、隣国にこの様な大統領が鎮座まします事は我が国にも悲劇ですね、自分の位置を北東アジアのバランサーどころか「秤」で見れば上下の何処に自分が居るのか判らない状態、回りから見れば「秤」の天秤に噛付いている「ノ大統領」の漫画の様な姿、後ろから「両金さん」が引っ張ってる。

云われる様に「国連」では韓国の大人が事務総長、大もてのノ大統領、如何するのでしょう?現状では案の状、ロシヤと中共の拒否権を持つ両国が愚痴り出した様ですが、追い詰められて居るのは確かでしょう。
日本は早々と態度を明確にしました、国内では野党が北朝鮮の暴発を呼ぶとか言って居ますが、独立国としては当たり前の行動を日本国はとり出した、非常に有り難い話、一日も早く憲法を改正「臨検」一つ、法を見直さなければ出来ない国から脱皮して欲しいものです。
お隣の愚大統領を見るにつけ、良い資質の首相を生み出した、今の日本の幸運を喜んでいます。

投稿: 猪 | 2006/10/14 21:00

トピと関係ありませんが・・・

A&U大阪(Act and Unite to Stop the War, Osaka)
http://aanduosaka.wablog.com/

うーん、これはイタイw

投稿: N | 2006/10/14 23:00

日本全体の投票率は30パーセント前後が組織票です。そのうち約8パーセントがカルト票といわれています。浮動票は70パーセント前後ある訳です。日本人が目覚め選挙に参加すればカルト政党や党問わず
カルト手先議員は落選することは容易いことです。やつらは押さえとして解らないように、無所属や他の党に手先を立候補させたり年々ふざけた事をする。だから世論メディア操作するのです。
惑わされず選挙に参加しょう。

投稿: 3CA | 2006/10/15 00:13

>国内世論と日米中3国の狭間で、進退きわまった“北東アジアのバランサー”盧武鉉くんの心中は、察して余りある。

坂さんのおっしゃるとおりです。
盧武鉉閣下の「バランサー論」。彼の「独創」とも思えないので種本があると思うのですが、それは誰の本なんでしょうか。詳しい方、是非ご教示ください。
この方、マキャベリの『君主論』とか、時代は下がってジョージ・ケナン『アメリカ外交50年』とか読んでる雰囲気が感じられません。何か安直な種本かおかしな韓国の国際政治学者もどきの入れ知恵ではないかと推測します。

外交や国際政治、あるいは政治における「バランサー」と言われて、即座に思いつくのは次の2例です。
エリザベス1世以降の大英帝国。強力な海軍力、卓越した政治力・外交力・情報力、そして産業革命後の経済力。第一次大戦勃発まで、ヨーロッパの最強のバランサーとして、スペイン、オランダ、フランス、ロシア、オーストリア、ドイツなどの列強を抑えました。そして第一次大戦では、最強の敵ドイツと激突します。
もう一つの例は。鄧小平(トウ小平)です。彼は、中国共産党において、世代としては第2世代ですが、輝かしい党歴・軍歴(野戦軍の指揮官として)を持ち、共産党や人民解放軍に大きな影響力を保持していました。2度の失脚を切り抜け、「四人組」粛清後の保守派や旧文革派が入り混じり混沌とした党内の大勢を掌握できたのは、彼の卓越した政治力と軍部を掌握していたことが大きいと思われます。彼をバランサーたらしめたのはそういう確実な具体的な力です。

さて、盧武鉉閣下や大韓民国はいかがか?
韓国にはバランサーになるだけの力は全く備わっていません。残念! 今後も一世紀位は目処が立たないでしょう。“空想民族主義”の破綻です。
同じ「大」が付いていても、大韓民国は大英帝国じゃないからね。北朝鮮=朝鮮民主主義人民共和国と全く同じで、名は体を現さないのが、コリア“品質”(スタンダード)ですから。“理”と“気”は完全に分裂しています。

翻って、わが日本はどうでしょうか。ウーン。(中国は?→無理みたい! ロシア→論外!)
東北アジアの混迷は当分続きます。

投稿: さぬきうどん | 2006/10/15 00:53

右翼思想支援者に返り討ちされた=青空氏の活動調査中間報告①
10/6 人気BLOGランキングに登録「新国政論:理想と現実の狭間で」
10/7 週間新潮の中川幹事長ネタで記事を初掲載
[カモフラージュにて週刊誌中川ネタを起用するあたり、中川シンパの可能性大]30万件を超える登録の中からいきなりベスト50入り。
1兆歩譲ってもくだらない記事。目の肥えた読者が支援することは考えられない。
10/8 他の右翼思想プログで右翼思想は暴力団で犯罪者と断定主張したテロを複数の名前で展開。低レベルの心理戦に参戦も、あえなく討死。[10/8~10/13]
10/9 ランキング上位はすべて同じ右翼思想と断言し、組織的にランキングを操作していると主張。公開質問状をランキングサイトに送ると宣言。その後の報告はされていない。自分で仕掛けた地雷を踏んだ模様。またもや自爆か?
10/12 極右評論の瀬戸氏を青空氏ブログで批判も極右シンパに返り討ちに。
極右評論 10/12 掲載記事 「電凸!朝日新聞 安部-池田会談」コメント欄参考。
誘導型奇襲攻撃のつもりが、泣きをいれる。

投稿: 匿名 | 2006/10/15 02:52

右翼思想支援者に返り討ちされた=青空氏の活動調査中間報告②
10/14 活動停止。ランキングは80位に転落。週間IN300でのまま。
   池田氏の目標名誉賞獲得300個と重なる数字は何かの偶然か?

青空氏ブログのコメントは文章の表し方を分析すると、自作自演の可能盛大。計画的に右翼思想は犯罪者と浸透させようと試みた模様。
近日創価学会と公明党の論評が取り上げられていることが関係している。「博士の独り言」の消失事件がありましたように、今後もあらゆる手段で創価学会と公明党に関わる批判を妨害せんとする活動を皆様のブログに試みることでしょう。肯定的立場で試みることもあります。青空氏ケースのような低レベルな場合、無視することが一番の良策と判断される。挑発に乗ることは敵を有利に働かせることとなる。私達は思想問わず、創価学会を撲滅せんとする目的の為に長年世界各地にて活動を展開しおります。皆様の活動を妨げたりすることは一切ございません。ブログでの活動は致しませんのでご理解下さい。
長文と掲載の失礼をお許し下さい。
皆様の日本国を想い勇気ある活動に敬意を表すると共に影ながら支援いたします。

投稿: 匿名 | 2006/10/15 02:54

全く現代の阿Qを見る思いですな。
儒教上、下と見る奴に突っかかって逆にボコボコにされ
上にはおべっかをして却って小者ぶりを嘲笑される。
全く最低な野郎とはこのことであり、終いには本当に
阿Qの様に銃殺って事になりかねませんな。

朝鮮人はもっと賢くなければならないと。

投稿: abusan | 2006/10/15 08:48

盧武鉉は、自己の思想信条にのみ固執する政治姿勢に貫かれているが、こういう言動は見ていてたいへん腹立たしい。国家元首としての自覚がまるで感じられない。
北朝鮮は現在国家といえる体裁を有していない。その主な収入源は、偽札造り、大量破壊兵器違法取引、麻薬密輸、禁制品捕獲密売などであり、まるでギャング集団である。これらの違法行為により得られた収入がボスである「将軍様」の体制維持のために使われている。
さらに、今回の核実験である。このような「ならず者国家」が核兵器を持つことの恐ろしさは想像を絶する。盧武鉉はここに到っても制裁を逡巡しているようであるが、これは国家元首として資格に欠けるというだけではなく、個人としてみてもあまりにも想像力に欠けているといわざるをえない。
国連決議の内容をみると、体制維持のための不正取引による資金の還流を阻止するという一点にまとを絞ったものであるようだ。この制裁措置は早晩効果をあらわすだろう。
金正日が政権の座を離れ、国外逃亡という事態は意外と早いのではないだろうか。

投稿: プライム | 2006/10/15 09:16

皆さん、こんにちわ。
コメント、ありがとうございます。

盧武鉉くんの韓国、北東アジアと環太平洋で、まともに相手をしてくれる国が一つもありません。

北東アジアのバランサーどころか、完全な孤児ですね。
唯一中国にすがり付いていますが、中国から見れば、日本と韓国の重要度は10:1くらいの差があります。
対日歴史認識で中国と共闘できると思っているのでしょうが、中国は既に“靖国カード”をテーブルの下に隠しました。

もう、支離滅裂、右往左往、これが今の盧武鉉くんでしょう。

投稿: 坂 眞 | 2006/10/15 13:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12272530

この記事へのトラックバック一覧です: まだふらついている盧武鉉くん:

» 北朝鮮核実験強行1 [諸葛川]
最近、足並みのそろっていない特定アジア3カ国。 でも、何かが起きる日中首脳会談、日韓首脳会談。 特定アジア3カ国は連携していないまでも、日中首脳会談から北朝鮮の核実験強行 までは一つの流れと思われます。 中国がアメリカとの協力の姿勢を見せている事が大きな変化ですが、韓国の方は以 前と変わらないというか北朝鮮と同様に滅亡に近づいているようです。 中国 日中首脳会談 安倍首相としては中国を訪問する目的は特にない(日本にとってメリットなし)。 一方、中国として... [続きを読む]

受信: 2006/10/15 15:46

« 最もつらい?ぜいたく品の制裁 | トップページ | 朝日の珍妙なる制裁案批判 »