« なぜ自民党は無党派層に弱いのか? | トップページ | これは、もう侵略である »

2006/10/31

韓国・朝鮮=被害者というウソに騙されてはならない!

今日の讀賣新聞が、社説で“従軍慰安婦”に言及している。讀賣が社説で、“従軍慰安婦”に言及するのは16日付に続くもので、今月に入って2回目である。

16日付の社説は、米下院の国際関係委員会が、“従軍慰安婦”問題で日本非難決議案(日本軍慰安婦動員関連決議案)を議決したことに対する批判だった。
今回は、25日の下村博文官房副長官の発言に対する民主党などの野党側の批判に対する反批判である。

下村官房副長官は、東京都内の講演で、“従軍慰安婦”をめぐり「おわびと反省の気持ち」を表明した93年の河野洋平官房長官談話について「もう少し事実関係をよく研究し、考えるべきではないか」と述べた。
これに対し、民主党の高木義明国会対策委員長は記者会見で、下村氏の発言について「非常に訳の分からない発言で、真意をただす必要がある」と批判、国会で追及する考えを示した。
そして、民主、共産、社民、国民新党の野党4党の幹事長、書記局長は26日、国会内で会談し、「看過できない」として追及していく方針で一致した。

「看過できない」理由は「閣内不一致であり、首相の責任問題だ」(民主党・菅直人代表代行)というものだが、讀賣の今日の社説は、そのような野党の姿勢を「おかしい」と批判しているのである。

-------------------------------------------------------------------


この発言のどこが問題だと言うのだろうか。

いわゆる従軍慰安婦問題に関する河野洋平官房長官談話について、「研究」の必要性を指摘した下村博文官房副長官の発言のことである。

民主党など野党側は、河野談話の「継承」を表明した安倍首相の答弁と矛盾するとして「閣内不一致」と批判する。

下村氏の発言は、「個人的には、もう少し事実関係をよく研究しあって、その結果は、
時間をかけて客観的に科学的な知識をもっと収集して考えるべきではないかと思っている」というものだ。

元慰安婦への「お詫(わ)びと反省の気持ち」を表明した河野談話は、その前提となる事実認定で、旧日本軍や官憲による「強制連行」があったことを認める記述となっている。韓国政府から「日本政府は強制連行だったと認めよ」と迫られ、十分な調査もせずに閣議決定された。

慰安婦問題は、一部全国紙が勤労動員制度である「女子挺身(ていしん)隊」を“慰安婦狩り”だったと虚報したことが発端だ。慰安婦狩りをやったと“自白”した日本人も現れたが、これも作り話だった。政府の調査でも、強制連行を示す直接の資料はついに見つからなかった。

河野談話が、「客観的」な資料に基づく社会「科学的」アプローチより、「反日」世論に激した韓国への過剰な外交的配慮を優先した産物だったのは明らかである。そうした経緯を踏まえ、下村氏は「研究」の必要性を指摘しただけだ。

民主党などがそれでも問題だと言うなら、強制連行の有無という河野談話の核心部分をどう考えるのか、自らの見解を示してから追及するのが筋であろう。

河野談話の「継承」を表明した首相も、「狭義の強制性」との表現を使い、強制連行は「今に至っても事実を裏付けるものは出ていない」と指摘している。下村氏の発言は
首相の答弁と矛盾しない。

仮に首相答弁と違っていたにせよ、歴史認識も絡むような問題で、「個人的」と断った
見解まで、完全な一致を求めるのは、かえって不健全ではないか。

政府見解は、金科玉条のように継承しなければいけないと決まっているものではない。おかしなところがあればただすのは当然のことだ。

~後略~

河野談話 問題の核心は「強制連行」の有無だ (讀賣新聞【社説】)

-------------------------------------------------------------------

まったく讀賣新聞の書いているとおりで、異論はない。讀賣が16日付の社説で書いているように、この問題は「90年代半ばには、学術レベルでは『強制連行』はなかったことで決着がついた」。
つまり、安倍晋三首相も国会答弁で述べているように、、“狭義の強制性”、つまり国や軍による“強制連行は”、「今に至っても事実を裏付けるものは出ていない」のである。

もちろん慰安婦はいた。しかし、それは自らの、もしくは家庭の事情によるもの、あるいは女衒(ぜげん)などの業者に周旋されたものであった。
そういう存在は、戦場だけではなく、内地(日本)にも朝鮮半島にもいた。いわゆる“女郎”と呼ばれた娼婦たちである。そして、戦場における慰安婦も過半数は日本人女性だった。

もちろん、自らの意思で女郎や慰安婦になった女性は少なかったと思う。が、「自らの意に反して慰安婦になった」ことと、「国や軍に強制されて慰安婦になった」ことでは天と地の開きがある。
安倍首相も「国や軍に強制されて慰安婦になった事実を裏付けるものは出ていない」と明言すればよいのに、直後に控えた訪韓を意識したためか「狭義の強制性」などという難解な表現を使い、河野談話そのものは(閣議決定なので)引き継ぐとした。
この安倍首相の姿勢は、総合的な政治判断であろうと思われるので、致し方ない面もある。閣議決定をくつがえすには、それなりの手順もいる。

しかし、事実であることが極めて疑わしい以上、「もう少し事実関係をよく研究しあって、その結果は、時間をかけて客観的に科学的な知識をもっと収集して考えるべき」というのが政府としての責任ある立場ではないのか。
それを、民主党は「非常に訳の分からない発言で、真意をただす必要がある」と批判する。が、讀賣新聞が指摘するように、「強制連行の有無という河野談話の核心部分を
どう考えるのか、自らの見解を示して」いない。
一方で、“従軍慰安婦”を救済するための“戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案”を、社民党や共産党と一緒になって性懲りもなく参議院に提出している元副代表の岡崎トミ子氏のような政治家がいる。

まったくもって、この民主党という政党こそ、「非常に訳の分からない」党である。

-------------------------------------------------------------------

なぜ韓国は、ありもしなかった“従軍慰安婦”にこだわるのか?それだけではない。
在日やサハリン(旧・樺太)残留韓国・朝鮮人も強制連行された結果であるとウソをつくのか?

その理由は、日本に無理やり独立を奪われた、強制的に併合されたという歴史の虚構がまずある。そこから、日本=加害者、韓国・朝鮮=被害者という構図ができ上がる。
だから、「強制的に慰安婦にされた」、「強制的に徴用された」と言い募らなければ、この構図からはみ出してしまうのである。

そして、日本人の中にも、「日本が無理やり独立を奪い、強制的に併合した」という誤った歴史認識を刷り込まれた(=洗脳された)者たちがいるので、河野洋平元官房長官や民主党の岡崎元副代表のような常識外れの政治家が現れるのである。

今日の朝鮮日報で、鄭権鉉(チョン・グォンヒョン)東京特派員が書いている。


~前略~

セオドア・ルーズベルトは露日戦争当時、米国大統領を務めた(在任1901-09年)。
露日戦争以後、韓国は日本の保護国となり、5年後には植民地へと転落した。米国はロシアの南下を牽制(けんせい)するために露日戦争で日本を支援したのに続き、1905 年7月にはフィリピンにおける米国の権益を日本に承認させる代りに、日本の対韓政策を支援するという内容の「桂・タフト協約」を秘密裏に締結した。

その十数年前、米国は西洋の列強として最初に韓国との修好通商条約(1882年)を
締結していた。そして、雲山金鉱の採掘権や京仁鉄道の敷設権などを始めとする深い利害関係で結ばれていた。そのため当時の米国の対韓政策には日本の対韓政策を左右するほどの重みがあった。

韓米修好通商条約の第1条には、「第三国が条約国の一方に圧力を加えた場合、事態の通知を受けた他方の条約国が円満な解決のために調停を行う」という「調停条項」が明記されていた。韓国はこの条項をよりどころとみなし、米国が積極的で友好的に介入してくれることを期待した。そして高宗皇帝は宣教師のアーレンが公使として赴任すると「米国はわれわれにとって兄のような存在だ。われわれは貴国政府の善意を信じている」とすり寄った。

こうした状況で米国大統領セオドア・ルーズベルトは周囲に次のような書簡を送っている。「わたしは日本が韓国を手に入れるところを見たい。日本はロシアに対する歯止めの役割を果たすことになり、これまでの態度を見ても日本にはそうなる資格がある」、「韓国はこれまで自分を守るためにこぶしを振り上げることすらできていない。友情とは、ギブアンドテイクが成り立たなければならない。

ルーズベルト大統領と激論を繰り返し、韓国の独立維持を主張したアーレン公使も、最後には次のような言葉を発した。「韓国人に自治は不可能だ。
米国政府が韓国の独立という虚構を日本に要求し続ければ大きな過ちを犯す」

そして100年前、米国は徹底して韓国を見捨てた。100年後の今、ブッシュ大統領は
韓国についてどう考えているのだろうか。

~後略~

「米国は韓国を見捨てるかもしれない」 (朝鮮日報)

-------------------------------------------------------------------

この記事では、当時のセオドア・ルーズベルト米大統領やアーレン駐韓米国公使の
言葉を引用しているが、鄭・特派員自身が、当時の韓国が「これまで自分を守るためにこぶしを振り上げることすらできていない」こと、そして当時の「韓国人に自治は不可能だ」ったことを認識しているとも読める。

李氏朝鮮は、日清戦争で日本が勝利するまでは清国(中国)の属国だった。が、日清戦争を終結させた下関条約で大韓帝国として独立を果たした。

下関条約(日清講和条約)第一条は次のようになっている。

》清国は朝鮮国の完全無欠なる独立自主の国たることを確認す因て右独立自主を損害すへき朝鮮国より清国に対する貢献典礼等は将来全く之を廃止すへし 《

これによって朝鮮は、やっと独立できた。要は日本のおかげである。
ところが、大韓帝国の皇帝であった高宗は、フランス、ドイツ、ロシアによる三国干渉に日本が屈服するのを見てロシアに急接近した。そしてロシアに、鉱山など様々な利権を譲り渡した。
当時のロシアは、既に満州(中国東北部)を支配下においていた。したがって、日本は自国の防衛と権益を守るためにロシアと戦わざるをえなくなった。これが日露戦争である。

「日本はロシアに対する歯止めの役割を果たすことになり、これまでの態度を見ても
日本にはそうなる資格がある」とセオドア・ルーズベルトに謂わしめ、親韓派のアーレン公使も「韓国人に自治は不可能だ」と言わざるをえなかった背景には、このような歴史があるのだ。

つまり、日韓併合は無理やり独立を奪われたわけでも、強制的に併合されたわけでもなく、歴史の必然だったということだ。
だから大韓帝国側でも、米国公使として米国文化を体験した当時の首相・李完用などは日韓併合を積極的に推進したのである。

-------------------------------------------------------------------

日本=加害者、韓国・朝鮮=被害者というステレオタイプな歴史観に騙されてはならない!!!

なお、この“従軍慰安婦”問題については、昨日の産経新聞も【社説】で取りあげている。

関連エントリー1:従軍慰安婦決議と讀賣の痛憤
関連エントリー2:ソウル大教授も従軍慰安婦を否定
関連エントリー3:朝日の偏向・ねつ造【社説】
関連エントリー4:幻の従軍慰安婦

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

あなたのクリックがブログの読者を増やしてくれます。
↓ぜひ応援してください。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング

反日ブログが上位を独占しています。
↓こちらも、ぜひ応援願います。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

参照:従軍慰安婦発言:与野党に「閣内不一致」批判も (毎日新聞)

makotoban

|

« なぜ自民党は無党派層に弱いのか? | トップページ | これは、もう侵略である »

従軍慰安婦&強制徴用」カテゴリの記事

コメント

坂さん、こんばんわ。今日はスレ違いで申し訳ありません。

遅まきながら、先程9月の「極私的エントリー」を拝見し、心が熱くなりました。

部落開放同盟の人たちは、部落差別以外の差別には無関心というか、他人事だとの事。信じられない!!部落開放運動の不毛さに改めて怒りを感じます。

いったいこの人達は部落以外の人間が差別されていないとでも思っているのでしょうか?いや、きっと百も承知で暴力的・脅迫的な活動を続けているのでしょう。

坂さんも実体験でそんなことを十分すぎるほど感じられたのでしょうね。

これからも是非鋭いコメントを期待しております。頑張ってください。

投稿: おれんじ | 2006/10/31 21:04

朝鮮=被害者ではなくて朝鮮=弱者だったんだと思います。歴史の必然だとも思います。併合していなければ今頃は中国領かロシア領になっていたでしょうね。韓国という国が残ったのが奇跡だと思うぐらいです。

讀賣も「一部全国紙」などと書かずにちゃんと新聞名をあげて論戦を挑んで欲しいですね。「一部全国紙」も知らん振りしてないで、釈明をして欲しいものです。「あれは誤報でした。本紙も吉田某に騙されていました。ごめんなさい。」と書いてくれれば、それで話は済むんですけどね。

投稿: | 2006/10/31 21:07

まさにその通りであり、捏造された歴史を振りかざし、金を略奪する為、或いは反日の一つのカードとしてまだまだ使ってくるだろう。
特に今、韓国の経済はガタガタであり、その鬱憤を晴らす為に力を入れてくることも考えられる。
だがらこそ、ここははっきりと言うべきであり、いざとなったら韓国を見捨てるという選択肢も入れるべきである。
どうせ、北朝鮮のATMと化している韓国だから、北朝鮮はセットで締め付けるのもいいかと思うぞ・・・私は・・。(笑

投稿: Asid | 2006/10/31 22:23

banさんの仰る通りだと強く思います。朝鮮日報自身が韓国の現状は100年前を繰り返していると社説で主張しています。ノム政権の現状は政府の体をなしていません。ノムは国防部長官、国家情報院長、統一部長官が辞任した後任に386世代の側近を充てる予定です。100年前と全く同じ事を繰り返している。歴史的に朝鮮民族は自国を治める当事者能力が欠如していることを証明してしまった。朝鮮民族の歴史上、自治能力があったのはパク大統領だけであったような気がします。パク大統領はご存知の通り日本帝国陸軍将校でした。今、北朝鮮が6カ国協議開催に同意した報道が流れています。ノムは情勢を読めず、日米の反対を押しきり大喜びで北朝鮮への援助を堂々と大々的にやり、韓国では386世代が跋扈するでしょう。来年6月飢饉が緩和すれば、北朝鮮は時間稼ぎの目的を達成するので、また、原爆実験をするでしょう。そのとき、裏切られた日米中露は容赦無く北朝鮮を制裁すると予想されます。その時点においてノムと韓国は文字通り100年前を忠実に繰り返す。Roy Buchananを聴きながら投稿しています。話は変わりますが、自民党の郵政造反議員を復党することについて、参院選のため安倍首相は復党を進める模様です。安倍首相に失望しました。

投稿: buddy guy | 2006/10/31 23:23

坂眞様、こんばんは。

民主はもういい加減にしてほしいですね。見ていて苛々します。
議論とは、どっちが正しいかを白黒つけるものではなく、両論をすり合わせよりよい結論を導き出すための共同作業。
議員とは、国益議論のプロとして国民に選ばれ、国民に給料をもらう立場だということを理解してるんでしょうか。
国益を論じる場において、揚げ足にもなっていない足を取って重要な議題を遅らせるなど、それだけで背任罪にできないものか。汚職などならともかく、個人の発言をいちいち突くとか、馬鹿馬鹿しいにもほどがあります。なんて不毛。無意味。下らない。
そもそも、与党になりたいばっかりで本職を疎かにしてるから勝てないんだと気づいてください……
最近、小沢さんの顔がテレビに映るたびに舌打ちしています。

韓国併合は知れば知るほど、選択を誤った弱者の末路ですね。
米国の腹(露と直接ぶつかりたくない)を読めなかった上に、日清戦争後日本が三国干渉に屈するや否や、今度は露に擦り寄ろうとして……
節操のない日和見も原因でしょう。こんな浮気な保護国嫌です。
そもそも他力本願の時点で時間の問題だったと思います。
歴史の必然。ギリシアのトルコ騎兵然り、エジプトのマムルーク然り、ノルマンコンクエスト然り、ゲルマン傭兵然り、です。

いつもながらの長文。失礼いたしました。

投稿: 月の裏側 | 2006/11/01 00:05

韓国併合の歴史はいまだに知らない人が多いかもしれない。
良く解るこのエントリーのような解説で、皆が真実を知りさらに勉強する機会になり、とても有意義と思います。

投稿: MultiSync | 2006/11/01 00:46

いつも拝見しております。

捏造した歴史観を日教組にこれでもかと教え込まれた世代で日々心を痛めています。

自分の国より他国を信じたり、誇りに思う輩を悲しく感じております。

久々に怒りに震えたネタがありましたのでご参考までに、今後ともご活躍をお祈りいたします。

http://www.youtube.com/watch?v=xBvWHz5oYX0

投稿: 彰 | 2006/11/01 01:36

現在日本の政府は1000兆円を超える借金があり、子供は生まれずにモラルも落ちています。努力を馬鹿にするような雰囲気が若者にあり、礼儀やモラルも失われようとしています。しかし一番怖いのは朝日新聞的な、日本は悪の国であり、アジアに永遠に謝罪すべき(ハタ前総理)、日本の全都市は自衛隊を締め出して「無防備宣言」を実行すべき、戦争は絶対にしてはならない(9条を守り日本が滅ぶのもやむをえない)などの思想がはびこることだと思います。最近は危機感を感じているのか、逆に活発ではないでしょうか。
 サヨクと一言でレッテルを貼る気はありませんが、障害者を障がい者と慇懃(いんぎん)に呼ぶ偽善、何をもってしても人権擁護法案を通すべきとする単純さ、これらは浅間山荘で事件を起こしたグループに匹敵するおろかな残忍さに通じる思想です。

 韓国のあつかましさは日本人に対する見過ごせない人種差別の域に達しています。「知れば知るほど嫌いになる国」です。中国もしかり。いままで反日、反政府のマスコミによって隠されていた真実が管理人さんを含め、ネットの優れたブロガーさん達によって国民に明らかになるのは、最後の希望です。ネットという媒体が草加や、国民の敵になりつつある者も多い人権弁護士によってつぶされないことを祈っています。

投稿: 普通の国民 | 2006/11/01 02:16

 関裕二さんという方が、日本の古代史についておもしろい本を出していますね。
 曰く、中臣鎌足は百済から人質として日本に渡ってきた朝鮮人で、日本の有力豪族であった蘇我氏、物部氏を陰謀で追いつめ、百済救済のために日本の国力を使おうとした。百済滅亡後は日本に百済を復活させるために日本の政治を牛耳った。これが藤原家による日本支配の実像である。

 これが本当かどうかは知りません。私はその辺の知識がないですから。ただ、関氏の描く藤原家のやり方は、現代にも通じる特ア的な精神構造に似てると言えば似てますね。
 “被害者”ですか・・・。

投稿: duzhe | 2006/11/01 09:02

半島が弱体化しているのは事実ですが、日本は今度は「併合」
といった選択肢は絶対にありえませんね。逆に半島とは手を
切るべきだという「征韓論」ならぬ「断韓論」が浮上して
ますね。それが伊藤博文首相の時代と違う所ですな。

それとサヨクが相変わらず朝鮮人は差別された弱者などと
同じ事を繰り返してますが、今や朝鮮人は強くなっている
事に皆気がついている。弱者を装い、日本を侵略せんと
いう手口は既にバレているのでそういった不逞鮮人共は
日本列島から排除されなくてはいけませんな。真っ当に
日本列島にとけ込む朝鮮人をも害する存在でありますので。

投稿: abusan | 2006/11/01 09:57

 日本は日清・日露と朝鮮民族の存立のために血を流した。米国は朝鮮人同士の内戦で自由陣営存立のために血を流した。が、韓国は自らその高みを勝取るために一度も戦ったことがない。この歴然の戦争史から、今の韓国は日米ともギブアンドテイクできる友好国ではないと共通認識している。
 民主党よ、ありもしない重箱の隅を未だ突付いているのか!?

投稿: ぷく | 2006/11/01 10:49

私は自分の祖父の世代の日本人が、従軍慰安婦や強制連行をしたと恥ずかしい思いで、つい数年まで生きてきました。今はその無知が恥ずかしいです。黙っている戦争に行って戦って下さった多くの方の汚名を晴らしてあげたいです。撤回する事が難しいとか、政治の事は正直良くわかりません。でも国の強制がなかったと、強制があった証拠が見つからないと言って欲しいです。私達が誇りを持って生きて行くためにも。

投稿: nana | 2006/11/01 14:19

朝鮮日報はちっとはまともなんだな。
こういうふうに、正しい歴史事実を踏まえて話のできる韓国人が増えていくことを望む。

投稿: ばすく | 2006/11/01 14:41

 まともな記者になれるのは、来日して日本のたくさんの著作を読む事ができるからでしょう。仮に、従軍慰安婦の事実があったしても恥ずかしいなどと思っておりません。わが国の捨て身の戦争で赤紙一枚でいわば強制連行されて戦死した人の方がずっと多く酷いものだったと考えています。乱暴な言い方ですが、今の価値観には合いませんが、当時、戦争になればそんな事は当たり前の時代だった、と。私には、戦争に行った93歳の父親がおりますが、幼い頃の戦争責任を感じているかの問いに対して、彼は、どうようもなかった、仕方なかった、と言うばかりが関の山でした。死なずに帰国できたことに感謝するだけです。

投稿: ぷく | 2006/11/01 16:23

朝鮮から併合を求める外交書簡が着ていたよ。
伊藤博文が独立国として頑張るよう断る返事をしている。
この後、朝鮮で署名運動が始まる。
併合してほしい人たちがサインを集めたわけだ。
16万4千ぐらいだったと思う。
当時の朝鮮は人口1200万人で字の読み書きができる者は1~2%。
多く見ても24万人、この内の16万4千人が署名した。
これを持ち込み「併合してほしいニダ」と。

日本政府もこの辺の資料を出して見せろよ。何をやってるんだか。

投稿: jiji | 2006/11/01 20:02

トラッシュバックの仕方が良くわからなくて、勝手にURL貼り付けました。すみません。
代わりにコメントを送らせていただきます。
私も侵略していた洗脳、にかかっていた一人なので、やっと真実が知れてすっきりしました。
ありがとうございます。

投稿: Ruri | 2006/11/03 02:13

まずはわが国内の癌細胞である在日朝鮮人どもを
一掃し、再び日本が朝鮮半島を完全統治すれば
お互い豊かになれる。

朝鮮人は所詮はただの労働力に過ぎない。
わが国の為に血と汗を流してこそ相応しい。
それすら出来ねば皆殺しだ。

覚悟しろ朝鮮人の豚どもめ。

日本国内で安心して生活できると思うな。

投稿: 勇士 | 2006/11/03 03:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12503799

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国・朝鮮=被害者というウソに騙されてはならない!:

» 福岡県議会文教委員会を傍聴しました--相次いだ委員からの批判 [なめ猫♪]
 昨日、福岡県議会文教委員会を傍聴して参りました。予定の午後1時を1時間も過ぎての開会となりました。  部屋に入室すると議員席のすぐ横に囲むようにテレビカメラと集音のマイクが並び、傍聴席には教育長以下県教委幹... [続きを読む]

受信: 2006/10/31 22:58

» ノムヒョンって誰 [日本大改造〜立ち上がれ日本人〜]
ノムヒョンというのは誰なのか。 金正日と仲がいいの? [続きを読む]

受信: 2006/11/01 00:23

« なぜ自民党は無党派層に弱いのか? | トップページ | これは、もう侵略である »