« 無節操の極み!民主党幹部!!! | トップページ | 反日・親北朝鮮の糸数氏を応援する民主党 »

2006/11/06

反米だからどうだと言うのだ

最近、このブログの柱の一つである盧武鉉くんに関する話題から遠ざかっている。別に避けているわけではないのだが、何しろご本人が表に出てこないので、かつてのような「トンデモ発言」が聞こえてこないのだ(笑)

が、だからと言って、韓国に「トンデモ」な話題がないわけではない。

38度線を挟んで対峙している北朝鮮が核実験を行ったという状況下で、外相、国防相、統一相、情報院長官という、外交・安保にかかわる閣僚が一気に変わる。これは、韓国誕生以来、前例のないことだそうだ。
特に、民主党の幹部たちが「北朝鮮のスパイ」として摘発されている最中に情報院長官が交代するなど、常識では考えられない。

やはり支持率が、今や10%台前半にまで落ち込んだ大統領の下では「もう、どうしようもない」ということか。

「スパイ事件」の捜査中に突如辞意を表明した金昇圭・情報院長官は「韓国の安保意識がこれほどまでにも緩んでしまうと、北朝鮮は『韓国はいつ崩壊するかわからない』とみなすようになり、そうなれば北朝鮮が先に折れて譲歩してくる可能性もなくなる」 と語っている。
つまり北朝鮮は、追い詰められている自分たちではなく、韓国の方が先に崩壊するとみなしている―と金長官は指摘しているのだ。

なぜ、かつては「反共の砦」だった韓国がここまで堕してしまったのか、過去の盧武鉉くんの発言を振り返りながら検証してみたい。

-------------------------------------------------------------------

「反米だからどうだと言うのだ」

2003年2月に、盧武鉉が第16代の韓国大統領に就任したことは、実は韓国においては革命的な出来事だった。なぜなら盧武鉉は、大統領選挙の前から反米主義で知られていたからである。
それまでの韓国において、反米主義者が大統領になることなどありえないことであった。

かつての韓国においては“反米”は受け入れられなかった。朝鮮戦争の時、米国・米軍の参戦がなければ、大韓民国(韓国)は間違いなく日本海の藻屑になっていたからだ。そういう意味では、米国は韓国の“命の恩人”なのである。
また、1953年の休戦成立後も、武力による南朝鮮(韓国)解放を掲げる北朝鮮と対峙している状況下では、“反米”は亡国につながる主張とも言えた。
が、冷戦構造の崩壊とともに北朝鮮に対する警戒感が薄れる一方で、民主化の進展と民族意識の高揚によって反米意識が強まっていく。

反米意識が高まる発端は、1980年5月の、軍部によって多数の市民が虐殺された光州事件の際に、米国が「韓国の無秩序と混乱を座視できない」と声明し、韓国軍による徹底鎮圧を支持したことにある。
しかも、大統領選挙が行われた2002年の6月に起きた在韓米軍による女子中学生死亡事故で、米軍軍事法廷が11月20日、過失致死罪に問われた2人の米兵に無罪を言い渡したことで、反米機運が一気に盛り上がった。
そのため盧武鉉の反米主義は、選挙戦の間も不利な条件とはならなかった、というより、むしろプラスに作用した。
そのような中で発せられた「反米だからどうだと言うのだ」という発言は、盧武鉉への支持につながると同時に、多くの国民に彼が米国との関係を自立的なものに変えるとの期待を抱かせた。
そして2002年12月、盧武鉉は大統領選挙に勝利を収めるのである。
盧武鉉への国民の期待度がいかに高かったかは、就任当初の支持率が80%近くもあったことに如実に示されている。

当時の側近たちは、この発言と、その中に込められた盧武鉉の識見を誇りに思ったという。そして「たった一言で攻守の立場を逆転させてしまう、持って生まれた話術」「口では金大中前大統領より一枚上」と絶賛した。

が、今の盧武鉉は、支持率が10%台前半をウロウロしているのが実情である。やはり“反米”は、韓国という国の置かれた立場を考えれば、結果的にはマイナスにしか作用しないのだ。
朝鮮日報も「振り返れば、まさに隔世の感がする」と、今の盧武鉉の凋落ぶりを強烈に皮肉っている。

-------------------------------------------------------------------

「反米だからどうだと言うのだ」
ここに、今の「溶解しつつある韓国」の原点がある。

そして、盧武鉉“容共”政権はあと1年以上続く。

このまま行けば、金長官が言うように「北朝鮮は『韓国はいつ崩壊するかわからない』とみなすように」なるのだろうか???

参照:「韓国はいつ崩壊してもおかしくない」 (朝鮮日報)

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

|

« 無節操の極み!民主党幹部!!! | トップページ | 反日・親北朝鮮の糸数氏を応援する民主党 »

韓国(政治)」カテゴリの記事

コメント

韓国が崩壊するのは自業自得ですが、ビザなしで韓国人の入国を許可している日本はどうなるのでしょう。韓国経由の工作員流入とか、何か対策はしてあるのでしょうか。入国管理は厳しくなったみたいですが、まだまだ不安ですね。

投稿: mikage | 2006/11/06 12:48

しかし、わが国も60年の平和ボケで与党内でさえ核議論がまともに出来なくなっている点は、大なり小なり韓国とどこが違うか?

投稿: ぷく | 2006/11/06 13:17

『人の振り見て我が振り直せ』ではありませんが、米国への輸出黒字が突出してジャパンパッシングを受けた時期は、日本でも反米の機運が高まっていました。良くも悪くもアジアの情勢など気にせずに国策を語れた時代でしたが、今の韓国は『間違った方向に進んでいた場合の姿』でもあるように思えます。

投稿: やや右より?のベル | 2006/11/06 18:38

事大大国の「伝統」をかなぐり棄てての「反米」、それだけ教科書の影響を受けた年代、金王朝への憧れが強いのでしょうが、「異常」な状況でも国民の支持率10%、マスコミも批判してるのを見ると「狂気」の親分を後一年、~民間で北朝鮮の旗を焼いて持ち堪えるのでは~その後の立ち直り「恥」はかき捨て「口」から先に生まれて来た様な国民性から見ても崩壊迄行かないでと希望したい。塀がなくなりゃ、ビサも不必要な隣からドカドカと来られても困る。

一応国民もマスコミもノムヒョン大統領を非難している。この際日本も側面から応援、韓国から北朝鮮スパイの流入を防止するのに「ビサ」解禁を取り消し、残り90%?の国民と朝鮮マスコミの応援団の役目を果たすのも良いのでは無いでしょうか。
悪貨は良貨を駆逐する、と言います。教育基本法をしっかり日本だけやっても観光客が「対馬」の様な事を日本中でやられたのでは教育の害には成っても益には成りません、~国土交通省が相手だからなあ~自民党の「独立」希望。


投稿: 猪 | 2006/11/06 18:58

大韓航空機爆破事件のご遺族の怒りと悲しみは凄まじかったですよね。

確かあの頃はまだ北朝鮮=悪魔だったような…。

いつから韓国はこんなにも北が好きになってしまったのでしょう。

あの世代の方々はまだ北のテロ行為を忘れていないと思うのですが。

投稿: おれんじ | 2006/11/07 00:05

はじめまして。TBの承認ありがとうございます!

投稿: みぎよりますたー | 2006/11/07 00:39

対馬にはあちこちに不定期で「デーイルボンチェググマンセー」と鳴るスピーカーを草木などで偽装して仕掛けておく。ファビョった鮮人がそのスピーカーを壊した時点で器物損壊で逮捕-強制送還。以後入国しようとした時点で逮捕-強制送還を繰り返す。しぶとく繰り返して対馬には来なくなるまでこの方針を継続する。
ここまでやってのけないと本当に対馬は鮮人に占領される。

投稿: のらくろ | 2006/11/07 04:12

北朝鮮と韓国を「基地外扱い」する事には、妥当性はある・・・けど、それが全てかというと、どうにも悩ましい。

良くわからないのは、事の本質が「21世紀になっても朝鮮戦争休戦時点のままでいいんかい?」という大テーマを当事国(南北朝鮮)が明快に言わない(北朝鮮は例によってわかりにくい言い回しで主張している風ではある)事である。また米中露日もあまり意識していない様だ。

もちろん金正日体制が「人類の恥」である事は、自分的には自明であるのだが、現在の南北現政権が上記テーマに向けて選択と行動を行っているとしたらどうだろう?

つまり「核武装した朝鮮半島が周辺四大国に対して手出しできない状況を作り出す」が目標とするなら、南北現政権の賭けはかなりの程度見込みがあると思われる。
目標達成を阻害するのは米中いずれかによる軍事行動だが、これは実際のところ難しいとだろう。となれば、経済制裁なのだが、皆様ご存知の通り韓国は制裁を徹底的に無力化しようと頑張っている。

北朝鮮に対する制裁を推進する日米にとってこれは頭痛のタネだ。制裁を効果あるものにするには「韓国も制裁の対象にすると脅迫する」事が必要だろうが、果たして日米がそれを決断できるだろうか?

もちろん「南北朝鮮抱き合わせ」だけでは経済的破滅は免れないだろうが、そこはそれ朝鮮の事。日本の金を宛にしているのは間違いが無い。何処までも迷惑な民族だが、国内の「国際融和だけが外交だ勢力」を多数抱えるわが国としては、政治的難事になり国内世論分裂は避けられまい。

日本に核ミサイルを向けている中国に「みかじめ料」を払う事を友好の基礎だと思い違いをする精神のままでは「むしられ国家」の地位に甘んじるしか無い。第二次世界大戦から60年、周辺環境が大転換する時代に入った事を認識し、生き抜く覚悟が日本人に求められているのだろう。

>管理人様
お騒がせいたしました。

投稿: ぺパロニ | 2006/11/07 09:47

 侮ってはならぬ。
 北は核保有国として核を絶対手放さない。韓国はその恫喝に応じるかのそぶりで宥和政策を拡大して北の軍部に偽装支援する。そして、北は連邦制を宣言して統一と1国2制度の強国を南北に誇示し、これを受けて韓国は次期大統領選で連邦制の諾否を国民に問うことになる。ノムタンはボケ役に過ぎないかも。

投稿: ぷく | 2006/11/07 11:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12567044

この記事へのトラックバック一覧です: 反米だからどうだと言うのだ:

» 南朝鮮ってどこ? [國粋主義者のひとりごと]
盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は2日、北朝鮮による核実験後の安保状況について、「この問題において最も重要なのは誇張してはならないということだ」と語った。 さらに「いったい北朝鮮は核兵器で朝鮮半島を先制攻撃する... [続きを読む]

受信: 2006/11/06 21:38

» 「核」の議論 [日出処の民]
麻生外相、中川政調会長のラインで「核の議論の必要性」に関する発言があってから、 色々なブログで取り上げられてきたので、 まぁ特に語ることも無いか。。。 と考えてきたのですが、やはり、日出処の一国民として発言を残... [続きを読む]

受信: 2006/11/07 00:32

» 全てを無効化するスペル [脳内新聞(ブログ版)]
 魔法を使うすべての人がひとつずつ何らかの魔法の力を持つ、いわゆる“一芸魔法世界観”は『魔法の王国ザンス』等が有名かと思います。そんな“一芸魔法世界観”をもつ最近の漫画などではヒロインが『ディスペルマジック』や... [続きを読む]

受信: 2006/11/08 16:36

« 無節操の極み!民主党幹部!!! | トップページ | 反日・親北朝鮮の糸数氏を応援する民主党 »