« やっぱり盧武鉉は“狂っている” | トップページ | 統一相は北朝鮮マンセー派 »

2006/11/23

“欲”の文化の典型―王毅・中国大使


日本駐在の王毅・中国大使(写真左)は17日、環球時報の取材に応じ「日本で華流
ブームが起きる」と述べ、日本で中国大衆文化の人気が高まるとの見方を示した。

王大使は遣隋使や遣唐使の例をあげ、「日中間には2000年に上る交流の歴史がある」と指摘。更に「どんなときも日中の交流は絶えることなく続いてきた」「国交正常化以降では交流の範囲、規模、数量ともに増えた」と述べた。

また「華流」についても言及。「私は着任早々、『韓流』の威力を知った。『冬のソナタ』が日本人の韓国への印象を完全に改めた」「中国の芸術作品は外国で評判が良い。日本だけでなく、アジア、更には世界中で華流ブームが起きるだろう」と強い自信を示した。(編集担当:菅原大輔)

王毅大使「日本で華流ブームが起きる」強い自信 (中国情報局)

------------------------------------------------------------------

まあ、独りよがりというか思い上がりというか、中国の本質がよく表されているニュースではある。

日中間には2000年に上る交流の歴史がある???
どんなときも日中の交流は絶えることなく続いてきた???

そんなウソをつかれても困るんだよな、日本としては(笑)
9世紀に遣唐使が途絶えて以来、日中間に“交流”はほとんどなかった。室町幕府の
足利義満が朝貢貿易を行ったくらいか。おかげで日本は華夷秩序に組み込まれること
なく独自の発展を遂げることができた。

「『冬のソナタ』が日本人の韓国への印象を完全に改めた」というのも完全な誤解というか皮相的な捉え方だし、「日本だけでなく、アジア、更には世界中で華流ブームが起きるだろう」というのも思い込みが激しすぎる(笑)

華流ブーム???
そんなことはありえない。少なくとも日本では。
まあ、物好きはいつの時代にも存在するから、中国大好き人間も中には現れるだろうが(笑)

------------------------------------------------------------------

ところで、日本は“恥”の文化、韓国(朝鮮)は“恨(ハン)”の文化とよく言われる。
では、中国はなんだろうか?
私は“欲”の文化だと思う。

韓国も中国も、わが国に対しては傲慢とも思える言動を平気でとる。が、韓国と中国では、その裏にある民族感情が明らかに違う。

韓国の場合は、近代史におけるぬぐいがたい劣等感と、その裏返しとしての優越感(小中華思想)がない交ぜになっている。
そういう意味では、なにを言っても「笑止」といった感じになってしまう。

一方、中国は韓国と似ているようだが、そのモチベーションはまったく別のものだ。
中国を突き動かしているのは―歴史的に東アジアにおける超大国は中国一国であり、 19世紀末以降その立場を失ったのは例外的な変則事態である。したがって中国は本来 のあるべき姿、立場を取り戻さなければならない―というものだ。

だから韓国が「口ほどでもない」のに対し、中国は言葉以上に侵略的で、その拡張主義 的体質は隠しようがない。別の言い方をすれば、同じ“傲慢”でも、韓国のそれは「おび えの裏返し」であるのに対し、中国のそれは傲岸不遜そのもの―「欲のかたまり」なのである。

自らは、ICBM(大陸間弾道ミサイル)やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を何百発も
保有しているのに、日本に対しては「非核三原則」の厳守を要求する。
戦後、韓国は北朝鮮と内戦を演じただけだが、中国は国共内戦のあとチベットを侵略し インド、ソ連(ロシア)、ベトナムと次々に戦火を交えた―この事実を見ただけでもその
ことがよく解る。

------------------------------------------------------------------

中国に対する日本人の心は“敬して遠ざける”―これだと思う。
あぶない、ごう欲、じこ中心―これが率直な感想ではないか、中共が支配する中国の
印象は。
もちろん中国も人それぞれで、すべてがそうだと言うわけではない。

まあ、同じ中国人でも香港や台湾のブームは起こるかもしれないが、華流ブームなんてのは夢というか妄想のたぐいと断言しておこう。

なお、私は台湾や香港は中国本土とは違うと考えている。
王貞治監督や、私の中国語の師だった劉先生に対しては尊敬の念さえ抱いている。

あしからず、王毅くん!

------------------------------------------------------------------

それにしても“恥”の文化を喪失し、“恨(ハン)”の文化や“欲”の文化に汚染された
日本人が増殖しつつあることを危惧する今日このごろである。

※コメントやTBは、すぐには表示されません。重複して投稿されないようお願いします。

人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
人気ブログランキング
↑応援よろしくお願いします。
  クリックいただけると元気になります。

|

« やっぱり盧武鉉は“狂っている” | トップページ | 統一相は北朝鮮マンセー派 »

中国(政治)」カテゴリの記事

コメント

ヨーロッパへ行ったときに空港の手荷物検査の列に
なんの悪びれもなく割り込んだりしました。
JTBのガイドさんも中国に関しては”マナー”というものが
彼らには存在しないとまで言っていました。

彼らは自分のことが一番で、そのためなら他人にも
迷惑をかけてもいいと思っているようです。
これが「欲」の文化の根源でしょうか?

投稿: hojihoji | 2006/11/23 13:14

>「日本で華流ブームが起きる」

起きない起きない!
一時期、冬ソナとヨン様に嵌った私だから自信を持って言える。
そんなことは絶対に起きません。

>『冬のソナタ』が日本人の韓国への印象を完全に改めた

一時的にそう思えたときもあったんですけどね~。
あっという間に現実を知るハメとなりました。
韓国の現実どころか中国の現実までも。

冬ソナを日本でNHKで放送したのが間違いだったと思いますよ、
韓国と韓国を愛する人にとって最大の。
私みたいに何も知らないで生きてきたおばさんが、
すっかり韓国嫌い中国嫌いになったきっかけですもの。

投稿: おばさん | 2006/11/23 13:26

この「中国情報局」中共・中央宣伝部の工作機関。

投稿: 上海・極司非而路 | 2006/11/23 13:27

中国の文化ですか・・・

中華地域の歴史を紐解けば、現在のような漢民族支配は、半分にも満たず、多くは他民族により支配された地域であることは、すぐわかるのですが・・・

こう考えると、中華の支配民族が変われど、隷属してきたかの国と、漢民族は同列に捉えることができますね。

駄文にて失礼します。

投稿: nihondanji | 2006/11/23 13:32

自分の住んでる所でも定期的に中国の文化や食い物を紹介するイベントをやってますよ。
なんだっけ、「”大”中国展」だっけな。

投稿: よし | 2006/11/23 14:26

ハンリュウ?これが文化とは露ほどにも思ったことがないが、仮に文化ということにしておくと、これなど日本文化の劣化コピーでしかない。最近よくテレビで流れているがこの手のものは見たこともないし見る気もおこらない。なぜ放映されているのか?、需要はあるのか?、もしかして自分以外はみなハンリュウが流行っているのか?などと一時は不安になったが、今はマスコミの押し付け報道と思うことにしている。

中国文化。これは朝鮮文化(あるのか?)と比べて間違いなく文化として認めるべきものはある。日本も古代から中世にかけて文字、政治制度、哲学、仏教、倫理、朱子学等かなりのものに影響を受けているのは間違いない。
しかしここで挙げられたものは全て、古代、中世のもので、近世以降ほとんど文化的に日本は影響を受けていない。特に清朝中期から現在にかけては一切ないと言えるだろう。

またこれら文化にしても既に日本により合った形に修正された後日本文化に取り入れているため、今更原典が見つかるなどしても日本は興味がない以上、文化として中国から新しく入ってくるとは思えない。
例えば文字にしても漢字と仮名を使い、漢語よりはあるかに便利で融通の利く言語体系を作り上げ、朱子学を日本流に解釈し単純な尊王思想ではない武士道を確立した。

こう考えると今更文化的に興味すら感じない国から華流(笑)などというものは発生しないだろう。新しく普遍的な文化が中国から生まれれば話は違うが、圧制国家から文化が新しく作られることはないと言って良い。せいぜい政治や思想とは関係のない料理ぐらいではないだろうか。

そもそも文化交流というものは言葉にせず自然と入ってきて、いつの間にか当然のことのように既存文化と融合するものであり、例えば古代の中国や現代のアメリカのような普遍的な文化である場合に条件に該当する。「文化、文化」とことさらに強調するような国に限ってたいした文化がないのが常である。

ねえ韓国さん、中国さん、フランスさん。

投稿: radical | 2006/11/23 14:39

華流って、中華民国(台湾)のことだと思ってました。
台湾なら、まあええかな。

投稿: nikita | 2006/11/23 15:32

これがわが国のメディアの現状かと嘆きたくなるが、2年ほど前台湾スターのテレビドラマが一部輸入されたとき、抜け抜けと「華流」と言い放ったバカ共がいた。
ちゃんと「台流」と言い、書け。ちなみにブルース・リーは「華流」スターではなく「香流」スターである。

投稿: のらくろ | 2006/11/23 15:49

華流・・ですか。

華流というものが、何を薦めているのかわかりませんが、中国政府が製作に携わったという歴史ドラマを何本か見ました。
日清戦争で中国が負けていないことになっていたり、アヘン戦争などカケラも見当たらなかったり、素晴らしく香ばしかったです。

あと、主人公が皇帝であるドラマだと、中国人にとっては正義者なんでしょうけど、日本人の目にはただの「朕は国家なり」の暴君でしかなく、きついように思います。
残虐なシーンも多いですし。

普通のドラマでも主人公のなりふり構わない唯我独尊ぶりにげんなりさせられます。
「我欲」を是とする中国民とは違い、日本人にとってそれは、醜いものですから。

ただ、中国は、韓国とは異なり、中華料理にしても三国志や西遊記、始皇帝や孔子、西太后などお馴染みな事や素晴らしい事も多いですから、選べば・・あるいは?

でも韓流のように、一般の人が、韓国に目覚め、反対の方向に流れたのと同様に、一時の利益のために、後々中国の首を絞めることにならなければいいですね^^
私としては、ぜひ、チベットを扱ったドラマなんかを大々的に宣伝して欲しいですね。
無関心な人の関心を呼び起こすきっかけになるのなら、大歓迎です。

投稿: つつき | 2006/11/23 16:22

馬鹿とキチガイをたして二乗したシナ人・上チョン・下チョン…俗に言う三国人のブームなんか来るか!!!!! 韓流は在日が踊ってるだけじゃね~か!

投稿: 納税者19号 | 2006/11/23 16:46

まさか?NHK、電通、日径、朝日新聞、毎日新聞辺りと話が通じていて、又「寒流」!並にドラマを連発するんじゃないでしょうね。

2000年の友好の歴史なんて証明出来ない、日本人は大陸の「脅威」からの逃避が本当の姿でしょう。
「遣隋使」「遣唐使」は資料も有ります、後は「明」との大名貿易、加えて豊臣秀吉が「明」に「朝鮮半島」をよこせ、と戦争に出かけた位でしょう。

以外に何が有るの?と言われれば日本の学校で「古の」漢人もサジを投げた「孔子」「孟子」の教えを教材に人間を磨いていた。本家?は相変わらず中は「馬賊」「匪賊」の世界で外国とは交流どころか、他国を「外夷」として恭順、朝貢を強いている、もう日本は外野。

維新後、「清」は長崎に脅かしに大艦隊を寄越して朝鮮との交流にイチャモンをつけに来た、明以降の交流?その後は「朝鮮半島」の独立を回り「日清戦争」に成り「清」は惨敗、一挙に西欧の餌食「清」「民国」「中共」を径て1997年の香港返還まで半国家の国連常任理事国、日本は途中下車。

振り返ると殆ど日中関係など何もない。日隋、日唐、日明、日清と大陸の当時の政権や権力者との一時的な交流のみ、中共とは1949年から空白、1972年に交流が始まった、と云うだけの事。
友好、友好と騒ぐ様な出来事は何処を探しても見当たらないのが真実なんですが、厚かましいですね、王大使は!。

投稿: 猪 | 2006/11/23 17:00

中国っていっても
元国とか、清国とか、異民族でも中国文化になるのでしょうか?
ましや昔、中国という国はないし。中身的にも。

投稿: 通りすがり | 2006/11/23 18:04

この「華流」という言葉自体が、中国と台湾は一つだ(つまり台湾は中国の一部だ)という思想を伴っていますね。誰が言い出したのか知りませんが、正確に、台湾は「台流」、中国は「中国流」とでも言ってもらいたいです。まあ、そうすると、誰も「中国流」にははまらないでしょうが。

投稿: masa | 2006/11/23 19:52

電通と話が付いたと言う事かな?

投稿: ダールマさんが転んだ | 2006/11/23 20:20

華流が日本で浸透しているのは、烏龍茶とカンフー映画くらいでしょうねえ。

投稿: 高橋 | 2006/11/23 20:37

 ちょっと横にある本棚を見たんですが・・・。

 「マオ 誰も知らなかった毛沢東」上下巻
 「毛沢東の私生活」上下巻
 「天安門文書」
 「これが中国の国家犯罪だ」
 「大地の咆哮 元上海総領事が見た中国」
 「中央宣伝部を討伐せよ 中国メディア統制の闇を暴く」
 「中国がひた隠す毛沢東の真実」
 「毛沢東の文革大虐殺」
 「中国の嘘 恐るべきメディアコントロールの実態」

 ざっと見ただけで、これだけの本が目の前にあります。中文の文献や雑誌も傍らに山になっています。いや実に、確かに“華流ブーム”にどっぷり浸かってますよ。王毅大使の言うとおりですなぁ。
 

投稿: duzhe | 2006/11/23 20:43

紅衛兵で文化大革命の荒波を泳ぎ切り、その後も厳しい党内序列をここまで駆け昇った王毅くん。文化大革命で何人殺したんだ、王毅閣下は? まァ~ そんなことはともかく、華流なんて無理、絶対無理。

遣隋唐使に始まりカラクレナイに憬れた平安朝、鎌倉の五山文化、江戸の朱子学-----これら全て非大衆文化。時代のエリートたちのもの。

長い歴史の中で大衆ブームとなったのはただ一回、国交回復時のパンダのみ。今から思えば、そのパンダブームも政治のヤラセだった。その後の天安門事件、サッカーアジアカップで晒した民度、上海領事館の破壊etc.----日本大衆の目を肥やすイベントの数々。日本大衆を舐めすぎてますね、王毅閣下は。

投稿: 知恵内侍 | 2006/11/23 21:37

敬って遠ざける→敬遠でよろしいですね。

投稿: あら座 | 2006/11/23 22:22

脱北者 北朝鮮元工作員、難民認定求め東京地裁に提訴

北朝鮮を脱出した元工作員とされる青山健熙(けんき)氏=通称名=が22日、「脱北者を難民と認めないのは不当」として、国を相手に難民認定などを求める訴訟を東京地裁に起こした。訴えによると、青山氏は日本で生まれ、いわゆる帰国事業で60年に北朝鮮に渡った。98年に脱北後、03年2月に難民認定を申請し、04年7月には日本国籍取得の申請もしたが、ともに認められていない。会見で「私は北朝鮮当局に狙われている。(脱北時に取得した)中国籍の偽造旅券では、生まれ育った日本で平穏に生きられない」と語った。訴状では、外務省職員らに渡した「北朝鮮の極秘情報」の補償金として32億円も請求している。【高倉友彰】(毎日新聞) - 11月23日9時53分更新

投稿: = | 2006/11/23 23:24

これも中共が、堕ちるところまで堕ちた日本の対中感情悪化が中共の国益を損なうことにようやく気付いて、イメージ改善に乗り出しましたということなのだろう。悪いことはいわないから、日本の大手広告代理店に多額の契約金を払って(もちろん偽札はお断り)丸投げした方が良いだろう。あそこまで日本国民を怒らせてはよほどのことをしない限りは、イメージ回復は不可能である。江沢民の土下座謝罪会見に始まり、中共の対外発言、対外政策はすべて日本の代理店の指示通りにする。資源目当てに民族(部族)差別などの人権問題を抱える国家への無定見な援助はしない、武器輸出も抑制するなど「平和国家」路線に切り替えないと、いつまでたっても一流国家になれません。「水は高きところから低きに流れる」とよくいわれている。その逆はない。

投稿: 朝日将軍 | 2006/11/24 03:08

華流いいじゃないですか、
私にとってはチャン・イーモウの一連の「農村映画」は立派な華流です。
「あの子を捜して」なんて現在の農民の実体がよく描けていますし
「生きる」なども文革の馬鹿さかげんが悲しい程によく出ています。
一般的日本人が中国理解を深めるには適当な入門編ですよね。
皮肉な名作が今後も続々生まれてくる可能性があるのではないかと。
華流楽しみです。

投稿: きょう | 2006/11/24 09:26

>恥”の文化を喪失し、“恨(ハン)”の文化や“欲”の文化に汚染された日本人が増殖しつつある
 私にとって、王毅駐日大使なんて、是までの言動からいって、反日工作員としか思えない非常識の塊みたいな人と言う認識ですから、そんな人が文化論をぶっても、聴く気にもなれないワケです、当に「華流?臍が茶を沸かすY」レベルです。

 しかし、管理人さんご指摘の↑の現象について、本当に心配です、ペットをモノと考えて(実際、法律的には「モノ」扱いだが・・)、不要になったら捨てる、置き去りにする、嘗て、「家族の一員」として、猫かわいがりに可愛がったペットに対して出来ると言った行為が多発している事や、ホームレスのおばあさんやおじいさんを襲い、なけなしの金を脅し取る、暴力を行使して奪い取る、果ては、おばあさんを死に至らしめている、これをやったのは、20才前後の数人!のグループなんだそうな、これらの行為を見逃す周りの大人達、社会は一体何をヤッテ居るんだろう、このガキども(と言っても、20才前後なら立派に『野郎』ですが・・)は、弱い人を襲う卑怯さ所か、殴られる人の痛みも判らない、木偶の棒にも劣るヤカラである、何処に誇り高き日本人が居るだろうか、強きを挫き、弱きを救ける、大和男子が生き残って居ようか。
 
 正に暗澹、蒙昧の民族の真似をする若者を観て、日本民族の再生の必要を感得しなければイケナイ。

投稿: ナポレオン・ソロ | 2006/11/24 09:44

台湾産の華流ドラマは、和みますよ~。BS4とか

なぜか、登場人物の名前が「山田太郎」とか「もも」とか「せり」とか。なんせ、ほとんどが日本の少女漫画を原作としてますから。

前世で特攻隊とその許婚の韓国女性が、それぞれの生まれ変わりが台湾人というドラマでは、毎回、鬼畜米英に向かう特攻シーンで始まるという痛快さ(笑)

はっ、これ、ちっとも華流じゃないじゃん。

吹き替え主義のNHKが扱えない理由か。

投稿: ちゃた | 2006/11/24 10:18

漢字は朝鮮人が発明したとか、孔子は朝鮮人だとか、最近、
朝鮮による中国文化奪取が続いていますね

投稿: まっく | 2006/11/24 11:18

>日中間には2000年に上る交流の歴史がある???

概ね事実。
しかも、一度平和が保たれると、数世紀続く事もあった。
世界史的にも稀有な両国関係と言える。(血みどろの欧州史を見よ!)

>どんなときも日中の交流は絶えることなく続いてきた???

白村江の戦い、第二次世界大戦後等、関係が険悪(疎遠)になる事はあった。よって、必ずしも事実ではない。

>「中国の芸術作品は外国で評判が良い。日本だけでなく、アジア、更には世界中で華流ブームが起きるだろう」

起こるかも知れないし、起こらないかも知れない。
NHKと電通次第。
NHKは韓流一直線なので、今の段階ではどうだろう?
今後の事は判らない。

投稿: 鬼子母神 | 2006/11/24 14:56

私が見た中国映画で気に入っているのが文革時代を描いた『芙蓉鎮』です。
http://blog.goo.ne.jp/mugi411/e/63c3b1cae283d33a09d34ece54141a35

まだ映画なので控え目な作品ですが、『マオ』には凄まじい実態が書かれてましたね。
チャン・イーモウは優れた監督ですが、彼にしても自由な表現はあの国では出来ないでしょう。彼の映画に出てくる農村など、中共のプロパガンダの一環もあるので、鵜呑みにするべきではありません。

投稿: mugi | 2006/11/24 22:04

何かのパーティーの度に、王毅駐日大使とツーショットの写真を撮りたがるマヌケ日本人が多くて困る。ひどいのになると、自称右翼団体の幹部にもそんなバカがいる。去年は論談同志会の連中も、王毅との記念写真を得意げに貼り付けていたし。

投稿: 狂斎 | 2006/11/25 00:59

>私が見た中国映画で気に入っているのが文革時代を描いた『芙蓉鎮』です。

 mugi様、同感です。中共末端組織の連中による主人公秦書田(だったよね?)に対する扱いが、今の日本人にとって実に参考になりますね。

投稿: duzhe | 2006/11/25 09:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91171/12787087

この記事へのトラックバック一覧です: “欲”の文化の典型―王毅・中国大使:

» これは切腹もの。(日本財団会長笹川陽平ブログにTBを送ろう) [ド素人が行く!!]
みなさん、シナの謝罪があまりにめずらしいから拍子抜けしているかもしませんが、これはまだまだ序の口ですよ。 中国・王毅大使が謝罪 日本財団奨学金、蘭州大が投資で消失「100万ドル全額を原状回復」08:14 日本財団の奨学金がシナとか世界中にいってるってどゆこと? 日本国民の税金なんだろ? 日本財団って何だかよくわかんないんですけど 。「日本財団は、競艇の収益金の一部を財源として、先見性と柔軟性を持って、幅広い公益活動を推進している助成財団です。」 競艇とかやらない人には関係ないってこと? ( 日本財団... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 13:20

» 在日の耐えられない軽さ [最高の知識]
在日の耐えられない軽さ鄭 大均 (2006/08)中央公論新社この商品の詳細を見る 勝谷誠彦の書評 【引用開始】 中公新書でまだ出たばかりの鄭大均さんの著書だ。私の生れた尼崎という地域は在日韓国人と朝鮮人の多い所だった。... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 13:23

» Firefoxにパスワード流出の疑惑、MySpaceで悪用 [ネットビジネス先読みブログ@Business]
ITmedia エンタープライズ:Firefoxにパスワード流出の脆弱性――MySpaceで悪用の報告も 気を付けないといけませんね。 最近パスワードを保存し、自動的に入力してくれるサービスが多くありますが、 誘発的に、特定の行為をしてしまうと知らないうちに悪意のある人に パスワードを送信してしまう恐れがあるようです。 今回のケースは、目に見えない画像を、ブログや、SNSに仕掛け、それを クリックしてしまうとパスワードが送信されてしまうと言うもの。 パスワード管理ソフト... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 19:03

» 支那人の民度=日本海溝より低し! [日出処の民]
支那人の民度は地の底を這い続ける程低いもののようです。 なんとアヒルの養殖業者が軽い気持ちでとても大変な事件を引き起こしています。 確かこの前は、漁師が川に大量の殺虫剤を流して、浮いて死んだ魚を大量に輸出しよう... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 00:14

« やっぱり盧武鉉は“狂っている” | トップページ | 統一相は北朝鮮マンセー派 »